はじめまして、私は17歳の高校二年生です。国公立大学の工学部の建築学科を目指しています。あと半月程で高三になり、具体的に大学進学を考えていった今、進路についていくつか悩んでいます。

主に、いま物理を学んでいないということです。
高校一年の進路選択で物理ではなく、生物を選んでしまいました。高二になり建築を学びたいと思った時にはもう遅かったです。
化学は一年の時から学んでいるので、それで受けれる大学はいくつかあります。
けど、建築学部のある国公立大学は少なく、自分に合った、というか狙えそうな大学のセンター入試の選択科目が物理か総合理科なんです。総合理科は今年の問題を解いたところ、ある程度点がとれました。
でも建築を学びたいのに物理がさっぱりではどこの大学に入ってもいけない気がします。
そこのところどうでしょうか?やっぱり無謀でしょうか?
だからといってまだ諦めたくはありません。。。

よいアドバイスや意見等あったら教えてください。直接この質問などに関係なくても、何か参考になる話があったら是非聞かせてください!
(文書くのが苦手なので変なところあったらすみません...)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 受験には、あまり役立たないかも知れません!!



日本の一流の建築学科では国立、私立を問わず物理、化学を履修しているのが普通です。(東京芸大については不詳)
しかし外国で建築科が理工系に属していると言うのは少数派で、設計をする[建築学部]は独立したジャンルです。

日本の建築士制度ができた頃から試験内容に合わせ、設計だけをする人間も、設備計画をする人間も、構造計算をする人間も
同じように扱うので広く浅い知識を要求されました。

xxxxxxさんの建築関係の職業イメージは、一人で構造計算をし部材の大きさを決めたりしながら設計する?という感覚でしょうが
実際の設計は建築家がイメージした絵に従って、実際に構造的に可能かどうかなど構造技術者と相談しながら分業で進みます。

したがって外国の建築家は、必要もない化学、物理、数学などは勉強せずに【構造的な直観力】を養うとか創造に欠かせない
情緒的トレーニングに時間を割いていると思います。

xxxxxxさんが目指す方向が、どの分野かまだ判らないのであれば、入試の関門と言う意味では「物理」も勉強すべきでしょう。

しかし設計をしたいと初めから決めているのなら、役にも立たない勉強をしないで済む「外国の建築学部」という手もあります。
東大教授:安藤忠雄氏のように専門の学校を出た訳でもない者が...なんで設計できるの?、なんで東大教授なの?~っと
云うことを訝しく思う日本人は多いと思います。

しかし設計とは本来、学校なんかで【教わるもの】ではありません・・・!!
いかに建築が好きか、いかに建築を愛せるのか・・・自分の考え方、感じ方、表現力、意志の力などが問われてくるのです。

・・・どうぞ頑張ってください、自分と自分の将来を考えるキッカケになれば幸いです。。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

受験には、あまり役立たないかも知れません!! >将来を考える上でとても役に立ちました。ありがとうがざいます。

Eivisさんの広い物の考え方はすごく参考になりました。
ひとくくりに建築といっても、日本と外国とでは全然違うんですね。
外国の建築家は、~【構造的な直観力】を養うとか創造に欠かせない 情緒的トレーニングに時間を割いている>それはやっぱり日本人が固定観念にとらわれすぎてるからでしょうか。。。?(うまく説明はできないんですど・・・)
設計をする上で、建築の歴史や身の回りの環境なども大事な要素になると思うので、建築家を目指すのにただ勉強するだけじゃなくて、いまから少しでも本とかも読んでみようと思います。

学校で教わることが出来るのは「右脳」までで、土台となる(イメージ)「左脳」は自分で育てるしかない、ということなんですね。
まだ「イメージ」の状態ですが少しづつ将来の設計が出来てきたきがします。ありがとうございます。

