小学生のころから国語というものが全く理解できず、いつも勘でなんとなく解いていました。
しかし、大学受験にあたり、真面目にやらなきゃと思い、評判の出口先生の本を購入しました。
その本のまえがきには、 
「国語はなんとなく解くものじゃなく、論理的に解くものだ。きちんと出来れば満点を取ることも出来る」
と書いてありました。
それを読んで早速その参考書一冊やってみたのですが、全く何もこうかありませんでした。
文章の意味を理解することも出来ず、設問にはほぼ全問不正解という状況です。
前書きには偏差値が40も上がった人もいると書いてあったのに、効果がないなんて。
現国がすごい苦手の方もいらっしゃると思うのですが、どうやって克服したか教えて頂けないでしょうか?
私は英国社で受験を考えているので、国語に足を引っ張られたら致命的なのです
どうかお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんにちは


  高校時代、私も現代国語が苦手でした。予備校の先生にテクニックをおそわり実践したところ、偏差値55前後まであがりました(それ以上は、あがりませんでしたが・・)。
  その方法とは、まず、文章を段落ごとに番号をつけます。そして、各段落で自分が重要だと思う箇所に線を引いておきます。特に重要なのは、作者の意見や作者が何かを意見した箇所です。『私は、○○○。』とか『○○○に違いない。』とか『○○○は、美しい。』という箇所がクサイです。
  反対に重要ではない箇所もあります。作者が『例えば、』というように例を出して、前の文章(作者の意見)をわかりやすく説明する箇所は、「」をしておきましょう。これは、重要でありません。作者が自分の意見をわかってもらいたいために、つけただけですから。「」をして、2度目に読むときに読み飛ばしましょう。
  段落を読み終わったら、その段落に自分でタイトルをつけてみましょう。段落の中には、例だけで終わるものもあったり、自分の意見や何かの評価ばかりの段落もあります(まちがいなく、最初か最後の段落です)。そして、最後に全体で何を言っているのかを考えるのです。
  段落ごとに番号をつけ、各段落にタイトルをつける訓練をしてみましょう。おすすめです。
  1冊問題集をやったということは、かなりの収穫です。効果はすぐ上がらないものですよ。もう一回やるのも良し、さらに他の問題集にチャレンジするのもよし、もう勝負は始めている!!それは、すばらしいことですね。ファイト!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうも有難うございます。
早速教わった通り実行してみようと思います。
取り敢えず足を引っ張らないところまで持っていければ十分なので。

お礼日時:2002/03/22 12:44

人によって問題点は違うと思います。


「文章の意味を理解することも出来ず、設問にはほぼ全問不正解という状況です。」
ここを追求してみましょう。

・分からない単語を辞書でこまめに調べましょう。
・設問がヒントになりますので設問を読んでからもう一度それを意識において読みなおしましょう。
・接続詞などをたよりに問題文の趣旨を捕えましょう。

普段から読書していたら「勘でなんとなく」通ってしまう可能性のある教科ではありますが、その「勘」が働かない程度の読書量・質なのでしょうね。スピードは落してでも熟読をお奨めします。
同じ参考書を3回使いましょう。
    • good
    • 0

私も受験生なので偉そうなことはいえないのですが、経験上感じたことをいくつかアドバイスしておきます。



授業や参考書で教えるポイントは、次のようなものだと思います。

キーワード、キーフレーズ、キーセンテンスを探せ
段落ごとの要点をまとめろ
接続詞に徹底的にこだわれ(例、「すなわち」「つまり」の後は最重要など)
対概念、言い替えに注意せよ

まあ、こんな感じでしょうか。
こういったことに注意すればそこそこ点は上がると思います。しかし、上位を狙うには、「量」をこなすことが絶対に必要です。友人に大学受験の全国模試で総合1位を取ったやつがいるのですが、そいつは本屋で売っている参考書・問題集は全部やったと豪語していました。これは極端な例ですが、受験時の成績が良かったやつはなんだかんだいって「量」はやっていましたね。やった問題集の数が一桁なんてやつは1人もいませんでした。量をこなしていくと問題文の最初一行を読めば、その後の展開がイメージできるようになります。ここまでくれば成績はかなり上がります。このレベルになって初めてテクニックがものを言うようになります。

これは自戒を込めていうのですが、成績が上がらないという人の8割以上が「量」をこなしていないことに原因があります。しかもこれは、ある程度勉強ができた人が陥りがちです。今まであまり勉強しなくても「なんとなく」解けた経験がある人たちですね。だから今からもあまり勉強しなくても大丈夫だろうと勘違するんです。本人はたくさん勉強をしていると勘違いしていますが客観的には全然足りない。問題集を一冊やっただけで成績が上がるんだったらみんな上がってるって。最低でも2桁の問題集をこなしてみてください。もともと優秀なはずです。量をこなせば鬼に金棒ですよ。

