わたしの母は最近クモ膜下出血になりました。手術は成功して、退院まですることができたのですが、くも膜下出血のヒトは、早く死にやすいと言うことを
聞きましたが本当でしょうか?
長生きしても6年しか持たなかったとか聞いてきたので心配です。
まだ母には頼らなければならない(?)歳なので教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 くも膜下出血は「脳卒中」の症状の一つです。

それによってその部分の脳細胞が死滅していまい機能しなくなってしまいます。この症状が進んでいた場合、手術などをします。そして手遅れの場合に死にやすいと言う事です。

 ただあなたのお母さんの場合、手術も成功している事から早死にというのはどうでしょうか? ちょっと極端すぎるのでは?

 これからの事を言えば、まず死滅した脳細胞ですが、損傷した脳細胞は回復はしませんが、それまで使われる事のなかった脳細胞が動き出し、損傷した部分を補い始めるのです。

 そしてそこから先はリハビリが必要ですが、脳の機能の回復を早める為にも、毎日根気よく行なう事が必要です。リハビリ中も最初はあなたが一緒になって行なう事がよいのですが、徐々に出来るだけ本人に自力で行なわせる事が前提で、あなたが母に対しては最低限の手助けをする方が良いと思います。そうする事により回復は早くなります。

 あとは、食生活で栄養面に気をつければ、大丈夫だと思います。


 ただ、回復と言ってもあくまでも日常生活が出来るという所までなのでそれ以上はちょっと難しいと思います。その辺は担当医に聞けば教えてもらえると思います。

 最後に、貴方もお母さんもお互いに体には気を付けて下さい。貴方の歳はわかりませんが、出来得る限り、お母さんの手助けになってやってください。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

食事面ですか・・。
そうですねいつも甘いものを食べてるような気がします。
私は、将来管理栄養士しになりたいと考えているので
そういうところを一生懸命勉強したいです。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/03/24 13:51

私の祖父は、43才のときにクモ膜下で倒れましたが、


このあいだめでたく喜寿を迎えました。
…ってことはその後34年生きていますね。
運が良かったこともありますが、
リハビリも相当がんばったようです。

この回答への補足

リハビリ・・?
そんなのやってたかな?
やっぱり運ですね。
どうもありがとうございました。

補足日時:2002/03/24 13:52
    • good
    • 10

こんばんは。

sunukoさん。大変でしたね。
お母様の手術が成功し、退院なさって何よりです。
私も同じ経験をしたので、思わず回答させて頂きました。

私の母は私が中学1年生の時、クモ膜下出血になりました。
私の母も幸い手術は成功しましたが、何らかの後遺症は
残るだろうとお医者さんに言われました。
退院して間もない頃は言語障害が激しく、自分の思っている事が
言葉に出来なくて辛かったようです。しかし、それも時が
経つにつれだんだん治っていきました。まだ少し話しにくい
時もあるようですが、日常生活には困らない程度です。
母には頭の中にもう一つ瘤があり、それは脳の大事な部分にある
ので、手術することは出来なくてそのままなんです。
それが破裂した時はもうダメだろうと当時言われていましたが、
母がクモ膜下出血で倒れた時、中学1年生だった私が今は24歳です。
もう10年以上生きています。必ずしも私の母のような事が他の
同じ病名の患者さんに当てはまるとは言えないのですが、長生き
出来ないと言う事はないと思います。
少しでも私の経験が参考になれば幸いです。
    • good
    • 6

 私の知っている人は、退院後10年以上生きています。

(確か、年齢は60才です。)本当に長生きできないのかどうかは、知りません。ごめんなさい。

 でも、知らなくていいと思っています。お母さんを大事にして下さい。
    • good
    • 8

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • くも膜下出血<脳・神経・筋の病気>の症状や原因・診断と治療方法

    くも膜下出血とはどんな病気か  脳は図9のように外側から硬膜(こうまく)、くも膜、軟膜(なんまく)の3枚の膜でおおわれています。くも膜の下(内側)には脳脊髄液(のうせきずいえき)という液体がありますが、この部分に出血するのがくも膜下出血です。働き盛りの人に起こり、死亡率も高い病気です。 原因は何か  いちばん多いのは、脳の動脈がこぶのようにふくれてそれが破裂する、脳動脈瘤破裂(のうどうみゃくりゅうはれつ)...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qくも膜下出血の再発の可能性について。

