先日イギリスのコメディードラマで日本人の男性が「風邪をひいたら芸者ガールにマッサージしてもらうのが一番」と言っていました。周りの男性は「もっと他のことも?」と意味ありげに笑っていました。
また以前アメリカ人の男性と日本の伝統について話していて芸者さんはお客様を楽しませるプロフェッショナルだと言ったら、敬虔なキリスト教徒の彼は「それ以上のことは聞きたくないな。」と笑っていました。
実際のところ芸者さんのお仕事にそういった類のことは含まれるのですか?私は全くそういう認識がなかったので、上記の2つの場面では非常に戸惑ってしまいました。特に海外での扱われ方は納得がいきません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

外人のかたは、『芸者』・『枕芸者』・『遊女』・『女郎』などの違いを把握されていない人が多いと思います。


それらすべてをひっくるめて、『芸者』だと勘違いされているのではないでしょうか?

実は私もよくわかっていないのですが、昔置屋には貧しい家庭の子供が売られてきて、そこで芸を仕込まれて『舞妓』となり、ある一定の年齢になると「水揚げ」され旦那(スポンサーのようなもの)がつき、『芸者』となるそうです。

この「水揚げ」は、身売り的な要素や肉体関係も含まれますので、そこで勘違いされているのかも知れません。
一流の『芸者』は、旦那以外の人とは関係を持たないと聞いたことがあります。

「水揚げ」は、最近では行われていないそうです。
しかし、20年近く前の話しになりますが、知り合いの男性で京都の先斗町をよく利用していた人が、ある舞妓さんを水揚げしてくれないかと置屋の女将に頼まれたことがあると聞きました。
「水揚げ」にはその当時でも約2000万円ぐらいかかり、その女性のその後の衣装代など金銭の世話をしなければならないそうです。

http://www.studio892.com/gion/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。知らないことばかりでした。当然日本人全てが全ての伝統芸能の知識があるわけではありませんが、少しづつ知識を増やしていきたいと思います。

お礼日時:2002/03/20 10:49

 私の街には江戸の吉原、京都の島原と並び称された旧遊郭街があります。


ここでは今も現役の芸者が芸で稼いでおります。その芸とは言うまでもなく、唄と踊りと三味線であります(しゃべりも大事ですが)。こういう方々が真の意味での芸者であると思います。この方たちは伝統的な祭りの場で踊りを披露するほどであり、その辺の日舞の名取りとは一味違う、プロの風格を感じます。

 もちろん、芸者は芸に加えて、美人で色気があるほうがお座敷の声は掛かりやすかったでしょう。しかし、まず芸が出来てこその芸者であることは言うまでもありません。

 ちなみに、欧米でのイメージは遊女的芸者と遊女を芸者と誤認していることによるのではないかと考えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。実際に肌で感じてらっしゃる方のご意見、参孝になりました。遊女的芸者も存在するとなると境目ははっきりとはしてないのかな。解答してくださった皆さんありがとうございました。この分野に関してはだいぶくわしくなりました。これからも日本の伝統をより理解していきたいと思います。

お礼日時:2002/03/20 21:44

 その誤解はひどいですね。

あんまりです。
 芸者が特定のパトロンを持つことはあっても、彼女彼らは不特定多数に性的サービスを行う風俗従事者ではありません。
 私も詳しくないのに書いてしまいましたが。
 私が見た芸者は新宿の方で少し本当の芸者とは違うかもしれません。が、芸者とはあくまでも酒の席で弦歌や踊りなどで宴席を盛り上げてくれるプロフェッショナルのことです。
 三味線を弾く人唄う人、少ないとこの二人組みで宴席を回っておりました。
 弦歌は聞いているとわかりますが、たいていのものはちょっとお子様にはわからない句がありますし、酒の席となれば性的なお誘いもあることでしょう。でも、その後コースのように性的サービスになだれこむ・・・ということはありません。というか、マッサージをしてくれる芸者って、なんだそりゃ。
 芸者にもぴんからきりまでいるでしょうし、着物代など大変な額がかかりますから場合によっては売春をするような芸者もいるかもしれませんが、私の知っている芸者は皆ものすごいプロ意識の塊でした。
 なぜ芸者=売春婦、となったのかわかりませんが、(蝶々夫人かな?)今度そのように芸者について語る機会があったら、彼らはプロフェッショナルな伝統芸を披露する人であってProsutituteではないとお伝えください。ていうか、むりやり機会を作ってでも伝えてほしい!
 芸者に関する誤解のすさまじさには私も全く納得がいきません。このあいだ映画「キスオブザドラゴン」を見たら、中国人マフィアをもてなすのに着物っぽい格好をした白人の売春婦が出てきました。他の映画でもよく見ますよね。そういう偏見の土台はどこから来るんでしょうか。
 kanalikoさんは上野公園まで無理なく出かけられるところにお住まいでしょうか?最近はカラオケのほうが主流で見なくなりましたが、花見の席で素人の方々が三味線を持ってきて自分達で唄って遊んでいるのが見られたそうです。
 去年上野の夜桜を見に行ったら中にそういう方たちがいらっしゃいました。その誤解している人々にそれを見せてあげ、あれをプロフェッショナルにしたのが芸者だと言って下さい。
 それで誤解が解けるかどうかはわかりませんけれども。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。ドラマの中の男性は「ああ、そう!」というのが口癖で常にスーツを着てカメラを持ち歩いています。明らかに日本語ネイティブでない俳優さんが演じています。設定自体「おいおい」という感じのコメディーで他の国の人もオーバーに描かれています。芸者さんに限らず日本の文化はまず日本人がよく
理解していないことから誤解が生まれ、それが一人歩きを始めてとんでもないことになるのでしょうね。上野は40分くらいです。是非行ってみたいです。今年は桜が早そうなので急がなくては!

