義父が胃癌と宣告されました。手術を控えています。アガリスクなど効果ある物がたくさんあるようですが、詳しい事を教えてくださいませんか?経済的な問題もあり高価な物には手が届きませんが、アガリスクのやすく購入できるところ、効果。その他の漢方や効果を詳しく知りたいのです。
あと、ガン克服に関連する勇気づけられる本も読みたいと思っております。
今までガンという病気を目の当たりにした事が無く、戸惑いと不安でいっぱいの私たちに知恵をお貸し下さい。御願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

漢方薬に携わっているものです。


ここでは匿名ですが、薬局で同じようなご相談を受けた時と全く同じ心構えでお答えします。
アガリクスなどのキノコ類は、一般的に免疫力を高める、と言われているもので、宣伝などではガンが小さくなった、消えた、などかかれている事が多いですが、なんとも言えない所です。病院で取り入れているところもありますが、その報告には、アガリクスだけを治療に用いているわけではなく、色々な科学的な治療、他の健康食品、自然食品などとの併用の場合も多く、ガンに対して、どの程度の効果があるのか、はっきり断言できるところまでは、今のところ行っていないと思います。
それを踏まえた上で、考えて下さいね。
でも、アガリクス、霊芝(サルノコシカケ)、マイタケ、メシマコブ、などで体が元気になる、とはよく言われている事なのです。ガンに対して、と言うよりも、体が元気になり、ガンの治療の副作用である、食欲不振とか、抵抗力が極端に低くなることによって、他の病気を併発したり、口内炎が出来たり、と言うことを軽減するために、使うことが多いです。
また、製品としては、アガリクスも他の物も、色々ありますね。姿のまま、あるいはスライスして乾燥したものは煎じて飲みます。錠剤にしてあるものや、粉末にしてあるものもあります。どれが良いか、これも断言できないのですが、煎じた物の方が飲みやすいし、吸収も良いのではないか、と聞きます。でも入院されている場合、なかなか長時間煎じるのも難しい場合には、粉末をお湯に混ぜて飲んだり、飲み込むのに差し支えなければ錠剤はお手軽です。
一種類単品を飲むより、一種類の量を減らして、2種類や3種類飲むほうが効果があるのではないか、と聞いたこともあります。煎じるのであれば、手間も飲む分量も同じですみます。始めから一緒におなべに入れて煎じれば良いです。今はメーカーによっては煎じたエキスを、レトルトパックのような感じで売っているものもあります。
同じような目的で、漢方薬でよく使われるお薬が「補中益気湯(ほちゅうえっきとう)」や、「十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)」などです。これらは、胃腸の機能を高めたり、体全体の弱りがちな機能を高めたりする目的で使います。ガン以外の場合には、夏ばてや、病後、虚弱体質、貧血、アレルギーの体質改善、などに使います。2つのお薬は多少性格が違うので、それはご本人に合わせて選ばないといけません。これらも大学病院で、手術後の治療に取り入れているところがあります。
ちなみに、キノコ以外でも、サメ軟骨、キチンキトサン、など健康食品がいろいろ出ています。
何を選べば良いか、は一番難しい問題です。何しろどれも、「良かった」という人が実際いるのも事実なら、効果がなかった、と言う人がいるのも事実です。各製品を扱っている会社の方に教えてもらったり、勉強会に参加しますが、研究段階で、抗癌と言える効果は認められるが、人間の癌にどれだけ効果があるかは分からない、といったところです。
私がいつも薬局で、ご家族の方が癌にかかられた方に説明する時は、知っている限りのものをできる限り全部紹介して、資料を持って帰ってもらいます。それで、家族の方と相談してもらいます。その間に、他の薬局などを探されることも、時にはお奨めします。できる限りの情報を集めてもらって、納得されたものを、選んでもらうようにしています。金額が高ければいいというものでもないとも考えています。「高いけどすごく効果がある」と言うものも、確かにありますが、高くて続けられないものは意味がありません。経済的に可能な範囲で、続けられるものを選ぶ方がいいと思います。
さて、実際どうやって選ぼう、と言うことになりますが、yumireyaさんが、実際に扱っているお店を尋ねられるのが良いのではないでしょうか。
長く漢方を扱っている薬局は、生薬を扱っている卸し屋さんとも長いお付き合いがありますので、その卸し屋さんの性格を良く知って、商品を買い入れています。また実績や評判のある店ならなおさら、信頼できない商品は置きたくないですので、高い、安いではなく、信頼できるかどうかはかなり慎重に考慮して、店に置くはずです。ちょっと大変かもしれませんが、行ける範囲で探して歩いて、一つ一つ聞いて見られると良いと思います。薬局の薬剤師がどれだけ勉強しているか、は多分何軒か行って見て、色んな事を質問してみれば、すぐに分かるはずです。

