SXE10(3S)のク-ラント交換時、エア抜きをするのに特殊な方法でしなければならないのでしょうか?アイドリングから1500RPMくらい迄ふかしてアクセルを戻すと室内のセンタ-コンソ-ル中央付近から水の流れるような音がします。気持ち悪い位の音です。完全にク-ラント経路のエアが抜けきれていないみたいなんですが、もしわかる方がおられましたら、おしえてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ご自分でクーラント交換されたのでしょうか?



一般的に室内のヒーターコアにも冷却水が流れますので、エア抜きされる時にはヒーター全開にして室内のヒーター回路にも冷却水を循環させてエア抜きしなければなりません。

万が一これを行っていないのでしたら、ヒーター全開でエア抜きしてみて下さい。
    • good
    • 1

私もSXE10に乗っていますが、そのような音は聞こえたことがありません。

ディーラーに持っていってチェックしてもらった方がいいと思います...
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q新型 マーク(2)とアルテッツァ

こんにちは.
現在マーク(2)かアルテッツァかを検討中で,なおかつ新型が出るまで待つか今買ってしまおうか迷っています.
マーク(2)は今年,アルテッツァは来年秋に発売予定だそうですが,それぞれ排気量2.5Lからになるそうですね.そこで,これら2車の価格はいかほどと見ますか?(1番ランク下で)噂ではマーク(2)は今の2.0Lと差ほど変わらない価格になるとか.それだったら新型待った方がいいかなぁって気もします.
新型マーク(2)とアルテッツァについての情報をお持ちの方お願いします!

Aベストアンサー

あまり良い回答が得られていないようですね.
先日発売されたマ○ジンXに,新型マーク2に関する情報が載っていました.参考程度に見てみるのもいいかもしれません.
アルテッツァはどうなんでしょう.僕も気になります.来年からはレクサスなだけに,300は下らない(?)んじゃないでしょうか???

Qエンジン停止時にアクセルをふかす人

質問です。
たまに、車のエンジンを止める時にアクセルを一度ブオンとふかす人がいます。
あれって何か意味があるんですか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ここに同様の質問・回答があります。ご参考に!

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=162267

QTOYOTAからLEXUSへの価格上昇

数年前、日本でレクサスを販売する際アリストはレクサスGSで、セルシオはレクサスLS400へ、アルテッツァはレクサスIS200への専用モデルになりました。すべて、トヨタブランドより1.5倍くらいの価格に跳ね上がりました。北米でも日本のように昔から販売していたレクサスGS等々を日本と同様に価格を一気に上げたのでしょうか?

例)日本でトヨタのアリスト:320万~が日本でレクサスGS430:600万~
   日本でトヨタのアルッッツァ:220万~日本でレクサスIS:390万~等々

北米でもこんなに価格が上がったんでしょうか?

Aベストアンサー

北米で売られていたグレードは日本の廉価グレードより上位グレードだったため、モデルチェンジによる価格上昇はあっても、日本ほど大きな上昇はありません。

日本のアルテッツアは2000cc(ISの最安グレード)
北米のISは3000cc(アルテッツアの最高グレード)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%82%B9%E3%83%BBIS

日本のアリストは3.0L直6(GSの最安グレード)
北米のGSは4.3LV8(アリストの最高グレード)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%82%B9%E3%83%BBGS

日本でレクサスを売るに当たり、北米の最高グレードのみにし、日本の最安グレードを廃止し、また、モデルチェンジの時期と重なって、うやむやのうちに値上げとなっています。

これはマクドナルドが100円マックを廃止して、値上げと言われたようなものです。
購入者からすれば値上げですが、販売側からすれば安いグレードを廃止しただけで値上げではありません。

車に詳しくない人は、内装や外装に目を奪われがちですが、車の性能と価格のほとんどはエンジンで決まります。(同じ車種でもエンジングレードの違いで、価格が倍違ったりします)

