考古学上の遺跡で、古代ローマの遺跡なんかは石造りでそのまま残っているのでわかります。
 ところが日本の登呂遺跡や丸山遺跡なんて、残っていたのは木の柱が立っていた穴とか、土器とか石器とかでしょう?
 どうして建物の形がわかるのでしょうか。高床式の倉庫だとか、もっともらしく復元されていますが、なんでわかったのでしょうか。どんな根拠があるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 おっしゃる通り復元されたものは想像です。

恐竜と同じです。恐竜の化石が見つかって、大体の体格は復元できますが、皮膚の色などは、すべて想像ですよね。
 三内丸山遺跡で発掘された、六本柱建物は、ただ、大木を六本立てただけなのか、いくつかの横板があったのか、いまだに専門家の間でも意見が分かれています。
 ただ、何の根拠もなく復元したのではありません。おもに、発掘された土器や鏡に刻まれた絵、埴輪などをもとにして復元されています。
    • good
    • 0

三内丸山遺跡の建物跡については、「立派な建物」説もあったのですが、「縄文人みたいな野蛮なやつらにそんな立派なものが作れるはずがない」という横槍が「偉い先生」から入って、復元模型はいちばん粗末なものになったそうです。

    • good
    • 1

古代建築様式を柱穴から想定するのは確かにリスクが伴うでしょう。

今、どこかで柱穴が日本ではじめて発見されたのならその復元に苦労すると思います。現実には
遺跡発掘は100年の歴史があります。又我が国には古代から延々と伝えられてきた神社建築があります。伊勢神宮では20年に一回建物全てが新築されます。古代が今に生きているのです。

遺跡から発掘される遺物に古代建築を示唆するものがあります。家型の埴輪や焼物に線刻された建物の絵も参考になるでしょう。ドクロ(頭蓋骨)から生前の顔が復元可能なように、建物の穴があれば柱の大きさが分かります、穴の深さから柱の理論上の高さが計算できます。このように周辺情報を日本の例だけではなく海外の例(多くは今日も同じ建築物を見ることが出来る)も含めて研究することにより、ほぼ正確な復元が可能となるでしょう。多くの遺跡では屋根や壁が土に返ってしまっているので、材料や屋根の形の復元は簡単ではないようです。しかし、幸運にも
失火や儀式で焼かれた家が残っていて材料や形が想定できるようです。

古代の家の完全な絵が残っていない限り100%正確な復元は出来ないでしょうが、古代人の生活を想像するに足りるだけの復元なら十分可能だと言う事です。

石造りの家でも屋根は木材と草木等で葺かれていたので100%正確な復元は困難な筈です。復元された遺跡は屋根がありません。観光客用に一部屋根をつけた建物はありますが・・・
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q古代日本史を題材にした歴史マンガ

小さい頃から古代日本史を舞台にした"小説"を好んで読んでいたのですが
先日樹なつみ氏の『八雲立つ』を友人に勧められて読んだところ、かなり嵌ってしまいました。
それまでも歴史物のマンガはちょくちょく読んでいたのですが、これを機に本格的に手を出そうと思い、質問させて頂きます。
古代日本史をテーマにしたマンガで皆様のお薦めを教えて頂けないでしょうか?
奈良時代からそれ以前の時代がメインの作品でお願いします。
上記の『八雲立つ』のように、「舞台そのものは古代日本で無くとも、古代日本が深く物語の根幹に関わっている」マンガも是非教えて下さい。

既読のマンガは
安彦良和氏『ナムジ』『神武』『蚤の王』
藤原カムイ氏『雷火』
諸星大二郎氏『海神記』
星野宣之氏『宗像教授シリーズ』『ヤマタイカ』など
です。どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「ニタイとキナナ」(高室弓生・青林工芸舎)縄文時代の東北地方を舞台に、ニタイとキナナがらぶらぶ新婚生活を過ごす、という話です。縄文時代の風俗が、精神的なものも含めて深く描かれていますか、それ以上に、わたしたちと同じようにこの時代の人たちも「生きて」いたんだなあと感じさせられました。

Q【古代史・考古学・エジプトの謎】「古代エジプト文明の時代に奴隷は食べ物と塩が支給されていた。奴隷はお

【古代史・考古学・エジプトの謎】「古代エジプト文明の時代に奴隷は食べ物と塩が支給されていた。奴隷はお金を貰えないと言うのは誤りで塩を売ればお金に換金できた」

ここで不思議なのは「塩」が通貨だったこと。

塩って海水を撒いて、天日干しで乾けばアホでも塩は取れたわけですよね?

