人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

医療施設で働いています。透析室助手です。

職員にB型肝炎患者の針刺事故があり、今後の対策として、全員に抗体をつける。ということになりました。

抗体をつけて、今後、肝炎や肝臓がんにかかるリスクは高くなったりするのでしょうか?
また、同居家族との注意点も聞いておきたいです。
小さい子どもがおり、生理中などもお風呂等も
私が入れなければいけません。
また、飴等は噛み砕いてから与える時もあります。
手先に怪我中の調理なども安全なのでしょうか?

今後も働くことを考えると、受けておく方がよいようにも思えるのですが、子どもがまだ小さいので、
こちらが気をつけていても、傷口が、触れる事も予想されます。(誤飲のものを出す時とか)

また、二人目等も考えた時、どの様なことが必要でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

B型肝炎はB型肝炎ウイルス(HBV)の感染により起こる病気です。

B型急性肝炎とB型慢性肝炎があります。
HBVはHBV感染者の血液や体液中に存在しますので、感染者の血液や体液から感染します。
B型急性肝炎は、感染すると急激な肝機能障害をきたし、全身倦怠感などの初期症状から、黄疸等の肝炎特有の症状を認め、まれに、劇症肝炎という死亡率の高い病気に進展する場合がありますが、ほとんどの場合、安静にしておれば1ヶ月ほどで治癒します。日本では、急性肝炎から慢性化することはまれで、慢性化しなければ肝硬変や肝癌の心配もありません。
日本国内の場合、B型慢性肝炎は、ほとんどがHBV持続感染者(キャリア)からの母子感染です。乳幼児期にHBVに感染すると、キャリアになる率が高く、キャリアの約10%が慢性肝炎となります。慢性肝炎になれば、肝硬変への進展や、肝癌の発癌リスクが高くなります。
このため、HBVキャリアの女性が出産した場合、出生児にはワクチンを接種し、母子感染を予防します(キャリア化の予防)。
また、B型急性肝炎は、HBVキャリアとの性的接触での感染がほとんどで、恋人や配偶者がHBVキャリアの場合、ワクチン接種で感染を予防します(急性肝炎の予防)。
医療従事者は、いろいろな患者様の血液を扱います。特に透析スタッフは、必ず患者様の血液を扱いますし、HBVキャリアの方の血液を扱うことも多いと思います。すなわち、HBVに感染する危険性が高いという事ですので、HBVワクチンの接種が望ましいです。
ワクチンとは、いわゆる「予防注射」です。「抗体をつける」というのは、「予防注射」をしてB型肝炎ウイルスに感染しないための特別な免疫力(抵抗力)をつけるという意味です。はしかやインフルエンザのワクチン(予防注射)と同じ様なものと考えて良いかと思います。予防注射での一般的な注意事項を守れば良いだけで、日常生活に支障はありません。
具体的には3回接種が一般的で、1回目の1ヶ月後に2回目、6ヶ月後に3回目の接種を行います。
抗体がついた後も、自然に消える場合がありますので、定期的に抗体検査(血液検査)が勧められます。抗体が消えても、1回の追加接種でほとんどの場合は再度抗体がつきます。
    • good
    • 0

 ご質問の内容は、おつとめの施設が「B型肝炎に対する抗体をつける」ために職員のワクチン接種を行う予定であるーという意味でしょうか。


 それなら是非ワクチン接種を受けるようにお薦めします。接種するとB型肝炎の感染の危険が非常に下げられます。またワクチンは生ワクチンではありませんので家族、他人にうつったりするものではありません。副作用は接種部位の疼痛くらいです。透析室のスタッフはハイリスクなの接種が望ましいです。(余談ですが、米国ではすべてのこどもにHBワクチン接種を義務つけています)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

「お薦めします」しますと言って頂けて、安心しております。
米国では、子どもに接種させていると言うことは、
日常生活は、特に問題はない・変化することないと思っていいんですよね?
(もし、こうした方がよりいいとかあれば、ぜひ、教えてください!)