北米で売られていたグレードは日本の廉価グレードより上位グレードだったため、モデルチェンジによる価格上昇はあっても、日本ほど大きな上昇はありません。

日本のアルテッツアは2000cc(ISの最安グレード)
北米のISは3000cc(アルテッツアの最高グレード)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%82%B9%E3%83%BBIS

日本のアリストは3.0L直6(GSの最安グレード)
北米のGSは4.3LV8(アリストの最高グレード)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%82...続きを読む

Qエアフィルターの経路についている箱について

エアフィルターのちょっと先(インテーク側)に空気ためのような樹脂の箱が付いているのですが、この箱の役目は何でしょうか?

エンジンはトヨタの3S-FEです。

急激にエアーを必要とするときのバッファみたいなもの?
と予想してます。

詳しい方ご教授ください。

Aベストアンサー

インテークパイプについている箱なら、
レゾネーターですね。

役割は簡単にいうと、音消しです。
共鳴効果を利用して、吸気音を低減させています。

Qアルテッツァ中古車 購入

こんにちは!

実は今、中古車を探しています。でも初めて中古車を買うのでどこに注意したらいいかよくわかりません。
そこでみなさんにお聞きしたいんですが、今いぃなぁって思ってる、アルテッツァは購入しても良いかどうかを教えてください。

候補1

平成11年 45万(車体価格)タイベルト交換済み 11.5万キロ

候補2

平成12年 52.8万(車体価格) 10.3万キロ
ナビ付き

候補3

平成13年 55万(車体価格) 9.3万キロ

3年から4年程度乗れたらいいなと思ってます
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

雑に言いますと、足回りで見るべきところはサスペンションとダンパー(ショックアブソーバー)っすね。

これをクルマに付ける時に直に付けちゃうとちょっと突き上げがあっただけでドーン!!ってタイヤハウスどころかボンネットも突き抜けちゃう。
これじゃ危ねえよ、っつーんでゴムのクッションを噛ませるんっすわ。これがアッパーマウントっつー代物っすね。

それに足回りの他の可動部も直に組み上げたら金属同士が摩擦でガリッガリうるせえわ火花は散らし捲るわすんげえ高温になっちゃうわで、危ねえよ。っつーんでゴムを噛ませて摩擦を減らすんっすわ。

以上をひと括りにして俗に『ブッシュ』っつーんっすわ。突っ込んでいくとそれぞれに名前はちゃんとあるんっすけど、そんなに知られてねえから伝わらねえよ、っつー場合がほとんどっすから。



で、ここの質問回答を見ていて誤解されている方が多いのを実感するっすけど、基本
『ディーラー扱いだから整備されていると思ったら大間違い』
っす。

っつーのも基本車検さえ通ればいいわけっすから、車検で引っかかる項目でなければ全部自己申告制っす。

例えばインジェクションがハンパなく汚れているとか、カムシャフト周りに昔のオイルが蓄積してすんげえ事になってるとか、10万km以上走っているのにデフギヤのオイルを替えた事がないとか。。。

実際前オーナーが整備をディーラーに丸投げしていたクルマで、ヘッドカバー外したら昔のオイルが焼き付いていてどエライ事になっていた、なんてよくある話っす。

結局異変を感じたオーナーの自己申告がなければディーラーだって直しちゃくれませんわ。何故ならヘッドカバーにオイルが焼き付いていて性能が落ちていても車検は通るから。



っつー事で今回のケースっすけど。。。

タイミングベルト交換っすけど、これはベルトじゃなくてウォーターポンプの交換があったかを確認したいっすね。
ウォーターポンプはクーラント液(LLC)を循環させる大事な場所で、ここが壊れたらオーバーヒートっす。チョイ突っ込んだ話をすると水アカや錆の発生でウォーターポンプに使用されているベアリングが腐食して最終的には固着しちゃうんっすわ。
日本車では10万kmで交換が推奨されているんっすけど、欧州車では性能重視でより回転が良いけど寿命が短いのを使ってるんっすわ。だから欧州車乗りの間でウォーターポンプ交換は基本っす。

