カテはもしかしたらQ&Aですが、専門的な法律のことなのでここに質問させて頂きます。

訴えられて被告人になった人の弁護をすることになった場合、明らかに被告人に非がある場合でも、聞き取り後に陳述書を作成する段階で、「こういう言動だとまずいから、こういうニュアンスで書いておきましょう」「ここは突っ込まれるので、あっさり書いておきましょう」「書くのを止めましょう」というような具合に、抵触しそうな言動・場面、原告に非を認めてしまうような記述は、ぼかして、あるいは書かずに陳述書を作成することはありますか?

被告に不都合なことは書かないという場合、隠蔽にはあたりませんか?

加害者が有利になるように法律を駆使して(少しでも罪が軽くなるように)「加担」する感じがしますが、弁護士というのはそういうものですか。
そういうことをしても法律で身分が保証されているなら、意識として良心の呵責はないのですか。

裁判官が有罪と判決して、被告が控訴、上告しなければ、弁護士自ら、暗に力量不足・加担を認めたことにはなりませんか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

陳述書」に関するQ&A: 陳述書について

A 回答 (5件)

弁護士の社会的責務とはなんだと思いますか。



一般の人が自らはこのように主張したいと考えたときに、法的な主張は難しくて出来ないため、それを法的な主張をするための代弁者としての役目が弁護士です。そうすることで、一般の人の弁護能力の格差を埋めることができ、すべての人に平等な法的な権利を与えることが出来ます。
そうしなければ口先のうまい人や頭の回る人が勝ち、そうでない人の権利がないがしろにされてしまいます。

犯罪者にしても同様です。
口がうまく説得力があり、頭の回るずるがしこい犯罪者がうまく法定でも言いつくろって刑を軽減してもらったり免除してもらったりする、一方でそうではない犯罪者の刑罰が重くなるのはおかしな話です。

ではどうすれば良いかといえば、すべての犯罪者に対して能力の高い弁護士が、犯罪者による差別をせずに、弁護士として能力を最大限に使い弁護するわけです。
そうすればすべての犯罪者を平等に裁くことが出来ます。

>ぼかして、あるいは書かずに陳述書を作成することはありますか?
もちろんあるでしょう。

>被告に不都合なことは書かないという場合、隠蔽にはあたりませんか?
なりません。それはあくまで検察が指摘する、立証すべき話です。

>意識として良心の呵責はないのですか。
良心があるからこそすべての犯罪者に平等な裁判を受けさせるために、弁護士は職務に尽くすのです。

>弁護士自ら、暗に力量不足・加担を認めたことにはなりませんか。
なりません。あくまで被告の意志が一番ですし、更に言えば刑事事件の場合には、平等な裁判を受けた結果として有罪であればそれが正義により裁かれた正当な判断と考えられるからです。

つまり検察と弁護士が対立して互いに主張をすることにより、争点が明らかとなり、また隠れていた真実が見えるというのが今の裁判制度の考え方なのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそく回答を頂き、ありがとうございます。

前段は分かります。

>それはあくまで検察が指摘する、立証すべき話です>
ということは、事実であっても判決を左右する不都合なことを陳述書に書かなかった結果、あるいは参考人が事実にもかかわらず言わなかった結果、それを検察が偽証も含めて見抜けなかったら、逆を言えばうまく検察をだませたら、隠蔽はなかったことになるのでしょうか。

裁判が受けられる、ということでは平等だと思いますが、検察の立証をいかに困難にさせるか、いかに刑を軽減させるかということにのみ執着している気がしますが、そのためには不都合なことは書かないという、それに対しての良心の呵責はないのでしょうか。

正義によって裁かれたといっても、そもそも出された陳述書や参考人証言に隠蔽や偽証があったら本末転倒ではないかと。検察が見抜けなかったら、それで全て終わりなのでしょうか。

お礼日時:2006/09/05 18:37

>そのためには不都合なことは書かないという、それに対しての良心の呵責はないのでしょうか。


では弁護士には人を裁く権利はあるのでしょうか。
弁護士が作為的に時として被告に不利なことを述べ、時として被告に不利なことを隠すようなことをすれば、それは弁護士が人を裁いていることになります。

弁護士にそんな権利がありますか?