お礼日時:2002/03/20 11:35

こんにちは。


まず、芸者さんと芸者風の売春婦(今の日本でそんなのは風俗産業のコスプレにしかいない)とを、混同しているんでしょうね。欧米にかかわらず、日本の伝統や文化は、間違った解釈をされていること多し、です。 日本が独自の文化を築いてきた為、他国の理解を超えるということもあるけど、開国~大戦後に日本人の性分的に口べた・外国語を話せない、なども災いして、文化的な事を上手く説明出来なかった経緯が、いまだ根付いているのでしょう。 日本人は欧米コンプレックスがあるので、欧米諸国の文化を「お勉強」する事が好きだし、理解する努力もするんですが、こと自分達の事となると伝達能力に欠けます。私論では、「うちらも努力してんのに、おまえらももっと勉強せんかいっ!」と思うのですが…(^_^;)。
海外に行く機会が多いのですが、アメリカ人は決まって「オキナワ・トーキョー・キョウト」と都市の名を言い連ねたり、最近では美味しいお寿司の食べ方を聞いてきます。下手な英語を駆使してなるべく詳しく説明するようにはしてますが、解ってるかどうか(-_-;)?  それと、外国人には日本人にあるウェットな感性は持ち合わせていない事も、理解ができない原因の一つでしょうね。(悪く言えば単純・良く言えば現実的)
kanalikoさんはどうも外国人のお友達をお持ちで、英語も話せそうですから、次回は気合い入れて「そら、違うで~!」と反論してみて下さいね。

芸者さんのお仕事は、唄・日本舞踊・三味線などの芸事を披露してお客様に楽しんで頂いているのみです。確かに戦前・戦後直ぐなどは、身請け制度や深い関係の旦那を持っている人も居たでしょうが、今は無いようです。
ただし、ご贔屓の旦那衆はおられるでしょうが、昔のような関係性はないでしょう。 
そういう私も、花柳界に精通してるわけではないんで、よくご存じの方からご回答あれば、良いですね。
いずれにせよ、日本人も自国の文化を自信を持って語れないと誤解は永遠に続くって事でしょう。自戒の念も込めまして…。 頑張って下さい(^o^)/~
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。稚拙な英語を怪しく操る程度ですが海外の方とお話するのは刺激的です。そのときは「いやー、なんか違うかもしれない。」程度の反論でしたので今回みなさんに教えていただいたことを踏まえて頑張ります(^。^)/ おもしろいお話ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/20 11:12

