歯が痛くて困っています。そこで疑問に思ったのですが、虫歯はよく真夜中に痛くなることが多いような気がします。何故でしょうか!?

それと虫歯の度合いを調べるときにあついものでしみるかと聞かれますが、何故あついものなのでしょうか!?冷たい物とどう違うのでしょうか!?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

目を閉じると色々な音が聞こえてきますよね?それと同じく、夜中真っ暗で静かだと感覚が鋭くなるんだと思います。


また、スポーツ選手等が興奮していると痛みを忘れて…と言うのも聞くので
寝る直前よりもふと真夜中に起きたときのほうがリラックス状態になる。
だからより痛くなるのだと思います。

また、冷たい物でしみるのは歯そのものが虫歯以外でも欠けている時に起こります。
温かい物は歯の根、歯肉の中が膿んでいる時にしみるんだそうです。
    • good
    • 0

実験生理学的に、午前0時から3時までの間が、最も痛みを覚える時間帯です。

ですから、子供は虫歯で夜鳴きをする。
厚いものがしみるときは、虫歯が深いと。但し、冷たいものや熱いものがしみるというだけでは、本当に虫歯であるかどうかは、一寸疑問です。歯肉炎でも、同様の症状が出ます。ただ、甘いものがしみる(化学物質ですね)、ときは、ほぼ99%虫歯です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • むし歯・う蝕のまとめページ

    むし歯(う蝕)とはどんな病気か  むし歯は、口のなかに常在している細菌の感染により歯質が軟らかくなり、崩壊していく病気です。日本では、食生活の変化とともに多くの人が罹患(りかん)するようになっています。  6年に一度行われる歯科疾患実態調査の最近(2005年)の結果では、6歳における乳歯のむし歯および12歳における永久歯のう蝕有病歯率(ゆうびょうしりつ)(処置された、あるいは未処置のむし歯をもっている割合)がともに回を追うごとに減少してきています。すなわち、乳歯・永久歯ともむし歯の急増しやすい時期における減少傾向が認められます。  むし歯は、砂糖を含む食物との関連が深いことがわかっています。とくに毎...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q5歳児の虫歯の治療についてです。今回、神経を抜きました。というのも半年

5歳児の虫歯の治療についてです。今回、神経を抜きました。というのも半年前ほどの虫歯治療の際につめたつめものが蓋の役割をしてしまい歯の中でばい菌がひろがり、神経まで到達してるためとのことです(行き場のなくなったばい菌は歯茎にまわってしまい歯茎がかなりはれました)素人目にみると、せっかくの虫歯治療が結果として神経までぬかなくてはならない結果をまねき、仇になったような気がするのですが、このような経過をたどるのはしょうがないのでしょうか?前回の処置(つめもののやり方)がよければこのようなことにはならなかったのでは?と思うのですが・・・。ご意見をおきかせください。

Aベストアンサー

いろいろなケースが考えられますが「詰め物が蓋をしてバイ菌が広がり神経まで到達する」という説明はプロの方が言ったのでしょうか?的を射た説明ではありませんね・・・逆に言うと、虫歯は放置しておけばバイ菌は外部に出て行くので神経が犯されることがないということになってしまいます。

詰め物・・・はコンポジットレジンという白いものですよね?

・詰め物の内部に隙間があった
・削るときに注水が届かず、歯髄が高温になって死んでしまった
・虫歯除去をしたさいに不顕性露髄(検索してみてください)があった


他にもあるかも知れませんね。可能性としては詰め物内部に隙間が出来てしまったのか、不顕性露髄があったのかどちらかではないかと予想します。

永久歯や前歯には少ないのですが、乳歯の奥歯ですと、不顕性露髄のケースがかなりあります。

Q虫歯の治療後、治療した歯の周辺の歯に、熱いものや冷たいものがしみて痛いです。

 昨日、先週削った虫歯に銀歯をかぶせる処置と、下の歯の歯石取りをしてもらいました。
 4月に入ると、仕事が忙しくなり、あまり病院に来られない旨を伝えると、「虫歯はもうありません。今後は歯茎の中の歯石取りを4回に分けて行う予定なので時間ができたら来てください。」と言われました。
 しかし、家に帰って飲み物を飲むと、凄くしみることに気づきました。虫歯があったときもしみたのですが、それ以上に痛い状態です。
 治療した歯がしみているわけでなく、「治療した歯のあたり全体がしみている」感じです。
 銀歯をかぶせる前(削って仮の詰め物をしている状態)でもしみていました。それも伝えたのですが、どう処置をしてもらったのかはわかりません。というか、銀歯をかぶせた後に痛むことまで想像できなかったので聞きませんでした。
 
