ず~っと昔にも質問したんですが、
古墳とかで勾玉と金の耳飾とか、金属製のいろんな飾り物ってでてきてますよね?
けど、飛鳥とか奈良時代では指輪とかネックレスとかってつけてませんよね?
縄文時代のひとがつけていた原始的な土製のものとかなら、弥生人におされて
消えていった、っていうのもわかるんですが、渡来人の高度な技術でつくられた
金製とかのアクセサリーまでなぜなくなったのでしょう?
古墳時代だってたくさん大陸の影響を受けていて、そういう大陸風の時代が長く
続いていくのに、なぜアクセサリー関係だけなくなってしまうんでしょうか?
有名じゃないだけで実はのこっていたんでしょうか?
テレビでやっていた朝鮮の冠にも勾玉はついていたし、日本独自のものではないと
おもうんですが…。
大陸でもあんまりアクセサリーつけてるってイメージはないんですが、大陸でも
そういうものはきえていったんですか?
まえ博物館で昔の沖縄の女性の絵(きっと日本で言うと江戸時代の絵)があって説明にも「ちゃんと指輪をしていて…」ってかいてあったんで沖縄にはのこっていたと思います。
どうして消えていってしまったのかぜひ教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 悪霊から身を守る護身呪物が時代や地域、信仰によって異なるからでしょう。


 勾玉や管玉をつなげた貴重なネックレスやブレスレット、指輪、数珠、刀、鏡、櫛、お守りなど身に付けて携帯する護身具。文身(いれずみ)による魔よけ。護符(お札)による魔よけ。
 縄文・弥生といった八百万の神を信仰している時代には、勾玉などで護身したでしょう。その後、仏教が広く信仰されるようになった時代には、数珠や護符(お札)へと変わっていったと思われます。
 平安時代の十二単のお姫様は、扇を携帯していますよね。この扇も護身具です。
 また、南方の人やアイヌの人たちには、文身の習慣がつい最近まで残っていました。火消しの人も火難から身を守るため刺青をする習慣があったそうです。
 「指輪や首飾りをする文化」が、なぜなくなったか。それは、指輪や首飾り以外の護身呪物に変化していったからだと思われます。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

なるほど。
アクセサリーにはそういう意味もあったんですね。
いわれてみれば、数珠も綺麗でアクサセリーっぽいですね。
やっぱりもともとおしゃれは護身ってことなんでしょうね。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/24 14:09

なるほど、そういうわけでしたか(^^ゞ



文化にも盛衰があるから、勾玉とかいうのもすたれていったんでしょうね。だからつける人が少なくなったんでしょう。
言語についても同じような気がします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

二度もどうもありがとうございます。
勾玉ってすごく綺麗だとおもうんですが、観光地のお土産になりはてて
しまってちょっと残念。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/24 14:11

はじめまして


アクセサリー類がなくなったわけじゃないだろうと思いますよ。
たぶん発掘されていないだけじゃないでしょうか。原因としては盗掘が考えられますよね。お金になったでしょうから。だから発見されていないだけですね。
高度な技術でできたものだけに、もはや埋めなくなったとか(^^ゞ
    • good
    • 1
この回答へのお礼

もちろん卑弥呼とかみずらを結った王のような人が勾玉やきれいな冠等を
もっているのはわかるんですが、飛鳥時代以降の人々もイメージにないだけで
実はいろいろな飾りをつけていたんでしょうか?
もし飛鳥時代の人がつけていたとしても、その後の平安、江戸時代等の人はそのようなものをつけていませんよね?(これも実はイメージ?)
なのに沖縄では指輪をつける文化があったのはどういうわけなんでしょうか?
質問の仕方がわるくてすみませんでした。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/21 16:10

一般的には盗掘です。

新聞紙上で古墳の発掘が賑わうこの頃ですが、大半は盗掘によってその様なものは発掘されません。銅鏡などは良く残っているようですが。藤ノ木古墳は未盗掘だったと言う例がありますね。壁画で有名な、高松塚、キトラ、ホケノ山等をみると盗掘ばかりです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すみません。
残っている残っていないっていうのは実物ではなくって、
「指輪や首飾りをする文化」のことです。
質問がわるかったみたいですみません。
なぜなんでも大陸のまねをしていたのにそういう文化だけはなくなってしまったか
ってことなんです。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/21 12:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q勾玉を使ったアクセサリーの作り方

