gooポイントが当たる質問投稿キャンペーン>>

よろしくお願いします。
古い名画、ポッティチェルリやレンブラントなどの絵画を、
「鑑賞」の例として自費出版の本に掲載したいと思っていますが、
特にどちらかに申告・報告するとか、いくらかを支払う、、ということは、必要あるでしょうか。
著作権について、よくわからなかったものですから、質問させていただきました。
どうぞ教えてください。お願いいたします。
また、著作権について、わかりやすく紹介しているサイト等もご存知でしたら、どうぞ教えてください。
宜しくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

絵画そのものの著作権と、絵画を撮影した写真についての著作権とを分けて考える必要があります。



絵画の著作権は、我国では、画家の死後50年であり、欧米では、70年の国もあるようです。下記参照。

http://cozylaw.com/copy/tyosakuken/publicdomain. …

何れにしろ、ポッティチェルリ、レンブラントなどは、数百年前に亡くなっていますから、絵画の著作権は既に消滅しています。

例えば、下記サイトも参照。

http://cozylaw.com/copy/qa.html#Q5,絵画の著作権

次に、これらの絵画の写真についての著作権を検討します。下記サイトからの引用です。

http://www.asahi-net.or.jp/~VR5J-MKN/111.htm

「本物の絵画そのものを、実物のまま、できるだけ正確に、その状態のままに写しだすという目的で、機械的に撮影したというのであれば、その写真にはまったく創作性がないので、著作物にはなりません。」

これは、著作権法上の著作物の定義の解釈であり、通説です。

最後に、美術館が、展覧会などで写真の撮影禁止と表示しているのに、質問者さんが違反して写真を撮影した場合も検討します。これは、著作権の問題ではなく、民法の問題として処理されるでしょう。

これは、美術館が写真撮影禁止という条件で、美術館に入場することを許諾し、入場者もこれに同意したという契約と考えられます。そして、写真撮影禁止という不作為義務に違反したということにより、美術館は無断撮影した入場者に対し、債務不履行に基づく損害賠償を請求することができると解されます。

著作権に基づく請求ではないので、出版差止めなどの差止請求権までは認められないと思われます。
    • good
    • 1

http://art.pro.tok2.com/L/Lists/Useage.htm

ここの作者が「著作権情報センター」に問い合わせた範囲では、作者の死後50年(海外の作者は連合国及び連合国民の著作権の特例に関する法律4条1項があり、50年+3794日になる)経つと著作権が切れるので、使えるとなっていますね。
念の為、直接

http://www.cric.or.jp/index.html

で確認されてはいかがですか。
    • good
    • 0

その名画は自分で撮影するのであればともかく、他の人が撮影した写真を使用するのならば、写真にも著作権がありますから著作権者の許諾を得ないで掲載することは著作権の侵害になります。


ただ、著作権フリーで使用時自由の写真なら大丈夫ですが。
    • good
    • 0

下記サイトをどうぞ



参考URL:http://www.houtal.com/ls/qa/ip/copy4.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q著作権切れの絵画のダウンロードサイト

パブリックドメインで商用利用可能な絵画を高画質でダウンロードできるサイトを探しています。
特に葛飾北斎などの代表的な日本の画家の絵をダウンロードしたいです。
ご存じの方は教えて下さい。

Aベストアンサー

http://www.salvastyle.com/index.html
サルヴァスタイル美術館というサイトを紹介します。
こちらのcollection→常設展示→日本画で、希望とされている日本画を見ることできますよ。
北斎は少ないですが、他の方のものがあり、また画質もきれいなので、オススメです。

Q絵画の写真について・・

100年ほど前の海外の・・いわゆる巨匠と呼ばれる人が描いた絵についてなのですが・・

この人が描いた絵を総括して扱っている財団が、デジタル化したファイルを有料で販売しており、そこでは、無断での転載や公開は禁止、となっています。

問題は・・
私も、その人の描いた絵のオリジナルを一枚所有しているのですが、それをスキャンしてウェブで公開することは、問題ありますでしょうか?
また、公開した画像は、著作権のように、転載や無断での利用から、保護されるモノなのでしょうか?