主人が2年前にくも膜下の手術をしています。(クリッピングしました)
これと言った後遺症もなく、仕事にも復帰したのですが、最近、長い時間上を向くと、頭が痛いと言うようになりました。また、考え事をすると、頭を押さえています。
本人は「大丈夫」と言うのですが、とても心配です・・・。
一度、くも膜下をやると、再発の可能性は高いのでしょうか?
また、定期的に脳神経外科で、検査した方が良いのでしょうか?
(手術を受けた病院からは1年前に「卒業」と言われたそうです)
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

くも膜下出血で後遺症を残さなかったのは幸いでした。統計によっては死亡率は50%以上とも言われています。ご存知とは思いますがくも膜下出血は脳動脈瘤の破裂により起こります。脳動脈瘤の手術がうまくいけばそこから再出血することは極めてまれです。もしあれば症例報告されるくらいです。手術した部位以外に脳動脈瘤があれば説明があるはずです。一般的には手術前に頭蓋内すべての血管を調べます。動脈瘤が新生することもないわけではありませんがこの確立はくも膜下出血の既往とは統計的に有意差はないと思います。
くも膜下出血は突然起こる激しい頭痛が特徴で頭位によって生じたり時々起こるという事はありません。文面からはくも膜下出血の可能性はありません。髄液の貯留や膿瘍を作ったりすることがまれに報告されていますのでCTは受けておいたほうがよいと思いますが改善してしまえば放置でもかまいません。
2年前の手術でしたらMRI対応のクリップが使用されていると思われますのでMRI血管撮影をうけておけば脳動脈瘤の新生については安心できると思います。

Qクモ膜下出血 手術後の異変

今年、4月の始め 母がクモ膜下出血により倒れました
不安で仕方なく、ネットで病気や同じ症状で困ってる人の意見を読んだりしたのですが、同じ症状での情報が見つけられなかったので
母の状況を細かく説明した上で相談にのって頂きたいと投稿しました 

母の状態ですが手術(クリッピング)は成功し、最初、1日おいて次の日には目を覚ませるであろうと言う医者のお話でした
ですが、安全にという事で麻酔で眠らせて実際に目を覚ましたのは3日後でした

最初は意識は取り戻したものの目を開けられず私が話しかけると小さくうなずいてくれる程度でした
翌日の朝になると目もあけられるようになり、会話もできました
この時点ではまったく問題なく会話ができました

その日のお昼の面会に顔を出すと会話はできたのですが何か少し記憶が混乱しはじめていて、私が母に謝った言葉にたいし
「同じ事を前にも言っていた人がいるよ 確か・・(私の名前)って言ったかな 北海道に住んでいてね、君のひとつ上にいるはずだよ。」
なんて話はじめました 実際私に兄はおらず多分、私の事をいっていたと思います(以前私が同じように母に謝った事があったので)
夜の面会では更に話が混乱していて会話が少しずつかみ合わなくなりました

次の日、その次の日と徐々に会話がかみ合わなくなっていき
私の名前も出ない時、弟の写真を見ても誰なのかがわからない状態になりました
お医者さんや看護師の方にきくと手術後はよくある事だと言われましたが1ヶ月たった今でも状態はかわりません
自分の名前も言えない事もあったりします
例えば好きな食べ物を聞くと食べ物を答えるのですが、そこからその食べ物の名前が人の名前になってしまって
そこから話がどんどんずれていくような感じだったりします(記憶を無理やりつないで会話をつくっているような)

合併症で脳梗塞をおこし、片足が不随になってしまいました
記憶に関しては脳梗塞を起こす前と後では特にかわりありません

これは認知症なのでしょうか?それとも別の病気なのでしょうか
どなたか似たような経験、小さな事でも情報があればお願いします
本当に心配です ぜひとも参考にさせて頂きたいので沢山の回答をお待ちしております

今年、4月の始め 母がクモ膜下出血により倒れました
不安で仕方なく、ネットで病気や同じ症状で困ってる人の意見を読んだりしたのですが、同じ症状での情報が見つけられなかったので
母の状況を細かく説明した上で相談にのって頂きたいと投稿しました 

母の状態ですが手術(クリッピング)は成功し、最初、1日おいて次の日には目を覚ませるであろうと言う医者のお話でした
ですが、安全にという事で麻酔で眠らせて実際に目を覚ましたのは3日後でした

最初は意識は取り戻したものの目を開けられず私が話...続きを読む

Aベストアンサー

 お母様の病状については治療にあたってきた主治医の先生が最も詳しいと思いますので、主治医の先生から説明を受けられるのがベストだと思います。

 一般的なお話をすれば、くも膜下出血を発症すると1/3の患者さんは命が助からず、1/3の患者さんは命が助かっても後遺症を残し、残りの1/3のみが元通り社会復帰できる・・・と言われており、いつもそう説明させて貰っています。

