これからの季節に親子でハイキング! >>

私は来年の4月より初級産業カウンセラー養成講座を受講する予定でいます。

調べてみたのですが、産業カウンセラーは臨床心理士と比較すると仕事の幅が広いと紹介されていました。その違いと言うのを分かりやすく言うとどういうものになるでしょうか?

また、初級産業カウンセラーの試験にパスしたら、見習いカウンセラー?として会社や企業・病院などで実務経験を4年間積んでシニア産業カウンセラーを目指したほうがより確実にカウンセリングの仕事に携わることが可能になるでしょうか?

産業カウンセラー養成講座を受講する理由は、今の時点では産業カウンセラーのライセンスだけでは厳しいのが現状なので、仕事の幅を広げる(別の資格にも挑戦する)ためでもあります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

http://www.nikkeiwoman.net/job/shiritai/job_f43. …

産業カウンセラーのシニアの資格を持つ身内がいます。同時に臨床心理士でもあるので、主な仕事はスクールカウンセラーや外来のカウンセリングをしていて、時々、産業カウンセラーの仕事をしている状況みたいです。

産業カウンセラーで企業に勤めている人は依託で月の4日とか週2日などの契約する会社を複数掛け持ちしていたり、大企業の健康相談室などで社員として活躍している人などみたいです。

それ以外は、非常勤ですので、これだけで食べていくには難しいのが現状みたいです。

逆に臨床心理士は多くの活躍の場があり、この資格を持っていると病院で患者さん相手にカウンセリングをしたり心理判定をしたりと、精神科神経科心療内科と結構募集があるみたいです。

もっとも大きい副収入は学校関係で、スクールカウンセラーの募集の大部分は臨床心理士か、学校心理士限定などとなっています。

また、刑務所などで働く人、児童相談所などで心理判定員などとして働く人など、活躍の場も多く、常勤でそれだけで食べていける収入を得られるケースが多いみたいです。

資格取得者が年々増えていますので、今後は、資格だけでなく、経験、その人の資質、技術が評価されてくるようになって来ていますので、本業として勉強しながら経験を増やさないと、どの世界でも厳しい状況になってきているみたいです。

現状として、人気のある臨床心理士は開業したり大手のカウンセリングルームなどで予約も取れにくいほど人が集まる反面、そういうところで非常勤でパートとして勤める人もかなりいるみたいです。知る限りでは、雇われる立場であると、時給はかなり安く、これだけで生活するには厳しいかなという程度みたいです。

参考URL:http://www.nikkeiwoman.net/job/shiritai/job_f43. …

この回答への補足

言い方がおかしいかもしれませんが現状では臨床心理士の方が有利と言う意味ですか?

補足日時:2006/09/05 12:19
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。文章を読んでみると臨床心理士の方が仕事の幅が広いような気がしますが……。

お礼日時:2006/09/05 12:19

>産業カウンセラーは臨床心理士と比較すると仕事の幅が広いと紹介されていました



どのような文脈で書かれた文章なのか不明ですが、
平たく言って臨床心理士の方が格上の資格だと思って間違いないと思います。

わずか半年(しかも週に1回)の受講で取得できる産業カウンセラーに対し、
臨床心理士は、大学、大学院と計6年の勉強が必要です。
しかも、今臨床心理士の資格取得に必要な大学院は相当な人気で、
入学するのも大変だという話です。

臨床心理士のほうがより専門的な仕事内容になるため、
そういう意味では産業カウンセラーの方が「仕事の幅は広い」と言えるのかもしれません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2006/09/11 22:02

簡潔に答えますね。

わたしも、資格取得で産業カウンセラーと臨床心理士、取得したいと思い本や主催サイトを調べました。
産業カウンセラーは、会社員を対象にするのがメインなのが実際のようです。
臨床心理士は、私の知っている限りでは、開業されている先生もおられますし、福祉機関や病院などでも活躍することができます。
臨床心理士はオールマイティと言っていいと思います。仕事に有利なのは臨床心理士になります。
何せ資格受験要件が違います。臨床心理士は、心理学系の指定の大学院卒が要件です。
ハローワークの就職相談カウンセリングも数年前は初級産業カウンセラーが業務に当たってましたが、今は専門家と言うことで臨床心理士に取って代わっています。現実は厳しいです。

この回答への補足

文章から自分は、初級産業カウンセラーが臨床心理士に押されていると言う意味に感じます。

産業カウンセラー系列で行くならシニア産業カウンセラーまで行かなければ厳しいのが現実でしょうか?

