252個の升に30個のボールをランダムに投げたとき、升にボールが2個以上入る確立は?また、3個以上入る確立、4個以上入る確立は?それぞれ求めよ。ただし、ボールは必ずどれかの升に入るものとする

このQ&Aに関連する最新のQ&A

0の階乗」に関するQ&A: 0の階乗は1?

crとは」に関するQ&A: CR-ROMとは?

A 回答 (5件)

「升にボールが2個以上入る」は「どの升にも2つ以上のボールが入らない」の余事象なので、そこから考えます。


全ての場合の数は、252の30乗。
(↑252個の升のどれかにボールが入り、それが30回繰り返されるからです。)
どの升にも2つ以上のボールが入らない場合の数は、252P30。
(↑これは、252個の升から、ダブらずに30個を選び出すからです。)

ということで、升にボールが2個以上入る確率は
1 - (252P30 ÷ (252の30乗)) = 約0.834335427


……という風になると思ったのですが、これだと「3個以上」「4個以上」の考え方が分からないし、「2個以上」でさえ計算が死ぬほど大変ですね。
ということで、私のヘボ回答は余りお役に立てなかったようですが、早く回答が欲しいということで、とりあえず。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

UKYさん

早々に回答していただきましてありがとうございます。
大変助かりました。

ほんとうにありがとうございます。

お礼日時:2002/03/22 10:42

恥をかいたこと忘れて再度登場します。


出かけますので、時間が無いため提案のみ致します。kanko111様、ご覧の皆様ご検討ください。

n個の枡にr個のボールを重複無く入れる場合の数は、nCr 通りあります。一方n個の枡に、r個のボールを重複を許して入れる場合の数は、r+n-1Cr 通りあります。これらから、1つの枡に2個以上入る確率(P2)は、
P2=1-(nCr/n+r-1Cr)
となります。これは当然No/2UKYさんの回答と合うはずです。
 
さて、3個以上の時としては、n個のますのうちr-1個の枡を選ぶ組み合わせ、nCr-1 を r+-1Cr との割合で、
P3=1-(nCr-1/n+r-1Cr)
としては如何でしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

yacobさん

時間がないところを検討(奮闘?)して頂いてありがとうございました。
2個以上の回答については、ukyさんの回答どおり0.83で正解でした。
ほんとうにありがとうございました。

お礼日時:2002/03/22 10:38

#2のUKYさんの回答と一緒で、3個以上入る確率を求めるのってすごく難しいんですよねぇ。

たぶんExcelで表計算か、プログラミングで配列変数かを用いて解かないとできないのではないでしょうか?筆記試験の問題とは思えません。(計算のバカデカさから言っても^^;)

では、唐突に回答。ただし「3個以上」バージョンだけ。

a個のボールを投げたときに、「どの升にも3個以上は入っていなく、かつ2個入っている升がちょうどb個ある」という確率をP(a,b)とする。

まず、すぐにわかる初期条件として、
P(a,0)=252Pa / 252^a
P(0,0)=P(1,0)=1
P(0,b)=P(1,b)=0 for all b>=1
P(2,1)=1/252, P(2,0)=251/252, P(2,b)=0 for all b>=2

漸化式として、
P(a,b)=P(a-1,b)*(253-a+b)/252 + P(a-1,b-1)*(a-2b+1)/252
(実際に必要な初期条件は、P(a,0)=252Pa/252^a, P(0,b)=0 for b>=1のみとなります)

これをPCかなにかで数値的に解くとして、「3個以上入る確率」は、1-Σ(b=0,1,...,15)P(30,b)=約0.0577434(b>15では明らかにP(30,b)=0です)

このような漸化式の解法をとったのは、「ボールを1つずつ投げ入れていく状況」を思い浮かべたものです。
漸化式の式の意味は、以下のとおり。
P(a,b)とは、a個投げたときに、「2個入っている升がb個、1個入っている升がa-2b個、残りの252-a+b個の升にはボールが入っていない」という確率で、「どの升にも高々2個しか入っていない」という現象を「でも2個入っている升の個数によって、次の(a+1個目のボールの)入れ方が違う」ので場合分けしたものです。ちなみに、「高々2個しか入っていない」というのを考えたのは、余事象を捉えるという趣旨です。
さて、P(a,b)を考えるには、「すでにa-1個のボールを投げていて、いまからa個目のボールを投げますよ」という状況を思い浮かべてください。このボールの行き先として、まず当然に、すでに2個入っている升には投げ入れることはできない。(いま余事象を考えてますから)
じゃあ、ボールの入っていない升かボールが1個だけ入っている升を狙うことになりますが、
・ボールの入っていない升を狙うのは、「2個入っている升がb個ある状況」のとき(確率P(a-1,b))で、このとき、a個目のボールを入れるべき空の升は252-b-(a-1-2b)=253-a+b個ある。252個の升のうち、これだけの升を狙って入る確率を考える。
・ボールの1個入っている升を狙うのは、「2個入っている升がb-1個ある状況」のとき(確率P(a-1,b-1))で、このとき、a個目のボールを入れるべき「1つだけ入っている升」はa-1-2b個ある。
というものです。