 これはどういうことなのでしょうか。治療が昨日ということもあり、もう少し様子を見たほうがいいのかとも思います。それとも早くもう一度歯科にいくべきか、他の歯科でセカンドオピニオンを求めるか…と、悩んでいます。
 
 お詳しい方、アドバイスをお願いします。長文すみません。

 昨日、先週削った虫歯に銀歯をかぶせる処置と、下の歯の歯石取りをしてもらいました。
 4月に入ると、仕事が忙しくなり、あまり病院に来られない旨を伝えると、「虫歯はもうありません。今後は歯茎の中の歯石取りを4回に分けて行う予定なので時間ができたら来てください。」と言われました。
 しかし、家に帰って飲み物を飲むと、凄くしみることに気づきました。虫歯があったときもしみたのですが、それ以上に痛い状態です。
 治療した歯がしみているわけでなく、「治療した歯のあたり全体がしみている...続きを読む

Aベストアンサー

原因は2つ考えられますが、実際にお口の中を拝見しているわけではありませんので一番よいのは担当歯科医師に質問なさることです。

1)虫歯が深く、歯の中の神経に近いところまで削らざるを得なかったため、削ったときの刺激で神経が興奮している。→歯の奥に向かって第二象牙質というものが形成されていきます。半年ぐらいすると第二象牙質がしっかりと神経を守ってくれるようになり、しみる感覚は消えるでしょう。
2)歯石を取ったため、知覚過敏になった。→象牙質が露出した部分があり、象牙細管というものを通じてお口の中と歯の神経が交通してしまった状態です。しばらく様子を見れば収まってくるかと思います。

担当歯科医師に質問してみてはどうでしょうか?本当は治療の前にこうした説明をしてくれるほうがよいと思います。
質問してもきちんと答えてくれなかったり、治療の前にしっかりとインフォームドコンセントを取ってくれないようでしたら、(私なら)他の歯科医師にかかりますね。
どうぞお大事になさってください。

Q虫歯の治療 神経について

ここ最近冷たいものをのんだりすると歯がしみます。
昨日の夜は普段の時も少しいたいかなって感じがしました。

今日歯科にいってきて、いざ虫歯を削ってみると、
神経ぎりぎりらしく、少し神経がみえてしまっています。
神経を抜くかつめもので治すか聞かれて、痛いのはいやだったので
つめものを選び仮づめをしてもらいました。

神経を守る(?)ためのものを塗って治療してもらいました。
栄養をまわすため?といっていた気がします。
もし、虫歯が神経までいっていた場合神経を抜くという以外方法はない
のですか?
神経を抜くのは怖いですが、今の治療で治るかもとても不安です。
今日虫歯のところが少し痛むきがするのですが、これは普通なのですか?
それとも神経が虫歯までいっている証拠なのでしょうか?
仮づめをした場合でも次歯医者にいったときに
やっぱり神経抜かなきゃだめっていうことになってしまう場合もあるのでしょうか?

Aベストアンサー

神経がみえても感染した歯質が除去できていれば神経を抜く必要はありません。
でも神経が露出した状態なので痛みがでる場合があります。先生は覆髄といって神経を保護をする治療を行ってますが、その後痛みが治まらない場合は残念ですが神経を抜く場合もあります。疲れたり体調不良の時は特に痛みがでやすいので体調管理にはきをつけてください。

Qとにかく歯が痛い? 虫歯? 神経痛?

昔、虫歯で治療しかぶせている歯が痛い。

ただ、今、精神的なショックから体調をくずし心身ともにつかれきっているので、この痛みが神経的な痛みなのなのか?
かぶせている中が虫歯になり痛いのか?

痛みは歯とこめかみ横が傷む偏頭痛をともない、
冷や汗が出る。

虫歯ではなく原因不明の痛みに悩ませる人も多いいということですが、やはり歯医者に行くべきでしょうか?

