「インフレターゲットとは、どんどんお金を増やしてじわじわ物価を上げる」
という風に理解しているんですが、物価が上がっていくときに、「もっと安い商品を!」
といって、海外で生産したものを輸入したり、すでに中国などで生産していたとすると
今度は、タイやインドで生産するとかして、もっと安くしようとする企業の努力のことは
考えられているんでしょうか?

たぶん、インフレターゲット論なるものも、頭のいい方が考えているものなので
大丈夫だとは思うんですが。

一つの問題を解決する対策が、別の新しい問題を作り出すということにはならないんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ご質問の主旨は『インフレ政策を行ったとしても、海外生産を増やすことで物価上昇につながらないのではないか』ということだと思います。



インフレ政策とは物の価値に対して通貨の価値を下落させるものです。これは副産物を産み、インフレ政策を取った国の通貨を相対的に下落させることとなります。つまり、中国、タイやインドの通貨に対して円が減価(円安)になります。

例えば10%円安になれば、100円で輸入できたものの価格が110円になり、国内よりも海外で生産するメリットが減少します。このため、産業の空洞化を止める意味においてもインフレ政策は有効であるという意見があります。


>一つの問題を解決する対策が、別の新しい問題を作り出すということにはならないんでしょうか?

主旨と異なるかもしれませんが、日本がインフレ及び円安政策を取った場合、中国などは日本への輸出や日本からの生産拠点移動が減少します。このため、既にこの動きを警戒する発言となっています。国際的な協調を欠けば、日本は国際的に孤立するという別の問題を発生させると思います。

余談ですが、私はインフレ政策の有効性に疑問を持っております。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>例えば10%円安になれば、、、
というたとえばのところがなければ、ちょっと理解するのも難しい話だったと
思いますが、なんとかわかりました。

すると、インフレになるとシャネルやティファニーが値上がりする
ということでしょうか。(?)
(円安になるとインフレになるということですか。)

そうするとですねぇ、たとえば2・3年インフレ政策・インフレターゲットをやって
その間に不良債権処理をすすめる。
そのあと引き締めれば、”エブリワン・ハッピイ”のようですが
>私はインフレ政策の有効性に疑問を持っております。
とおっしゃるのは、なぜなんでしょう?

インフレターゲットの問題点は、そこじゃない!という良心の叫びなんでしょうか?

どうもありがとうございました。
で、ほんとの問題点は、どこなんでしょう?
あっ、中国ですか、、、?
でもアメリカは、不良債権処理を早く進めろといってますから
多少は目をつぶってくれるのでは?

そういえば、この前、ニュースで例のおじいさんでしたか(日銀総裁ですか)
インフレのときにインフレターゲットならわかるが、デフレのときにインフレターゲットとは、聞いたことがない
とかいってましたが、、、

どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/03/20 06:37

>インフレターゲットの問題点は、そこじゃない!という良心の叫びなんでしょうか?



この説明は難しいのですが、とインフレ論者が言うように上手く行くとは思えないということが私の持つ疑問です。

商品が一律10%値上げされれば、消費者は恐らくその分消費を抑制すると思います。100÷1.1=90.9%より、9.1%消費が抑制されることになります。9.1%消費が抑制されれば、企業の売上も変らず、企業収益が伸びることなく、単に物価が10%上昇したという結果だけが残ります。インフレターゲット論では物価のみを上昇させるだけで景気対策にならないということです。
これは好意的に見てであり、実際は消費を9.1%以上抑制する可能性も少なくあります。こうなると、物価は上昇するし景気も後退するしという状況となります。

物価上昇時の景気後退局面を“スタグフレーション”と呼びますが、この状態は現在のデフレーションよりも最悪です。借金して商売している人も売上が伸びないから相変わらず苦しいですし、貯金を持っていた人もその目減りというデメリットを被ります。デフレの場合は、借金している人は苦しいですが、貯金をしている人は被害を被っているわけではありませんので、こちらの方が遥かにましだと思います。なぜなら、永久に物価が下がりつづけることはないと思うからです。