はっきり断言できないことばかりで、余計戸惑われるかもしれませんね。早く、研究が進むことを私も願っています。
多少でも参考になれば、と思い、書きました。
がんばってください。
    • good
    • 0

胃癌との告知ですか。


 アガリスクの効果は、どうか知りませんが経済的なものもありますね、薬草の使用は、お考えは御座いませんか。
 「日々草」の生の葉を3枚から5枚位食べて下さい、効果があります。
 夏の薬草ですので、冬季は無いと思いますが、九州には、まだ有りますので探して下さい、良い結果が出ますよ。
 「日々草」は、ホームセンターで、一本、80円から100円位で販売してありますので、買い求めて、ご自宅の庭・ベランダーにプランター(一鉢)を置いて、3本位植えて下さい、癌の場合は、一年間約50株位必要ですので、路地栽培がいいでしょう。
    • good
    • 1

心中お察しいたします


私の義父も去年の秋に癌の告知を受けました。
私の義父の場合は悪性黒色腫と呼ばれる
進行の早い皮膚癌で、某大学病院の主治医
の診断は末期通告でしたので当時は大変落胆しておりました。
最終的に書籍で見つけた開業医で治療することになりましたが
現在義父は完治し、以前の生活を取り戻しております。
これから申し上げることは、現代医療とは観点が
異なりますので、今置かれている状況に選択肢を
増やしてしまうかもしれませんが、治療法の1つとして
よければ検討して見て下さい。

私どもが選択した治療法はマクロビオテックと呼ばれる
もので、食事療法によって体質改善を行い免疫を高めて
病巣を消すというものです。
選択した理由として、免疫力の低下と新生物の発生が関係していることを
書籍で見つけたことにあり、詳しいことは書籍に譲りますので下の
URLを参照下さい。おすすめします。

アガリクス等の漢方ですがこれらは効果にそれぞれ相性が
あることを聞かされ、この人には薬でもある人には逆効果どころか
むしろ悪化させることがあることを入院中に病院での波動測定機と
いうもので知ることができました。
アガリクスより更に何倍もの効果があると
いわれているものにメシマコブというキノコがあります。
私どもはそれを測定にかけたのですが、義父にはマイナス値でした。
ただあなたの義父さんには薬膳かもしれませんので試される価値は
あると思います

あくまでも一方法論ですのでご家族とよくご相談されてご検討下さい。
参考までに”マクロビオテック”、”自律神経免疫療法”を検索してみて
下さい。
おだいじに。


http://www.makino-g.jp/books/bitabook/book_0071. …

http://www.page.sannet.ne.jp/ky-ozawa/

http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=27572
    • good
    • 0

アガリスクの効能については、よくわかりませんのでコメントは控えますが、検査や抗生剤の投与など、次から次へ色々な治療が行われていきますので、まずはなるべく病人の側にいて、精神的な不安を取り除いてあげること!これに尽きると思います。



看護する方もこれからもっと大変になってきます。くれぐれも体調管理に気を付けて頑張って看病してください。
    • good
    • 0

 単なるアドバイスですが。

私の親族も、胃がんで胃の8割を取りました。アガリスクの効果については私は知りませんが、今は術後のことをお考えになるほうがいいと思います。特に、胃の大部分を除去した場合、しばらくは消化が不充分なために下痢をしやすく、また食欲が落ちたりします。出来るだけ消化のいいものを食事に出してください。私の親族の場合、病院からのアドバイスとして、胃はタンパク質を消化する臓器なので、刺身とか肉類は控えめにとのアドバイスがありました。もちろんお酒はやめたほうがいいでしょう。私の親族の場合、術後2年で食事は以前のようにとれるようになりました。
 身内の方の癌に直面したあなたの気持ちをお察しいたします。けれど、一番不安なのは手術を受けるご本人です。周囲の方々はしっかり支えてください。
 初期の癌であれば、胃がんは切除後の経過は癌の中でもいい方だと聞きました。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qガンで余命宣告された知人との付き合い方について 小学校、中学校時代仲の良かった知人が数年前ガンになり

ガンで余命宣告された知人との付き合い方について
小学校、中学校時代仲の良かった知人が数年前ガンになりました。
現在転移のある末期ガンで手術はできず、退職し抗がん剤治療をしています。
最近治療の効果がなく腫瘍が大きくなってしまい、今後は治験か副作用が強く効果が弱い抗がん剤しか選択肢がないそうです。
私はとても心配していて、数ヶ月に一度ラインで連絡をとって励ましたり慰めたりしている状態です。
残された時間が少ないのならば、会って話したいとも思いますが、彼女の負担になってはと思い言い出せずにいます。
そして私自身こころの病気で10年以上自宅療養中です。
彼女とはどのような接し方がいいのでしょうか。
会いたいと言ってもいいのでしょうか?
ラインも迷惑でしょうか?
どんな距離感で付き合ったらいいか分からないので、アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

