-教えてください!!-

私は今、自宅でハンディタイプの受信機でタクシー無線を聞いています。

しかし、あまりに受信状況が悪いので、簡単でよい受信状況になる方法が知りたいです。

詳しい方、教えてください。

  4アマの卵より

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

2002/03/19---もう6年前の話題で締切なしですか。


いいかげん検索で無効ヒットするんで邪魔なんですよ。
さっと締切してくれませんか。
    • good
    • 0

自宅が鉄筋コンクリートなのかわからないが、安っぽいアンテナは、



50オームの同軸ケーブルを受信機とアンテナ設置場所の距離分を購入。できれば受信機のアンテナコネクタにあったものがついているものが良い。BNCとかSMA

それでスリーブアンテナを作る。
http://www.geocities.jp/kousyu1801/easyant/index …
そのサイトのようにやらなくてもいい。中の網線を折り返してもいい。
一応それで広帯域になる。短波、HF帯航空無線、AM・FMラジオ、業務、ハム、ほとんど聞ける。

それを壁とかまどに上からつるしている。

アンテナはパソコンから離す。パソコンはすごい電波を出しているから。

しかし、ハンディ受信機によって向上する場合としない場合があるが、おおむね向上する。75オームの同軸でもやってみたが、ちゃんと受信した。

基本は屋外。
    • good
    • 0

ハンディタイプの受信機でもアンテナが交換できるタイプであればベランダでもいいから外にアンテナを出してあげてください。

簡単にマグネットで外にくっつけるようなアンテナもありますので出すだけで驚くほど遠くのタクシーが聞こえるようになりますよ。受信機とベランダが遠い場合はケーブルが長くなってしまいますので少しでも太いケーブルを使ってください。
    • good
    • 0

アンテナを外に出してあげてください。

受信範囲が一気に広がりますよ
    • good
    • 0

付属のアンテナが取り外せるなら、市販のアンテナに取替えればぐんと感度が上がります。


それからロケーションがよければ、お金がかからないで感度がアップします。
方法は簡単、高い階の窓際で受信すること。
屋上、ベランダなどは最高です。

市販アンテナについては、受信機を購入したお店で相談してみて下さい。
参考雑誌:ラジオライフ、アクションバンド、CQ ham radio
    • good
    • 0

ハンディタイプに付属しているホイップアンテナは利得が低いので、外部アンテナ端子があれば別売のアンテナを購入するか自作するかでしょう。



タクシー限定であれば、高利得型のブラウンアンテナでもじゅうぶんかと思います。タクシー業務用などで基地局用として使っているタイプは数万円しますが、移動用のタイプであれば数千円で買えます。
幅広いバンドを聞くのであれば広帯域型のディスコーンという手もありますが、利得は低くなり、値段もブラウンより若干高くなります。

ただし、アマチュアの方であればご承知かと思いますが、通信内容を漏らしたりすると、電波法違反になりかねませんからじゅうぶんお気をつけくださいませ。
    • good
    • 0

ハンディ機のホイップアンテナよりはディスコーンか何かのほうが良いのでは?


タクシー無線の固定局もディスコーンアンテナを使っていますよ。

無線雑誌を見れば自作アンテナの作り方も特集していることがあります。
買えば1万5千円位からあると思います。
    • good
    • 0

別売りの室外アンテナなどアンテナを替えてやればいいかと思いますが。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q周波数別における無線機のサイズについて

周波数別における無線機のサイズについて質問します。

現行の周波数別における無線機の、最も大きなモノと最も小さいモノのサイズはどのくらいあるでしょうか?

特に短波無線機のサイズは?

Aベストアンサー

無線機はその用途によってさまざまですが、どのジャンルでしょうか?

無線傍受マニア向けであれば受信のみなので、大分昔からオールバンド受信機(500kHz~2GHz)が筆箱ぐらいですから、その大きさが周波数に関係があるとは思えません。特定周波数受信機と大差ありません。カード型AMラジオ(635kHz~)さえ存在しています。
興味があれば、メーカサイトにアクセスすると、機種カタログを見られると思います。
専門誌もあるので、情報は一杯です。

送受信機能付では、送信電力が影響します。送信電力が大きいと言うことは、その熱損失をまかなうだけの容積や部品の大きさが必要なので、電力が大きいほど図体も大きくなります。

送受信機能付の複信が可能なものは、送受共用回路の大きさが顕著で、周波数が低いほど大きくなります。
プレストーク(プッシュトーク、交互通信などの「どうぞ」方式)は、この共用回路が不要なので、大分小さくなりますが。

もう一つの要素は需要度です。大きさが周波数依存の部品は、需要が大きければ、開発費をかけて小型化しても数多く売れるので元が取れます。しかし、需要が限られた周波数部品は誰も小型化に挑んでくれません。

無線機はその用途によってさまざまですが、どのジャンルでしょうか?

