WINDOWSに付いている「WAVEサウンド」で録音すると、ザラザラと、
雑音が入って困ってます。
もっと澄んだ音にできないでしょうか。。。
PCは、今、Meですが、前のPC win95(富士通)でも同じでした。
初心者なので、やさしく教えてください。 

A 回答 (1件)

うーん、これはしょうがないですね。


音声ソースにどのようなものを使っていても、パソコンの録音機能はたいしたことありませんし、
パソコン自体の発するノイズがケーブルを伝って入ってしまうでしょう。
となれば、waveファイル自体をかこうするしかありません。
幸いフリー、シェアでノイズをクリーニングするソフトはいろいろあります。
下記URLでいろいろあります。
試してみて、使いやすいものを選ぶとよいでしょう。
ワタシは「♪汚れた wav をクリーニング! 」を使っています。

参考URL:http://search.download.yahoo.co.jp/bin/v_searchf …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくありがとうございました。
勉強にもなりました。

お礼日時:2002/03/19 23:42

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q録音済みのサウンドから周囲の雑音を消したい

すでに収録されている音声から、雑音を低減させたいのですが、いいアイデアがあったらお聞かせください。
やりたいことは「走行中の列車の中で収録したサウンドから、車内アナウンスの声だけを抜き出したい」こんな感じの作業なのですが、目的の音声以外の周波数成分を低減させればいいと考えたのですが、サウンドの一部を切り取って周波数を分析できるようなソフトはありますでしょうか。
もしできれば、人の声以外を低減できるかなと思ったのですが・・・。

Aベストアンサー

それは、ソフトでやるよりもハード(機材)を使ってやるほうがうまくいくような作業では。もっとも私がアナログで鳴れているのでそう思うだけかもしれませんが。同様の作業は何度かやったことがあります。ソース(原音)の質にもよりますが、けっこう不自然な音になりがちではあります。

簡単なイコライザ/(好みによってはエキサイタ)を掛けるだけで必要な帯域だけを切り取った後、子音成分を強調することができます。

ソフトでやるならハードディスク録音した後エフェクタをかけることのできるソフト(例えばデジタルパフォーマ)なら同じようなことができるでしょう。

自宅で多重録音する人が近くにいれば必要な機材を持っている可能性が高いでしょう。そういう人を探してみるのがひとつの手ですかねえ。

Qwave編集ソフト&mp3→waveに変換ソフト 

wave編集ソフトってありますか?
もしなかったらwaveに変換ソフトってありますか?

Aベストアンサー

参考URLもしくは、そのリンク先を参考にしてみてください。

参考URL:http://www.nifty.com/download/win/art/sound/

QPCで5.1サウンド

新たにPCを購入をしまして,5.1のシステムを組もうと思っているのですが
可能なのでしょう?
スペック
CPU:AMD Athlon 64 X2 4600+ デュアルコア・プロセッサ AM2ソケット
マザーボード:ASUS M2V
メモリ:PC-6400 1GB×2
ビデオカード:GIGABYTE GV-NX76G256D-RH
ハードディスク:サムスン250GB(シリアルATA)+シーゲート200GB
ドライブ:プレクスターPX-760A/JP DVD+R:18倍速 DVD+RW:8倍速 DVD+R DL:10倍速 DVD-R:18倍速DVD-RW:6倍速 DVD-R DL:6倍速 CD-R:48倍速 CD-RW:24倍速
サウンド:オンボード
ケース:G-600S/500W
それとPCからFirewire接続でEDIROL FA-66を経由してMDコンポのスピーカーに繋げてます。
主に音楽制作に使っていますが(SONAR6.0)コンポのスピーカじゃ満足
できなくなり、さらにDVDや音楽データをさらにリアルでクオリティーの高い音で聞きたくなりました。
さらにわがままを言えばプラズマTV(d:P4222GJV4)、DVDプレイヤー
でも兼用で使えればと思います。
5.1には特にこだわってるわけではないので、2.1で十分とか、どんな機器が必要なのか、お勧めのものとか、私ならこうするとか、PC使用時は2.1で
DVD鑑賞時は5.1とかいろいろと意見やアドバイスをお願いします。
基本的に音楽を作ったり聞いたりをするのが好きなので臨場感あふれる音で聞いてみたくなりました。
よろしくお願いします。
聞いてみたいです。

新たにPCを購入をしまして,5.1のシステムを組もうと思っているのですが
可能なのでしょう?
スペック
CPU:AMD Athlon 64 X2 4600+ デュアルコア・プロセッサ AM2ソケット
マザーボード:ASUS M2V
メモリ:PC-6400 1GB×2
ビデオカード:GIGABYTE GV-NX76G256D-RH
ハードディスク:サムスン250GB(シリアルATA)+シーゲート200GB
ドライブ:プレクスターPX-760A/JP DVD+R:18倍速 DVD+RW:8倍速 DVD+R DL:10倍速 DVD-R:18倍速DVD-RW:6倍速 DVD-R DL:6倍速 CD-R:48倍速 CD-RW:24倍速
サウンド:...続きを読む