 くも膜下出血が怖い病気であると言われるのは、突然死のリスクがあるということも勿論理由の一つですが、発症後4-14日目に遅れて起こってくる脳血管攣縮(れんしゅく)があるからだと思います。脳血管攣縮とは、出血の影響により上記の期間に脳血管が収縮して細くなってしまい脳細胞に酸素や栄養が送られず脳梗塞になってしまう病態を指します。発症後や術後暫くは元気に喋ることができていても、脳血管攣縮期に入ると意識状態が悪化して手足の麻痺なども生じ、それが続けば脳梗塞となり重篤な後遺症を残したり、或いはときには命を落とすことさえもあります。そしてこの脳血管攣縮に対する絶対的な治療法は残念ながら今日現在でも確立されていません。

 ご質問の文章から推察するに、お母様の脳梗塞は脳血管攣縮によるものでしょう。現在の症状からすると、手足の障害の他に物事を認知したりする能力にも障害が生じてしまった可能性はあると思います。

 しかしまだ発症後1ヵ月ですから、現在の状態が改善してくる可能性はまだあると思います。また、くも膜下出血後のもう一つの合併症である正常圧水頭症を現在併発しているのであれば、そちらについては治療の方法があります。

 以上より、「これは認知症なのでしょうか?それとも別の病気なのでしょうか」に対する回答としては、

 現在の状態はくも膜下出血によるものであり、さらに細かく言えば、出血時のプライマリーの脳の損傷による症状か、脳血管攣縮による脳梗塞に起因する症状、或いはくも膜下出血後の正常圧水稲症による影響が原因として考えられると思います。現在の症状がこのまま後遺症として残る可能性もありますが、発症後3か月~半年位までは症状が改善してくる可能性がありますし、正常圧水頭症であれば手術による治療法という選択肢もあると思います。お母様の今後の経過については、実際に診察させていただいたり、CT所見などを拝見させていただかないとなんとも判断のしようがないので、やはり主治医の先生にお聞きになられるのが良いでしょう。

 お母様の病状については治療にあたってきた主治医の先生が最も詳しいと思いますので、主治医の先生から説明を受けられるのがベストだと思います。

 一般的なお話をすれば、くも膜下出血を発症すると1/3の患者さんは命が助からず、1/3の患者さんは命が助かっても後遺症を残し、残りの1/3のみが元通り社会復帰できる・・・と言われており、いつもそう説明させて貰っています。

 くも膜下出血が怖い病気であると言われるのは、突然死のリスクがあるということも勿論理由の一つですが、発症後4-14日目に遅れ...続きを読む

Qくも膜下出血で入院~手術~退院の期間について

くも膜下出血に襲われ、幸運にも一番軽い症状で退院できるくらいまで回復できたケースについてお尋ねします。

1)頭痛で救急車を呼んだ場合、手術は即行われるのでしょうか?

2)手術には何時間くらいかかりますか?

3)初めに意識を取り戻すのは手術から何時間後くらいでしょうか?

4)退院できるのは入院からどれくらい後でしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

知人がくも膜下出血を患いました。

軽い頭痛と寒気で病院へ→レントゲンでくも膜下出血が判明→そのまま入院、手術→約2週間ICU→一般病棟1週間位→退院。

幸い軽度のものだったので、退院後1年位で社会復帰しました。
手術時間や意識回復時間は?ですが、くも膜下出血は、発見が早ければ早いほど良いそうです。

Q「くも膜下出血」後の性格の変化ってありますか?

実は私の主人は昨年の2月に「くも膜下出血」になり、治療の甲斐もあって
何とか見た目の後遺症も無く、少し物忘れがある程度で現在に至っております。
特に手足に不自由もなく、言語もよく口も回っているようなんですが・・
時々、大した事でもないのに怒鳴りちらして私を凄く攻めるのです!
言うことなすこと揚げ足を取り、話も一貫性が無く、同じことの繰り返しで攻めてきます。
もうそうなったら、私がその場を去るまでいい続けて、押さえが利かないと言いますか・・。

昔から喧嘩をしたときには口は達者なほうだったのですが、
最近は、たとえ夫婦間でも言ってはいけない事とかも平気で口にするので呆れています。
こんな事言うか?みたいな事でも平気で言いますし。

夫婦でも、やはりお互い他人ですし、言いたいことを何でも言えば終わりで・・
一度口から出た事というのはもう無かった事には出来ませんのでどうしたものかと。
事あるごとに私の親の事を卑下し、
「お前の親を見たら解るだろ?お前はソックリでないか!」と言うのです。