ということは、塩の作り方さえ知っていれば、アホなエジプト人を雇って重労働させて、ほら、塩が給料だ。と言えば喜んで働いた。

なぜエジプト人はバカで塩は誰でも作れたのに過酷なピラミッド建設にお父ちゃんが出稼ぎに出て汗水垂らして働いて疲れて塩を舐めたら給料が飛ぶような働けど働けど楽にはならないことをしたのでしょう。

ピラミッド建設に参加せずに、近くの海で海水を木で樽を作って汲んで蒔けば、自分は国王になれたのに。

なぜ当時のエジプト人は塩の作り方を知らなかったのでしょう?

国王はタダで手に入る塩で金を採掘させたり、重い石を持たせたりして黄金とピラミッドを手に入れた。

どんだけ当時のエジプト人はバカだったんだろう。

塩作りなんかエジプトの国王が密かに自分で作ってたわけじゃなかろうに、奴隷に海水を汲ませて撒かせていたはずなので奴隷は塩の作り方を盗めたはず。

奴隷村に戻って、今日、俺、塩作ったんだぜ!!

俺、塩の作り方知ってるんだぜ!!

と言えば、奴隷村を出て、自分たちで塩田を作れば、お金を作れたってことですよね。

不思議でならないエジプトの謎だわ。

【古代史・考古学・エジプトの謎】「古代エジプト文明の時代に奴隷は食べ物と塩が支給されていた。奴隷はお金を貰えないと言うのは誤りで塩を売ればお金に換金できた」

ここで不思議なのは「塩」が通貨だったこと。

塩って海水を撒いて、天日干しで乾けばアホでも塩は取れたわけですよね?

ということは、塩の作り方さえ知っていれば、アホなエジプト人を雇って重労働させて、ほら、塩が給料だ。と言えば喜んで働いた。

なぜエジプト人はバカで塩は誰でも作れたのに過酷なピラミッド建設にお父ちゃんが出稼ぎ...続きを読む

Aベストアンサー

「サラリーマン」の「サラリー」と食べる「サラダ」が同源なのはご存知?

そして, そんなに簡単に「塩」ってできるものなの?

Q古代中国の儒学者の英語名

 古代中国の儒学者で、何故孔子と孟子だけが「Confucius」「Mencius」というような欧米系(?)の名前なのでしょうか?
 その他の儒学者、例えば荀子や老子、荘子等はピンインそのままなのに…。

Aベストアンサー

孔子と孟子は儒学者の中で 西洋でもとりわけ有名なのでラテン語風に綴られたのだと思います

Qエジプト考古学と考古学者について

エジプト考古学に興味があります。大学で考古学を学ぼうか迷っています。そこでいくつか質問なのですが、

1、早稲田大学では、実際にエジプトで発掘調査にかかわる様な事ことができるとgooの質問に書いてあったのですが本当なのでしょうか?また本当だとしたらどのようにすれば行けるのでしょうか?

2、実際に大学ではエジプトの考古学はどのようなことを教えているのでしょうか?

3、海外(たとえばイギリスなど)の大学に留学することはどのようなメリットがあるのでしょうか?

4、将来的にエジプトなど、現地で発掘にかかわることができるようになったり、学者になるのは実際どうすればいいのでしょうか。それはたとえば、早稲田大学→大学院絵と進み、さらに海外の大学に留学するなどしてもほとんど不可能なことなのでしょうか?

いくつもあってすみません・・・ どれか一つでも、どんなことでもいいので教えていただければ助かります! 

Aベストアンサー

「考古学者になる」という夢は大切にしてほしいところですが、きれいごとだけではすまないかと思いますので、実態を書かせていただきます。
少し覚悟して読んでください。




かつては「留学するだけ」でも「箔付け」にはなりましたが、昨今留学など普通のことになってしまっていますので「留学して何を学んだか」そして「留学経験を同学術研究に生かせるか」が重要になるでしょう。
もしかすると留学で一番のメリットは「海外の研究者との交流」かもしれません。

「考古学者」になるのはさほど難しくはありません。
民間企業に就職しても休日に現地調査に出かけたり、論文を学術雑誌に投稿することはできます。
けれど「考古学者を職業にする」のは相当難しいです。
大学院を卒業しても役所に就職して開発などで破壊される遺跡の調査や保護に携わる人がほとんどで、大学教員になれるのはごくわずかです。
ましてエジプト考古学になると日本国内では限られてしまいますので相当な研究実績を積むか、人脈を構築しないと厳しいです。