お互い受験生ですね。
最後まであきらめずにがんばりましょう。
    • good
    • 0

まず、折角参考書を買ったのですから、有効活用しましょう。


はじめが全問不正解でもなにもがっかりすることはありません。
よく、答えと解説を読んで理解してみましょう。
そして、もう一度同じ問題に挑戦してみましょう。
当たり前かもしれませんが、一度答えを見ているので全部できるかと思うと、意外とできなかったりします。
そうして三回くらいは、その参考書を読み、問題を解き、繰り返し使います。それだけでも、随分力がつくと思います。
参考書をいろいろ渡り歩かず、まず一冊じっくりと消化しましょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q長男が高校受験します。一番最初の子なので今まで学校の成績の付け方等も、なんとなくは理解していたつもり

長男が高校受験します。一番最初の子なので今まで学校の成績の付け方等も、なんとなくは理解していたつもりなんですが…。気付いてきた事がありまして、私の思い込みだといいなと…。クラスの子が常に態度の悪い子がいまして、いじめ、授業妨害、さぼり等々だけではなく、テストの点も10〜20点代(自分で言いふらす)なのですが、どうやら評価は3をもらっているようなのです。この女生徒がどうであろうと言うつもりはさらさらないですし、長男も被害にあった事があったので(ちょっとした嫌がらせです。)出来れば関わらないでくれたらいいなと思っていただけなんですが…。塾の無料の夏季講習を息子が受けた際、その女生徒がおりましてー。塾の説明会では、3以上とれていないと入れませんと話していて、後に確認した時もそうはっきり答えていました。ということは、あれだけ酷い態度、点数でも評価は3がついているという事なのかなと…。以前にママ友の中で、教師は1や2をつけると自分の教え方が悪いと思われるから、悪い子でも3をつけるという話が出ていたのを思い出しました…そんな事本当にあるのでしょうか?塾が嘘をついている可能性もありますが…。

長男が高校受験します。一番最初の子なので今まで学校の成績の付け方等も、なんとなくは理解していたつもりなんですが…。気付いてきた事がありまして、私の思い込みだといいなと…。クラスの子が常に態度の悪い子がいまして、いじめ、授業妨害、さぼり等々だけではなく、テストの点も10〜20点代(自分で言いふらす)なのですが、どうやら評価は3をもらっているようなのです。この女生徒がどうであろうと言うつもりはさらさらないですし、長男も被害にあった事があったので(ちょっとした嫌がらせです。)出来れば関...続きを読む

Aベストアンサー

お礼、読みました。最初からそのようにお書きになればよいのにと思いました。

願う所は子供の健全な発達とその評価です。それは皆さん変わらないと思います。そのための方法は現在では色々あるように思います。昔は、経済的社会的理由で、ほとんど選択肢は無く心太式のコース以外には考えもしなかったのです。
子供を育てるのは親の思いです。そればかりは動かせない起点で、そこから何を選ぶか、どう育てるかは基本的に親が判断すれば良い、と思います。
ただ、現在の実情は、というか現在でも、既定のコース以外に選びようがない、という偏狭なシステムになっています。
「学校」という型ではない、別の道生き方が求められているのだな、そういう選択が可能な豊かさが求められているのだな、と感じます。

書き切れませんが、ひとまず。

Q設問2がどうやって解くかわかりません。 お分かりになる方、ご協力をお願いいたします。

設問2がどうやって解くかわかりません。
お分かりになる方、ご協力をお願いいたします。

Aベストアンサー

「設問2」は、単なる「表埋め問題」としても解けますが、「相乗積」の意味と、その「合計」が何かを理解すれば、納得がいくと思います。

 「売り上げ構成比」とは、
  (その商品の売上)/(総売上)
です。
 そして、「荒利益率」とは、
  (その商品の荒利益)/(その商品の売上)
です。

 ということで「相乗積」とは
  [(その商品の売上)/(総売上)]×[(その商品の荒利益)/(その商品の売上)]
 =(その商品の荒利益)/(総売上)
ということです。
 従って、「相乗積の合計」とは
  (総荒利益)/(総売上)
ということです。

 これを「21.90%→22.50%」にするということは、「総荒利益」を増やすということです。「総荒利益」を増やすために、荒利益率の低い「商品B」を減らして、代わりに荒利益率の高い「商品C」を増やす、というわけです。
 構成比の増減を、
  商品B:25 - Y (%)
  商品C:15 + Y (%)
とすれば、「相乗積」は各々
  商品B:(25 - Y) × 15/100 = 3.75 - 15Y/100
  商品C:(15 + Y) × 30/100 = 4.5 + 30Y/100
になります。この増減分を足したもの
   - 15Y/100 + 30Y/100
 = 15Y/100
が、「21.90%→22.50%」の増分「0.6%」になればよいので、
  15Y/100 = 0.6
より
  Y = 4 (%)
となります。

