最近、我が家の愛犬(雑種 オス 7歳)が、かなりの熱を出して医者にかかりました。

結果、我が家のもう一匹のチビ犬が、じゃれた勢いであごを噛んでしまったあとが化膿して・・・と言うのが主な原因だとの事。一応、これについてはお医者様より適切な処置をしていただいたので、治りかけてきました。

その時、いろいろな可能性を疑って血液検査をしたのですが、その結果を見てお医者様は「胆のう機能が悪い」とおっしゃいました。胆汁の分泌が悪く、そのせいで「けだるい」「老化が早い」「疲れやすい」などの症状がでるそうです。確かにこのコには、そのような節はあるかも・・・と言った感じです。これは慢性的なもののようなので(人間で言う肩こりのようなもの??)、手術などの治療はできず、薬などでの緩和を続ける他はないとも言われました。

「無理なく生活をする事に、他の犬よりも気を使ってあげて、あとは普段どおりで」との事。お医者様の診断なので、もしかしたらこれ以上の処置はないのかもしれませんが、このコと一緒にすごしている家族として、他に覚えておくべき事があれば少しでも知りたいです。

(関係ないかもしれませんが、ストレスをためやすい繊細なコだとも言われました。本当に難しいうちのワンちゃんなのです・・・。)

ご経験者やお詳しい方、いらっしゃいましたらアドバイスを下さい!よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

手術 肩こり」に関するQ&A: 肩こりが治る手術

A 回答 (1件)

marcoさんが見てもらったお医者さんの言われたように、西洋医学では、慢性疾患に対する有効な治療法はあまりありません。


それでも、動物には自分自身で体を治そうとする自然治癒能力があります。そういった生命エネルギーは信じられないような力を発揮する事も少なくありません。
その為には、新鮮できれいな空気と水に十分な運動と正しい食事を心がけてあげてください。
あと、ストレスの緩和などには、アロマテラピーもお奨めです。
marcoさんのワンちゃんは、まだ7歳ですし、まだまだ、健康で元気な生活がおくれるはずです。頑張ってあげてください。

参考URL:http://www.hac-wakayama.com
    • good
    • 0
この回答へのお礼

pphmさん、どうもありがとうございます!

ワンちゃんだけでなく、飼い主の私までがヘコんでいてはいけない・・・・。

やっぱり普段の生活一つ一つから、きちんと気を使ってあげる事が一番大切ですね。pphmさんのおっしゃる「自然治癒能力」がうまく発揮してくれるように。

URLをご紹介いただいたので、さっそくみてきました。アロマテラピーのコーナーに強く興味をもちました。母親と一緒にずっと見ていたのですが、これは本当に試してみたいです。スキンシップにもなりますし!

心強い回答をいただいて、少し楽になりました!ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/21 10:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q仔犬のしつけについて

今月から初めて犬をかってます。(2ヶ月のラブラドール)
しつけなどは、だいたいいつ頃から、どのように始めればいいのでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは

犬の躾は…来た時から一生♪だと思っています
トイレとかの基本的な事なら一歳までには覚えるでしょう
焦りは禁物
個体差があって当然の事ですから…ラブだから賢いからとか言う事はありません
飼い主の愛情で賢くもバカにもなると思っています
猫可愛がりに可愛がるのではなく節度を持って接してください

躾を成功に導くには…
(1)なるべく失敗はさせない
叱ってはいけないと思っていてもツイ叱ってしまったり叱らなくても嫌な顔したり…
犬は敏感に些細な気持ちの変化を感じ取ります
失敗されて嫌な気持ちにならないはずがありません
どんな躾でもなるべく失敗しないようにしてあげてください
(2)トニカク褒める!!
成功したら褒めまくる事です
周りが引くぐらいにオーバーに褒めて犬に『褒められる事で更にヤル気を出させる』のです
良くジャーキーとかで釣るのはダメという方もいますが…
褒め方が上手くなるには時間がかかります
褒めている事を伝えるには有効な手段がジャーキーとかのご褒美です
ジャーキーとかのご褒美を与えながらキチンと褒めていれば褒めるだけでちゃんと指示を聞くようになりますから…
トニカク最初は犬が喜ぶように褒めてあげてください
(3)コマンド・やって良い事悪い事は家族で統一する
これが家族でマチマチだと犬が混乱します
やっても良い事・悪い事だけはシッカリと決めて守ってください

