考古学上の遺跡で、古代ローマの遺跡なんかは石造りでそのまま残っているのでわかります。
 ところが日本の登呂遺跡や丸山遺跡なんて、残っていたのは木の柱が立っていた穴とか、土器とか石器とかでしょう?
 どうして建物の形がわかるのでしょうか。高床式の倉庫だとか、もっともらしく復元されていますが、なんでわかったのでしょうか。どんな根拠があるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 おっしゃる通り復元されたものは想像です。

恐竜と同じです。恐竜の化石が見つかって、大体の体格は復元できますが、皮膚の色などは、すべて想像ですよね。
 三内丸山遺跡で発掘された、六本柱建物は、ただ、大木を六本立てただけなのか、いくつかの横板があったのか、いまだに専門家の間でも意見が分かれています。
 ただ、何の根拠もなく復元したのではありません。おもに、発掘された土器や鏡に刻まれた絵、埴輪などをもとにして復元されています。
    • good
    • 0

三内丸山遺跡の建物跡については、「立派な建物」説もあったのですが、「縄文人みたいな野蛮なやつらにそんな立派なものが作れるはずがない」という横槍が「偉い先生」から入って、復元模型はいちばん粗末なものになったそうです。

    • good
    • 1

古代建築様式を柱穴から想定するのは確かにリスクが伴うでしょう。

今、どこかで柱穴が日本ではじめて発見されたのならその復元に苦労すると思います。現実には
遺跡発掘は100年の歴史があります。又我が国には古代から延々と伝えられてきた神社建築があります。伊勢神宮では20年に一回建物全てが新築されます。古代が今に生きているのです。

遺跡から発掘される遺物に古代建築を示唆するものがあります。家型の埴輪や焼物に線刻された建物の絵も参考になるでしょう。ドクロ(頭蓋骨)から生前の顔が復元可能なように、建物の穴があれば柱の大きさが分かります、穴の深さから柱の理論上の高さが計算できます。このように周辺情報を日本の例だけではなく海外の例(多くは今日も同じ建築物を見ることが出来る)も含めて研究することにより、ほぼ正確な復元が可能となるでしょう。多くの遺跡では屋根や壁が土に返ってしまっているので、材料や屋根の形の復元は簡単ではないようです。しかし、幸運にも
失火や儀式で焼かれた家が残っていて材料や形が想定できるようです。

古代の家の完全な絵が残っていない限り100%正確な復元は出来ないでしょうが、古代人の生活を想像するに足りるだけの復元なら十分可能だと言う事です。

石造りの家でも屋根は木材と草木等で葺かれていたので100%正確な復元は困難な筈です。復元された遺跡は屋根がありません。観光客用に一部屋根をつけた建物はありますが・・・
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q古代日本史を題材にした歴史マンガ

小さい頃から古代日本史を舞台にした"小説"を好んで読んでいたのですが
先日樹なつみ氏の『八雲立つ』を友人に勧められて読んだところ、かなり嵌ってしまいました。
それまでも歴史物のマンガはちょくちょく読んでいたのですが、これを機に本格的に手を出そうと思い、質問させて頂きます。
古代日本史をテーマにしたマンガで皆様のお薦めを教えて頂けないでしょうか?
奈良時代からそれ以前の時代がメインの作品でお願いします。
上記の『八雲立つ』のように、「舞台そのものは古代日本で無くとも、古代日本が深く物語の根幹に関わっている」マンガも是非教えて下さい。

既読のマンガは
安彦良和氏『ナムジ』『神武』『蚤の王』
藤原カムイ氏『雷火』
諸星大二郎氏『海神記』
星野宣之氏『宗像教授シリーズ』『ヤマタイカ』など
です。どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「ニタイとキナナ」(高室弓生・青林工芸舎)縄文時代の東北地方を舞台に、ニタイとキナナがらぶらぶ新婚生活を過ごす、という話です。縄文時代の風俗が、精神的なものも含めて深く描かれていますか、それ以上に、わたしたちと同じようにこの時代の人たちも「生きて」いたんだなあと感じさせられました。

Q三内丸山遺跡・吉野ヶ里遺跡や周辺に、宗教(おそらく原始神道)などの祭殿・神殿などの痕跡が残っているの

三内丸山遺跡・吉野ヶ里遺跡や周辺に、宗教(おそらく原始神道)などの祭殿・神殿などの痕跡が残っているのでしょうか?

