最近ミステリーにハマりました!
が、生憎このジャンルには疎いのです。(^^;;
宜しければ、皆様のオススメのミステリー小説を教えて下さい。
推理小説だけでなく、なんだかミステリーっぽい小説、ミステリーじゃないけどとにかくオススメな小説でも何でも大歓迎です。

あと、幻想小説も探しています。
こちらはあまり見つけないので、切実です。

↓ミステリー小説、幻想小説で私が好きな作品。
 以下の著者の、別の作品も勧めてくださってOKです。
有栖川有栖「マジックミラー」
加納朋子「コッペリア」
月への梯子「樋口有介」
皆川博子「蝶」
他にジャンルだと、ファンタジー、ヤングアダルト、児童書が好きです。
日本文学だと芥川龍之介、志賀直哉、宮沢賢治。ドイツ文学、ミヒャエル・エンデやヘルマン=ヘッセなども。
参考までに、私は女子大学生です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

ミステリと幻想小説、と聞いて浮んだのが中井英夫です。


ミステリとしては「虚無への供物」が良いかと思いますが、「とらんぷ譚」は幻想小説としておススメですよ。

幻想小説で他におススメは内田百けん(けんは「門+月」)です。「冥途」や「東京日記」、面白いですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
「とらんぷ譚」面白そうです、タイトルからして!
内田百聞は芥川と同じ門下の人……でしたっけ?気にはなっていたのですが未読なので、早速読んでみます。幻想小説も紹介していただけて、嬉しいです。ありがとうございます。

お礼日時:2006/09/12 20:00

ベーシックなのがよければ森博嗣がおすすめです


月は幽咽のデバイス、全てがFになるあたりが面白いと思います

虚無への供物があがっていたので一応あげときます
異色なものでは夢野久作のドグラマグラはいかがでしょうか
ただあなたが神経質な性格ならやめておいたほうがいいとは思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
森博嗣は小説は未読なのに、何故かエッセイはいくらか読んだことがあります。楽しかったです。小説の方も読んでみます。明日「カクレカラクリ」のドラマ放送ですね!
神経質……に憧れるほどのズボラです。(笑
「ドグラマグラ」も面白そうですね。ありがとうございます。

お礼日時:2006/09/12 21:36

おはようございます。



僕自身が最近読んだ本なのですが、水原佐保 著『初桜』という小説です。これは、日常のちょっとししたミステリーを題材にした短編集です。物語は、高校生の主人公の周りで起こった日常の不思議を高校に入ってからはじめた俳句の美貌な主宰と共に謎に挑む。その謎というのが、日常に起こった一見不思議なミステリーなのです。例えば、「隣のクラスの子にされたカンニング」、「ひな壇を見て突然逃げるように帰ってしまった姉の彼氏」。などがあります。もし興味が、ありましたらお読みになってみて下さい。

http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/ws …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
あわわ……俳句集ではなかったんですね!タイトルだけを見て、勘違いをしてました。
「春期限定いちごタルト事件」「夏期限定トロピカルパフェ事件」のようなYAミステリでしょうか?面白そうです、ありがとうございます!

お礼日時:2006/09/12 21:11

No.3です。



ちょっと誤解させてしまった様ですみません。(_ _;;

『伯林 一八八八年』は森鴎外を主人公としたミステリーでありまして、
作者は、海渡 英祐であります。(_ _)

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062620 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いえいえ!私こそ早とちりしてしまったようで、すみません。性格がうっかり八平タイプなもので。
勘違いを指摘して下さって、ありがとうございます。

お礼日時:2006/09/08 21:09

ミステリとして結構知られてますが、意外と幻想味もあったりする、綾辻行人さんの「館シリーズ」。


あと、京極夏彦さんの『姑獲鳥の夏』を初めとする「妖怪シリーズ」ですね。

幻想小説として好きなのは、
夏目漱石『夢十夜』
関戸克己『小説・読書生活』
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
綾辻先生が気にはなっていたのですが、何から読めばいいのか分からなかったで、具体的に勧めてくださってありがとうございます。館シリーズから読んでみます。
幻想小説も勧めてくださって、ありがとうございます。「夢十夜」好きです!

