現在、フィリピンの人口増加について興味があります。
WHOの予測によると、50年後のフィリピンは、中国、インドに続く世界第三位の人口保有国になるそうです。
そこで、もう少し細かく各都市について考えてみたいのですが、現在のフィリピンの都市の中で人口増加率の大きい都市は何処でしょうか。
また、人口の多い都市ベスト10は、今のところ何処でしょうか?
誰かご存知の方がいらっしゃったら教えて頂けないでしょうか。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 2000年の国勢調査の結果は次の順です。


 都市      人口千人  増減率(年)
1.ケソン市    2,160  1.78
2.マニラ市    1,673  0.24 
3.カロオカン市  1,233  4.08
4.ダバオ市     1,147  2.83
5.セブ市      662 0
6.サンボアンガ市 600 3.49
7.パシッグ市 582 4.65
8.マカティ市 524 -0.82
9.バレンズエラ市 521 3.85
10.カガヤン・デ・オロ市462 1.63

参考URL:http://www.t-macs.com/pinas/popul.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんなページがどこかにないか、ずっと探しておりました。
大変参考になります。

お礼日時:2002/03/27 21:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中国の人口増加はどうして爆発的になったの?

こちらのカテでいいのか分かりませんが、よろしくお願いします。

先日、中国の人口に関するサイトを見ていて気が付いたのですが、1900年台の初頭には4億人程だったようです。

その後、1949年の統計では約5億5千万人、この50年間で約1億5千万人の増加だったようです。 毎年平均3百万人の増加ですね。

ところがそれから約50年後の2000年の人口を見ると、何と12億6千万人以上との事です。

http://www.chinavi.jp/jinkou.html

ということは、この50年の間に7億もの人口が増えた事になります。 つまり毎年平均1400万の人口増加という驚くべき結果となっています。

これはなぜですか? 何が主な原因と考えられますか?

医療技術の発達ですか? 食料の安定供給ですか? 大規模戦争や大飢饉を回避できる国家になったからですか?

中国政府は少子化政策を一生懸命推進していると聞きますが、おそらく都市部の一部富裕層にしか浸透していないのが現状ではないでしょうか?

このままのペースで増え続けていく事はないでしょうが、たとえ増加のペースは鈍るとしても、いずれにしてもこの地球の存亡は中国の人口次第という事になるのでしょうか?

食料問題、エネルギー問題、環境汚染 ・・ 全て中国人に振り回される事になるのでしょうか?

こちらのカテでいいのか分かりませんが、よろしくお願いします。

先日、中国の人口に関するサイトを見ていて気が付いたのですが、1900年台の初頭には4億人程だったようです。

その後、1949年の統計では約5億5千万人、この50年間で約1億5千万人の増加だったようです。 毎年平均3百万人の増加ですね。

ところがそれから約50年後の2000年の人口を見ると、何と12億6千万人以上との事です。

http://www.chinavi.jp/jinkou.html

ということは、この50年の間に7億もの人口が...続きを読む

Aベストアンサー

毛沢東が中華人民共和国を1949年に建国した後、中国は「産めよ増やせよ政策」を文化大革命終了(1970年代後半)まで30年に渡って取りました。

「産めよ増やせよ政策」とは、平たく言いますと「避妊と中絶は認めない」というものです。この頃の中国に住み、最下層の生活で貧困に喘いでいた中国残留婦人の手記を読むと
「避妊も中絶もみつかると厳罰に処せられる。妊娠は避けられず、出産時は自力で産むしかない。極貧のため産婆に来て貰うことも出来ない。産んだ子供は、栄養不良と病気でどんどん死んでいった」
という痛ましいことが書かれているものが多いです。

文献:「満州・その幻の国ゆえに 中国残留妻と孤児の記録」
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=02266749
図書館で探してください。涙なくして読めない本です。

毛沢東の建国した中国は、スターリンのソ連を手本にした国です。この国作りのモデルでは、人口は多ければ多いほど良いのです。
理由:
1) スターリンのソ連が外貨を獲得する手段は、適当な理由で政治犯を「製造」し、強制収容所(実態は、待遇最悪・安全設備なし・無給の鉱山等)に「政治犯」を送り込んで、人海戦術で好物を採掘して海外に売り、外貨に換えることでした。この方法ですと、政治犯は半年もすると半分くらいに減ってしまうので、次々に政治犯を補充しなければなりません。この手法は「国民の生命を外貨に換える」に等しいですが、スターリンのソ連では確かに有効でした。