躾が入り出来るようになってきても油断していると躾は簡単に崩れます
よく訓練に出して戻って来たらバカになったと聞きますよね?
バカになったのではなくバカにしたのです
訓練に出したんだからと帰ってきてから訓練の復習を怠ったり訓練士さんの言う通りに接する事が出来なかったり…
プロの訓練士さんという強いリーダーを知っている犬は普通の飼い主さんではリーダーとして簡単に受け入れません
これは犬の性格とか犬種の特徴とかにも関わりますのでラブなら大丈夫かもしれませんが…シェパードとかは特に受け入れない仔が多いです
そうなると犬はリーダーでもない人間の言う事は聞きません
普段は嫌々聞いていてもイザという時に聞かない可能性もあります
訓練所に預けるのではなく通いで自分で訓練する方法を取る事を薦めます

こんにちは

犬の躾は…来た時から一生♪だと思っています
トイレとかの基本的な事なら一歳までには覚えるでしょう
焦りは禁物
個体差があって当然の事ですから…ラブだから賢いからとか言う事はありません
飼い主の愛情で賢くもバカにもなると思っています
猫可愛がりに可愛がるのではなく節度を持って接してください

躾を成功に導くには…
(1)なるべく失敗はさせない
叱ってはいけないと思っていてもツイ叱ってしまったり叱らなくても嫌な顔したり…
犬は敏感に些細な気持ちの変化を感じ取ります
失敗...続きを読む

Q飼い猫が他の野良猫に傷を負わされた場合の処置について

こんにちは、

我が家の猫は、基本的には ホームセンターで購入した3段式の籠(700mm X 700mm X 1800mm)の中で、暮らしてます。餌をやるときには、1時間程部屋に入れ、また、ストレス解消のため、時々野外に放置させます。

 飼い始めて、3ヶ月近くが経過しましたが上記の生活で問題はなかったです。しかし、今日、野外に放置させた後、猫の顔を見ると1cm程度の引っかき傷が鼻にありました。多分、近所に住む野良猫にやられたものと思われます。

最近、猫の病気が流行しているらしいので、心配です。アドバイスをお願いします。
医者に行くのが当然ですが、潜伏期間等を考慮するといつ位に医者に見せれば良いでしょうか? 

猫に予防注射等はしておりません。

Aベストアンサー

まず外に出すことはやめた方がいいと思います。
感染することは避けられないからです。
ひもをつけて散歩ならかまいませんが・・・。

潜伏期間など詳しくはわかりませんが、
パルボ、鼻気管炎、猫エイズ、猫白血病
FIPなど感染する可能性があります。

このうち血液検査で感染しているかどうか
わかるのが、猫エイズ、猫白血病、FIPです。
(ただ感染して一定の時間が経たないと
判断できないと思われます。)
またパルボ、鼻気管炎は症状がでるまで
感染したかどうかわからない、だったと
思います。

またこのうちワクチンがないものは、
猫エイズ、FIP。発病したら治せない
ものは猫エイズ、猫白血病、FIPです。
とても怖い感染症です。予防法は外に出さない
事につきます。
我が家の猫も感染症が怖いため外には出しません。
今後の飼い方を検討された方がいいと思います。
まだ3ヶ月なら十分室内飼いに適応しますよ。

Qしつけの出来ていないラブラドールを貰いました

ホームページでみつけた里親に募集しラブラドールを貰いました。血統書などもいただいたので純血だと思うのですが、まったくしつけはできていません(えさの時のお座り、待てはできますが)散歩の時はすごい力でひっぱります。体も洗っていなかったようですし餌もドッグフード、産まれてから五年間ずっと外飼いしてたそうです。どうせ頭の良いラブラドールならしっかりしつけをさせたいのですが、こんな状況からでもしっかりしつけをさせることはできるのでしょうか?体も匂いますし、はしゃぎまくるのでしばらく外で飼うつもりです。良いしつけ方、成犬をしつけるサイト等ご存知でしたら教えてください。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

是非、この子を幸せにしてくださいね。Q&Aで簡単に書かせて頂きます。

Q1:こんな状況からでもしっかりしつけをさせることはできるのでしょうか?
結論から申しますと今からでもしつけは十分可能です。さらに「えさの時のお座り、待てはできます」や「はしゃぎまくるので」ということから、この子は既に基本的なしつけは出来ており、大変人間好きであると言えます。もし過去に虐待を受けたり、過度の恐怖を受けた経験の有る子であれば、人間不信から飼い主が変わってすぐに「指示を聞いたり」「はしゃいだり」することが出来ないからです。「体も洗っていなかったようですし、餌もドッグフード、産まれてから五年間ずっと外飼い」とはいえ、この子はとても素直に育っていますので非常に性格が良く、利口な子であるといえます。ですから、飼い主が愛情を持って、根気よく、時間をかけて接すれば、今からでもどんどん覚えてくれると思います。