時々連絡を取ってるうちに、久しぶりに会ってみたいと思った。面会は可能か?
もし 会うことが負担なら断ってくれて構わない…そういって聞いてみればどうでしょうか?
あくまでも会う会わないの選択権はお友達に委ねて。

会えるといいですね。

Q昨日胃癌と宣告されたものです。

昨日胃癌と宣告され、こちらで励ましのお言葉をいただきました。
先ほどお礼を書こうとしたらその質問自体が無くなっていました。

そこで質問なのですが、

(1)なぜ質問が無くなってしまったのでしょうか?
(2)癌と宣告された方々はどのように受け入れているのでしょうか?

(2)に関してはブログ等を検索してみましたが検索の仕方が下手なのか手ごたえがありませんでした。
その他患者の会も検索しましたがみつかりませんでした。

東京都町田市か神奈川県相模原市周辺でそういう集まりやお薦めのサイトのようなものがあれば教えてください。

Aベストアンサー

今やがんは不治の病ではありません。
早期発見・早期治療ができれば直る病気です。
病は気からです。気持ちを強く持って戦ってください。


(1)質問は拝見していませんので推測ですが、質問になっていなかったため削除されたのではないでしょうか?
また、その説明は管理者からあなたにメールが言っていると思います。

(2)がん患者の会で検索すると出ます。
http://www.dongurinokai.jp/ 日野市 どんぐりの会

その他のサイト
http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%81%8C%E3%82%93%E6%82%A3%E8%80%85%E3%81%AE%E4%BC%9A&tid=top_v2&ei=UTF-8&search_x=1&pstart=1&fr=top_v2&b=1

Q87才の母が胃癌の末期と言われ 胃の下部から小腸の間がガンで管が詰まっ

87才の母が胃癌の末期と言われ 胃の下部から小腸の間がガンで管が詰まっている 本来なら高齢もあり外科手術はしないそうですが このままなら 食べても全部もどすので 胃の元氣な部分と小腸をつなぐ手術をするそうです すい臓にもかかってるみたい 1ヶ月ほど前から肩が痛く手の平がしびれると言っていたが ガンで肩の骨を溶かし神経を炒痛めているとの事 取り敢えず食べられるようにするための手術です 余命3-6ヵ月との診断 現状では抗ガン剤も放射線も意味が無いのでしないとのことでしたが術後肩に放射線をあて痛みを和らげるとの事です
1、出来る事はこれ位しかありませんか 他にいい処置はありませんか
2、術後の経過を良くする方法
3、ガンを止める方法
4、痛みを和らげる方法
5、放射線治療の功罪は
5-10分位と言ってました
今すぐどうという事はないが、2ミリくらいのが肺にもちらばってるとのこと
肝臓に転移は無さそうだが開けてみないとわからないとのこと
5点教えてgoo

Aベストアンサー

1胃の下部から小腸の間で閉塞しているのだとすれば、このままでは吐きっぱなしになるので、胃と小腸をつなぐ手術(バイパス手術)をするのは妥当でしょう。高齢者でもそれほど負担のない手術であり(昭和天皇も十二指腸乳頭部腫瘍でほぼ同じ状況でしたが、バイパス手術で一時的に少しよくなっています)、とりあえず食事がとれるようになるだけでも、QOLの点では有効と思います。
2高カロリー輸液などで栄養状態を上げることくらいですが、膵臓にもかかっていると糖尿病の心配もあり、難しいかも知れません。
3高齢かつ転移もあるので、抗がん剤の治療は困難と思われます。免疫療法や(玉石混交の)代替療法でも、はっきり進行を抑えられると証明されているものはないようです。
4痛みが強ければモルヒネは使うべきでしょうし、また癌の骨転移が痛みの原因であるなら、放射線療法もあれば、骨転移に有効なビスフォスフォネートという薬剤もあります。
5放射線療法は局所の病変の制御には有効です。肺転移もあるなら、放射線療法を行なっても全身状態の改善や生命予後の改善は期待できません。しかし4でも述べたように骨転移による痛みに対しては効果が期待され、全身への負担はほとんどありません。QOLの点から検討してよいと思われます。

1胃の下部から小腸の間で閉塞しているのだとすれば、このままでは吐きっぱなしになるので、胃と小腸をつなぐ手術(バイパス手術)をするのは妥当でしょう。高齢者でもそれほど負担のない手術であり(昭和天皇も十二指腸乳頭部腫瘍でほぼ同じ状況でしたが、バイパス手術で一時的に少しよくなっています)、とりあえず食事がとれるようになるだけでも、QOLの点では有効と思います。
2高カロリー輸液などで栄養状態を上げることくらいですが、膵臓にもかかっていると糖尿病の心配もあり、難しいかも知れません。
3...続きを読む