2) 朝鮮戦争で、中国軍は人海戦術を取り、100万人が死亡したと言われます。人海戦術とは「敵の陣地に向かって突撃する。退却する者は後ろの督戦隊が機関銃で射殺する。退却した者の家族は反革命罪で強制収容所に送る」といったもので、2000年ごろの映画「スターリングラード」でソ連軍がやっている「ドイツ軍の陣地に銃も持たない新兵を突撃させ、ドイツ軍の弾薬を消耗させる」人海戦術を模倣したものです。こんな戦争をやっていれば、やはり国民はいくらでも要ることになります。

毛沢東の「産めよ増やせよ政策」は、「産んだ子供が生き残れるか」は無視していましたので、生まれた子供の多くが飢えや病気で死にました。1950年代の中国は農業生産力は低く医療レベルも最低でしたので。しかし、生き残った分は人口を増加させました。1950年代末には大躍進政策の失敗で飢饉が起き、そこでも多くの子供が餓死したでしょうが、その後も産めよ増やせよ政策は継続され、人口が増え続けました。

毛沢東の死後、文化大革命が打ち切られ、トウ小平が権力者になった1980年ごろに、「産めよ増やせよ」が「一人っ子政策」に180度転換しました。これは「二人目の子供を産むと厳しく罰せられる」もので、「産めよ増やせよ」の反対です。

中国では都市戸籍保有者(エリート)と農村戸籍保有者(その他)が法律ではっきり分けられており、都市戸籍保有者は少ない子供に多額の教育費をかけています。都市戸籍保有者については、人口爆発は止んで久しいです。日本に報道される「中国の様子」は、都市戸籍保有者の話ばかりです。

一方、中国の人口の9割くらいが農村戸籍保有者ですが、彼らは子供の教育など一切考えずに子供を作っています。なぜかというと、教育等無視すれば「子供は多ければカネになる」からです。農村では法律などあってないようなものですから、農村の人口増加抑制は難しいでしょう。そのため、中国の人口増加は今後も加速する方向と思われます。

毛沢東が中華人民共和国を1949年に建国した後、中国は「産めよ増やせよ政策」を文化大革命終了(1970年代後半)まで30年に渡って取りました。

「産めよ増やせよ政策」とは、平たく言いますと「避妊と中絶は認めない」というものです。この頃の中国に住み、最下層の生活で貧困に喘いでいた中国残留婦人の手記を読むと
「避妊も中絶もみつかると厳罰に処せられる。妊娠は避けられず、出産時は自力で産むしかない。極貧のため産婆に来て貰うことも出来ない。産んだ子供は、栄養不良と病気でどんどん死んでいった」
...続きを読む

Qアメリカは人口少ないのに大都市が多いのは何故?

アメリカは人口3億人しかいないのに
大都市が各州にあるのは何故ですか?

Aベストアンサー

人が集中しているところと、 ほとんど人が住んでいないところの格差が 非常に大きいからだと思います。 


http://www.census.gov/geo/www/mapGallery/2kpopden.html

Q日本の現在就労人口(収入が発生している人)

日本の人口は1億2000万強ですが、実際に就労している人数は何人位居るのでしょうか?教えてください。1次産業から(自営業含む)いわゆる所得税。市町民税等、発生している収入のある人口を知りたいです。

Aベストアンサー

総務省統計局が実施している「労働力調査」で、「基本集計」のところに就業者数が出ています。
なお、「統計データを引用・転載する場合には,出典(総務省「労働力調査」)の表記をお願いします。」と記されていますので、ここで具体的な数に言及することは控えます。

詳しくは、下のリンク先でご確認ください。

参考URL:http://www.stat.go.jp/data/roudou/2.htm

Q団塊世代の今現在の人口比率が知りたいのですが・・・。

団塊世代をどの当たりで限定するかが問題ですが、この場合はいわゆる2007年問題での昭和22年生まれから25年生まれあたりかな?と思ってます。
広い意味で昭和26年生まれくらいまで含むという考え方もある様ですので、そのあたりまで含めての比率もわかれば幸いです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

年齢別人口の資料からご自分で計算してください。

http://www.ipss.go.jp/syoushika/tohkei/Popular/P_Detail2005.asp?fname=02-03.htm&title1=%87U%81D%94N%97%EE%95%CA%90l%8C%FB&title2=%95%5C%82Q%81%7C%82R%81%40%90%AB%81C%94N%97%EE%81i%8Ae%8D%CE%81j%95%CA%91%8D%90l%8C%FB%81F2003%94N

参考URL:http://www.ipss.go.jp/syoushika/tohkei/Popular/Popular2005.asp?chap=0

Q日本の人口ってあまりに多すぎでないでしょうか? そもそも人口減少って何が悪いのでしょうか?

