あるウェブサイトでcookieの使用をしないとアクセスできない、設定してくださいと出ました。どのようにしたらよいでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

段取り書いている間に、解決しちゃったみたいですが。

。。

インターネットエクスプローラーのツールバーから、[ツール]→[インタネットオプション]と進みます。

開いた窓の横に並んだタブ(見出しラベルのような部分)で[セキュリティ]を選択、
[レベルのカスタマイズ]ボタンを押します。

設定窓の中で[Cookie]を探します。

[Cookie]の下にある
[コンピュータに保存されているCookieの使用認可]と
[セッションごとのCookieの使用認可]を、ふたつとも
[有効]にチェックを入れて、[OK]ボタンで閉じてください。

この回答への補足

セキュリティーセッティングの中にcookieが無いのですが

補足日時:2002/03/21 11:52
    • good
    • 0

>セキュリティーセッティングの中にcookieが無いのですが



No.2です。
No.4さんの 方法ではいかがですか?
    • good
    • 0

Internet Explorer で、[ツール] メニューの


[インターネット オプション] をクリックします。

[プライバシー] タブをクリックし、
[詳細設定] をクリックします。
[自動 Cookie 処理を上書きする] をクリックし、
ファースト パーティ Web サイトおよびサード パーティ Web サイト
[受け入れる] をクリックします。
    • good
    • 0

私が使っているIE5.5sp2の場合は、


ツール→インターネットオプション→セキュリティでレベルのカスタママイズ→cookieの項目で「有効にする」にチェックでcookieがつかえるようになります。

ほかのブラウザではまた設定法がちがうかとおもいます。
私は他の使ったことないんですけど・・・
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QWindows Meを今後、どのようにして使用したらよいか・・・

Windows Meを今後、どのようにして使用したらよいか・・・

ご指示があれば有難く。。。

Aベストアンサー

ご参考に!

http://www.nextftp.com/me_kaiteki/

Qメモリの設定について(512にした時の仮想メモリ設定って?)

WIN2000のバイオノート(ペン3 600M)を
使用していてメモリを512に最近しました。
タスクマネジャーで見ると、192の時は130~140の使用量、256の時は150~160程度??
512にして200程度。
仮想メモリは大きくするとパフォーマンスが低下すると
はききますが、過去ログを見てると低すぎてもいけない
様ですね。自分のPCでの状態確認と、設定について
教えてください。ファイルシステムをNTFSにしたら
ディスククリーンアップをかけるだけでも5分くらい
かかってしまう様になったのですが、タスクマネジャで
はメモリ使用量200台前半の使用量となっていまし
た。もっとメモリ使え~!って思ってしまうのですが、
そういうものではない??
根本的にメモリ(と他の連動)が分かっていないようで
す。済みませんが宜しくおねがいします。

Aベストアンサー

 物理メモリと仮想メモリの関係については、適切な回答が出ているので、そちらに任せるとして、私は仮想メモリの設定方法について説明します。

 設定値については、まずタスクマネージャを起動させ、「コミットチャージ」を見てください。

 この最大値が、PCを起動させてからこれまで使用された仮想メモリの量をあらわします。起動させた直後は参考にならないので、普段の使い方をした後に、この値を見れば、それが仮想メモリを設定する際、最適に近い値ということになります。

 この値に応じて設定する場合は、仮想メモリのサイズを初期値と最大値を同じにすることです。そうすると、仮想メモリのサイズが固定化され、断片化をを防ぐことになります。しかし固定化する前に、デフラグをして連続領域を確保してください。

Qアクセス権設定ができません

ちょっとややこしいので説明がうまくできるか不安ですが...教えてください。

WindowsのドメインAとドメインBが存在しており、双方向に信頼関係を結びました。お互いのドメインに属しているDCから相手のドメイン名が見え、ドメインユーザマネージャの画面で表示するドメインを切り替えると、ちゃんと相手ドメインに属するユーザが表示されるので信頼関係はきちんと結ばれているように見えるのですが...

ドメインAのあるサーバ(Windows2000)のフォルダのアクセス権をドメインBのユーザに与えようと、権限設定をする画面を開くのですが、ドメインBに切り替えるとドメインBのユーザが表示されずに「次のエラーのため、この場所からオブジェクトを表示できません: 現在、ログオン要求を処理できるログオン サーバーはありません。」というメッセージがでます。

なお、ドメインBのDCはすべてWinNT4.0で、事情により信頼関係はBDCを使って結びました。信頼関係を結ぶのに使ったドメインAのサーバはWindows2000でPDCです。

何がいけなかったのでしょうか?よろしくお願いします。

ちょっとややこしいので説明がうまくできるか不安ですが...教えてください。

WindowsのドメインAとドメインBが存在しており、双方向に信頼関係を結びました。お互いのドメインに属しているDCから相手のドメイン名が見え、ドメインユーザマネージャの画面で表示するドメインを切り替えると、ちゃんと相手ドメインに属するユーザが表示されるので信頼関係はきちんと結ばれているように見えるのですが...