お礼日時:2006/09/12 20:47

小野不由美さんの『十二国記』


幻想世界なのに、世界設定がしっかりしてて好きです。NHKでアニメ化もされました。

宮部みゆきさんの『ドリームバスター』
アクションファンタジーで、現在の人間の夢の中へ逃げた犯罪人を探す賞金稼ぎの少年と師匠の話です。最近三巻が出ました。

いずれも人間離れした必殺技が出たりするような話ではなく、主人公がとても人間らしいです。ただし、ストーリー的にちょっと人間とはいえない者も出てくるので、そっちは人間(?)離れしたことしたりしますが・・・。登場人物の内面を見ていくような部分もあり、はまりました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
「ドリームバスター」は本屋で度々見かけたことはあるのですが、意外に面白そうな設定ですね!今度読んでみます。
小野不由美フリークの友人に、小野作品は叩き込まれました。(笑

お礼日時:2006/09/12 20:31

かなり昔の小説になりますが、仁木悦子の「猫は知っていた」という本すごくミステリーでした。


今読むと新鮮なくらいかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
いいですね、猫!猫!ビバ、猫!タイトルに惹かれました!
いえ、タイトルだけでなく一冊のミステリーとしても魅力的ですね。面白そうです。ありがとうございます。

お礼日時:2006/09/08 22:01

ミステリー小説というよりも社会派小説と言っていい内容かもしれませんが、


「十三番目の陪審員」(芦辺 拓)をお勧めします。
犯人探しというよりも、「犯人の目的は何?」といった事がテーマの本で、冤罪、陪審員制度について考えさせられました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
興味を持ちました、陪審員制度はこれからの問題ですし考えてみたいと思います。社会派小説はあまり読んだことが無いのですが、ドラマはよく見ます。結構好きです。今度読んでみます。

お礼日時:2006/09/08 21:55

ミステリーでは、恩田陸がおすすめです。

落ちはいまいちな時がありますが、物語を語るときの饒舌さ、物語に読者をいれこませる上手さは一流です。
・「六番目の小夜子」(新潮文庫)デビュー作です。高校生が主人公、不思議な転校生、小夜子は最初こそ怪しかったが、みんなに溶け込んでいった。しかし……という話。青春ものが好きならおすすめです。
・「三月は深き紅の淵を」(講談社文庫)本好きにはたまらない、幻の本をめぐる四篇の物語が入っています。こちらの方が「ミステリ」らしいかもしれません。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
恩田陸好きです!!「常野物語」シリーズが特に好きです!縁が無かったのか、何故かデビュー作が未読のまま今に至ってます。これを機会に読もうと思います。ありがとうございます!

補足日時:2006/09/08 20:56
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すみません!
お礼と回答の欄を間違えました。m(。_。;))m

お礼日時:2006/09/10 20:34

日本文学やドイツ文学も読まれているのですね。

^^

それならば、若き森鴎外が、ドイツを舞台に活躍する
『伯林 一八八八年』はいかかでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
森鴎外がこの手の小説を書いているのを、初めて知りました!面白そうです、ありがとうございます。文豪を羨んでも詮無いのですが、多才で羨ましい限り。

お礼日時:2006/09/08 20:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q警察官が犯人の誘拐事件の小説を探しています

以前読んだ本なのですがタイトルが思い出せません。

ある町で連続誘拐事件が起こります。小さな女の子ばかりが誘拐され、殺害されてしまいます。
内容は警察官側の視点と犯人側の視点で交互に描かれます。
犯人は昔自分の娘を誘拐されて殺された過去があります。犯人は別の女の子を身代わりにして自分の娘を蘇らせる儀式のために誘拐をしています。
読んでいる時は警察官の視点と犯人の視点は同じ時系列のように見えますが、実は犯人は捜査をしていた警察官で、犯人側の視点は警察官の視点の一年後、最初の事件の被害者は警察官の娘で、事件は未解決です。

