素朴な疑問なんですが、ソーセージとウインナーって、何がどう違うんでしょう...?

A 回答 (5件)

こんばんは。


ソーセージ>ウィンナーです。
つまり、正しくはウィンナーソーセージであり、
ウィーン風の腸詰め(ソーセージ)ですね。
アメリカン(コーヒー)のような感じで、
いつのまにか略されてしまったわけです。
ちなみにウィンナーコーヒーも有名ですが、
最初に聞いたときは、ものすごい想像をしてました。(^^;
ウィーン風の特徴は、歴史的なところまでは不明なので、
発祥は分かりませんが、薫製にしてあるのが普通のようです。
もっともこれはウィーンに限ったものではなく、
隣国ドイツもそうです。
おそらく始めに輸入された商品がウィーンのものだったのではないでしょうか?
以前、イギリスに行ったときに食べたソーセージは、
薫製にしておらず、生をボイルしたものだったので、
とても生臭く、ホストの手前美味しそうに食べましたが、
正直吐きそうでした。
やはり日本人には薫製でないとダメみたいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しくご返答頂き、有難う御座います!
うちの冷蔵庫にあるウインナーの袋を見てみたら【ポークウインナー(ソーセージ)】って書いてありました。
「ポークウインナーソーセージ」って全部を呼ぶのって長いですよね。。。
今まで、豚の腸を使うもの、ってイメージがあったんで、豚以外の腸も使われるって事を知らなかったですよ。
ウインナーって一言言っても、国によって燻製にしたり、しなかったり色々あるなんて、全然知りませんでした。もの凄ーく勉強になりました!(^.^)

お礼日時:2002/03/20 06:54

下記URL参照。



参考URL:http://www.ham.co.jp/un4.htm
    • good
    • 0

補足です。


ちょっと調べてみると、
ソーセージには大きくウィンナー、フランクフルト、ボロニアとあり、
羊の腸を使うモノがウィンナー、豚がフランクフルト、牛がボロニアだそうです。
それぞれ中心的な都市の名前がついています。
類似品にビニールで包んだものをよく見かけますが、
あれは「魚肉」ソーセージですね。
    • good
    • 0

品名がウインナーソーセージなのでどちらも同じです。



苗字と名前を呼び合ってるみたいなものですね。

冷蔵庫に入ってるウインナーの成分表示のところを見てください^^
ウインナーソーセージって書いてると思います。

わたしは呼び方は昔っから「ソーセージ」だったんですが、
バイト先で言う度にウインナー!!!!!って突っ込まれてます、ヽ`(~~*)>

どっちでもえーやんって感じなんですが、、。

(`□´) 以上、mukutanでした、、。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答有難う御座います!
うちの冷蔵庫にあるウインナーの袋を見てみたら【ポークウインナー(ソーセージ)】って書いてありました。
教えてもらった通りだったです。
でもどっちで呼ぼうが、ほんま良いですよねー(^_^;)

お礼日時:2002/03/20 06:45

どうもこんにちわ。


以下のURLに説明が載っていますよ。
どうぞご覧ください。

参考URL:http://www.ham.co.jp/un4.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答有難う御座います。参考にさせて頂きます!

お礼日時:2002/03/20 06:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qウインナーとソーセージは違いがあるんですか? ウインナーのソーセージは違いがあるんでしょうか?

ウインナーとソーセージは違いがあるんですか?

ウインナーのソーセージは違いがあるんでしょうか?

Aベストアンサー

「ウインナー」とは豚肉と牛肉を塩漬したものに香辛料を加えて練り合わせ、ケーシング(羊などの腸)に充てんした後、 燻煙・ボイルしたソーセージで、オーストリアのウイーンが発祥地のソーセージです。
ということは、「ウインナー」はたくさんある「ソーセージ」の一種なのです。
尚、日本の場合、JAS(日本農林規格)によると、

肉の種類や燻煙の有無等には関係なく、ある一定の基準で作られたソーセージのうち
羊腸を使用したもの、又は製品の太さが20mm未満をウィンナーソーセージ
豚腸を使用したもの、又は製品の太さが20mm以上36mm未満をフランクフルトソーセージ
牛腸を使用したもの、又は製品の太さが36mm以上をボロニアソーセージ
と分類されますので(あくまでも日本での分類ですが)



と、本やネットに記載されています

世界水準では
腸や袋で包むものを ウインナー
包まないで 牧場 や スライスされたのもを ソーセージ なんて 区分をしてたり してなかったりです!

明確な 区分はないのかもしれません
国により 棒の肉 とりあえず これを全部ソーセージといいます
って国や
ぎゃくに
これらを ウインナー といいます

なんて 感じだと思われますね!

「ウインナー」とは豚肉と牛肉を塩漬したものに香辛料を加えて練り合わせ、ケーシング(羊などの腸)に充てんした後、 燻煙・ボイルしたソーセージで、オーストリアのウイーンが発祥地のソーセージです。
ということは、「ウインナー」はたくさんある「ソーセージ」の一種なのです。
尚、日本の場合、JAS(日本農林規格)によると、

肉の種類や燻煙の有無等には関係なく、ある一定の基準で作られたソーセージのうち
羊腸を使用したもの、又は製品の太さが20mm未満をウィンナーソーセージ
豚腸を使用したも...続きを読む

Q焼いたソーセージと、ボイルしたソーセージってそんなに食べた感じが違いますでしょうか?

