一般的な河川の水質調査で行われている、溶存酸素の検出についてなんですが その検出法はどのような方法が用いられてるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

溶存酸素量(DO)は通常ウィンクラー法で測定します。


試料を孵卵瓶にとり、MnSO4及びアルカリ性KI溶液を加えてH2MnO3或いはMn(OH)3として酸素固定をします。これを酸性にしてKIからI2を遊離させて、このI2をNa2S2O3で滴定します。指示薬はデンプン試薬で、NO2の除去のためにNaN3を、三価の鉄イオンの除去のためにKFを加えます(上記の数字は全て下付です)。
ちなみに、水道では7.5mg/L以上、水産/農業用水では5mg/L以上、工業用水では2mg/L以上のDOが基準となっており、河川の水道用水では5~7.5mg/L、工業用水や農業用水では2mg/L以上が基準となっていますネ。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0

用語の解説については、以下の参考URLサイトが参考になります。


(環境用語;DO,BOD,COD等)
============================
溶存酸素量(DO)
 Dissolved Oxygenの略。水中に溶けている酸素量のことをいい、溶存酸素は水の自浄作用や水中の生物にとって必要不可欠のものである。溶解量を左右するのは水温、気圧、塩分などで汚染度の高い水中では消費される酸素の量が多いので溶存する酸素量は少なくなる。きれいな水ほど酸素は多く含まれ、水温が急激に上昇したり、藻類が著しく繁殖するときには過飽和の状態となる。
 河川等の水質が有機物で汚濁されると、この有機物を分解するため水中の微生物が溶存酸素を消費し、その結果、溶存酸素が不足して魚介類の生存が脅かされる。さらに、この有機物の分解が早く進行すると、酸素の欠乏とともに嫌気性の分解が起こり、硫化水素、メタン等の有毒ガスを発生して水質は著しく悪化する。
 環境基準では、海域、河川及び湖沼の汚濁指標として採用されている。水産用水では、マスのふ化条件は7.0mg/l以上。農業用水としては、5.0mg/l以下は根ぐされが生じる。一般に水質の汚濁限界点は5mg/lとされ、5mg/l以下になると魚類の生活は脅かされ、3mg/l以下になると生息できないといわれている。1.0mg/l以下になると、底質から硫化物、メタンガス等が発生するようになる。なお、純水中における飽和溶存酸素量は、20℃1気圧のもとでは約9mg/l、10℃1気圧では約11mg/lである。
 環境基準(水質;公共用水域)
    河川AA,A類型 7.5 mg/l以上
       B,C類型 5 mg/l以上等
===========================================
溶存酸素計に関しては、
http://www.toadkk.co.jp/seihin/toa-seihin/kagaku …
http://www.teian.nedo.go.jp/prj/fy9/9-12/yokou/s …
(酸素電極)
http://www.nmiri.city.nagoya.jp/nmiri/meikoken/1 …
(溶存酸素計)

ご参考まで。

参考URL:http://www.ematec.or.jp/yogo/suisitu.html
    • good
    • 0

補足です。


清浄な水のDOは8.8mg/Lで、魚類の棲息に必要なDOは5mg/Lです。
先の回答は記憶の範囲で書いたので、念のため調べなおしてみましたが、間違っていなかったのでご安心を(実は自分がチョット不安だったのです‥)
以上kawakawaでした
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q溶存酸素(DO)について

溶存酸素(DO)について

「水中の塩化物イオンの濃度が高いほど飽和DO濃度は減少する」
とのことなのですが、どうして減少するのでしょうか?
私としては塩化物イオンと飽和DO濃度は関係が無いように思えます。

Aベストアンサー

> 塩化物イオンと飽和DO濃度は関係が無いように思えます。

酸素などの気体分子であっても、溶媒分子と全く相互作用を
しないわけではないと思います。

一部が炭酸イオンに変わる二酸化炭素ほどではないにせよ、
酸素のような二原子分子であれば、一時的な電荷の偏りに
よって、溶媒分子との間に分子間引力が発生するはずです。

特に、溶媒分子の極性が大きい水などであれば、そちらの
電荷に誘起される形での電荷の偏りも発生するでしょうから、
水素結合に似た状況になるものと推測されます。

このため、塩化物イオンに限らず、イオン濃度が高くなるほど、
そのイオンが水和する影響(というか「とばっちり」)を受けて
酸素分子の水和が弱まり、結果として飽和酸素濃度は低下する、
ということになります。

※「塩化物イオン」と特記されているのは、通常「溶存酸素」の
  測定対象が河川・湖沼・海洋の水で、その中でも特に海水
  (及び汽水)では、同イオンの影響が普遍的かつ無視できない
  レベルだからで、必ずしも同イオンに限った話ではありません。
  (ご質問の趣旨からは外れるかとは思いますが(汗)、
  念のため、ということで・・・)