今まで、注意していた方(B肝炎キャリア)と、同じになる??と、不安でした。
独身者や、既婚者も多く、妊娠や子ども・パートナーに影響が出ないか心配でした。
会社は、気にしなくてよいといってくれているのですが、そういっても会社にはいえない不安がありました。

お礼日時:2006/09/07 23:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q『B型肝炎抗体あり』は気をつける事あり?なし?

16年前に父を、劇症肝炎で亡くしました。直後、私自身の血液検査を行った所、B型肝炎の抗体が出来ているとの結果が・・・。抗体が出来ているのは治った事だと聞いたことがありますが、本当でしょうか?その後、結婚し子供もいますが、何か気を付けなければならない事はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

>抗体が出来ているのは治った事だと聞いたことがありますが、本当でしょうか?

B型肝炎ウイルスに対する抗体にはいくつかの種類(HBs抗体、IgG-HBc抗体、IgM-HBc抗体、HBe抗体)
があって、どの抗体価が高いかによって解釈が異なります。

少なくとも、質問者さんがB型肝炎の予防接種を受けたことがない限り、抗体が陽性であることは「過去に何らかの形でB型肝炎ウイルスに感染した」ということの証拠になります。

「過去に何らかの形で感染した」ということについて少し詳しく説明します。これには感染した時期によって多少意味が異なります。

3歳未満の時に感染すれば将来にわたって体内にウイルスを保持(キャリアと言います)する可能性が高くなります。
3歳以上での感染であれば急性肝炎を発症しそのまま治癒してしまうことが多いです。
成人になってから感染すると、肝炎の症状がでないままウイルスが撃退され(不顕性感染といいます)治癒することが多いです。

キャリアという言葉が気になるかもしれませんが、我が国の8割以上のB型肝炎ウイルスのキャリアは出産時の母子感染によると言われています。
また、キャリアであれば時期によって変動はありますが抗体だけでなく抗原(HBs抗原、HBe抗原の2つがあります)も陽性になります。

血液検査の詳しい結果がわかりませんが、医師がB型肝炎ウイルスのキャリアを疑えばしっかり検査をしてそれを証明するでしょうから、
「抗体が陽性という結果=どこかで感染し治癒した」と考えていいと思います。


私は学生で医師ではありませんので、その点をご理解の上参考にしていただければ幸いです。さらに知りたいことや、気になることがあれば専門の医師に尋ねるとよいかと思います。

>抗体が出来ているのは治った事だと聞いたことがありますが、本当でしょうか?

B型肝炎ウイルスに対する抗体にはいくつかの種類(HBs抗体、IgG-HBc抗体、IgM-HBc抗体、HBe抗体)
があって、どの抗体価が高いかによって解釈が異なります。

少なくとも、質問者さんがB型肝炎の予防接種を受けたことがない限り、抗体が陽性であることは「過去に何らかの形でB型肝炎ウイルスに感染した」ということの証拠になります。

「過去に何らかの形で感染した」ということについて少し詳しく説明します。これには...続きを読む

QHBs抗体が+なんですが・・・・

人間ドックでの検査結果が『HBs抗体が+』となっていました。
『HBs抗原は-』なのです。
これって、肝炎の保菌者って事なのでしょうか?
また治療方法などはありますか?
8年前の元彼が肝炎の保菌者で、何度かエッチはしたのですがそれが原因なのでしょうか?

Aベストアンサー

過去に感染して、抗体を獲得したと思われます。元彼とのHの時に感染した可能性がありますが、他の感染経路もありますので断定はできません。
抗原が-で、抗体が+の場合は保菌者ではないので心配ありません。詳しくは医師に聞いてください。

「参考」
B型肝炎ウイルス検査でわかること
血中に出現するB型肝炎の抗原や抗体を検出することでB型肝炎ウイルスの感染の有無やその病期をみることができる。

HBs抗原 : HBV感染状態
HBs抗体 : 過去のHBV感染(防御抗体)、ワクチン接種後の抗体獲得
HBc抗体 : 低抗体価-過去のHBV感染(多くの場合HBs抗体陽性)
         高抗体価-HBV感染状態(ほとんどの場合HBs抗原陽性)
HBe抗原 : 血中HBV多い(感染性強い)
HBe抗体 : 血中HBV少ない(感染性弱い)

