最近の小泉さんは、
ぜんぶ、
「党にお任せします」
「幹事長にお任せします」
「外務大臣にお任せします」
っていうのばっかりで、
どうも自分で、新しいメッセージや方針や行動を
示していないようなのですが、

やっぱり、激務に疲れてらっしゃるから???
それともこんなもんなんでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

否定的な回答が多いので敢えて肯定的にいってみます。



小泉さんは、構造改革一本に絞っているのではないのか。特殊法人民営化で400兆削減できると言われているし。そこだけが彼の目標。一点突破。だから他の問題は、他に回しているのでは?

大体国会議員なんてみ~んな同じ。与党も野党も、元はほとんど角栄さんからお金の集め方習ってるじゃない。小沢も、菅も、鳩山もみーんな同じ穴のむじな。公明も論外。だからそんなスキャンダルなんか彼からしたら何を今更って感じなんじゃない?だって彼は、昔から変人で金や出世に興味なんてなかったんだから。

ということで結論は、疲れていない!!今にきっとと私は思っている(希望)。
頼む。
    • good
    • 0

総裁選挙で『自民党を潰しても』とか『聖域無き構造改革』とか『永田町から見た政治でなく国民の目から見た政治』等の言葉は元田中外務大臣からの借り物で自分の信念から出た言葉ではなかったのでしょう。


小泉さんは面白い人で国民が100%望んでいても10%でも改革すれば改革したとのたまう人です。
歴史に名前を残した西郷隆盛のように無欲で信念を貫き通すでもなく徳川幕府の中興の祖と言われ目安箱(平成の目安箱は有りますが)は設置し庶民の声を政治に反映させた徳川吉宗でもなく日本の国を戦禍の混乱にしなくて政権を新政府に引き渡した徳川慶喜にも劣ると思いますよ。
その意味からこんなものです。
    • good
    • 0

今回の鈴木氏の議員辞職決議案に小泉総理は本会議で採決を取るように指示しました。


しかし実際は、そうなりませんでしたよね。
自民党の執行部で本会議には持ち込まないということを決めていたそうです。
何が言いたいかというと、小泉総理が何を言おうとも長老たちは言うことを聞かないんです。それだけ指導力がないんです。
このようなことがあると小泉総理は森前総理に操られているというのも納得できますね。
おそらく口は災いの元→喋らないように言われているのでしょうか。

総理就任後のあの意気込みはどこへ行ったのか気になるkunicciでした。
    • good
    • 0

疲れてるといえばそうかも知れませんが、そもそものやりかたが間違っている


から余計に負担がかかるのでしょう。
そもそもこうゆう社会にしたのは自民党ですから、その自民党を相手に
改革、改革といっても出来るわけがありません。 今までのやりかたが
間違っているわけですから、それをぶち壊さない限り改革はできません。
小泉首相も自民党員ですから、これが限界です。
    • good
    • 0

疲れていると思います。

そもそも総理という役職は激務で、通常の人では勤まらないといわれています。これまでの首相経験者や秘書官の回顧録を読むと分かりますが、総理は常に緊張状態にあるそうです。相当のストレスがたまることは疑いないことでしょう。自分の判断で日本国が左右されるのですから。それに新聞の「首相の動向」を見ると分刻みで人に会うか、または会議に出席されています。こんな状況では、当初パワフルであった小泉さんでも、疲れることでしょう。大平総理や小渕総理みたいに、任期途中で死亡されないことを祈ります。政治家は、田中角栄みたいに、頭でなく(記憶力は良かったみたいですが)、体力が必要かもしれません。
    • good
    • 0

私も同感です。


就任当初は何事につけても非常に積極的な印象でしたが、外務省のNGO参加拒否問題の頃から、何となく主体性がなくなり、人事のような感じがしてなりません。
これは、激務ということもあるでしょうが、保身に走ってしまった結果ではないでしょうか?田中前外相が言った「総理自身が抵抗勢力に・・・」という発言が全てではないかと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q前原大臣が外務大臣を辞任しましたが、

前原大臣が外務大臣を辞任しましたが、外人支援者からの小額の献金を受けていた程度でも、辞任の必要があるのですかねぇ・・・

他の理由が有るのかも知れませんが、皆さんのご意見を、聞かせてください。

Aベストアンサー

この週末の世論調査でも6割が辞める必要がない、という結果でしたから 少なくとも国民の半数以上は辞める必要はないと思っていると思います。私も同感。

過去、利害関係のある団体から政治献金をもらって、公になって返金して収支報告書を訂正で決着は自民の時から腐るほどありますからね。これだけで辞める理由はないでしょうね。

むしろ#2さんの、内閣支持率10%台でもう先がなくなったのでこの辺で逃げておきたい時にイイ口実ができた、と思ったように思えます。
今回の情報、ひょっとして身内から出た(出した)のかもしれませんね。

でないと簡単に辞め過ぎのような気がします。
 (別に役職にかじりつく必要はないが、内閣が総崩れになるのがわかっていながら辞めるのはチョットおかしい)

Q前原外務大臣?について

前原外務大臣?について
菅総理は「尖閣列島問題」が緊急の課題なのになぜ強硬派の前原氏を外務大臣に押そうとしているのですか?新聞も小沢関係の話ばかりで「中国」問題を記事にしていません。

今対応を誤ると、中国の大きな市場を「韓国」に持っていかれてしまいます。特に中小企業にとって大危機です。

どういう意図があるのでしょうか?

尖閣列島の実効支配を明確にした事は良いのですが、その後の対中関係を考えると「前原外相」では難しいと思うのですが。

Aベストアンサー

こんにちは


確かに対中関係も大事ではありますが、やはり対米関係の修復(?)
が念頭にあったのではないでしょうか?