ラストシーンで犯人が捜査していた警察官だとわかるのですが、何とも哀しいラストだったのが印象的でした。
もう一度読みたいのでわかったら教えてください。

Aベストアンサー

多分、貫井徳郎「慟哭」だと思います。

Q「完全犯罪を考えるのは犯罪者とミステリー小説の小説家だけだ」ミステリー小説で感心した完全犯罪の粗

「完全犯罪を考えるのは犯罪者とミステリー小説の小説家だけだ」

ミステリー小説で感心した完全犯罪の粗筋を教えてください。

本のタイトルを覚えてなくても良いです。

どういう完全犯罪で感動したのか教えてください。

Aベストアンサー

天藤真さんの「大誘拐」ですね。
どの完全犯罪話も最後は犯人が捕まりますが
この話では100億円を奪っておきながら犯人は捕まりません。
まさに「完全犯罪」。

Q霊能捜査官アリソン・デュボアで質問があります。

霊能捜査官アリソン・デュボアの 軍人のアリソンの弟が戻って来るエピソードで質問があります。

どうも、弟も同じ能力(予知能力)を持っていて、彼の能力のおかげで、 弟の隊は、危機から逃れることができたのですが、ある日、自分たちの 隊が全滅してしまう夢をみます。と、現実に、その場所に行く命令がくだり、 弟の戦友が軍曹に日をずらしましょうと談判するのですが、軍曹は 頑として承諾せず、とうとう、その友人が軍曹を殺してしまいます。
その軍曹は、自殺したことにして、二人は無事に本国に戻り、LAでサーフショップを始めようと約束し、LAに向かう途中、アリソンの家に寄ります。

弟は、そういう能力があることをひた隠しにしているのですが、 毎晩のように、その軍曹が弟の枕元に現れては怒鳴り散らすので、 アリソンにもバレてしまい、アリソンは弟に真実を語らないかぎり、 軍曹は出続けるし、正しいことをしろと説得します。
で、彼は親友を裏切って軍曹のお葬式で、真実を語ることにします。

そこから先は、場面が変わって、晴れ晴れとした表情の弟が、 LAに行くバスに乗り込みます。 で、このラストシーンが謎なのですが、バスが出発し、窓の外を見ると、 その親友が軍服姿でにこやかに弟に敬礼しているのです。弟も敬礼をし返して そのまま去っていきます。

この軍服姿の友人は、死んでるってことなんでしょうか? 生きていたら、つかまって軍法会議にかけられるわけで、 バスターミナルになんかいられるわけないし…
それとも、弟は真実を語らなかったのか、でも、それでは何も解決しないし…
そこのところが、はっきりしないので、気になっています。

長くなってすみません。もし、わかる方がいたら教えてください。

霊能捜査官アリソン・デュボアの 軍人のアリソンの弟が戻って来るエピソードで質問があります。

どうも、弟も同じ能力(予知能力)を持っていて、彼の能力のおかげで、 弟の隊は、危機から逃れることができたのですが、ある日、自分たちの 隊が全滅してしまう夢をみます。と、現実に、その場所に行く命令がくだり、 弟の戦友が軍曹に日をずらしましょうと談判するのですが、軍曹は 頑として承諾せず、とうとう、その友人が軍曹を殺してしまいます。
その軍曹は、自殺したことにして、二人は無事に本国に戻り...続きを読む

Aベストアンサー

『バスが出発し、窓の外を見ると、 その親友が軍服姿でにこやかに弟に敬礼』
↑この、にこやかに敬礼していた軍服姿の人は、
親友ではなく軍曹だったのではないでしょうか?

アリソンが言った通り、弟が真実を語ったことによって
軍曹の無念の気持ちがやわらぎ、笑顔で出てきてくれた、
と考えると筋が通ると思います。

Qオススメの小説教えてください。活字を嫌い本を読まなかったわたしですが最近になってハマってしま

オススメの小説教えてください。


活字を嫌い本を読まなかったわたしですが
最近になってハマってしまいました。

初心者向けオススメの本を調べ
何冊か読みましたが
皆さんのオススメも教えてください!!

