福井周辺の方言かと思ったら、名古屋の人も使うという話を聞きました。
他にもかぜねつという言葉を口内炎という意味で使う地域の方、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

群馬でも「かぜねつ」という言葉を使います。

金沢の方と同じく、口内炎ではなく、口の周りのできもののことですけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/25 14:10

金沢ですが、口内炎というより風邪の時に口の周りに


できるもののことを言うと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/25 14:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qインテグラル∫とdxについて

非常にわかりにくい質問だと思いますが、ご容赦ください。∫f(x)dxという式があったとします。これは、積分の成り立ちから考えて、dxという記号が必要なのかどうかずっと疑問なのです。
積分の成り立ちはhttp://izumi-math.jp/sanae/MathTopic/sekibun/sekibun.htmのサイトを見て理解しました。
dxだけなら意味を持たないというのなら理解できます。∫dxがひとつのセットで積分という行為をするという風に捉えられるからです。でもdx単体でも意味を持ちますよね。でもこの成り立ちから考えて勝手にdxに意味を持たせていいのでしょうか。f(x)dxが微小面積で∫を作用させることによって足し合わせるという図のイメージはできますが、数式の上でどうしてそういう風なイメージになるのか理解できません。数学の得意な方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

そもそも積分とは何か,といえば,「細切れを足したもの」が積分です.
積分を計算したければ,細切れを足す計算を実行すれば(そして,その計算が実行可能なら),それでできます.
積分とは何かを説明するにも,積分を計算するにも,「微分の逆」は本来は出てきません.
積分は微分とは無関係に定義されるものです.

ライプニッツの記法は,この積分の定義を忠実に書き取ったものになっています.
「細切れを足す」以上,足されるべき個々の「細切れ」が何かを明らかにする必要があり,「f(x) に dx を掛ける」という操作を式の中に書くのは当然です.

ところが,微積分学の基本定理の発見によって,(1変数の場合は)わざわざ細切れを足さなくても「微分の逆」を使えばうまく積分を計算できるという「裏技」(←説明のために批判を恐れずあえてこう書きます)が編み出されたのです.
「積分は微分の逆」という標語は,「結果的に成り立つ事実」「計算のための便利な公式」という程度に認識すべきで,「積分とはそういうものである」と解釈すべきではありません.

高校数学カリキュラムで原始関数を使って積分を導入しているのは,「細切れを足すのを高校生にきちんと説明するのは困難だから」という消極的な理由による「方便」です.こういう高校数学の方便としての積分の見方は,大学で微積分学を学び始める段階でリセットすべきものです.

========
ところで,こうして積分の本来の意味とライプニッツの記法を見直してみると,∫ という記号はあくまで「足す」という意味で,「微分の逆をせよ」という意味は込められていないことに気づきます.その意味で,「∫ を微分の逆の作用素とみなして, dx を書かない」というのは,新たな記法の提案としても無理があるでしょう(∫ と dx のセットで「微分の逆」と説明するのなら,本来の意味とは異なるとはいえ,結果的につじつまが合うので,高校数学の方便として通用します).
1変数に限定して,たとえば I[f(x)] で f(x) の原始関数を表すとか,dx に相当する記号を使わない積分の記法を考案するのは自由ですし,そういう試みは過去にあったかもしれません.でも,そのような記法に,すでに定着したライプニッツの記法と比べて「dx を書く手間が省ける」以上のアドバンテージがあるとは思えず,提案してもたぶん流行らないでしょう.

そもそも積分とは何か,といえば,「細切れを足したもの」が積分です.
積分を計算したければ,細切れを足す計算を実行すれば(そして,その計算が実行可能なら),それでできます.
積分とは何かを説明するにも,積分を計算するにも,「微分の逆」は本来は出てきません.
積分は微分とは無関係に定義されるものです.

ライプニッツの記法は,この積分の定義を忠実に書き取ったものになっています.
「細切れを足す」以上,足されるべき個々の「細切れ」が何かを明らかにする必要があり,「f(x) に dx を掛ける」...続きを読む

Qゾッキー(暴走族っぽい)という語を使う世代・地域?

