痔になりやすい生活習慣とは?

暖かくなって庭の花がきれいに咲き始め・・・と思ったら、同時になめくじも陽気に誘われたかのようにいっぱい出るようになりました。
主に被害に遭っているのは、パンジーです。しかも今のところ特定のコンテナが無惨な状況です。(つぼみまで食べられて・・・涙)
チューリップと寄せ植えしているコンテナで、昼間はチューリップの葉の奥に隠れているので、割り箸でつまんで引っ張り出すのもなかなか難しいです。

ベテランの皆様、なめくじ退治の妙案をご教示下さい。

*ひとつ気になっていることがあります。真っ赤や真っ黄色のパンジーは土植えのでもほとんど食害されていません。なめくじの跡が付いていても、です。アプリコット色や薄いピンク色などの淡い色合いの花は、喰い跡だらけです。
なにか理由があるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 私もやったことがありますが、ナメクジはビールが大好きですから、ビールでおびき寄せるのがいいと思います。

効果抜群です。
 具体的には、ビール(飲み残しで十分)を小皿に入れて、そこへ市販のナメクジ駆除剤を混ぜて、パンジーの近くにおいておくといいと思います。

 gooやGoogle等の検索サイトで「ナメクジ ビール」で検索すると体験談等がたくさんヒットします。参考URLに挙げた、

http://www.geocities.com/maririn_77/jp/bugs.htm# …

はその一例です。

 それから、花の色が違うと言うことは花びらに含まれている色素が異なるということだと思いますから、ナメクジの好み(もしくは苦手)の色素というのがあるかもしれませんね。こちらは自信なし。

参考URL:http://www.google.co.jp/,http://www.geocities.com/maririn_77/jp/bugs.htm# …
    • good
    • 3
この回答へのお礼

色々ありがとうございます。
ビール、試してみたいと思います。

なめくじと花の色素については、別カテゴリで質問してみようかと思います。

お礼日時:2002/03/22 16:04

赤線(軟銅線)を焼いて.地面においておくと来なくなると.聞いています。


ただし.おいた事はあっても有為さがあったか調べていません。
そもそも.ナメクジを見つけたら子供がおもちゃにしてしまいますので.ナメクジにとっての最大の天敵は子供です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

残念ながら愚息は幼すぎて、まだなめくじををいたぶって遊んでくれません。成長を待たないといけませんね。
教えて頂いた方法を、試してみます。

お礼日時:2002/03/22 15:56

 ビールで誘き寄せて溺れ死にさせるやり方を私もやってみたいのですが、飲み残しのビールがないから(全部飲んじゃうので…)試したことはありません。



 ホームセンターの園芸コーナーや園芸店でナメクジ退治の顆粒が売られています。これがお勧めです。

(1)プリンやゼリーが入っていたカップ(洗って乾かす)、またはペットボトルの底から15~20cmのあたりで切ったカップにその顆粒を入れます。
(2)夕方頃コンテナ近くに仕掛けます。
(3)ヤツらは朝にはカップの中で干からびてます。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございます。
我が家には猫二匹に幼児一人がいるため、なかなか殺虫剤が使えないのです、とほほ。
とはいえ、「ひからびて」というのは魅力ですね。子供が大きくなったら試してみようと思います。

お礼日時:2002/03/22 16:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなめくじの駆除~初心者です。

テラコッタに寄せ植えされた花(マーガレット、ネモフィラ、サフィニア)
を購入して育てています。

購入後二週間した頃、大雨でマーガレットが傷んでしまいました。
傷んだ花を摘み、茎や葉っぱも日々伸びてきたので、剪定したりして手入れをしていました。

虫が多く飛んでいたり(毛虫もいたので退治)、葉っぱが食べられていたのでネットで検索して、オルトランを購入し散布して様子をみていました。栄養剤も与えて花数も増え順調だと思っていたのですが今日になって、なめくじが大量?発生していました・・・・。

死骸の処理が苦手なのでナメトールを撒いてみたいと思うのですが効果はどうでしょうか?
また、オルトランや栄養剤を使用している上から、さらにナメトールを使用しても問題はないでしょうか??

