銀行の自己資本比率はどうして8%なのですか?
 何故規制しなければならないのですか?

A 回答 (2件)

どんな商売をするにも手金が必要だと言うことはお分かりですよね。

全部借金で商売を始めようとしても誰もお金を貸してくれませんよね。銀行にとって預金は借金です。貸出金を全部借金で賄ってたら、返してくれない人が一人でも居たら即預金が支払えなくなって潰れてしまいます。そうならないように自己資本=手金を用意する必要がありますが、銀行としたらなるべく大きく商売をしたいので、ほっとくと自己資本に比べて預金がおおきくなり、預金の安全性が低下します。
何故8%以上であればいいと決めたかは判然としませんが、実は過去の貸倒れ率を見ていくと自己資本が8%あればまず預金支払が滞ることがないことがわかります。このシミュレーションは格付け機関とかいろんなところでやってるようで、私もやってみましたがなかなか良い数字です。
BISの人がこれを知ってか知らずか8%って決めちゃって今に至っているわけです。
最近は銀行の商売も預金と貸出だけではないので、一概に8%で良いって訳でもなくなってて、商売の内容によっては(儲かるけど危ない商売とか)もっと自己資本が必要かも。ま、この辺は格付機関が見てるので、格付に注意するのが無難でしょうけど・・・

この回答への補足

 分かりやすい説明ありがとうございます。
 もう一つ質問なのですが、自己資本比率がどうなっているかは、BISや大蔵省などが監査したりしているのですか?それとも各銀行が自己申告しているのですか?

補足日時:2001/01/04 06:09
    • good
    • 0

 各国の金融当局や中央銀行から構成される国際決済銀行(BIS)が世界共通の国際的な営業活動をする銀行が達成しなければならないと決めている取り決めです。

ですから、国内だけで取引する銀行は関係ありません。BIS規制ともいいます。
 下記以外に
http://210.159.66.54/ponta/economy/econ65.html

参考URL:http://www.nikkei.co.jp/rcafe/today/9909/11.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます。HP見させていただきました。

お礼日時:2001/01/04 06:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QBIS規制での自己資本比率で、国債の含み損の扱い

BIS規制では国債は100%自己資本に認められたと認識しています。ギリシャ国債のように価格が下落して含み損が生じたときでも100%額面で自己資本に組み入れられるのでしょうか。

Aベストアンサー

 国債のディフォルトですか。

「よくわかる 新BIS規制 バーゼルIIの理念と実務」 大和総研の古頭尚志著、吉井一洋編著、社団法人 金融財政事情研究会。 によると、自己資本率は

 自己資本率= 自己資本 / リスクの考えられる総貸出高

この自己資本率が、国際業務をする銀行は、8%以上必要と規定されています。(国内業務だけの銀行は4%以上となる)
逆算すると、 リスクの考えられる総貸出高は、自己資本額の12.5倍以下にすることとなります。

国債の場合は、リスクの無い貸し出しと言われていますので、この リスクの考えられる総貸出に該当しないので、幾らでも購入できます。
 これが、普通です。しかし、最近では国債も破綻が考えられ、格付け会社の評価が、「A」以下の国債は、リスクの考えられる貸出と考えると、しているようです。
 だから、格付け会社の評価が、「A」以下に、国が評価された途端、リスクの考えられる総貸出高に繰り込まれますから、自己資本率が、どっと減少することになります。
 そうならないように、前もって、自己資本率を9%以上にしています。

ご質問の、ギリシア国債のように価格が下落して含み損が生じたときでも100%額面で自己資本に組み入れられるのでしょうか。 ですが、
 格付け会社の評価が、「A」以下に、国が評価された途端、リスクの考えられる総貸出高に繰り込まれます。
国債の額面は、EUで、欠損が決定されるまで、100%額面で評価されます。
EUで、欠損が決定されたら、その欠損を除いた額で、リスクの考えられる総貸出高に繰り込まれます。

しかし、EUの危機は、ギリシア国債の欠損分が、34兆円、民間銀行間で、国債破綻に対する保険のCDSが、100兆円。
ギリシアが破綻すると、100兆円の保険金を支払わねばならない銀行が、存在し、それが民間銀行間の信用の収縮を生じている。その方の影響が大きいのです。
そしてCDSは、ギリシアだけでなく、ポルトガル、アイルランド、イタリア、スペインにも同じような保険が掛けられているのです。この保険の問題が、今会議の焦点となっているのです。