「設問2」は、単なる「表埋め問題」としても解けますが、「相乗積」の意味と、その「合計」が何かを理解すれば、納得がいくと思います。

 「売り上げ構成比」とは、
  (その商品の売上)/(総売上)
です。
 そして、「荒利益率」とは、
  (その商品の荒利益)/(その商品の売上)
です。

 ということで「相乗積」とは
  [(その商品の売上)/(総売上)]×[(その商品の荒利益)/(その商品の売上)]
 =(その商品の荒利益)/(総売上)
ということです。
 従って、「相乗積の合計」とは...続きを読む

Q数学が得意な方は理科系も得意ですか? 国語が得意な方は社会系も得意ですか?

数学が得意な方は理科系も得意ですか?
国語が得意な方は社会系も得意ですか?

Aベストアンサー

高校時代,理系クラスに所属して得意科目は国語と社会,大学では文系大学の理系コースに所属していた者です.

 個人的な印象ですが,「文系の人は数学・理科が苦手」という認識に対して,理系の人は文系の人が数学・理科が苦手と思うほど,国語・社会を苦手としていないようです.
 というのも,高校時代の文理選択で,文系を選択する人は「数学・理科が苦手だから」という理由で文系に進む人が多いですが,理系を選択する人は「数学・理科がおもしろいから」という理由で理系に進む人が多いです.つまり,決して国語・社会が苦手だからではない.同様のことは,竹内薫さんの『理系バカと文系バカ』という本にも書いてありました.興味があれば一読してみると面白いかもしれません.
 もちろん,就職や将来のことを考えて文理を選択する人はいますが,そういう人を除けば以上のような傾向がある印象を受けます.

 でも,理系の大学に進めば論理的な思考力を求められるのは当然のことながら,論文は英語も日本語も読まなくてはならないし,卒業論文を書く必要もあります.それに,データを見たときの直感が大事な場面も往々にしてあります.逆に,文系に進んでも分野によっては統計学を駆使したり,論理的な思考力を求められる場面も多々あります.例えばマーケティングなんて,頻度分布くらいは当たり前のように使うでしょうし,そのデータからどういう論理展開をすれば顧客の購買心理に働きかけることができるかを考えるでしょうし.
 結局,「自分は理系だから〜」とか「自分は文系だから〜」と型にはめず,まんべんなく出来たほうが良いと思いますよ.

高校時代,理系クラスに所属して得意科目は国語と社会,大学では文系大学の理系コースに所属していた者です.

 個人的な印象ですが,「文系の人は数学・理科が苦手」という認識に対して,理系の人は文系の人が数学・理科が苦手と思うほど,国語・社会を苦手としていないようです.
 というのも,高校時代の文理選択で,文系を選択する人は「数学・理科が苦手だから」という理由で文系に進む人が多いですが,理系を選択する人は「数学・理科がおもしろいから」という理由で理系に進む人が多いです.つまり,決し...続きを読む

Q中3です。 私は数学と英語が得意で、国語が壊滅的です。 どんだけ授業真面目に受けても家で勉強しても点

中3です。
私は数学と英語が得意で、国語が壊滅的です。
どんだけ授業真面目に受けても家で勉強しても点数は欠点なんです!
小説を何冊も読んでも早く読めるようになれません!古典とか意味不明です!品詞とか全くわかりません!
どうやったら国語でいい点が取れるようになりますか?

Aベストアンサー

そうですか、数学と英語が得意で国語が苦手、それは逆の悩みを抱えた人に比し大きな利点、自国語が苦手というケースは珍しいです。
好きな学科嫌いな学科という偏りは自然に現れるものでは無い、と長い人生で自然に納得した原理、と言えば大げさですが、あるきっかけで嫌いになったアレコレ(スポーツでも趣味でも・・)には単純な理由があるのです。
小説を幾ら読んでも親しめない、古典なんか意味不明、そりゃあそうでしょう、好きなものを探す楽しみが一度も感じられなかった分野、それが試験の点数と言う残酷な結果で突きつけられる、それじゃ得意科目になる筈はありません、自分が面白いと思うものを探して踏み込みましょう。
人との付き合いでもゲームでも、好き嫌いは当然出て来ます、それが先に嫌いな面として出て来ただけの事だと思いますよ、勉強として小説を読むのはやめましょう。
乱読方式という手法もあります、漫画と組み合わせた名作もあります、ある日「この作家さん面白い事言ってる」と思ったら何種類か読んでみるといいですよ、もう直ぐ大人の世界が近付いて来るのだから、数をこなして自分の好みを知る事が第一だと思います。
数学と英語が苦手で国語は得意、という人の受験勉強は大変です、上に記した様な便法は無いのです、ひたすら「点数の取れる勉強」に自分を追いやるしか無いのです、それに比べて貴方の悩みは贅沢です。
騙されたと思って、上に提案したあれこれ、更には自分で工夫した他の手法、忙しいでしょうけれど名作には面白いものも多いのです、頭の体操と思って乱読に進んでみて下さい。
その時「面白いと思って」読むこと、面白そうだでもいいのですよ、休憩時間を活かして自己流を編み出して下さい。