もしタイベル交換済ませたバージョンがウォーターポンプ交換もしていたらこれが一番無難っすね。他の2台は買ってから自分でやる(金を払う)事になるっすから。

タイベル切れたらエンジンそのものが逝っちゃうっす。修理も可能だけど100万円コースを覚悟してくだされ。


できれば3台とも試乗してくだされ。

エンジンの吹き上がり、ギヤチェンジしてからシフトダウンがしっかり行われるか、ステアリングのガタつきはないか、エアコンを入れて吹き上がりに突っかかるようなポイントはないか、エアコン入れてコンプレッサーがカンカン言わないか、それに窓を開けてカーブとかでダンパーあたりから『シュー』っつー音が聞こえないか。。。ダンパーが逝ってたらシューって音が出るんっすわ。

特にローダウンしているとストローク短いっすから無理が掛かってる可能性があるっす。

もうここまで走ると2・3年の差なんて、関係ねえっすよ。前オーナーの手入れがモノを言う走行距離っすから。


でも下手したらこれらのアルテッツァ買う金でBMW3シリーズやOPEL VECTRAとかAUDI A4とか、買えちゃうっすけどね。もちろんもっと走行少ない程度のイイ奴っす(基本欧州車は無茶な乗り方する人、少ねっすから)。



それでもアルテッツァ乗りてえ、だったら絶対試乗してから決めてくだされ。

雑に言いますと、足回りで見るべきところはサスペンションとダンパー(ショックアブソーバー)っすね。

これをクルマに付ける時に直に付けちゃうとちょっと突き上げがあっただけでドーン!!ってタイヤハウスどころかボンネットも突き抜けちゃう。
これじゃ危ねえよ、っつーんでゴムのクッションを噛ませるんっすわ。これがアッパーマウントっつー代物っすね。

それに足回りの他の可動部も直に組み上げたら金属同士が摩擦でガリッガリうるせえわ火花は散らし捲るわすんげえ高温になっちゃうわで、危ねえよ...続きを読む

Qクラッチのエア抜き

私は現在、MT車でHCR32に乗っているのですが、最近クラッチの切れが悪く
ミッションが入りにくいのです。そこで、クラッチのエア抜きについて、
HCR32なら、どこにエアを抜くところがあるか教えていただきたいのです。
 回答しにくい質問で申し訳ありませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

エアが原因ですか?
折角エア抜きするなら交換してしまいましょうね
ミッションの脇にシリンダー付いてないですか?
そこに脇8mmか10mmの乳首のようなボルトが有ると思います
確か真鍮性なので色で判ると思うのですが・・・
それでこういった作業は経験あります??
無ければ御自分で作業すると大変な事になりますよ

Qアルテッツァを

アルテッツァをVIP系にしたいのですが、周りから見てアルテッツァのVIP系はありなのでしょうか?
また、よいアドバイスなのであれば教えてください。

Aベストアンサー

アルテッツァをラグジー系にして乗ってます。VIP系=大きなエアロですよね?
アルテッツァにエアロなどつけるとスポーツ系の見た目に近くなってしまうので、メッキピラー、シンプルエアロorエアロなし、ホイールくらいが一番似合います。
アルテッツァのラグ系は「ラグカー」などの雑誌にたまに載ってますよ。

Qガソリン給油時のエア抜きとは??

先般、初めて行ったスタンドで満タン給油をお願いしました。燃料計から給油量は予測はつくのですが、その日は思った以上に給油されました。いつも満タン給油で52リッター程度なのですが、その日は60リッター給油されました。私の車の燃料タンクの容量は60リッターなので、「えーそんなに入るの??」と店員さんに聞いたところ、「エア抜きしながら給油した」とのこと。そこで質問です。給油時のエア抜きとは??

