昔読んだ絵本で、大きなかぼちゃの出てくる本を探しています。題名等は覚えていないのですが、おじいさんが夜に物音がするので畑を見てみると、大きなかぼちゃの中で小人(?)らしき人々が宴会をしていて、お囃子の太鼓が壊れたのでこのおじいさんがどんぐりで太鼓をつくってやるというものです。
 ご存知の方、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

それはこの本に間違いないはずです。



「ちいさなたいこ」 作・松岡享子 絵・秋野不矩 福音館書店 1974年 月刊こどものとも221号

福音館書店のサイトで検索しましたがやはり古い本だけに絶版になっているようです。
しかし「こどものとも」を毎月購入している児童図書館は多いので
1970年頃からある児童図書館や学校図書館を探せば見つかるはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。早速図書館で借りてきました。なつかしい絵で、感動しました。奥付が1994年となっていたので、もしかすると再販されたのかもしれません。

お礼日時:2001/01/06 17:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1歳の女の子にお薦めの絵本、あれば教えて下さい。

友達の娘が1歳になり、誕生日に絵本なんか送れたらいいなと思っています。
1歳なので、ことばを覚えるような感じの絵本がいいのかなあ、って思うんですが、
できれば母親である友達も楽しめるような感じのがないかなあ、って思っています。
何かお薦めの絵本があれば、教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

読み聞かせのボランティアを15年しながら、絵本のアドバイザーをしてるものです。

1歳でしたら、まだストーリー性のあるものより 絵が綺麗なもので、手に取り安いものがいいでしょう。
色々なものに興味を示す時期です。自分で手にとって、口に入れたりパラパラと開いたりして楽しむ時期でもあります。
母親も楽しめるものとありましたが、お子さんが楽しめれば母親は自然と楽しくなるものです。
あくまでも主人公は、1歳のお子さんですから次のようなものがお勧めだと思います。

・いないいないばあ(童心社)735円
これは文字通り、母親の掛け声で進んでいく絵本ですから、お子さんもお母さんも楽しんでいただけると思います。
・じゃあじゃあびりびり(偕成社)630円
この本は、よくお誕生祝いにお勧めする絵本ですが、どの子も大変反応よく喜んでいただけます。赤ちゃんが初めて使う言葉で出来た小さな絵本です。1冊だけのバラでも販売してますが、「あかちゃんのほん第2集」として3冊セットでも販売してます。3冊セットの場合1890円です。他の2冊の本もいい絵本ですよ。
 ・くつくつあるけ(福音館)735円
この本も4冊セットのなっており、「くつくつあるけのほん」2940円としても販売してあります。赤ちゃんが楽しめるように、明快な絵と響のあることばで出来た絵本です。もちろん1冊だけのばら売りもしてます。
・ちいさなうさこちゃん(福音館)630円
これは、昔からあるブルーナの絵本です。大変はっきりとした色と絵で、赤ちゃんには喜ばれています。この本もシリーズが沢山あり、「子どもがはじめてであう絵本第1集」4作セットが一番親しみ安いと思います。4冊セットで2520円です。

他にも色々ありますが、上にあげた絵本はすべて赤ちゃんが手に取り安いように小さめの絵本です。

絵本の贈り物って、一生の宝物になりますよねっ♪
いい絵本を頑張って選んでくださいねっ♪

読み聞かせのボランティアを15年しながら、絵本のアドバイザーをしてるものです。

1歳でしたら、まだストーリー性のあるものより 絵が綺麗なもので、手に取り安いものがいいでしょう。
色々なものに興味を示す時期です。自分で手にとって、口に入れたりパラパラと開いたりして楽しむ時期でもあります。
母親も楽しめるものとありましたが、お子さんが楽しめれば母親は自然と楽しくなるものです。
あくまでも主人公は、1歳のお子さんですから次のようなものがお勧めだと思います。

・いないいないば...続きを読む

Qおじいさんとふくろう(?)が出てくるお話

今から20年くらい前に読んだ絵本です。
記憶があいまいなのです。
覚えているポイントは
・おじいさんとふくろう(?)が出てくる
・おじいさんはおちゃにミルクを入れて飲むのがとても好き。
・ふくろうはおじいさんの家のそばの木の穴に住んでいる
・おじいさんはふくろうを追い出すと牛がミルクを出さなくなる
・最後はふくろうが帰ってきておじいさんはミルクをたっぷり入れたお茶を飲む