治療を必要としないケース
一般に、HBe抗体が陽性で、肝機能が正常な場合は、ウイルスに感染していても特別な治療行う必要はありません。
ただし、ごくまれにHBe抗体が陽性であっても、GOT、GPTの値が高く、肝機能が異常である場合には、肝炎を発症することがあります。
したがって、HBe抗体が陽性だからといって安心せず、定期的な検査を受け、肝臓が悪くならないように自己管理する心がまえが大切です。

HBe抗原が陽性で、肝機能が正常の場合は、あるとき、GOTとGPTの値が一時的に急上昇し、それをきっかけにHBe抗原が自然消滅して、HBe抗体が陽性になる
ケースが普通です。
こうなればもう安心ですが、HBe抗体が陽性になるまでは3ヶ月に1回ぐらいは定期検査を受けたほうがよいでしょう。

治療を必要とするケース
HBs抗原が陽性で、しかも慢性肝炎の人は、病状はさらに進行する危険性が高く、他人に感染させるおそれもありますから、ウイルスに対する治療を行わなねばなりません。

過去に感染して、抗体を獲得したと思われます。元彼とのHの時に感染した可能性がありますが、他の感染経路もありますので断定はできません。
抗原が-で、抗体が+の場合は保菌者ではないので心配ありません。詳しくは医師に聞いてください。

「参考」
B型肝炎ウイルス検査でわかること
血中に出現するB型肝炎の抗原や抗体を検出することでB型肝炎ウイルスの感染の有無やその病期をみることができる。

HBs抗原 : HBV感染状態
HBs抗体 : 過去のHBV感染(防御抗体)、ワクチン...続きを読む

QB型肝炎キャリアのHBS抗体・抗原について教えてください。

こんばんは。
私は母からB型肝炎のキャリアと聞いています。

先日、違う件で血液検査をしたのですが、HBS抗原とHBS抗体が両方とも陰性でした。
その時は、膠原病の疑いで検査をしたため、抗核抗体の数値のことで頭がいっぱいで、医者にB型のことを聞くのをわすれてしまったんです。

キャリアだと思っていたので、産婦人科に通ったときも前もって「私はキャリアです」と話していたのですが、その後すぐ流産してしまい、B型の検査はしませんでした。

そこで質問なのですが。
ネットで調べたところ、マイナスだと陰性(正常値)とありました。
これは、私は既にキャリアではないと言うことでしょうか?
母子感染をしたが、知らない間にウィルスが消えていた…なんて事があるのでしょうか?
それとも、キャリアであることを調べるには、もっと他の検査が必要で、キャリアだけど発症をしていないだけなのでしょうか?
7月に、血液検査に行く予定があるのですが、必要ならば夫と共に近いうちに検査をしたいと思っています。
まずはアドバイスを頂ければと思い、投稿しました。

Aベストアンサー

HBs抗原・抗体共に陰性ということですから貴方はB型肝炎のキャリアーではありません。どうしてお母さんがキャリアーだと言ったのでしょうか?お母さんはキャリアーですか?

もし母子感染によりB型肝炎ウイルスに感染しているとすればHBs抗原が陽性になります。母子感染による感染後にウイルスが消えることもあります。しかしその場合でもHBs抗体が陽性になります。

HBs抗原とは現在B型肝炎ウイルスが体内に存在しているかどうかを診る検査です。これが陽性ということは肝炎ウイルスに感染しているということなのです。HBs抗体はウイルス感染後に肝炎が起こり、その肝炎が治癒した場合に出てきます(キャリアーの場合は若干違いますが)。抗体が陽性ということはウイルスが体内に存在していない状態です。

