こんにちは。
私は今、高校2年生で、来年の1月に日本を出発する予定で準備しています。留学先は、まだ漠然と決まっていません。今月中にでも決める予定です。

そこで、質問です。
私は日本の高校に籍を置いたままの一年留学を考えています。うちの高校では「留学扱い」にして、向こうでとった単位を認めてくれ、進級できるそうなので、それを考えているのですが、1つ問題が・・・。

私、高1の時、進級は学校側の配慮でできたんですけど、病気のため出席日数が少なかったんです;
高2になってからは、他の子よりも少し欠席日数が多いくらいで、ちゃんと行けてますが・・・。
高校留学の本を読んだら、「欠席日数が多いと留学扱いにしてもらえなく、休学扱いになる」と書いてあり心配です。
また、高1の3月にある春のスキー教室(体育の単位)に参加できなかったため、今年(来年)の3月、スキー教室に参加して、単位をとることになっているんです。だけど、1月に出発しちゃったら・・・。
私は行くように言われていますが、うちの学年には何人か修学旅行などの宿泊研修には絶対に行かない人が何人かいます。その人達は、他の課題やらなんやらで単位をとるそうなのですが・・・。だけど、校長が急に変わって、学校が毎月、毎月ごとに変化しているので、よく分からない状態です。

どなたか、詳しい方、経験した方、ご意見お待ちしています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんばんは。



高校留学の経験者・専門家ではありませんが、一言言わせてもらいますね。

ebikokoroさんの学校では留学による単位交換を認めているそうですが、欠席日数やスキー教室については学校側に聞いてみないと分からないことです。「欠席日数が多い」とは言っても、学校によって何日を多いと判断するかどうかは変わってくると思います。また、スキー教室に参加しなければならないかどうかは、これまた学校側にしか分かりません。ここで質問しても一般的な回答は返ってくると思いますが、個々それぞれの事情や状況にあった回答はなかなか難しいと思います。

まずは、ご両親と一緒に担任の先生や学年主任と留学によって単位などをどうしたらよいかよく話し合ってみた方が良いのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。

学校に聞くのが、一番、手っ取り早いし分かりやすいですよね。近日中に担任の先生か留学担当の先生に聞いてみようと思います。

お礼日時:2006/09/04 21:29

(補足への返答)


そうですね。出身学校の規定については直接学校にお尋ねになるのが一番だと思います。

ちょっと気になったのが(ご質問とは離れますが)、私費留学での高校留学の場合は、カナダであれオーストラリアであれ、(たとえ1年であっても)「編入学」という形になります(交換留学ではない)ので、入学のための審査がありますよ。

普通は1年前くらいに志望校に願書を出して、合否結果を待ちます(結果が出るのが半年前くらいです)。願書をそろえるのも、英語力試験(TOEFLなど)や推薦状などが必要になるので、今から1月入学を目指すのは少し時間的に無理があるのではないでしょうか?

また、(カナダの場合ですが)年度の途中からの編入というのは留学生の場合は認められない場合が多いです。それでなくても語学力に不足があるのに学年途中から入学するのは、たとえ大学留学生でも大変です。
よく留学先の学校(もし決まっているのなら)に確かめて、編入出願までのタイムラインを考えることをお薦めします。

もしもう留学準備に取り掛かっていらっしゃるのであれば、余計なおせっかいで申し訳ありません。がんばってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

留学の準備は、8月からしていて、8月下旬に留学のサポートをしてくださるエージェントが決まったところです。
入学の審査のことも、伺いました。学校の勉強で忙しい毎日ですが、少しずつでもそっちの勉強に力をいれていこうと思っています。

準備期間のことですが、tnk_tkさんがおっしゃるように、余裕をもって一年くらい前から準備をするのが理想的ですよね。けれど、私の周りには、2ヶ月~4ヶ月で行っている人が結構いたりします。(^-^;)
とりあえず、11月上旬にビザを申請するのを目標にしています。

カナダのことですが、年度の途中からの編入が可能か不可能化は学校によるようです。私の友人の高校は後期(2月)からの編入生が毎年来るそうです。

ありがとうございました!

