VBのフレキシブルグリッドにオラクルからデータを取って表示させているのですが、読み終わったら、今度はcloseしないといけない・・・とよく見るのですが、
どうやって記述したらよいかわかりません。。
ヘルプを参考に試してみたのですが、どうもうまくいきません。
レスいただけませんでしょうか?
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

Oracleから、oo4oのDynasetでデータを取ってきて、それをとり終わったら、DynasetをCloseするという意味でしょうか?(フレキシブルグリッドで、データ編集はしない)


それでしたら、Dynasetを入れている変数にNothingをセットすればよいです。oo4oのDynasetはCloseする必要はありません。(してもかまいませんが、何もしません)
最後に
Set objDynaset=Nothing 'objDynasetは、Dynasetを参照している変数
としてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんわ。。。

できました~~~~。ありがとうございました。

うれしい~~。

お礼日時:2002/03/21 01:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QAccessのクロス集計クエリから、追加クエリをvbaで記述したいが記述が分からない。

Windows7のAccess2007を使っています。
Accessのクロス集計クエリから、追加クエリをvbaで記述したいが記述
が分からない。

vbaを使わなければ、データベースウインドウで最初にクロス集計のク
エリを作って、そのクエリを使って追加クエリを作れば終わりですが。
これと同じ事をvbaで記述をしたいのですが。

出来るのでしょうか。

例として、収穫テーブルとサイズテーブルのクロス集計を作ると仮定し
て下記の構造で作る物とします。
収穫テーブルは下記の構造です。
1. idと言う名前でオートナンバーの型
2. サイズと言う名前で数値の型

サイズテーブルは下記の構造とします。
1. idと言う名前でオートナンバーの型
2. 名前と言うフィールドの名前でテキストの型

収穫のテーブルは下記のデータが入っています。
ID サイズ
1 1
2 2
3 2
4 2
5 1
6 2
7 3

サイズのテーブルは下記のデータが入っています。
ID 名前
1 大
2 中
3 小

リレーションシップは、一側のテーブルがサイズのテーブルで、idを主
キーとします。多側のテーブルは、収穫のテーブルで多側のキーはサイ
ズです。

ここで、クエリ1の名前で
TRANSFORM Count(収穫.ID) AS IDのカウント
SELECT 収穫.ID
FROM サイズ INNER JOIN 収穫 ON サイズ.ID = 収穫.サイズ
GROUP BY 収穫.ID
PIVOT サイズ.名前;

を実行すると、下記が得られます。
ID 小 大 中
1 1
2 1
3 1
4 1
5 1
6 1
7 1

ここで、クエリ1を使って下記のクエリ2を作ります。
INSERT INTO table1
SELECT クエリ1.*
FROM クエリ1;

上記の操作でクエリ1のクロス集計クエリを使って
クエリ2の追加クエリと言う二つの手段で
クロス集計からデータを作る事が出来ます。

この操作をvbaの手法で作る方法は無いのでしょうか。
この例でのコードの記述を宜しくお願いします。

Windows7のAccess2007を使っています。
Accessのクロス集計クエリから、追加クエリをvbaで記述したいが記述
が分からない。

vbaを使わなければ、データベースウインドウで最初にクロス集計のク
エリを作って、そのクエリを使って追加クエリを作れば終わりですが。
これと同じ事をvbaで記述をしたいのですが。

出来るのでしょうか。

例として、収穫テーブルとサイズテーブルのクロス集計を作ると仮定し
て下記の構造で作る物とします。
収穫テーブルは下記の構造です。
1. idと言う名前でオートナ...続きを読む

Aベストアンサー

こちらが参考になるでしょう。
http://www.accessclub.jp/bbs6/0008/das1904.html


おまけ、上記を参考にした
一応動作するコード。

Dim strSQL As String
strSQL = "INSERT INTO table1 " & _
   "SELECT Q.* " & _
   "FROM [" & _
   "TRANSFORM Count(収穫.ID) AS IDのカウント " & _
   "SELECT 収穫.ID " & _
   "FROM サイズ INNER JOIN 収穫 ON サイズ.ID=収穫.サイズ " & _
   "GROUP BY 収穫.ID " & _
   "PIVOT サイズ.名前 " & _
   "IN ('大','中','小')" & _
   "]. As Q"
Debug.Print strSQL
CurrentDb.Execute strSQL

QDB2のエラーの回避方法を知っている方教えていただけますか?