勾玉を使ってネックレスを作ろうと考えています。下記のようなネックレスを作りたいのですが、作り方(編みこみ方?)がわかりません。作り方が乗っているサイトなどないでしょうか?
http://www.rakuten.co.jp/mjade/590393/598959/544122/

Aベストアンサー

これは中国結びだと思います。
下にアドレスは入れましたが
検索で「中国結び」「アジアン結び」でいろいろ出てきます。

参考URL:http://yanjie.net/jie/jie1.html

Q旧石器時代→縄文時代→弥生時代→古墳時代・・・

と日本史の資料集では、そうなっていたのですが、旧石器時代→新石器時代(縄文・弥生時代)→古墳時代とすると誤りなのでしょうか?

Aベストアンサー

縄文と弥生は土器の種類からくる名前ですよね。逆に新旧石器時代というのは、土器がなく石器しかなかった時代と考えれば、「新石器時代(縄文・弥生時代)」という考え方にはならないと思います。

Qマックのナゲット・ソースの作り方

マックのナゲットとナゲットソースが大好き
です。自分で作ってみたいのでお知恵を
貸して下さい。
○ナゲットの作り方
○バーベキュウソースの作り方
○マスタードソースの作り方
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

チキンナゲットの作り方は以下です。

<材料>
皮なし鶏むね肉・・・200g
タマネギ・・・1/4個
砂糖・・・大盛り大さじ1
塩・・・大盛り小さじ1
天ぷら粉・・・大さじ2
卵黄・・・1個

<作り方>
1)鶏肉、タマネギを適当な大きさに切り、材料を全部入れ、フードプロセッサーにペースト状になるまでかける。

2)スプーンで形を整え、油に落とし、キツネ色になったらできあがり。

ソースの作り方は知らないのですが、マックで一つ10円で売ってくれるのでたくさん買ってはどうでしょう?2ヶ月くらいは賞味期限がありますよ。

Q豊臣時代で渡来人を先祖とする武将はいますか?

古代までは百済などからやってきた渡来人が貴族になることもあったようですが、豊臣時代あたりまでで、渡来人を先祖とする武将はいますか?
いたら教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/3222409.html
似たような質問がありましたので参考にしてください。
大内氏は渡来人を出自と名乗っていたそうです。

Qすすきのふくろう みみずくの作り方は?

むかしおばあちゃんが作ってくれた「すすきのふくろう」の作り方を知りたくなって、探してみたのですが、作り方を紹介しているページを見つけることが出来ませんでした。

どなたか、すすきのふくろう、あるいはみみずくの作り方を紹介しているページを御存知の方、ページを紹介していただけないでしょうか?
もちろん、作り方そのものを教えていただけるかたも歓迎です。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

僕は小学生のときに作ったことがあったんですが、
作り方は忘れました。
作り方を簡単に紹介しているサイトを見つけたのでお知らせします。

参考URL:http://www01.u-page.so-net.ne.jp/fa2/sakaeya/MIMIZUKU.html

Q古墳時代の南九州・・・

古墳時代において
なぜ、南九州に巨大古墳と地下式横穴墓が成立したのか。。。?
という、質問を、大学の考古学の講義でされ
分かりませんでした。
調べても、なぜ。。。という理由の部分が分かりません。
資料館のパンフ等を読んでも
「なぜ多いのかはまだ解明できていない」と
書かれています。
おそらく、教授も推測での回答を求めていたのだと
思いますが、推測も困難なくらいです(;_;)
どなたか教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

資料館のパンフに「なぜ多いのかはまだ解明できていない」と書かれているなら、誰にも分からないのではないかと。

ひょっとして大陸から逃げてきた連中が北では追っ手が来るかもしれないので南まで逃げて、取りあえずそこで自分達の文化を復活させ、逃げてきた負い目からより巨大な古墳を造ったとか。

