今、手塚治虫のブッダを読んでまして。後半、人間に憧れる牛の説話がでてきまして、「アレ、この話どっかで聞いた事ある様な、似た様な童話あったな~」気に鳴り出して眠れぬ日々を送っとります。

要旨は、努力して神様から授かった人間の能力を牛人間が、動物助けのため次々とその能力を手放すというモノ。確かアンデルセンと思うのですが、少女が衣服を乞食に次々と与え最後には裸で凍死してしまう話に似てるな~と思いまして。

その童話のタイトルが思い出せないので、若干困っとります。
こうゆう思い出しネタって、ネット検索のキーワード選びに苦労するんですよね。

A 回答 (4件)

オスカー・ワイルドの「幸福の王子」(または「しあわせな王子」)かもしれませんね。


王子様の銅像が、貧しい人に飾りの宝石や金箔をわけてあげてボロボロになってしまう話です。
凍死するのは、動けない銅像の代わりにお使いをしたツバメです。

参考URL:http://bunchan.tripod.co.jp/tanpen2.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しくお調べ頂き、たいへん感謝!

お礼日時:2002/03/21 19:56

NO1です。


そうですね。「星の銀貨」では、ラストは凍死しませんね。まちがいです。
似たような話で「幸せの王子」では、ツバメは凍死しますけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ご指摘ありがとうございます。
凍死は記憶違いだったようです。

お礼日時:2002/03/21 19:54

私も『星の金貨』だと思ったのですが・・・。


最後は凍死するのではなく、空から金貨が降ってきて幸せになるというというお話しです。

同じような内容で凍死する童話も聞いたことがあるのですが、思い出せません。

もう少し、調べてみますね。

参考URL:http://members.jcom.home.ne.jp/bit-m/story/hoshi …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のお返事ありがとうございます。
参考URL、大変助かりました。
調べてみると「星の金貨/銀貨」と二通りのタイトルがあるんですね。
グリム兄弟が何度も重版・改訂する内に変わったんですかね。

お礼日時:2002/03/21 19:52

グリム童話の「星の銀貨」だと思います。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のお返事ありがとうございます。

お礼日時:2002/03/21 19:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報