ジャンルは問いませんが
あまりファンタジー過ぎるのは好みません

よろしくお願い致します!!

Aベストアンサー

夏目漱石の三四郎はいいかがでしょう。

Q【素人小説の為】自衛官の階級、年齢、活動の違和感の無い組み合わせについて

 自力では、Web検索や書籍から調べることが出来なかった為、質問させて頂きます。

 現在素人のブログ小説で、市街地で破壊活動を行うSF的に強力なテロリストに対し、自衛隊内でそれに対抗する10名~20名程度の隊が組織されていると言う描写を行おうとしています。

 そこで、その隊を現場で指揮する人物を登場させたいのですが、それを四十代男性と設定することはおかしくないでしょうか?20代前半の主人公に対する良き理解者と言う位置付けとしたい為です。

 また、その場合、その人物の階級はどれ程でしょうか?1等陸尉や3等陸佐と考えたのですが、これは妥当でしょうか?

 これらの疑問を解消して下さるご回答、或いは参考となるWebサイトなどのご紹介を頂きたく、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

このスレッドにふさわしくない「アドバイス」ですが・・・

 ある程度の枠を踏まえた上で「おかしくないんだ」というホラを吹き通すというのが創作だと思います。
#「19歳の統幕議長」とかが居ても、辻褄さえなんとか合っていれば、または少なくとも合わせる気があるなら「ああ、そういうファンタジー世界なんだな」と諒解します。

 例えば、警察の話になりますが大沢在昌の新宿鮫。あの歳であの経歴の人間があの階級、というのは現実には有り得るわけがありませんが、それでもこちらが納得できるだけの『ホラ』が用意されているわけです。

 お示ししたサイト等に示されているのは最速・最遅のモデルケースであって、その中間を指すあたりならばそれなりの妥当性を付けることはできるでしょうし、多少の無茶も承知ならば、防大・一般幹候出という設定も新宿鮫同様、なくはありません。別に総て表に出さなくても良いわけで。
#いま作ってくれ、と言われりゃやらなくもないですが、それは支援者たるの領分を越える

 また、習作であるとお見受けしますので、発表によるツッコミでさらにブラッシュアップしてしまうと言うこともアリだと思います。

このスレッドにふさわしくない「アドバイス」ですが・・・

 ある程度の枠を踏まえた上で「おかしくないんだ」というホラを吹き通すというのが創作だと思います。
#「19歳の統幕議長」とかが居ても、辻褄さえなんとか合っていれば、または少なくとも合わせる気があるなら「ああ、そういうファンタジー世界なんだな」と諒解します。

 例えば、警察の話になりますが大沢在昌の新宿鮫。あの歳であの経歴の人間があの階級、というのは現実には有り得るわけがありませんが、それでもこちらが納得できるだけ...続きを読む

Q小説のことです! 主人公は学生、論理的な思考でミステリー系の小説を探してます! オススメあったら教

小説のことです!

主人公は学生、論理的な思考でミステリー系の小説を探してます!
オススメあったら教えてください_(._.)_

Aベストアンサー

綾辻行人さんのミステリー読んだ事はありますか?
館シリーズを是非とも読んでいただきたい!
おすすめです!

Q他の職種から警察官にはなれますか??

小説を書こうと思っています。
小説を書くにあたって疑問が出てきたので質問させていただきます。
警察官の採用はだいたいの県が29歳までというのを見たのですが、東京都などで30歳を過ぎて警察官に転職するのは無理ですか??
転職する前にやっている職種は何でもいいんです。不動産屋でも、裁判官などでも…

ダウンタウンの浜ちゃんがやっているドラマは仕事を転々として44歳で新人検事になる話ですよね??
警察官になるのと検事は違うのでしょうか??

くだらない質問かもしれませんが本当に困っていますのでよろしくお願いいたします。。。

Aベストアンサー

・警察官になるのと検事は違うのでしょうか??

