こちらのサイトで「医療費控除は5年間遡って確定申告が出来る」と言う書きこみを拝見しましたが、昨年、私は会社を退職し、普通に還付請求するだけで払った所得税がほとんど戻ってきました。主人は昨年の収入が小額で払う税金がありません。この場合、翌年の確定申告で医療費控除の申請をする事は出来ますでしょうか?
宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

国税の徴収の一般の消滅時効が、5年間であるため、一度も確定申告していなければ、その5年間については確定申告できるという意味です。


ですから、これは、医療費控除に限ったことではなく、たとえば、二つの会社に勤めていて、片方の源泉徴収が乙欄という高い税率で徴収されているため確定申告しておれば還付される場合などでも、5年以内であれば確定申告することができます。(還付になるケースだと、自主的に申告すべき時でも、税務署から通知があることはありません)
ところで、医療費の負担は、生計を一にする夫婦であれば、お互いに所得があっても、所得の多い人から一括控除できます。
たとえば、年収800万円の夫と年収500万円の妻の共働きの夫婦であれば、たとえ妻の医療費でも、給与収入の多い夫が支払って医療費控除を受けることが可能なのです。ですから、cagouにまだ税額があるなら、それを還付してもらうことができます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ここでやっとなんとなく分ってきた気がします。
確定申告をすれば還付出来る分があった場合(=払った税金がある)に、その確定申告をする年度と同じ年度の医療費がある場合には遡る事が出来る、と言う事ですよね・・・???

「1度も確定申告をしていなければ」とあったので、今回、主人が無収入なので確定申告をしないで、来年14年度分の確定申告をする時に13年度分の医療費控除の申請を行う事が出来るのであれば、、、と考えたのです。支払うべき税金が無いので不可能ですね。

医療費は合算して計算してはいたのですが、私の確定申告で昨年支払った税金が戻って来ないのは800円のみ、です。医療費分を還付してもらうとなると、kyaezawaさんのおっしゃるように「更正の請求」をしないといけませんが、電車代が320円、、、。
税務署へ出向く手間も考えると今回は800円は国に寄付する、と言う事にしたいと思います(笑)

ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/21 01:59

つまり、昨年(13年度)に使った医療費を来年に行う今年(14年度)分の確定申告の際に医療費控除として申告したい、ということでいいでしょうか。

であれば不可です。控除対象となる用件に「その年の1月1日から12月31日までに支払った医療費であること。」というものがありますので、今回申告しなかったからと言って次回に繰り越せる、というものではないのです。下のkyaezawaさんの参考URLをご覧になるとよくわかりますよ。

この回答への補足

ありがとうございます。やっぱりムリなんですね…。ちょっと高額な歯の治療を無理やり12月に済ましたのですが…。1月に持ち越しとけば良かったです(涙)
ところでご存知でしたら参考までに教えてください。「医療費控除は5年間遡って確定申告が出来る」と言うのはどのような場合でしょうか??
宜しくお願い致します。

補足日時:2002/03/21 00:38
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おかげさまで解決しました。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/21 02:01

一度確定申告をした年について、更に、医療費控除などで税金が戻る場合は、「更正の請求」という手続きをすることになります。


この「更正の請求」は、申告期限から1年以内にする必要があります。
従って、平成13年の分については、今年の3月15日が申告期限ですから、それから1年以内なら「更正の請求」ができます。来年ではなく早めに申告をされた方がよろしいでしょう。

税務署に、確定申告書の控え・医療費の領収書・印鑑・還付金を振込んでもらう銀行の口座番号メモか通帳を持参すれば、「更正の請求」の書き方を教えてもらえます。

医療費控除については、参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/1120.HTM

この回答への補足

早速の回答、ありがとうございます。
私の分に関しては確定申告済みで、私の分にのせて医療費控除の申請をする場合(kyaezawaのおっしゃる更正の請求ですね)、還付される金額は数百円ですのでわざわざ申告する必要も無いかな、と思っています。
そこで医療費の分を主人の確定申告で還付しようと思ったのです。主人の分は実は期限内に申告できずにいまして明日、税務署へ行く予定です。ですが、収入が無い為、支払う税金はありません。
この場合、来年の確定申告で今回提出予定の医療費をのせる事は可能でしょうか?