Q京都府内を通る古代山陽道

よろしくお願い致します。

山陽道について調べております。
そこで詳しい方にご教授願いたいのですが、現在の京都府内を通る、古代行政区画の山陽道はどのルートになるのでしょうか。
具体的に教えていただけると非常に助かります。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>古代行政区画の山陽道はどのルートになるのでしょうか。

行政区画としての山陽道は播磨国とか備前国とか地域名になるので、街道としての山陽道のルートをお尋ねなのだと思います。

平安時代でしたら、「西国街道」と呼ばれるものが山陽道に当たると思います。
現在はそれに平行して国道171号線が通っていますが、旧道も残っています。
時間がないので地図では示せませんが、おおむね171号線に並行で、久世橋→JR向日町駅前→長岡京市一文橋→JR山崎駅前と旧道が通っています。山崎から先は大阪府に入って高槻、茨木、箕面、兵庫県伊丹、西宮、神戸と続いていきます。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E9%99%BD%E9%81%93

Q三内丸山遺跡・吉野ヶ里遺跡や周辺に、宗教(おそらく原始神道)などの祭殿・神殿などの痕跡が残っているの

三内丸山遺跡・吉野ヶ里遺跡や周辺に、宗教(おそらく原始神道)などの祭殿・神殿などの痕跡が残っているのでしょうか?

Aベストアンサー

どうだったかな、記憶だけで簡単に書くので間違えてるかもしれませんが。
吉野ヶ里のほうは墓がありましたね。

日本の宗教の原型は、沖ノ島や天岩戸神話に見られるような、野外での宴会のようなものだったと考えられています。行う場所も、それ用の特別な場所ではなくその場かぎりの臨時の会場のように、終わったら他の用途に使うような。相撲の名古屋場所の土俵って、場所が終わったら取り壊すのですが、そんな感じでしょうか(私感)。

社とか立派な鳥居とか神主とか、これらは仏教の影響で今の形になりました。

Q【日本語と古代ラテン語の共通の言葉】 秦氏は地中海から来た?

与謝野鉄幹・晶子の孫で言語学者の与謝野達氏の『ラテン語と日本語の語源的関係』(サンパウロ社刊)を読みました。
彼は「伝統的な日本語の単語の多くがラテン語を起源としている」と主張しています。
日本語約700語を題材に、その語源と見なされるラテン語を詳しく紹介しています。
比較言語学の最新の概念を使いこなしながら、長時間かけて丁寧に考察された興味深い労作です。

一例を挙げると
こころ←corculum」
哀れ←avare」
こい(恋)← cupio
上げる←aggero
下げる← suggero
起こす←occurso
がんばれ←quam vale
おめでとう←omen datum

などのルーツはいずれもラテン語と喝破し、
「2世紀以降のやや俗化したラテン語か派生語が、何らかの理由で日本の古代期に入り、日本語の形成に影響を与えた」と推測している。

もし、↑の日本語の起源が古代ラテン語だと仮定した場合、その流入経路はどのようなルートだと思いますか?

(1)人がローマからインド洋を渡り、東洋に至る航海が言語をアジアに繋いでいたかもしれない。(文化人類学者の山口昌男氏)
(2)秦氏は地中海周辺から来た古代ラテン語を操る民族であり、秦氏の言葉が日本語に与えた影響は大きい。(考古学者の和田宗耶氏)

など様々な意見がありますが、古代ラテン語が日本に流入する可能性はあるのでしょうか?
大相撲の掛声の「ハッケヨイ」もラテン語だと聞いたことがあります。

与謝野鉄幹・晶子の孫で言語学者の与謝野達氏の『ラテン語と日本語の語源的関係』(サンパウロ社刊)を読みました。
彼は「伝統的な日本語の単語の多くがラテン語を起源としている」と主張しています。
日本語約700語を題材に、その語源と見なされるラテン語を詳しく紹介しています。
比較言語学の最新の概念を使いこなしながら、長時間かけて丁寧に考察された興味深い労作です。

一例を挙げると
こころ←corculum」
哀れ←avare」
こい(恋)← cupio
上げる←aggero
下げる← suggero
起こす←occurso
が...続きを読む