Q【医療従事者の方へ】針刺し事故をしてしまいました。。不安です

今日、初めて針刺し事故をやってしまいました。
患者さんの処置の際、点滴中の翼状針が抜けているのに気づかず、私の指にチクっと刺さったのです。すぐに流水で5分程度流し、肝臓内科を受診し、私と患者双方のB・C肝検査をしました。
土曜の時間外でしたのでそれらの結果は週明け、しかも連休中なので、3日後にしか分からないとのことでした。本来、患者側がB(+)の場合、グロブリン投与を48時間以内に行うということですが、1週間以内なら効果は変わらないから、週明けに投与しても問題ないということでした。一刻も早く検査とグロブリン投与をしてほしいところですが、専門医がそういわれるので、それに従うしかありません。が、そんなに悠長なことで大丈夫なんでしょうか?
チクっとしか刺していないし、すぐに流水洗浄をしましたが、時間が短くやや不十分であったこと(穿刺部をもっと爪でギュっとしごくようにすればよかった)と、消毒をアルコールで軽くしかしなかったことをすごく後悔しています。
点滴の針なので、血液の付着も(見た目的には)ないと思うので、感染の確率は低いとは思いますが、やはり不安で仕方がありません。

職場には針刺し事故に関するマニュアルがあり、グロブリン投与や今後定期的に肝機能検査を行うことなどの記載があり、体制としてはしっかりしていますので、それに準じていれば安心かなとも思います。ただそれにはHIVのことが一切含まれていないので、自費で抗体検査をするしかないかなと思います。
私の周りで針刺し経験者は何人かおり、みな健在ですが、全国では亡くなった医療従事者も少なからずいるみたいで、不安が募る一方です。
このままだと連休中、ずっと悶々としそうです。
できればちょっと安心できるような回答がいただけたらなあと思って質問してみました。

今日、初めて針刺し事故をやってしまいました。
患者さんの処置の際、点滴中の翼状針が抜けているのに気づかず、私の指にチクっと刺さったのです。すぐに流水で5分程度流し、肝臓内科を受診し、私と患者双方のB・C肝検査をしました。
土曜の時間外でしたのでそれらの結果は週明け、しかも連休中なので、3日後にしか分からないとのことでした。本来、患者側がB(+)の場合、グロブリン投与を48時間以内に行うということですが、1週間以内なら効果は変わらないから、週明けに投与しても問題ないということでした。...続きを読む

Aベストアンサー

針刺し事故で医療従事者が感染するかどうかは、患者さんがウイルス保有者であること、患者さんの血液量が多いこと、本人の体調が悪いこと等が関係すると思います。貴女の事故の場合、翼状針が刺さったと言うことですので、おそらく貴女に入った血液量としては非常に少ないのではないでしょうか。量が少なかった場合にはたとえ患者さんがウイルス保有者であったとしても感染する可能性は少ないと考えます。また、患者さんがウイルス保有者であったとしてもそのウイルス量が問題で例えばキャリアであればウイルス量は少ないので感染する可能性は少ないと思います。また、貴女自身の免疫力も関係しますので、貴女が免疫力が正常で、その時の体調が悪くなければ、それほど問題にはならないと思います。あと、患者さんの疾患名が書いてありませんが、肝疾患患者ではないですね。肝疾患でなければたとえB型、C型が陽性であってもウイルス量が少ないので心配ないと思いますよ。それにHIVが心配と言うことですが、増加しているとはいえ、HIV患者はまだ日本には少なく、針刺し事故に関係した患者がHIV陽性であったという可能性は非常に低いと思います。いずれにしろあまり心配なされない方が良いかと思います。

針刺し事故で医療従事者が感染するかどうかは、患者さんがウイルス保有者であること、患者さんの血液量が多いこと、本人の体調が悪いこと等が関係すると思います。貴女の事故の場合、翼状針が刺さったと言うことですので、おそらく貴女に入った血液量としては非常に少ないのではないでしょうか。量が少なかった場合にはたとえ患者さんがウイルス保有者であったとしても感染する可能性は少ないと考えます。また、患者さんがウイルス保有者であったとしてもそのウイルス量が問題で例えばキャリアであればウイルス量...続きを読む