知識が無い為、変な質問をしているのかもしれません・・・。
宜しくお願い致します。

補足日時:2002/03/20 23:42
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おかげさまで解決しました。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/21 02:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q確定申告と医療費控除の関係について

少し複雑な質問ですがよろしくお願いします。
サラリーマンです。
両親と妻・子供一人を扶養しており、毎年医療費が15万円くらいなっています。
1昨年は、給与以外の収入があったため確定申告を行い、合わせて医療費控除の申請を行いました。
昨年は、給与だけの収入です。
今年、給与以外の雑収入があるため来年確定申告が必要と担当から説明がありました。
このため、今年の医療費控除の申請を行わず、来年の確定申告に合わせて、確定申告は17年、医療費控除の申請は16年分と17年分(約30万円)を一緒に申請できるでしょうか?

Aベストアンサー

確定申告も医療費控除も確年ごとの申告となっています。

従って、16年の医療費控除は16年分の確定申告で、17年分の医療費は1年7分の確定申告で控除を受ける事となります。

又、確定申告は、一度も確定申告をしていない年について、還付のための確定申告をする場合は、5年間まで遡ることが可能です。

従って、来年に、17年と16年分について、それぞれ医療費控除の為に確定申告をすることは可能です。

なお、給与所得者の場合、給与以外の所得が20万円以下の場合は、申告をする必要がありません。
ただし、医療費控除などのために確定申告をする場合は、20万円以下の給与以外の所得も申告をする必要があります。

20万円以下の所得を申告して所得税が増えるのと、医療費控除で所得税が減る金額を比較して、確定申告をするかどうか判断しましょう。

Q確定申告の医療費控除

年収300万弱の独身の会社員です。今年の夏に手術をして、入院費、手術代、通院費、薬代などで30万円以上かかっています。確定申告をすると具体的にどのくらいの税金が戻ってくるものでしょうか。

Aベストアンサー

No.1です。

>入院前に高額医療証をつくっていたので、1回の入院(検査入院と手術で2回入院しました)の保険診療分の医療費は8万円ぐらいでしたが、保険対象外の請求がかなりの額になっています。
それなら、
(30万円-10万円)×5%(税率)=10,000円
が還付される額です。
正確には、復興特別所得税分があるので、これより少し多い額なります。

そして、住民税が
(30万円-10万円)×10%(税率)=20,000円
安くなります。
正確には、復興特別住民税分があるので、これより少し多い額なります。

Q医療費控除・確定申告について

医療費控除・確定申告についてです。
現在、夫が1~7月までアルバイト、8月から派遣社員で就職しました。私は出産のため8月まで働いて退職しました。
出産にかかった費用から出産一時金を差し引いて13万円ほどの医療費を使いました。来年の確定申告時に医療費控除を申請しようと思うのですが、次のことが心配です。
1.夫の1~7月までのアルバイト分は毎月2~3万円くらいですが確定申告の必要はあるのでしょうか?
2.医療費控除申請は夫と私の所得を足したものから計算されるのでしょうか?もし片方だけの所得で申請できるならどちらをしたほうがいいのでしょうか?
3.私は確定申告したほうが良いのでしょうか?
4.どこで確定申告をおこなえばいいのでしょうか?税務署だけですか?

また、昨年度の医療費控除はもうできないのでしょうか?

Aベストアンサー

アルバイトにせよ、正社員にせよ、1月~12月の所得が103万円(所得控除65万円・基礎控除38万円)以上になると確定申告をする必要があります。
医療費控除は、同居家族全員分の医療費を、家族の中で一番所得の多い方で申告すると還元率がよいです。
医療費控除は、納めた(算出した)税額の中から控除されるので、控除される以上の税額が出ないと、まったく意味がありません。
税金は、個々別々ですので、夫婦の所得を合算することはありません。
申告は、確定申告の時期(2月16日~3月15日)ですと、近くの公民館や市役所、公の場所などへ税務署員の方が出張してきてくださいます。
国税庁のHPから、申告書を作成しプリントアウトし、必要なもの(源泉徴収票・領収書など)を添付や同封をして税務署へ郵送すればご自分でご家庭ですませることができます。この場合、納税は郵便局や銀行へ行って、窓口にある納付書に記入して納めればよいのです。医療費の還付などは、後日銀行口座などへ入金されます。
税金は、時効が5年ですからそれまで遡って申告や還付を受けることができます。

Q会社で確定申告。医療費控除は?

確定申告は会社でやっていて、来年5月には出産を迎えます。
家族の医療費が10万円を超える場合は、医療費控除の申請をした方がいいと聞いたのですが、この場合、確定申告も自分でやった方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

>確定申告は会社でやっていて…

会社が確定申告をやってくれることは絶対にありません。
会社でやってもらえるのは「年末調整」です。

>この場合、確定申告も自分でやった方がいいのでしょうか…

年末調整で医療費控除は処理できません。
とうぜん自分で確定申告をする必要があります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1120.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q給与所得の確定申告と過去の医療費控除申請を同時にできますか?