ヨーロッパなら大国ですら日本の人口の半分以下。
オーストラリアやニュージーランドといった世界の住みやすいランキングの上位国の
人口は2000万とか3000万ほど。

横綱白鵬の母国モンゴルは日本の数十倍ある国土に1000万人以下の人口。

人口が多すぎると言われる中国ですら日本の30倍以上の国土があるのに人口は10倍ぐらいなので、
人口密度は日本の1/3以下。

そもそも今後はロボットと合理化していって労働力は事足りる。

先進国と言われる国で唯一出生率が2,0を上回っているフランスも、
財政は最悪、アメリカが白人はへり黒人ばかり増えているのと同じで、
フランスもフランス血統の地元民の出生率は日本と大差なし、移民が増えて、
その移民の出生率が2,8ぐらいあるから高くなる。

そもそも東京都に1400万、首都圏広域に3600万とか異常そのもの。
鉄道の世界の混雑が酷い駅のトップ10が全て日本、先進国の都市で一番人口過密なのが東京23区。

首都直下型地震が50年以内に80%ぐらいの確率で予告されているにも関わらず、
あほみたいに東京周辺によそ者が集まる。きわめて危険。
日本人口の3割強が関東広域にいるわけだから、首都直下がきたら日本はほぼオワコンでしょう。

欧米なら複数の都市に分散されているので、ロンドンにしてもローマやウイーン、ベルリンなど
欧州の首都は東京の人口密度の1/3以下。

それでストレス社会だで、20代、30代の死因のトップが自殺(先進国では日本だけ)
4人に1人の日本人が5年以内に自殺を考えた事があるなどと回答。
自殺未遂者数は年に70万人以上。
うつ病での通院者は300万以上(通院してない人をあわせると倍ぐらい?)
若年ひきこもり者数が70万人超え(若者の数が減っているのにひきこもり数は増えている)
ひきこもり予備軍は180万人。



今の日本はどうかはわからないけど、6人に1人の子供が年収200万以下(両親がいる場合は250万以下)のかなりの貧困世帯の子供らしいので、結局は低所得者層ほど無秩序に子供をたくさん産む、秩序を保とうとする人は子供をあまり生まない。
日本の大都市がそうで、子供を産む人も一人の子供にお金を投資する。
だから東京や京都なんかは出生率は1,0~1,1ぐらい程度なのに
沖縄などは1,8~1,9の出生率になっている。沖縄の失業率は全国トップ、平均所得も一番低いのに対し、東京の平均所得は全国トップ。

こんだけ関東にばかり人間が集まるならシンガポールみたいに東京周辺だけにまとめてコンパクトシティーにすればいい話。
地方の人間がわっさか東京周辺にでてきて、地方が衰退してる~消滅可能性都市になってる~
学校が廃校になっている~なんて騒いでいても根本は地方人が東京周辺にきすぎているという所にたどり着きますよね。それで東京はあまりの住宅過密に保育園も住民の反対で増やせず、相変わらず待機児童を大量に抱えている、バカな親がデモしてさ。

どうせ地方再生なんて無理なんだから、ヨーロッパの大国ぐらいの人口で十分。

個人的には東京なんて7割以上はよそ者なのですから、
都民税での税収の7割~8割を地方にまわして地方を豊かにさせればいいと思う。
ふるさと納税だけじゃ少なすぎ。

ヨーロッパなら大国ですら日本の人口の半分以下。
オーストラリアやニュージーランドといった世界の住みやすいランキングの上位国の
人口は2000万とか3000万ほど。

横綱白鵬の母国モンゴルは日本の数十倍ある国土に1000万人以下の人口。

人口が多すぎると言われる中国ですら日本の30倍以上の国土があるのに人口は10倍ぐらいなので、
人口密度は日本の1/3以下。

そもそも今後はロボットと合理化していって労働力は事足りる。

先進国と言われる国で唯一出生率が2,0を上回ってい...続きを読む

Aベストアンサー

「日本の人口ってあまりに多すぎでないでしょうか?」
⇒もちろん、そうですよ!

「 そもそも人口減少って何が悪いのでしょうか?」
⇒何も悪くないのですよ。

困ったといわれているのは、少子化ではなく、年齢構成の問題なのです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報