補足日時:2006/09/06 23:57
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2006/09/06 23:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q産業カウンセラーと心理カウンセラーの違い

産業カウンセラーと心理カウンセラーの違いについて
教えてください。
企業でメンタルヘルスの担当をすることになりました。上記以外にも参考になる資格がありますでしょうか?

Aベストアンサー

心理カウンセラーについては、さまざまな養成学校・機関等が養成していて、学校・機関独自に資格認定しているようです。不登校や親子関係などあらゆる人間関係や悩み、問題行動が対象になるようです。
産業カウンセラーは社団法人日本産業カウンセラー協会が認定する資格です。心理系の大学卒、約7ヶ月の養成講座修了等が認定試験の受験資格です。平成12年度か13年度までは旧労働省が認定する公的資格でした。参考URLを見られるとわかるように、産業カウンセラーは勤労者や職場が対象なので、yasukundaさんの状況には、心理カウンセラーよりも産業カウンセラーの方が合っていると思います。
企業内で担当するのであれば、この他に中央労働災害防止協会(厚生労働省の外郭団体)の心理相談員資格も取られるといいと思います。これは厚生労働省の「事業場における労働者の心の健康づくりのための指針」(メンタルヘルス指針)に規定されているTHP6人衆の一人である心理相談員の資格で、受講資格がありますが研修を受講するだけで取得できます。詳細は下記のURLをご覧ください。

中央労働災害防止協会
http://www.jisha.or.jp/

心理相談専門研修
http://www.jisha.or.jp/seminar/thp/thp15/phy/index.html

参考URL:http://www.counselor.or.jp/index.htm

心理カウンセラーについては、さまざまな養成学校・機関等が養成していて、学校・機関独自に資格認定しているようです。不登校や親子関係などあらゆる人間関係や悩み、問題行動が対象になるようです。
産業カウンセラーは社団法人日本産業カウンセラー協会が認定する資格です。心理系の大学卒、約7ヶ月の養成講座修了等が認定試験の受験資格です。平成12年度か13年度までは旧労働省が認定する公的資格でした。参考URLを見られるとわかるように、産業カウンセラーは勤労者や職場が対象なので、yasukundaさ...続きを読む

Q労働衛生コンサルタントは仕事ある?

労働衛生コンサルタント試験はかなりの難関だそうですが、しかし実際、資格を取得しても、仕事はあるのでしょうか?世の中、試験の難しさと、仕事の需要度は必ずしも比例していないと思いますが。何か資格取得後のメリットはあるのでしょうか?ご存知の方教えて下さい。

Aベストアンサー

安全コンサルタントです。
コンサルタント会の衛生コンサルに聞いた話や見聞きした範囲ですが、この資格のみでの自営独立は難しいです。
衛生は大別して保健衛生(産業医)と労働衛生工学に分けられ、前者が大半です(医師は科目免除が多いため)
保健衛生は産業医あるいは保健師として専門性を高めるためにこの資格を取得しています。
労働衛生工学は向上などで粉塵やシンナーなどで病気にならないように換気システムの設計をしたりする仕事の専門家です。
主な顧客は社内に衛生管理者を含めて衛生の専門家がおらず、かつ労働衛生の向上を図りたい(その予算的な措置ができる)と願う企業になります。
このご時勢で投資をするからには法令違反があって是正処置を求められた企業が多くなります。
コンサルは法律で「労増安全衛生改善計画を作成する場合に国がコンサルタントを利用することを推奨できる」としか書いてありませんので、コンサルの利用は義務ではありません。
しかし監督署へ営業活動をしていれば、改善指示を出す場に同席させてもらうことも可能です。