暴走族の人たちが乗るような車を指して,「ゾッキーな車!」とか
言ったりしますよね?
ところが,中部地方の人は「ゾッキー」という語を全く知らないと
言うので,心配(?)になってぼくの周囲の人たち(20代)に尋ねたら,
誰も知らないんです.
自分は30代・関東地区ですが,これって,ものすごくローカルかつ
世代限定の用語なのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
私は20代・近畿地区です。

「ゾッキー」ていうのはマンガで見ましたね。
「湘南純愛組」とかで。ただ、こちらではあまり使われませんね。
どちらかというと、暴走族っぽいなら全て「族」の一言で片づけてますし。
ですから「ゾッキーな車」ではなくそれっぽいなら「族車」て言ってます。

昔は使われてても今はあまり使わないのでしょうね。
私も知っていても使ったことはないですから。

Q風翔ける国のシイちゃん・・・

漫画家 中田友貴(なかた ゆうき)さんの漫画で
『風翔ける国のシイちゃん』1.2巻は持っているのですが
その他にDX版が有るようなのですが、DX版の内容が分かる方又は持ってる方いますか?
1.2巻の総集編なのでしょうか?

Aベストアンサー

懐かしい…。
DX版は1巻に収録されている第一話「シイちゃんユーリーと会う」が再録で、全30話+特別番外編2話+あとがき漫画で構成されていて、1、2巻の総集編ではありません。

コミックス未収録作品から作者が選んだ傑作選です。
ちなみにまだたくさん(39話分!)未収録作品があるのですが。

ユーリーのストレス袋がイカス漫画でしたね。

Q「ありえない」という言葉を使う方が最近多いですが。

「ありえない」という言葉を使う方が最近多いですが、なんでまたこーゆー流行になったんでしょうか?
流行の火付け役みたいなのがいたんでしょうか・・。
ご存知の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

最近の若い方がよく使っていますね。この使い方、嫌いです。
無理~っていうのもありますね。

私の感じ方は#2の方と逆というかちょっと違います。
友人に何か頼まれたとして、断りたいとき、
「無理、無理、ありえない」
っていっているのを聞いたことがあります。
「できません。」「嫌です。」
といって断ると、それは当然自分の意志で断るわことに
なりますが、「無理」って、あたかも、自分の意志、責任を
ぼやかして、客観的な理由でできないような印象を与えます。
「ありえない」も同じで、本来、客観的に様々な可能性を検討
しても、ありえない場合に使う言い方であるのに、それを、
自分の意志、責任をぼやかすために言っているのだと思います。

また、別の時、電車の中で女子高生2人がおじさんに注意されて
いたのですが、だまって下を向くだけで何も答えず、別れ際に
「ありえな~い」って顔を見合わせて笑っていました。
これって、自分の身に実際に起こった事なのに、「ありえない」
で済ませてしまって、現実を直視せず、責任すら全く感じていない
証拠です。

またまた、電車の中で酔いつぶれて苦しそうにしている人を見て、
笑いながら「ありえな~い」。

本当に困ったものです。
以上

最近の若い方がよく使っていますね。この使い方、嫌いです。
無理~っていうのもありますね。

私の感じ方は#2の方と逆というかちょっと違います。
友人に何か頼まれたとして、断りたいとき、
「無理、無理、ありえない」
っていっているのを聞いたことがあります。
「できません。」「嫌です。」
といって断ると、それは当然自分の意志で断るわことに
なりますが、「無理」って、あたかも、自分の意志、責任を
ぼやかして、客観的な理由でできないような印象を与えます。
「ありえない」も同じで、本...続きを読む

Q微分 (d^2)y/(dx^2)

微分で、(d^2)y/(dx^2)っていう表現よく出てきますよね? これについてそもそもなぜ2乗の位置が違うのかって言うのがわからなくなったのですが,,,


そもそもdというのはたとえばxで微分したら、微分したののあとにxで微分したことを示すためにdx、yで微分したのならそのあとにdyとかくのですよね?