Q義母の肺ガン宣告

81歳の義母(妻の親 同居)が、検査の結果、肺がんを宣告されました。
医者によれば、半年から一年の命との事です。
子供は、妻のみです。
義母には、告知していません。
妻の意向で、治療せず、通院できる間は、近くの医院に通い、通院出来なくなった場合は、自宅に往診にきてもらおうと思っています。(往診可の医院)

この選択は正しいのでしょうか?
相談する人がいません。
アドバイスを頂けないでしょうか?
また、今後、どのようにすればよいのでしょうか?

検査をするきっかけは、ちょっと体調を崩した時でした。
今は、以前に比べれば、ちょっと痩せましたが、今まで通り、普通に、散歩もしています。
私(妻の夫)としては、現状元気に見えるので、実感がわきません。
経験者の方、もしもの時に、あわてなくてもよいように、アドバイスを頂けないでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

肺癌にもいろいろな種類がありますし、治療方法も様々ですから、まずはお医者さんにそこらあたりを、充分に説明してもらうところからはじめましょう。

一般的には、ご高齢ですから、癌細胞の分裂もゆるやかで、進行は遅く、半年1年より長く生存されるという可能性もあります。

癌治療のなかには、患者さんご本人にとって辛いものもありますので、単なる延命であれば、むしろ、そういう治療を選択せず、生存されている間はできる限りハッピーな日をおくれるようにこころがけることも必要になります。

ということで、お医者さんの協力を得ながら、治療法それぞれの得失を、きちんとマトリクスにして比較検討し、お義母さまにとって、どれが幸せなのかということを、ご主人と相談されてはいかがでしょうか。

Q肺ガン宣告を受ける時の質問事項

父親が肺ガンであることを病院からの電話で知りました。
詳しい話を聞くために3日後に病院へ行きます。
突然のことなので、当日医師に対して何を質問すべきかわからず困って
います。何か聞いておくべきことはありますでしょうか。

父親(59歳)の病状についてですが、5年程前から肺に丸い影がX線写真
に移るようになり、今年やや大きくなったため検査をすることになりま
した。昨年今年と喀痰細胞診で発見できなかったのですが、先日の内視
鏡検査にて肺ガンであると診断されました。
診断結果に疑いを持っているわけではありませんが、誤診の可能性とい
うのも通常ありうることなのでしょうか。またセカンドオピニオンは求める
べきでしょうか。

このようなことになり、もっと混乱し動揺すると思っていましたが、私
自身は意外と冷静でいます。辛辣なご意見でも構いません。アドバイス
をお願いいたします。

Aベストアンサー

内視鏡検査で診断されたのなら、それは確定診断だと
思って下さい。実際に体内から取り出した組織を調べて
いるのですから。
従って、癌であるか否かの点で、セカンドオピニオンを
求める必要は無いと考えます。

早期の癌ですから、手術は可能なはずですが、癌の中にも
様々な種類があります。
例えば、急激に成長・転移していくものと、そうでないもの。
また、抗ガン剤で治りやすいもの、放射線でなおりやすいもの。

手術で除去できれば、抗ガン剤も放射線も考える必要は無いのかも
知れませんが、術後に必要になってくるケースもあります。
また、手術を拒否されれば、これらの治療を選ぶことになります。

治療方法の選択権が、医師にあるわけではありません。
医師は、考え得る治療方法の中から、ベストと思えるものを
提示しますが、選択権は患者本人(or家族)にあるのです。

私個人は、お父さんの人生なのだから、お父さん本人が決められれば
良いと思います。早期癌で治癒率が高いのなら、なおさらです。
そして、決定のための判断材料として、
・その治療の成功率
・その治療のデメリット(副作用と再発リスク)
は最低限知っておくべきでしょう。
そして、このあたりの説明が、あまりに一方的で納得がいかない
ものなら、その時は迷わずセカンドオピニオンを求めるべきだと
思います。

以上、ご参考になれば...。

内視鏡検査で診断されたのなら、それは確定診断だと
思って下さい。実際に体内から取り出した組織を調べて
いるのですから。
従って、癌であるか否かの点で、セカンドオピニオンを
求める必要は無いと考えます。

早期の癌ですから、手術は可能なはずですが、癌の中にも
様々な種類があります。
例えば、急激に成長・転移していくものと、そうでないもの。
また、抗ガン剤で治りやすいもの、放射線でなおりやすいもの。

手術で除去できれば、抗ガン剤も放射線も考える必要は無いのかも
知れませんが...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報