同じような考えで、4個以上入る確率も求められるとは思いますが、3次元配列になって面倒なのでやめ。(^^;)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kony0さん

回答ありがとうございました。

考え方まで詳細に記述していただき、感謝・感謝です。
ほんとうにありがとうございました。

お礼日時:2002/03/22 10:40

No.1のyacobです。


大変申し訳ありません。間違った解答をしたようです。どうぞ、No.1の回答は、ご覧にならないで下さい。No.2のUKYさんの考え方でよいと思います。
なお、ご存知でしょうが、階乗(!)の計算には、スターリングの公式が使えますが、幸にして、下記URLで、細かい数値を得ることが出来ます。ご参考まで。
恥ずかしいことで、どうかお許しください。

参考URL:http://www.yin.or.jp/user/ushioku/hide/mathlib2/ …
    • good
    • 0

1・2個入る場合


ボールは必ず枡には入りますから、始めの1個が入った枡に、残りの29個のボールの1つが入ればよいわけです。それには、組み合わせで、29C1 通りの場合が考えられます。(始めの1つ、2番目・始めの1つ、3番目、、、始めの1つ、30番目です) これらの場合の1つずつの確率は、(1/252)×(251/252)^28 となりますから、これらを掛け合わせた数が、同じ枡に2つ入る確率(P2と表します)となります。すなわち
  P2=29C1×(1/252)×(251/252)^28 =0.1029..
思ったより大きく出ましたので、心配です。検算を御願い致します。

2・3個入る場合  
(また、以下は考え方のみ申し上げます。計算してください。)
同様に
  P3=29C2×(1/252)^2×(251/252)^27
3・4個入る場合
  P4=29C3×(1/252)^3×(251/252)^26
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「有機物」は英語で何て言うの?

有機、または有機物って英語で何て言いますか?
化学の有機についての英語サイトを知っている方、情報ください!

Aベストアンサー

>基礎有機科学に関する英語サイトや、その作業工程全般に関する英語のサイトまたは文献なら何でも見てみたいです。

参考URLに記載したサイトはいかがですか?
書かれている基礎有機化学以外にもいくつかのメニューがありますし、色々なキーワードで検索できるようです。
(あくまで一例ですが)

一番良いのは、まず書籍で一通りのことを勉強なさってから、色々なサイトをご覧になると理解も進むのではないかと思いますが。

参考URL:http://www.chemguide.co.uk/index.html#top

Q30個のボール(赤6個、黒24個)から赤ボールの入る確率(組合せ)

組合せの計算方法について教えてください。
いま、箱(中身は見えません)の中に30個のボールが入っています
その箱の中を見ることは出来ませんけれど、赤玉が6個、黒玉が24個という内訳になっています
この箱から、1つずつボールを取り出して、新しく5つの箱に分けたい(入れなおしたい)です
まず1つ目を取り出して新規Box_Aに入れ、2つ目を取り出して新規Box_Bへ、同様に3つ目は
新規Box_Cへ、4つ目は新規Box_Dへ、5つ目は新規Box_Eへ、6つ目は新規Boxを一巡した
ので再び新規Box_Aへ…
という具合に新規Boxへと入れなおしていきますと、最終的に新規Box_A~Eに6個ずつの玉が
入ることになります

そこで、新規Box_Aの中の6個の玉の全てが赤玉になるのには、30C6=593,775通りのうちの
1通りなので593,775分の1の確率ということになると思いますが(この考え時点で違って
いたらご指摘ください)、新規Box_Aでなくても新規Box_BでもCでもDでもEでもいいから
赤玉6個が一か所にまとまっていればいいよという場合には、確率はどのようになります
でしょうか?

たぶん、組合せが593,775通りあるうち、新規Box_Aの中の6個全てが赤玉になるのは1通り、
同様に新規Box_Bの中の6個全てが赤玉になるのも1通り、新規Box_CもDもEも… と考えて
新規Box_A~Eのどこでもいいから赤玉が一か所にまとまっていればいいよという場合は
593,775分の5の確率ということになるのでしょうか?