お礼日時:2006/09/05 18:05

まず「高校留学の本を読んだら、「欠席日数が多いと留学扱いにしてもらえなく、休学扱いになる」と書いてあり心配です。

」とありますが、高校留学の本に日本の学校の規定まで書いてはいないと思いますが・・・?(#1の方がおっしゃるように、学校の規定は各校で異なりますので)
学校の規定については、まず自分の学校に聞くのが一番確実でしょう。

また、どのような留学を考えているのでしょうか?正規の高校への留学だとすると、1月から受け入れてくれる高校というと、オーストラリアの高校でしょうか?(欧米では1月からは受け入れていません)
語学留学の場合は「留学扱い」にはならないでしょうし、正規の留学や交換留学であれば留学のための審査があると思いますよ。

この回答への補足

ご回答、ありがとうございます。
すみません、少し説明不足でした。私が読んだ本というのは、地元の図書館にあった少し古い本です。書店などでは、売っていないような本です。そこに、「欠席日数が多いと留学扱いにしてもらえなく、休学扱いになる場合も。」という少し曖昧な表現で載っていました。

私は、オーストラリアかニュージーランドかカナダあたりに1年以内の私費留学を考えています。カナダは2期制の学校は2月から後期だとききましたので、カナダならそこら辺に留学する予定です。(現地の人が、実際、後期から転校する生徒もいるとおっしゃっていました。)語学留学ではありません。

そうですね。学校の規定については、近いうちに担任の先生か留学担当の先生に聞いてみようと思います。

補足日時:2006/09/04 21:21
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q長期留学の前に短期留学する事は有益でしょうか? 先日、大学の留学説明会に参加し、留学について酸いも甘

長期留学の前に短期留学する事は有益でしょうか?

先日、大学の留学説明会に参加し、留学について酸いも甘いも色々学ばせてもらいました。
そこで考えたのが、「長期留学(1年~)の前に短期留学をして、留学の具体的なイメージを掴む」というものです。

正直、大学の留学センターに聞け、というような質問なのですが、留学経験者の方の生きた意見を聞いてみたいです。

ちなみに、長期留学は勿論TOEFLスコアなどが必要なもの、短期留学は初心者の語学留学的なものをイメージして頂くと助かります。

Aベストアンサー

長期留学の前の語学留学は、短期でも、有効でしょう。

大学2年の夏から、留学(転学)した人で、春休みに大学付属?のESL(英語学校)で英語を学び、異文化や学校の雰囲気に慣れて来て、長期留学で成功した人が居ますよ。

また、イギリスの大学で、交換留学を受入れている教授の話では、
・英語が流暢にコミュニケーション出来る。
・異文化に適応出来て、早く地元の生活に慣れる。
等の事が出来る学生は、留学に成功して帰ると言っていました。

短期でも、事前の語学留学は、長期留学への予行演習になると思います。
唯、費用と時間が掛かりますから、目的を良く弁えて、行かれると良いでしょう。

Q中国留学Fビザ取得後、出発前の海外旅行

9月から中国へ半年留学を予定しており、6月初めにはビザを取得予定です。
中国へ出発する前に、8月の有休消化中に韓国へ旅行しようと思っていますが、ビザを取った後海外旅行をしても問題ないですか??
ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

問題ないです。
例えば、陸路で旅行する人は、当然第三国を通ってビザ取得国に行きますので。

Q留学の出発日は入学のどれくらい前でしたか?

留学経験のある方に答えていただけるとありがたいです。

1、どこの国に留学しましたか?
2、何の勉強をしましたか?(短期の語学留学だとか美術、音楽など)
3、みなさんが留学した時、入学式はいつ(何月何日頃)でしたか?
4、出発日(渡航日)は入学式の何日(何ヶ月前)程前でしたか?

答えられる範囲で良いので回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

オイラは
1.高校から米国だったけど、
2.最終的には、院卒するまで行ったけど、、、
3.セミスター制だったから9月上旬だったと思う。
4.8月上旬にはホームステイ先に行ったけど特に語学学校に通うとかはしなかった。

Q留学に出発する際の航空券について

韓国への語学留学を予定中です。

出発する際の航空券を探しているのですが、
片道よりも往復の方が安いようなので戸惑っています。

往復航空券を購入し、
往路のみ利用して復路を使わないのは有りなのでしょうか?

Aベストアンサー

購入した航空券を使用するかどうかは購入者の自由です。片道だろうと往復だろうと支払いを完了して使わないことに対してペナルティはありません。ただし、使わなかったからといって返金請求することはできません (例外もあるかと思いますが)。

チケット購入する際の支払金額の額面が片道券よりも往復券のほうが少ないのであれば往復券を購入して帰路を使わなければ良いと思います。その逆で支払の額面が片道の方が少なく一時帰国する計画も無いのであれば片道券を購入すれば良いでしょう。

もし、往復券を購入されて一時帰国も視野にいれるのであれば以下の点を販売店へ購入前に確認しておくことをお勧めします。航空券には様々な設定や制限と規定がありますので。

(1) チケットの有効期限
(2) 帰路の予定変更が可能か
(3) 変更時に追加料金が発生するか
(4) 変更可能な回数
(5) 差額請求される日付が設定されているか