素人考えなので当てにしないで下さい。
再質問とかも、されても答えられないです。

Q醤油豆の作り方

テレビで醤油豆の作り方見たのですが、ソラマメのとる時期や 作り方が
よくわからず 去年はあまりよくできなかったので 本当の作り方を
教えてください

Aベストアンサー

参考URLをはっておきます。
ソラマメのとる時期?というのが良く分からなかったのですが、
醤油豆の作り方が知りたいということで解釈しました。

参考URL:http://www.kbn.ne.jp/kagawa/products/nousann1.htm

Q古墳時代の人のコミュニケーション方法

古墳時代は古代史の本をみると「大規模古墳が造営された時代である。」とあるのですが築造した人々はどうやってコミュニケーションしていたのでしょうか。以前このwebである質問をすると7世紀以前にはこの国には文献資料がないと教えていただいたのですが、口頭のコミュニケーションだけであれだけの巨大な構築物が作れたとは信じがたいのですが・・・?(現在でも建物を作るときには構造や強度の計算はしますし、建物の設計図等もあります。)ひらがな、カタカナもなく万葉仮名のようなものでコミュニケーションしていたのでしょうか。神代文字の存在もかなりまゆつばと聞きましたがどなたか詳しい方、ひまなとき教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

本で得た程度の知識ですが、気づいたことを書きます。

「ひらがな、カタカナもなく万葉仮名のようなものでコミュニケーションしていたのでしょうか。」について。

古墳時代、我々の祖先の一部には、漢文を立派にこなせる人々がいました。
倭人(当時の日本列島の住民)が書いた最古の漢文は、日本には残っていませんが、中国の宋書「倭国伝」で知ることができます。
倭王武(雄略天皇か)は、478年に立派な漢文で書かれた書簡を南朝の宋に送っており、これが宋書に記録されています。

「上表文」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E8%A1%A8%E6%96%87

国内では、稲荷山古墳(埼玉県)から出土した鉄剣には、表に57文字、裏に58文字の銘文があります。
熊本県・江田船山古墳や千葉県・稲荷台古墳、その他の古墳からも銘文のある鉄剣が出土しています。
これらの事例から古墳時代には、漢字・漢文の知識が各地に広まっていたと推定できます。

次に、設計図についてはまったく分かりませんが、#1の方のご回答に納得しています。
古墳時代は、古墳だけに大きな関心が寄せられる傾向にありますが、この時代は、日本列島の大開発時代であると思います。
古墳築造以前に、住むための環境を整備することが先決ですね。
土木技術をもつ人々が大陸や朝鮮半島から渡来してきて、原野を開墾し、河川に堤防を築き、用水路を開削し、ため池を造成して農地を拡大していったと思います。
これらの技術は、石材と木材が豊富な日本の風土に合うように改良され、発展して、蓄積された技術・技能は、「口伝」で集団の一部有力者に残されていったと推定します。
この技術の蓄積、例えば荒れる河川を土木工事で制御した経験の積み重ねが、古墳の造営につながったと思います。
これらの土木工事で、大まかな「設計図」を樹皮の裏面にでも書いたかも知れませんが、作業者が図面を読みながら、作業したとは思えません。

想像だけの回答ですが、想像するだけで楽しくなりました。

本で得た程度の知識ですが、気づいたことを書きます。

「ひらがな、カタカナもなく万葉仮名のようなものでコミュニケーションしていたのでしょうか。」について。

古墳時代、我々の祖先の一部には、漢文を立派にこなせる人々がいました。
倭人(当時の日本列島の住民)が書いた最古の漢文は、日本には残っていませんが、中国の宋書「倭国伝」で知ることができます。
倭王武(雄略天皇か)は、478年に立派な漢文で書かれた書簡を南朝の宋に送っており、これが宋書に記録されています。

「上表文」
http...続きを読む

Qオリジナルカレーの作り方教えてください

(カテゴリー変更の為の再投稿)