そこから考えたのですが(数学的に正しいかどうかは一切わかりませんが個人的にはこれが一番筋が通りそうな気がしました)、たとえばy=x^3とかで

dy=3(x^2)dx
d(dy)=D[3(x^2)]dx
(d^2)y=6x(dx)dx=6x(dx^2)

とつまりdxのまえにxの文字式があればxで微分できるため新しいdxができるが、dyの前にyを含んだ文字がないのでyで微分できないため?といった風に考えました。。。(汗)

正確な解釈を教えてください。あとdxとかの扱い方がいまいちよくわかってないので、上ので間違ってるところの指摘お願いします。

Aベストアンサー

d dy
-- --
dx dx

を、カッコを使わずに書いて
d^2 y
-------
dx ^2
という書き方になったのではないかと、かってに推測しています。

Q「鳥肌がたつ」と言う言葉の使われ方について

本来「鳥肌がたつ」と言うのは、寒い時や恐ろしい時に起こる現象のはずが、
最近では「とても感動した」と言う意味合いで使われていることが多いです。
これって変じゃないですか?
そもそも誰がいつ頃から言い出したんですか?
分かる方いたらお願いします。

Aベストアンサー

 国広哲弥「日本語誤用・慣用小辞典」(講談社、1991年)の中で(p120-)、「感動した」という意味で「鳥肌が立つ」が使われている例が幾つか挙げられています。いずれも1988年の例です。少なくともその時点では使われ始めていたということですね。

 ただ、一般に新語・俗語・誤用をだれが言いだしたか特定するのは不可能でしょう。  

 感動すると実際に「鳥肌状態」になり、それをそのまま表現した人がいたのでしょう。しかし、その際、「鳥肌が立つ」という言い方を自分で考え出したのではなく、もともとあった言い回しを、本来の意味は知らないまま、異なる意味で使ったことは間違いないと思います。

 つまり最初のいきさつは誤用だったわけであり、いまだに広辞苑第5版は採用していないし、国広氏や私のように、感動しても鳥肌が立たない人間もいます。まだ「変な」言い方の部類に入るのではないでしょうか。

 新語に寛大な国広氏自身も「強い感動を表すには『体がジーンとする』『背中がゾクゾクする』などの言い方があるので、『鳥肌が立つ』のたぐいは使わないのがよいと思うが、これは筆者の頭が古過ぎるのだろうか」と書いています。

 いずれは正しい言い方として認められるかもしれませんが、こういうように言葉の意味を増やしていくと、斬新な感じがする半面、言葉の持つ「物事を意味する力」が拡散してしまう気がします。
 

 国広哲弥「日本語誤用・慣用小辞典」(講談社、1991年)の中で(p120-)、「感動した」という意味で「鳥肌が立つ」が使われている例が幾つか挙げられています。いずれも1988年の例です。少なくともその時点では使われ始めていたということですね。

 ただ、一般に新語・俗語・誤用をだれが言いだしたか特定するのは不可能でしょう。  

 感動すると実際に「鳥肌状態」になり、それをそのまま表現した人がいたのでしょう。しかし、その際、「鳥肌が立つ」という言い方を自分で考え出したのではなく、も...続きを読む

Qdy/dxについて

dy/dxはなぜ置換積分をする時(1)のように分数の計算みたいに計算できるんですか?高校の時も先生はそのことについてこれはこうなるという風にしか説明しませんでした。他の専門書とかにもとりあえずこうなるみたいな書き方をしてありました。そんなに難しい理論なんですか

(1)t=2x^2とすると dt/dx=4x⇒dt=4xdx

Aベストアンサー

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=236331
でほぼ同様な疑問に対してかなり突っ込んだ回答がなされています.

Q「法令遵守」の意味であるが、モラルに忠実な企業経営という意味に使われる言葉はなんですか?

「法令遵守」の意味であるが、モラルに忠実な企業経営という意味に使われる言葉はなんですか?

Aベストアンサー

コンプライアンス

Qdy/dx・dxは置換積分を使ってdy?

次の微分方程式を解け 2yy'=1
とありました。解答は
--------------------------------
2y・dy/dx=1の両辺をxで微分して
∫2y (dy/dx) dx=∫dx
置換積分法により ∫2y dy=∫dx
ゆえに y^2=x+C (Cは任意定数)
--------------------------------
となっています。ここで疑問に思ったのが
”置換積分法により”という箇所です。
これはdy/dx・dxを”約分して”dyにしてはならず、
”置換積分法により”dyにしなくてはならない、
ということが言いたいのだと解釈しました。
疑問1.
そこで、ここにおける”置換積分”とは具体的には
どのような作業を指すのでしょうか?
疑問2.
以下は全て同じことを表現したいと意図している
のですが、誤解を招くことはないでしょうか?
2y・dy/dx・dx   
2y (dy/dx)・dx  
2y dy/dx dx
2ydy/dx dx
2y*dy/dx*dx
2yとdyの間に半角スペースを入れた方がよいか
・と*と半角スペースどれが妥当か
dy/dxは()でくくるべきか
などなどです。