 国債のディフォルトですか。

「よくわかる 新BIS規制 バーゼルIIの理念と実務」 大和総研の古頭尚志著、吉井一洋編著、社団法人 金融財政事情研究会。 によると、自己資本率は

 自己資本率= 自己資本 / リスクの考えられる総貸出高

この自己資本率が、国際業務をする銀行は、8%以上必要と規定されています。(国内業務だけの銀行は4%以上となる)
逆算すると、 リスクの考えられる総貸出高は、自己資本額の12.5倍以下にすることとなります。

国債の場合は、リスクの無い貸し出しと言われていますので、こ...続きを読む

Q銀行の自己資本比率

最近新聞等で「有価証券の含み損が銀行の自己資本比率を下げる」
というような記事を見ますが、どのような会計処理がなされているのでしょうか?
素人考えですが、
1.有価証券の時価下落
2.有価証券評価損発生
3.有価証券評価損が利益を減少させる
4.有価証券評価損が利益より大きいと自己資本が減り、自己資本比率が減少する。

こんなイメージなのですが、あっているでしょうか?
もしこれが正しいとしたら、銀行は自分たちが稼ぐ以上の有価証券を持っているということになるのでしょうか?
非常に大雑把な考えのみ書いていて申し訳ないのですが、ご存知の方がいらっしゃったらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 「自分たちが稼ぐ以上の有価証券」というのは、単年度の純利益以上のという意味でしょうか。純利益は増減が激しいですが、持っていると思います。

 国際決済銀行(BIS)の規制では、国際業務をする銀行の自己資本のリスク・アセット(貸し出し債権などの資産)に占める割合は8%以上でなければいけません。自己資本8円に対して貸し出せる額は100円以内(余裕をもたせる必要があるのでそれより少なめ)ということです。
 自己資本には、有価証券含み益の45%を算入できます。含み損が発生したら6割をさしひきます。
 株が暴落したので、そこに算入できる含み益が吹き飛んだ上に、含み損が発生し、自己資本が減ってしまったわけです。

 それ以外にも、今話題のクレジット・デフォルト・スワップの解消によって債権の保証がなくなると、その債権をリスク・アセットに算入しなければなりません。割られる分子の自己資本が減った上に、割る方のリスク・アセットが増えて、引当金も計上しなければならなくなるため、自己資本比率が急に下がってしまったのですね。

 そこで8%を保とうとすると、割る方の数字を減らさなければいけませんから、貸し渋り貸し剥がしになるのです。
 貸し渋りが起きれば、潰れなくてもいい会社も潰れるので、さらに貸し倒れが増え、銀行の自己資本比率が下がり、もっと貸し渋るようになるという悪循環が起きるわけです。

 「自分たちが稼ぐ以上の有価証券」というのは、単年度の純利益以上のという意味でしょうか。純利益は増減が激しいですが、持っていると思います。

 国際決済銀行(BIS)の規制では、国際業務をする銀行の自己資本のリスク・アセット(貸し出し債権などの資産)に占める割合は8%以上でなければいけません。自己資本8円に対して貸し出せる額は100円以内(余裕をもたせる必要があるのでそれより少なめ)ということです。
 自己資本には、有価証券含み益の45%を算入できます。含み損が発生したら6割を...続きを読む

Q銀行の自己資本比率について教えてください。

銀行の自己資本比率について教えてください。

分子が自己資本(資本金や株)、分母が負債(融資や預金など)ですが、今、株価急落等の影響で自己資本が減ってきているため、融資の抑制に動いているとききます。一方で「優遇金利定期!」だの何だので預金集めに力を入れているようにも思えます。

銀行のこの動きは「自己資本比率の充実」という観点からは矛盾すると思うのですが、なぜこのような動きになるのでしょうか。
(私の考えでは、自己資本減った分、融資や「預金」も減らして分母を少なくしないと自己資本比率が下がってしまう。)

Aベストアンサー

No.2です。
「預金で集めた資金を即、国債投資に回すと、BIS規制における自己資本比率計算の分子にも分母にも計上しなくてよいということでしょうか」とのご質問ですが・・・

厳密に言うと計上しないのは分母だけですが、そういう理解でよいと思います。
(国債投資の損益は自己資本に反映されることになるので、厳密に言うと分子には計上されるのです)

BIS規制における自己資本比率の計算は、「自己資本/リスク」となっています。
ここで言うリスクが国債の場合リスクウエートがゼロである為、いくら国債でバランスシートが膨らんでもBIS規制上は関係がないのです。

下記サイトをご参考にして下さい。

参考URL:http://www.boj.or.jp/type/release/zuiji/kako03/bis0410c.pdf

Q決算報告より銀行の自己資本比率の計算

これは京都銀行の24/3/31の決算ですが、参考書を見て自己資本率を計算しましたが~
http://www.kyotobank.co.jp/investor/zaimu/pdf_kessan/kg2012kk03_1.pdf

銀行の自己資本率の計算がよくわからないのですが、

単純に純資産÷総資産×100=自己資本比率% でよろしいのでしょうか?