花が好きで、やっとガーデニングを始めたのに、次から次へと問題が出てきて早くも挫折してしまいそうです。

ご回答宜しくお願い致します!!

Aベストアンサー

>なめくじの駆除~初心者です。

死骸の処理が苦手なのでナメトールを撒いてみたいと思うのですが効果はどうでしょうか?
また、オルトランや栄養剤を使用している上から、さらにナメトールを使用しても問題はないでしょうか??

      ↓
気持ち悪いし、大切に育てている草花を食い散らすし、本当に憎たらしい奴ですね・・・。
そこで、我が家では花・野菜・多肉植物等の鉢やプランターやコンテナ、畑や庭で、こんな対策対応をしています。
(既に、実施されていると思いますが、ご参考に)


◇確実なのは捕殺:大嫌い・気味が悪いですが、大事な花や実の敵ですから、目をつぶって天誅と心で叫びながら退治!

朝夕の小まめな点検で、見つけたら、速攻で割り箸orピンセットで捕まえてレジ袋に入れ、ゴミ出し時に一緒に捨てます。


◇仕掛け型:じっくりと取り組むと漢方薬のように徐々に少なくなり、やがて見かけなく成ります。
そして気味の悪いナメクジ・大事な花を食い散らす天敵→仕掛けに掛かっていると段々と獲物の掛かっている喜び、!快感に!
その方法とは・・・
夕方に、バナナの皮・メロンの皮・スイカの皮・リンゴの芯・桃の芯等の果実を食べた後に果肉が少しついた状態で鉢やプランターとか草木の株元において置く。

早朝に見回ると、ナメクジ・ヨトウムシ・ダンゴムシ・ヤスデ・蟻が食いついていますから、レジ袋に回収しゴミ出し。
また、果物が少し効果が薄れた頃には、アイスクリームやヨーグルトのカップを仕掛けても効果がありますので、まさかグルメだったり偏食や飽きが来るのではないでしょうが、交互に繰り返すのも良いのではないでしょうか・・・
ビール缶は、人間と違って銘柄・種別を選ばないと思いますが、あんまりナメクジには人気がないように思います。<入っているのは、蟻やヤスデ、ダンゴムシが多い)
姿を見るのが苦手・ダメと仰る向きには、トングのような火バサミがホームセンターにありますので、ゴム手袋とレジ袋と火バサミを用意して、仕掛けごと入れてゴミ出しすれば良いのでは・・・


◇忌避効果:原理は分かりませんが、プランターや鉢に株元周辺に散布すると翌朝には余り見かけません。

ニンニク・唐辛子を入れた竹酢液、無ければ焼酎をナメクジと出没する土壌にに吹き付ける。


◇駆除または退散:園芸店やホームセンターで用途用法を確認して使用。

ナメキールorナメトックスをばら撒いておく。※商品名はメーカーで異なる。
初回は効果的だったようですが、相手は土壌の中からドンドン出て来ますので、まるで地球と戦うような観があります。
根気よく、駆除と予防<日照・風通し・葉っぱや堆肥の清掃で発生させない増やさないのがポイント>



ナメクジさんよサヨウナラ!
大切な草花・野菜を守るのは私の使命、その花や実を楽しめるのは、嫌な仕事(ナメクジ退治)への天からの報酬です。


※参考記事

http://www.epcc.pref.osaka.jp/afr/zukan/030.htm

http://nao-k.jp/engei/nouyaku/nouyaku.html

http://www.iris-saien.com/buz/p02.html

>なめくじの駆除~初心者です。

死骸の処理が苦手なのでナメトールを撒いてみたいと思うのですが効果はどうでしょうか?
また、オルトランや栄養剤を使用している上から、さらにナメトールを使用しても問題はないでしょうか??