Aベストアンサー

100年ほど前、ということですので著作権が切れている可能性も高いかとは思いますが、念のため著作権が切れていない場合と切れている場合に分けて考えてみます。

○著作権が切れていない場合。

ウェブサイトでの公開は著作権侵害になります。美術品の所有者は「著作物をその原作品により公に展示することができる」とされていますが(45条)、「原作品により」ですので、スキャンしたデータの公開は認められません。

○著作権が切れている場合

自由に公開できます。

複製されることについて文句が言えないか、ですが、たとえ著作権が切れていたとしても、無断複製の禁止などをすることはできます。これは著作権に基づくものではなく、契約に基づくものです。

例えば質問者さんの言われていた、財団によるファイルの有料販売ならびに無断転載や公開の禁止などは、所有している絵のファイルを公開する代わりに利用者との間で対価の支払いと転載の禁止を約束させている訳です。

ですから、質問者さんがファイルを公開する際にも、無断転載を禁止する旨の約束を利用者にさせるようにすれば、一応無断転載を禁止することができます。

ただ、この場合気をつけなくてはいけないのは、この禁止は、無断転載禁止に同意した直接の相手にしか効力を及ぼすことはできない、と言うことです。

たとえば、無断転載のファイルを受け取った第三者がそれを利用した場合、無断転載をした人間には文句をいえても、その第三者には文句をいうことはできません。その第三者はとの間には無断転載禁止の約束はないからです。それが著作権に基づく請求との相違点です。

100年ほど前、ということですので著作権が切れている可能性も高いかとは思いますが、念のため著作権が切れていない場合と切れている場合に分けて考えてみます。

○著作権が切れていない場合。

ウェブサイトでの公開は著作権侵害になります。美術品の所有者は「著作物をその原作品により公に展示することができる」とされていますが(45条)、「原作品により」ですので、スキャンしたデータの公開は認められません。

○著作権が切れている場合

自由に公開できます。

複製されることについて文句...続きを読む

Q【著作権】絵画をホームページで公開する場合

教育機関のホームページで絵画の画像を使用したいのですが、絵画の収蔵先の許諾が必要でしょうか?その場合、著作権料が発生することもありますか?

また、画家が死後50年以上経過した作品についても、収蔵先の許諾は必要でしょうか?

Aベストアンサー

教育機関(いわゆる「学校」に限る。塾や英会話学校などは含まない)であっても、その授業の過程での使用、試験問題としての複製など、著作権法で認められた範囲を超えて利用することはできません。ウェブサイトへの掲載は、送信可能化権(23条)の侵害に当たります。

したがって、まず、著作権の存続の有無と、著作権者が誰であるかが問題です。著作者の死後50年(と、戦時加算)の期間が経過していれば、その著作物はすでにパブリックドメインにありますから、その人格権を侵害しない態様であれば、自由に利用できます。

権利の保護期間内であれば、誰が著作権者であるかが問題です。画家やその遺族が持っていれば、許否は別にして話は簡単ですが、権利が譲渡されていると話がややこしくなります。誰が何権を保有しているのか、細かく調査する必要があるでしょう。

以上の場合は、著作物の使用の対価を求められる場合もあるでしょう。

美術館・博物館等に収蔵されている場合も、著作権の取り扱いについては以上のとおりです。これらの施設が著作権を有していない限り、その許諾は必要ありません。

他方、美術館・博物館に収蔵されている作品を撮影するには、それらの施設の許諾が必要です。これは、著作権ではなく、その建物の所有権に基づくものです(部外者に、うちの建物の中では写真を撮らないでくれ、と求めるということ)。