衛生コンサルは主に有機溶剤やアスベスト、放射線、シールド工法等の健康に影響がある作業の際に技術的な立場で作業の改善を図る能力がある者です。
安全コンサルは墜落や爆発感電などの事故の防止のための技術の専門家です。

このようにコンサルの業務は主に技術面のため、多くの人は社労士または診断士、技術士の3点セットで資格を有し、企業経営の改善指導や手続きまで踏み込んだ指導をしています。

安全だけ、衛生だけでも仕事がありますが、共有のほうが仕事が多くあります。
衛生だけの人は環境管理、公害防止、計量士などの化学系の資格やメンタルヘルス・カウンセリングなどがあると強みになります。

専業で年収1千万円クラスの人もいますが、少ない人は100万円台です。

安全コンサルタントです。
コンサルタント会の衛生コンサルに聞いた話や見聞きした範囲ですが、この資格のみでの自営独立は難しいです。
衛生は大別して保健衛生(産業医)と労働衛生工学に分けられ、前者が大半です(医師は科目免除が多いため)
保健衛生は産業医あるいは保健師として専門性を高めるためにこの資格を取得しています。
労働衛生工学は向上などで粉塵やシンナーなどで病気にならないように換気システムの設計をしたりする仕事の専門家です。
主な顧客は社内に衛生管理者を含めて衛生の専門家...続きを読む

Q臨床心理士取得のための実務経験とは

臨床心理士資格取得のための
実務経験とは、

学校での教員としての勤務経験も
はいるのでしょうか?
病院での勤務のみでしょうか?

Aベストアンサー

http://www.master-cp.jp/020.html

>心理臨床経験を有する

>臨床心理士の資格がなくても心理職として勤務することは可能

キーワードだけを切り抜きましたが、児童相談所やケースワーカーなどの心理職、更生施設などでの心理職、裁判所関係での心理専門官などならカウントできます。

あと、民間のカウンセラーとして心理職として働いていた場合、そこの在職証明をもらえると認定されることもあります。学校の場合、大学等の保健センターで心理職として働いていたなら、そのことを明記した在職証明があれば、大丈夫みたいです。

身内に臨床心理士、産業カウンセラー、学校心理士がいますが、産業カウンセラーや学校心理士として職歴があれば、それも実務経験として認定されています。他の民間の資格でも、公的な機関の心理職として働いていた経歴があれば、大丈夫ですが、フルタイムでないと期間の認定がちゃんと計算できないみたいです。個別に相談し、認定されるか問い合わせないと、実務経験として認定されない可能性もありますので、問い合わせないと個別のケースの判定は出来ないと思います。

参考URL:http://www.master-cp.jp/020.html

http://www.master-cp.jp/020.html

>心理臨床経験を有する

>臨床心理士の資格がなくても心理職として勤務することは可能

キーワードだけを切り抜きましたが、児童相談所やケースワーカーなどの心理職、更生施設などでの心理職、裁判所関係での心理専門官などならカウントできます。

あと、民間のカウンセラーとして心理職として働いていた場合、そこの在職証明をもらえると認定されることもあります。学校の場合、大学等の保健センターで心理職として働いていたなら、そのことを明記した在職証明があ...続きを読む

Q産業カウンセラーと離婚カウンセラー、将来性があるのはどっち?

産業カウンセラーと離婚カウンセラー、将来性があるのはどっち?