日本の江戸時代の[浮世絵:ブロマイド]で世界に紹介されたレベルの「芸者」は、化粧法、衣裳、そして着こなしまで全てが



文化であり、彼女らには特定の旦那さんがいるのは当然としても見ず知らずの男性相手にサービスする女性ではありません。

ファッションという方面から見ると世界的に、特にヨーロッパでも時代の先端をリードしたのは「娼婦の世界」からでした。

ファッションリーダーになるような西欧の娼婦にも、厳然たるヒエラルキーが存在するように、日本の芸者にも娼婦とは違う

もっと厳しい[芸事]という区別があるので舞子、芸子、芸者さんを自負している方々のプライドは現代でも並々ならぬものです。

kanalikoさんのお知り合いは敬虔なキリスト教徒かもしれませんが、私の経験では敬虔でない方が大多数で戸惑う事はありません。

多分西洋人から見れば彼らの国の娼婦の連想から[歌舞音曲]のみで、お客を楽しませるプロフェッショナルは判り難いでしょう。

それにしても男性でも50歳以下の方は、本物の芸者さんに接する機会もない時代ですから、若い貴女が戸惑うのは当然です。

>特に海外での扱われ方は納得がいきません。・・・貴女が芸者さんを[現代日本文化]として捉えれば、理不尽な扱われ方だと

なりますが、芸者さんを知っている世代が70才以上の現代では過去の文化になりつつあるのでしょう。

つまり我々のイメージする芸者の大半は過去がベースですから、特に外国人に対する説明などは混乱するのかも知れません。

かく言う還暦過ぎの私も本物の芸者さんは40年程前に祇園で2、3回拝見したくらいで、どのように遊ぶのかも知らないのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。当然私も芸者さんに直接会う機械などありませんが、現代の日本人が失った美しい精神を守っておられるような印象をもっています。欧米の方の理解不足というよりは日本人全体の理解不足ということですね。いつかなくなってしまう文化なのでしょうか?この経済状況も大きな痛手でしょうね。

お礼日時:2002/03/20 11:02

私見ですが、そういう認識は誤解だと感じます。



以前、会社の関係で京都に行った時、舞妓さんの演舞(?)を観たことがありますが、一種の形式美、静謐で、どこか毅然とした、透明な強い意志を感じ、意外に思ったことがあります。
 

また、幕末維新のとき、所謂「芸者」が、よく登場しますが、・・・なにか、西洋人の理解している「芸者」とは、違うような気がします。
 我々は、芸者、というと、京都の舞妓さんを思い浮かべますが、彼等は、吉原と一緒に認識しているのでは?
 また、海外への日本文化の紹介も、だいたいが、観光の側面からのものが多く、その辺の事情もあるかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。私もテレビでしか見たことがありませんが舞妓さんの踊りは近寄りがたく侵しがたい美しさがありますよね。

お礼日時:2002/03/20 10:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q芸者?芸妓?

芸妓さんは「芸者」と呼ばれるのが嫌いだという話を聞きました。
なぜですか??正直言って、どう違うのか、私にはぜんぜん分かりません。
知っている方、回答をお願いします。

Aベストアンサー

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8A%B8%E5%A6%93

言葉は場所違ったり、時代違うと異なる意味やニュアンス持ちます。

質問者が「芸者」という言葉使う機会があるのですか?
単に興味で聞くのであっても「呼ばれるのが嫌い」と聞いたなら
無条件で従ってください(^^)

教養ある態度といいます。

Q芸者さんはなぜ海外で有名なのですか?

芸者さんと舞妓さんの違いを教えて下さい。
そして、芸者という言葉はなぜ国際的に有名になったのですか?
なにかきっかけになることがあったのでしょうか?
韓国や、中国にも芸者さんはいると思うのですが、なぜ日本の芸者さんだけ有名になったのですか?教えて下さい☆

Aベストアンサー

パリ博の話は前出の通り1855年頃からで、盛大なのはは1867年の政府と正式参加、薩摩藩が同時に出品した頃かと思います。

また、1873年のウィーン博の時の日本館は日本庭園が出店され・・・これは、数年前資料に基づき復元されています。

この日本庭園こそは「芸者姿」を配する事で評判となりヨーロッパじゅうに[ジャポニズム]を流行らせる切っ掛けとなったもので、

以後印象派の画家達(マネー、モネ、ルノアール)に多大な影響を与えたことで美術史上に残ったのです。
  ________________________

次に考えられる影響は明治・大正時代に外国からきた学者、実業家、観光客が日本のお土産に「日本の自然・行事」などの他に

「日本の風俗」「日本の芸者」というテーマの「観光絵葉書」を持ち帰ったため「フジヤマ」とともに世界中に広まったと思われます。
  ________________________

次のきっかけは、第2次大戦後の占領軍の影響ですが、戦前からの三業地(花柳界)の「大森海岸」付近に、占領軍将校専用の

「慰安所」を影の政府筋が、専門業者に運営させた事があって戦前からの芸者を急遽掻き集めたことがあったのです。

ここで行われたのは、芸者遊びをしていた写真などが、「グラフ誌」に載っていた所を見ると「単純売春」でもなかったようです。

この辺は昭和50年代に軒並み全て、分譲マンションになってしまい、昔の面影はありませんが今も大勢住んでおられます。
  ________________________

あとは皆さんよくご存知の通り、東京では芸者さんの姿も見かけなくなりましたが、外国人も京都の団体観光で「芸者ショウ」を

楽しむようになって現在に至っています。

??????????????????????????