給与所得の確定申告と過去の医療費控除申請を同時にできますか?
年度途中で退職したため、確定申告をします。3年前の医療費控除も一緒にしたいのですが、
項目には、”21年度中に支払った医療費”とあります。
過去5年間遡って申請できると思うのですが、この場合の医療費控除はどうすればいいのでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>給与所得の確定申告と過去の医療費控除申請を同時にできますか…

同時にって、一緒に持参したり一緒の封筒に入れて送っても良いかという意味ですか。
それならかまいません。

しかし、申告書自体は各年ごとに作成しなければなりませんよ。

>項目には、”21年度中に支払った医療費”とあります…

「21年度中」なんて書いてないでしょう。
個人の税金は「年度」(4/1~3/31) ではありません。
いずれにしても、「21年分」の申告に含められるのは、21年中に支払った医療費だけです。

>過去5年間遡って申請できると思うのですが、この場合の医療費…

各年ごとに支払った額が 10万円を超えるなら、それぞれその年の給与などと一緒にして申告。
5年分を集めたら 10万円を超えるなんてのはだめですよ。

Q確定申告の医療費控除どっちがお得かご教授くださいませ!!

こんばんわ

2009年2月に長男を出産し、医療費控除を受けるため、今年確定申告をしようと考えております。
実は、2007年10月にも長女を出産しており、その年は確定申告をしておりません。(長女、長男とも未控除)
長女の分も今年に合わせて確定申告をしようと考えております。

ただ、控除できる対象金額に上限があると聞きました。
→(1)か(2)の何れか少ない金額を上限とされる。
(1)家族分の医療費-10万
(2)課税所得(所得金額?)×5%~10% 

そうすると、
2007年に出産した長女の医療費と2009年に出産した長男の医療を年度を分けて申告した方が還付金が多いのではないかと素人ながら思っています。

以下3つの案のうち、いずれの方が多く還付金を得られるでしょうか?
大まかで結構でございますので、還付金額のほうも合わせて回答いただければ幸いでございます。

■案
案(1) 長女の医療費は今年確定申告する。
   長男の医療費は来年確定申告する。
案(2) 長女、長男両人の医療を今年確定申告する。
案(3) その他(1)(2)より、よい方法がありましたら、教えてください。

基本情報は以下のとおりです。
※なお、還付金を算出するにあたり、足りない情報がございましたら、ご指摘いただければと思います。

夫28歳:会社員 年収700万円(H20年度) 社会保険
妻29歳:専業主婦(年収0万)
子1歳と0歳の二人
賃貸マンション暮らし

※補足
H20年度の源泉徴収金額は手元に徴収票がないため、不明ですが、
H19年度は年収610万で、源泉徴収金額は15万でした。
今年は不況もあり、残業がないため、年収が増加することはありません。

大変つたない文章ではございますが、
どうぞご回答のほどよろしくお願い申し上げます。

こんばんわ

2009年2月に長男を出産し、医療費控除を受けるため、今年確定申告をしようと考えております。
実は、2007年10月にも長女を出産しており、その年は確定申告をしておりません。(長女、長男とも未控除)
長女の分も今年に合わせて確定申告をしようと考えております。

ただ、控除できる対象金額に上限があると聞きました。
→(1)か(2)の何れか少ない金額を上限とされる。
(1)家族分の医療費-10万
(2)課税所得(所得金額?)×5%~10% 

そうすると、
2007年に出産した長女の医療費と200...続きを読む

Aベストアンサー

#2さんの補足に書かれている件に対して、補足です。

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%
(1)10万
(2)総所得金額等×5%
のどちらか低い方
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%
という理解で、合ってますよ。
実際に計算をしてみると、(2)の方が低くなるのが、総所得金額が200万円未満の場合なだけです。200万円の5%が10万円ですので。
だから、総所得が200万円を超える場合でも、「どちらか低い方」を適用しても構わないのですが、実際に計算してみると(1)の方が安くなります。

また、上の金額は、「控除額の上限」ではなく、医療費から引き算する金額のことです。
控除額そのものは、医療費から「10万円または所得の5%のどちらか安い方」を引き算した金額が、200万円までです。