検察・弁護が対立して議論を行い、中立の裁判官が判断するという基本的な仕組みがゆがめられることになりますよ。

たとえば父親からの性的虐待を受け続けた娘がそれに耐えられなくなって殺害したなどというケースを扱う場合にはどうしますか?その中で弁護士は被告に不利な証拠があるのを知っていたとして、それを自ら述べて被告を有罪、あるいは罪を重くすることが出来ますか?

もしそれが出来ないのだとすれば、時には被告不利に、時には被告有利に弁護することになり、それにより判決が変わるのであれば弁護士が人を裁いていることに他ならなくなります。

だから今の司法制度では、被告に不利なことは何時も検察が主張し、被告に有利なことは弁護士が主張する仕組みになっているのです。

>そもそも出された陳述書や参考人証言に隠蔽や偽証があったら本末転倒ではないかと。
あの、、、偽証は犯罪ですよ。弁護士といえどもそれは許されていません。
あと隠蔽ですけど、知っていたけど黙っていただけは問題ありませんが、積極的に事実を隠すような行為をすることも許されていませんよ。
    • good
    • 0

 民事訴訟で被告が陳述書を作成することはよくありますが、刑事訴訟で、被告人が陳述書を作成するというのはあまりないと思います。

民事訴訟と違って、刑事訴訟法では、一定の条件を満たさないかぎり、供述証拠に証拠能力がないからです。もし何か言いたいことがあれば、公判廷で供述すればすむことです。
 ところで、被告人には黙秘権がありますから、自己に不都合なことを供述する法的義務はありません。ですから、弁護人が被告人に対して不都合なことを言わせないこと自体は法的には問題ありません。
 しかし、証人に偽証させたり、証拠を隠滅したり、ねつ造したりすれば、それは犯罪ですから、弁護人といえども許されません。
    • good
    • 0

>そういうことをしても法律で身分が保証されている


>なら、意識として良心の呵責はないのですか。

被告人は刑事事件について弁護人を選任して公平な裁判を受ける権利を有しています。
十分な弁護を受けなければ、この権利が害されることにもなります。
それに犯人が真犯人であるという前提の上での話のようですが、裁判中に誰が犯人かという絶対的な判断はできないと思います。
良心の呵責はないと思いますよ。

>裁判官が有罪と判決して、被告が控訴、上告しなけ
>れば、弁護士自ら、暗に力量不足・加担を認めたこ
>とにはなりませんか。

被告人が上訴したくないのであれば、弁護人は上訴できないでしょう。
認めたとかそういうことではないのでは?

隠蔽についてですが、被告人は弁護士を信頼して自分に不利な事実までも話しているわけです。弁護士もすべての事実を知らなければ有効な弁護はできません。
信頼関係を崩れたり、あるいは被告人が真実を弁護士にまで隠すようでは、そもそも十分な弁護はできないと思います。

参考までに聞きたいのですが、質問者さんの問題提起はわかりましたが、では、それを踏まえたうえでどういう制度が望ましいとお考えなんですか?

この回答への補足

刑事ではなくて民事ではどうなのか興味があります。
同じことなのでしょうか。

友人が原告で会社を被告として労働裁判で訴えたことがありますが、原告側弁護士は陳述書の作成で、原告に不利益になることは盛り込んでいなかった気がします。
被告会社側の陳述書も会社が不利になる争点をはずしていますし、会社が用意した証人も明らかにウソをついていました。

当然事前に打合せをすると思いますから、弁護士は知っている上で、そのように証言するよう(あるいは証言しないよう)指示したと思います。
原告の証人に対しても弁護士からそのような指示がありましたから。

要は、崇高な法曹であっても、法廷は(言い方は悪いですが)「不利益な事実を隠し通す、ばかし合い」で、お互いのウソからほころびを見つけ出す「場」ではないかと。

別にどういう制度が望ましいとかの考えはありませんが、全ての事実を知った上での弁護ということならなおさらですが、弁護士は被告が明らかに黒でも請け負う以上は白もしくは灰色のように見せかけないといけない、ということに「良心の呵責」はないのでしょうか、ということを知りたかっただけです。

それが弁護士というものだ、ということであればそれも答えです。

補足日時:2006/09/05 21:22
    • good
    • 0

>被告に不都合なことは書かないという場合、隠蔽にはあたりませんか?