実は私は、実家の両親とは特に父親と折り合いが悪く、もう何年も絶縁状態で会ってません。
私自身、実の親ではありますが自分にとっては恥ずかしい親で、性格も否定しているので、
その親に似ていると言われるととても辛いのです。

主人は病気をする前は、外に女性が居たので私と話をする機会もあまり無かったのですが・・
病気をきっかけに浮気がバレて家に居つくようになったせいかもしれませんが、
昔はこんなに頑固で常識のない人では無かったような気がします。

やはり病気のせいで性格まで変わってしまったんでしょうか?
「くも膜下出血」あるいは、知り合いに頭の病気を患った方で、
性格が変わったとの話を聞いた事のある方は教えて頂きたいです。

実は私の主人は昨年の2月に「くも膜下出血」になり、治療の甲斐もあって
何とか見た目の後遺症も無く、少し物忘れがある程度で現在に至っております。
特に手足に不自由もなく、言語もよく口も回っているようなんですが・・
時々、大した事でもないのに怒鳴りちらして私を凄く攻めるのです!
言うことなすこと揚げ足を取り、話も一貫性が無く、同じことの繰り返しで攻めてきます。
もうそうなったら、私がその場を去るまでいい続けて、押さえが利かないと言いますか・・。

昔から喧嘩をしたときには口は達者なほ...続きを読む

Aベストアンサー

すごく悩んで、戸惑っているのが伝わってきます。
他のアンサーの通り損傷部位によって性格変化はありえます。リハビリの最中には良くあることでもあります。それは今まで出来たことが急に出来なくなって自分でもどうしたら良いか戸惑っているということも多くあります。リハビリを経てだんだんと落ち着きを取り戻すことも多いので今は一時的なことと割り切るのもいいのではないでしょうか。
あまりにひどい状況なら主治医に相談してみることをおすすめします。
ご主人は発病前は奥様にとってどんな人だったのでしょう?病気というものの予後は実は発病前にどんなだったかで大きく違うのです。自分を大切になさってください。

Qくも膜下大動脈瘤破裂で命は助かったのですが、回復は可能ですか

私の妹(42才)が今年の5月にくも膜下出血で倒れ、生存の確率は数パーセントと言われましたが、危機から生還しました。右半身は一生不随だと言われましたが、自分で無意識のままリハビリを行った結果、少し動くようになりました。しかし、脳機能は未だ回復しません。言葉が話せないだけでなく、家族の認識も無く、0才児のようです。病院からは、意思の疎通が出来ないのでリハビリも出来ないと言われ、また、三ヶ月以上病院には入院することが出来ず、退院を迫られました。現在は一生面倒見てくれる認知症の病院に入院しておりますが、全く脳のリハビリはしてもらえません。ただ、痛い、恥ずかしいというような態度はできるので、少しは感情があるのかなあと思うのですが、看護婦は条件反射であり、本人は暑い寒いもわからないだろうというのでが、私はそうは思えません。どうか私の妹を救える方法を教えてください。まだ40才あまりの若さで廃人となった妹は、このまま生きていかなければならないのでしょうか。私は奈良市に住んでおりますが、どこか良い病院はありませんか。どんなご意見、体験談でもかまいません。教えてください。

私の妹(42才)が今年の5月にくも膜下出血で倒れ、生存の確率は数パーセントと言われましたが、危機から生還しました。右半身は一生不随だと言われましたが、自分で無意識のままリハビリを行った結果、少し動くようになりました。しかし、脳機能は未だ回復しません。言葉が話せないだけでなく、家族の認識も無く、0才児のようです。病院からは、意思の疎通が出来ないのでリハビリも出来ないと言われ、また、三ヶ月以上病院には入院することが出来ず、退院を迫られました。現在は一生面倒見てくれる認知症の病...続きを読む

Aベストアンサー

専門家のはしくれとして,救急医療も遷延性意識障害患者の治療も経験してきた者としてまずどうしても理解して欲しいことがあります.転院を迫られたことや慢性期病院でリハが無いことにご不満があるようでそれはもっともな事だと思います.
 しかし,医師は日本の制度の中で最善を尽くしており,転院させざるを得ない制度を強いているのは国であるということを忘れないで下さい.実際植物状態の患者が3ヶ月以上も救急病院に居たら,急病の患者が入れなくなります.医療の器の大きさは有限のものであり,患者や家族のご不満はそれに納まりきれない有る意味エゴの部分もあることを自覚して欲しい.なにせ莫大なお金を使っても全くと言っていい程症状改善が無いことが分かっている疾患なのです.
 そして,日本の制度はこれでも世界の中では遷延性意識障害の患者を支えている方であるのもまた事実です.ほとんどの国が植物状態しか見込めない患者に高額な手術や薬剤を認めていません.アメリカなら自己負担が払えない患者は最初から治療なし,ヨーロッパでも植物状態の患者への栄養補給や脳死患者の人工呼吸器を政府が法律で止める所もあるのです.途上国ならそもそも脳外科がありません.

