最新閲覧日:

Eコマースについて調べているんですが、
どのサイトもEコマース=電子商取引としか書いていないんですね。
Eコマースって、もっと広い意味で言われていると思うんですけど、
企業間で行なわれる原料の調達や在庫の管理といったサプライチェーンもEコマースですよね?
他にはどんなものがあるんでしょうか?
教えていただけませんか?
また、詳しく乗っているサイトがあれば教えてもらえませんか?

A 回答 (3件)

インターネット上の商売です。


現在はほとんどの企業でひとつのチャネルとして欠かせない存在です。
最近は大手は一括で発注するスタイルが主流ですね
商品の注文から発送までの管理運営業務を指し、受注処理業務、商品の梱包・発送業務、在庫管理業務、代金請求業務、入金処理業務、苦情・問い合わせ等処理業務、返品・交換処理業務などの全体業務を称してフルフィルメントと呼ぶ

特に通販業務を行う上では最も重要な業務であり、効率的な業務を推進するために、あるいはコストを削減するために最も気を使うところでもある。こうした業務を外部に業務委託することも多く、商品アイテム数が豊富でその在庫を抱える企業にとっては、倉庫での商品管理、受注時の商品のピッキングなど、倉庫会社や運送会社に一括委託するケースが増えている。

代金回収のための督促業務や会員誌の発行・郵送、あるいはデータベース管理や分析機能なども含めた周辺業務も、フルフィルメントサービスと呼ぶ場合がある。

なお、最近は決済方法が増え、代金引換、カード決済、銀行振込み、郵便振込み、コンビニ決済等の方法がある。そのためインターネット経由でのPCや携帯電話の振込みなど決済手段自体が変化しているために、自社システムの開発費もかさむ。

一般のカタログ通販やインターネットショッピングなどが増えており、物流を含めたフルフィルメント全体の委託業務は増加している。そのため、業務料金やサービスメニューなどフルフィルメントサービスを提供する関係各社の競争も激化している。このフルフィルメントの経費が通販会社の利益を圧迫することも多いため、経費削減のための業務最適化が大きなポイントとなっている。ワンストップでできる会社はまだ少ないですね

参考URL:http://www.nextsolutions.co.jp/index.php
    • good
    • 0

はじめまして。


他のサイトが、Eコマース=電子商取引と解説しているのは間違いではありません。要はインターネットを通じて行われる商取引全般を指します。
よく耳にするB2(to)B、B2C,また複数企業から成るサービスでB2B2Cなるモデルもあります。尚、ご質問にありますSCMは業務改善のソリューションを指しECとは別物です。
企業がオンライン上で商取引(EC)に参入した場合、次のようなケースが発生します。
1.顧客管理の為のシステム構築→CRMソリューション導入。
2.肥大するデータ管理の為の業務改善→SCMソリューションの導入。
3.企業内データの共有化→ナレッジマネージメント構築。
4.企業内で構築した各システムの統合→ERPソリューションの構築。
以上で何となくイメージが掴めて頂きましたでしょうか。
要約しますと、オンライン上で金流が発生した場合はECと位置付けられます。また、1~4はそれらのビジネスをシステム的にサポートするアプリケーションと位置付けられます。下記に日本の多くの大手企業がEC参入の際にパートナーとして選んだ会社のURLをご紹介しておきます。今ではあまり名前を聞かなくなりましたが…。

参考URL:http://www.sap.co.jp/
    • good
    • 0

↓はどうですか?



参考URL:http://www.e-words.ne.jp/view.asp?word=Eコマース
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