ほとんどの証拠を押さえている検察が有利な証拠しか出さないことのほうが深刻な問題だと思います。

>良心の呵責があるかどうか。
友人の弁護士は、悪徳リフォーム業者や、子供への性犯罪者の弁護をするのはいやだといっていました。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qディズニー ダンサー

先日ディズニーランドへ数年ぶりに行きました。
パレードを昼と夜と何度か見たのですが、日本人のダンサーの方が多いですね。
昔は何度も行きましたが、外国人のダンサーしか見たことがなかったような記憶がありますが、
昔から日本人のダンサーが多いのでしょうか?

ダンサーの方達は、本当キレイで笑顔の良い人ばかりですね。
オーディションの倍率はかなり高いのでしょうか?
ダンサーもキャストの方も若い方ばかり見かけますが、あまり長期間働けないのでしょうか?

興味本位な質問ですみません。
ふと疑問に思いました。

Aベストアンサー

懐かしさにつられて回答させて頂きます。

実は私もバイト経験者でして…(しかもかなり古い)

その当時にダンサーの女の子から聞いた話しなのですが。
オープン当初、日本ではダンサー人工自体が少なく、個人オーディションだけでは賄えず、プロダクションと契約してまとめて何十人という単位の契約形態をとっていました。
外タレ専門のプロダクションとも契約していたようですから、外人が多かったのはそのせいもあると思います。

他の方の回答とかぶりますが、キャストは殆どが学生と非学生のアルバイトです。
正社員は管理する側になります。
ショップを例にとると、店内の9割はアルバイトということです。
当然ながら土日祝日は学生さんが多く、平日は一般のバイト・パートの方が多いです。
ちなみに、学生さんは時給の他に奨学金という形でプラスαが付くのです。
また、激込みする日には「大入り袋(100円ですけど)」が全員に出たんですよ。
(今も出るのだろうか)
塵も積もればではないですが、夏休みだけで合計3000円を超えたのを思い出しました。

当時、TDLでは一日に5000人のキャストが働いているのだと聞かされました。
(閉園後の花壇の整備をされる方や池や川の清掃をするダイバーの方などもカウントしてですが)

かなり脱線してしまいましたが、とても懐かしかったもので、失礼しました。

懐かしさにつられて回答させて頂きます。

実は私もバイト経験者でして…(しかもかなり古い)

その当時にダンサーの女の子から聞いた話しなのですが。
オープン当初、日本ではダンサー人工自体が少なく、個人オーディションだけでは賄えず、プロダクションと契約してまとめて何十人という単位の契約形態をとっていました。
外タレ専門のプロダクションとも契約していたようですから、外人が多かったのはそのせいもあると思います。

他の方の回答とかぶりますが、キャストは殆どが学生と非学生のアルバイ...続きを読む

Q法律の専門職でない人が法律を勉強して役に立つことはありますか?

法律に興味があり勉強してみようかなと思っているのですが、法律の専門職に付くつもりは無くてあくまで教養を深める位の認識です。
ただ、出来れば役に経つ事があれば嬉しいので「この分野の本を読むと役にたつ」とか、「実際にこういう法律を知っていたので役に立ったよ」という体験談などがあればお聞かせ下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

教養なら普通に六法を読めばいいけど、あまり実生活には役に立たない気がします。
問題は法律をどのように生活に生かすかだと思います。

 つまり、トラブルがあり、裁判が起きます。で、裁判によりこのような法律でこのような判決が下った。つまり○○というトラブルには××という法律が役にたつ・・という知識が一番有効です。
 なので自分は趣味で法律の勉強をしてますし、それを生かして仕事に生かしてます

なので「この分野の本を読むと役にたつ」という意味では本は役に立ちません。
自分がまず見るのは『過去の判例』ですからね
 後、法律も相互に矛盾を含んだ法律があります、自分の得意なのは債権回収なので
法律を知り、同時にその法律の穴を勉強してます。

Qダンサーに容姿は必要?