お礼日時:2002/03/22 01:11

私も高2ですが物理はやる気(理解するという気持ち)があれば


できる教科です。でも、理解する=質問をするということで
なんらかで専門の人(例:教師)が必要となってきます。No.1さんのいう
通り数学(1)A(2)B(3)C時間数は少ないでしょう。
物理というのは考える(図をイメージする)までが物理で
あと(計算)は数学だとききました。(受け売りですけど
やる気があるときはできますがない時はとことんできません・・・
文字で答えるのが主流なので数学では見ない変なルートや
分数は当たり前です。根気と理解の問題ですね。やっぱり・・・
参考書を買うのもいいのではないでしょうか?
僕がいいと聞くのは橋元流の物理(そんな感じ)ですかね。
んでもってある程度解けるようになったら橋元流の理系の物理(みたいな
参考書を解くのもいいかもしれません。あくまで参考です。

がんばってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

同じ高二という事でうれしく思います。わたしの周りの物理の選択者の話ではとても難しいと聞きますが、人それぞれなのでしょうか・・・
頭で図をイメージするということで、集中力がいるんですかね。。。
明日さっそく本屋に行って物理の本、「橋元流の物理」というのも探してみようと思います。

アドバイスありがとうございました!

shu84さんもがんばってください。

お礼日時:2002/03/22 00:06

国公立の建築学科を目指しているということですが、数学は得意なのでしょうか?



もう20年以上も前になりますけど、僕が高校時代に感じたことは、『物理は数学の半分の時間もかからない』ということです。
僕が物理を好きだったこともありますが、学習内容の量から考えると、数1、数2、数3(今は呼称が違うようですが理系の全ての数学という意味です)の量と、物理1、物理2(今でもこう呼ぶのかどうか)の量でははるかに物理の方が少ないです。

ということは死ぬ気でやれば物理1なんて一ヶ月か二ヶ月でマスターできますよ。
学習内容の詳細までは忘れましたが、物理1は力学が主なものだと思います。
力学は数学よりも問題となる現象のイメージを頭の中に浮かべることができるので、解答を導くための方程式などが立てやすいのです。
よっぽど化学のほうが覚えることが多くて時間がかかります。

もし余裕があるのでしたら、家庭教師を雇って物理をやってみたらどうでしょうか。
もちろん独学でも理解できる程度の難しさだとは思いますけど。
当然高校3年で物理2は習うんでしょう?
その前に少しでも早く物理1をやっておかないと、ますます手遅れになってしまいます。

それから建築学科は専門になればなるほど強度計算などの物理の力学の能力が必要とされます。
たとえ物理をやらずには入れたとしても、入学した後が大変で、悪くすると留年、除籍(中退ではない)になりかねません。
ここは一念発起して春休み中に物理を徹底的にやってみることをお勧めします。
そのうえで自分には無理だと思うのでしたら、方針を転換しても構わないと思います。
でも意外に物理は楽しいですよ、ホントに!

やらずに後悔するよりも、やってから後悔した方が納得できると思うのですがどうでしょうか。
納得のいく形で一年後の受験に迎えることができるように頑張ってくださいね。

この回答への補足

アドバイス、ありがとうございます。
数学は得意な方だと思います。(模試の結果から考えてですけど)数(3)・Cはまだすべて終わっていないので何ともいえませんが、二次試験科目にも含まれるので授業を大事にしなきゃと思います。
あと、物理を少しも勉強せず決断しようとしていたのは間違っていたなと思いました。
死ぬ気でやれば>ということで、余裕のある(ホントは余裕など感じてるのはおかしいかも知れませんが・・・)この春休みに死ぬ気で勉強してみようかと思います!それからまた考えてみようと思います。

当然高校3年で物理2は習うんでしょう? >高三の物理は高二からの継続で、一学期のはじめに少し物理(1)をやり、その後(2)の方に移るそうです。なので今後どうなるのかは教科担任の先生とも相談が・・・。

補足日時:2002/03/21 23:30
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お話とても参考になりました。改めて、がんばってみようという気持ちがわいてきました。
物理の楽しさ、わたしにも分かるといいです!
本当にありがとうございました。

お礼日時:2002/03/21 23:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q数学は苦手だけど、物理は得意って人は存在するの?

物理の参考書を見ると難しい数式で書かれてたりするので、数学が出来なくては物理は出来ないような気がします。
そこで疑問に思ったのですが、数学は苦手だけど物理が得意って人はいるのでしょうか?

Aベストアンサー

>数学は苦手だけど、物理は得意って人は存在するの?