Q2:良いしつけ方を教えてください。
よく犬の躾サイトや教育本には「飼い主はリーダーにならなければならない」や「悪いことをしたら厳しく叱る」とありますが、犬との信頼関係(犬に好かれること)が無いうちに、飼い主が過度に厳しくすると犬は飼い主に恐怖を感じてしまい、恐怖から身を守るための防御行動(唸る、咬む)を誘発してしまう場合があります。ですから、最初の1ヶ月は「良い人だ」と犬に理解させることが必要です。とはいえ難しいことを考えることは無く、1ヶ月位は犬の嫌がることや叱ったりせず、散歩に沢山行ったり、一緒に遊んだりして楽しめば良いのです。そして2ヶ月目くらいから少しづつ躾を始めます。まず、躾の基本ですが「犬に好かれている事が鉄則」です。これは人間が嫌いな人の言うことは聞きたくない事と全く同じです。そして、犬に好かれる飼い主になるには「犬のご機嫌を伺う」のではなく、「犬にご機嫌を伺わせるように仕向ける」ことが重要です。つまり、犬が何かをする(「スワレ」「マテ」「ツケ」などの指示に従う)ことと引き換えに、喜ぶこと(食事、散歩、おやつ)をあげるということです。またその喜びも犬が満足する一歩手前で止めておくことも、ずるいようですが、犬の飼い主への好奇心を持続させるテクニックです。それができれば犬は飼い主への集中力を自然に高め、進んで指示に従うようになります。

Q3:散歩の時はすごい力でひっぱります。
散歩時に引っ張るのは、散歩中にある様々な景色や匂いなどに興味を持ち、飼い主のことを忘れて夢中になるためです。ですから、散歩中に飼い主に注意を払うように仕向ければ状況は緩和されます。最もお勧めの方法は「散歩中に飼い主が、時々大好物(ジャーキーなど)を不意に与える」方法です。そうする犬はいつジャーキーをもらえるかわからないので飼い主のほうを気にしながら歩くようになります。その他にも「引っ張った」ときに「叱る」方法や、散歩時に脚側歩行(飼い主の横で歩かせる「ツケ」とも言います)をさせる方法がありますが、この方法は警察犬や盲導犬で無い限り、あまりお勧めしません。というのも、強固な信頼関係が築けていない飼い主がこれを強制すると犬は「この人と散歩をしたくない」と考えるようになる可能性があるからです。「大好き」でもない人から、楽しいはずの散歩中にひっきりなしに制御されると、犬も嫌気が差すのです。自分が好きでもない人から何度も何度も注意されたりする事と同じと考えれば分かると思います。散歩は犬にとって食事と同じくらい大きな楽しみの1つ。出来るだけ好きなようにさせてあげる寛容さも飼い主には必要です。

Q4:お勧めの躾は
日常生活で覚えさせておくと非常に便利なのが「オイデ」、「スワレ」、「マテ」、「フセ」の4つです。特にお勧めは「スワレ」、「マテ」(「ヨシ」で開放)を、食事前だけでなく、リードの繋ぎ替え、日々の散歩中のトイレ回収時、信号待ち時に徹底して行わせることです。これですと一定の時間の間隔をおいて指示を与えられるので犬は嫌気が差すことは少ないですし、一日に少なくとも10回近くの「スワレ」「マテ」を行うことができ、習慣にすることができます。最初はなかなか出来ないと思いますが、習慣になれば、リードの繋ぎ替え時や、トイレ後、信号では自分から座って待つようになり非常に散歩が楽になります。犬の躾けは期限が決められているものでも、規定があるものでもありません。頑張ろうとせず、その子のペースで、気長に、気楽に接して行って下さい。

是非、この子を幸せにしてくださいね。Q&Aで簡単に書かせて頂きます。

Q1:こんな状況からでもしっかりしつけをさせることはできるのでしょうか?
結論から申しますと今からでもしつけは十分可能です。さらに「えさの時のお座り、待てはできます」や「はしゃぎまくるので」ということから、この子は既に基本的なしつけは出来ており、大変人間好きであると言えます。もし過去に虐待を受けたり、過度の恐怖を受けた経験の有る子であれば、人間不信から飼い主が変わってすぐに「指示を聞いたり」「はしゃいだり...続きを読む