Q針刺し事故後の対応

はじめまして。私は約200床の私立病院に勤務している看護師です。
昨日、針刺し事故を起こしてしまいました。
私の対応としては、
(1)直ちに水道水で血液を搾り出し、
(2)患者の感染症(HBs、HCV、梅毒)をカルテで調べ、陰性である 事を確認し、
(3)上司に報告。
(4)外来へ行き労災カルテの作成を依頼しました。
当院にはマニュアルがあり、そのとおりに進めていくと
(5)採血
となるわけなのですが・・・。
病院(勤務先)側から「針刺しは自己責任だし、患者には感染症がないのだから採血はしても無意味。自費になるだけだから採血はするな!アクシデントレポートを提出するだけでよい」と言われました。
患者の感染症がマイナスならば血液検査を施行しなくてもよいものなのでしょうか?
結局、労災カルテも作成してもらえず、検査もしてもらえず不安です。
ちなみに、私自身の感染症検査は入職時検診(平成14年)でHBS抗体陰性です。

Aベストアンサー

採血をして事故時のあなたの感染症の有無を確認するのが筋で、それがないと不幸にして感染してしまった時に労災の認定が難しくなります。可能性としてはまれなのでしょうが。
採血が自費というのはどうかしてると思います。病院の儲けは無視できるわけで、実費でできると思うし、その実費も自己負担なんて聞いたことがありません。針刺しが自己責任というのもおかしいです。まあ、病院の針刺し防止システムが完璧であなたがそれを守らなかった、というのならわからないでもないですが、採血を自費でなどという病院ならシステム的にも知れてるような気が・・・。
勤務先、というのは看護部ですか? もし、医師とか事務なら、師長か看護部長に相談されたらいいと思います。

QB型肝炎 抗体+ 肝炎 性行為

B型肝炎 抗体+ 肝炎 性行為

お尋ねします。
先日、健康診断でB型肝炎抗体+と出てました。
これは、放っておいても問題ないですか?
またパートナーにうつす可能性はありますか?

ご教授お願いします。

Aベストアンサー

B型肝炎抗体が”HBs抗体”であれば、血中にはウイルスがいる可能性は極めて少ないので、パートナーに感染させる可能性はほぼ0と言っていいです。キャリアとはいいません。
ただ、肝臓内にはウイルスはいる可能性はありますので、将来、抗がん剤治療とか大きな手術を受けた際には再燃する可能性があります(de novo肝炎)。

なお、検診での抗体が”HBe抗体”陽性であれば、精査が必要です。キャリアの可能性があります。

QC型肝炎、B型肝炎の検査費について

私の知人がC型肝炎とB型肝炎の検査に保健が効くのかしりたがっています。

私があるクリニックに電話したところ、9800円ぐらいでしたが、知人が違う病院に電話したところ、保健が効くから、2000円~3000円でできるといわれたそうです。

知人は「C型肝炎とB型肝炎って保健がきかなかったようなきがする」といっています。

検査費は保健が効くのか詳しい方よろしくおねがいしたします。

Aベストアンサー

2番の方が言うように自治体の保健所で手頃な値段でやってるところも多いと思うので、一度住んでる自治体の広報紙やHPで確認してみてはどうでしょうか。
参考までに大阪市のものを貼り付けておきます。
http://www.city.osaka.jp/kenkoufukushi/hokensyo/kenshin/ichiran.html

参考URL:http://www.city.osaka.jp/kenkoufukushi/hokensyo/kenshin/ichiran.html

QHBs抗体について教えてください。

HBs抗体について教えてください。
先日、会社の健康診断で、HBs抗体/PHという項目が基準値8未満に対して、検査結果が2048でした。
基準値8未満に対して、2048とあまりにもかけ離れる数値のため不安になってきました。

他の方の質問を見ていると、プラス(陽性)、マイナス(陰性)という表現をしていますが、
今回の私の場合は、基準値の8以上の数値なのでプラス(陽性)ということでしょうか?

HBs抗原/MATという項目は基準値8未満に対して、結果は8未満で問題ないようです。

Aベストアンサー

こんばんは。
まずは、抗原の意味ですが、抗原とはウイルスや細菌など(外界から体内に侵入するもの)そのものを意味します。
抗体とは、抗原(ウイルスや細菌など)に対して、免疫作用を有する物質というか抗原を攻撃するものいえば解りやすいでしょうか?