どうでもいい質問ですみません。
私の夫はフライパンで焼いたソーセージは好きで食べてくれるのですが、
ボイルしたソーセージは食べないのです。
「どうして食べないの?ソーセージ好きでしょう?」と言うと、
「茹でたのは嫌いなんだ」と答えるので、
「ええ~!なんで?」と聞いても
「なんでもだよ。茹でたのはまずい」と言います。
はっきりした理由はいいません。

私には理解できません。
焼いたのも茹でたのも、同じようにおいしいと思いますし、そんなに味などが変わるようにも思えません。

夫と同じ感覚の方はいますか?
なぜ、茹でたのが嫌なのか教えてください。

Aベストアンサー

焼いても、茹でてもどちらも好きですが、それぞれかなり違うとは思います。

焼いた(フライパンで炒める?)は、こうばしい感じになり、多少なりとも油をひくでしょうから、ちょっとひつこいかも。
茹でると、あっさりしますが、ちょっとでも茹ですぎると、水っぽくなってしまうように思います。

皮の感じもかなり違いません?焼くとぱりぱり感が強いですが、焼きすぎると硬くなってしまいます。茹でたほうがソフトになる気がします。

どちらが好きというのも、それぞれにわかる気がします。

Qウインナーとソーセージの違い。

タイトルの通りです。荒挽きウインナー?荒挽きソーセージ?
ウインナーソーセージ?魚肉ソーセージ?
 ウインナーとソーセージの違いを教えてください。

Aベストアンサー

ウィンナーもフランクフルトもボローニャも、みんなソーセージです。
薩摩の国鹿児島では、サツマイモをサツマイモと呼ばないそうですから、フランクフルトにフランクフルトソーセージはないのかもしれません。本来、各種ソーセージにはそれぞれの歴史がありますが、以上は余談です。日本農林規格では、ソーセージの中身に関係なく、太さによってウィンナー、フランクフルト、ボローニャと名付けています。ウィンナーとフランクフルトはご存じの通り、ボローニャは大根くらいの太さのものです。厳密に直径何センチから何センチまでと決まりがあります。

Qソーセージ、ウインナー、チョリソー、フランクフルト

ソーセージとウインナーとチョリソーとフランクフルトの違いはありますか?
簡単な説明と明確な違いが知りたいです。

自分でのなんとなくの区別は、
ソーセージ→魚肉
ウインナー→動物の腸に豚のミンチをつめたもの
チョリソー→辛いウインナー、居酒屋メニュー
フランクフルト→太い
という認識です。

Aベストアンサー

こんにちは、面白いご質問ですね!

昔のウインナー、フランクフルト、ボロニアソーセージの違いは?

昔の本質的な違いは、詰めものの違いでした。

ウインナー(ソーセージ)は羊の腸に詰めたもの
フランクフルトソーセージは豚の腸に詰めたもの
ボロニアソーセージは牛の腸に詰めたもの
と言うものでした。
所が、近年それが変わってきました。

ソーセージのために羊(豚・牛)をそんなに殺していいのか?
ソーセージが世界的に広がり、大量に消費されるようになると、腸詰にする腸が足りなくなってきた。

そこで、考えられたのが、石油化学製品で食べられる腸の代わりをするよう詰め袋(ケーシング)が開発され、保存面や衛生面、コスト面でもこちらが有利になり、日本など大部分こちらになってしまいました。
今ではわが国では、日本農林規格(JAS)で太さによって分類される様になりました。

太さが直径20mm未満の人工ケーシングに詰めたものをウインナー
20mm以上36mm未満の人工ケーシングに詰めたものをフランクフルト
36mm以上の人工ケーシングにつめたものをボロニアソーセージ

昔は本質的な違いが、羊・ブタ・牛の腸の違いで味があったのがプラスチック製になって単なる太さ(サイズ)の違いになってしまいました。

現在の【日本での決まり】は、下記の様になっております。

ウインナーソーセージもフランクフルトソーセージもボロニアソーセージも、原料や製造方法は同じです。
違うのは、ケーシングの種類と径の太さです。
ウインナーソーセージは、羊腸または製品の径の太さが20mm未満の人工ケーシングに詰めて加工したもの。(本物の羊腸であれば、20mm以上でもウインナーソーセージという)

フランクフルトソーセージは、豚腸または製品の径の太さが20mm以上36mm未満の人工ケーシングに詰めて加工したもの。(本物の豚腸であれば、20mm以下でも36mm以上でもフランクフルトソーセージ)

ボロニアソーセージは、牛腸または製品の径の太さが36mm以上の人工ケーシングに詰めて加工したもの。(本物の牛腸であれば、36mm未満でもボロニアソーセージ)

と、成ってます。
「チョリソー」は、香辛料で辛みを強くしただけのものです。

こんにちは、面白いご質問ですね!

昔のウインナー、フランクフルト、ボロニアソーセージの違いは?

昔の本質的な違いは、詰めものの違いでした。

ウインナー(ソーセージ)は羊の腸に詰めたもの
フランクフルトソーセージは豚の腸に詰めたもの
ボロニアソーセージは牛の腸に詰めたもの
と言うものでした。
所が、近年それが変わってきました。

ソーセージのために羊(豚・牛)をそんなに殺していいのか?
ソーセージが世界的に広がり、大量に消費されるようになると、腸詰にする腸が足りなくなってきた。

そ...続きを読む

Qウインナーとソーセージの違いを教えてください。

ウインナーとソーセージの違いを教えてください。
子供に聞かれて答えらなくて・・・

Aベストアンサー

ソーセージは肉類を腸やケーシングに詰めて加工したものの総称
ウィンナーはウィーン風ソーセージの意味で、ソーセージの一種
日本では太さによって、ウィンナー、フランクフルト、ボローニャと分けられる

こちらを参考に↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%82%B8


人気Q&Aランキング

おすすめ情報