SQL30040N
後続のコマンドまたは SQL ステートメントの正常な実行に影響を与えない使用不能リソースのために、実行が失敗しました。理由 "0x200002D"、リソース・タイプ "MEMORY"、リソース名 "DRDA HEAP"、製品 ID "SQL07029 "。
SQLSTATE=57012

このようなエラーメッセージが出て困っています。
回避方法を知っている方教えてもらえないでしょうか?

環境は
サーバー
OS :Windows Nt4.0 SP6
DB2:Ver7 Fix13

クライアント(1)
OS :Windows2000 SP4
DB2:Ver8 Fix7

クライアント(2)
OS :Windows2000 SP4
DB2:Ver8 Fix4

開発言語:VB6.0 Sp5
接続方法:ADO
Microsoft Data EnvironmentでCommandを使用

クライアントのFixを当てる前までは、このメッセージが出ていなかったのですが、ほかのエラー回避のためにFixを当てたところ今度このエラーが出るようになってしまいました。
IBM等で調べたのですが具体的な解決策がなく投稿しました。よろしくお願いします。


SQL30040N
後続のコマンドまたは SQL ステートメントの正常な実行に影響を与えない使用不能リソースのために、実行が失敗しました。理由 "0x200002D"、リソース・タイプ "MEMORY"、リソース名 "DRDA HEAP"、製品 ID "SQL07029 "。
SQLSTATE=57012

このようなエラーメッセージが出て困っています。
回避方法を知っている方教えてもらえないでしょうか?

環境は
サーバー
OS :Windows Nt4.0 SP6
DB2:Ver7 Fix13

クライアント(1)
OS :Windows2000 SP4
DB2:Ver8 Fix7...続きを読む

Aベストアンサー

>DRDA_HEAP_SZを調整とはどのようにすればよいのでしょうか?

DRDA_HEAP_SZの調整方法を知らないとすると、まだ全くパラメータチューニングをしていないのでしょうか?
その場合、まずはautoconfigureコマンドを使用してパラメータ全体を調整したほうが良いと思います。

DRDA_HEAP_SZ を調整する場合は get dbm cfg 、update dbm cfg コマンドを使用します。

パラメータ調整例:
autoconfigure apply db and dbm
db2 get dbm cfg
db2 update dbm cfg using drda_heap_sz 256
db2 get db cfg for <db-name>
db2 update db cfg for <db-name> using sortheap 512

これらについて詳細を知りたい場合、まずは次の記事を見ることをお勧めします。

http://www.atmarkit.co.jp/fdb/index/index-db.html#tunedb2

あと細かい内容については次のURLからマニュアルを検索することが出来ますよ。

http://www.db2.jp/siryo/db2online/

>DRDA_HEAP_SZを調整とはどのようにすればよいのでしょうか?

DRDA_HEAP_SZの調整方法を知らないとすると、まだ全くパラメータチューニングをしていないのでしょうか?
その場合、まずはautoconfigureコマンドを使用してパラメータ全体を調整したほうが良いと思います。

DRDA_HEAP_SZ を調整する場合は get dbm cfg 、update dbm cfg コマンドを使用します。

パラメータ調整例:
autoconfigure apply db and dbm
db2 get dbm cfg
db2 update dbm cfg using drda_heap_sz 256
db2 get db cfg for <db...続きを読む

QデータベースのOPEN,CLOSEについて

大変初歩的すぎる質問で申し訳ないのですが、
DBを使用する際には同然OPENし、利用が終わったらCLOSEするわけですが、このタイミングは
(1)アプリケーションの起動と終了のときに1度だけ行う
(2)データアクセルの要求があるつど行う。
のどちらが適切なのでしょうか?