Q我が家のチワワ(5歳4ヶ月)が両足とも膝蓋骨脱臼と診断されました。 ワクチン接種の際に軽く触診、グレ

我が家のチワワ(5歳4ヶ月)が両足とも膝蓋骨脱臼と診断されました。
ワクチン接種の際に軽く触診、グレード3だそうです。
獣医さんは「今は大丈夫だから、わざわざ痛くするのはどうか」「簡単に手術は良くない」と説明され、現状から悪くしないように指示を受けました。レントゲンは撮っていません。
しかし調べれば調べるほど、グレード3は手術をする場合が多いらしく、グレード4になってしまったら、歩けなくなってしまったら、と考えると気が気じゃありません。
2歳頃に母が落としてしまい足をピョコピョコしていた時期があり、癖になったのかその後何度かなったことがありますが、獣医さんは膝蓋骨脱臼なんて一言も言っていませんでした。
グレード3で歩き方が、がに股気味です。いたがる素振りはないですが、耳を掻いたりするときにやりずらそうです。フローリングにはカーペットをしき、階段の登り降り等はさせてません。今後は薬も飲ませていこうと思っています。
不安で不安で、今後のリスクが減るなら手術も前向きに考えていくつもりです。
もちろんそんな簡単な手術じゃないことも重々承知しています。
関節にメスを入れるのはとても難度が高いことですし、獣医師さんも嫌煙する人が多いらしいです。
しかし、年齢的にも早い方がいいものと聞き、悪くなってから手術した場合は完治しない可能性もあると聞きました。
母はすこし考えが足らないことが多く、今回のことも私の考えすぎだと言います。
家族みんな楽観的に考えすぎているので、私だけでもしっかりと考えようと、思っています。

同じ経験のある方がいれば意見を聞かせていただきたいです。手術しなくても大丈夫なものなのでしょうか。グレード3は常に外れている状況らしいですし、今はなくても、今後痛みが出てくるかもしれません。
とても不安です。

我が家のチワワ(5歳4ヶ月)が両足とも膝蓋骨脱臼と診断されました。
ワクチン接種の際に軽く触診、グレード3だそうです。
獣医さんは「今は大丈夫だから、わざわざ痛くするのはどうか」「簡単に手術は良くない」と説明され、現状から悪くしないように指示を受けました。レントゲンは撮っていません。
しかし調べれば調べるほど、グレード3は手術をする場合が多いらしく、グレード4になってしまったら、歩けなくなってしまったら、と考えると気が気じゃありません。
2歳頃に母が落としてしまい足をピョコピョコして...続きを読む

Aベストアンサー

経験はないですが、私なら2,3軒獣医さんに見てもらいます。あなたが、信頼している獣医さんなら別ですが、獣医さんにもヤブ医者はいますよ。

考えすぎではないですよ。それだけわんちゃんを大切に思っているんでしょう?「えっそんなに深刻だったの?」なんて事ありますよ。

いくつか見てもらって何もなければあなたも安心できるでしょうし、わんちゃんの為にもあなたの為にもいくつか獣医さんを回ってみてはどうですか?

Q警察犬がシェパードやラブラドールなのはなぜ?

警察犬にはシェパードやラブラドールが選ばれるのはなぜ?嗅覚がほかの犬より鋭いからですか?ほかの理由ですか?

Aベストアンサー

こんにちは

嗅覚の問題ではありません
それだけを考えて警察犬を選ぶのなら…ブラッドハウンドとかのもっと嗅覚の鋭い犬種がいます
そして…1の方に苦言になってしまいますが…シェパードは元は牧羊犬で狩猟犬ではないです

警察犬種には7犬種がいます
シェパード・ラブラドール・ゴールデン・ドーベルマン・ボクサー・エアデールテリア・コリー
この中で元々は狩猟犬に入るのはラブラドール・ゴールデン・エアデールだけです
シェパード・コリーは牧羊犬
ドーベルとボクサーは作業犬です
ではこの犬種になった理由は…当時の日本で珍犬に入る犬種ではなく訓練性能が高いからです

嗅覚は特に優れているという犬種でも人間と犬ほどの差はないですし…
訓練がしにくいのでは育成に時間がかかりすぎます
そして確実性がないと困るので…
訓練性能が良い犬種で大きくて迫力のある犬種だと聞いた事があります

因みに…警察犬というと嗅覚を使ってする『選別』と『臭気追及』と他に『襲撃』があります
このどれも天性の物なんてないです
どれでも一から教えて出来るようになるのです
なので警察犬の特権ではなくどんな仔だって『選別』『追及』『襲撃』が教えたら出来ます
実際に競技会ではグレートピレニーズで『選別』してましたよ

こんにちは

嗅覚の問題ではありません
それだけを考えて警察犬を選ぶのなら…ブラッドハウンドとかのもっと嗅覚の鋭い犬種がいます
そして…1の方に苦言になってしまいますが…シェパードは元は牧羊犬で狩猟犬ではないです