Q高校留学、留学先の決め手と留学会社について

現在高校1年生で、今度海外への留学を考えています。
その留学先の高校を卒業する予定です。
また、留学目的は英語力をつける事です。

現在留学先がなかなか決められずに困っています。
オーストラリアとニュージランドがいいと聞くのですが、英語の訛りが心配で…。

そこで、このような場合の

・留学先の決め手
・おすすめの留学先(そのメリットとデメリット)
・おすすめの留学会社

を教えてもらいたいです。
上記の質問のどれかひとつへの回答でもいいので、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちわ

中・高・大とオーストラリアに留学していたものです。

まず、オーストラリアとニュージーランドの英語ですが、はっきり言えば都会と田舎、町や州でまったく違います。オーストラリアで言えばシドニーはちょっとばかり英語に癖があります。ただ、町の中ではアメリカ英語・イギリス英語・オーストラリア英語がごっちゃになっている感じです。逆にメルボルンはイギリス英語が主流でオーストラリア訛りの人も少々居ます。これがパース、ケアンズ、アデレードなどになるとオーストラリア訛りがひどくなります。 やはり多くの人がオーストラリア訛りを気にしますが…こちらではイギリスの様な階級が存在し、金持ちはイギリス英語をしゃべりブルーカラーの人たちはオージー訛りの英語をしゃべります。実際に私が思うのは入る学校によって英語の訛りが物凄く憎くなることです。お金持ちの多く入る私立であればキレイなイギリス英語をしゃべりますし、逆に田舎の公立高校に通えばオージー訛りになります。

留学先の決め手…これは学費・学校の整備・留学条件によって変わると思います。NZは比較的に学校数も少なく、町自体もこじんまりとしています。逆にオーストラリアは多くの学校があり、有名な私立高校が沢山あること、町自体も大きく不自由なく過せる。私はオーストラリアをお勧めします。最近ではNZの若者や国民が大量にオーストラリアに移民して問題になるぐらい、NZは少し寂れているからです。

お勧めの留学先…私の経験上、公立高校に留学し、ホームステイをされる留学はやめたほうが良いです。留学でも勝ち組と負け組みがはっきりと分かれており…留学後に大学に入りたいか、そもそも留学中に真面目に学業を学びたいのかで変わります。真面目に留学してよい学校を出て、良い就職先を見つけて不良にはなりたくない場合は真剣に学校を決める必要性があります。

おすすめさきの留学会社…はっきり申しますとあまり留学会社に頼ると良い留学はできないと思います。留学会社は利益を優先しているために現地の高校と提携を結んでいることが多いです。私はオーストラリアに留学していたのでわかるのですが…留学斡旋会社のホームページに、よく“○○高校はオーストラリアの中でもレベルが高く名門校です”とか書かれていますが信用してはいけません。なんせ現地では名前も知られていないような私立や公立の可能性が大です(おまけに生徒は日本人だらけ)。やはり肝心なのは本当に行きたい学校を自分自身で探して得ることです。オーストラリアの中でも有名な高校は都市部に集中しており、中でも名門高校といわれる学校は全寮制や寮制である事が多く、殆どが私立高校です。おまけに歴史の古い学校の方が良いです。

ちなみにオーストラリアのビクトリア州では私立高校の集まりでAPSと言われる学校の組織が有ります。この組織に名が乗っている学校は全て名門高校です。ちなみにオーストラリア人であれば名前を聞くだけで大抵は知っている(日本で慶応とか灘、開成など)学校です。
http://en.wikipedia.org/wiki/Associated_Public_Schools_of_Victoria
このリストの中の高校に通っていましたが…日本人の留学生は何処の学校も一学年に0~3人程度。その日本人も殆どがハーフ(外国人と日本人との)やすでに海外に長い間住んでいるような日本人です。また、留学斡旋業者を通して留学している人は学校の中で1人居るか居ないかぐらいでした。

ただ、英語力を付けたいのであればあまり高校留学はお勧めできません。何故ならオーストラリアの高校2~3年生は日本以上に受験勉強が激しいからです。すでに高校3年で大学1~2年の分の授業などを受けるので(こちらではその分、大学が3~4年で卒業できる)生半端な英語で留学すると留年を1~3年程度見なければなりません。そこまでするならば高校卒業後に語学留学でオーストラリアやニュージーランドに行かれることをお勧めします。

こんにちわ

中・高・大とオーストラリアに留学していたものです。

まず、オーストラリアとニュージーランドの英語ですが、はっきり言えば都会と田舎、町や州でまったく違います。オーストラリアで言えばシドニーはちょっとばかり英語に癖があります。ただ、町の中ではアメリカ英語・イギリス英語・オーストラリア英語がごっちゃになっている感じです。逆にメルボルンはイギリス英語が主流でオーストラリア訛りの人も少々居ます。これがパース、ケアンズ、アデレードなどになるとオーストラリア訛りがひどく...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報