無線傍受マニア向けであれば受信のみなので、大分昔からオールバンド受信機(500kHz~2GHz)が筆箱ぐらいですから、その大きさが周波数に関係があるとは思えません。特定周波数受信機と大差ありません。カード型AMラジオ(635kHz~)さえ存在しています。
興味があれば、メーカサイトにアクセスすると、機種カタログを見られると思います。
専門誌もあるので、情報は一杯です。

送受信機能付では、送信電力が影響します。送信電力が大きいと...続きを読む

Qアマチュア無線の29MHz帯って

中古の無線機を買って29MHz帯で運用したいと
思ってるのですが、まず、受信ができません
アンテナが悪いのでしょうか
または運用局が少ないのでしょうか
ちなみにアンテナはモービル用をベランダに
取り付けてます
よろしくお願いします

Aベストアンサー

現在は、アマチュア無線の運用は休止してますが、オールバンドのレシーバーで時々、7・14・21・28Mz帯をチェックしてます。
元々、DX専門ですから14Mzと21Mzしか興味がないですが、時々28Mz帯もチェックしてます。
正直な感想は、28Mz帯の運用局は少ないですね。
29MzはFM機でしょうか?
この帯域のモービル局は皆無に近いと思います。
昔から、人気のない周波数帯でしたが相変わらずのようです。

Qジャスダックのみに上場し、あえて東証1部等に上場しないメリットは?

ジャスダックのみに上場し、あえて東証1部等に上場しないメリットは?
某企業がジャスダック上場企業です。東証には上場していないのですが、ジャスダックのみで東証に上場しないというのは、理由もしくは東証に上場しないメリットなどがあるのでしょうか。
また上場企業数約3700社ほどと理解しているんですが、この数は東証、大証のみの数値ですか?それともジャスダックに上場している企業数も含まれているのでしょうか。ご存知の方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>上場企業数約3700社ほどと理解しているんですが、この数は東証、大証のみの数値ですか?それともジャスダックに上場している企業数も含まれているのでしょうか。

マザーズ、ヘラクレスなどを含んでいます。

ジャスダックのみ上場というのは、その会社の方針かと思います。東証に上場すれば、投資家に機会を与えることにはなりますが、それなり企業もコスト負担が必要です。

Q50MHz帯の受信ができない

アマチュア無線の50MHz帯が受信できません。
理由を教えて下さい。
ちなみに7MHz帯は受信できます。
アンテナはUHV-5のモービル用をベランダに設置しています。
アンテナのアースは接続しています。
リグは,IC-7000Mです。(MTV-7500でも同様)
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 予想される問題点が2つ考えられます。
 第一は、他の方がお答えになっていますが、50MHzバンドの特性から来ていることです。
 すなわち、電波を出している局が多くないし、基本的には直接波しか入りませんから。
 また、モービル用のそのアンテナでは、弱い電波は受信出来ませんから。土日曜日、祝日に50.2MHz付近を受信して見てください。SSBがよく出ています。50MHz帯は7MHz帯のように多くの局が出ているわけではありませんし、Es層による伝搬でもない限り近くの局しか聞こえないと思っていいわけですから、粘り強い受信が必要です。

 第二は、アンテナの接続と調整についてです。
 7MHzバンドは、とにかく何かワイヤーが付いていれば、聞こえます。ところが50MHzバンドは、アンテナの整合状態も響くことがあります。50MHzバンドで一番多くの局が聞こえる周波数は50.2MHz付近のSSBですからその周波数付近にUHV-5の整合ができているかどうかです。とにかく粘り強く聞いて、信号が一番強く聞こえるようにUHV-5の50MHz帯の調整をしてみたらいかがでしょうか。あるいは、アンテナアナライザーがあれば直接調整も出来ます。
 次に、IC-7000では、7MHzと50MHz帯は同じアンテナ接続コネクターですが144MHzと430MHz帯は別のコネクターですよね。UHV-5は一本のアンテナで用が足りるわけですが、144MHz、430MHz帯を聞くには、つなぎかえるか、デュープレクサーで分離する必要があります。この辺のことをどのように処理されているのかわかりません。まさか、50MHz帯を聞くときにUHV-5を144MHz帯、430MHz帯と同じ、コネクターに接続していないでしょうね?
 