世界中に沢山いると思います.かの相対論で有名なアルバート・アインシュタインも数学は苦手でした.相対論を構成して行く過程で数学の優秀な人に数学を教わったそうです.

物理の参考書に難しい数式が並んでいるのは,ほとんどが,後の人の付け加えです.数式は,物理現象を説明したり,再現性を確かめたりするために後から付け足すものです.

物理学は,数式が始めに有るのではなく,物理現象に対して数式を後から当てはめたものです.

数学が苦手でも物理学は出来ます.想像力と創造力とヒラメキがあればいいのです.それから,情熱と・・・.

物理学は,人間の想像からはじまり,観測し,その物理現象に数式を後から当てはめる作業なのです.

ですから,想像力が始めに無ければ,物理学は始まりません.その次に数学があるのです.

Q建築のデザインを学ぶならどの大学?

北海道に住んでいる、高校3年生なんですが、建築のデザインを学びたいと思っています。そこで、どの大学で学んだらいいんでしょうか?またなぜそこの大学がいいのか、教えてください!

Aベストアンサー

私も建築デザインに進みたくて今年入学しました!大学は、宮城大学です。きめたのは、地元だということもありますが・・建築デザインってなかなかありそうでないんですよね~。。特に国公立!!なるべくお金は使いたくないしね!デザイン系だと、千葉大学もありましたね~でも難しい…(馬鹿な私にとっては)宮城大学は、仙台市だけど、ちょっと山よりなんで自然いっぱいだし!授業もたのしいです!パソコンは一人一台買わせられて~あまり得意ではなかったのに~使えるようになりました!デッサンや製図の授業があって、ちゃんと卒業するときに、建築系の学部と同じような資格だってとれます!参考になれば幸いです**

Q物理を理解するのに日本語は英語より不向ですか?(物理、英語が堪能な人に

物理を理解するのに日本語は英語より不向ですか?(物理、英語が堪能な人に質問です。)
昔、物理の授業中先生に、例として「直線上の一点」という表現、英語なら「above、on」の区別があるが日本語は「上」しかない。物理は日本語より英語の方が理解しやすいと言われました。その時は、なるほどと思ったのですが実際はどうなんでしょうか。

Aベストアンサー

私は30年前にアメリカに渡って今まで物理の研究を生業にして飯を食って来た者です。

日本人ならば日本語に決まっています。ただし、今の世の中、英語でスラスラ読み書き出来ないと物理の専門家になるのは無理でしょう。貴方の昔の先生は何処の国から来た方か存じませんが、日本人なら「直線より上の一点」はaboveに、「直線上の一点」はonにそれぞれ対応していることぐらい誰にでも判ることですね。このように、「より」の一言があるかないかで、何の曖昧さもなしに区別が出来ます。

また、日本人が学問をするのにカタカナはいただけません。外国語を一旦漢字に直すと、その意味は、何となくでも良いという段階も含めるならば、誰にでも判るようになります。例えばエレクトロンじゃあ、その言葉はうちの婆さんには何のことだか見当がつかないが、電子なら多分それが電気に関係がある言葉であることぐらいは判ると言っていました。また、マニフェストじゃ判らんが、公約だったら判るとも言っていました。このように、漢字には表音語にはない意味の透明性があり、その結果、その言葉で意味される概念を専門家達が独占してしまうことを妨げる、大変民主的な利点があるのです。ですから、日本の専門家には外国語で表現されている概念を出来るだけ透明な漢字に直して、知的貴族の出現を許さない民主的な文化を作り上げる義務があるのです。しかし、どうも近年の専門家達はこの義務を履行していないようです。もちろん、訳語には拙劣な訳と透明な訳がありますが、それこそ、どう言う訳をするかで、その専門家の能力が試されているわけです。

また、カタカナ語は完全に元の発音と違っておりますので、それは外国語ではなく立派な日本語であると考えるべきです。カリフォルニア、マクドナルド、ボストン、オースティン、、、どれもこれもそのままでは元の外国人には通じません。私の経験でも、ソリトンとかパーターベーションとか電算機のバグという物理で頻繁につかう専門言葉をアメリカ人の前でカタカナのままに発音して全然通じなかったことを経験しております。ということは、カタカナで書かれた専門用語は、漢字と同じレベルの翻訳語と言うことになります。ところが、これは漢字で書かれていない翻訳語なので、漢字で書かれていない分だけ、その文字をいくら眺めても何を意味するか何の印象も湧いて来ない不透明で拙劣な訳語とみなすべきです。