Aベストアンサー

 ガソリンなどの液体危険物は消防法によって、一定の空間容積率が決められています。普通は5%から10%だと思いますが、それを無視して本当に満タンにしてしまうと本当に危ないことになります。自動車の場合は構造的にそこまでははいらないようになっているとは思いますが、余裕をもってタンクが設計してあるのは確かなはずです。

 ガソリンは、ノズルから出すとある程度発泡します。ノズルにはオートストップのための機械的な検知機構があり、空気の流れが止まれば自動的に吐出がストップするしくみがついています。発泡したガソリンの泡の表面がノズルの先端に触れただけで、吐出がとまることもありますし、逆に、ノズルの先端が液中に入り込んでもなお、なかなかオートストップがきかないノズルもあります。

 ですから、ガソリンの給油の仕方や計量機の差によって、思いの外たくさんはいったり少なかったりということが起こります。なお、計量機の表示ですが計量法によって、公的な検定を7年おきに受けるほか、消防法の定めによって行われる施設点検、スタンドの自主点検によってその精度は維持されます。2年ほど前計量機をいじって表示を1割ほど多めに改造していた業者が逮捕されたという話がありましたが、今はまずそのような心配はないと思います。

 軽油の場合ですと、油の元売りによって発泡性は大きな差があることがあります。あるメーカーの油はビールのように泡を出し、別のメーカーはそれほどでもない、そのような違いによって、ノズルのオートストップがきくレベルに差が生じ、結果として油がいっぱいはいるときとそうでないときの差が現れる事もあります。

 ガソリンなどの液体危険物は消防法によって、一定の空間容積率が決められています。普通は5%から10%だと思いますが、それを無視して本当に満タンにしてしまうと本当に危ないことになります。自動車の場合は構造的にそこまでははいらないようになっているとは思いますが、余裕をもってタンクが設計してあるのは確かなはずです。

 ガソリンは、ノズルから出すとある程度発泡します。ノズルにはオートストップのための機械的な検知機構があり、空気の流れが止まれば自動的に吐出がストップするしくみがつ...続きを読む

Qアルテッツァとオーリス

今、アルテッツァに乗ってますがオーリスに買い換えようかと思ってます。
アルテッツァの純正17インチが好きなので
オーリスでもそのまま使えるか知りたいです。
ネットでサイズは分かったのですが実際使えるかがわかりませんでした。
詳しい方教えてください。
お願いします。

アルテッツァ  17×7JJ PCD 114.3 オフセット50

オーリス    16×6.5J PCD 114.3 オフセット45

Aベストアンサー

使える可能性はあると思います。

まず、両車とも、ハブ径(センターボア径)は 60mm です。
もちろん、両車とも 5穴-114.3mm です。


例えば、

[装着タイヤ(タイヤの外径 JATMA規格)] [ホイールのオフセット] [トレッド前] [トレッド後] [車幅] を比べると、

オーリス(FF)
195/65R15(635) +39 1535mm 1535mm 1760mm
205/55R16(632) +45 1525mm 1525mm 1760mm

オーリス(4WD)
195/65R15(635) +39 1535mm 1530mm 1760mm
205/55R16(632) +45 1525mm 1520mm 1760mm

ブレイド
205/55R16(632) +45 1525mm 1520mm 1760mm
225/45R17(634) +50 1515mm 1510mm 1760mm

といった感じになります。

オーリスのリアサスは、オーリス4WD車のみ、ブレイドと同じ形状のものです。ブレイドは逆にFF車であってもこの同じ形状のリアサスを使っています。

上から分ることは、ブレイドのFF車も4WD車も 2.4L車も3.5L車も、オーリスの4WDも、基本は全く同じ寸法の前後トレッドだということです。(全く同じパーツが使われているかどうかは分りません)
数値上違く見えるトレッドは、ホイールのオフセットによるものです。