検事は、司法試験合格して司法研修所の検事講習終了すれば、何歳でも法務省が
検事に採用してくれる

警察は、年齢(生年月日)、対象学歴職歴指定した採用試験を行う

転職なら、専門分野の実績あれば30歳過ぎでも可。普通の警官採用試験ではなく、
どこの、道府県警察警視庁でも、いきなり部長刑事・警部補になる
特別捜査官がいる。
警視庁だと「財務捜査官」・「科学捜査官」・「コンピュータ犯罪捜査官」・「国際犯罪捜査官」の4種別がある。

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/saiyou/keisatsu/tokubetu.htm

Qオススメのミステリー小説について。

閲覧ありがとうございます。
最近、ミステリー小説を読むようになりました。
そこで日頃ミステリー小説を愛読していらっしゃる諸先輩方にオススメの小説をお聞ききしたく、質問しました。

 ↓読了済みの小説↓
・十角館の殺人<新装改訂版>
「例の一行」を読んだ瞬間、衝撃とニヤニヤが止まりませんでした(笑)ミステリー小説に興味を持つキッカケになった1冊。

・緋色の囁き
ホラー色の強い作品でしたが、とても面白かったです。似たような作品をもっと見てみたいです。

・暗闇の囁き
現在読んでいる途中です。

・イニシエーションラブ
私的には面白いと思いませんでした。仕掛けも理解しましたが、衝撃はありませんでした。

・クリスマスのフロスト
面白かったです。ただ、終わり方はあまり好きではありませんでした。(続編を読めって事かな・・・)

 ↓これから購入予定の小説↓

・館シリーズ

・囁きシリーズ

・厭魅の如き憑くもの&首無の如き憑くもの

・七回死んだ男

・私が殺した少女

・倒錯のロンド

・そして誰もいなくなった

・隻眼の少女

・葉桜の季節に君を想うということ

・向日葵の咲かない夏

・殺戮にいたる病

・斜め屋敷の犯罪

以上、回答の際の参考にしていただければ幸いです。
宜しくお願いします<m(__)m>

閲覧ありがとうございます。
最近、ミステリー小説を読むようになりました。
そこで日頃ミステリー小説を愛読していらっしゃる諸先輩方にオススメの小説をお聞ききしたく、質問しました。

 ↓読了済みの小説↓
・十角館の殺人<新装改訂版>
「例の一行」を読んだ瞬間、衝撃とニヤニヤが止まりませんでした(笑)ミステリー小説に興味を持つキッカケになった1冊。

・緋色の囁き
ホラー色の強い作品でしたが、とても面白かったです。似たような作品をもっと見てみたいです。

・暗闇の囁き
現在読んで...続きを読む

Aベストアンサー

「占星術殺人事件」著者:島田荘司
島田荘司さんはミステリーの大御所であり、御手洗潔という探偵が登場する小説で知られています。そして、この占星術殺人事件は御手洗潔のデビュー作です。最初がちょっと読むのに面倒臭いシーンですが、面白いです。……と、そういえば質問者さんが読まれる予定の「斜め屋敷の犯罪」は、この御手洗潔シリーズの続編ですね。私も全巻は読んでいませんが、シリーズ計28作のようです。
物語は……、とある画家が殺された後に、その娘達が行方不明になり、まもなく日本各地で体の一部を切り取られて発見された事件があったが、迷宮入りした。そして長い年月が経ち、話を聞いた御手洗潔は……、というものです。

「姑獲鳥の夏」著者:京極夏彦
妖怪ミステリーとして有名な百鬼夜行シリーズ(京極堂シリーズとも呼ばれる)の第一巻です。妖怪に関する話題などで尋常でないページ数になりますが、それによりオドロオドロしい雰囲気が出ています。また個性豊かなキャラが多いことから若い人にも人気が高めです。シリーズ計9作(長編のみ)です。まぁ、ページ数が異常なので実質30冊分くらいになると思いますが。
物語は……、主人公の関口巽が、とある医院の娘が二十ヶ月も妊娠したままだという奇怪な噂を、友人の古本屋にして陰陽師・京極堂に話して……、と広がっていきます。