そのことに関連して、蛇足ですが、哲学者はどうしてそんなにも言葉に対する感覚がないのかと、何時も感心させられております。もう一晩寝れば誰にでもその意味の見当が付くような、もっと透明な命名が出来るはずなのに、当為、定言的命法、仮言的命法、格率、措定、投企、所与、実存、形而上学、止揚、徴表、帰納、演繹、、、あるはあるは。漢字を見ていても何の印象も湧いて来ない。哲学って、そんなに素人に判ってもらっちゃ困る学問なんですかね。そもそも「哲学」と言う漢字を見せられて、それを初めて見た人は何をやる学問であるのか全く見当がつかない。西周とか言う人の造語だそうですが、良くもまあこんなに意味の不透明な造語を作ったものだと感心しております。多分、哲学をやる人間は、どうせ素人を煙に巻くことが生き甲斐で生きている連中だからという理由で、深慮遠謀のある命名法だったのでしょうかね。事実、その後の日本の哲学者達の言葉の命名法は、この西周さんの予想通りになって来たようですから。物理だけは、こんな拙劣な漢字文字やカタカナ文字などの手抜きをした意味不透明な訳語にしないで、誰にでも見ただけで何となくでも良いから見当がつく漢字を使って頂きたいですね。

序でですが、日本語がどれだけ物理を表現するのに適した言葉であるのかの具体的な例として、朝永振一郎の『量子力学』を挙げておきます。昔、この本について私の先生曰く「この本は危険な本である。量子力学は誰にでも出来るような物ではない。ところが、この本を読むと、量子力学が簡単に判ってしまった気になってしまうので、私も物理学者になろうと言う気を起こさせてしまう。それで、日本のどれだけの若者が進むべき道を誤ったことか。」勿論これは冗談ですが、こと程左様に、この本は、日本語が物理学を記述するのにどの国の言葉にも劣っていないことを示す具体的です。したがって、ある物理の本を日本語で読んで良く判らなかったら、それは日本語のせいではなく、その著者の物理の理解の程度の低さのせいであると考えるべきでしょう。

私は30年前にアメリカに渡って今まで物理の研究を生業にして飯を食って来た者です。

日本人ならば日本語に決まっています。ただし、今の世の中、英語でスラスラ読み書き出来ないと物理の専門家になるのは無理でしょう。貴方の昔の先生は何処の国から来た方か存じませんが、日本人なら「直線より上の一点」はaboveに、「直線上の一点」はonにそれぞれ対応していることぐらい誰にでも判ることですね。このように、「より」の一言があるかないかで、何の曖昧さもなしに区別が出来ます。

また、日本人が学問をする...続きを読む

Q建築学、建築家について教えてください!

僕は、現在高校一年生で大学の進路を考えているんですが調べるうちに建築学に興味を持ちました。とくにひかれたのは意匠設計についてです。そこでいくつか質問があるんですが

1、建築学というのは具体的にどのような授業を行っているんでしょうか。(たとえば計算や製図が主だとかデザインをするとかでしょうか)

2、建築学を学ぶのにいいとされている大学(できればある程度有名な国公立でおねがいします。わがまま言ってすみません・・・)はどこなのか。京都大学はどうでしょうか?

3、どうすれば、巨大なビルや、駅などの設計に携わる人間になることができるのか。

4、やはり現実的に考えれば仮に有名な大学、大学院で学んだとしても上記の3のようなことや、独立して事務所を構えることは難しく会社に就職し、あまり自分の思った通りの設計をしたりすることはなかなか難しいものなのか。

5、有名な建築家たちはどのようにして3、や4のようなことをできる様になったのか。

色々とあってすみません。しかし将来のことなので入った後で後悔したくないんです・・・ どれか一つでも、どんなことでもいいのでだれか教えていただけないでしょうか??おねがいします!