      ↓
気持ち悪いし、大切に育てている草花を食い散らすし、本当に憎たらしい奴ですね・・・。
そこで、我が家では花・野菜・多肉植物等の鉢やプランターやコンテナ、畑や庭で、こんな対策対応をしています。
(既に、実施されていると思いますが、ご参考に)


◇確実なの...続きを読む

Qパンジーの花を食べる虫

パンジーの花を食べる虫がいるのですが目に見えません。  プランターにはナメクジがいたので、ひとつひとつ取り払い、ナメクジ用の駆除剤も撒きました。  玄関にあるプランターのパンジーはその後無事でいるのですが、裏庭のプランターと地面に植えたパンジーは毎日食べられています。  そこにもナメクジ駆除剤を撒いてあるのですが効果がありません。 ナメクジは見当たりません。  他の虫も見えません。  どうしたらいいでしょうか。  地面にパンジーと一緒に植えてある他の花は食べられていないのです。   どなたか助けてください。

Aベストアンサー

No1です。

実際の虫を見なくちゃわかりませんが、ナメクジ以外で考えられるのは
No2さんと同じくヨトウムシだと思います。


質問者様のお住まいの地域がわかりませんが、
ナメクジが活動してるとのことなので、比較的暖かい地域だとおもいます。
ヨトウムシにも種類はあるのですが
ハスモンヨトウは休眠しないので、温度があればこの季節でも活動します。

ヨトウは夜に活動するので、暗くなっってから、
懐中電灯でパンジーを照らせば、簡単に見つけられます。
捕殺してください。

Qナメクジ完全撲滅方法

こにちは。毎年ナメクジが出てきて困っています。
誘殺剤では何匹かは死にますが、完全に除去することが出来ません。
どなたか、いいアイデアをお教え願います。
(庭をすべてコンクリートにする、庭一面に塩をまくなんてのは無理です)
ナメクジを食べてくれるような天敵動物はいないのでしょうか。
よろしく御願い致します。

Aベストアンサー

こんばんは、

最近、ナメクジの駆除に椿油粕を使用する農家が増えています。
椿油粕は、つばき油をしぼったかすです。

椿油粕には、「サポニン」という天然の殺虫成分が含まれています。
このサポニン成分がナメクジを死滅させます。
椿油粕の形状は、ナタネ粕のような感じのものです。
少しですが、肥料成分も含まれています。
天然の殺虫成分なので、安心して使えます。土地にも影響ありません。

使い方は、椿油粕を土地にパラパラまいて、水をまいてください。
速効的に効きます。

もし、ナメクジを見つけたら、椿油粕をかけてみてください。
ナメクジの移動スピードは驚くほど早いですよ、(^_^)

注意点としては、表面がヌルヌルした虫
カタツムリ、ミミズ、ヘビなども死んでしまいます。
また、近くに池があり、成分が流れ込むと、池の中の
魚、貝類はすべて死んでしまいます、ので注意してください。

参考URL:http://www.gardeningshop.co.jp/aburakasulist.html

Q花につくナメクジ

私の母は、花を育てるのが大好きで、庭(といっても、狭いですが)いっぱいに咲かせています。
ところが、最近その花たちにつく ナメクジに頭を痛めてます。夕方になると、父と二人で一つずつ おはしで取っているのですが、切りがないようです。塩をかけることも考えたようですが、花が傷んでしまうとだめだから・・・と、言います。どなたか、いい駆除方法があれば 教えて頂きたいと思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