その発展で、新規Box_AでもBでもCでもDでもEでもどこでもいいので赤玉3個が一か所に
まとまっていればいいよという場合には、確率はどのようになりますでしょうか?
赤玉6個のうち3個がまとまっていればいいので、新規Box_Aに赤玉3個、新規Box_Bに
赤玉3個という組合せもあると考えて、そこで詰まっております。

組合せの計算方法について教えてください。
いま、箱(中身は見えません)の中に30個のボールが入っています
その箱の中を見ることは出来ませんけれど、赤玉が6個、黒玉が24個という内訳になっています
この箱から、1つずつボールを取り出して、新しく5つの箱に分けたい(入れなおしたい)です
まず1つ目を取り出して新規Box_Aに入れ、2つ目を取り出して新規Box_Bへ、同様に3つ目は
新規Box_Cへ、4つ目は新規Box_Dへ、5つ目は新規Box_Eへ、6つ目は新規Boxを一巡した
ので再び新規Box_Aへ…
という具...続きを読む

Aベストアンサー

赤玉が4個以上ある場合も、「赤玉3個が一か所にまとまっている」とみなす場合、
新規Box_Aの中身が赤玉6個になる組み合わせは1通り(6C6*24C0)
新規Box_Aの中身が赤玉5個、黒玉1個になる組み合わせは、6C5*24C1
新規Box_Aの中身が赤玉4個、黒玉2個になる組み合わせは、6C4*24C2
新規Box_Aの中身が赤玉3個、黒玉3個になる組み合わせは、6C3*24C3
新規Box_A,B両方の中身が赤玉3個、黒玉3個になる組み合わせは、6C3*6C3
以上から、赤玉3個が一か所にまとまっている組み合わせは、
(6C6*24C0+6C5*24C1+6C4*24C2+6C3*24C3)*5C1-6C3*6C3*5C2
確率はこれを30C6で割った値です。

きっちり 3個入っていないといけない場合の確率は、上記の最後の部分だけでいいので、
(6C3*24C3*5C1-6C3*6C3*5C2) / 30C6

Q有機物と無機物を英語で・・・・・

有機物、無機物を英語で何といいますか?
どの辞書を探してものっていません。
それと 抗原性細胞は
antigen cell でいいのでしょうか?
どうかよろしくお願いします!!

Aベストアンサー

有機物:inorganic substance
無機物:organic substance
(substanceはmaterial(厳密には材料), compound(厳密には化合物)でも良いでしょう)

antigenは『抗原』そのものを指します。
『抗原性』細胞という言い方ならantigenic cellとなります。
どちらも定訳の言葉になっています。

Q【問題】箱に2個の赤いボールとn-2個の白いボールが入っている。(n=

【問題】箱に2個の赤いボールとn-2個の白いボールが入っている。(n=3,4,5,・・・)
(1)略
(2)箱から3個のボールを取り出すとき、2個が白、1個が赤となる確率をP(n)とおく。このとき、P(n)={6(n-3)}/{n(n-1)}であることを証明せよ。ただし、どのボールも取り出される確率は等しいとする。
(3)P(n)-P(n+1)を求めよ。
(4)p(n)が最大になる確率を求めよ。

(2)からわかりません^^;
数学的帰納法を使おうとしてn=3のとき成り立つ。として、次にn=kのとき成り立つと仮定して、n=k+3のとき成り立つことを示そうとしたのですが。。。できません^^;

どなたかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんわ。^^

(2)と(3)は、素直に計算しましょう。

(2) 「分母」と「分子」にわけておきます。
・ボールは全部で何個ありますか?そこから 3個を選ぶ組合せの数が「分母」です。
・「分子」は、n-2個から 2個の白、2個から 1個の赤が選ばれればよいわけで。

(3) (2)で答えはわかっているので、計算するのみです。

(4) (3)の結果を使います。
P(n+1)- P(n)とした方がわかりやすいと思いますが、これは「変化量」を表しています。
つまり、
・P(n+1)- P(n)> 0ならば増えている
・P(n+1)- P(n)> 0ならば減っている
ということを表します。

n≧ 3ということを考えれば、+-の符号を決める項は限定されてきます。

微分で符号が変わるところが極値になることと同じような考え方です。

Q"買う(予定の)物"を英語でいうと?

買う物、買う予定の物、購入予定の物

というような意味を、できるだけ短い英語で表したいです。
口語でいいので、とにかく短く訳したいです。

Alcで調べたりしましたが、英語苦手なのでよくわかりませんでした。
分かる方、どうぞおしえてください。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

「To-Do List」or「Things-To-Do List」があるのだから、、
************************
to-do list
しなければならないことのリスト、やることリスト
・My mounting to-do [things-to-do] list never seems to get shorter. 増大するしなければならないことのリストは全く短くなっていくようにはみえない。

「To-Buy List」「Things-To-Buy List」もあり得るし、よく使われます。

Q【確率論】m個の箱があり、N個のボールをこれらの箱にランダムで割り当てて・・・

m個の箱があり、N個のボールをこれらの箱にランダムに割り当てていく。
このとき、M個の箱のボールの数が(u1,....,um)となる確率は?