 予想される問題点が2つ考えられます。
 第一は、他の方がお答えになっていますが、50MHzバンドの特性から来ていることです。
 すなわち、電波を出している局が多くないし、基本的には直接波しか入りませんから。
 また、モービル用のそのアンテナでは、弱い電波は受信出来ませんから。土日曜日、祝日に50.2MHz付近を受信して見てください。SSBがよく出ています。50MHz帯は7MHz帯のように多くの局が出ているわけではありませんし、Es層による伝搬でもない限り近くの局しか聞こえないと思ってい...続きを読む

Q宮崎交通貸切バスの無線周波数ご存知方いませんか。

宮崎交通の貸し切りバスに無線が付いていますが周波数ご存知の方いませんか。
頻繁に無線交信していれば探すこともできるのですが、通信頻度が少な目の為
周波数を探せず・・・・ご存知の方ぜひお願いします。

Aベストアンサー

149.3100MHZを使用しています。
総務省のHPで検索できます。

Qアマチュア無線の144メガヘルツ帯のF2の超小型微弱出力ビーコン電波発

アマチュア無線の144メガヘルツ帯のF2の超小型微弱出力ビーコン電波発信機の米国仕様の回路図です、これを日本仕様で実験したいが、回路図にあるPIC12f675集積回路の代替品となる日本国内で入手しやすい、安価な集積回路の型番、ピン接続を教えてください、供給電圧はボタン電池で3ボルトから6ボルト、集積回路の機能は、FM変調信号発生用非安定マルチバイブレーター回路と、水晶発振回路の、供給電源のオン、オフのスイッチング回路です、これで送信電波を断続的に送信、停波を繰り返して、電池寿命を伸ばします、

Aベストアンサー

秋月電子通商では12F675は120円で売っています。
老婆心ながら、PICは買ってきたままで回路に継いでも動作しません。
PICは小さいながらもマイコン並みの機能があり、(パソコンほどではないですが)
色々なコントロールが自由自在に出来ます。
逆にいえば、プログラム次第で電圧計になったり、7400シリーズで有名なロジック回路を構成できたり、
今回のFM変調、送信断続などが出来ます。
今回のご質問では、チップの入手先ということで秋月電子通商を紹介致しましたが
上記の理由から、プログラム本体と、プログラム書き込み機が必要になるでしょう

PIC 12F675 http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-00253/
書き込み機 http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-02018/

Q商用VHFのハンディ無線について

カテゴリがここで良いのか分かりませんが、ご存知の方がいらっしゃればよろしくお願い致します。

海外で、商用VHF帯のハンディ無線を購入する予定です。数カ国で使用するので、各国に関係機関に問い合わせた結果、商用VHF136-175が使用可能とのことで、ICOM社製のものとしました。
無線の知識が全くないのですが、おそらく各国で使用可能な周波数が異なると思います。厳密にどの周波数を用いるか、無線機のプログラミング設定を行わないといけないのだろうと推察いたします。
通常こうした設定は、自分で(というか誰でも)可能なものなのでしょうか?あるいは、無線機の納品段階で業者に設定してもらうものなのでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 無線業務に若干関係しているので、分かる範囲でお応えします。
 商用VHFというのは、業務用に使う無線機ということを前提にします。
これらの業務用無線は国内使用を前提とするので、電波法の規制を受けます。そして購入時には
電波法の申請(届出)-許可を得てから製造メーカーに発注します。その発注時の仕様書に
使用する電波の型式と周波数、電力などを指定し納入して貰います。メーカーでは
その仕様書に基づき、無線機内部のROMにデータ設定し、各種試験後発注者に納入します。
 従いまして、この経験から言えば、免許人が勝手に周波数を変更できないように
ROMに焼いているので、出先で設定変更して周波数を変えることは出来ません。なお、
電波法に基づき無線局の許可時に「指定事項(識別信号、電波の型式と周波数、空中線電力、
運用許容時間)」が指定されてきます。この指定事項を逸脱するような無線設備の変
更は電波法違反になります。

※質問者さんが海外で無線を使うのに、国内の無線機を購入することは、「不法無線局の
開設」にあたる可能性もありますので、各地域の総合通信局に相談されることをお勧めし
ます。意図としない電波法違反を行ってしまってからでは遅いと思います。また、その無
線機を海外で運用する際に各国の法律に基づき資格が必要となります。地域によっては電
波規制がもの凄く厳しいところもありますし、政治的・安全保障的・防諜的に法規制が行
われているやもしれません。こちらでも意図としない犯罪に巻き込まれる可能性もあるの
で、よくよく状況確認の上無線機の運用を行うようお願いします。