中国、韓国については詳しくありませんが、古来中国には「傾城の美人」という言葉もありますが、最近ではどうなのでしょう?

韓国の場合、一頃「妓生:キーセン」旅行などと言う、日本人相手の実質「売春」が行われていて、対日感情を損なっていました。

しかし、昔風の優雅な感じはなくなりつつも有史以来と言われる風俗産業は、これからはどのように形を変えて続くのでしょうか?

パリ博の話は前出の通り1855年頃からで、盛大なのはは1867年の政府と正式参加、薩摩藩が同時に出品した頃かと思います。

また、1873年のウィーン博の時の日本館は日本庭園が出店され・・・これは、数年前資料に基づき復元されています。

この日本庭園こそは「芸者姿」を配する事で評判となりヨーロッパじゅうに[ジャポニズム]を流行らせる切っ掛けとなったもので、

以後印象派の画家達(マネー、モネ、ルノアール)に多大な影響を与えたことで美術史上に残ったのです。
  _______...続きを読む

Q曽野綾子先生、敬虔なカトリックです。

曽野綾子先生の主張、違和感覚えませんか★
信者さんの方にコメントいただければです 東京の信者と地方とでは、考え方違うんですかね
私自身は、学生時代にカトリックの受洗を

「70、80にもなって、『年寄りが安心して暮らせる生活を』などというたわけた言っていて、それで通るのが、日本の弱くて強いお年寄りなのである。人生はどこでも、いつでも『安心して暮らせる』ことなど決してないことを、改めて肝に銘ずるべきだろう」

霞が関の中央分離帯は、たいていの場合、雑草だらけ。〈中略)こうした公共の場の清掃に、足腰の立つ生活保護受給者には働いてもらった方がいいだろう。

放射線の強いところだって、じいさんばあさんを行かせればいいんですよ。何も若者を危険にさらすことはない

以上が曽野綾子先生の主張です
私と同じアパートの独居老人、寂しい、寂しいというので、わたしが毎週日曜日に行く、カトリック教会に行こうと、おすすめしたところ
「カトリック、ああー、あの曽野綾子さんのねー。いやだね。あんた、彼女の言動を調べなさい」と
また「キリスト信者が、広島、長崎に原爆落とした、あれはキリストの裁きだと、人種差別はするし、またイラクで劣化ウラン弾をばらまいて」
「東京のキリスト教会は、金持ちで社会的地位の高い人の行くところ、麻生さん、与謝野さん、山谷えり子さんなどあんたが行ったら白い目でみられるよ」
こんなことを。

曽野綾子先生の主張、違和感覚えませんか★
信者さんの方にコメントいただければです 東京の信者と地方とでは、考え方違うんですかね
私自身は、学生時代にカトリックの受洗を

「70、80にもなって、『年寄りが安心して暮らせる生活を』などというたわけた言っていて、それで通るのが、日本の弱くて強いお年寄りなのである。人生はどこでも、いつでも『安心して暮らせる』ことなど決してないことを、改めて肝に銘ずるべきだろう」

霞が関の中央分離帯は、たいていの場合、雑草だらけ。〈中略)こうした公共の場の...続きを読む

Aベストアンサー

まず一般論として、敬虔なカトリックだから「優しく美しい人道主義者」であるはずがないということを。

十字軍の遠征で異教徒を大量虐殺し悪行の限りを尽くしたのも、宗教裁判で「異端者」を火炙りにしたのも、魔女狩りで無実の人間を大量に殺したのも、すべてキリスト教徒です。
でもこれは、どんな宗教でも自分たちの教えを広めるために、多かれ少なかれやったことです。

さて曽野綾子さんのことですが、彼女が何と言ったか私は知りませんが、質問者さんが書いたようなことを言ったとしたのなら、それは曽野綾子さんが自分自身も老人の側の人間の一人として、逆説的に主張したのではないでしょうか。

老人だから何でも許されるとか、老人だから何もしなくて良いのではなく、老人にしか出来ないことを一生懸命やろうという、曽野さんも含めた老人に対する「応援歌」のようにも感じます。

あと余分なことですが、寂しさを紛らわすために教会に行くのが良いのなら、キリスト教でなくてもイスラム教でも、創価学会でも、幸福の科学でも何でも良いという理屈になります。