ダンスが好きでダンサーに憧れています。
でも、私は背も低く(155cm)、また顔に自信がなくて…
こんな私でもダンサーはなれるのでしょうか?

また、TV・コンサート等のバックダンサーになるにはやっぱりコネが必要なのでしょうか?

回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

容姿の良し悪しにも限度があります。
とんでもない、場合は、いくらダンスが上手くても無理です。
だって、バックダンサーとしてTVに映るわけでしょ?
ピンで踊る場合なら、いくらでも工夫ができるから可能でしょう。
ちなみに、仮面をかぶっているダンサーは見たことがあります。

TVに映るバックダンサーは、コネ、というより、芸能プロダクションに所属しています。
ちなみに、私の知り合いは、大学生ですが、アユのバックダンサーの(素人ダンサー)オーディションに受かって踊ってました。その後、プロダクションに入るか(本当のプロになるか)迷っています。

ちなみに、一番簡単な方法は、日本の、ダンスの専門学校に入る事ですね。コネもあるし、講師も有名なダンサーだし。
そういう専門学校は、声優コース、歌手コースなど、沢山のコースを持っていますので、というか、沢山のコースを持っている有名、大手、実績のある専門学校に入るといいでしょう。

Q法律カテですが皆さん見てください。医療事故です。

字数の為早速ですが、大叔父(93歳、妻子無)が入院中で、痴呆(自分の状態などを説明できない)寝たきりです。寝返りも打てません。悲しいですが、病状から余命いくばくもないのです。 24時間点滴受けており、私が夕方7時半頃、見舞いに行くと点滴が終わった所でした。看護士さんが新しい物と交換直後、血液がかなり外に流れ出ました。(私は交換の間、病室の外で待機) その後私が体を擦ってあげようと布団をめくり気付きました。すぐにその看護士を呼び対処してもらった所、点滴の管のつなげる部分にひびが入っていたそうです。 幸い大事には至っていませんが、看護士が「自分には関係ない。」という態度を取っていて困っています。大事には至らず、これくらいの事と思われるかもしれませんが、個室の為一人で点滴交換が7時半だと、次に看護士が回ってくる時間は9時なのです。もし誰もいない時に起こり、1時間半の間血が流れ続けたらかなりのダメージを受けたのではないかと思うと恐ろしいのです。 訴える等のつもりは全くありませんが、「普段親切に看て戴いているのは良く分かっているし、御忙しいのに申し訳ないのですが、こういった事が無い様、交換後は確認して戴きたい」とお願いした所、その看護士は「何を言っているのか分からない。」と言いました。わざとやったんじゃないのだから「謝れ」なんて思っていません。こういう事をなるべく防ぎたいのです。世話のかかる病人を看て戴いているし、なるべく見舞うようにしているのですが、家にも病人がいるため、ずっとは居られないのです。そういった遠慮もありなるべく角が立たぬようにお願いするのにも気を使ったつもりなのですが。
 本題ですが、今回は発見が早く大事には至らなかったものの、もし血が流れ出てダメージを受けた場合「仕方なかった。防ぎようがなかった。」という事になるのでしょうか?

字数の為早速ですが、大叔父(93歳、妻子無)が入院中で、痴呆(自分の状態などを説明できない)寝たきりです。寝返りも打てません。悲しいですが、病状から余命いくばくもないのです。 24時間点滴受けており、私が夕方7時半頃、見舞いに行くと点滴が終わった所でした。看護士さんが新しい物と交換直後、血液がかなり外に流れ出ました。(私は交換の間、病室の外で待機) その後私が体を擦ってあげようと布団をめくり気付きました。すぐにその看護士を呼び対処してもらった所、点滴の管のつなげる部分にひびが入...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。お気持ちお察しします。

まず、その看護師の対応はとてもプロとは思えないと思いました。
看護師ならば、点滴ルートのチェックを行うのは当然だと思います。
自分には関係ないなんて、私は患者さんを看ていません、と
公言しているようなものです。