###########################

話は変わりますが、2007年にかかった医療費は、2007年の収入に対してしか、医療費控除の申告に使えません。
また、2009年にかかった医療費は、2009年の収入に対してしか、医療費控除の申告に使えません。
確定申告そのものをしていないのでしたら、還付申告は5年前までさかのぼる事ができますので、今年は2007年の医療費控除を、来年は2009年の確定申告を……というのは可能です。
しかし、2007年の医療費を2008年の収入に対して(2007年でない、他の年も含む)今年確定申告するのは、不可能です。

#2さんの補足に書かれている件に対して、補足です。

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%
(1)10万
(2)総所得金額等×5%
のどちらか低い方
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%
という理解で、合ってますよ。
実際に計算をしてみると、(2)の方が低くなるのが、総所得金額が200万円未満の場合なだけです。200万円の5%が10万円ですので。
だから、総所得が200万円を超える場合でも、「どちらか低い方」を適用しても構わないのですが、実際に計算してみると(1)の方が安く...続きを読む

Q確定申告に医療費控除を忘れました  どうすれば?

22年分の確定申告書をすでに提出してしまったんですが、22年初に手術して30万円弱出費していたことをうっかり忘れていたので、医療費控除を申告しないで出してしまいました。
この場合、当該医療費控除を受けるには3/15までに確定申告をやり直さないといけないのでしょうか、あるいは23年分の確定申告時に22年分医療費控除として申告できるのでしょうか(何年間か繰り延べできるとか聞いたことがあるようなので)。

もし、確定申告をやり直さないといけないとなると、すでに提出(郵送)した確定申告書を取り戻さないといけないでしょうか? それとも、事情説明(修正理由)を付記した新申告書を郵送すればいいのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>当該医療費控除を受けるには3/15までに確定申告をやり直さないといけない…

3/16 以降でもかまいませんが、書く書類が違ってきて面倒です。
3/15 までなら、同じ確定申告を何回でも出せ、最後に出したものが有効となります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2026_qa.htm#q1

3/16 以降になると、「更正の請求」に変わります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2026.htm

>23年分の確定申告時に22年分医療費控除として申告…

それはだめだめ。

>すでに提出(郵送)した確定申告書を取り戻さないと…

そのまま。

>事情説明(修正理由)を付記した新申告書を郵送…

そういうことです。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q確定申告で医療費控除をしたいのですが・・・(><)

昨年主人が足の手術をしたので、医療費が10万を超えました。
手術費のほとんどが生命保険からおりた保険金でまかなえたので、実費でかかったのは1~2万ほどでした。
医療費控除の申請をしようと思っておりましたが、このような場合は
控除申請の対象にはならないでしょうか?

いずれにせよ転職があったので確定申告はする予定なのですが。。。
アドバイスよろしくお願いいたしますm(_ _)m

Aベストアンサー

医療費控除は、実際にかかった金額を申告するものです。また、控除額を計算する場合には、所得金額に応じて差し引かれる金額があります。

医療費    150,000円(補填等を差し引いた純粋に支払いした額)
差し引く金額 100,000円(所得が200万円以上としています)
医療費控除額  50,000円(これが控除額になります。)

なお、医療費控除は家庭内での医療行為や市販の風邪薬等も含めて申告できます。
また、例では所得額が200万円以上としましたがそれ以下であれば差し引かれる金額が減り、結果控除額が増えます。
大まかに言ってしまえば、家庭内での医療費が10万円を超えていれば申告する、超えていなければ申告しても無意味となってしまいます。
いずれにしても、医療費控除には年間に支払いした領収書が必要なので、その領収書の合計額等を確認することが必要でしょう。

Q確定申告と医療費控除について

確定申告ですが、パート収入で確定申告します。
主人はサラリーマンなので、年末調整を受けていますが、
医療費控除の申告をします。
この場合、私の確定申告に医療費控除を入れてもいいのでしょうか?
それとも、主人の名前で医療費控除を申告して、別々の申告をしなくてはいけないのでしょうか?

宜しくお願いします。m(__)m

Aベストアンサー

医療費控除は、生計を一にする家族なら、どちらで申告してもかまいません。
考え方として、税率の高いほうで申告する方が、世帯全体での納税額は少なくなります。

参考URL:http://www.taxanswer.nta.go.jp/2260.htm

Q確定申告の医療費控除

こんにちは。
アルバイトで社会保険など加入していないので確定申告します。
総収入が低いため、扶養、国民年金など控除すると、支払った税金が全額戻る計算になりました。

医療費も年間10万を超えているのですが、それを控除しなくても全額戻るのですが、一応申告した方がよいのでしょうか。払った税金以上は還付されないので、意味がないとおもうのですがどうでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。
申告しなくて大丈夫ですよ。
計算するのもけっこう時間かかりますしね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報