宇宙に関する本を読むと、宇宙のはては宇宙の過去の姿を見ている。と書いてありました。ということはあの星星の中に天の川銀河、もしくはまだ銀河になる前の姿が見えているのでしょうか?
相対性理論の本を読んでみたらなぞは深まるばかりです。どなたか小学生並の知識しかない私にわかりやすーく教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 


  あまり難しい話でない場合、宇宙では、「光」が一番速度が速く、光は、一秒に30万キロメートル進みます。地球を七回半分の距離進みます。
 
  ある場所から光が出発すると、長い距離だと、その距離を通過するあいだに時間がかかります。例えば、「光年」という長さの単位があります。これは、光が一年に進む距離で、一秒で30万キロメートルですから、もの凄く長い距離だということになります。空に見える星だと、南半球からは見える、ケンタウルス座のアルファ星という、太陽とよく似た大きさの星が、大体4光年と少しの距離にあります。南半球で見える、アルファ・ケンタウリ星は、「光」で見ています。また、いま見えている光は、4年と少し前に、アルファ・ケンタウリ星を出発した光ですから、いま見えているアルファ・ケンタウリ星は、4年と少し前の過去の姿です。
 
  2年ぐらい前、宇宙人が、アルファ・ケンタウリ星を破壊して(どうやって破壊するのか知りませんが)、もうアルファ・ケンタウリという星がなくなっているとすると、あと2年と少したつと、宇宙人が破壊した時の様子や、その後の光がなくなって消えた様子などが、地球からも見えます。
 
  普通、夜空の星を見て、見えている星は、大体数百光年から、千光年以内の距離にある星です。これらの星はだから、数百年前の姿を見ていることになります。
 
  肉眼で見える星は、これぐらいの距離の星です。ただし、「天の川」と呼ばれる銀河の白いベルトは、あれは「私たちの銀河系」の円盤面を内側から見ているので、一番遠い所だと、10数万光年ぐらい向こうにあります。銀河系の直径は、大体、10万光年ぐらいで、「天の川」はたくさんの星から出来ていますが、遠い星の場合、10万年過去の姿を見ていることになります。
 
  南半球からは見えるのですが、大小のマゼラン星雲と呼ばれるものがあります。これは、銀河系の外にあるが、すぐ近くにある、小型の星雲で、大体、15万光年ぐらいの距離の所にあります。マゼラン星雲は、15万年ぐらい前の姿です。
 
  銀河系から大体200万光年ほど離れたところに、私たちの銀河系と同じぐらいの規模で、よく似た形の「アンドロメダ星雲」があります。これは、肉眼で実は見るのですが、都市の汚れた空気では見えないと思います。非常によく見えたとしても、遠くにあるので、ぼんやりした光の領域にしか見えません。しかし、アンドロメダ星雲が、現在の100倍の明るさがあると、その大きさに驚くでしょう。大体、端から端までで、20万光年ありますから、200万光年先の20万光年の長さの星雲ということは、1メートル向こうの10cmの大きさの細長い円盤だということです。(それだけの大きさがあるのですが、遠いので、暗くて、はっきり見えないのです)。
 
  このアンドロメダ星雲は、大体200万年前の姿です。いま見えるアンドロメダ星雲の光は、200万年前に、アンドロメダ星雲から出てきたものです。地球だと、200万前というと、アフリカで、猿みたいな原人が空を見上げていた頃に、アンドロメダから出発した光が、いま見えているのです。
 
  星雲は、何億光年という距離の彼方に、一杯あります。1億光年彼方の星雲を望遠鏡で見ることができますが、いま見える星雲の姿は、地球だと、恐竜が、至る所にいて、空を見上げて、ぼけっとしていた頃に、星雲から出た光を地球で見ていることになります。
 
  何億光年向こうの星雲ということになると、不思議なことに、地球や太陽系や私たちの銀河系から、遠ざかっているような運動をしています。四方八方の星雲を見ると、みんな私たちの銀河系から離れて行っています。100億光年ぐらい先までの銀河がかろうじて見えますが、こんなに遠いと、光に近い速度で、私たちの銀河から遠ざかって行っています。
 
  私たちの銀河が宇宙の真ん中にあって、そこから、すべての銀河が離れて行っているのかというと、どうもそんな偶然はないように思えるので、これは、「宇宙が膨張」しているのだろうということになっています。
 
  100億光年も向こうの銀河は、100億年前の姿です。それは、宇宙ができた頃の姿だということになります。空には、クエーサーという、もの凄く遠いところにあるのに、もの凄いエネルギーが地球でも受け取ることのできる天体があります。あまりにエネルギーが大きいので、クエーサーは、何十億光年とか彼方にあるはずなのですが、そんな遠くにあって、こんな凄いエネルギーだと、クエーサーは、爆発しているどころか、爆発以上に何か凄いことが起こっていなければならないはずなので、クエーサーは、そんな遠くにないという考えもあったのですが、現在は、やはりクエーサーは、何十億光年、100億光年の彼方にあり、もの凄いエネルギーを出しているということで納得されています。
 
  つまり、宇宙が出来た頃は、こういうもの凄いエネルギーを出す、星雲のようなものがあったということが分かります。
 
  もっと遠くの星雲などを見ると、宇宙ができた頃の姿が見えるのではないかと思えますが、これは、現代の天文学でも、見えるか見えないか、「見えない」だろうということになっています。
 