Aベストアンサー

歯が痛いのなら歯医者に行くしかないですよ。

でも・・・歯が悪くなくても痛くなることがあるようです。

歯も筋肉痛みたいな症状になるって先生に言われたことがあります。

まずは、歯医者でみてもらって、原因が歯じゃないのなら、その他の原因をみつけないと治らないと思います。

Q虫歯で歯の神経を抜いた後の治療法について疑問を持っています

今年に入り虫歯で歯の神経を抜いたものです。歯の神経を抜いた後の後の治療法について大きな疑問を持っており、皆様のお知恵をお貸しいただきたく、質問させて頂きました。
Q1:神経を抜いた後の歯の治療は5~6回の継続した治療が本当に必要なものかどうか
Q2:神経が元々通っていた経路を拡張し(傷みもかなりある)、そこに薬を流し込むというのは通常行われる治療方法なのか
Q3:神経を抜いているにもかかわらず、神経経路拡張作業後かなりの痛みがあるが、これは通常ありえる事なのか、治療がまずいから痛むのではないか。
虫歯箇所:右上奥から2番目の歯
経緯:
(1)2006年9月 右上奥歯に虫歯が見つかり、歯を削り虫歯を除去
(2)2006年12月 9月に治療した箇所が痛み出す。歯医者に行った所、「神経が痛んでいて、それが回復していない」といわれ、電気を歯に流し、神経回復を待った。
(3)2007年1月10日 同箇所の痛みがひどくなり、再度歯医者に赴く、”以前見てもらった時とは違う先生”に診察いただいたところ、「神経が腐っている」から神経を抜くしかないと診断を受け、神経を抜くに至る。神経を抜いた後、該当箇所には固いゴム状の詰め物をしました。神経を抜き、麻酔が切れた後、治療した箇所が非常に痛みました。鎮痛剤を飲んでもかなりきつかったです。
(4)2007年1月17日 詰め物を外し、該当箇所に麻酔をした上、小さな針のようなもので神経が通っていた経路を削り、ゴリゴリ経路を拡張された。先生曰く、神経を抜いた後は、経路を拡張し、最終的にそこに消毒薬を流し込んで封入する。神経を抜いた後は、2,3回拡張作業が必要になるとの事。この日も治療後、麻酔が切れた後かなり歯が痛みました。
(5)2007年1月31日 1/17と同じ治療を繰り返す。17日との相違点は、この日で神経の経路の拡張は終了し、次回から歯のかぶせをするための土台作り、次々回に型取りをする事になった。

今年に入り虫歯で歯の神経を抜いたものです。歯の神経を抜いた後の後の治療法について大きな疑問を持っており、皆様のお知恵をお貸しいただきたく、質問させて頂きました。
Q1:神経を抜いた後の歯の治療は5~6回の継続した治療が本当に必要なものかどうか
Q2:神経が元々通っていた経路を拡張し(傷みもかなりある)、そこに薬を流し込むというのは通常行われる治療方法なのか
Q3:神経を抜いているにもかかわらず、神経経路拡張作業後かなりの痛みがあるが、これは通常ありえる事なのか、治療がまずいから痛むの...続きを読む

Aベストアンサー

Q1:抜髄後の処置は、その状況によって違います。
a)歯質が残っていて神経が露出(露髄)していない場合は感染しないようにその日のうち、或いは1~3回程度の治療後根充します。
b)露髄が疑われる場合は、感染の有無を細菌培養試験などで確認してから根充します。
注:治療回数は条件によって変動します。特に上奥歯は根が3本あるので、細くなってしまっている場合は6回以上通院する場合もあります。
b-1)感染していた場合は抜髄後、感染根管治療へ移行します。この場合は培養試験が陰性になるまで治療は続きます。

Q2:これは基本的な治療法です。神経の通っていた管の周囲に有機質があると、それが原因になって将来膿を持ったり痛みが出る事がありますから。また、薬剤が入りやすいように広げ、周囲の壁を滑らかに整えます。
Q3:抜髄の場合は神経の末端が残っていたり、側枝といって枝分かれしている事があり、この場合は治療時に痛みが出る事があります。
通常は1~3回程度で痛みはなくなりますが、側枝の場合、炎症が強いと少し時間がかかる事があります。長い人では2ヶ月に及ぶ事もありますが、ある日突然痛みが消えます。
 この時期に転医すると「前歯科はヤブ。後歯科は名医」と誤認される場合があります。
 もう一つの可能性として、歯医者が根の周囲の健康な組織を傷つけている場合があります。これは根の長さを測定すれば防げますが、測定せずに治療をするケースが少なからずあるようです。

ただ、最近(うちでは)他院で「根が腐っている」と診断されて、実際には神経が活きている場合が増えています。
根が腐っているという診断をつけるためにはレントゲンだけでなく、生活反応の試験もしなければなりません。
実際、どの程度の検査をして「腐ってる」と診断されたかにより、状況は大きく変わる可能性があります。