なお、絵画を、単に正面から写真撮影しただけのものは、その撮影者に権利は生じません。したがって、ある絵画の写真について、すでに保護期間が経過したものは自由に利用でき、保護期間内のものは絵画の著作権者に許諾を求めれば良いことになります。
これに対して、彫刻の写真は、写真の撮影者にも権利がありますから、彫刻の著作物の権利が切れていても、写真の著作権者に許諾を得なければなりません。
同様に、画廊などで絵が並んでいる際に、複数の絵画を、どのような画面構成で写真に収めるかは撮影者の創作によりますから、この場合も写真撮影者に著作権が生じたと考えるべきでしょう。

教育機関(いわゆる「学校」に限る。塾や英会話学校などは含まない)であっても、その授業の過程での使用、試験問題としての複製など、著作権法で認められた範囲を超えて利用することはできません。ウェブサイトへの掲載は、送信可能化権(23条)の侵害に当たります。

したがって、まず、著作権の存続の有無と、著作権者が誰であるかが問題です。著作者の死後50年(と、戦時加算)の期間が経過していれば、その著作物はすでにパブリックドメインにありますから、その人格権を侵害しない態様であれば、自由に利...続きを読む

Qダビンチの「モナリザの微笑」をページの壁紙にしたら著作権違反?

すみません。過ちを冒す前に教えてください。

答えをしってればまったく馬鹿げた質問だとおもうのですが…
解らないので教えてください。

ダビンチの「モナリザの微笑」やミレーの「落穂拾い」などの
有名絵画をホームページの壁紙で使用すると著作権違反に
なってしまうのでしょうか?

作者没後**年経てばOKなどの規定があったような気がするのですが、
そのへんもいい加減しか知りません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まあ、問題ないと思います。

著作権の保護期間は、作者の死後50年(+第二次大戦の連合国民の場合最大約10年ほど加算されることがあります)となります。
したがって、ダヴィンチについては著作権の対象とはなりません。(ミレーって何年没でしたっけ?)

ところで、写真の撮影者の権利ですが、原画をそのまま忠実に撮影したような場合には、原画を複製したに過ぎないので、新しい権利は発生しません。
発行元についても同様で、画集をまるごと真似て作ったような場合はともかく、掲載された一画像についての権利は、編集発行しただけでは発生しません。
所蔵者には、所有権しかありませんから、その原作品を写真撮影をすることについて制限することはできますが、そこで撮影した者とは全く無関係な第三者がその画像を利用することまで制限する権利はありません。(昭和59年1月20日最高裁第二小法廷判決)
また、これらの者のいずれも、著作隣接権は有しません。

Qダヴィンチの名画や作品の商標登録について

レストランを経営している者ですが、店内の告知ポスターを製作するのに、ポスターの中にレオナルドダヴィンチの最後の晩餐を入れようと思っています。
色々調べた結果、著作権などは問題なさそうですが、ミュシャのように商標登録をされてると問題ありそうです。
どなたかダヴィンチの作品が商標登録されている情報をお持ちでしたら教えてください!
また、商標登録の有無を調べる方法でもかまいません。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

レオナルド・ダビンチの「最後の晩餐」を、宴会に見立てて使用されたいご意向のようですが、そのような使用法は、商標権(商標登録)とは関係がありません。
告知ポスターの一部に「最後の晩餐」の写真を使用するとすれば、(ダビンチの絵画「最後の晩餐」ではなく)その写真に著作権が発生している可能性がありますから注意してください。

絵画(美術品)が商標登録されることはまずありません。何故なら、商標権の保護対象は絵画ではないからです。
「ミュシャのように商標登録されていれば問題がありそう・・」と記載されていますが、商標登録されているのは、「Mucha」という文字(マーク)であって、ミュシャが描いた作品ではありません。特許電子図書館から、ミュシャ社が日本国に登録した商標を容易に見つけ出すことが出来ます。
特許電子図書館:http://www.ipdl.inpit.go.jp/homepg.ipdl