カウンセラーの資格を取りたいと思っています。

今はパートで働いている50代の主婦ですが、定年後も働ける仕事がないものかと探していた

ら、昔少し勉強したことがあるカウンセラーの資格を取りたいと思うようになりました。

カウンセラーにもいろいろな種類があります。今、興味を持っているのは産業カウンセラーと

離婚カウンセラーなのですが、将来性があるのはどちらなのか、また、これから需要があるの

は何カウンセラーなのか、ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

産業カウンセラーよりも離婚カウンセラーの方が需要は高くなります。間違いなく。離婚は増加傾向にあり、いまだに右肩上がりです。熟年離婚のケース有り、些細な理由からのケース有り、暴力・暴言からのケース有り・・・色々なシチュエーションがあるでしょうが、このQ&Aのサイトでも圧倒的に「離婚相談」の方が多いですよね?以上の理由から「離婚カウンセラー」が需要が伸びると判断します。

これから伸びるのは、心理カウンセラーです。鬱病になる患者さん、鬱が潜在していると思われる患者さんは、これまた右肩上がりです。人間関係が希薄になってきている為に、相談相手もいず、いたとしても真剣に考えてはくれない、そこで心理カウンセラーの登場となるわけです。かく言う私自身も鬱病ですが、やはり最初に相談に行ったのは「心理カウンセラー」さんの所でした。

Q眼鏡市場とJINSどちらがオススメですか?

私はド近眼で度数は0.02なのでメガネをかけると目がかなり小さくなってしまいます。
新しいメガネ購入で眼鏡市場とJINSで悩んでいます。

●少しでも目が小さくなるのを防ぐための非球面レンズのものししようと思っています。(良店とも非球面レンズ仕様で薄型も追加料金かからず出来るとみたので)
●Hatchでメガネを買ったら2年弱しかたっていないのにフレームが歪みメガネが下がってきてしまいます。
ネジを閉めてもらってもフレーム時代の問題だと言われたのでフレームもそれなりの強度がほしいと思っています。

このふたつの条件でしたらどちらがオススメですか?

また他におすすめのショップがありましたら教えてください。
予算は20000円です。

Aベストアンサー

セルフレームにプラスティックレンズなら2年は寿命です。一流レンズメーカーでもレンズのコーティングに寿命がある。
予算2万円で、JINSなら安けりゃ5本、高くても2本買えますので、
1年に1本買い換えるか、同じ度数で2本作って交互にかければ2倍以上持ちます。そっちのほうがおしゃれでしょう?壊れた時の予備にもなるし。

眼鏡は視力補正器具なので、高ければ長く使えるものじゃないのです。視力は刻々と変化し、レンズは拭けば拭くだけ、拭かなくても顔の油た加水分解でどんどん劣化する。マメな視力検査とメンテとレンズ交換は必要。
安売り系のメガネショップは、その買い替えサイクルを短くして、いつも調子の良いメガネを安定して買い替えできるように大量生産で安価で安価に提供できる、
今までの同じ店に数年おきに通い、メンテなどのサポートを受けるリピーターで成り立つ眼鏡店の、高額な眼鏡とは考え方が違うのです。

正直、JINSのショップと店員の知識サービスはあまりよくありません。でも、商品はかなりいいです。開発力と品質が高い。でも寿命は短い。
眼鏡市場は店員はJINSより大分マシですが、フレーム品質があまりよくありません。値段なり。
どちらも非球面レンズにしても追加料金はかかりませんから、まともな眼鏡店で買うよりレンズ+フレームで1万以上安く済むと思います。

ちゃんと眼科行って、処方箋を出してもらって、自分にフィットする眼鏡を自分で選んだら、どちらの店でも、かなり快適な眼鏡を作ることができます。
その店頭サービス料が安いのです。
自分で知識を持ち選べるならJINS、それなりサポートがほしいなら眼鏡市場になると思いますが、
2万円だとフルサービスのサポート技術料は含まれていないと思ったほうがいいです。

セルフレームにプラスティックレンズなら2年は寿命です。一流レンズメーカーでもレンズのコーティングに寿命がある。
予算2万円で、JINSなら安けりゃ5本、高くても2本買えますので、
1年に1本買い換えるか、同じ度数で2本作って交互にかければ2倍以上持ちます。そっちのほうがおしゃれでしょう?壊れた時の予備にもなるし。

眼鏡は視力補正器具なので、高ければ長く使えるものじゃないのです。視力は刻々と変化し、レンズは拭けば拭くだけ、拭かなくても顔の油た加水分解でどんどん劣化する。マメな視力検査とメ...続きを読む


人気Q&Aランキング