カレーって、それぞれの家庭でいろいろとオリジナルな作り方があるそうですね。
種類の違うカレー粉、ルウを混ぜたり、意外な調味料を使ったり。

貴方の家庭のオリジナルな作り方、教えて頂けませんでしょうか。
良くあるような作り方でも構いません。
普通の作り方以外、まったく知りませんので。

Aベストアンサー

私は辛口が好きなのですが、1日も寝かす事が好きではありません。
ので、サラダ油に一味唐辛子を先に漬け込んで、ラー油もどきを先に作っておき、これをカレーの辛味に入れます。まろやかな辛味でうまいですよ。

野菜は皮むいてきったら水洗いを一切しない、じゃが芋の表面の澱粉とかはそのまま。水を入れる量を減らすのと旨みが減るのが嫌いって言われて・・・ただの手抜きの気もしますが、これが私の家の基本のやり方ですね。

Q牛の渡来と生態について(古墳時代?)

牛が渡来は、たぶん古墳時代とおもいます。
馬などは埴輪でたくさん残っているのですが、牛に関するものはあまり見た事がありません。
牛はいつ渡来して、古墳時代には何頭ぐらいいたのでしょうか?
農耕のために飼育されていたのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

家畜としての牛は、古墳時代、おそらくその後半に朝鮮半島からの渡来民が連れてきたとされています。

古墳時代後半にはかなりの数の朝鮮系渡来氏族が移住してきています。
集団で渡来してきた彼らは、一族の集団が食っていくための生産手段を持ち込んだに違いありません。
農作業用の牛、牛用の農具、そして牛の飼養技術です。
このように仮定して、牛用の農具であるカラ犂(スキ)を調べたことがあります。
岩波書店『日本列島に生きた人たち 民具と民俗』を読んだときの読書メモの中に、ご質問の回答になる部分があります。

馬が先で牛はあとから。関西では牛小屋なのになぜウマヤ、牛の市もウマイチ。かって、全国的に馬が飼われていて牛があとからやってきた。古墳から馬具が出る、馬の埴輪が出る。馬具は5世紀に近畿からはじまり6世紀に全国に広がる。古墳からは馬具とともによろいかぶとなど鉄製武具も出土し、馬が半島諸国との戦争の中で軍事用として半島から急いで導入されたと考えられる。他方、牛を飼っていた痕跡は少ないので、馬が主であったのは古墳時代だった。古墳時代後期以降は馬に加えて牛も飼われるようになった。(メモ終わり)

農具について調べたので、このメモの部分をまだ十分に理解していませんが、気になる点をちょっとWebサイトで調べてみました。

ウマヤについて。
「ウマヤ 牛」で検索すると、牛小屋でもウマヤと呼ぶ例がいっぱいあります。
http://www.city.settsu.osaka.jp/cmsfiles/contents/0000001/1135/p64-65.pdf

最古の牛の埴輪としている例
但馬の古代遺跡 船宮古墳(5世紀代)
http://www.shinkin.co.jp/tanshin/zaidan/3rekisi/01kofun/index1.html

では、弥生時代に家畜としての牛馬がいたか。
魏志倭人伝に「牛馬虎豹羊鵲なし」と書かれています。
かって、弥生時代の遺跡から牛馬の骨が出土して、倭人伝の記述に偽りがあるとされていましたが、その後、新しい年代鑑定技術で再調査すると、ずっと新しい骨であることが判明して、倭人伝の記述がやはり正しかったとされています。
(松井章著『環境考古学への招待』による。)

古墳時代の牛の頭数ですが、まったく分かりません。
渡来人が連れてきたのなら、まず渡来人の数を調べることから始めると良いのでしょうか。
私では想像すらできません。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4000265288/3w-asin-books-22

家畜としての牛は、古墳時代、おそらくその後半に朝鮮半島からの渡来民が連れてきたとされています。

古墳時代後半にはかなりの数の朝鮮系渡来氏族が移住してきています。
集団で渡来してきた彼らは、一族の集団が食っていくための生産手段を持ち込んだに違いありません。
農作業用の牛、牛用の農具、そして牛の飼養技術です。
このように仮定して、牛用の農具であるカラ犂(スキ)を調べたことがあります。
岩波書店『日本列島に生きた人たち 民具と民俗』を読んだときの読書メモの中に、ご質問の回答に...続きを読む


人気Q&Aランキング