「すべてがFになる」著者:森博嗣
理系ミステリーと呼ばれる森博嗣さんのデビュー作にして、ここから始まるS&Mシリーズの第一作です。つい最近、ドラマ化がされて(ファンには不評でした)、そのうちアニメ化もすると発表されている人気作です。シリーズの作品数は10作ですが、同じ世界観を共有するVシリーズ、Gシリーズ、Xシリーズなどを含めると30作以上です。
物語は……、離島の研究施設で隔離されていた天才・真賀田四季が密室で殺されて……、というものです。


……と、とりあえず私が好きな三シリーズの、それぞれ第一巻です。
私も大量にミステリーを読んでいるわけでもないので、人気で有名なものくらいしかオススメできませんが……。

本格ミステリーではなく、日常の謎というタイプのミステリーでしたら……
ドラマ化もされた「ビブリア古書堂の事件手帖」「謎解きはディナーのあとで」、また「掟上今日子の備忘録」など。
まぁ、こちらは十角館のように大きな驚きを期待することはできませんが、キャラを楽しむ方向性で。


他に、私が知る有名なミステリーを書く作家としては……
(一部、名前だけしか知らない人もいるので、細かい紹介はできなかったりします。すみません)
・東野圭吾‎……「ガリレオ」など多くの作品が映像化して、有名ですね
・宮部みゆき‎……東野圭吾と並ぶほど実写化がされていますね
・我孫子武丸……島田荘司が名付け親です。
・西尾維新……基本的にライトノベルを書く人で、上で紹介した「掟上今日子」もこの人です
・清涼院流水……この人はミステリー作家とは言えないかも。いや、言えないと断言した方が……。
・乙一……ライトノベルみたいな文体をする人のようです。
・桜庭一樹……直木賞を受賞されています。
・北村薫……こちらも直木賞を受賞。
・赤川次郎……「三毛猫ホームズ」など、ド定番ですね。
・江戸川乱歩……昔の人ですが、明智小五郎は面白いですよ。
・舞城王太郎……デビュー作「土か煙か食い物か」は、内容は忘れちゃったのですが面白かったです。
・有栖川有栖……名前だけ知っているだけです。すみません。
……こんなものでしょうか。


ちなみに「このミステリーがすごい!」というガイドブックはご存知でしょうか?
投票形式で、すごいミステリーのベスト10を毎年決めています。
この下はWikipediaですが、歴代のベスト10が載っています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%93%E3%81%AE%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%81%8C%E3%81%99%E3%81%94%E3%81%84!
こちらも是非参考にしてください。
……って、最初にこれを紹介すべきでしたかねぇ。

「占星術殺人事件」著者:島田荘司
島田荘司さんはミステリーの大御所であり、御手洗潔という探偵が登場する小説で知られています。そして、この占星術殺人事件は御手洗潔のデビュー作です。最初がちょっと読むのに面倒臭いシーンですが、面白いです。……と、そういえば質問者さんが読まれる予定の「斜め屋敷の犯罪」は、この御手洗潔シリーズの続編ですね。私も全巻は読んでいませんが、シリーズ計28作のようです。
物語は……、とある画家が殺された後に、その娘達が行方不明になり、まもなく日本各地で体の一部...続きを読む

Q「能」を観にいきたいのですが・・

「能」が舞台となった小説を読み、少し興味が湧いてきました。
せっかくの良い機会ですし、思い切って本物を観にいってみようと
思ったのですが、今まで一度もチケットを取った事がないので、
どの演目(?)を取ったら良いのかもわかりません。
(小説で出てきたのは「道成寺」「二人静」「紅葉狩」等でした。)

本当に何も知らないので、演目のお薦めや、席の選び方、
チケットセンター等、色々アドバイスをお願いします。m(__)m

Aベストアンサー

 はじめまして。
道成寺、これは私も見てみたい演目の一つです。終盤になって清姫めがけて頭上から落とされる鐘は80キロほどあると聞いたことがありますので、命がけですよね。日々、精進努力して得た技術がないと出来ない演目だと言われています。