覚えている点は以上です。
本の題名が分かれば教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは。本の題名は、「みみずくとおじいさん」ではありませんか?
ビアンキ原作です。うちに本がありました。
おじいさんがみみずくを怒らせてしまったので、みみずくがねずみをとらなくなり、最終的には牧場のクローバーが生えなくなって、牛がミルクを出さなくなるという話です。

Q1歳のお誕生日に贈る絵本について

海外在住、もうすぐ1歳になる娘がいます。大抵のものはこちらでも手に入りますが、日本の絵本だけはやはり入手困難です。赤ちゃん向け絵本は何冊も持ってきましたが、もう少し大人びた(?)絵本も欲しくなってきました。なので、1歳のお誕生日のお祝いに日本から絵本を送ってもらおうと考えています。

本屋さんや図書館で絵本を読みながら選ぶということができないので、1歳の子どもが喜ぶ絵本を教えて頂きたく、質問いたしました。

娘(11ヶ月)の好みは以下です。有名どころの絵本を例に出してみました。

■「じゃあじゃあびりびり」「がたんごとん」のようなオノマトペ系赤ちゃん絵本、「だるまさんが」シリーズのような短めの絵本はもう物足りなくなった様子。

■「うずらちゃんのかくれんぼ」「はらぺこあおむし」のような、少し長めの絵本を好みます。特に「うずらちゃんのかくれんぼ」は隠れているウズラやヒヨコを指差して、褒めてアピールをするほど大好きです。

■「しろくまちゃんのほっとけーき」はまだ早いようです。2歳ぐらいから喜ぶようになるのかな?

■こどもチャレンジの絵本(1歳4ヶ月号まで先に配送済み)は好みませんが、唯一、動物の写真絵本は指差しして喜びます。動物系の絵本で写真が使われているものがあれば教えてください。図鑑は流石にまだ早いと思いますので…


「うずらちゃんのかくれんぼ」「はらぺこあおむし」ぐらいの絵本から、「しろくまちゃんのほっとけーき」ぐらいの絵本までが娘のストライクゾーンなのかな?と思っています。これから成長もするだろうし、少し背伸びをした絵本があってもいいかもしれません。


「きんぎょがにげた」「ピーのおはなし」は候補に入れています。他にも是非お勧めを教えてください。よろしくお願いします。

海外在住、もうすぐ1歳になる娘がいます。大抵のものはこちらでも手に入りますが、日本の絵本だけはやはり入手困難です。赤ちゃん向け絵本は何冊も持ってきましたが、もう少し大人びた(?)絵本も欲しくなってきました。なので、1歳のお誕生日のお祝いに日本から絵本を送ってもらおうと考えています。

本屋さんや図書館で絵本を読みながら選ぶということができないので、1歳の子どもが喜ぶ絵本を教えて頂きたく、質問いたしました。

娘(11ヶ月)の好みは以下です。有名どころの絵本を例に出してみました。

■...続きを読む

Aベストアンサー

「絵本ナビ」で検索してください。

オンラインで、試し読みができる絵本がたくさんあります。

はらぺこあおむしを楽しめて、しろくまちゃんのホットケーキが早い、ということは、
シンプルなストーリーがありつつ、繰り返しや似たような表現が多い絵本がいいのでしょうか。

・あきやまただしの、へんしんシリーズ(へんしんトンネル、へんしんマラソン など)
・五味太郎の絵本(いったでしょ、など)
・ねずみくんのチョッキ

はいかがでしょう?

Qこの物語の題名を教えてください(小人、姿を消せる頭巾)

昭和56~59(1981~1984)年頃、小学校の図書館で借りて読んだものです。
“少年少女世界の文学集”のようなものに収録されていました(出版社は覚えていません。一冊に一作品ずつでなく、何作品ずつか収録されていました。
背表紙の巾が4~5cmくらいあり、表紙の大きさはA4くらいだったと思います)。

題名は「○○と△△」。
○○と△△は外国人のファーストネームで、恋人同士の女性と男性だったと思います。

あらすじは、題名の恋人同士がいましたが、女性のほうがさらわれてしまいます。
館かお城の、自分にあてがわれた部屋にいると、
主の小人が、召使たちに抱えられてやってきます。
(小人といっても、大人の背丈の半分くらいはある感じです。悪人っぽい描きかたでした。)
娘は、好奇心から、思わず小人が頭にかぶっていたものを持ち上げ、
頭をこつんと叩いてしまいます(長いあごひげをひっぱるのだったかもしれません)。
そして自分でもびっくりして、大声をあげます。
すると、小人や召使い達は驚いて、あたふたと部屋から出て行きます。
あとに残った落ちている頭巾(頭巾だったかと思います)は、実はかぶると姿を消すことのできる頭巾でした。
娘はそれをかぶって姿を消します。
話の筋は、ここまでしか覚えていません。
ただ、「館の庭(か近くの森)に、涙で濡れたハンカチが落ちているので、娘が近くにいることが分かりました」というような記述があったのを覚えています。