Aベストアンサー

この手の説に共通しているのは

こじ付けでも何でも 自説に有利なものを強調し

不利なものを無視してしまうことです

どのような言語でも 10や20は 見方によれば一致します

これが 意味有る一致なのか、無意味なのかは 充分な検証が必要です
さらに 現代の発音では似ていても、昔はそのようには発音されていなかった可能性も高いです

単なる物語として 面白がって読むのがよろしいでしょう

つい先日読んだものに

五木の子守唄の おどまかんじんかんじん の かんじん は
韓人 のことで 秀吉の朝鮮征伐の際に 強制連行された 朝鮮人 のことだと 主張している人たちがいるが

熊本での発音は くゎんじんくゎんじん で 音が異なる と 論破された例がありました

誰かが TVでしゃべれば 単純に信じてしまう人が多いようですね

Q日頃から疑問に思う事があります。 日本には古代から中世頃までの時代に石造りの建築物がほとんどないか、

日頃から疑問に思う事があります。
日本には古代から中世頃までの時代に石造りの建築物がほとんどないか、少ないと思います。
世界を見れば西洋は言うに及ばず東南アジア インド
中国 中東に至るまで夥しい石造建築が残っています。
この差は文化の違いと言うだけではない根本的理由があるように思うのですが皆様のお考えをお聞かせください。
単純に外国に比べ加工に向く石が少ないとかなんでしょうか?
知ってる方いらっしゃいましたら宜しくお願いします。

Aベストアンサー

No.7回答者phjさんの回答は、素晴らしいと思いました。
住宅や建築物の構造などが地域によって違う理由は、単純ではなく、いろいろ複合した結果だろうというのは、そうだろうなと思いました。

ただ、地震の多少は、建築上石造り/石造りでないとはあまり関係ないのではないかと思います。
地震の分布図を見ても、日本特有の主要な理由にはならない感じがします。
http://www.asahi.com/articles/ASK1L6SR9K1LUHBI03W.html
温暖湿潤な地域の住宅は、だいたい、柱と梁によって構成される木造構造が多いようです。
日射が強い地域では壁を厚くして屋内の温度を低く保つ構造が多いようです。大きな石造の建築物に入ると確かに体感的にひんやりするのです。
しかし、こうした住宅を作る地域の環境条件では、石造やレンガにするか、壁構造にするか、柱と梁で作るかは、決まらない・あまり関係がないと思います。
半地下のような堀り込んだ建築をする地域も多いし、過密というか水平方向よりも垂直方向に住宅がぎしぎしと詰まった地域も結構多いです。 海外旅行のパンフレットをみても、建築には地域差が多いのがわかります。
地球海沿岸は樹木が建築用材に向いてないように思います。多少はそれが関係しているのかもしれませんが、もしも住宅は木造という意識が強くあれば、なんとかそうした植林をしていたと思います。 意識が向いていれば、遠くからでも調達してくるのが人類の歴史です。
12世紀のロンドンで大火が相次いで発生し、「各戸は必ず家の境に、厚さ0.93m、高さ4.88mの防火用煉瓦壁を設け、屋根は街路に面して切妻にし、直接防火壁のうえに葺きおろし、瓦葺とすること」という法令がでて、石造りの家が増えたそうです。日本では、応仁の乱での京の町、江戸時代の江戸の町は大火があり、関東震災では、東京市(15区)住家全潰1.2万棟、焼失約22万棟、死者の総数約6.9万人の95%は火災によるもの、横浜市住家全潰が1.6万戸,焼失6.3万戸と、被害対策としては火災対策がポイントなのに、基本的には木造が続きました。 火事がやばいとレンガや石造りが増えるというような単純な考えを、世界に広げることはできません。
石は冷えると思いますが、ヨーロッパでも木造が多い地域は結構あります。木造が多いと言われる北欧やロシアでも石造の住宅は多いし、ドイツでは木造が観光名所にもなっています。
http://unohideoblog.seesaa.net/article/108110538.html
日本が中国文化を朝鮮半島経由で入手したのは明らかで、寺院建築や宮殿、都城も、これを導入しています。レンガ造建築は、文明開化のショーウインドウのような誇示のために造られているのですが、古代の新羅、百済、隋、唐などから技術導入し肩を並べるだけのものだと誇示したのと似ています。
今でも、高級住宅地とか言われる地域は、その地域で似た構造や外観を持っていることが多いです。 
建築物、住居も、文化の大きな要素であり、自分たちがある勢力をもつものであること、他とははっきりと違うものであることを示す重要なものです。
だから○○様式の建築というのが世界中で、どの時代にも、身分や格式、階級などを示す形であるのです。伝統的構造の住宅というものがあるのも、その様式から逸脱しないで建設するし、格違いの他の人々や集団にはそうした構造や様式で建築することを認めないというようなこともあるのが、建築物の重要な性質です。
宗教というか、信仰というか、アミニズムのようなことも、建築に関係しています。神の依り代のようなもので考えるような思考が多いと、石造やレンガ作りではちょっとな、、という気分になるでしょう。 仮寓一時滞在処のような作り方がしっくりするのかもしれません。遷宮するから木造、支配者一代ごとにあるいは同じ支配者でも何度か拠点を移動するから木造なのではなくて、石造りしたくなかったから、その支配者の頭にすり込まれている宮殿や宮殿構造のイメージが、木造のある特定の様式の範囲から脱することができなかったから、そうした構造が続いたのだと思います。
基本的には戦闘や斬り合いがなかった江戸時代でも武士が帯刀していないとならなかったのと同様で、その社会での文化がある階級集団と他の階級集団とに対して要求している様式の強制が、住宅の構造、高さ、門のあるなしにも関係してくるのだろ思います。