Q芸者と舞妓

芸者さんと舞妓さんの違いと、どんな仕事をする人なのかを教えてください!よろしくお願いします。

Aベストアンサー

母に「体験舞妓やりたい!」と言ったら、「あなたの年齢じゃあ…サバよみすぎじゃない?」といわれたことが。

芸者の見習いが舞妓。ですので、舞妓は10代がほとんどかと。

うた、踊り(日本舞踊)、和楽器などの芸事を磨き、場に華を添えて客をもてなす職業です。

もう少し詳しい話は、以下のWikipediaを参考にしてください。
>芸者
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8A%B8%E5%A6%93

>舞妓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%88%9E%E5%A6%93

Q京都の芸者さんについて

一口に芸者と言っても色々だと思うのですが、それを 外国人に上手く説明できず困っています。京都の芸者さんは 所謂 温泉芸者とは 違うことを説明したいのですが、そもそも 京都の芸者さんは どういう課程を経て 芸者さんになるのか
が わかりません。京都の芸者さんなる課程や 条件など 教えてください。

Aベストアンサー

下のURLのお座敷案内の竹の間(舞妓、芸妓ってなんだろう)のページに舞妓の準備段階から芸妓になるまでの課程が載っています。

また、渡辺淳一著「私の京都」(1989)から抜粋します。--全国に450の花街が残っているとはいえ、その実態はピンからキリまで様々で、芸者もピンからキリまでいる。芸者と聞くとすぐ温泉芸者を思い出す人がいるようだが、これはキリの方である。宴席に出て酌をし、歌の1,2曲を歌って、あとは客の求めに応じて躰を許すこともある。実態はソープ嬢と変わらない。
芸者とは名の通り、芸を持っていることが第一条件である。それも主に座敷で披露できる踊り(舞)、三味線、鼓、太鼓、謡いなどである。間違って困るのは温泉地にいる芸者さんがすべて温泉芸者というわけではない。古い温泉地にはかつて栄えた花街があって芸のできる本当の芸者さんもいる。それが温泉芸者などと言う呼び方で広まったのは客が芸よりも躰を求めるようになったからである。芸者の質の低下は客の質の低下と無縁ではない。
このような風潮の中でなお頑として芸を優先させ、昔ながらの風格を保っている花街が幾つかある。そのピンの一つが京の祇園である。ここには現在110人の芸妓と25人の舞妓がいることになっている。こうした一流の花街は祇園以外にも京都の先斗町、上七軒、東京の新橋、柳橋、神楽坂、赤坂、大阪の北の新地、名古屋や金沢などがある。これらのなかで祇園が現在の日本の花街の中で格式、規模、知名度などが一番だと思う。これだけ大きな規模で昔ながらの形態を残しているところはあまりない。そのことは舞妓の存在一つについても言うことができる。もともと舞妓は芸妓に対する言葉で舞を舞って客席に花を添える若い女という意味である。芸事や礼儀作法を学ぶには若い頃の方が良いと言うことから、花街では昔から少女が客席に出ていたが、これらを「お酌」とか「半玉」と呼んでいた。舞妓も同じだがこの呼び方は祇園だけである。各花街の芸事には昔からそれぞれ流派が入っているが祇園の踊りは井上流一派と決まっている。この井上流はいわゆるお座敷舞いで他の流派と比べて動きが穏やかで「踊り」と言わず、「舞い」と言う。舞妓、半玉、お酌と呼び方はいろいろだが、ともに十代半ばから二十歳前までの若い子で芸者として一本立ちする前の見習いである。だが、最近この種の若い子は減って神楽坂で一人、新橋、赤坂では皆無である。この状況の中で祇園だけは例外で25名の舞妓がいる。---

私が聞いたことがあるのは、京都市の条例で舞妓さんだけは15才くらいでも酒の席に同席することが許されているそうです。

参考URL:http://www.din.or.jp/~an-natu/index.html

下のURLのお座敷案内の竹の間(舞妓、芸妓ってなんだろう)のページに舞妓の準備段階から芸妓になるまでの課程が載っています。

また、渡辺淳一著「私の京都」(1989)から抜粋します。--全国に450の花街が残っているとはいえ、その実態はピンからキリまで様々で、芸者もピンからキリまでいる。芸者と聞くとすぐ温泉芸者を思い出す人がいるようだが、これはキリの方である。宴席に出て酌をし、歌の1,2曲を歌って、あとは客の求めに応じて躰を許すこともある。実態はソープ嬢と変わらない。
芸者とは名の...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報