Aベストアンサー

どうだったかな、記憶だけで簡単に書くので間違えてるかもしれませんが。
吉野ヶ里のほうは墓がありましたね。

日本の宗教の原型は、沖ノ島や天岩戸神話に見られるような、野外での宴会のようなものだったと考えられています。行う場所も、それ用の特別な場所ではなくその場かぎりの臨時の会場のように、終わったら他の用途に使うような。相撲の名古屋場所の土俵って、場所が終わったら取り壊すのですが、そんな感じでしょうか(私感)。

社とか立派な鳥居とか神主とか、これらは仏教の影響で今の形になりました。

Q70-80年代の少女マンガで日本の古代が舞台になっている作品

タイトルも作家も掲載されていた雑誌も覚えていないのですが、
70-80年代に発表された(はずの)少女マンガを思い出したいのです。
連載中ではなく、すでにコミックスになっていたのを読んだ記憶がある
のですが、それも定かではありません。

肝心のストーリーも覚えていなくて、日本の古代(飛鳥時代?)を舞台に
したものだと思うのですが、メインのキャラクターが男性2人だったと
思います。飛鳥時代だと思う理由は、主人公が日本武尊が謳ったとされる、

大和は国のまほろば
たたなづく青垣
山籠もれる
大和し 麗し

という和歌を口にする場面だけが強烈に記憶に残っているからです。

木原敏江さんの作品だと思い込んでいて、検索してみたのですが、
違ったようです。
でも、絵柄は木原敏江さんっぽい系統でした。

池田理代子さんの「聖徳太子」や山岸涼子さんの「日出処の天子」や
大和和紀さんの「あさきゆめみし」(平安時代だけど)ではありません
でしたし、そこまで社会的に認知された作品ではなかったような気がします。

どなたか少しでも思い当たるところがあれば、ぜひヒントをください。
気長に待っていますので、よろしくお願いいたします。

タイトルも作家も掲載されていた雑誌も覚えていないのですが、
70-80年代に発表された(はずの)少女マンガを思い出したいのです。
連載中ではなく、すでにコミックスになっていたのを読んだ記憶がある
のですが、それも定かではありません。

肝心のストーリーも覚えていなくて、日本の古代(飛鳥時代?)を舞台に
したものだと思うのですが、メインのキャラクターが男性2人だったと
思います。飛鳥時代だと思う理由は、主人公が日本武尊が謳ったとされる、

大和は国のまほろば
たたなづく青垣
山籠...続きを読む

Aベストアンサー

歴史物ではありませんが、木原敏江さんの作品、というところから思い当たるのは、1977年の「愛しき言つくしてよ(うつくしきことつくしてよ、と読みます)」です。

日本とフランスに生き別れになった双子の兄弟が、日本では日本舞踊家、フランスではバレエダンサーとなり再会し、バレエダンサーの方が「大和は国のまほろば たたなづく青垣 山籠もれる 大和し 麗し」を口ずさむシーンがあります。

このマンガのクライマックスで、バレエダンサーが古代日本の衣裳で踊るシーンがありますので、セリフと、この古代日本衣裳のシーンが記憶に残っているとすると、質問者様のような記憶に変換(?)されることもあるかも・・・と思いました。

Q縄文「式」土器や高床「式」倉庫などの「式」について

私が学校で歴史を学んだ頃は、縄文「式」土器、竪穴「式」住居、高床「式」倉庫などと呼んでいましたが、
最近では縄文土器、竪穴住居、高床倉庫などのように「式」という言葉をあまり見なくなりました。
これはどうしてなのでしょうか。

