最新閲覧日:

なぜ政府による規制が必要とされているのですか?

A 回答 (3件)

補足を見ました。

例として、保健衛生上のものとして;
医師法・薬剤師法等では医師・薬剤師等の身分や呼称の専有、そして、業務の範囲を規定しています。
薬事法では医薬品・医薬部外品・化粧品の製造・輸入・販売についての基準を設け、その基準に合致しないものについては流通(販売・譲渡・展示等)を罰則付きで規制しています。
上記のような法律により、大臣或いは都道府県知事による許可を受けたものでなければその称号を得られない、或いは、業としての活動を出来ないことが定められ、一定レベル以上の安全や信頼、或いは、危機管理体制への対応が保障されています。
日本の一次産業基盤を守るためのものとして;
植物検疫法では日本への植物・土・昆虫等の持ち込みを制限や禁止し、日本の土壌や農産業に被害が及ぶのを防ぎます。
関税法により、米製品や酪農製品の輸入は大きな関税が課せられ、或いは、輸入割当制限がなされることにより、輸入量の規制が行われ、国内産業が壊滅することを防いでいます。
上記のような実例があります。
いずれも、ここに書いたのは公式な理由であり、現実の運用上では多少問題が起きていたり、世界の趨勢や国内の趨勢に合致しないものもあることは事実です。また、許認可制度そのものが利権の温床となっていることも否定できません。しかし、本来の規制には、それなりの大切な意義があるものなのです。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たいへんありがとうございました。非常に助かりました。
また、何かあればお願いします。
良いお年を。

お礼日時:2001/01/02 17:19

ある法律の審議会にも関係しているので経験者ということで。


規制というものは様々な面を持ち合わせていますネ。
国民の保健衛生に関する規制;厚生省(1月6日から厚生省と労働省は統合されますが)による規制がこれです。薬事法に関する規制は『原則不可、許認可された者のみが可』というものですネ。また、医師などの免許制度もこの規制にあたるものといえます。或いは上下水道に関する規制もでしょうか。
国内産業の保護のための規制;農水省関係の規制の多くはこれに相当するでしょう。検疫や輸入割当制限等がこれですネ。
国民の生活を守るための規制;環境や安全、或いは流通等に関する規制が相当します。廃棄物処理や道路交通法、銃刀法、風営法や消費者保護に関連する規制がこれでしょう。
製品の質を守るための規制;過去において『メイドインJAPAN』は安い低品質の代名詞でしたが、規制と企業努力によって現在の地位にまで至ったのです。
上記のようなことが規制の理由でしょう。
tsune-oさんがどの分野のことを念頭にご質問されたのかが不明なので、概略について述べてみました。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

もことにありがとうございます。
もしよければ、各規制についてどのようなものがあるのか具体的な例を教えていただくととても助かれます。

お礼日時:2001/01/02 12:48

政府による規制とはどういうものでしょう?


トラックの排気ガスとか、あまりゴミを出さないでくれとかでしょうか?いろいろあります。
誰かがしないと何も始まりません、いつでしたかゴミだらけの干潟だったと思います、一人の男性が何年もかけて一人で干潟をきれいにしょうとゴミ拾いをしてました、町の人や役所の人も始めはバカにしていたのですが、きれいになっていく干潟を見て一生懸命ゴミ拾いをしている男性を見てゴミ拾いに参加しました、今はとってもきれいになっています渡鳥も戻ってきてますし、
私の県でも洗剤の規制がありました無リンのやつです、
昔は食べても平気な粉石けんが有ったのですが・・・
(すいませんあまり詳しくなくて)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