次の微分方程式を解け 2yy'=1
とありました。解答は
--------------------------------
2y・dy/dx=1の両辺をxで微分して
∫2y (dy/dx) dx=∫dx
置換積分法により ∫2y dy=∫dx
ゆえに y^2=x+C (Cは任意定数)
--------------------------------
となっています。ここで疑問に思ったのが
”置換積分法により”という箇所です。
これはdy/dx・dxを”約分して”dyにしてはならず、
”置換積分法により”dyにしなくてはならない、
ということが言いたいのだと解釈しました。
疑問1.
そこで、ここにおける”...続きを読む

Aベストアンサー

そもそも置換積分をご存知ですか?
∫(x^2+x+c)^{100} dx とか計算したことがあれば
ご存知だと思いますが?

置換積分の公式は
高校の教科書風に書くとこんな感じ

∫f(y) dy = ∫f(g(x)) g'(x) dx
ただし,y=g(x)
#積分区間とかgの条件は省略

これをちょろっと書き換えます.
g'(x) = dy/dx とかけば

∫f(y) dy = ∫f(g(x)) g'(x) dx
= ∫f(y) dy/dx dx

となるので「形式上」ですが約分の形が成り立つのです.
したがって「置換積分より」となります.

きちんと置換積分に言及してる解説は
経験上そんなに多くはありません.
その解説を書いた人はまめというか,
きっちりした方なんでしょうね.
普通は,No.1さんのように
本当は初歩的な段階では「約分」ではないのにも関わらず
形式的に約分をしてしまう解説がほとんどです.
そもそも,dy/dx は定義してても,dyとかdxというものは
定義してないですよね?定義してないものに対して
計算を行うというのは変なんですよ

ただし,No.1さんのような「約分」というのは
実際は,上述のように「置換積分」によって正当化されるので
積分記号のもとではやってしまってかまわないのです.
そして,いちいち積分記号とか書いていると
まどろっこしいので,あとで積分で使うことを前提として
なんだかわかんないけども,dxやdyというものを使って,
さらに積分記号を省いてしまって,「普通に約分」とかして
計算してしまって,それを使うというのが現実的な解法です.

つまりは「表記の問題」にすぎません.
こういうふうに「省略して書く」というのが一般的で,
なおかつ,あまりにうまく機能するので逆にややこしい,
つまり,dxとかdyが普通の数に見えてしまうということです.

これには裏があって,じつは
もっと数学を勉強していくと,積分とかにまったく無関係に
関数 f に対して,df というものがでてきます.
微分形式というのですが,ここまでいくと
約分とか,そもそも``dx''ってなんだ?という問題は
すべて解決されます.
さらにこの微分形式ってものに対して「積分」という演算が
定義されるのですが,それは「普通の積分」とうまく
噛み合うように定義されます.

そもそも置換積分をご存知ですか?
∫(x^2+x+c)^{100} dx とか計算したことがあれば
ご存知だと思いますが?

置換積分の公式は
高校の教科書風に書くとこんな感じ

∫f(y) dy = ∫f(g(x)) g'(x) dx
ただし,y=g(x)
#積分区間とかgの条件は省略

これをちょろっと書き換えます.
g'(x) = dy/dx とかけば

∫f(y) dy = ∫f(g(x)) g'(x) dx
= ∫f(y) dy/dx dx

となるので「形式上」ですが約分の形が成り立つのです.
したがって「置換積分より」となります.

きちんと置換積分に言及して...続きを読む

Q(笑)ってどんな時に使う?私は冗談でからかう時使ってました(°∇°;)

(笑)ってどんな時に使う?私は冗談でからかう時使ってました(°∇°;)

Aベストアンサー

私は通常「言い過ぎ」「自信が無い」「恥ずかしい」「古過ぎる」など偉そうな事を言った後に照れ隠しに付けますね。


人気Q&Aランキング