Aベストアンサー

やや学術的な問題なので説明しにくいのですが、「○○式」といった場合は「形式」あるいは「型式」「様式」など特定の特徴に基づく分類となります。
縄文土器とは土器そのもの名称、すなわち陶器や陶磁器と同じようなモノです。
縄文土器は紋様などによって「勝坂式」「大木式」といった細かい分類がされますが、「縄文式土器」といってしまうとこのような個別様式の「式」と土器全般の「式」がダブってしまうことになり、、、「縄文土器」と呼ばれるようなったのが昨今の主流です。
またあえて「式」と呼ぶにはあまりにも汎用であるので「式」をつけなくなったということもあるかもしれません。
竪穴住居、高床倉庫も同様です。
現代的にいえば「集合式住宅」「個人式住宅」とは呼ばずに「集合住宅」「個人住宅」と呼ぶようなものでしょうか。

Q古代ローマorギリシャの闘技場のマンガについて

今から30年以上の前のコミックを探しております。
情報は下記のもののみです。

1)週刊誌(チャンピオン、マガジンなど)掲載であったと思います。
2)古代ローマorギリシャの闘技場が舞台であったと思います。
3)絵のタッチは子供向けではなく、非常にシリアスです。

30年以上も前のことなので40歳以上の方しかわからないかもしれません。
15年ほど前から気になっていたのですが、調べるすべもなく困っておりました。

いかんせん子供の記憶なので間違いがあるかもしれませんが、
ご存知の方がいらっしゃいましたら、
ぜひ教えていただければと存じます。

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

#1です。

ふくしま政美はかなりエグいタッチの漫画家なので、てっきりそれかとおもったのですが。
もともとこういう漫画を描いてた人なので。
http://www.ebookjapan.jp/shop/title.asp?titleid=4271

でなければ、これとか・・・
「闘奴ルーザ」。
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=07115409
でもこれは、少年誌連載ではありません。

Q【古代史・考古学・エジプトの謎】「古代エジプト文明の時代に奴隷は食べ物と塩が支給されていた。奴隷はお

【古代史・考古学・エジプトの謎】「古代エジプト文明の時代に奴隷は食べ物と塩が支給されていた。奴隷はお金を貰えないと言うのは誤りで塩を売ればお金に換金できた」

ここで不思議なのは「塩」が通貨だったこと。

塩って海水を撒いて、天日干しで乾けばアホでも塩は取れたわけですよね?

ということは、塩の作り方さえ知っていれば、アホなエジプト人を雇って重労働させて、ほら、塩が給料だ。と言えば喜んで働いた。

なぜエジプト人はバカで塩は誰でも作れたのに過酷なピラミッド建設にお父ちゃんが出稼ぎに出て汗水垂らして働いて疲れて塩を舐めたら給料が飛ぶような働けど働けど楽にはならないことをしたのでしょう。

ピラミッド建設に参加せずに、近くの海で海水を木で樽を作って汲んで蒔けば、自分は国王になれたのに。

なぜ当時のエジプト人は塩の作り方を知らなかったのでしょう?

国王はタダで手に入る塩で金を採掘させたり、重い石を持たせたりして黄金とピラミッドを手に入れた。

どんだけ当時のエジプト人はバカだったんだろう。

塩作りなんかエジプトの国王が密かに自分で作ってたわけじゃなかろうに、奴隷に海水を汲ませて撒かせていたはずなので奴隷は塩の作り方を盗めたはず。

奴隷村に戻って、今日、俺、塩作ったんだぜ!!

俺、塩の作り方知ってるんだぜ!!

と言えば、奴隷村を出て、自分たちで塩田を作れば、お金を作れたってことですよね。

不思議でならないエジプトの謎だわ。

【古代史・考古学・エジプトの謎】「古代エジプト文明の時代に奴隷は食べ物と塩が支給されていた。奴隷はお金を貰えないと言うのは誤りで塩を売ればお金に換金できた」

ここで不思議なのは「塩」が通貨だったこと。

塩って海水を撒いて、天日干しで乾けばアホでも塩は取れたわけですよね?

ということは、塩の作り方さえ知っていれば、アホなエジプト人を雇って重労働させて、ほら、塩が給料だ。と言えば喜んで働いた。

なぜエジプト人はバカで塩は誰でも作れたのに過酷なピラミッド建設にお父ちゃんが出稼ぎ...続きを読む

Aベストアンサー

「サラリーマン」の「サラリー」と食べる「サラダ」が同源なのはご存知?

そして, そんなに簡単に「塩」ってできるものなの?