ということは、メーカーはこの車に 7-17 オフセット+50 を付けている。ということになります。

オーリスFF車は、リアトレッドが5mmワイドですが、外にはまだ余裕があるのでOKでしょう。


(上記ここまでの情報では、「全く問題なく付きそうだな」といった感じになります。)



しかし、

メーカーホームページを見ますと、
TRD TF4 7-17 オフセット+35 (タイヤは 215/45R17) なのですよね。
(http://toyota.jp/auris/dop/package/)
(http://www.trdparts.jp/parts_wheel-tf4.html)

しかも、「設定 : 2WD」(http://209.85.175.104/search?q=cache:w7s1lm3pUUEJ:toyota.jp/auris/dop/package/index.html+%222WD%E8%BB%8A%22+%22%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%9F%E3%83%9B%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%83%AB%22+site:http://toyota.jp/auris/dop/package/&hl=ja&ct=clnk&cd=1&gl=jp)なのですよね。

2WD(FF)は可で、4WDは不可という理由が、あるとすると、
「4WDではリアが片側2.5mmずつ引っ込んでいるから、インナー干渉が心配される。」ということかと思いますが、
とすると、+35から+50へとさらに 15mmも内側に引っ込ませてしまうと、仮に2WD車であっても「大丈夫か?」といった心配は湧きます。
(単に、オーリスの4WD車はリアに何か出っ張りがあるだけなのかもしれませんが。)


何れにせよ、アルテッツァの215/45R17も使えそうなので、とりあえずは、付けてみて現車確認といった感じでしょうか。
9割がた(あるいはそれ以上)付く可能性はあると思います。


現車に付けてみて、前後輪ともにまだ余裕が有れば、次回タイヤ交換時は 225/45R17 も選べるかもしれません。
(225/45R17は195/65R15よりも外径は小さいですので)
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2613727.html)の ANo.2 と ANo.4
(http://www.enkei.co.jp/webmagazine/matchingdata/md_12.html)
その場合、専門家(タイヤ専門ショップの店員)と相談の上お決め下さい。




ところで、セダンですよね?
アルテッツァジータの上級グレード車のように、純正でもFR特有のリアホイールの幅が広いような場合は、FF車には使えません。

お持ちのホイールが 4輪とも 7-17 オフセット+50 であることを前提に話しています。

使える可能性はあると思います。

まず、両車とも、ハブ径(センターボア径)は 60mm です。
もちろん、両車とも 5穴-114.3mm です。


例えば、

[装着タイヤ(タイヤの外径 JATMA規格)] [ホイールのオフセット] [トレッド前] [トレッド後] [車幅] を比べると、

オーリス(FF)
195/65R15(635) +39 1535mm 1535mm 1760mm
205/55R16(632) +45 1525mm 1525mm 1760mm

オーリス(4WD)
195/65R15(635) +39 1535mm 1530mm 1760mm
205/55R16(632) +45 1525mm 1520mm ...続きを読む

Qジーゼルエンジンのエア抜きについて

ジーゼルエンジンは燃料にエアが混入した場合
プライミングポンプでエア抜きを行いますが
ガソリンエンジンやキャブ車はエア抜きの必要が無いのに
なぜジーゼルはエア抜きをしないとエンジンがかからないのでしょうか?

Aベストアンサー

 ガソリンエンジンでも一部のエンジンはエア抜きしないといけません
 ジーゼルエンジンはエンジン内に超高圧を掛けて内部に噴射します
 これが凄い気圧になります100気圧もの
 従って、この気圧に上げるのにエアがあるとエンジン内に燃料が噴射ができません
 したがってエア抜きをしないといけないのですね
 
 一部のガソリンエンジンとは直噴エンジンです、これもエンジン内に超高圧を掛けて内部に噴射します
 これもホンダで100気圧、トヨタ、日産、三菱では200気圧もの圧力を掛けて噴射してます


人気Q&Aランキング