高層マンション群の地域、広大な敷地をもつ住宅地の地域、安価なマンション地域、安アパート地域、雑然とした木造住宅地域、バブル時代にできた新興住宅地と、結構住宅の構造が違います。 社会の中での階級、階層意識をその時代の中で外見的に表現するようなものが、住宅の構造や色使いなどにはっきり出てきます。
この差は文化の違いと考えるのが、一番現実的だと思います。

No.7回答者phjさんの回答は、素晴らしいと思いました。
住宅や建築物の構造などが地域によって違う理由は、単純ではなく、いろいろ複合した結果だろうというのは、そうだろうなと思いました。

ただ、地震の多少は、建築上石造り/石造りでないとはあまり関係ないのではないかと思います。
地震の分布図を見ても、日本特有の主要な理由にはならない感じがします。
http://www.asahi.com/articles/ASK1L6SR9K1LUHBI03W.html
温暖湿潤な地域の住宅は、だいたい、柱と梁によって構成される木造構造が多いようです。
日...続きを読む

Q天皇家に系図ってありますか?

日本では、当然ですがあまりにも有名な家柄である天皇家。
中心的すぎて家系図なんて必要ないのではないか、とも思います。
あるいは、年号や歴史書など、
国史自体が家系図になっているとも言えるかもしれません。

でも、いわゆる私たちが系図と呼んでいるような、天皇や王・女王、皇子・皇女などを記した巻子状の系図(もちろん神社などが史料としてまとめてるものではなくて、天皇家が自家のものとして所蔵するもので、現在書き足しているようなものです。)ってありますか?


あるとしたら、それはいつ作られたものでしょうか?

Aベストアンサー

「本朝皇胤紹運録」があります。
元は応永年間につくられたものですが、そこから、代々書き足され「群書類従」の系図部にあるものは明治天皇まで記されています。
これが今ある近代以前の天皇家系図の中で信用できるものの一番ではないでしょうか

京都大学の図書館にある本朝皇胤紹運録のアドレスを張っておきます。
これは桜町天皇まで書かれています。

参考URL:http://ddb.libnet.kulib.kyoto-u.ac.jp/exhibit/h679/h679cont.html

Q考古学が学びたいです!

大阪府・奈良県・兵庫県・京都府の国公立大学で、考古学(日本ではない)が学べるところはあるでしょうか?考古学が学べる学部の名称が大学によって変わるので、途方に暮れています・・・。
お願いします。

Aベストアンサー

あなたが何時代やどこの国の考古学に興味があるのかが問題ですが…
とりあえず国公立で一番名前が高いのは京都大学文学部史学科考古学専攻です。京大の考古学研究室は日本でトップクラスと言っても過言ではないでしょう。
同じ京都だと京都府立大学の文学部歴史学科、私立だと同志社・立命館・龍谷などが著名です。
大阪では、大阪大学の文学部人文学科考古学専修が著名です。他にも大阪市立大学などにもあります。
奈良では私立の奈良大学。兵庫では神戸大学や関西学院大学などなど。

考古学を学べるところは、主に文学部や人文学科、歴史学科、史学科のどれかに所属していることが多いです。歴史学科があるからといっても必ず考古学が勉強できるわけではないので注意してください。

悔いのない選択をしてくださいね!


人気Q&Aランキング