Q古代世界が舞台になっている漫画を探しています。できれば少女マンガで…

タイムスリップもの・恋愛要素盛りだくさんだとなおヨシっですっ!!

ちなみに私が好きなのは…
天は赤い河のほとり
王家の紋章

ですっ!!


異世界もののお勧めがありましたらそちらもおねがいしますm(_ _)m

Aベストアンサー

 私も山岸凉子さんの「日出処天子」はお勧めです。聖徳太子と蘇我毛人の物語ですね。切なくて少し怖いです。
 
 水樹和佳子さんの「イティハーサ」もお勧め!こちらは古代の日本らしき所が舞台で、亜神と威神の戦争に人間が巻き込まれていく話です。物語中盤から絵がとても綺麗になっていきます。
 
 また、洋物ですと、あしべゆうほさんの「クリスタル・ドラゴン」は古代アイルランドやローマが舞台です。私は最初の頃の話の方が好きです。またこの作者さんは「悪魔の花嫁」という短編の連作物の中の「ヴィーナス我が愛」「砂漠に堕ちた星」「爪紅の神話」「叛逆の園」「オリンピアの媚薬」「寒牡丹夜話」等などで、古代ギリシャ、古代中東、唐時代の中国などを舞台にしたり、その世界と現代が交錯したりするような話を描いています。

 それと、市東亮子さんの「夢の夢」シリーズは、古代中東のギルガメシュ叙事詩から着想を得た物語です。コミックス「夢の夢I~君という現象」の中の「夢の夢」は現代と古代が交錯して、もの哀しくてお勧めです。「夢の夢II~月光水晶」は、古代のみが舞台ですね。
 また萩尾望都さんの「マージナル」は、SFですが、古代っぽい世界が舞台です。
 
 短編では、曽祢(そね)まさこさんの「海に沈んだ伝説」が印象的でした。萩尾望都さんの「ユニコーンの夢」も、SFですが、古代ギリシャっぽい服装の人々が出てきます。高階良子さんの「幻のビルカバンバ」「セーアカトルの日」「風と海とモアイ」等は、古代アンデスやアステカ、マヤなどが舞台で、主人公の前世が古代人であったという話が多いです。

 私も山岸凉子さんの「日出処天子」はお勧めです。聖徳太子と蘇我毛人の物語ですね。切なくて少し怖いです。
 
 水樹和佳子さんの「イティハーサ」もお勧め!こちらは古代の日本らしき所が舞台で、亜神と威神の戦争に人間が巻き込まれていく話です。物語中盤から絵がとても綺麗になっていきます。
 
 また、洋物ですと、あしべゆうほさんの「クリスタル・ドラゴン」は古代アイルランドやローマが舞台です。私は最初の頃の話の方が好きです。またこの作者さんは「悪魔の花嫁」という短編の連作物の中の「...続きを読む

Q中石器時代に土器の存在?ヨーロッパ、ユーラシア

皆様こんにちは。

ヨーロッパでの新石器時代の定義は土器の使用だそうですが
デンマークの中石器時代には、既に土器が存在していたそうですね。
これは地域の発展度の差が大きかったせいでしょうか。

質問です。
中石器時代ではあるが、既に土器が使用されていた地域
(ヨーロッパ、ユーラシア大陸)はデンマークの他にありますか?

あれこれ文献を読んでみましたが、いまひとつよく解りません。
ご返答いただけたら嬉しいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>> 数年前に中国で世界最古になるであろう土器が出土されたというニュースを読みましたが、実際のところどうなのでしょう。
 