しかし、きちんとチェックしていたとして、訪室していない間に
血液が流れ出ていてそれに気づけないのは、仕方ないということに
なってしまうかもしれません。
私も経験ありますが、さっき伺った時は良かったのに、次に訪室したら
ベッドから転落していた、ひどい時は亡くなっていた、ということもあります。
患者さんを24時間監視する(嫌な言い方)ことは、一般病棟であれば
普通は不可能です。

ただ、点滴ルートを訪室ごとに確認する、外れないよう、割れないよう
工夫するなど、何かしら対策はできるはず。
何を言ってるか分からないなんて責任感が無さ過ぎます。
一度、病棟の責任者(婦長とか)に相談されてはいかがですか?

医療ミスは、どんな小さなことでも医療者の意識が大切だと思います。
信頼できないと思ったら、とことん話し合ってもいいと思いますよ。

こんばんは。お気持ちお察しします。

まず、その看護師の対応はとてもプロとは思えないと思いました。
看護師ならば、点滴ルートのチェックを行うのは当然だと思います。
自分には関係ないなんて、私は患者さんを看ていません、と
公言しているようなものです。

しかし、きちんとチェックしていたとして、訪室していない間に
血液が流れ出ていてそれに気づけないのは、仕方ないということに
なってしまうかもしれません。
私も経験ありますが、さっき伺った時は良かったのに、次に訪室したら
ベッド...続きを読む

Qディズニーランドのダンサーに写真を同封して手紙を送るのですが、写真はダンサーの方の手元に届くのでしょ

ディズニーランドのダンサーに写真を同封して手紙を送るのですが、写真はダンサーの方の手元に届くのでしょうか?それとも手紙のみ届くのでしょうか?
一度内容を確認されてから手渡されると聞きましたが、写真はダンサーさんの顔の確認の為に抜かれて渡されるんでしょうか?

Aベストアンサー

以前、甥の友人にディズニーランドのダンサーがいて、話をしたことがあります。

常軌を逸したような熱狂的なファンがいて、大量の手紙が届くそうです。
渡されるらしいですが、ほとんど見ることはないそうです。

Qネット通販についての法律に詳しい方、消費者の立場を守る法律のレクチャーを徹底的にお願い致します。

初めてネット通販で買い物をしました。まだ、商品は未着な状態です。ただ、住所とか名前とか個人情報を相手に知らせてるので怖いといえば怖いです。やはり色々、心配なのでキャンセルしようかと思ったり、郵便で代引きで届くので、その際に返品すれば自分の住所がわからないはずとか色々、考えたりしてます。
念のため「特別商品に関する法律に基づく表示」をプリントアウトし、申込みを受領したメールもコピーしてあります。もし思ってた商品と違うものが届いてたらどうしようか?などまだ不安です。
事前に勉強しておかなければならなかった話ですが、ネット通販についての法律に詳しい方、こんなバカ者にネット通販で身を守る法律のレクチャーを徹底的にお願い致します。
できれば、直ぐに回答がほしいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

法律の内容に付いてではありませんが、通信販売というのも立派な「契約」です。
一度正規に契約したものを、「何となく不安だから」キャンセルしたり、自分自身が承知しておきながら、代引きで届いたものを一方的に返品したりということは、それ自体が不適切です。

自分自身の意志で契約をしたのであれば、消費者側にも、契約を履行する(商品を引き取って代金をはらす)義務が生じます。
法律で「消費者が保護される」のは、契約内容が実際と異なっていたり、誤解を招くような契約であったときだけです。

QTDRのダンサーさんへのお手紙

こんにちは。TDRのダンサーさんへのお手紙について質問させてください。

質問(1)TDRのダンサーさんはご自分の写真をもらって嬉しいと思うと思いますか?