現在の物価下落という問題は、
1.海外と比較して日本の物価が異常に高かったことに対する修正
2.戦後50年政府がインフレ政策を取ってきたことに対する反動
3.物価の上下ではなく、本当の問題点は消費意欲を高めること(物の需要を如何に増やすか)であり、問題自体が誤認であること
だと思います。

足元の日本の物価は、中国国内と比較しても相当安くなっており1の問題は解決に近いと思っています。2に関しては、不良債権処理というものが完了すれば解決するものですが、少し時間がかかるでしょう。3に関しては効果的な政策が打たれることはないと思います(ちなみに公共投資は需要の増やすことにはなりません)が、循環的な需要回復は期待できるので時間が解決するでしょう。

1の問題が解決することを考えれば、余計なことをしてスタグフレーションに陥るリスクを取ることよりも足元5年間をこのまましのぐことの方がリスクが少ないと思います。細部において異なると思いますが、日銀総裁の考えは私のこのような考えに近いものではないかと推定しております。

※ マスコミもこの位の解説をもっとわかりやすく行うべきだと思いますが、記者のレベル低下を見れば仕方のないことかもしれません。
(ご質問の主旨と外れましたので自信なしとしました)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなって申し訳ありません。(暑さ?暖かさについていけず調子悪し、、、つらいです、、、)

>インフレターゲット論では物価のみを上昇させるだけで景気対策にならない
>物価は上昇するし景気も後退するし

今年の夏、政変が起こって総理が交代、日銀総裁に今参議院議員の舛添要一先生が就任
ということになってインフレターゲットをやったら、上のようなことになるんでしょうか。

>1の問題は解決に近い
私としては、もっと物価は下がってほしいと希望するんですが
(主婦の方が少しでも安いスーパーで買い物をする感覚ですが)
これは、ほんとの構造改革とかが進んで、たとえば、農地がどんどん宅地としてでてくるとか、、、
そうなってからの話ですよねぇ?

>マスコミもこの位の解説をもっとわかりやすく行うべき
これは、マスコミに期待するよりも、yohsshiさんがホームページを立ち上げるとかされて
解説したほうが早いかもしれませんよ。

ところで、さっき見たんですが(いつ来てたのか?)日銀のメールマガジン(ニュースレターでしょうか)
できたものに
「資産価格バブル、物価の安定と金融政策:日本の経験」
http://www.boj.or.jp/ronbun/mes02.htm
これがあって、私は「前に見たぞ~」と思ったので
(ダウンロードしただけで読んでないので、”見た”となるんですが)
PCの中をさがしたら、
「バブル期の金融政策とその反省」
「資産価格と物価:バブル生成から崩壊にかけての経験をふまえて」
「資産価格バブルと金融政策:1980年代後半の日本の経験とその教訓」
こういうのがでてきまして、上のとは違うようです。
それにしても、日銀はいまだにバブルの話をしてるんですねぇ。
(今度、時間があったら開いて読んでみたいです!)

どうも、ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/21 21:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【デフレ】日本はデフレって言われてますよね?円安ってインフレでは?どういうことでしょう?日本はデ

【デフレ】日本はデフレって言われてますよね?円安ってインフレでは?どういうことでしょう?

日本はデフレって言いますけど、インフレ??

Aベストアンサー

円安というより、ドル高。対米貿易の一部のみ、影響がありますが、日本国内のデフレ、インフレと連動してるわけではありません。

値段が上がってる品もあれば、下がってる品もあります。
完全なインフレやデフレではなく、あえていえば、物価が不安定、でしょう。

Qインフレターゲットについて

明日テストでこのインフレターゲットが出るんです。賛成意見と反対意見を各三千字以内ずつにまとめないといけないんです。急ぎですいませんがいいサイト、答えお願いします。

Aベストアンサー

 下記URLを、参照してください。

参考URL:http://www.math.tohoku.ac.jp/~kuroki/keijiban/b0035.html#b20011224094719

Q【日本のデフレ、インフレで儲けた話を】聞かせてください。 日本のデフレ時に円高でメルセデスベンツの

【日本のデフレ、インフレで儲けた話を】聞かせてください。

日本のデフレ時に円高でメルセデスベンツのCクラスが300万円代後半の380万円とかで売ってましたが、半年もしない内にインフレで円安に傾きすぐに400万円代に戻り、今では400万円半ばで売ってます。

もし380万円で買ってたら、今では450万円で70万円もお買い得に新車のメルセデスベンツが買えてたわけです。

さらに日本のデフレ時にロレックスは68万円でしたがインフレになって88万円が新品の価格になってしまいました。

これももし仮にデフレ時に買えていたら20万円もお買い得に買えてたわけですよね。

メルセデスベンツなど高級外車、ロレックスのような高級時計の他に日本のデフレ時に買ってインフレ時に価格が上がって、デフレ時に買って、インフレ時に売れば粗利が稼げる商品って何がありますか?

FXなどは例外です。商品でお願いします。

Aベストアンサー

1994年に、商品先物取引で、金1g=1124円で5枚購入し、結局現物で受け取りました。

価格は結局1g=1210円です。
これの100gの延べ板が5枚、
田中貴金属で受け取りました。

暫く金庫に眠っていたのですが、2014年に金価格が値下がりし出したので、1g=5400円で売りさばきました。

54万円x5枚=270万円-60.5万円=約210万円儲かりましたね。

合わせて持ってた30万円のロレックスも質屋のゴールドで売り捌き、これも50万円くらいになりました。

Qインフレターゲット

物価上昇2%目標って言ってるけど、いつを基準にして比較するの。
年間上昇率を2%になるようにお役人が頑張っているの?
黒田さんが日銀総裁になったあたりを100として102になるようにしているの?
それなら充分2%の値上げになっているかと思うのだけど。

ニュースで流れても、スタートとゴールが判らないので、チンプンカンプンです。
ちなみに、黒田さんが日銀総裁になったときと比べると、110にはなっているかと思うのですが。
特に食料品(箱に入っていたり、袋に入っている食材なんかはあの当時と比べると1割以上値が上がって、それに消費税上乗せ)生鮮食品は値動きが激しいので判りませんが、メーカー製の物はどう見ても2%どころか10%上昇しているように見えるのですが、どなたかお教え下さい。

Aベストアンサー

そりゃ基本的に、年率2%ですね

参考値としての四半期比や前月比も有りますが、目標としているのは年率

Q円高ってデフレで起きるんですか?それともインフレ?

円高ってデフレで起きるんですか?それともインフレ?
それとも円高円安はデフレインフレには関係ないのでしょうか?

Aベストアンサー

デフレは、物の価値に比べて、お金の価値が上がりますから
円高になりやすいです。
反対に、インフレはお金の価値が下がりますから、円安に
なりやすいです。

ただ、円高円安という為替は、金利とか景気の良し悪しにも
左右され、一概には決まらないことが多いです。

アメリカのオバマさんは、アメリカの輸出を増やすために
ドル安に持って行こう、その為にドルをせっせと印刷して
増やす、という政策を採り、ドル安円高になりました。

このように政治的理由で為替が変動することもあります。

Qインフレターゲット論の目標値は?

今のデフレを止めるために、インフレターゲットを決め、インフレにしたらいい、
という説がありますが、このインフレターゲット論では、何%のインフレがいいと
いっているんでしょう?

1%、、、2%、、、3%、、、どのくらいでしょう?

で、具体的に、その数字にするためには、いくらくらいのお金が必要なんでしょう?
何億?何兆?何百兆?

これって、日銀のお金ですか?
それなら、100兆円、銀行に「不良債権処理に使ってくれ!」と
あげたほうが効き目があるような気がするんですが、、、?

Aベストアンサー

>このインフレターゲット論では、何%のインフレがいいと

人によって色々なことをおっしゃる方がいらっしゃいますが、デフレ阻止という面から言えば、インフレ率0%をターゲットとすることが妥当だと考えます。

>その数字にするためには、いくらくらいのお金が必要なんでしょう?

物価上昇率は、物の生産量と通貨供給量の増減で決定されます。
物の生産量の指標として、GDP(実質、7-9月)121.964兆円
通貨供給量の増減として、マネーサプライ(M2+CD)の前年同月比があります。
マネーサプライの10月の残高1304.5兆円、10月が前年同月比2.1%だったことから、1304.5×2.1÷102.1=25.6811兆円
マネーサプライの数値は1年分なので、4半期ベースに置きかえるために4で割ると、6.42兆円となります。
現在、この状況で卸売物価(消費者物価で見るべきかもしれません)で前年比▲1.1%です。
ここからは想像に過ぎません。実質GDPが1%ダウン+物価が1%ダウンするとすると、上記GDPの2%の通貨供給があれば通貨が目減りするはずでありますが、この水準を大きく上回る6.42兆円を供給していても物価が上昇していません。理論的な水準は既に逸脱していることから、この水準を2倍、3倍するということを行って行くしかないと思います。

>これって、日銀のお金ですか?

通貨供給量を増やすことで、損をするのは預金者です。従って、このお金を負担するのは預金者(預貯金または現金に類するものから借金を引きプラスの人間)であると言っても良いと思います。既に低金利で負担をかけているこれらの人に更なる負担をかけても良いかどうかは疑問です。
また、インフレターゲット論が成功するとも思えません。かつて、日本政府はこれら実物経済よりも遥かに限定された株式市場に介入して、株価を引き上げることを試みたことがあります(年金資金を使用したプライス・キーピング・オペレーションPKO)。しかし、結果は大失敗で傷口を大きく広げました。このことを考えると、今度も失敗するのではと考えることの方が自然だと思います。従って、私はインフレターゲット論の導入には反対の意見を支持しています。

私なりにアレンジして回答いたしましたが、この回答には正解はないと思われます。ご自身がご納得される手助けとなりましたら、幸いだと思います。

>このインフレターゲット論では、何%のインフレがいいと

人によって色々なことをおっしゃる方がいらっしゃいますが、デフレ阻止という面から言えば、インフレ率0%をターゲットとすることが妥当だと考えます。

>その数字にするためには、いくらくらいのお金が必要なんでしょう?

物価上昇率は、物の生産量と通貨供給量の増減で決定されます。
物の生産量の指標として、GDP(実質、7-9月)121.964兆円
通貨供給量の増減として、マネーサプライ(M2+CD)の前年同月比があります。
マネーサ...続きを読む

Qインフレギャップとデフレギャップ

インフレギャップとデフレギャップについて質問したいのですが。デフレギャップとインフレギャップとは?と聞かれたらなんと答えればいいのでしょうか?
回答の方宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

潜在GDP>現実GDP⇒デフレギャップで不況
潜在GDP≒現実GDP⇒好況
潜在GDP<現実GDP⇒インフレギャップで景気過熱からインフレが懸念される

潜在GDPとは、一国の資本、労働力を無理なく十分に稼動させたときに達成できるGDPの大きさのことを指します。

Q脱デフレ策としてのインフレターゲット

デフレからの脱却のためにインフレターゲットを設定する、
これに対してかなり違和感を感じています。
好景気の末期には確かに物価高(インフレ)になりますが、
それはあくまで結果だと思います。
インフレにすれば景気が良くなるということではないですよね?
そもそもインフレターゲットって、
インフレを抑えるためのものではないのでしょうか?
どうも古い経済学(ケインズ)を、
序論的にしか学んでいない人間にとってはよく分かりません。
価格(物価)は需要と供給によって決まる。
デフレから脱却するためには、有効需要を増大させればよい。
しかしその有効需要の増大とインフレターゲットが、
どう結び付くのか分からないということなのです。
どなたか分かりやすくご教示願えませんでしょうか?

Aベストアンサー

”インフレにすれば景気が良くなるということではないですよね?”
     ↑
良くなる、という論法も可能です。
インフレになれば、待てば待つほど値上がりしますから
今のうちに買っておけ、ということで需要が増すだろう
という予測が成り立つからです。
もっとも、経済は、人間心理に負うところが大きいですから
実際にどうなるかは定かではありません。

”そもそもインフレターゲットって、
インフレを抑えるためのものではないのでしょうか?”
     ↑
過去の例では、その通りですね。
今回は、デフレ脱却の為のインタゲです。
おそらく、世界初ではないでしょうか。
一歩間違えるとスタグになりそうで心配です。

Qインフレとデフレ

学校の課題でインフレとデフレの影響について調べています。
経済の先生にインフレとデフレではインフレの方が経済にとっていいがなぜそうなのか、また、インフレがいいと言ってもどのくらいまでがよいとされるのかと言われネットであちこち検索しているのですが、よくわからなくて困っています。詳しい方助けて下さい。

Aベストアンサー

こんばんは。

↓コレなんか結構わかりやすく解説されてると思います。
http://manabow.com/qa/inflation.html

Qインフレターゲット

過去の質問も検索しましたが、さっぱりわかりません。
これはいったいどういったことなのでしょうか?
具体的にはどんな政策が採られるのでしょうか?

素人にもわかるように説明いただければ、ありがたいです。

Aベストアンサー

 インフレターゲットとは、「目標となるインフレ率になるように金融政策を行う」ことです。
 インフレとは、物価が上がることです。モノに対してお金の価値が下がれば物価は上がります。ですから、社会にお金がたくさんで回れば、お金の価値が下がるので物価が上がります。
 金融政策とは、日銀が行う経済政策のことで、主な手段としては
1.公定歩合の調整
2.買いオペ・売りオペの実施 があります。

 公定歩合とは日銀が普通の銀行に貸し出す時の金利で、一般的にこれを下げるとインフレになります。金利が下がれば銀行がたくさんお金を借りることが出来、たくさんのお金を民間企業に貸し出すことが出来るからです。でも、現在の公定歩合は0.1%で、これ以上下げようが無いのが現状です。

 買いオペレーション・売りオペレーションとは、日銀が銀行と国債を売買することで、日銀が銀行から買う場合を「買いオペ」、日銀が売る場合を「売りオペ」といいます。買いオペをした場合、日銀は民間銀行にお金を払うので、民間銀行はお金持ちになります。銀行はたくさんのお金を企業に貸し出すことが出来るので市中にお金が出回り、物価が上がるはずです。現在日銀はこの買いオペをせっせと行っています。国債を買いまくり、売ってくれる国債がなくなってくると、銀行が保有している株まで買いだしました。
 理論的には物価が上がり始めてもいいはずなのですが、なかなか効果が上がっていません。銀行にたくさんお金はあるのですが、銀行は企業に貸しても企業の業績が行き詰まって不良債権化するのを恐れているのです。

 インフレターゲットを実施することは、今行っている買いオペをもっと気合を入れてやろうということです。政府はやりたがっています。でも日銀は以下の理由から尻込みしています。
1.買いオペは今もやっている。インフレターゲットを設定しても狙った通りインフレになるとは限らない。
2.逆にインフレになりすぎると、これまた困ったことになる。
3.円がたくさん市中に出回ると、円の価値が下がるため、円安になる。
4.今、日銀は株式も買い始めた。もっとたくさん買って、仮に株価が下落すると日銀そのものの信用が下落。そうすると日本の通貨危機に繋がる。

 私の意見は、インフレターゲットをしても狙ったインフレになるとは限らない。だったら、円の信用が揺らぐ可能性があるインフレターゲットはしない方がいいと思います。ちょっと長かったかな。これでもずいぶん簡単に説明したつもりです。あまりにも簡潔にしたので多少のうそがありますが、素人にはかえって分かりやすいかと思ってそうしています。

 インフレターゲットとは、「目標となるインフレ率になるように金融政策を行う」ことです。
 インフレとは、物価が上がることです。モノに対してお金の価値が下がれば物価は上がります。ですから、社会にお金がたくさんで回れば、お金の価値が下がるので物価が上がります。
 金融政策とは、日銀が行う経済政策のことで、主な手段としては
1.公定歩合の調整
2.買いオペ・売りオペの実施 があります。

 公定歩合とは日銀が普通の銀行に貸し出す時の金利で、一般的にこれを下げるとインフレになりま...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報