僕は、現在高校一年生で大学の進路を考えているんですが調べるうちに建築学に興味を持ちました。とくにひかれたのは意匠設計についてです。そこでいくつか質問があるんですが

1、建築学というのは具体的にどのような授業を行っているんでしょうか。(たとえば計算や製図が主だとかデザインをするとかでしょうか)

2、建築学を学ぶのにいいとされている大学(できればある程度有名な国公立でおねがいします。わがまま言ってすみません・・・)はどこなのか。京都大学はどうでしょうか?

3、どうすれば...続きを読む

Aベストアンサー

東大建築を出た一級建築士です。
しかし意匠設計はやっていません。

1.講義については、シラバスを見ればわかります。
計画、構造、設備系の講義を満遍なく受けることになります。
https://www.ets.t-adm.t.u-tokyo.ac.jp/todaien/pdf/syllabus/JCodeIchiran_0314_1.html

東大の場合は進振りがあるので2年の冬学期からとなっています。

2.東大と早稲田が双璧です。日本の建築界をリードしています。
他の国公立ならやはり東工大と旧帝大。京大に行けるなら東京進出を
狙うほうがいいかもしれません。建築は都市型なので情報量が違います。
日大も強いですが建築というより建設業に強い。

3.大きな建築物なら、意匠や計画系の研究室を経て大手設計事務所
(日建設計や三菱地所設計など)に入るのが最もメジャーです。しかし
それにもやはり学歴はモノをいう。

4.大手事務所に入るのは有名大を出れば難しいことではない。
しかし独立は難しいですよ。スタッフまで食べさせられるようになる
には、芸能人やプロスポーツ選手になるのとあまり変わらないのでは。
営業力も必要なのでブレーンが要る。そこで東大や早稲田など
各界にOBがいる大学のほうがいろいろ「便宜が図れる」わけです。

5.まず、『若いころの薄給を覚悟すること』。それだけの資産があることと
言い換えてもいい。大手はそれなりの待遇ですが、有名建築家で大手事務所を
経た人はそんなに多くない。アトリエ系の個人事務所で修行をするのです。
「40歳デビュー」とも言われます。

あとはコンペに積極的に参加すること、それには学生時代から始めて
名を売るのが常道です。ひとりの図抜けた才能というよりチームで
取り組むことが多いので、寝食を忘れて設計行為に打ち込める、
同じ志の友人をどれだけ募れるかにもかかっているでしょう。著名建築家は
筆力もある(私はある種の思想家だと思う)ので、作品を見に行くと共に
著作を読むと、彼らがどうやって今の位置にいるかがわかってきます。

建築は今後とも斜陽産業(負け組確実)なので、身を投じる場合は
それなりの覚悟が必要です。好きなら続けられますが。

東大建築を出た一級建築士です。
しかし意匠設計はやっていません。

1.講義については、シラバスを見ればわかります。
計画、構造、設備系の講義を満遍なく受けることになります。
https://www.ets.t-adm.t.u-tokyo.ac.jp/todaien/pdf/syllabus/JCodeIchiran_0314_1.html

東大の場合は進振りがあるので2年の冬学期からとなっています。

2.東大と早稲田が双璧です。日本の建築界をリードしています。
他の国公立ならやはり東工大と旧帝大。京大に行けるなら東京進出を
狙うほうがいいかもしれま...続きを読む

Q大学受験での物理で、微積を使わないでもいけますか? どういう人が微積物理をやるのでしょうか? 志望学

大学受験での物理で、微積を使わないでもいけますか?
どういう人が微積物理をやるのでしょうか?

志望学部は工学部です。
物理は今のところ参考書で独学で頑張りたいと思っています。

一応数Ⅲをやっているのでそこまで微積が苦手な訳ではないのですが。。。

Aベストアンサー

No. 2 の方の言うとおり、高校の物理では、微積を使わなくてもできることになっていると思いますが、使わないと、いちいちいろんなことを考えて式を立てりしなければなりません。それよりは、微積を使って考える方が簡単だと思います。

今、自分で微積を勉強しているようですから、物理も一緒にやってみれば、微積の意味、必要性などもよく分かって来るかもしれません。

Q大学の通信教育で土木若しくは建設、建築が学びたい

現在、土木の設計会社で設計業務に携わっています。
会社員を続けながら、大学の勉強をしたいと思い、大学の通信教育を探しています。
土木、若しくは建設、建築の学科がある大学をご存じの方、その大学名を教えて下さい。