 無線業務に若干関係しているので、分かる範囲でお応えします。
 商用VHFというのは、業務用に使う無線機ということを前提にします。
これらの業務用無線は国内使用を前提とするので、電波法の規制を受けます。そして購入時には
電波法の申請(届出)-許可を得てから製造メーカーに発注します。その発注時の仕様書に
使用する電波の型式と周波数、電力などを指定し納入して貰います。メーカーでは
その仕様書に基づき、無線機内部のROMにデータ設定し、各種試験後発注者に納入します。
 従いまして、この...続きを読む

Q430MHz帯のSWR

ダイアモンドのモービルホイップ(SG7500)をベランダに取り付けて、5D-2Vの同軸ケーブルを約13mと、コメットのウィンドウスルーケーブル(CTC-50M)を使っています。

SWR計で、SWRを測定したところ、4以上あるのですが、この環境では、この値は普通なのでしょうか? また、送信機に悪い影響はないでしょうか?

なお、モービルホイップは、ノンラジアルです。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>感電という意味でしょうか?それとも、健康被害を被る恐れがあるという事でしょうか?

感電のつもりで書きました。430MHzの八木、50Wで感電したことがあります。意外と大した事はありませんが、痛いです。私が作業中に送信した馬鹿が居て・・・。

最近そっちの論文は追っていませんが、人体への影響は未だに定説が無いはず。
人体の部分的な温度上昇は実証されています(携帯メーカーのサイトにも情報アリ)し、基準値もありますが、その健康影響までは不明というのが現状だと思います。
変な市民団体の言っているのはスルーして構いません。プロが絶対に使わないような「超高級測定器」で測ってたり。
無線局免許的には、電波防護指針がありますので参考にしてください。

http://www.soumu.go.jp/soutsu/hokkaido/E/Ama/bougo.htm#tuyosa

今回のケース、ホイップの真下との事なので、多分大丈夫だと思います。目の前のベランダに付ける方が危ないです。
が、ビームパターンの資料も無いので実測してみないと断言は出来ません。


>コネクタは確か、5~6年位前に購入し、1個100~200円位だったと記憶しています。

多分、その程度の安物だと430MHzは厳しいでしょう。普通はVHF以下で使うものとされており、例えば、ヒロセ電機製の上限周波数は200MHzです。VSWRが4というと、丁度そんなもんじゃないかなという感じです。
とはいえ例外というものはありまして、東洋コネクタのMP-5SNなど、使えるM型コネクタ(50Ω整合型)もあります。が、特殊品なので高いです。小売だと1200円以上はするようですね。
ですので、普通はN型コネクタを使うことを考えます。これだと、安物でもM型の高級品よりマシな可能性が高いです。

ある店の値段で比較すると・・・
5D-2V両端コネクタ付き、15m
・安物Mコネクタ使用品は4935円
・50Ω整合型Mコネクタ使用品は8558円
・Nコネクタ使用品は7350円

M型で無駄な苦労を背負い込むくらいなら、初めからN型を選択するというのが何となく分かって頂けるかと。、

>設置場所を変える事と、もう少し、コネクタの良し悪しの確認を行い、同軸ケーブル類に問題があるならば、コネクタ付きケーブルの購入も視野に入れて、検討しようと思います。

コネクタ付きでも、Mコネクタにこだわるのであれば、50Ω整合型コネクタを使っているものを選択してくださいね。上記のように、そのコネクタが普通に店で買ってその値段なら、確認するまでも無く駄目でしょう。

じゃあ、何でそんな使いにくいアンテナとか無線機を売ってるのかといえば、使えないことも無いし、それを好む人も居るからです。
またまた蛇足な例ですが・・・プロ用の測定器でも、26.5GHzまで測定するのにN型コネクタ(普通は上限12.7GHz、測定グレードで18GHz)が付いているなんてものもあったりします。これに使えるコネクタ付きケーブルは殆ど存在しませんので、結局はメーカー純正の変換コネクタを使用し、別のコネクタ(3.5mmなど)に変換して使います。
メーカーの営業やエンジニアに何度か指摘してるんですが、そういうニーズがあるんだそうで。

>感電という意味でしょうか?それとも、健康被害を被る恐れがあるという事でしょうか?