 それはそれとして患者さん達も支えあい,情報交換されているようです.参考URL参照してください.
 
http://www6.plala.or.jp/brainx/recovery2000.htm
↑ここにある「遷延性意識障害の回復例」についてはそもそも回復の程度が極めてわずかのものが多く,治療と症状改善の因果関係もあきらかでないものがほとんどで,中には有効性が無いことが後に分かっている薬剤の情報も混じってます.

 若干のわずかな症状改善は年齢からもありえると思いますが,元通りにというのは無理でしょう.(診察しないと断言できませんが)

なお,感情については看護婦より質問者の意見の方が有力だと思います.自我や感情を司ると言われる大脳基底核は比較的ダメージに強く最後まで残りやすいのです.ちなみに最もダメージに弱いのは短期記憶を司る側頭葉の海馬と呼ばれる部分です.

参考URL:http://www2.odn.ne.jp/aau81720/

専門家のはしくれとして,救急医療も遷延性意識障害患者の治療も経験してきた者としてまずどうしても理解して欲しいことがあります.転院を迫られたことや慢性期病院でリハが無いことにご不満があるようでそれはもっともな事だと思います.
 しかし,医師は日本の制度の中で最善を尽くしており,転院させざるを得ない制度を強いているのは国であるということを忘れないで下さい.実際植物状態の患者が3ヶ月以上も救急病院に居たら,急病の患者が入れなくなります.医療の器の大きさは有限のものであり,患者や家...続きを読む

Qくも膜下出血・・・退院後

数か月前にくも膜下出血になり、2回の手術後
見た目的には何の後遺症もなく、無事退院致しました。

現在、退院して10日ほどですが、まだ若干
動くと疲れる。
早く歩いたり出来ない。
たまに、縫った場所?が痛むときがある・・・


ぐらいの症状で、それ以外は至って普通に過ごしております。


見た目には至って普通に戻りましたので
家事などは休みながらこなしております。
また仕事が自営業なので、事務などは再開しました。

ただ、そんな感じで普通に色々やってしまっているので
夫も倒れた時の事をもう忘れてしまったのか。
色々、家事や仕事の事を倒れる前と同様に私に頼って来ます。

また、疲れて横になっていたりするのも、最近では
『だらだらしてる』などと言われてしまいます。
倒れる前も、色々問題があったりしたのですが。


くも膜下出血は、ストレスなども多少影響すると
こちらでも読んだりしたのですが。
以前と同じようなストレスのある生活だと
再発の恐れなどはあるのでしょうか?

また体が大丈夫だとはいえ、退院して10日ぐらいですが
倒れる前の仕事や家事など、こなせれば
動き回っても大丈夫でしょうか?
自分の体の事ですが、多少疲れやすい事以外は
普通にこなせるので・・・動いてしまいます。

病院の先生も、普通の生活に戻ってOKと言われたので。

倒れる前の生活はストレスも多く、夫からの
暴言などで辛い思いもしました。それが原因では無いとは
分かっていますが。

現在、またそのような生活に戻りつつあります。

体が大丈夫なら、退院して10日ぐらいですが
動き回っても大丈夫なのか。。。?

くも膜下になってしまった方で、以前と同様になるには
どれぐらい気を付けて過ごされましたか?
すぐに大丈夫なら仕事なども再開されましたでしょうか?

動いていて、不安になる事もあるので
ご回答よろしくお願いいたします。

数か月前にくも膜下出血になり、2回の手術後
見た目的には何の後遺症もなく、無事退院致しました。

現在、退院して10日ほどですが、まだ若干
動くと疲れる。
早く歩いたり出来ない。
たまに、縫った場所?が痛むときがある・・・


ぐらいの症状で、それ以外は至って普通に過ごしております。


見た目には至って普通に戻りましたので
家事などは休みながらこなしております。
また仕事が自営業なので、事務などは再開しました。

ただ、そんな感じで普通に色々やってしまっているので
夫も倒...続きを読む

Aベストアンサー

普通の生活に戻って大丈夫ですよと言われているとのことですが、普通の生活ってどんなイメージでしょうか? 多分、ストレスを避け、疲れたと感じたらすぐ休憩をして、ムリに頑張ろうとせずにほどほどに、体力回復などのためにぶらぶらと散歩といったイメージだと思います。