Q1:抜髄後の処置は、その状況によって違います。
a)歯質が残っていて神経が露出(露髄)していない場合は感染しないようにその日のうち、或いは1~3回程度の治療後根充します。
b)露髄が疑われる場合は、感染の有無を細菌培養試験などで確認してから根充します。
注:治療回数は条件によって変動します。特に上奥歯は根が3本あるので、細くなってしまっている場合は6回以上通院する場合もあります。
b-1)感染していた場合は抜髄後、感染根管治療へ移行します。この場合は培養試験が陰性になるまで治療は...続きを読む

Q熱いものも冷たいものも、歯にしみます。虫歯ではありません。

虫歯は完全に治療済みで、一本もありません。
以前は知覚過敏だったようですが、フロスや歯ブラシをきちんと使って
丁寧に歯磨きをしたので、すぐよくなりました。

ただ、一本だけ問題を抱える歯があります。
片方の奥歯で、歯を食いしばったりするときは特になにもありませんが
熱いもの、冷たいものを口に入れるとひどくしみます。とても痛いです。
何度も歯医者に行き、お医者様にも最善を尽くしてもらったのですが、お医者様も、歯の痛みがいつまでも治らないことに困ってしまったようです。
歯茎も健康な色です。

原因は何でしょう。本当に困っています。
職業は技術系で、新米なので毎日深夜に帰宅です。
ストレスも関係しているのでしょうか…。

Aベストアンサー

歯科医に診てもらっておられるとのことで可能性は低いと思いますが、歯にほそい亀裂が入っている場合にそういうことがあると聞いたことがあります。そういう場合その部分につめものをすると症状が全く消えてしまうそうです。これは根本治療ではないはずですが原因が分かるかもしれません。

Q神経を抜いた場合の虫歯の治療期間

3月の頭に虫歯の治療に行ったところ、既に神経付近まで虫歯が進行しており、神経を抜きました。
神経を抜いた後、その抜いた穴に薬を詰め、白いカバー?みたいなもので歯を覆いました。1週間に一度詰めた薬を交換し、これを数回繰り返し、穴がきれいになったらかぶせ物をして治療が終わるという説明を受けました。
前回5回目の薬の交換に行った時
「次の交換時に、状態がよければ歯を埋めましょう」
と言われました。

次で本当に終わればいいのですが、神経を抜いた場合、虫歯1本の治療に1ヶ月も普通かかるものでしょうか?
時間や治療費もかさみますし、そろそろ終わらせたいです。
こういった場合の平均的な治療期間を教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

私も一度経験ありますが、確か1ヶ月位かかりましたよ。
4,5回のお掃除(かぶせものを取って中を消毒だか薬だか入れてました)
もしくはもっと行ったかも・・。
普通の範囲だと思います。

Q虫歯なのに歯が痛くないのは、どうしてですか? それに痛くない虫歯を削ると痛みがあまりないのは、どうし

虫歯なのに歯が痛くないのは、どうしてですか?
それに痛くない虫歯を削ると痛みがあまりないのは、どうして?

Aベストアンサー

基本的に歯は硬組織と呼ばれる硬い組織です。痛みという感覚は神経繊維が刺激される事により大脳で感じる事によって生じ これを「痛覚」と言います。
従って痛みを感じると言う事は、何らかの形で神経組織が刺激されたと言う事になります。歯の表面は硬組織オンリーですから神経繊維はありません。従って表面のエナメル質を削っても痛みは生じず またエナメル質の虫歯は痛みを発生しません。エナメル質の内部の象牙質は 硬組織ではありますが その内部に神経繊維が細かく入り込んでます。従って象牙質を削ると神経繊維を刺激して痛みを生じます。ところが 虫歯の場合は非常にゆっくりと象牙質を溶かしていき、内部に入りこんだ神経繊維を腐らせてしまいます。神経繊維は急激な刺激には反応しますが ゆっくりとした刺激には反応しません。例えば 腕を叩いた時に、急な刺激・勢いを付けて叩けば痛みますが、ゆっくりと圧力をかけていった場合かなりの圧力・叩く力を超えても痛みとは感じないでしょう。それと原理は同じなんです。

さらに虫歯は歯を溶かす・腐らせていきます。象牙質を腐らせていよいよその内部の歯髄と呼ばれる組織・いわゆる神経にまで進んでしまうと 今度は軟組織・普通の肉と同じ部位に感染が生じます。これで歯髄内の神経繊維が刺激されて痛みが出てきます。この時に 腐らせた象牙質(軟化象牙質と言います)は 歯が腐った組織のため神経繊維も機能していませんのでいくらこの部位を削っても痛みがありません。ただ この場合は内部に歯髄がありますから、歯髄に近い場所を削ると その刺激が歯髄に伝わりますから痛みが出てきます。軟化象牙質は感染した組織ですから 治療の際には完全に除去してしまいたいのですが、これを完全に取ってしまうと神経まで痛めてしまう可能性が有り なかなか完全に取り去る事が難しいのです。