「ダビンチ」や「最後の晩餐」に係わる商標をご覧になりたければ、次のようにしてください。
特許電子図書館→商標検索→呼称検索と進み「呼称検索」画面を出してください。
呼称の窓に「ダビンチ」あるいは「サイゴノバンサン」(必ずカタカナ)と入力して、検索実行をクリックしてください。「ダビンチ」が73件、「サイゴノバンサン」が7件見つかるはずです。
呼称1に「ダビンチ]、呼称2に「サイゴノバンサン」を入力して、同時に検索することも出来ます。

レオナルド・ダビンチの「最後の晩餐」を、宴会に見立てて使用されたいご意向のようですが、そのような使用法は、商標権(商標登録)とは関係がありません。
告知ポスターの一部に「最後の晩餐」の写真を使用するとすれば、(ダビンチの絵画「最後の晩餐」ではなく)その写真に著作権が発生している可能性がありますから注意してください。

絵画(美術品)が商標登録されることはまずありません。何故なら、商標権の保護対象は絵画ではないからです。
「ミュシャのように商標登録されていれば問題がありそう...続きを読む

Q美術館で写真を撮ると著作権侵害か

美術館で、展示されている絵画の写真を勝手に撮影とすると、「写真とった=複製した」ということで、著作権侵害になるのですか?

Aベストアンサー

いろいろなご回答があるように、話は単純にはなりません。
しかし、あえて、単純化してみましょう。

ご質問の美術館で展示されている絵画は、その美術館の所有物としましょう。(そうでない場合で、他の美術館や持ち主から一時的に借りている場合は、その持ち主との間の契約があります)

民法の第206条で「所有者は、法令の制限内において、自由にその所有物の使用、収益及び処分をする権利を有する。」とあり、絵画の所有者は収益を含めて管理する権利を認められています。これは著作権とは別の権利です。

著作権については、著作者に展示権(著作権法第25条)が認められていますが、美術館はすでにその権利について処理を済ませています。写真撮影は、確かに複製で、これには複製権が関わります。細かく言えば、その文脈で、著作権の制限である私的使用が認められることはあります。
現実に、回答者もヨーロッパの各地の美術館を周りましたが、写真撮影を認めるところと、認めないところが併存しています。認めている場合も、いわゆる私的使用を想定していると考えられます。その場合でも、プロ写真家や商業用の撮影では環境設定などの理由で許可制になっています。公共的な美術館ほど制限が緩やかのようです。

所有権の利用という観点では、美術館が写真集などを発行することもあり、ビジネスですから、一般の撮影を禁止することもあるでしょう。

所有権に関して、日本の判例では、過去に、ガス気球事件とか、長尾鶏事件、クルーザー事件とかあり、他人の所有物を第三者が撮影して収益したことで侵害と認定されたことが知られています。

まとめると、ご質問の場合、美術館が撮影禁止する場合と言うのは、著作権より前の所有権を根拠にしていることが考えられます。
また、施設管理者の権限が認められていますから、入場時に諸規則が示され契約をすることで、場内の行為が制限できます。
かりに美術館が撮影禁止にしていない場合には、著作者の著作権が及ぶことはあり得ます。例えば、私的に写真集を作って販売するなどは侵害となることは考えられます。

いろいろなご回答があるように、話は単純にはなりません。
しかし、あえて、単純化してみましょう。

ご質問の美術館で展示されている絵画は、その美術館の所有物としましょう。(そうでない場合で、他の美術館や持ち主から一時的に借りている場合は、その持ち主との間の契約があります)

民法の第206条で「所有者は、法令の制限内において、自由にその所有物の使用、収益及び処分をする権利を有する。」とあり、絵画の所有者は収益を含めて管理する権利を認められています。これは著作権とは別の権利です。

著...続きを読む


人気Q&Aランキング