Aベストアンサー

私は8.1chです。

映画見るときはまぁすごいけど。音楽となると、微妙なところです。
私は、すべてジャンク品でそろえました。
総額:13000円くらいでしょうか…正直なところ、好みの世界です。
古いからだめとか、新しいから良いというものでもないので、ジャンクをいくつかかって好みに合ったものを残し、他は売って…それを繰り返し現在に至りました。

臨場感なら、ホームシアターセット(2万くらいの)でいいと思いますよ。
でも、私の好みに合うものなかったので、ホームシアターセットを私はかいませんでした。

音楽は2ch
映画は5.1(か7.1ch)がいいです。

サウンドボードはONKYOの一番最近出たのをどうぞ。
音楽には最高のものだと思います。
ゲームなら、サウンドブラスターですが…

音楽とかなら、macの方がいいように思いますよ。

Q歪の少ない澄んだ音と歪の多い自然な音のどちらが好きですか?

私は過去に評論家の記事を信じて三極管のプッシュプルアンプと大型スピーカーシステムを購入し、歪の多さに驚き後悔し評論家の言う事は二度と信じないと心に決めておりました。また最近販売されている真空管アンプの殆どがシングル出力管を採用し歪の多い回路構成なので誇大広告なのではないかと心を痛めておりました。
しかし最近シングル出力を推奨するホームページがある事を知り、評論家にも独自の理論があり、信念に基づいて評論しているのかとやや見直しました。その理論が正しいかどうかはここではとりあげない事にします。なぜならオーディオは本人が楽しめるか否かが重要であり、理論を否定したところで個人攻撃にしかならないからです。
そこで皆さんは私と同様に歪の少ない澄んだ音が好きで歪の多い音を聞くと疲れて頭が痛くなる方ですか?それとも私の知っている評論家のように歪が非常に多くても自然さ、定位の良さに価値を感じる方ですか?

Aベストアンサー

聴感上の歪でしたら、当たり前ですが、歪の少ない澄んだ音のほうが好きですし、まともな音だと思います。本来なら歪が無いのに越した事は無いのですが、結果的に歪が出てしまっている場合は、販売する側としてはなんとしても正当化しなければならないので、他の表現を使わざるを得ないのだと思います。誰だって歪んだ音を買わされるのはやですよね。ただこの歪がどう聞こえるのかがわからない人もいますので、厄介です。歪はデータとしては現れにくいのも賛否が分かれる原因だと思います。わかってる人が聞けば何の苦もなく判定できるのですが。
という事で「歪の少ない澄んだ音が好きで歪の多い音を聞くと疲れて頭が痛くなる方」です。

Qラジオの雑音

古いのですがお気に入りの大きな卓上用トランジスタラジオの事ですが
以前からスイッチを入てる、ボリュームを上げる、周波数を合わせる
(すべてツマミを回すタイプです)時に古いオーディオ特有の
”バリバリ”音がします。
以前よりもひどくなった様な気がします。
簡単な構造なので中を開けツマミ部分のホコリ等取りましたがダメです。
これはもうしょうがない事なのでしょうか?
ツマミ部分に機械油をさすとか…
何か”バリバリ”音が無くなる方法はありますか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ボリュームには、「開放型」と「密閉型」があります。
通常の安いラジオはたいてい「開放型」が使われています。
高級品、測定器などには、「密閉型」が使われます。

ボリュームはある程度使い込むと、どうしても摺動面の抵抗体が剥がれて、雑音が出るようになります。
「開放型」であれば、抵抗体が剥きだしになっていますから、ここに「接点スプレー」を吹きかけます。
(接点スプレーには、径1.5mmくらいのノズルが附属していますから、これを使います)

ノズルを使えば、かなり、こまかいところまで吹きつけできます。
サッと吹きかけ、垂れない程度にかけるのがコツです。
吹き付ける量が適正であれば、特にふき取る必要はありません。
接点スプレーはDIYのお店に置いてあります。

「密閉型」だと、キャップの部分を剥がし、吹き付けます。
キャップは接着剤で留められていますから、剥がすにはちょっとコツがいります。
ただし、密閉型でも隙間のあるものがあり、この場合は隙間から、上記ノズルで吹き込みます。

これはプロの間でも使う手段です。

蛇足ですが、ボリューム(volume)は、もっぱら音量調整にこれが使われるところからきた呼び名です。
正式な名前は、バリアブルオーム(variable ohm)、略してバリオームとも言います。

バリオームは、音量調整だけでなく、いろんなところに使われますから、そういう用途を「ボリューム」というのは間違いなのですが、今ではボリュームという言い方が定着しています。

なお、雑音が出るようになったボリュームは「ガリオーム」です。
日本語の「ガリガリ」をもじった造語です。(^_^;)

ボリュームには、「開放型」と「密閉型」があります。
通常の安いラジオはたいてい「開放型」が使われています。
高級品、測定器などには、「密閉型」が使われます。

ボリュームはある程度使い込むと、どうしても摺動面の抵抗体が剥がれて、雑音が出るようになります。
「開放型」であれば、抵抗体が剥きだしになっていますから、ここに「接点スプレー」を吹きかけます。
(接点スプレーには、径1.5mmくらいのノズルが附属していますから、これを使います)

ノズルを使えば、かなり、こまかいところまで...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報