感電のつもりで書きました。430MHzの八木、50Wで感電したことがあります。意外と大した事はありませんが、痛いです。私が作業中に送信した馬鹿が居て・・・。

最近そっちの論文は追っていませんが、人体への影響は未だに定説が無いはず。
人体の部分的な温度上昇は実証されています(携帯メーカーのサイトにも情報アリ)し、基準値もありますが、その健康影響までは不明というのが現状だと思います。
変な市民団体の言って...続きを読む

Q無線LANについて(Wi-HIとSIMの危険度の度合の比較)

1 無線LANで株取引はパスワード他情報漏れの危険度については「0」ではないと認識しています。
2 現在「Wi―Hi又はSIM」の選択が可能なタブレットで株取引をしています
3 下記比較「(ア)及び(イ)」について、「一般的な考え」で危険度の強弱についてサポートお願いします
(ア) ①プロバイダー契約している無線通信(J-COM)②「SIM(モバイルネットワーク)
(イ) 旅行中に使う①Wi―Hi、②SIM(モバイルネットワーク)

Aベストアンサー

どれも無線通信である以上、情報漏れは0ではありませんね。

Wi-Fiも一般的にはWPA2という暗号を使用すれば、まず一般レベルではハッキングは出来ません。よっぽどあなたが億単位の株取引を頻繁にされていて、他人から恨みを買うようでなければ、まず心配ないでしょう。

SIMカードによるモバイルネットワークも、同様に暗号化はされていますが、どのように暗号化されているかはSIMカードのモバイルネットワーク回線自体に依存します。どこが良いとは言えません。

結論から言うと、もしあなたが心配症で少しでも情報漏洩を防ぎたいのであれば、無線通信を使うタブレットでの株取引は諦めざるをえないと思いますし、最低限暗号化されているのであれば、無線からの情報漏洩はまず無いでしょう。
それよりも、タブレットにウイルスやハッキングソフトを仕込まれて、そこから情報漏洩するリスクのほうがはるかに高いです。これは、無線有線関係なく、インターネットに繋がっていれば可能性は0とはいえませんし、無線通信自体を傍受して暗号解読するよりも、格段に可能性が高いと言えます。

ちなみに、Wi-HIではなくWi-Fi(ファイファイ)ですので、お間違いのないよう。

どれも無線通信である以上、情報漏れは0ではありませんね。

Wi-Fiも一般的にはWPA2という暗号を使用すれば、まず一般レベルではハッキングは出来ません。よっぽどあなたが億単位の株取引を頻繁にされていて、他人から恨みを買うようでなければ、まず心配ないでしょう。

SIMカードによるモバイルネットワークも、同様に暗号化はされていますが、どのように暗号化されているかはSIMカードのモバイルネットワーク回線自体に依存します。どこが良いとは言えません。

結論から言うと、もしあなたが心配症で少...続きを読む

Q受信機9R59Dでアマチュア無線を聞いています。    10MHzから

受信機9R59Dでアマチュア無線を聞いています。    10MHzから上の感度に少々不満足です。
そこで、各バンド18、21,24,28MHzで簡単なプリアンプを製作しまして切り替えて使って
いますが、切り替えなしでHF全バンドで使えるプリアンプは作れませんか?

Aベストアンサー

短波受信機の感度を補う広帯域プリセレクターアンプというのがあります、これは高感度のFETプリアンプに同調用の5連バリコンで、目的周波数にあわせて目的の信号を、浮かび上がらせる補助的な回路です、昔は高性能FETで回路を組み、自作トランジスタ短波受信機につけていました、最近のHFアマチュア無線機は半導体素子の高性能化、デジタル技術であるPLL回路のVFOに伴い、トリプルコンバージョンのゼネラルカバレージ受信機能で、ローバンドから30メガヘルツまで、連続受信、オールモード受信ができます、そしてバンドパスフィルターとしてこのプリセレクター回路が組み込まれていますので、高感度、高選択度、高安定度、です、しかし、オール真空管式のこれらのトリオ製短波受信機は感度が悪いシングルコンバージョン回路で、親受信機としてつかい14メガ、21メガ、28メガはクリスタルコンバーターをつなげてダブルコンバージョンにして感度を上げてくださいと案内がされています、プリセレクター回路を自分で自作して組み込むのが一番でしょう、但し広帯域プリアンプは異常発振はしやすく、雑音が増える、ハイパワー局が出てくると感度抑圧現象が起こりやすくなります、面倒でもバンドごとに専用プリアンプ回路に切り替えたほうが、よいでしょう、

短波受信機の感度を補う広帯域プリセレクターアンプというのがあります、これは高感度のFETプリアンプに同調用の5連バリコンで、目的周波数にあわせて目的の信号を、浮かび上がらせる補助的な回路です、昔は高性能FETで回路を組み、自作トランジスタ短波受信機につけていました、最近のHFアマチュア無線機は半導体素子の高性能化、デジタル技術であるPLL回路のVFOに伴い、トリプルコンバージョンのゼネラルカバレージ受信機能で、ローバンドから30メガヘルツまで、連続受信、オールモード受信ができます、そして...続きを読む


人気Q&Aランキング