Aベストアンサー

 京都造形芸術大学・大阪芸術大学の通信教育部で建築の専攻があります。下記のURLの私立大学通信協会からリンクされているので確認して見てください。

・『京都造形芸術大学通信教育部』
http://www.kyoto-art.ac.jp/index.shtml
・『大阪芸術大学通信教育部』
http://www.cord.osaka-geidai.ac.jp/
・『(財)私立大学通信教育協会』
http://www.uce.or.jp/
・『ベネッセマナビジョン進学応援サイト』
http://manabi.benesse.ne.jp/op/

Q高校物理を履修していない人でもできる電磁気の勉強法

理系の学部に通っている大学1年の者です。

10月から電磁気の授業が始まるので、それに備えて今から少し予習しておきたいと思うのですが、どのように勉強すればいいでしょうか。

大学の授業では高校で物理を履修した人と履修していない人で授業が分かれており、私は物理を履修していないので当然履修していない人用の授業を受けるのですが、ついていけるか心配です。

1学期に力学(これも電磁気と同様に物理を履修しているか否かで授業が分かれます)の授業があったのですが全然ついていけませんでした。
(物理を履修していない人用の授業とはいえ、7月には物理履修者用の授業と同レベルのことをやっていたので)


シラバスには
(1)自然界の基本的力と電磁場、ローレンツ力、電荷の保存
(2)静電場
(3)定常電流
(4)定常電流による磁場
(5)時間的に変動する電磁場
(6)変位電流とマクスウェル方程式
などと書いてあります。

とりあえず高校の物理の教科書を読むところから始めようと思っているのですが、他におすすめの勉強方法や参考書がありましたら教えてください。お願いします。

理系の学部に通っている大学1年の者です。

10月から電磁気の授業が始まるので、それに備えて今から少し予習しておきたいと思うのですが、どのように勉強すればいいでしょうか。

大学の授業では高校で物理を履修した人と履修していない人で授業が分かれており、私は物理を履修していないので当然履修していない人用の授業を受けるのですが、ついていけるか心配です。

1学期に力学(これも電磁気と同様に物理を履修しているか否かで授業が分かれます)の授業があったのですが全然ついていけませんでし...続きを読む

Aベストアンサー

岩波書店出版の物理入門コース電磁気学Iをおすすめします。
電磁気学では力学の知識も必要ですが、F=maをある程度使いこなせるなら問題ありません。
講義名は「電磁気学」ですが、最初にやることは恐らく数学です。
具体的には、スカラー積、ベクトル積、ダイバージェンス、グラディエント、ガウス定理などを学ぶはずです。
上記の数学の知識は、電磁気学に於いて必要不可欠なものであり、誰もが苦戦する代物です。
高校の物理の教科書から始めるのも良いですが、落ちこぼれることを防ぐためにも、これらの基礎知識を固めるべきかと思います。
因みに、物理入門コースの電磁気学と演習は、初心者の立場で考えると非常な名著であると言えると思います。
大学の図書館にもあるはずですよ。

Q海外で建築を学んで日本で建築士として働けますか?

こんにちは!
いきなり質問ですが、例えば海外の建築家が日本の公共的な建造物を設計してたりしますよね?

ということは建築士という職業は世界の何処でも実力さえあれば働けるのでしょうか?

逆に海外の大学で建築を学んで、海外で建築士として働いた後に日本に帰ってきて同じように建築士として働けるのでしょうか?