警察犬種には7犬種がいます
シェパード・ラブラドール・ゴールデン・ドーベルマン・ボクサー・エアデールテリア・コリー
この中で元々は狩猟犬に入るのはラブラドール・ゴールデン・エアデールだけです
シェパード・コリーは牧羊犬
ドーベルとボクサーは作業犬です
ではこの犬種...続きを読む

Q猫のじゃれあい

2歳のメスと、飼って半年になるオス一歳が、最近じゃれ合いが
凄いんです。オスがうちに来た時、メスの威嚇が凄くて
同じ部屋でご飯は食べないし、メスの方が部屋に入ろうとはしませんでした。
そのうち、微妙な距離を保ちながら、同じ部屋に居れる様になりました。
最近、オスがすぐちょつかいを出して、取っ組み合いになります。
メスの方は明らかに、ウザがっています。お互いの身体を舐めあう事は
一切ないです。爪は出てないので、単なるじゃれ合いでしょうか?二匹共
生後半年の時に手術済みです。

Aベストアンサー

うちの場合も全くと言っていいほど仲良くなりません
←こいつが先住で2歳♀、新入りはほぼ1歳の♀です。

ご相談の場合、じゃれあっているというレベルではなく、完全に嫌っているようですね。
ほっとくしか手は無いように思います。うちもほっといてます。

Q幼犬のしつけについて

2ヶ月前に我が家にラブラドールの女の子が来ました(女の子・現在6ヶ月)。
犬の飼育経験は割とあり今現在も先住犬が3頭いますが、大型犬はこのラブラドールが初めてです。3頭の先住犬とは普段は別のお部屋にいます。

2ヶ月しつけをしてきましたが、天罰式から御褒美式など考えられる方法は殆ど試してきましたが中々改善されず困っていることがあります。

1・要求吠え(明け方に鳴いて私を呼ぶ)
2・外出先から帰宅し駐車していると察知して吠えて興奮し吠える

3・散歩を欠かさずしていますが、これまで一度もお外でプップもチーもしてくれません。例え2時間以上粘ってもしてくれまず、帰宅してからトレイ(外すこと多々あり)にぶちまけてしまいます。普段はゲージにトレイを置いているのですが、常にあるせいかトレイにするものと頑固に思っているのかも知れませんが…まだ回数が多く思い切ってトレイをゲージが除きプップなどをしたそうなタイミングを図りトレイを置くことが出来ません。お散歩や外遊びの時にお外でするようにしてくれたら助かるのですが。

4・食糞(したらすぐ片付けるようにしていますが、お留守番中にしてしまった時は食糞してしまった形跡があります)

以上、目下日々奮闘中です。強い除菌剤などで手も荒れ放題、頭も悩み放題です。

どなたか良きアドバイスをお願い致します。

2ヶ月前に我が家にラブラドールの女の子が来ました(女の子・現在6ヶ月)。
犬の飼育経験は割とあり今現在も先住犬が3頭いますが、大型犬はこのラブラドールが初めてです。3頭の先住犬とは普段は別のお部屋にいます。

2ヶ月しつけをしてきましたが、天罰式から御褒美式など考えられる方法は殆ど試してきましたが中々改善されず困っていることがあります。

1・要求吠え(明け方に鳴いて私を呼ぶ)
2・外出先から帰宅し駐車していると察知して吠えて興奮し吠える

3・散歩を欠かさずしていますが、こ...続きを読む

Aベストアンサー

No.1です。補足ありがとうございます。
子犬の時はトイレが頻繁ですよね。うちもマメにシートを取り替えてますが、特にオシッコはびっくりするくらい回数多いです。

(1)の要求吠えは何を求めてるのか気になりますね
ペットショップのケースでは鳴いても放置されてたと思うのですが、それでも治らなかったということでしょうか。
うちのワンコが来た翌朝と次の朝は要求吠えありました。うちの場合、寂しさというよりウンコの要求だったと思います。(※1)
最初は甘えて吠えていると思って癖にならないよう無視しましたが、ウンチの要求とわかり生理現象なので我慢させるのは可哀想に思い様子を見に行くようにしました。(マニュアルによってはウンチも人間の都合の良い時に排泄させれるよう我慢させましょうとありますが)

(2)これはご主人様が帰ってきてくれて嬉しいワンワンといった感じでしょうか。それとも(1)と同じように何か要求する雰囲気ですか?
嬉しくて吠えてる場合、冷静にさせるトレーニングになりますね。冷静になるまで放置するやり方がありますが、私は低い声(高い声は犬を興奮させる)で静かにゆっくりと「よーし、よーし」と唱えながら、ゆっくり背中をさすってやります。だんだん自分と犬の呼吸がシンクロして、犬も落ち着いてくるのがわかります。
要求吠えの場合、無視しろと大抵のマニュアルには書いてありますが、それでも治らない場合、何か原因があるんでしょう。その原因を追及することになりますね。何かトラウマがあるのかもしれません。