そのまんまあてはめた場合は、
PDFファイルp22~より貸借対照表より~ 24/3/31の決算の自己資本比率は

417,517(資産の合計) ÷7,347,093(純資産の部の合計) ×100= 約5.7%

お手数をかけますが、銀行の自己資本比率の計算方法を教えてください。
これで正しいのかどうかが分かりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 単純に純資産÷総資産×100=自己資本比率% でよろしいのでしょうか?

いいえ。国際統一基準(いわゆるBIS規制の規定による自己資本比率)は
http://www.findai.com/yogo/0103.htm
ここに計算式が載っています。14%はこの計算式の数字のようです。


因みに、京都銀行の財務諸表では、
> 「自己資本比率」は、(期末純資産の部合計-期末新株予約権-期末少数株主持分)を期末資産の部合計で除して算出しております。
となっているので、
> 417,517(資産の合計) ÷7,347,093(純資産の部の合計) ×100= 約5.7%
は、新株予約権と少数株主持分を調整すればP1の財務状態の表中央部の自己資本比率5.6%と一致します。

Qサムスン電子株主49%が外人 韓国最大の国民銀行は外資比率が八五%をこえ韓国にはお金が落ちない?

サムソン スマホ爆発 洗濯機爆発し
経済効果落ちますか?

また銀行が外資系だし サムソンも株主は外人
本当に儲けるのは海外ですか?

↓は古いですが、正しい記事のはずです
2012年8月22日
________________


サムスン電子は株主49%が外人

 薄型テレビや半導体DRAMの売上で世界第一位であり、
〇九年の営業利益が約一〇兆九二〇〇億(約八七〇〇億円)で
日本の電機独占資本がたばになってもかなわない、
と評されるサムスン電子もその実態を見ていくと、
米日欧の企業とはちがった側面がある。


 たとえばサムスン電子の株主は四九%が外国人である。
外国人株主のなかではシティバンク(アメリカ)が六・一%の大株主となっている。

生産構造の面から見ると、海外から四割の工業資材や原料を輸入しないと
製品をつくれない。これはサムスンだけでなく、
「韓国」のすべての大企業に共通する特徴である。


主要銀行はほぼ全て米銀傘下に

 もっとも典型的なのが銀行である。主要銀行で「韓国」の銀行といえるのは
ウリ銀行(資産規模第二位)だけで、あとはほぼアメリカの銀行になってしまった。

「韓国」最大の国民銀行は外資比率が八五%をこえ
アメリカのニューヨーク銀行が筆頭株主となり、
三位のハナ銀行の外資比率は七二%で
筆頭株主はゴールドマンサックスとなっている。

韓美銀行は完全にシティグループの傘下となり、
いまは韓国シティ銀行となっている。

非正規労働者が急増し低賃金に
「韓国」企業利益は米日に流れる




韓国」経済の実態 米日独占が実質的に支配 <http://ww5.tiki.ne.jp/~people-hs/data/5711-22.html>

サムソン スマホ爆発 洗濯機爆発し
経済効果落ちますか?

また銀行が外資系だし サムソンも株主は外人
本当に儲けるのは海外ですか?

↓は古いですが、正しい記事のはずです
2012年8月22日
________________


サムスン電子は株主49%が外人

 薄型テレビや半導体DRAMの売上で世界第一位であり、
〇九年の営業利益が約一〇兆九二〇〇億(約八七〇〇億円)で
日本の電機独占資本がたばになってもかなわない、
と評されるサムスン電子もその実態を見ていくと、
米...続きを読む

Aベストアンサー

「正しい記事のはずです」とおっしゃってるが、そんなのはネトウヨコピペといい、低学力の子を扇動するアジビラの類(たぐい)である。低学力の子でなければ、例えば下記のような記事で知識を磨きましょう。