小人や姿が見えなくなる頭巾といっても、わくわくするようなお話ではなく、
不運な娘が嘆くお話、でも何となく耽美的なムードであるのを、子どもながらに感じていました。

挿絵は白黒で、銅版画ほどではありませんが、細い線で描かれていた記憶があります。

その文学集には、確か「君よ知るや南の国」「即興詩人」「アルプスの少女」「失われた世界」は収録されていたという記憶がありますので、
それらが入っているという点で
小学館の「少年少女世界の名作文学」ではないかと思い、
その中でそれらしい題名「ポールとビルジニイ」を
近くの図書館で借りてみましたが、全く別のお話でした。

借りてみると、小学館のものは、
本の大きさ(縦22cm)も記憶と近いですし、
各ページの行が上下二段に分かれていること、
挿し絵の感じも、何となく覚えがありますので、
昔借りていたシリーズは、小学館のものだったのかもしれません。

この小学館「少年少女世界の名作文学」の、
各巻に何が収録されているかの一覧を見ると、
「何々 何々・ほか」という巻もありますので、
ひょっとすると、その「ほか」の中に入っているのかもしれません。

ただ、今回お尋ねするお話が、
“少年少女世界の名作文学”のようなものに収録されていたということや、
「○○と△△」という題名だということは、
記憶違いなのかもしれません。

どなたか、ご存知の方がいらっしゃいましたら、
是非お教えください。
よろしくお願いいたします。

昭和56~59(1981~1984)年頃、小学校の図書館で借りて読んだものです。
“少年少女世界の文学集”のようなものに収録されていました(出版社は覚えていません。一冊に一作品ずつでなく、何作品ずつか収録されていました。
背表紙の巾が4~5cmくらいあり、表紙の大きさはA4くらいだったと思います)。

題名は「○○と△△」。
○○と△△は外国人のファーストネームで、恋人同士の女性と男性だったと思います。

あらすじは、題名の恋人同士がいましたが、女性のほうがさらわれてしまいます。
館かお城の、自分に...続きを読む

Aベストアンサー

プーシキン作「ルスランとリュドミーラ」ではないでしょうか。
(「ルスランとリュドミラ」という表記の場合もあります。)

国際子ども図書館のウェブサイト
http://www.kodomo.go.jp/resource/search/toc.html
で調べてみたところ、
小学館の「少年少女世界の名作文学」だとすると、
第33巻(ソビエト編1)に入っているようです。

Q1歳児に贈る絵本

1歳の女の子に贈るおすすめ絵本、教えてください。

Aベストアンサー

一歳女児の母です。
うちの娘は1歳前から
「はらぺこあおむし」エリック・カール
「あーんあん」せなけいこ
が大好きです。
何度も読ませられて私は暗記してしまいました・・・。

Qおじいさんと星の話。低学年の教科書にのってた・・

絵本のタイトルが思い出せません。

小学校低学年(13年くらい前)の国語の教科書に載っていました。
おじいさんと、お空の星の話です。
高い煙突から、煙が出て、お星様がひっかかったか、隠れたか。
最後、おじいさんが長ーーいハシゴか何かで煙突にのぼって、
お星様を空に返すんだったかな・・・?

ページいっぱいの夜空が、シンプルな紺色一色だったのが印象的です。
絵はかなりシンプルで、絵の具で書いたようなのではなく、
切り絵?のようなものに近かったと思います。
わたとか、画用紙とか、異素材も使っていた、かもしれないです。

情報が少なく、すみませんが
これで心当たりのあるタイトル、ありませんか?

Aベストアンサー

「けむりのきしゃ」ではないでしょうか。
煙突そうじのおじいさんが、落ちてきた流れ星を
煙突のてっぺんにのせます。
そして、下からまきを燃やして煙突から煙を出し、
星はその煙にのって空へ帰っていく・・・というお話です。
いかがでしょうか。あってるといいのですが^^

Q友達子供で、1歳の女の子への絵本のプレゼント

1歳の女の子だと、どんな絵本がいいでしょうか?文字がない方がいいですか?
「ぐりとぐら」あたりでも、平気でしょうか。先々読めるようになるのは、だいたい何歳くらいなのでしょうか?
遠方にいるので、郵送する予定です。