そして、退院してすぐ普通の生活ができるとはみんな考えていないので、普通の生活を目指して少しずつ動く量や仕事の量を増やしていきましょうということだと思います。またお仕事にすぐ復帰した場合であれば、仕事はするが、そのためには他で体力を使わないように温存して気を付けながらしていくというぐらいでしょうか。

これらの前提として、入院中にいくら病院の中を自由に動き回っていたとしても、自分の身の回りのことや食事の片付けすらもあまりしなくていいため、結局は、自宅で布団を敷きっぱなしで安静にしているのと同じ程度ぐらいの活動量やストレス具合だったりしますので、長期間入院していて、退院してわずか10日ぐらいであれば、何をやってもしんどいと思います。

このような状況なのにムリして動くと、病気そのものでなくても体調を落としかねないので、普通の生活ができるようなリハビリが家の中で必要と思います。そのため、疲れるか疲れないかぐらいを目安に少しずつ動く量を増やしていくのがよいように思いますし、疲れたと感じたときは短時間でも良いのでゆったりとして疲れをとることも必要だと思います。

普通の生活に戻って大丈夫ですよと言われているとのことですが、普通の生活ってどんなイメージでしょうか? 多分、ストレスを避け、疲れたと感じたらすぐ休憩をして、ムリに頑張ろうとせずにほどほどに、体力回復などのためにぶらぶらと散歩といったイメージだと思います。

そして、退院してすぐ普通の生活ができるとはみんな考えていないので、普通の生活を目指して少しずつ動く量や仕事の量を増やしていきましょうということだと思います。またお仕事にすぐ復帰した場合であれば、仕事はするが、そのために...続きを読む

Qくも膜下出血の術後について

今月の15日に、母がくも膜下出血で入院となりました。翌日にクリッピングの手術を受けました。幸い病院に行くのが早かったこともあり、現在は、攣縮などもなく順調のようです。わたしは現在、離れたとこに住んでいてどうしてもすぐには母のところに行けなかったのですが、今日はじめて電話で、話をしました。すると、くも膜下出血になる前は、早口でしゃきしゃき喋るはずの母が、ゆっくりと、なんというか、タレントの山口もえさんみたいな喋り方になっていたのです。元気なときのイメージしかない私には、大変ショッキングでした。術後も順調と聞いていたので安心していたのですが・・・。これはやはり脳に何らかのダメージがあるからなのでしょうか?それともまだ術後それほだたっていないからなのでしょうか?これから徐々に元に戻ることができるのでしょうか?年末には母のところに帰れるのですが、実際母を見ると、さらにショックを受けそうで怖いです。

Aベストアンサー

脳血管れん縮は出血後4日から14日に発症する場合がほとんどです。ここまでの経過が順調とはいえ八日目なら安心するのは時期尚早と思います。現在も神経症状が出るほどではないとはいえ、必ず脳全体の血管が通常より細くなっており、会話や記憶などの高次機能の低下はあって当然で八日目で電話で会話ができるというのはくも膜下出血としてはもっとも経過のよい部類だと思います。
最初の二週間が過ぎたら生命や機能予後については安心できる状態、血管が徐々に拡張して高次機能が本調子になるのは一ヶ月から3ヶ月程度はかかると思います。(その間も日常生活は十分に可能です)二週間のヤマさえ超えれば症状は必ず軽くなります。
水頭症の可能性などについては情報が無いので主治医に聞いて下さい。

Qくも膜下出血の後遺症

60歳の母が11月13日にくも膜下出血で倒れました。
グレード4で出血量が多く命の危険があると言われましたが、
クリッピング手術を行い、11月24日現在は目を開けて私を見たり、
とても聞き取りにくいですが会話をしたり、
ゼリー等を食べたり、支えられながら歩いたり出来るようになりました。
まだ一日のほとんどは眠っているような状態ですが、病院のみなさんには「驚きの回復ですよ!」と言われています。

しかし、まだ「普通の人」にはほど遠い状態です。
特に会話内容が支離滅裂になるのが気になります。
「お母さんの名前は?」と聞くと「なんだったかな・・・カメリア」と言ったり(実際はヒロコ)
「そうだっけ?ヒロコじゃない?」と聞くと「なんとなく違うと思う」など・・・
「お母さんの得意な料理は?」に作ったことのない料理をあげたり、
さっきまで「おいしい」と言って食べていたゼリーを二口目には「なんかおいしくないね」と言ったり。
家族以外の人のこともわからないようです。

母が回復してきているのはとても嬉しいのですが、このまま普通に会話できない状態が一生続くのかもしれないと思うととても不安になります。

ネットで見られるくも膜下出血の情報はほとんど見つくしました。
次は、実際にくも膜下出血を体験された、あるいは家族がくも膜下出血になったという方々のお話を伺いたいです。
どんな後遺症が、いつぐらいまでありましたか?
現在はどういった症状が残っていますか?