様々なナメクジ用の殺虫剤が出ています。
地面に散布する顆粒状ものが多いようです。
観賞用の花ならばどれを使っても良いでしょう。

家庭菜園の場合は殺虫成分の人体への影響が心配ですから、
地面に散布するタイプは使わない方が良いでしょう。

その場合は誘引して内部で殺すタイプ
#1の方の
>ピラミッド型をしたナメクジとり
が良いと思います。

ナメクジは夜間に活動が活発になるようです。

生シイタケを自宅で干していたらたくさん集まってきました。
実家製堆肥の材料のキャベツの葉にも集まってきます。

捨ててしまうキャベツの葉やシイタケを、
夕方、皿やザルの上に置いておき、
数時間毎に観察し、集まった所を処分する方法もあります。
ただし、朝まで放置すると逃げてしまいます。
エサの取られ損になるので、就寝前に片付けます。

Qナメクジは害虫ですか?。

私の家の庭によくナメクジが居ます。以前、ナメクジには人体に害を及ぼす菌があるため、触ってはいけない。もし触ってしまったら、よく洗い流す。もし家の中をナメクジが這った跡があれば、きれいに拭取ると聞いた事があります。薬局等の害虫駆除のコーナーにもナメクジ退治の薬品が販売されていますが、本当にナメクジは害虫なのですか?。教えてください。

Aベストアンサー

ナメクジやカタツムリを触った後に手を洗ったほうが良いというのは、広東住血線虫のことを言っているのでしょう。
広東住血線虫は本来ねずみに寄生する寄生虫で、まず、ナメクジやカタツムリに寄生し、そのナメクジやカタツムリがねずみに食べられることでねずみに寄生します。
人間が広東住血線虫が寄生したナメクジやカタツムリを生で食べると人間にも寄生します。しかし、本来の宿主ではないので異常な行動をとりどういうわけか脳に集まってしまうようです。
寄生した数が少なければ問題ありませんが、多いと障害がでたり死に至ることもあります。
外国の例では一匹のカタツムリに数千匹の線虫がいることもあり、このような場合はカタツムリの体内からあぶれたのが体表にいたりするようです。
よって念のために触った後は手を洗った方が賢明です。

害虫駆除コーナーに薬があるのは、他の方が言っているように農作物の被害に対するものです。

Q花壇などのナメクジやダンゴムシなどについて・・

うちの庭や花壇(とくに花壇!)に気持ち悪いほどのナメクジやダンゴムシ、あとヤスデ(?というんでしょうか・・ムカデのようなゲジゲジした虫)最近ではアリ、わけの分からないケムシなどが、数え切れないほど沢山います。
花や葉にまでついているときもあるほどです。
これらの虫は植物や人に対して、害はないのでしょうか?
こどもが分からず触ってしまうこともあるので心配です。

退治する薬などを使おうかとも思ったのですが、植物に害はないのでしょうか・・?
花壇などは密集しているので、植物に当たらないようにまくのも無理があると思います。

なにかいい対策はないでしょうか?

Aベストアンサー

minaminatoさん、こんにちは。
なめくじやダンゴムシが沢山いる花壇は、きっとお花も綺麗に咲いているのでしょうね。お子さんがいらっしゃるという事なので、気になって回答させて頂きます。

他の方が既に言われているように、そのムシに合った薬剤を使用すれば、虫を減らすのは簡単です。ただ、お子さんがお庭に出て遊んだりするのであれば、薬剤ほど効果てきめんではありませんが、ハーブ系の植物を原材料にして作られた「虫くんバイバイ」というスプレータイプのものをお勧めします。(ハーブ系の植物って、なぜか虫がつかないんですよね。)

Q夏に強く、花期が長く、虫や害虫が来ず・・・・そんな花を教えてください。

夏に強く、花期が長く、虫や害虫が来ず・・・・そんな花を教えてください。
できれば今から苗を買ってきて植え付けられるものを探しています。

今育てているのはペンタス、ミリオンベル、イチゴ。
種をまいて発芽したばかりは、ヒマワリ、アスターです。

Aベストアンサー

ハーブの中から希望にあいそうなものを選んでみました。ハーブ類は余り立派な花は付けませんが、夏中咲き続けるものが多く、芳香が強いためか虫が余りつきません。

ローズマリー(写真左上)
立性と匍匐性があり、立性のものは1m以上もの低木の様に育ちます。開花まで多少の年数がかかりましたが、開花し始めた後は初夏の頃から秋口まで可憐な花を着け続けます。料理にも使うハーブで芳香が強く、虫は嫌う様なので、植えておくと虫除けにもなります。挿し木で増やせます。