(3)うちの犬は逆に外でウンチをやりたがっていたので参考にならないかもしれませんが、
オシッコの覚えは早かったのに、なぜかウンチをやらない&やっても違う場所でするので、不思議に思ってました。
それでこちらに質問したところ『キレイ好きな犬は寝床とトイレを一緒にすると、トイレを我慢する』という事を知り、納得しました。我慢するもののオシッコは回数が多いため我慢しきれずしてしまうのだと思います(質問者さんのクレートのところと似てますね)。でもウンチは意地でもしたくないみたいで、それで明け方、「ウンチさせてくれー」みたいに鳴いて知らせたんだと思います(※1) でどうしても我慢できなくなった犬はとんでもないところでウンチを漏らしてた・・・みたいな状況でした。
マニュアルなどを読むと「要求吠えは無視」と書いてあります。実際、うちも無視したのでよほどの事がない限り吠えないのに、それでも吠えるのでよほどのこと。
で、ウンチが原因と気がつき、マニュアルを無視して犬がウンチをしたがる場所(うちは廊下でした)にその時だけトイレを移動しさせました。生理現象を我慢させるのは犬の体にも悪いんじゃないかと思ったのです。
とりあえず床を汚さないでウンチさせるコツがわかってきたので、今度は、犬に我慢をさせないで、なんとなくソワソワしだしたら、私の方からトイレを廊下に持って行きさせました。
トイレを移動するのは面倒ですが、どうせ粗相してそこを拭き掃除するくらいならトイレを持ってウロウロする方が手っ取り早いので(笑)。
それを繰り返しているうち、犬の方が場所ではなく形でトイレを認識するようになって、今では私が最初に想定していた場所でウンチをしてくれるようになりました(生後2ヶ月の子供だから、もちろんたまに失敗もあります)。
あと無理にウンチを我慢しなくなったので、明け方に「ウンチさせろ~」という要求吠えもなくなりました。
質問者さんとちょっとケースが違いますが、ヒントになる部分があると良いのですが・・・。

(4)食糞
・何かで『ペットショップのワンコは、硝子ケースの中に閉じ込められている間、退屈しのぎにウンチで遊ぶ(または食べる)子がたまにいる』と読んだ事があります。
・ウンチを粗相してこっぴどく叱られた子は隠そうとウンチを食べてしまうケース
・うちの犬がやらかしたのですが、お腹が空いてウンチを食べてしまったケース(たまたま出かけてて、その日は昼食を上げられなかったのです)

ざっと思いつくまま書いてみました。
自分が体験したこと、聞いたことしかないので、抜けてる部分もたくさんあると思いますが。
原因がわかると、今度はそれに的を絞って対策を考えれられるので、ちょっとは解決に近づくと良いですね。

育て方マニュアルを読んでも、その通りにいかないから悩みますよね。書いている人によって対策が違ったりしますし。
私も一時期、「何でマニュアルのようにいかないんだろう」と育犬ノイローゼになりかかってたのですが、過去の質問を読んで、同じような悩みを試行錯誤しながら解決していった人たちがいたのを知り心強かったです。

少しでもkomarotaさんの問題が解決しますように・・・。

追伸:
>手も荒れ放題

使い捨てのビニール手袋を使う方法もあります。100枚で900円前後でしょうか。

No.1です。補足ありがとうございます。
子犬の時はトイレが頻繁ですよね。うちもマメにシートを取り替えてますが、特にオシッコはびっくりするくらい回数多いです。

(1)の要求吠えは何を求めてるのか気になりますね
ペットショップのケースでは鳴いても放置されてたと思うのですが、それでも治らなかったということでしょうか。
うちのワンコが来た翌朝と次の朝は要求吠えありました。うちの場合、寂しさというよりウンコの要求だったと思います。(※1)
最初は甘えて吠えていると思って癖にならないよう...続きを読む

Qじゃれあい? 喧嘩?