というのも、とあるダンサーさんのファンになり
行く度にその方の写真を撮っているのですが
ご本人にも写真をもらって欲しいなっと思いまして・・・・(^-^;A

女性のダンサーさんなんですが、ネット上でも単独で写真が掲載されていたりするので
それなりに人気があるダンサーさんのようなので、
他の方からもたくさんいただいていると思うのですが。。。。。
すごくすっごく可愛く写っているので、私が撮影したものも受け取って欲しいのです(>_<)

自分の写真を他人が持っているのが気持ち悪いと思われるかと思うと、
中々勇気が出ず・・・・。
匿名で出してしまおうとも思いましたが、それはそれで気持ち悪いですよね・・・・。

質問(2)TDR内のレターボックスに写真を入れて手紙を投函すれば
ご本人に配達されるというのを聞いた事があるのですが
その場合、宛名は何の書けばよいのでしょうか?
ダンサーさんのお名前が分からないので
『xxに出演している女性ダンサーさんへ』
と書いて”写真同封”書いておけば届きますか?
また、その際はこちらの住所等も記載した方がよいのでしょうか?

こんにちは。TDRのダンサーさんへのお手紙について質問させてください。

質問(1)TDRのダンサーさんはご自分の写真をもらって嬉しいと思うと思いますか?

というのも、とあるダンサーさんのファンになり
行く度にその方の写真を撮っているのですが
ご本人にも写真をもらって欲しいなっと思いまして・・・・(^-^;A

女性のダンサーさんなんですが、ネット上でも単独で写真が掲載されていたりするので
それなりに人気があるダンサーさんのようなので、
他の方からもたくさんいただいていると思うのですが...続きを読む

Aベストアンサー

(1)うれしいと思います。
でも、TDRでは今年の1/15から、今まで水面下で受け取っていたダンサーさんへのプレゼントは禁止になっています。
プレゼントがどこからどこまでの範囲のことをいうのかわかりませんが…
(2)お手紙でしたらメインストリートハウスかパーク内のポストか舞浜1-1で届きます。
その際○月○日の××に出ていたダンサーさんへと書いて、ポジションやコスチュームを書けば本人には届きます。以前でしたら、写真を表につけて出すのが一番いい方法でした。
でも名前がなければ開封はされると思います。
なので万が一会社に読まれてもいい内容で…。
お返事がくるかどうかはダンサーさん次第なので、自分の住所は書いても書かなくてもどちらでもいいかと。
過度な期待はしないほうがいいです。

Q良心的な弁護士を知りませんか?

知人が車両保険の不払い問題で苦悩されております、どちら様か金額的に良心的で力になってくださる弁護士をご存知でしたら教えて下さい。
当方愛知県在住ですが問題がなければ遠方の先生でもかまいません、どうぞ宜しく御願いします。

Aベストアンサー

私も、状況がよく飲み込めません。
回答者No1様に対する補足内容を読みますと、購入2ヵ月後の新車に傷をつけられ、現金や備品も盗難にあっているとのことですが、そうするとこれは通常の自動車事故ではないのですね?
つまり、「車上荒らし(泥棒)が、車両内部のカーコンポやカーナビを盗もうとして、車両のドアやガラスを壊し、中から現金とそれらの物を盗んで行った」と言うことでしょうか?
犯人が捕まったので、その損害をその泥棒に請求するということでしょうか?
それとも、その損害を保険会社に請求するということでしょうか?
この仮説が正しいものとして回答します。
泥棒に請求する為には、民事訴訟を起こす必要があります。しかし先方(泥棒)の弁護士が来たということは、泥棒に刑事弁護を依頼された弁護士が、泥棒に課せられる裁判所の刑罰をなるべく軽くする為に、示談交渉に来訪したということでしょう?被害者との示談成立は、裁判官の心象が良くなりますので、刑が軽減される可能性が高いのです。
とすれば、被害者であるあなたの知人が納得するような内容での示談交渉となりますので、納得しなければ拒否すれば良いだけの話です。
拒否したら新たに弁護士を立てて、損害賠償請求の民事訴訟を提起すれば良いのです(見積もり300万円というのは、感情的には新車を壊されたのですから、新車で弁償しろということですよね?これに対する実勢価格というのは、泥棒側の弁護士の提示した弁償額でしょうか?)。
次に、今回の新車損壊・備品盗難事件に関して、その損害を、知人が加入する損害保険会社に請求した場合です。
知人の加入する損害保険には、自分の車に対する保険(悪戯に対する保険や、自損事故の保険)を掛けていましたか?
備品盗難保険の特約は付けていましたか?
これ等が付いていなければ、請求しても無駄です。
もしこれ等の特約をつけているならば、何故それが支払われないのか、その理由をはっきりと教えてもらいましょう。何の根拠も無く不払いにしているとは思えません。