ペラルゴニウム(セインテッドゼラニウム)(写真左下)
様々な品種があり、それぞれ香りに特徴があります。この中のシトロン・ゼラニウム(Peralgonium citrosa)は蚊連草とも呼ばれ、植えておくと蚊避けの効果もあります。初夏から秋口まで花を咲かし続けてくれます。多年草ですが挿し木で増やせます(写真左上)。

チェリーセージ(写真中上)とパイナップルセージ(写真中下)
チェリーセージ(Salvia greggii)は、初夏から秋口まで多数の赤い花を咲かし続けます。一方パイナップルセージ(Salvia ellegance)は、入れ替わって夏の終わり頃から冬の季節まで花を着けます。
どちらもとてもきれいな花です。多年草ですが茎は木質になり、挿し木で増やせます。虫はほとんど付かない様です。どちらも観賞用のセージです。
なお料理や薬用にするコモンセージ(Salvia officinalis)も虫が嫌うのですが、開花期間が限られるので、ご希望には合わないかも知れません。しかし西洋では昔からセージがある家には病人が出ないと言われていた程で、植えておきたいハーブです。

コモン・マロウ(写真右上)
タチアオイとも呼ばれる様です。1年草ですが地植えで育てると1m以上に育ち、初夏から薄紫色の花を多数着け続けてくれます。1年で枯れますがこぼれ種で自然に増えて行きます。虫は少ないでしょう。

ナスタチウム(写真右下)
種で育つ一年草です。地植えで育てれば1株が30cm以上もの大きさに広がり、(株)毎に赤、橙、黄色のきれいな花を咲かし続けてくれます。多少密集して植えると立派な花畑になります。虫は少ないと思います。

ハーブの中から希望にあいそうなものを選んでみました。ハーブ類は余り立派な花は付けませんが、夏中咲き続けるものが多く、芳香が強いためか虫が余りつきません。

ローズマリー(写真左上)
立性と匍匐性があり、立性のものは1m以上もの低木の様に育ちます。開花まで多少の年数がかかりましたが、開花し始めた後は初夏の頃から秋口まで可憐な花を着け続けます。料理にも使うハーブで芳香が強く、虫は嫌う様なので、植えておくと虫除けにもなります。挿し木で増やせます。

ペラルゴニウム(セインテッドゼラニウ...続きを読む

Q咲き終わったチューリップの球根はどうすればいいの?

昨年の秋に鉢に植えたチューリップの球根。先週まで綺麗な花を咲かせていましたが、今週になって花は全て散りました。葉っぱはまだ元気ですが、この後どうしたらいいでしょうか?できればまた同じ球根で来年の春に花を咲かせたいと思っていますが、チューリップの球根というのは上手く保管していれば、毎年綺麗な花を咲かせるのですか?それとも一回花を咲かせた球根はそれで終わりで、そのまま捨てるものですか?もし来年も使えるのであれば、どのように保管したらいいでしょうか?

ガーデニングは全くの初心者です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

花がらだけつんでそのまま育てます。
2ヶ月くらいはかかります、肥料はたっぷりあげます。
葉が枯れるまで育てたら水遣りをやめて保管します。
掘り出してもいいしそのままでもいいです。
秋になったら植えますがその時は新しい土に植えます。

Qパンジー・ビオラの害虫?被害について

今秋に苗から植えたパンジーやビオラの花弁が、虫に食われたように欠けています。見たところアブラムシなどの害虫は見当たらないのですが、一応、数回「害虫と病気に効く」という殺虫剤を散布していますが、気が付くとせっかく咲いた花がまたかじられた様になっています。
原因と対策をご存知の方、教えて下さい!