ドメインAのあるサーバ(Windows2000)のフォルダのアクセス権をドメインBのユーザに与えようと、権限設...続きを読む

Aベストアンサー

WINFAQ の記事のこれですかねぇ?はずしていたらごめんなさい。
「NT ドメインに Windows 2000 Server を BDC として追加できますか?」

参考URL:http://homepage2.nifty.com/winfaq/w2k/ad.html#1030

Qアクセス権限の設定の仕方

社内でLANを組み、2000機をファイルサーバとして使用しています。
その中で、特定のフォルダにアクセス制限をかけたいのですが、条件は
・ネットワーク経由で別端末からファイル操作する
・Aはフルアクセス
・それ以外は読み取りのみ
です。
現在、アクセス権限として A:フルアクセス  everyone:読み取りのみ と設定していますが、Aでログインしてもファイルが読み取り専用になってしまいます。
どのように設定すればAがファイルの変更できるようになるのでしょうか。
everyoneで設定しているのがまずいのかとも思うのですが、その場合は他のユーザーを全て「読み取りのみ」で設定しないといけないのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

フォルダのプロパティの『共有』タブのアクセス権の設定が重複した場合、より制限の厳しい設定が適用されます。

また、『共有』タブと『セキュリティ』タブのアクセス権の設定が重複した場合にも、同様です。

この場合、"A"も"evevyone"の一人ですから、『読み取りのみ』になってしまいます。(ここまでは『自信あり』です。)

一人一人のアクセス権を設定するのが面倒なら、「コントロールパネル」⇒「ユーザーとパスワード」でユーザーを登録していると思いますが、"A"を"PowerUsers"に、他のユーザーを"Users"に設定して、"A"に『フルアクセス』、"Users"に『読み取りのみ』を設定してはどうかと思います。(こっちはあまり自信がありません。他にもっと簡単&適切な設定方法があるかもしれません。)

QHDD内のアクセス権設定は、別PCに移設しても引き継がれる?

PC-AにWindows2000Serverをインストールしていて、増設した内蔵HDD内のフォルダにユーザ名毎のアクセス権限をつけていたとします。

PC-BにもWindows2000ServerをインストールしてPC-Aについていた内蔵HDDを接続した場合、アクセス権限はどうなるのでしょう。
PC-Aに登録してあるユーザアカウント情報をPC-Bにも登録すれば、内蔵HDD内のアクセス権限は引き継がれるのでしょうか。
また、内蔵HDDじゃなくUSB外付けHDDだった場合も同様でしょうか。

Aベストアンサー

皆さんドメイン環境でなければならないとか難しいことを言っていますが、
実際はもっと単純であり、違うPCに移動させてもアカウント情報をコピー
すればワークグループ環境なら今までと全く同じに使用できます。
> PC-AでUser-Aというユーザが登録されていて、PC-BにUser-Aを新たに登録したとしても、PC-AのUser-AとPC-BのUser-Aは違うものとして区別されます。
> PC-A\User-AとPC-B\User-Aは違うと言うことです。
アカウントのSIDは違いますが、アクセス権はアカウント名だけに
依存するので、今回の場合は「同じ」です。
SIDとアクセス権が関連していれば、サーバーのアカウント情報には
ユーザー名だけでなく当該クライアントのSIDを指定しなければならず、複数の同じアカウント名のクライアントが存在した場合、アクセス
できるのはSIDを登録した1台だけということになってしまいます。
実際にはクライアントPCを更新しても同じユーザー名にすればサーバーに
対するアクセス権は完全に継承されます。

結局、PC-Aのアカウント情報をPC-Bにコピーすればアクセス権限は
そのまま引き継がれますよ。

皆さんドメイン環境でなければならないとか難しいことを言っていますが、
実際はもっと単純であり、違うPCに移動させてもアカウント情報をコピー
すればワークグループ環境なら今までと全く同じに使用できます。
> PC-AでUser-Aというユーザが登録されていて、PC-BにUser-Aを新たに登録したとしても、PC-AのUser-AとPC-BのUser-Aは違うものとして区別されます。
> PC-A\User-AとPC-B\User-Aは違うと言うことです。
アカウントのSIDは違いますが、アクセス権はアカウント名だけに
依存するので、今回の場合は...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報