「偉大なワンドゥ-ドゥル最後の一匹」という本を読みたいのですが、
廃刊になっているらしく、全然見つかりません。
そこで、図書館で取り寄せてもらおうと思ったんですが、
出版社も著者名もわからないので、できませんでした。

出版社と著者名を知っていたら、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

書名:「偉大なワンドゥードルさいごの一ぴき」


著者:ジュリー・アンドリュース
   #あの「サウンド・オブ・ミュージック」のジュリー・アンドリュースです。
訳者:岩谷時子
出版社:TBSブリタニカ

現在入手は困難らしいので図書館にあるといいですね!

またこちらのサイトで復刊のリクエストを受けて、再版の交渉中なんだそうです。
こちらの交渉次第では本屋さんで購入できるかも!?
http://www.fukkan.com/vote.php3?no=1415

参考URL:http://www.fukkan.com/vote.php3?no=1415
    • good
    • 0

出版者はTBSブリタニカ。


著者は、「サウンド・オブ・ミュージック」で有名なジュリー・アンドリュースです。
正式タイトルは、「偉大なワンドゥードルさいごの一ぴき」だったかも・・・
実物を実家に置いてきてしまったので、今、国会図書館で検索したのですが。
ワンドゥードルのようなふかふかスリッパが欲しくなります♪
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「悪」という本の出版社と著者を教えてください。

 殺人法などが載っているというちょっとやばい本で、「悪」というらしいのですが、出版社と著者がわかりません。どうか教えてください。

Aベストアンサー

昔(1980年代)にデータハウス社から出版されましたが、その内容故(読んだ事はあります)「発禁」になりました。
なので正規のルートでは手に入らないと思いますが・・・・

Q新風舎という出版社で共同出版された方

新風舎という出版社から、共同出版で本を出された方、いらっしゃいますか?

友人が、自費出版よりはお金がかからないと言われ、出版を検討しているそうなのですが、詩集80ページちょっとで120万円と言われたそうです。
近所のおじさんが他社で自費出版しているのですが、かなり厚い小説を20年くらい前に100万円で作ったと言っていました。

自費出版で100万円に比べて、共同出版で120万円は、かなり高いと思うのですが、相場はいくらくらいなのでしょうか。
内容の良し悪しで高くなったり安くなったりしますか?
騙されているのではないかと心配しています。
新風舎について色々検索してみたのですが、いいことしか載っていないような気がしました。
経験者の方のご意見を拝聴したいです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

共同出版で出版したことはないけど、作家を目指しているんで共同出版の話はよく聞きます。

まず共同出版だからといって自費出版より必ずしも安いとは限らないということ。
自費出版は悪名が広がりすぎたのか、断る人が多いので最近は出版社が提案する件数は減ったように思います。

かわりに出てきたのが共同出版ですが、名前のとおり出版社が費用の半分を共同で持つということは、まずありえません。
じゃあなにが共同かといえば、ひとつは出版社が契約している全国数十の書店に一定期間(一ヶ月ぐらい)置いてもらえること。
それから流通コードをもらえることです。自費出版は出版社が印刷した、ただの印刷物ですが、流通コードがあれば出版物と認められ、全国の書店から注文できます。おまけに、国会図書館は全ての出版物を保存しているそうですから、お友達の本も国会図書館におさめられますね。これはちょっとうらやましい。
ですから、サービスがいいぶん共同出版のほうが高めのこともよくあります。もちろん安いこともありえます。

で、値段なんですけどこれはピンからキリまで。20年前の自費出版と今の共同出版では比べ様がないですね。
詩集の相場にはくわしくないけど、小説でしたら300ページぐらいで150~300万円と聞きます。
ただ、詩集はまったく売れません。商業出版でも新人の小説の初版は5000部ぐらいに対し、詩集で300部ほどという差がすでにあります。

120万で詩集ということなので、印刷数は100冊ぐらいでしょうか。たぶんもっと少ない気もしますが。
ためしにこれで計算してみましょう。
120万で100冊ということは一冊の原価が1200円となりますね。(この価格で素人の詩集を購入する人はまずいないでしょうが)

印税は新人だと5%ぐらいです。共同だともっと低いかもしれません。
1200円の5%=60円

自費(共同)出版で10冊売れればベストセラーと言われています。詩集ですから、3冊ほど売れれば奇跡の大ベストセラーと言えるでしょう。
その奇跡をおこしたとして、入ってくる印税は180円。120万払って儲かるのは180円。悲しいけどこれが現実です。
書店から返品された本を自分で友人知人、ご近所親戚に売りつければもう少し売上があがるでしょうが、皆に嫌われます。

お友達が費用を回収できるのは2万冊以上売らなければいけません。現実にプロの詩人でもこんなに売り上げがある人はいません。

もっと印刷冊数が多ければ原価も下がり、当然印税もさがってさらに費用回収は困難でしょう。かといって原価を上げればますます買う人は減るでしょう。

共同出版の現状からすれば120万は法外に高すぎる値段ではないと思います。(それが現実問題として妥当な値段かどうかは別として)
新風舎は自費出版系として有名ですし、なによりきちんと契約どおり出版されれば詐欺とはいえません。
ですが思ったように本が売れず、借金だけが残って騙されたと感じる人も多数いることでしょう。
そのことを考慮して決めるよう、友人に話してみてあげてください。