【検証】「サムスンは外国資本に搾取されている」というのは本当か? - Yahoo!知恵袋
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n237226
〔引用開始〕
このデマの問題点は54%という数字だけが独り歩きして、配当性向という概念が一切無視されていることです。〔中略〕
すなわち、『当期純利益×配当性向×外国人持ち株率』が外国資本に搾取された実際の金額〔中略〕
『100万円の利益を上げてその見返りとして20万円搾取された人』が、『1000万円の利益を上げてその見返りとして30万円搾取された人』を見て、「俺は20万、お前は30万。お前の方が搾取されている。ざまあ。」と喜んでいるわけですからね。〔中略〕
それではなぜサムスンはこのような低い配当性向を株主から許されているのでしょうか。
〔引用終り〕

このように、サムスンは潤沢な利益のごく一部しか株主に還元していない。残りは内部留保として蓄えており、その額は10兆円に達したなどと言われたこともあった。もっとも、内部留保というのはタンス預金とは違うから、サムスンの社内の金庫に現金で貯め込んでいるわけではない(有価証券を買ったり、設備投資に充てたりしているだろう)。
さて、サムスン電子といえば新製品のギャラクシーノート7に深刻な欠陥があり、リコール決定で大きな痛手を負っている。数千億円規模の減収になるそうだ。それでも、サムスン電子の株価はあまり下がっていない(「サムスン電子 株価」で検索するとチャートが見つかります)。一時急落したが、すぐ反騰したのである。それが、サムスンに対して市場が下(くだ)した客観的な評価だった。前述のような巨額の内部留保もあるから、数千億円の痛手も十分吸収できると見なされているのだろう。

というわけで、「サムソンも」「本当に儲けるのは海外」とおっしゃるのはガセである。そもそも、日本の主要企業においても、外国人持ち株率はけっこう高い。一般に、先進国では資本自由化が基本政策であるし、有力企業の株は国際的に人気が高いから、外国人持ち株率が上がるのも当然なのである。
また、サムスン電子はネトウヨが思っているような「単なる最終組立屋」ではなく、部品製造能力も高い。例えば、iPhoneのSoCも実はサムスンが作っていたのだった。SoCとはSystem-on-a-chip、一個の半導体チップ上にシステムの動作に必要な機能の大半を実装したものであり、スマートフォンの最重要部品である。ただし、新製品のiPhone7のSoCは台湾企業が作っているらしいが。
アップルのiPhoneといえば、サムスンのスマフォのライバルだ。アップルはサムスンを知的財産権侵害で訴えてもいて、確かアップル側の勝訴だったと思う。しかし、それは主に外側のデザインの話であり、内側の機械の最重要部分はサムスンが作っていたという、何とも皮肉な顛末(てんまつ)なのだった。
なお、内製化率が高まると、経営効率はかえって落ちる場合がある。内製化率とは、部品を外部に発注せず、自社内で製造した部品が占める割合をさす。例えば自動車業界ではGMの内製化率が高いことが有名で、トヨタの内製化率は低い。しかし、経営はトヨタの方が順調である。自動車生産台数は同じくらいなのだが。部品業者は買い叩かれることがある。

ただし、製造業と金融業とでは様相が異なる。韓国の都市銀行のほとんどが外資の傘下となったことは、憂慮すべき話と考えられている。ネトウヨコピペも、たまには当たりが出るということである(下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる)。
それらの配当性向はサムスン電子のように低くはないことが知られている。前出の数式でいうと、「配当性向×外国人持ち株率」が高い。とは言え、それは自己資本の話であり、銀行という商売は他人資本の割合が極めて高い(自己:他人は1:9くらい)。他人資本の儲けは、利子などの形で、預金者の韓国国民・韓国企業が得ていることを付記しておく。

ネトウヨコピペというものは、ネトウヨサイトに一まとめになっているので便利なのだろうか、低学力の子が引っ掛かりやすい。しかし、そんな知識を受け売りしても、実社会では通用しないと思われる。
一方、まともな知識というのは、ネットではあちこちに分散している感じだ。むしろ、定評ある出版社の本を図書館で読むほうが効率的かも知れない。

「正しい記事のはずです」とおっしゃってるが、そんなのはネトウヨコピペといい、低学力の子を扇動するアジビラの類(たぐい)である。低学力の子でなければ、例えば下記のような記事で知識を磨きましょう。

【検証】「サムスンは外国資本に搾取されている」というのは本当か? - Yahoo!知恵袋
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n237226
〔引用開始〕
このデマの問題点は54%という数字だけが独り歩きして、配当性向という概念が一切無視されていることです。〔中略〕
すなわち、『当期純利益×配当性向...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報