回答が私の一方的な仮説の上での回答となりましたが、もし違っていれば謝ります。

私も、状況がよく飲み込めません。
回答者No1様に対する補足内容を読みますと、購入2ヵ月後の新車に傷をつけられ、現金や備品も盗難にあっているとのことですが、そうするとこれは通常の自動車事故ではないのですね?
つまり、「車上荒らし(泥棒)が、車両内部のカーコンポやカーナビを盗もうとして、車両のドアやガラスを壊し、中から現金とそれらの物を盗んで行った」と言うことでしょうか?
犯人が捕まったので、その損害をその泥棒に請求するということでしょうか?
それとも、その損害を保険会社に請...続きを読む

Q 良心とか、好ましい心、といった表現について。

 良心とか、好ましい心、といった表現について。

 以前、何処かで“良心”という言葉を使って思いを述べた時、良心って何ですか、と言ったような意見を貰った事があります。

 そのとき私は“えっ”て驚きました。
 「良心って何」って問うような事柄なのだろうかと。

 でもだんだん分かるようになってきました。
 そのように問う人の“良心”に就いての捉え方は、人間社会に於ける“理性的良心”について、だと言う事を。
 言い換えれば、理性で考えられるところの“良心”とは、と言うものでした。 

 こうした観点からの“良心”について考える事は人間社会をより良くするために、必要なことであろうと思います。

 とは言っても、理性で考える“良心”は感情に於ける“良心”を拠り所にするしかないのでは、と思うのです。
 感情に於ける良心をないがしろにして、「良心」なるものを考えようとしても、言葉の世界の域を出ないのではないでしょうか。

 私が意識して使う“良心”は、小学生でも分かる「やさしさ、思いやりの心」と言った気持ちのことです。
 

 
 

Aベストアンサー

あ~あ
だから

気分だけ恍惚とする魔境の悟りと言うものもあるようです

な~んて言われちゃうんだよな。。。
方法序説でも似たようなこと言ってる

気持ちは
気持ちだけ羽の生えた馬車の上の浄土系

みたいな
利口ぶったおバカ丸出しちゃん
哲学カテで
それが売りになったんだ。。。

Q殺人事件加害者の人権ばかり守る日本の法律をどうにかしたい

先日、11ヶ月の赤ちゃんが「むしゃくしゃした」という理由で殺され、昨日は無免許・飲酒運転手のせいで8人が死傷しました。
悪質極まりない事件が多い昨今ですが、今の日本の法律では加害者の人権や心のケアばかり重点が置かれて、被害者や家族に対してはなんの公的ケアがなく、言わば「やられ損」のような感じがします。
私も今回の被害者の赤ちゃんと同じ年頃の子供を持つ親として、とても許せません。
殺人を犯しても15年もすれば出所して人生を再スタートしたり、神戸事件のように名前を変えて、就職先まで提供してもらったりする悪質な事件の加害者もいるというのに、被害者の人生は帰ってこず、被害者の家族もまた、心に深い傷を負ったままその後の人生を過ごしていかなければならないなんて、日本の法律はあまりにもむごい気がしてなりません。
このような理不尽な日本の法律を変えてもらいたいと思うのですが、どこにどのように働きかけていけばよいものか、些細なことでも結構ですので教えていただければ幸いです。

長文な上、うまく表現できず申し訳ありませんが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

法律を変えたければ、国会議員に陳情すれば良いでしょう。私個人の意見としては被害者を裁判員に優先して当てることができたら被害の回復は容易かと思います。

しかしながら刑事手続きというのは被疑者又は被告人と国との間の関係なのです。国民と政府といってもよいでしょう。政府が不必要な弾圧を加えないようにするシステムであることも事実です。

私人間の権利の侵害を補填するのが民事の制度です。本来、被害者を救うのはこちらです。ただ加害者に資力がなければ普通は弁済できないことが多いのが実態でしょう。


人気Q&Aランキング