Aベストアンサー

このOKWEBのような WEBシステムの場合、DBコネクションを何本かまとめて取得しておきアプリケーションからの要求に応じて小分けにして渡す(貸し出す)という方法があります。そのような方法をコネクションプールといいアプリケーションからみたらオープン、クローズを毎回やっているように見えて実はDB接続は1回しかしていないという方法です。

つまり元締めがDB接続をやってアプリにDB接続を貸し出す、終わったら返してもらうという方法です。1本のDBコネクションを複数のアプリで使いまわす(共有する)ことができるけれども、DB接続は1回(というか取得した個数)で済むのでレスポンスも悪くなりません。

ただし、OKWebがそれを行っているかどうか知りません…(^^;

なんのシステムか分かりませんが、もし java を使ったシステムだった場合以下の汎用コネクションライブラリが参考になるかも…。

参考URL:http://www.jakarta.etrra-intl.com/commons/dbcp.html

Qオラクルについて

オラクルでDBを作り、DBAスタジオでツリーに加えたのですが、接続できません。
「ORA-12154:TNS:サービス名を解決できませんでした」というメッセージが出てきました。どうすれば接続できるようになるのでしょうか?解決方法を教えてください。

Aベストアンサー

また、登場です。
解消されていないと言う事で、詳細を。

ORA-12154 は接続の際に使用した接続文字列が、tnsnames.ora から
読み込めなかった場合に発生するエラーです。
このエラーの場合には、定義はこの他に数カ所あります。
単純に、一般的な対処方法を二つ程、いれますので確認してください。

1.%ORACLE_HOME%\network\admin\tnsnames.ora の定義ミスの場合

定義例)

TEST =
(DESCRIPTION =
(ADDRESS_LIST =
(ADDRESS = (PROTOCOL = TCP)(HOST = hostname)(PORT = 1521))
)
(CONNECT_DATA =
(SID = oracle)
)

hostname:マシン名でうまくいかない場合IPアドレスを入れる。(192.168.1.xxx)


2.sqlnet.oraに NAMES.DEFAULT_DOMAIN が設定されていた場合
詳細)付加するドメイン名を設定するためのもの

NAMES.DEFAULT_DOMAIN = hoge

となっている場合は、接続文字列がTESTとなっていても、
TEST.hoge が自動的に接続文字列となります。

よって、ここがコメントアウトされているか確認してください。

では・。

また、登場です。
解消されていないと言う事で、詳細を。

ORA-12154 は接続の際に使用した接続文字列が、tnsnames.ora から
読み込めなかった場合に発生するエラーです。
このエラーの場合には、定義はこの他に数カ所あります。
単純に、一般的な対処方法を二つ程、いれますので確認してください。

1.%ORACLE_HOME%\network\admin\tnsnames.ora の定義ミスの場合

定義例)

TEST =
(DESCRIPTION =
(ADDRESS_LIST =
(ADDRESS = (PROTOCOL = TCP)(HOST = hostname)(PORT = 1521))
)
...続きを読む

Qオラクルについて

「オラクルは使ったことありますか?」と訊かれるんですが、
そのオラクル自体が良く分かりません。
実際使ったことも無いんですが・・・
何か勉強するのに良い本やWebなどがあれば教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

これはNT用の場合ですが、オラクルを購入すると一枚のCDが着いてきます。イントールすると、オラクルが動き始めます。しかし、見た目なんの変化も起きません。実はNTのサービスが裏でオラクルを動かしているからです。
使うとなれば、他のクライアントからODBC等で接続してオラクルデータベースを使うことになります。
知識としてほしいのは、オラクル管理者としての知識と実際データベースを利用するユーザーとしての知識です。
ユーザーとして申し分ないと仮定して、管理者としてのこころ構えを述べておきます。
1)管理者としてオラクルに対する設定をよく理解すること。(テーブルの構造、データの入出力、エラーへの対処)
2)ユーザー登録やテーブル追加やシノニム等のメンテナンス
3)クライアントへのサービスのため、パーミッションや
メモリ管理等。
4)接続形態をよく理解して、バージョン管理やユーザーのSQL文の教育
5)データ更新系のVBやACCESS等の使い方の指導
これらが理解できたらりっぱな管理者になれると思います。
ちなみにわたしUNIX系オラクルを一週間で立ち上げました。もちろん、SEとともに。
がんばってね。

これはNT用の場合ですが、オラクルを購入すると一枚のCDが着いてきます。イントールすると、オラクルが動き始めます。しかし、見た目なんの変化も起きません。実はNTのサービスが裏でオラクルを動かしているからです。
使うとなれば、他のクライアントからODBC等で接続してオラクルデータベースを使うことになります。
知識としてほしいのは、オラクル管理者としての知識と実際データベースを利用するユーザーとしての知識です。
ユーザーとして申し分ないと仮定して、管理者としてのこころ構えを述...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報