なんでもいいので、教えていただければ嬉しいです。

60歳の母が11月13日にくも膜下出血で倒れました。
グレード4で出血量が多く命の危険があると言われましたが、
クリッピング手術を行い、11月24日現在は目を開けて私を見たり、
とても聞き取りにくいですが会話をしたり、
ゼリー等を食べたり、支えられながら歩いたり出来るようになりました。
まだ一日のほとんどは眠っているような状態ですが、病院のみなさんには「驚きの回復ですよ!」と言われています。

しかし、まだ「普通の人」にはほど遠い状態です。
特に会話内容が支離滅裂になるのが気になります。
「...続きを読む

Aベストアンサー

私の母は昨年六月に70歳同じくグレ-ド4で
クリッピング術にて命を取り留めました。
術後のスパズムも無事に乗り越えましたが、
FNGK様のお母様同様術後からすっと不安な
日々を過ごしました。
もちろんパソコンで色んな情報を検索しました。

医者ではないので正確なことや専門用語は
分かりませんが私の母も術後から娘や孫の
名前を言えなかったり・・・・
リハビリを始めてもたった四枚の神経衰弱が
出来なかったり、時計が読めなかったりと
もう数え上げたらきりがないほど助けてもらった
有難い気持ちも忘れ悲しみにくれたほどでした。

もう少し時間をかけてリハビリ等が始まれば
お母様もきっと回復してくると信じて頑張って下さい。
もし無理でもこれからのお母様を受け入れてあげて
下さい。
本当に脳の病気は回復が分からず不安になることは
多いと思います。
気を落とさずにとお声かけしたくて回答させて頂きました。

ちなみ母はいまでは家族全員の名前、孫の名前はもちろん
色々な昔話まで思い出していますよ
倒れた当時の記憶はありますが、三ヶ月間入院してた病院や
その他諸々半年近くの意識はあまりないようです。
今では笑い話になることも多々
あの日から一年半で今のような事態は想像できませんでした。
もちろんくも膜下で母が倒れることも想像できませんでしたが・・・
後遺症としては日にちが分からない、忘れやすい、とっさの判断に
困る、多少のろれつが・・・くらいだとおもいます。
まぁ年齢から考えれば徐々に進むものかもしれません。


ちなみに不安がらせるわけではありませんが、この病気は遺伝も
少なからずあるようです。
我が家も母の子供5人で脳ドックを受けました。
うち一人に脳動脈瘤がみつかり今年の夏に姉がコイル塞栓術にて治療しました。
これからも母の身をもっての教訓を生かし定期的な脳ドックはしていく
つもりですよ

私の母は昨年六月に70歳同じくグレ-ド4で
クリッピング術にて命を取り留めました。
術後のスパズムも無事に乗り越えましたが、
FNGK様のお母様同様術後からすっと不安な
日々を過ごしました。
もちろんパソコンで色んな情報を検索しました。

医者ではないので正確なことや専門用語は
分かりませんが私の母も術後から娘や孫の
名前を言えなかったり・・・・
リハビリを始めてもたった四枚の神経衰弱が
出来なかったり、時計が読めなかったりと
もう数え上げたらきりがないほど助けてもらった
有難い気持ち...続きを読む

Qくも膜下出血、退院後の生活

幸いにも、後遺症もなく普通に暮らせるようになりましたが、退院して、もうすぐ1ヶ月です。ところで、くも膜下のような、脳神経の術後、お酒やビ-ルなど、 アルコ-ル類は飲んでもいいんでしょうか?どれくらい経てば、飲み始めていいのでしょうか?飲まない方がいいんでしょうか?どなたか、教えてください。

Aベストアンサー

退院できてよかったですね。

まず、結論的にはこのような場では今のhi65さんの質問に明確に回答出来る方はいないと思います。

状況、程度、現在の処方他不明点が多すぎ
かつ、無責任なアドバイスもできません。
1ヶ月ということであれば、まだ定期的に通院していますよね?
ドクターに聞いてみてはいかがでしょうか?