日本で建築を学ぼうか海外で学ぼうが迷っております。

どうかアドバイスをください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#2を書いた時は『疑問に思ったのは「建築家」と建築士」はどのように違うのでしょうか?』をみていなかったので。。。

(1、2級)建築士の説明は#3にある通りですが、とりあえず試験に頑張って合格していても、実際の仕事は分業になっています。

大きく分ければ意匠の設計をする人、構造計算をする人、現場で施工業務をする人などに分かれ、中には給排水設備が専門でも

建築士の資格を取る人もいます。

一般の人は建築士なら皆、設計が出来ると錯覚していますが建築士の中で設計らしきもの?が出来る人は5~7%位でしょう。

まして外国では【建築家】という名称は独立した建築家のことを指しますから、チーフ・設計主任でも卵は建築家とは言いません。

ましてゼネコンの設計部は施主の利益を守る立場ではないので当然「建築家」とは程遠い単なる建設技術者なのです。

Q理系の人へ 物理と生物を選ぶとき生物は受験校があんまりないと言いますが物理を選んだら生物系の大学へ行

理系の人へ
物理と生物を選ぶとき生物は受験校があんまりないと言いますが物理を選んだら生物系の大学へ行くことはできるんですか?
国公立大学の場合

Aベストアンサー

受験できるか出来ないか、ということで言うと、大学によっては、少なくともセンター試験の段階では可能なケースはあり得るでしょう。センターの段階では、選択科目はやや拡げておく場合もありますから。
 一方、各大学の個別試験の段階では、その大学・学部・学科で入学後に必要となる科目を課すのが普通ですから、生物系の大学・学部・学科では、入試科目として生物が必須になっている可能性は高いと思います。ただし、生物系の学科なら、理科を、生物・物理・化学から選択、としている可能性もあります。
 ですから、大学による、としか言いようがありません。

 もっとも、受験の制度上は、高校の時に生物を履修していなくても、生物系の学部・学科の志願(=受験)自体は可能です。合格するかどうかは別問題ですが。

 それよりも・・・
 理系では、学部・学科(専攻)によって内容が全く異なります。そのため、入学後、主に必要となる理系科目も、物理系・化学系・生物系の学科で異なりますし、同じ物理系学科でも、土木建築系・機械系・電気電子情報系で違います。
 理系を志望する場合、その志望の分野(≒学科・専攻)によって、選択する科目はほぼ自動的に決まってしまいます。つまり、本来なら、ご質問のようなことは、あり得ない、ということになります。

受験できるか出来ないか、ということで言うと、大学によっては、少なくともセンター試験の段階では可能なケースはあり得るでしょう。センターの段階では、選択科目はやや拡げておく場合もありますから。
 一方、各大学の個別試験の段階では、その大学・学部・学科で入学後に必要となる科目を課すのが普通ですから、生物系の大学・学部・学科では、入試科目として生物が必須になっている可能性は高いと思います。ただし、生物系の学科なら、理科を、生物・物理・化学から選択、としている可能性もあります。
 で...続きを読む

Q高専専攻科(建築学専攻)卒者の一級建築士の受験資格について

4月に高専建築学科5年生になった者です。
一級建築士の受験資格について質問があります。
私は、高専専攻科(建築学専攻)に進学を考えております。
高専建築学科卒の場合、二級建築士の受験資格はすぐに得られるので心配しておりませんが、問題は一級です。

大卒者の場合、2年の実務経験で受験資格が、
高専卒者の場合、4年の実務経験で受験資格が得られます。
では、高専専攻科卒の場合、どのように扱われるのでしょうか?
専攻科在学中に、(独)学位授与機構へ学位申請をして、卒業と同時に学位を取得することが出来ます。
これによって、大卒者と扱われるのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

学歴で受験資格を得る場合の考え方は,全て同じ解釈です。

建築系4年制大学卒業後2年間の実務経験と同等です。
例えば,高専,2年制大学の場合の場合は,卒業して4年の実務経験ですが,実務経験の前2年間を4年制大学の3年4年の学歴と同等と考えれば,後2年間が実務経験となり,結局は4年制大学と同じ考え方になります。
質問者の場合,高専卒で4年間の実務経験(この場合専攻科の2年間は実務経験に加えられます。) 

高専専攻科で学位取得すれば大卒と同等扱いになったとして,学歴プラス2年間の実務経験(この場合専攻科の2年間は,4年制大学の3年と4年の学歴と同等と考えて)
,受験資格に関する限り,大卒じゃなくても高専卒で受験資格を得ることが出来るし,問題ないのではないでしょうか。
頑張って!!

ただ,受験資格の学歴には「卒業」と書いてるので,「学位」の有無ではないかもしれません。もし,これに当てはまったとしても,高専卒で受験資格が得られるので,たいした問題では有りませんが。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報