我が家に子猫(メス3ヵ月)がやってきて二ヶ月経ちます。
二匹とも完全室内飼いです。
先住猫(オス5歳・去勢済み)とも、威嚇や興奮などもなく、寝るときは一緒に寝たり舐めあったりして、仲良しな関係を続けてくれて安心していたのですが・・・・。

先日先住猫が、顎の部分が化膿して皮膚がはがれてしまう怪我を負っていたのです。獣医さんのお話では、子猫に噛み付かれて菌が入って化膿した、とのお話でした。
先住猫はとてものんびりした性格で、子猫の方からいつもちょっかいをかけて噛み付いたり飛びついたりしていたのですが、それもじゃれあいのうちだと思い込み、放っておいたのです。

二匹とも食欲やうんちも正常でストレスの兆候も特に感じなかったので問題視していなかったのですが、今回の怪我を機に、もしかしたら二匹は仲が悪く本気で喧嘩をしていたのでは・・・?と不安に思うようになりました。

子猫だから加減できずに怪我を負わしてしまっただけなのでしょうか?
子猫はまだ去勢前なので、それも関係しているのかな、とも思うのですが。
今は子猫と先住猫を隔離しています。この先もずっと離れて生活させたほうがいいのでしょうか。
よろしければアドバイスお願い致します。

我が家に子猫(メス3ヵ月)がやってきて二ヶ月経ちます。
二匹とも完全室内飼いです。
先住猫(オス5歳・去勢済み)とも、威嚇や興奮などもなく、寝るときは一緒に寝たり舐めあったりして、仲良しな関係を続けてくれて安心していたのですが・・・・。

先日先住猫が、顎の部分が化膿して皮膚がはがれてしまう怪我を負っていたのです。獣医さんのお話では、子猫に噛み付かれて菌が入って化膿した、とのお話でした。
先住猫はとてものんびりした性格で、子猫の方からいつもちょっかいをかけて噛み付いたり飛...続きを読む

Aベストアンサー

>子猫だから加減できずに怪我を負わしてしまっただけなのでしょうか?
そうと思います。
威嚇もなく一緒に過ごすことができていますので。

子猫は親や兄弟との生活で噛む力加減を学びます。
噛む力加減がわからかったんですね。
先住猫ちゃんも痛かったのでその時は怒った声でうなったか、その場を離れたことでしょう。
先住猫ちゃんの態度で何かを学んだことは確かです。
遊びたい時期なので夢中になりすぎて興奮状態になったと思います。

また、子猫ちゃんは歯の生え替わり時期にきていると思いますので、ムズムズしている状態ですね。

我が家も多頭飼いです。
新入りさんを迎えたときは注意しています。
以前にじゃれ遊びから興奮状態になって爪が相手の目に入ったことがあります。失明にはなりませんでしたが、傷は19年間経っても少し残ってしまいました。
その時だけで後は何もなく仲良く暮らしていました。

>この先もずっと離れて生活させたほうがいいのでしょうか。
そんなことはないと思います。
十分に慣れているので一緒に生活はできます。

我が家では遊んでいるときは、あまり関与しません。
しかし、遊ぶ態度や猫の目の変化で興奮状態になりつつあると察知したときは、体罰ではなく、大きく手でパンと音を出したり、他のものに興味をもたすようにしています。(オモチャや紐を投げてみたりしています。)

>子猫だから加減できずに怪我を負わしてしまっただけなのでしょうか?
そうと思います。
威嚇もなく一緒に過ごすことができていますので。

子猫は親や兄弟との生活で噛む力加減を学びます。
噛む力加減がわからかったんですね。
先住猫ちゃんも痛かったのでその時は怒った声でうなったか、その場を離れたことでしょう。
先住猫ちゃんの態度で何かを学んだことは確かです。
遊びたい時期なので夢中になりすぎて興奮状態になったと思います。

また、子猫ちゃんは歯の生え替わり時期にきていると思いま...続きを読む

Q犬のしつけ 犬のしつけって難しいですか? 犬を飼ってもしつけ出来るかわからないので、迷っています。

犬のしつけ

犬のしつけって難しいですか?
犬を飼ってもしつけ出来るかわからないので、迷っています。

Aベストアンサー

はい、もの凄く難しいです。
日本語が通じないからです。
犬語がしゃべれないので難しいです。

そこを教えるのは楽しみがありますが、
それには、しっかりと犬の行動学とかしつけの知識を付けて、しつける事です。
「犬はしつけでバカになる」という本などあります。
このような本も参考に見るべきです。
例えば、ここの中に書かれている事で、

この期間に小犬たちが学ぶ最も大切なことに一つは、抑制することです。
兄弟の間での遊びが活発になると、相手に跳びかかったり、歯をむき出して唸り声をあげたりします。
また、お互いに咬みつくようにもなります。
この時小犬たちは、どのくらいの強さで咬めば相手が痛がることを知ります。
「ここまでは許されても、この先は許されない」を体験して学ぶのです。と、書かれています。
甘噛みの事だと思いますが・・・・
どう判断されます?