Aベストアンサー

私のおすすめはエリックカールさんの「はらぺこあおむし」です。1ページ1ページ分厚くて、しかけもあって、色も鮮やかで、とっても素敵な本です。子供たちにも人気があるようです。
ぐりとぐらもとっても素敵な本ですがもうちょっと大きいほうが楽しめるかな。3歳から4歳以上。自分で読めるようになるのも早い子でこのくらいの年齢からです。絵本は今はまだちょっと難しくてもこの先長く楽しめるのでぐりとぐらがいいと思われるんだったらぐりとぐらでいいと思いますよ。
それから、1歳だとまだ自分で本を見るというよりは親が一緒に見る、読み聞かせると思うので文字はあってもなくても大丈夫です。
他の方も書かれている「いないいないばあ」のシリーズはこどもが1歳の頃大のお気に入りでした。1歳の今現在楽しんでもらいたい本であれば「いないいないばあ」はおすすめです。たしかにびりびりにもなるし2歳くらいまでの本なのでいろんな意味で寿命は短いですが、1歳くらいの子には大うけなんですよ。
絵本はほんっとたくさんあってなにを選んでいいのかまよってしまいますよね。
でも私の友人もこどもが小さい時絵本を送ってくれましたが、届いて、開けさせて、絵本がでてきて、読んであげる こどもはとっても目が輝いてました。
きっとどの絵本を選ばれても届いた瞬間から素敵なプレゼントになると思います。

私のおすすめはエリックカールさんの「はらぺこあおむし」です。1ページ1ページ分厚くて、しかけもあって、色も鮮やかで、とっても素敵な本です。子供たちにも人気があるようです。
ぐりとぐらもとっても素敵な本ですがもうちょっと大きいほうが楽しめるかな。3歳から4歳以上。自分で読めるようになるのも早い子でこのくらいの年齢からです。絵本は今はまだちょっと難しくてもこの先長く楽しめるのでぐりとぐらがいいと思われるんだったらぐりとぐらでいいと思いますよ。
それから、1歳だとまだ自分で本を...続きを読む

Q「 チックとタック 」 という ボンボン時計に 住む 2人の小人 の絵本について

チックとタック ? という絵本を子どもの頃に読み、また、是非、読んでみたいと思っているのですが、図書館で、検索してみましたが、見つかりませでした。たまたまこの図書館にはないのかもしれません

 話は、2人の小人がボンボン時計に住んでいて、
夜にこっそり、家の人たちが寝静まった頃に、時計から出てきて、家のごちそうを食べ? 食べ過ぎて、
時計の音が変な音になってしまうというようなあらすじだったと思います。

1冊の絵本としては、何種類か出て居なかったでしょうか?
 詳しい方いらっしゃいましたら、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「チックとタック」読みました!大好きで、何度も読み返しました。
ごちそうは確かお寿司で、わさびを食べてしまって
「チックタック」という時計の音が「ジッグダッグ」になってしまったのですね。
ただし、絵本ではなく、小学2年生の国語の教科書でした。

ググって見たら、普通の本となって出版されているようですよ。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4895280993/250-3159462-1825008

Q1歳児が楽しめる、しかけ絵本教えて♪

1歳児の娘が楽しめるような、しかけ絵本を探しています。

・大きさはB6くらいの、小さい子でも両手でしっかり持てるサイズ。
・乱暴に扱っても破れない、頑丈なもの。

書店では、一部を除きパッケージされてて中身が確認できず、
図書館では、しかけ絵本が少ないので、買うのを躊躇ってしまいます。
お勧めのしかけ絵本があれば、教えていただけたら幸いです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
子どものお誕生祝いに、友人にもらった本です。
http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=30993930
一歳になった今、とても喜んで、読んでほしいと一日に何度も親にせがんでいます。

Q朝の番組で紹介されていた書籍の名前が分からないので、教えて下さい。

母親が朝の番組で紹介されていた「●●宇宙人」って本らしいのですが
、買いたいって言うわりには控えてなかった。

内容は、他人とのお付き合いができない「社交性がない」みたいな話の本らしいです。宇宙人って題名がついているしか覚えてないようなので
話にならない。
番組の名前、チャンネルも不明です。

もし、この本じゃないかな?と思うような本があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

朝の番組ではないので、違う可能性が高いのですが…
先日の夜に見ていた番組で「まわりとの違和感に悩む女性」が取り上げられていました。
その方の著書には「異星人」「エイリアン」といったタイトルがついているので、質問文を拝見してふと思い出しました。
よろしければ下記を参考に見てください。
http://www.ntv.co.jp/gyoten/oa/090729/01.html
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4907725574.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報