> 塩化物イオンと飽和DO濃度は関係が無いように思えます。

酸素などの気体分子であっても、溶媒分子と全く相互作用を
しないわけではないと思います。

一部が炭酸イオンに変わる二酸化炭素ほどではないにせよ、
酸素のような二原子分子であれば、一時的な電荷の偏りに
よって、溶媒分子との間に分子間引力が発生するはずです。

特に、溶媒分子の極性が大きい水などであれば、そちらの
電荷に誘起される形での電荷の偏りも発生するでしょうから、
水素結合に似た状況になるものと推測されます。

このため、塩...続きを読む

Q溶存酸素

滴定に要したチオ硫酸ナトリウム標準溶液の量をamlとし、酸素ビンの内容積をvmlとすれば、溶存酸素量は次式によって算出されるって書いてあって、式として、
溶存酸素=a×f×1000/v-1×0.2なんですよね・・んで分からないところとして、なんで溶存酸素濃度を求める式において、酸素ビンの体積vから1を引いてるのは、なんでですか?教えてください。

Aベストアンサー

ウインクラー法によるものでしょうが、式自体がが間違っていませんか?
滴定に要した0.025N Na2S2O3標準溶液のファクターをf、滴定量をa ml、酸素瓶の内容積をV mlとしたとき
溶存酸素量(O2 mg/l) = axfx0.2x1000/(V-1)=200xaxf/(V-1)
(V-1)の1はウインクラー瓶にVmlの被試験水を入れてあり、瓶の底の方に塩化マンガン溶液0.5mlとヨウ化カリウムー水酸化ナトリウム溶液0.5mlを入れ、被試験水1mlを溢れさせるので、その分を差し引くのです。

Q溶存酸素?

COD測定実験において、サンプルに一定量のカマンガン酸カリウム溶液を加えた後、余剰のカマンガン酸カリウムを直接シュウ酸ナトリウム溶液で手規定しないんですか?別な言い方をするとなぜ逆滴定を行う必要があるんですか?教えて下さい

Aベストアンサー

JISとは日本工業規格のことで工業製品の品質や分析方法を定めたものです。
そのうち排水の分析方法も定められていてそれがK0102 なんです。

CODというのは、このK0102に定められた手順によって測定される過マンガン酸カリウムの消費量のことなので、この手順に沿って分析しない場合はCODではないのです。時間とかフラスコとか温度とかも変えてはだめなんです。
下水試験方法などにもCODがありますが、JISと一緒の手順です。

参考URL:http://www.mandc.org/MandC/include/html/tech/40306.htm

Q溶存酸素濃度の測定

学校の授業で、池の溶存酸素濃度を測定器で測りました。全部で20箇所のデータをとり、結果は、だいたい8~12(mg/l)でした。しかし、1箇所だけ「-0.3」という数値が表示されました。溶存酸素濃度がマイナスとはどういうことなのでしょうか。その場所は藻がたくさんあり、澱んでいました。測り方がまずかったのでしょうか。

Aベストアンサー

どのような機械をお使いかよく分かりませんが
機械の使い方を先生によく教えてもらうと良いと思います。物によってはセンサー部分を動かしながら測定する必要があります。

他の所が8-12ということは機械の校正が大きくは間違っていないと思われます。
「藻がたくさんあり」ということですが、その藻が元気で日中に測定したとしたら、藻の中は酸素が非常に豊富です。もしかしたら測定上限を越えて「3」ではなくてエラーの「E」という可能性は無いでしょうか。
また、センサーが底の泥についてしまうと0近くが出るかもしれません。

どちらにしても「マイナス」は機械上の問題で溶存酸素はどれだけ少なくてもゼロです。

Q溶存酸素濃度について

溶存酸素濃度を求めるための式
a×f×1000/V-1×0.2
でなぜ酸素瓶の体積から1を引くのかは、硫酸マンガン、アルカリ性ヨウ化カリウム‐アジ化ナトリウムをそれぞれ0.5mlずつ加え、試料水を1mlあふれさせたからであるというのは分かるんですが、ではなぜ次に沈殿を溶解させるために硫酸をさらに1ml加えているのにもかかわらずその補正は行われないんですか?

Aベストアンサー

No.1451472 の「溶存酸素」と同じように計算式まで間違っているのは何故でしょう? 1mlを補正するかしないかより重要です。
「最初の0.5mlを2回加えるとき」と「硫酸1ml加ええる前」とで酸素がどのような状態でどこにあるかを比較してください。そうすれば分かる筈です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報