ちなみに
>内容の良し悪しで高くなったり安くなったりしますか?
これは作品の内容というより、本の品質で変わるようです。
出版社は本の売上で利益を得ようとしているのではなく、本の出版費用で利益を稼いでいますから。よほど内容が良ければありえるかもしれませんが。
先に書いたように詩集はまったく売れませんから、いかに今まで見たこともないようなすばらしく感動的で、まさしく天才の作品であっても、詩である限り内容で割引されるとは考えにくいですね。そこまですごい作品なら、話題になって商業出版の話が持ち上がるかもしれません。
ただ、値引きはわりしてくれるとも聞きます。
それから、120万は印刷代だけ、あと編集代としていくら、表紙のデザイン代でいくら、宣伝費(書店に本を置く代金)がいくらかかると後で金額を追加されないよう、最初の話し合いはきっちりとしてください。

共同出版で出版したことはないけど、作家を目指しているんで共同出版の話はよく聞きます。

まず共同出版だからといって自費出版より必ずしも安いとは限らないということ。
自費出版は悪名が広がりすぎたのか、断る人が多いので最近は出版社が提案する件数は減ったように思います。

かわりに出てきたのが共同出版ですが、名前のとおり出版社が費用の半分を共同で持つということは、まずありえません。
じゃあなにが共同かといえば、ひとつは出版社が契約している全国数十の書店に一定期間(一ヶ月ぐらい)...続きを読む

Q著書名、著者名を教えてください。

著書名、著者名を教えてください。

方舟のようなものが自分の意思をもって、地上を移動している。
中には人が住んでいる。・・・
とういうようなお話だったと思うのですが、うろ覚えです。

最近、恩田陸さんの”いのちのパレード”の中の"走り続けよ、ひとすじの煙となるまで"を読んで思い出したのですが・・・。

ご存知の方いらっしゃいませんか?

Aベストアンサー

恩田陸さんの『図書室の海』という短編集の「オデュッセイア」という話ではありませんか?
ココロコという大きな船にも似ていて、バベルの塔にも似ているものの話です。

Q名著と出版社

『罪と罰』や『カラマーゾフの兄弟』を読もうとしているのですが、いろいろな出版社から出されていて、どれを買えばいいのかわかりません。
単純に値段を見ればいいのか、出版されたのが最近の方がいいのか、どれも同じなのか・・・・・
くだらないことですが、回答のほど宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

出版日が新しいほうが読みやすい率が高いです。
翻訳が新しかったり、翻訳は古くても活字や紙面構成が読みやすくリニューアルされていたり。

アマゾンのカスタマーレビューを覗いてみたら、一概に「岩波文庫が古くて新潮文庫が新しい」とは言えないようなので(作品による)、出版社でなく、出版日をチェックしたほうがいいです。

私は新潮文庫で読みましたが、
今から買うなら、光文社古典新訳文庫で良いのではないでしょうか?
『カラマーゾフの兄弟』は、村上春樹氏も分かりやすいと誉めてましたよ。
別に村上さんが権威と言うわけではなくて、村上さんはディープな「カラ兄」ファンなので、そういうファンの一人が良かったと言っているなら、良いんじゃないかな? ということで。

自分はアマゾンのカスタマーレビューも参考にします。
実物が見られるなら、実物を見比べるのが良いです。

Q出版社の持ち込みについて

本を執筆して出版社に持っていこうと思っているのですが、この場合、やはり400字詰め原稿用紙じゃないといけないのでしょうか?教えてくださいm(._.)m

Aベストアンサー

持ち込みに関してですが、某大手出版社についての経験をお話します。その出版社は持ち込みOKなのですが、過去に他出版社の新人賞などで最終候補に残った作家志望者の原稿を優先して読むという話を編集者さんがおっしゃっていました。また、直木賞をとった作家の名前を挙げて、彼らのレベルでなければ出版は難しいとのことでした。
ぼくは運良く某出版社が主催している新人賞で最終候補に残り、その名前のおかげでほぼすべての出版社で持ち込みOKの返事をもらうことができ、今年の春には出版デビューすることになりました。まず新人賞で実績を残し、名前を売ることが重要かと思います。
持ち込み原稿に関しましては書式にはこだわりませんが、読みやすくという注文がつきます。
400字詰め原稿用紙に書く場合は、ボールペンか万年筆で丁寧で読みやすい字を書くこと。ワープロ原稿の場合はA4用紙に40文字×40文字程度で印刷してノンブルを振ると好印象です。もちろん、本の梗概とmiya_shiraishiさんのプロフィール、連絡先を別紙に書いておくことは必須です。
自費出版以外の出版社に持ち込むときはまず編集部に電話して持ち込みOKかどうか聞くことからはじめてください。
応募では角川NEXT、光文社カッパワンはすべての原稿に対して評価が郵送で戻ってきますから、新人賞で実績がない場合はこちらの応募のほうがいいかもしれません。

持ち込みに関してですが、某大手出版社についての経験をお話します。その出版社は持ち込みOKなのですが、過去に他出版社の新人賞などで最終候補に残った作家志望者の原稿を優先して読むという話を編集者さんがおっしゃっていました。また、直木賞をとった作家の名前を挙げて、彼らのレベルでなければ出版は難しいとのことでした。
ぼくは運良く某出版社が主催している新人賞で最終候補に残り、その名前のおかげでほぼすべての出版社で持ち込みOKの返事をもらうことができ、今年の春には出版デビューすることにな...続きを読む


おすすめ情報