まぁ、なかなか文章では理解しがたいでしょうけど・・・・・・

基本的に歯は硬組織と呼ばれる硬い組織です。痛みという感覚は神経繊維が刺激される事により大脳で感じる事によって生じ これを「痛覚」と言います。
従って痛みを感じると言う事は、何らかの形で神経組織が刺激されたと言う事になります。歯の表面は硬組織オンリーですから神経繊維はありません。従って表面のエナメル質を削っても痛みは生じず またエナメル質の虫歯は痛みを発生しません。エナメル質の内部の象牙質は 硬組織ではありますが その内部に神経繊維が細かく入り込んでます。従って象牙質を削ると...続きを読む

Q虫歯の治療で神経を抜いた治療中の歯が痛い

虫歯があり、治療のため歯医者に行くと、神経にまでいっているようなので神経を抜きましょうと言われ、先日神経を抜きました。
そして2回ほど消毒をし、神経の中身を薬で埋め終え、虫歯の歯に入れる被せ物の型を取り終え今はセメント?のようなもので仮で歯にフタをしています。
次回セラミックの型ができているはずなので、最終的にセラミックの被せ物を入れて治療終了。
となる予定なのですが、
現在セメントのようなもので仮フタをしている状態だからなのか何なのか、
ポテトチップスやたまねぎなど、それほど固いわけではないものでもその虫歯の歯で噛むと鈍い痛みがあります。
これはまだ治療途中で完全な型を嵌めているわけではないからその歯を使ってものを食べると些細なものでも痛みを感じるのは当然で、ちゃんとした型を入れて治療が終了するとこの痛みはなくなるものなのでしょうか??

それとも治療途中であれ、神経を抜いた筈の歯がそれほど固くないものを食べただけで痛みを伴うのは異常で歯医者の治療ミスとなるのでしょうか??

たぶん次回の来院で治療終了となると思うので、もし今の状態が問題なようであれば歯医者さんに伝えて神経が炎症を起こしてないかなどの確認をお願いしなければいけないので、神経を抜く虫歯の治療をして同じように痛みが出たことがある方、もしくは専門家の方がいらっしゃいましたら是非ご意見お聞かせ下さい。

虫歯があり、治療のため歯医者に行くと、神経にまでいっているようなので神経を抜きましょうと言われ、先日神経を抜きました。
そして2回ほど消毒をし、神経の中身を薬で埋め終え、虫歯の歯に入れる被せ物の型を取り終え今はセメント?のようなもので仮で歯にフタをしています。
次回セラミックの型ができているはずなので、最終的にセラミックの被せ物を入れて治療終了。
となる予定なのですが、
現在セメントのようなもので仮フタをしている状態だからなのか何なのか、
ポテトチップスやたまねぎなど、それほど...続きを読む

Aベストアンサー

まず、結論から言ってしまいますが、
痛みがあるのであれば、次回の来院時に
絶対に痛みがあることを伝えましょう。

できれば、今回のようにどういう時に痛みが出るのか、
何もしていなければ痛みがでないのかなど、
詳しく伝えるとより良いと思います。

歯の神経は、人により太さが違い、
痛みの原因となる神経を今回は綺麗に取り除いたところまで
きているようですが、何もしてないのに痛みがあるならば
質問者様の神経が細くて、少し取り除けていないのかもしれません。

神経の取り残しは、まれにあるようなので、
痛みがでているならば、伝えましょう。
治療している先生が、一番原因がわかる方ですから。

お大事になさってくださいね。

Q歯医者で虫歯治療してしみるから、麻酔しました。 麻酔きれてから、歯茎が痛いです。 歯医者に電話したら

歯医者で虫歯治療してしみるから、麻酔しました。 麻酔きれてから、歯茎が痛いです。
歯医者に電話したら、麻酔したせいかもしれないからと、様子見るようにと言われました。
で歯肉炎にもなっていて痛いのかなって思ったりもします。
前回も虫歯治療してしみるから、麻酔打って麻酔きれてから歯茎が痛かったです。
麻酔打ったせいですか?

Aベストアンサー

おそらくそうだと思います。
痛み止めは処方されていませんか?
今晩は様子をみて、明日になっても痛みが引かない場合はもう一度受診しましょう。

お大事に


人気Q&Aランキング

おすすめ情報