 あと、私がけっこう好きなものは(小町もの)と言われる小野小町を取り扱った演目です。代表的なものでは卒塔婆小町でしょうか。。。
 前半の静けさとは比べ物にならないほどの後半のはげしさ。見ていても分かりやすく楽しめる演目だと思います。

 チケットは。。。
すみません。近所に能楽堂があるのでいつもそこで購入しています。皆さんはどのような方法で購入してらっしゃるのでしょう???

 席はなんと言っても正面が一番良いと思います。高額になりますけれど(笑)たとえば能舞台で御覧になる時には席によって舞台の柱が視界の邪魔になることもありますので、予め舞台の見取り図を入手されると良いかもしれません。
 また普通のホールで御覧になる場合、観客席と舞台が近いために視点が見上げる状態になるホールもあり、あまりにも前の席を取るとと足さばき(←って言うのかなぁ)が見えなかったりします。

 私もそんなに詳しい訳ではなく、ここ数年興味を持って能楽堂に通うようになりましたので参考になりますかどうか。。。
 いちおう、能について関連用語や演目の簡単な説明があるURLを載せておきますね。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/HanaYugen/DictionaryRoom0.html

 はじめまして。
道成寺、これは私も見てみたい演目の一つです。終盤になって清姫めがけて頭上から落とされる鐘は80キロほどあると聞いたことがありますので、命がけですよね。日々、精進努力して得た技術がないと出来ない演目だと言われています。

 あと、私がけっこう好きなものは(小町もの)と言われる小野小町を取り扱った演目です。代表的なものでは卒塔婆小町でしょうか。。。
 前半の静けさとは比べ物にならないほどの後半のはげしさ。見ていても分かりやすく楽しめる演目だと思います。

 チ...続きを読む

Qミステリー小説のオススメをお願いします!!

ミステリー(サスペンス?)小説を読みたいと思ってます!

ミステリーのカテゴライズがわかりません。
呼んで好きだった作品は、ベタベタですが、、
東野圭吾
「容疑者Xの献身」「レイクサイド」
ダン・ブラウン
「ダヴィンチ・コード」「天使と悪魔」「デセプション・ポイント」
朔 立木
「死亡推定時刻」
雫井脩介
「犯人に告ぐ」
ストーリー展開にリズムがあって、
ドラマティックな演出が好みなのかもしれません。
逆に、
貴志祐介
「ガラスのハンマー」
は少しまどろっこしく感じたのと、
展開のリズムに欠けるように感じてしまいました。
あと、いわゆる「○○殺人事件」というものには、
あまり魅力を感じません。
ただの読まず嫌いと、偏見だと思いますが。。
あとホラーチックなのもあまり魅力を感じません。

こんな私にオススメの小説を教えて下さい!!

Aベストアンサー

ジェフリー・ディーバーの「魔術師」。
車椅子の元鑑識官リンカーン・ライムが登場するシリーズですが、
一作目の「ボーン・コレクター」はデンゼル・ワシントンの
主演で映画化もされています。
本作は、魔術師を名乗る犯人(手品師)を追いつめていく
知能戦が見所です。
もちろん、「ボーン・コレクター」もお薦め。

ミッチェル・スミスの「エリークラインの収穫」。
こちらは女性刑事が主人公の息詰まるアクションサスペンス。
スミスの人物造形は、リアルで魅力的です。
女性刑事を主人公にすえた作品としては、私はこれか、
「羊たちの沈黙」が最高だ、と思っています。

日本人ですと、横山秀夫でしょうか。
「半落ち」、「第三の時効」あたりは名作です。

奥田英郎の「最悪」や桐野夏生の「OUT」あたりは
熱量もあり、非常に濃厚な名作なのですが、ご質問者の
好みからすると、ドロドロ感が強すぎるでしょうか……。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報