そうですか、数学と英語が得意で国語が苦手、それは逆の悩みを抱えた人に比し大きな利点、自国語が苦手というケースは珍しいです。
好きな学科嫌いな学科という偏りは自然に現れるものでは無い、と長い人生で自然に納得した原理、と言えば大げさですが、あるきっかけで嫌いになったアレコレ(スポーツでも趣味でも・・)には単純な理由があるのです。
小説を幾ら読んでも親しめない、古典なんか意味不明、そりゃあそうでしょう、好きなものを探す楽しみが一度も感じられなかった分野、それが試験の点数と言う残酷...続きを読む

Q国語の理解力を上げるには(学習障害児)

軽い学習障害がある、と診断されて、療育期間で長く指導を受けました。
学習障害にもいろいろなタイプがあると思いますが、うちの子の場合は「言葉や文章の理解、文章の構成」が難しいタイプです。
普通小学校に入学して、今2年生です。
算数は今のところ、問題がないのですが、国語の成績は下の方です。
簡単なテストなどで、クラスの大部分が90~100点取って来る中で、70点くらいです。
全く駄目、というわけではないのですが、こういう子をどのように指導していけばいいのか、アドバイス下さい。
読書を、とは思うのですが、ただ読んでも本人が内容を把握できていないし、内容の確認をしつこくして、本嫌いになられても困ります。
海外在住していますので、近くの相談機関に相談、ということができません。
もし、サイト上でいろいろ相談できるサイトをご存知でしたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

また来てしまいました。検索してたくさんでて参りました。一部を。
◆YMCA
http://tokyo.ymca.or.jp/ld/ 

◆個別の通信指導を行っている「岡山D&Lスクール」
◎「子どもを正しく理解し、子どもの本当のニーズにきちんと応える」この当たり前のことをするだけで子どもさんは伸びるのです。今までの悩みに一筋の光明が見えてきます。
岡山D&Lスクール http://www2k.biglobe.ne.jp/~dlschool/

「個別指導の様子」
http://www2k.biglobe.ne.jp/~dlschool/hontuusin.htm

講演:「文章表現に近づく」
http://www2k.biglobe.ne.jp/~dlschool/kouenyousitanaka.htm

◆他の関連サイト http://tateiwa.kir.jp/0y/ld.htm
◆資料
◇LD用語集(英和)
http://www.amy.hi-ho.ne.jp/yamaokash/ldword01.htm

◇LD用語集(和英)
http://www.amy.hi-ho.ne.jp/yamaokash/ldword02.htm

※「個別の通信指導」など……誰かのプログラムに頼らないで、最適な方法はお子さんと学級担任とアナタとダンナさまで考え出すのがいいのかも知れませんねぇ。その詳細な記録がそのまま他のお母さまたちの貴重な資料・データ・方法論になりそうです。
※今25~35字という短いセンテンスの手紙:
『一筆啓上』http://www.town.maruoka.fukui.jp/ippitsu/index_ippitsu.html が気に入っています。
先へ行って「交換日記」などとともに学習に役立つかも知れません、というより生活を楽しくさせてくれるのではないでしょうか。2年生のお子さんはPCに既に触れているのでしょうね。ゲーム・お絵描きソフトなどいいですよね。インターネットは無限の力を蔵しています。

また来てしまいました。検索してたくさんでて参りました。一部を。
◆YMCA
http://tokyo.ymca.or.jp/ld/ 

◆個別の通信指導を行っている「岡山D&Lスクール」
◎「子どもを正しく理解し、子どもの本当のニーズにきちんと応える」この当たり前のことをするだけで子どもさんは伸びるのです。今までの悩みに一筋の光明が見えてきます。
岡山D&Lスクール http://www2k.biglobe.ne.jp/~dlschool/

「個別指導の様子」
http://www2k.biglobe.ne.jp/~dlschool/hontuusin.htm

講演:「文章表現に近...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報