自分で考えてもどうしても分からなかったので、もし分かる方がいらっしゃいましたら解答を教えて頂けないでしょうか。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>このとき、M個の箱のボールの数が(u1,....,um)となる確率は?

「M個の箱」というのは、たぶん「m個の箱」ですよね。
m個の箱のボールの数が(u1,u2,....,um)となる確率は、
(1/m^N)*(N!/((u1!)*(u2!)*…*(um!)))
になると思います。

Qお前の物は俺の物 俺の物も俺の物って英語で何て言いますか?

お前の物は俺の物 俺の物も俺の物って英語で何て言いますか?

Aベストアンサー

イズ ミー…?

ミーじゃなくて "mine" 「マイン」ですよ~?

I アイ わたしは/が
my マイ わたしの
me ミー わたしを/に
mine マイン わたしのもの

Q10升の酒を、3升と7升の升を使って等分する

小説に出てきた問題なのですが、10升の酒を、3升と7升の升を使って等分するにはどうしたら良いのでしょうか。
気になって仕方ないのでわかる方いらしたら教えて頂けると幸いです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

1 まず7升の升を満杯にします
2 それを3升の升へ移します(3升に満杯・7升に4升)
3 3升を全て元の樽に戻します
4 もう一度7升から3升に注ぎます(3升に満杯・7升に1升)
5 再度3升を元の樽に戻して、7升から3升に注ぎます(3升に1升・7升は空)
6 再度7升を満杯にします(3升に1升・7升に満杯)
7 7升から3升に注ぎます(3升に満杯・7升に5升)

あとは、3升を元の樽に戻せば等分になります。

Q【スナック】スナックのチャームって英語ですか? なぜ乾き物の小鉢をチャームと言うのでしょうか?

【スナック】スナックのチャームって英語ですか?

なぜ乾き物の小鉢をチャームと言うのでしょうか?

英語のチャームは魅力的なという意味だそうです。

魅力的なという意味で乾き物の小鉢をチャームと言ったのでしょうか?

チャームの歴史を教えてください。

誰が使い始めたんですか?

なぜチャームと言ったのでしょう。

Aベストアンサー

チャームというのは「おつまみ」を指しますがひとつの説として、蕎麦屋で酒を飲んでいた客からソバの注文があった時、その注文を客と店員双方が忘れないように、ソバガキ(酒のつまみ)を注文した証拠として先に出し、これが広まって「お通し」となり、それがスナックやキャバレーといった夜の店では、テーブルを華やかにする為にナッツやチョコレートに変わり、魅力的=チャーミング=チャームとなったというものがあります。

Q白玉6個黒玉4個が入った袋から玉を同時に3個取り出すとき、白玉1個黒玉

白玉6個黒玉4個が入った袋から玉を同時に3個取り出すとき、白玉1個黒玉2個が出る確率を求めよ。

という問題で、解答は
白玉1個黒玉2個だす場合が6C1×4C2としてますが、これだと
白玉1個出した後元にもどして、黒玉を2個出す場合と同じになって、白玉が先に出るか黒玉が先に出るかまで問題にしていませんか?どうして掛けていいのか分からない!教えてください!

Aベストアンサー

こんばんわ。

場合の数には、和の法則と積の法則がありますよね。
(教科書を見直してみてください。)

いまの問題では積の法則をつかっています。
「白玉 6個から 1個を取り出すこと」と「黒玉 4個から 2個を取り出すこと」をそれぞれ考えて、その積がともに起こる場合の数を求めていることになります。


この計算では、単に確率の「分子」だけを計算していますね。
「分母」がどうなるかわかりますか?

>白玉1個出した後元にもどして、黒玉を2個出す場合と同じになって、
「分子」となる以下の計算は同じになります。
・白玉 1個を取り出す→ 袋に戻す→ 黒玉 2個を同時に取り出す
・白玉 6個から 1個を取り出す×黒玉 4個から 2個を取り出す

これは、白玉を選ぶことと黒玉を選ぶことが独立しているからです。

それよりも「分母」が変わってきます。
・10個から 1個取り出して袋に戻し、その後同時に 2個取り出す場合
(あとで 2個だけ同時というのも変な操作ですが ^^;)
・10個から同時に 3個を取り出す(袋に戻さない)場合


人気Q&Aランキング

おすすめ情報