前原さんは以前 安全保障議員協議会 のメンバーで、日米安全保障
戦略会議にも、何度も参加しており、国務省、国防省、米国議員
などにパイプもあるみたいですし、また(ついつい、忘れられがち
ですが (^^ゞ)沖縄・北方担当大臣でもありましたし・・・。

普天間問題に象徴される、米国とのギクシャクした関係を修復出来
るのは、彼以外にはいないであろう、という判断を菅さんが、した
のでは? と思います。

Q田中真紀子元外務大臣

田中真紀子衆議院議員の文部科学大臣の就任による、メリット、デメリットを 教えて下さい

Aベストアンサー

田中眞紀子氏本人のメリット、デメリットと言うより、今回の起用は二つの思惑があると見ています。

(1) 文部科学大臣と言う政府重役の立場と中国とのパイプがあると言う点より、政府外交の様な直接的ではない方面からの中国との関係を保つと言う意味合い。

(2) 野田総理自らが言った「近い内解散」発言とは別に、内閣不信任決議案が通ってしまったり、野党の審議拒否によって国会空転となり、否が応でも解散せざるを得ない状況となった時に、選挙選で弁の立つ田中眞紀子氏に大臣の肩書きを付けておけば、選挙の顔になる。

と言う点を見ています。
多少捻くれた見方なのかも知れませんが、本人の資質や文部科学大臣が適任なのかは二の次と言う感じがしていますね。

メリット、デメリット共にハッキリ物を言う点でしょう。
時にはそれが順風を呼び、時には逆風を呼ぶ。
メリットもデメリットも紙一重だと思います。
ただ一つデメリットの方が勝っているとすれば、空気を読めない所でしょうね。

Qプレゼンテーション(私が外務大臣だったら)

「私が外務大臣だったら、どのような外交を
展開するか」という題目について、3分以内で
プレゼンテーションをしなければならないのですが
その内容について非常に困っています。
というのは、政治の先生が非常に神経質な人で
少し下手なことを言うと簡単に単位を落とすらしく
現在真剣に内容を考えています。理系の学校と
いうこともあり、特に時事問題にはあまり興味を
もっていなかったので、どのようなテーマで
どのようなことを言ったらいいのか悩んでいます。
どなたか参考になることを教えてください。
なるべく頭の固い人にも通じるような内容で
お願いします。

Aベストアンサー

一番最初ですか。ネタがかぶったりする心配が無いですから僕なら喜びますけどね。四人目立ったら正直頭痛くなります。

まず教授には二つのタイプがあります。「自分の考えと同じでないと我慢ならない人」と、「自分の考えと違っていても理論的であれば認めてくれる人」です。これはまず大前提として抑える必要があります。これを考えないでは何もできません。

また、理論的であれば問題なくても、単に単位のことのみであれば先生の考えを知っておくことはやはり有意義です。例えば(嫌いな表現ですが)その先生が右よりの思考か左寄りの思考かです。

あとはまず論点をきちんと絞ることです。最初に「僕が今後の日本の外交について大事な点だと思うところは○○と○○と○○です。以下論じていきます」などとはっきりさせることは非常に好印象です。まあ三分という時間ですから絞らざるを得ないのは当然ですが。

それにしても三分か・・。無理やん(笑)。僕ならベーシックにせざるをえないと思うんで、やはりアメリカは外せないのかなと思います。「日米関係(軍事and経済)」「日米同盟とアジア圏(軍事か経済かに絞る)」ですね。イラク単体ならともかく、中東はちょっと難しいでしょうね。ってか何の制約も無いんですか?完全に自由ですか?外交は大きく分けて軍事と経済に分かれますが、それも自由ですか?

ということで何にしても奇をてらわずにベーシックにやるべきでしょうね。もうちょっと補足した方がいい回答が得られると思いますよ。では頑張ってくださいね。

一番最初ですか。ネタがかぶったりする心配が無いですから僕なら喜びますけどね。四人目立ったら正直頭痛くなります。

まず教授には二つのタイプがあります。「自分の考えと同じでないと我慢ならない人」と、「自分の考えと違っていても理論的であれば認めてくれる人」です。これはまず大前提として抑える必要があります。これを考えないでは何もできません。

また、理論的であれば問題なくても、単に単位のことのみであれば先生の考えを知っておくことはやはり有意義です。例えば(嫌いな表現ですが)その...続きを読む

Qなぜ,アメリカの外務大臣のことを「国務長官」というのですか.

アメリカでは,大統領に次ぐ重要大臣?として
「国務長官」という職務がありますが,
日本で言うと,「外務大臣」に当たるようです.
または「外相」です.
英語で書くと,
「secretary of state」で「国務大臣」というような意味のようです.

なぜ,「外務大臣」のことをアメリカでは「国務長官」というのでしょうか.「国務大臣」自体には,特別な意味は少ないと思えます.
初代国務長官は,独立宣言を起草した有名なトマス・ジェファーソンだそうですが,
彼が特別な行動をしたために,その後,「国務長官」が特別な「外務大臣」という意味を持つようになったのかな?
とか想像しております.

たとえば,旧共産圏では,「書記長」という一見大して重要な職責名と思えない名称(議事を書き留める人たちのリーダというくらいの意味ですよね?)が,スターリンがつとめて,その後,スターリンが絶大的に権力を拡大したために共産圏での最高職責を意味するようになったものもあります.これに類似なのか?

このあたりの事情ご存知のかたおられたら教えてください.

Aベストアンサー

以前下記URLで回答いたしました。ご参考までに。

アメリカは連邦国家ですので、内政の権限の多くは州にあります。
連邦の「国務」として重要なものは、外向きの仕事である、ということが大きな理由でしょう。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=554187


人気Q&Aランキング

おすすめ情報