Aベストアンサー

原因として
ナメクジ・カタツムリ
ダンゴムシ
バッタ


蕾が小さい時にナメクジに食われたのではないかと思われます

殺虫剤はナメクジには効果が有りません
今は寒いので野外では冬眠しているでしょう
暖かくなったら専用の駆除剤を使ってみてください

鳥も花を食べることがあります
ヒヨドリとかが咲いた花をついばんで食べてしまうけど
どんどん食われてなくなりますよ
一つの花で被害が拡大するのなら鳥かも

Q植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています

植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています


職場の空いたところに花壇を設置することになりまして
そこに何を植えるか検討中です

植木等の世話にマメではないので、植えた後も元気で生育してくれて
出来れば翌年(あるいは毎年)も花を咲かせてくれるようなものを探しています
見た目は二の次です

こういう都合のいい花はあるでしょうか

Aベストアンサー

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ローズマリー
 すっごく丈夫でまさしく植えっぱなしOK。日当たりさえ良ければ乾燥にも強いので水やりもマメに行う必要はありません。花も咲きますが大きな花ではありません。でもまあ見た目重視でないならこちらは職場である程度ほったらかしにできる植物としてはぴったりです。
http://www.yasashi.info/ro_00002.htm
●ドウダンツツジ
 低木です。冬は落葉しますが枝が密生しているので寂しい感じにはなりません。春にはベルのような可愛い花が咲きますよ。こちらも丈夫です。
http://www.yasashi.info/to_00008.htm
●ランタナ
 小さい密生した花を沢山咲かせます。暑さには大変強く、丈夫で育てやすいですが、毎年積雪のある所では無理かもしれません。
http://www.yasashi.info/ra_00001g.htm
●セージ
 ハーブのセージです。様々な種類がありますが、大きくなるのはラベンダーセージやアメジストセージ。チェリーセージは比較的コンパクトです。丈夫ですが花はアメジスト以外は地味です。
http://yasashi.info/se_00005.htm
●マツバギク
 一転して丈の低い植物です。グランドカバーといって芝生のような役割をします。マツバギクは多肉ですので乾燥に非常に強く、寒さに若干弱いもののほぼ植えっぱなしでOKです。よく似た仲間にマツバボタン、ハナスベリヒユ(ポーチュラカ)、リビングストンデージーがありますが、これらは一年草ですので秋の終りには枯れます。
http://www.yasashi.info/ma_00015.htm
●宿根ガザニア
 花は非常に綺麗で密生して咲くととても綺麗です。真夏の太陽にも耐えて非常に丈夫です。ただし寒さには若干弱いので関東以北は厳しいかもしれません。
http://yasashi.info/ka_00012.htm
●オキザリス
 写真以外にも非常に沢山の種類があり、お好みのものが見つかると思います(我が家はピンク色のオキザリスがあります)。丈夫で育てやすいので植えっぱなしOKです。

【日当たりが悪い】
●クリスマスローズ オリエンタリス種
 本来は落葉樹の下に植えるのがベストなんですが、日当たりが悪くても耐えます。株は大きくなりますので株間は30センチ以上は開けてください。小さな苗を買うと咲くのは再来年になります。
http://www.yasashi.info/ku_00006.htm
●ツルニチニチソウ
 日当たりが強烈でも日陰でもどっちでもOK(我が家は西日が当たる所で生息中)。名前の通りつる性です。
http://www.yasashi.info/tu_00002.htm

 他にも四国、九州の平野部でしたらユリオプスデージーやマーガレット、ゼラニウム、アロエベラなども屋外の地植えで育てる事が出来ますので、こちらもご検討下さい。どれも育てやすいです。

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ロー...続きを読む


人気Q&Aランキング