下のサイトで見ると、
http://www006.upp.so-net.ne.jp/china/point39.html
玉蟾岩遺跡 (~B.C.12000)土器
仙人洞/呂桶環遺跡(B.C.12000)土器
http://www.jiid.or.jp/files/04public/02ardec/ardec29/key_note3.htm
http://masakawai.suppa.jp/encartaAA/bunka/saikonoinasaku/saikonoinasaku.html
「世界最古の土器はこうした長江中流域の南部で最終氷期最盛期後半の2万~1万8千年前に誕生していたとみなしてよいであろう。」
しかし、測定データそのもので立証はされていないようです。
「そうした中で玉蟾岩遺跡(写真2)から出土した最古の土器と4粒の稲籾が、これまでのところある程度信頼のおける事例である。玉蟾岩遺跡の土器の暦年代が1万8000~1万7000年前までさかのぼることはまちがいないだろう。しかし、暦年代1万5300~1万4800年前という稲籾の年代については稲籾そのものの年代測定値ではなく、稲籾を含む地層中の炭片の測定値であるために、絶対的なものとはみなしがたい。筆者らは何度も、この稲籾そのもののAMS(加速器炭素14C年代測定法)による年代測定をお願いしたが、現時点ではいまだ実現できていない。したがって現時点では、絶対的に信頼できるものではない」
http://www.geocities.jp/shimizuke1955/2130aichitouji2.html
http://plaza.rakuten.co.jp/kagamisato/diary/201010030000/
「玉蟾岩(ぎょくせんがん:ユイチャンイエン)遺跡は湖南(フーナン)省道(ダオ)県白石寒(バイシーハン)村にある洞穴遺跡で、加速器質量分析法による測定から紀元前14000年~紀元前12000年のものとされています。 加速器質量分析法(AMS:Accelerator Mass Spectrometry)とは放射性炭素(14C)年代測定法の感度・精度を追求した発展系で、重イオン用半導体検出器を用いることによって14Cをほとんどバックグラウンドなしで測定できるため年代の推定を更に正確にするものです。」

>> 数年前に中国で世界最古になるであろう土器が出土されたというニュースを読みましたが、実際のところどうなのでしょう。
 
下のサイトで見ると、
http://www006.upp.so-net.ne.jp/china/point39.html
玉蟾岩遺跡 (~B.C.12000)土器
仙人洞/呂桶環遺跡(B.C.12000)土器
http://www.jiid.or.jp/files/04public/02ardec/ardec29/key_note3.htm
http://masakawai.suppa.jp/encartaAA/bunka/saikonoinasaku/saikonoinasaku.html
「世界最古の土器はこうした長江中流域の南部で最終氷期最盛期後半の2万~1万8千年前...続きを読む

Q皇国の守護者みたいなマンガを探しています。

皇国の守護者のような戦記モノのマンガを探しています。
歴史を題材にしてたり、全くの創作でもいいので、戦記モノを探しています。
ファンタジー要素が多少入っていても大丈夫です。(史実でも古代を扱ったものは呪術とか出てきますしね)
なるべく近代戦以前のものが好みです。航空機とか、戦艦とか出てこないような・・・

面白いマンガがあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

「ヴィンランド・サガ」幸村誠
「ソードゲイル」佐藤信
「Knigts」ムラオミノル
「鋼鉄の少女たち」しけたみがの

Q三内丸山遺跡の6本の巨大柱は、どちらの方向を指して

三内丸山遺跡について教えて下さい。
6本の巨大柱が立っていた、と想定されるそうですね。3本が向きあって並んでいたとか。
この6本は、どちらの方向を指して並んででいたのですか?
(冬至の日の入りとか、夏至の日の出とか聞いていますが)

Aベストアンサー

三内丸山遺跡の巨大列柱と太陽の方向については下記のレポートがあります。

三内丸山遺跡の六本柱と太陽
ursa.phys.kyushu-u.ac.jp/jsession/2009haru/01_sandai.pdf

上記のレポートには以下のように書かれています。(図と写真もあります)
柱の方向と日の出・日の入りの方向に2.0°のずれがあるが,私
たちは,柱の使用目的として次の仮説を立てた。
柱を建てるときは,遠くに見える地形を目印として建てた。
この六本柱の左側3本が並ぶ延長線上に,もう一本の柱または
目印となるものを作り,そこから日の出の様子を見る。普段は柱
の間から太陽が昇るのは見えないが,夏至のあたりの何日間かの
み,柱6付近から昇ってくるように見える(図4)。それを夏至と
いう季節の境目を理解する目安としたのではないか。(反対側から
見ると冬至がわかる)
目印になる点に,例えば7本目の柱が見つかれば,この仮説の
可能性は高まる。柱群や付近の柱跡を調べて仮説を検討したい。

青森県立青森南高等学校自然科学部


人気Q&Aランキング

おすすめ情報