なので…
HBs抗体:2048倍⇒免疫作用を有する物質の力価が、2048倍ある。
HBs抗原:8未満⇒ウイルスそのものの量がそれ未満。
なので、「ウイルスは身体にはいないけど、抗体はあると。」考えられます。

ちなみに、PH、MATは検査方法で良いと思います。
もし心配なら、検診ではなく、内科にかかればイロイロ相談に乗ってくれると思いますよ。

QB、C型肝炎は唾液感染しますか?

B、C型肝炎について調べてみるとキスによって感染すると記載されているサイトがあるのですが、サイトによって輸血等の血液感染、性行為、からの感染しか書かれていないサイトもあります。

実際感染者の唾液を口に含むとどのくらい感染する危険性はあるのでしょうか。

そうであるなら、ジュースの回しのみ等危険なわけで心配です。

ご回答いただければ幸いです、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは!
私も最近検査をして何でも無かったので安心してます。
又感染ルート等も医師に教えて頂いたのでお答えしますね!

血液感染、性行為の他に多いのが刺青だそうです、又昭和の40年代初め生まれ以前の方に多いのが学校等で行なわれた予防接種のハンコ注射や注射針の使い回しだそうです。(刺青や麻薬等も針の使い回しが原因で率が高いそうです)

キスによる感染は可也低いと思いますが、互いが口内に大きな傷があり大量に出血している状態であれば可能性は0%では無いと思いますがその様な状態でキスはしないと思うので可能性は低いと思いますよ!

御心配なら検査を受けて見て下さい、感染していても症状が無く、症状が出たら手遅れになってますよ!今は治るそうですから御心配無く。

QB型肝炎の抗体がつかない場合

B型肝炎のキャリアの外国人女性と来年結婚する予定となっています。
すでに2回の予防接種を受け、来年に3回目を受ける予定です。

この予防接種ですが、3回目を受けて1ヵ月後の検査では、
5-6%の人には抗体がつかないと聞きました。

その場合の対応策には、どのようなものがあるでしょうか。
その場合には、結婚は延期したほうが良いということでしょうか。

また、私に抗体がつかない場合、将来子どもを作ることは期待できないのでしょうか。

ご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

質問者さんがおっしゃるようにB型肝炎ワクチンを接種しても、数%の方が抗体がつきません。この場合の対応策については、基本的には主治医の先生の方針に従うべきですが、一般的には接種方法を変える、ワクチン製剤を変える、用量・回数を増やすという方法があります。

ワクチン接種は皮内注射でも筋肉注射でもいいことになっていますが、筋肉注射のほうが抗体がつく率が高いとされています。もし質問者さんが皮内注射で接種されていたら、筋肉注射に変えて再チャレンジしてみる価値はあると思います。

ワクチン製剤については、日本で使用可能なB型肝炎ワクチンはビームゲンとヘプタバックス-2の二種類があります。ビームゲンで抗体がつかなければヘプタバックス-2を試してみる(あるいはヘプタバックス-2でだめならビームゲンを試してみる)ことは検討されるべきです。

用量を増やしたり、回数を増やしたりする方法もあります。3回で抗体がつかなかったら、4回目を用量を倍にして接種する、などです。

どの方法が良いかは、きちんとしたデータで比較されていないためわかりません。主治医の判断ということになります。主治医の先生が肝臓専門ではない場合は専門の先生を紹介してもらうという選択肢もあります。

質問者さんがおっしゃるようにB型肝炎ワクチンを接種しても、数%の方が抗体がつきません。この場合の対応策については、基本的には主治医の先生の方針に従うべきですが、一般的には接種方法を変える、ワクチン製剤を変える、用量・回数を増やすという方法があります。

ワクチン接種は皮内注射でも筋肉注射でもいいことになっていますが、筋肉注射のほうが抗体がつく率が高いとされています。もし質問者さんが皮内注射で接種されていたら、筋肉注射に変えて再チャレンジしてみる価値はあると思います。

ワクチン...続きを読む


人気Q&Aランキング