このような事を、自分自身で判断してしつけに応用して欲しいものです。
しつけ本の中に、まったく逆の回答があったりします(どっちが正しいのだ?)。
どっちかが大嘘を書いているのだが・・・・

一般に犬はテリトリー(寝床周辺・生活エリア)内ではトイレをしないとか言われているのに、
寝床=枕元でトイレをさせて「ご褒美をやって褒めまくる」トレーニングをします。
この判断をどうする?
判断を間違えなければ・・・・多分、早期にトレーニングは完了します。
迷っているなら・・・・ネット環境があるので調べ抜きましょう。
拍子抜けするほど簡単かも知れない???

あなたが、しっかり知識を付けて飼えば問題ないですよ。

はい、もの凄く難しいです。
日本語が通じないからです。
犬語がしゃべれないので難しいです。

そこを教えるのは楽しみがありますが、
それには、しっかりと犬の行動学とかしつけの知識を付けて、しつける事です。
「犬はしつけでバカになる」という本などあります。
このような本も参考に見るべきです。
例えば、ここの中に書かれている事で、

この期間に小犬たちが学ぶ最も大切なことに一つは、抑制することです。
兄弟の間での遊びが活発になると、相手に跳びかかったり、歯をむき出して唸り声をあげたりしま...続きを読む

Q仔猫同士のじゃれ合い(ケンカ?)でケガをしたようです

同じ誕生日の、生後約2ヶ月の仔猫(アビシニアン)を2匹飼っています。
(先住猫♂+3週間遅れで♀。兄妹ではありません。)

この2匹が同居するようになってから今日で約10日目というところですが、
同居3日目あたりには、追いかけっこやプロレスごっこをしたり、グルーミングし合ったりして、
寄り添って眠る姿は、飼い主から見てもすっかり仲良くなった2匹に見えました。

いつものように、この2匹がプロレスごっこをしている時です。
先住の♂猫が、『ギャッ!!』と聞き慣れない悲鳴を上げたので、何事かと2匹に目を向けてみると、
♂猫が♀猫に対してシャーーッとフいたかと思うと、逃げるように自分のベッドに走って行くのが見えました。
その時の走っていく格好が、どうも、足をケガした…?というように見えたので、慌てて♂猫の状態を確認しに行くと、
右前足を へ のように折り曲げたまま、ブルブルと小刻みに震えてうずくまっていました。

心配になって傷の具合を確認してみましたが、外傷は見当たりません。
骨折している風でもないようです。(素人目ですが、プラ~ンとしているようには見えなかったので)
歩かせてみると、右前足をかばって左前足だけでピョンピョンと歩きます。
明らかにケガを負ってしまったような様子がうかがえます。

先住の♂猫は、今まで一度も♀猫に対して威嚇をしたことがなかったので、
悲鳴とフいたこと自体にも大変ビックリしたのですが、
仔猫同士のじゃれ合い程度で、片方がケガを負ってしまうことなんてあるのでしょうか…?

すっかり元気がなくなってしまった♂猫が心配でなりません。(♀猫は元気モリモリです)
とりあえず病院に連れて行こうと思っています。

同じ誕生日の、生後約2ヶ月の仔猫(アビシニアン)を2匹飼っています。
(先住猫♂+3週間遅れで♀。兄妹ではありません。)

この2匹が同居するようになってから今日で約10日目というところですが、
同居3日目あたりには、追いかけっこやプロレスごっこをしたり、グルーミングし合ったりして、
寄り添って眠る姿は、飼い主から見てもすっかり仲良くなった2匹に見えました。

いつものように、この2匹がプロレスごっこをしている時です。
先住の♂猫が、『ギャッ!!』と聞き慣れない悲鳴を上げたので...続きを読む

Aベストアンサー

猫は親や兄弟での遊びによって噛む力加減を覚えていくといわれています。
pacifismさんの2匹の猫ちゃんも今は勉強中ということだと思います。

今回は一方が興奮し過ぎてしまったと思われます。
それで痛かったので、『ギャッ!!』と言ったり、離れたのです。
(興奮し過ぎると取っ組み合いの喧嘩で離すことができなくなる時もあります。)

>仔猫同士のじゃれ合い程度で、片方がケガを負ってしまうことなんてあるのでしょうか…?

我家ではありました。興奮し過ぎて力加減が身についていない時期でした。
一方の目の中に爪が入ってしまったのです。
視力は大丈夫ですが、目の中の傷は18年経った今でも薄ら残っています。

小さいうちは大変ですが、興奮の度合いを見てあげて下さい。

子猫同士の遊びが興奮し過ぎているように感じた時はパンと大きな手を叩くようにしています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報