我家の親父は随分前ですが同じ状況になり、2ヶ月ほど入院しましたが、退院後1年は自主的に酒は絶っていました。(医者からどのようなアドバイスがあったか不明ですが)

体質的なもの生活習慣的なものも起因する場合もありますので。

Qくも膜下出血の再発について

15年前にくも膜下出血になり、半身不随と言語障害が残った母がいます。
今は支援センターで楽しく生活しています。
天気のいい日は一人で散歩もしたり、ふうせんバレー大会に出たりと精力的に活動しています。
私は月に1~2度、時間が空けば顔を見に行く・見せに行く感じです。

母には姉がおります。
姉は結婚しています。とても近所に住んでおり、妹を溺愛しているとよく言います。
しかし、会いに行くのは年に1度あるかないかくらいです。
さらに、夫婦のあいだの一人息子は、母が病気になってから10年以上会っていません。

理由は、「興奮してまた血管が切れたりして、植物状態などになったら、自分を責めるから」だそうです。

おば一家の考えが一致している為、母は親戚関係にも友人にも10年以上会っていません。

一生死ぬまで会わせないつもりのようです。
私は叔母夫婦にもお世話になっているし、母の危篤状態の時私は12歳、それもあり、一番ひどい状態を知りません。
叔母夫婦はそれをいつも持ち出して、「あんたがあの状況を見ててもそれを言えるのかしらね」と言います。
ですが、私に会わせないと決めたのも親戚達大人です。

しかし会わないと言いながらも、いつかは従兄(一人息子)が会いにいってくれる日が来るのだろうと思っていました。
返事は違いました。
「会いに行きたい、でも今後を考えると怖い。だから会いには行かない」と。

母は、今施設で決して不幸せな環境ではありません。
恵まれていると思います。

しかし親戚や友人に会いたいなぁと言うことがあります。
私はその言葉を聞くたびに、一生誰にも会わせられないのかと思うと、何だか悲しくなります。

ドクターは、別に興奮したくらいで血管がすぐ切れることはないと言ってくれています。
にも関わらず、
「人ごとだと思ってそういうこというのよ。もし万が一を想像したらそんなこと言えないでしょう」
と、私に怒ります。

万が一そうなれば、植物状態の母を一生面倒見ていくのは私です。
ただ、叔母夫婦からは、自分たちもこれ以上荷物を背負いたくないという雰囲気を感じます。


母をこのまま一生誰にも会わせずにいて、いいものでしょうか。
くも膜下出血を経験された方、また、再発された方がいらっしゃれば、きっかけや注意点など教えていただけると光栄です。

母は、大きい血管が4本あるうちの3本が切れたそうです。私はそれしか聞かされていないので、曖昧な情報だけですみません。


叔母夫婦は、いつ母が危篤状態になるか分からないんだからと、私に旅行に行くなと言います。
すぐ駆け付けられる距離にいて、何かあったらどうするの?と。

別に今が危篤状態なのに行こうとしているわけでもなければ、たった一回話を出しただけでその言われようでした。
言いたいことは分かります。上記の通りです。迷惑かけないでほしい。

それならそうとはっきり言って欲しいんですが、きれいごとに包んで言うので、余計に滑稽にしか見えません。


話しがそれましたが、くも膜下出血の方の経験談など、聞かせて頂ければ幸いです。
決して症状を軽く見ているわけではありません。

よろしくお願いします。

15年前にくも膜下出血になり、半身不随と言語障害が残った母がいます。
今は支援センターで楽しく生活しています。
天気のいい日は一人で散歩もしたり、ふうせんバレー大会に出たりと精力的に活動しています。
私は月に1~2度、時間が空けば顔を見に行く・見せに行く感じです。

母には姉がおります。
姉は結婚しています。とても近所に住んでおり、妹を溺愛しているとよく言います。
しかし、会いに行くのは年に1度あるかないかくらいです。
さらに、夫婦のあいだの一人息子は、母が病気になってから10年...続きを読む

Aベストアンサー

心配症の家族、親戚はそういう行動を取りやすいですね。
実際の所、医師が説明する通り問題ありませんよ。
興奮したからすぐに血管が切れるのではなく、興奮したために血圧が上昇して血管が切れるのです。
普段から薬などでコントロールできているのであれば問題ないでしょうね。

専門家(医師)の話を「他人ごと」として自分たち「素人の考え」を尊重してる辺り
手のつけようが無いです。
ガンになって「あれが効く」とか「あの人はこれを食べて治ったの!」みたいに根拠の無い理念を押し付けてくるのも同じです。

くも膜下出血は主に動脈瘤などの要因となるものがあります。
手術でそれが排除され、定期検査でも問題無いとされたのであれば通常の方と大差ないです。

ご本人はどう思っているのでしょうか…
施設で「適度の刺激」を受けながら生活されていますが、その人達だってお母様にとっては「友人」ですけどねぇ…
風船バレーなんて楽しんでいたら、多少の興奮もあるでしょうに。

刺激(興奮)の全くない生活は認知症へ一直線ですよ。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング