SXE10(3S)のク-ラント交換時、エア抜きをするのに特殊な方法でしなければならないのでしょうか?アイドリングから1500RPMくらい迄ふかしてアクセルを戻すと室内のセンタ-コンソ-ル中央付近から水の流れるような音がします。気持ち悪い位の音です。完全にク-ラント経路のエアが抜けきれていないみたいなんですが、もしわかる方がおられましたら、おしえてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ご自分でクーラント交換されたのでしょうか?



一般的に室内のヒーターコアにも冷却水が流れますので、エア抜きされる時にはヒーター全開にして室内のヒーター回路にも冷却水を循環させてエア抜きしなければなりません。

万が一これを行っていないのでしたら、ヒーター全開でエア抜きしてみて下さい。
    • good
    • 1

私もSXE10に乗っていますが、そのような音は聞こえたことがありません。

ディーラーに持っていってチェックしてもらった方がいいと思います...
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエンジン停止時にアクセルをふかす人

質問です。
たまに、車のエンジンを止める時にアクセルを一度ブオンとふかす人がいます。
あれって何か意味があるんですか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ここに同様の質問・回答があります。ご参考に!

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=162267

Qエアフィルターの経路についている箱について

エアフィルターのちょっと先(インテーク側)に空気ためのような樹脂の箱が付いているのですが、この箱の役目は何でしょうか?

エンジンはトヨタの3S-FEです。

急激にエアーを必要とするときのバッファみたいなもの?
と予想してます。

詳しい方ご教授ください。

Aベストアンサー

インテークパイプについている箱なら、
レゾネーターですね。

役割は簡単にいうと、音消しです。
共鳴効果を利用して、吸気音を低減させています。

Qクラッチのエア抜き

私は現在、MT車でHCR32に乗っているのですが、最近クラッチの切れが悪く
ミッションが入りにくいのです。そこで、クラッチのエア抜きについて、
HCR32なら、どこにエアを抜くところがあるか教えていただきたいのです。
 回答しにくい質問で申し訳ありませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

エアが原因ですか?
折角エア抜きするなら交換してしまいましょうね
ミッションの脇にシリンダー付いてないですか?
そこに脇8mmか10mmの乳首のようなボルトが有ると思います
確か真鍮性なので色で判ると思うのですが・・・
それでこういった作業は経験あります??
無ければ御自分で作業すると大変な事になりますよ

Qガソリン給油時のエア抜きとは??

先般、初めて行ったスタンドで満タン給油をお願いしました。燃料計から給油量は予測はつくのですが、その日は思った以上に給油されました。いつも満タン給油で52リッター程度なのですが、その日は60リッター給油されました。私の車の燃料タンクの容量は60リッターなので、「えーそんなに入るの??」と店員さんに聞いたところ、「エア抜きしながら給油した」とのこと。そこで質問です。給油時のエア抜きとは??

Aベストアンサー

 ガソリンなどの液体危険物は消防法によって、一定の空間容積率が決められています。普通は5%から10%だと思いますが、それを無視して本当に満タンにしてしまうと本当に危ないことになります。自動車の場合は構造的にそこまでははいらないようになっているとは思いますが、余裕をもってタンクが設計してあるのは確かなはずです。

 ガソリンは、ノズルから出すとある程度発泡します。ノズルにはオートストップのための機械的な検知機構があり、空気の流れが止まれば自動的に吐出がストップするしくみがついています。発泡したガソリンの泡の表面がノズルの先端に触れただけで、吐出がとまることもありますし、逆に、ノズルの先端が液中に入り込んでもなお、なかなかオートストップがきかないノズルもあります。

 ですから、ガソリンの給油の仕方や計量機の差によって、思いの外たくさんはいったり少なかったりということが起こります。なお、計量機の表示ですが計量法によって、公的な検定を7年おきに受けるほか、消防法の定めによって行われる施設点検、スタンドの自主点検によってその精度は維持されます。2年ほど前計量機をいじって表示を1割ほど多めに改造していた業者が逮捕されたという話がありましたが、今はまずそのような心配はないと思います。

 軽油の場合ですと、油の元売りによって発泡性は大きな差があることがあります。あるメーカーの油はビールのように泡を出し、別のメーカーはそれほどでもない、そのような違いによって、ノズルのオートストップがきくレベルに差が生じ、結果として油がいっぱいはいるときとそうでないときの差が現れる事もあります。

 ガソリンなどの液体危険物は消防法によって、一定の空間容積率が決められています。普通は5%から10%だと思いますが、それを無視して本当に満タンにしてしまうと本当に危ないことになります。自動車の場合は構造的にそこまでははいらないようになっているとは思いますが、余裕をもってタンクが設計してあるのは確かなはずです。

 ガソリンは、ノズルから出すとある程度発泡します。ノズルにはオートストップのための機械的な検知機構があり、空気の流れが止まれば自動的に吐出がストップするしくみがつ...続きを読む

Qジーゼルエンジンのエア抜きについて

ジーゼルエンジンは燃料にエアが混入した場合
プライミングポンプでエア抜きを行いますが
ガソリンエンジンやキャブ車はエア抜きの必要が無いのに
なぜジーゼルはエア抜きをしないとエンジンがかからないのでしょうか?

Aベストアンサー

 ガソリンエンジンでも一部のエンジンはエア抜きしないといけません
 ジーゼルエンジンはエンジン内に超高圧を掛けて内部に噴射します
 これが凄い気圧になります100気圧もの
 従って、この気圧に上げるのにエアがあるとエンジン内に燃料が噴射ができません
 したがってエア抜きをしないといけないのですね
 
 一部のガソリンエンジンとは直噴エンジンです、これもエンジン内に超高圧を掛けて内部に噴射します
 これもホンダで100気圧、トヨタ、日産、三菱では200気圧もの圧力を掛けて噴射してます


人気Q&Aランキング

おすすめ情報