  宇宙の何十億光年彼方を、望遠鏡で見ていると、何十億年も前の宇宙の姿を見ていることになるのです。莫大なエネルギーを出しているように見えるクエーサーは、いまは、もうそんなエネルギーを出していないでしょうし、クエーサーなどは、もう何十億年も前になくなっているのかも知れません。また、望遠鏡で見える星雲も、大分前に、何かの理由で、ばらならになって、いまはもうないのかも知れません。
 
  望遠鏡で、何十億光年という遠くを見ると、そこは、何十億年も前の世界が見えていて、「遙かな大昔の過去」ばかり遠くに見えているということです。
 
  (何十億光年とかいう話でなく、例えば、コロンブスがアメリカ大陸に最初に訪れた時の様子などは、500光年ほど先の星で、宇宙人が超高性能望遠鏡で、地球を観察していると、いま頃、その様子が見えているはずなのです。太平洋戦争の時の、戦艦大和の沈没なども、60光年ほど先に宇宙人がいて、地球を観察していると、いま見えているでしょう)。
  
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても丁寧な回答どうもありがとうございました。なんか、あらためて感動です。宇宙人が反対に地球を観察してたら・・なんて考えたこともありませんでした。
そんな風に考えると、私たちにとって過去のことでも今存在してるんですよねー。私が生まれた頃の分だけ離れたところでその星から地球を今、この同じ時間にみてたとしたらそこには生まれたての自分がいる、そうゆうことですね。
本当に、宇宙の大きさには驚かされます。時間の概念はわかりませんが、そんな風に考えると、もうあえなくなってしまった人たちと同じ時を生きてるような気がして心が温かくなります。

お礼日時:2002/03/22 10:06

質問文でおっしゃっている「天の川銀河」とは、私たちの星が現在属している銀河のことを指していらっしゃるのでしょうか?



そうでなければ、銀河(=星雲)の生まれる前の姿など、いたるところで見ることができますよね。

なるほど、ビッグバンが起こったと言われる時がわかれば、それよりも遠い(昔の)電波を捕らえたとき、それは現在の宇宙が生まれる以前の「何か」をつかんだことになります。

でも、相対性理論もあることですし、ことはそう単純ではない。しかも、ちょっと前まで、ビッグバン以前に宇宙は存在せず、ビッグバン以降、宇宙は膨張をしつづけているという説しか聞いたことがなかったのに、最近では、「宇宙は、膨張と収縮を繰り返している」と言われておりますし。

ちなみに、わたしたちが現実に生きているこの太陽系と、ここの銀河の過去の姿(できる前の姿)は、とりあえずは観測はできない、と考えておきましょう。私がこのサイトで尊敬している、あるお方ならば、もう少し詳しく調べてここでお答えになるかもしれません。(天文学のカテゴリーでよくお答えになってみえるお方です。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。一応天の川銀河とは、地球をふくむ銀河系のことです。(天の川銀河と呼ぶと本にかいてありましたので・・)不思議でいっぱいですよね。マクロを理解するにはミクロを理解しなければならないとか。月の写真よりなかめる月がうつくしいのと同じですかね。過去を自分の時間の概念で考えているからややっこしくなってしまうのでしょうか?ともあれお返事ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/21 21:57

光の速度というのは、結構おそいんです。


例えば、光が太陽から出発して私たちの目に入ってくるまで約8分かかりますし、月からは約1秒かかります。
したがいまして、今見える太陽は約8分前の太陽で、今見える月は約1秒前の月なのです。さらに太陽や月よりもっと遠くの天体になると、もっとすごいことになるんですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。時間=光になるんですよね。浦島太郎なら過去を見ることができたのでしょうかね?ほんとにすごいんですね。

お礼日時:2002/03/21 22:02

よく星々までの距離を表す単位として「光年」が使われますね。


あれがまさしく、今わたしたちが見ている星の「古さ」を同時にあらわしています。
たとえば100万光年彼方の銀河なら、それは100万年昔の姿を見ているわけです。
天体望遠鏡の観測距離が伸びることは、それだけ深い過去を探れるようになることと同じです。
いわば、地層を掘り下げてどんどん過去にさかのぼっていくようなものですね。

さて、宇宙の創生は100数十億年前といわれていますが、とうぜん宇宙ができてすぐは星もなく、銀河もない時代がありました。
最初の恒星は宇宙誕生から10億年近く、最初の銀河はほぼ10億年ちょうどくらい経ってから生まれたと考えられています。
最初の世代の星々は、今の星たちより青みが強く(つまり温度が高く)、短命ではげしい一生を送っただろうと、最新の研究は伝えています。
ただ、宇宙が膨張しているために、それら先祖の星たちから届く光は引き伸ばされて、弱くかすかな光となって地球に届いているわけですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。なるほど!地層と考えるととても解りやすいですね。細かく考えると謎は残りますがそうだからそうなんだと考えれば(円周率が3.14と習ったとき先生にそういわれました)すっきりします。宇宙については解らないことだらけなので、また質問したときはよろしくお願いします。

お礼日時:2002/03/21 22:28

私は専門家でもなんでもないので、聞きかじりした知識でのみお答えします。


光の速さは○光年なんていいますよね。
1光年であれば、光の速さで1年かかって到達する距離です。
アインシュタインの相対性理論はその辺の学問をまとめたすばらしい理論ということですが、私は読んだことがない。しかし、その内容は光の速度を超えることは理論的に不可能でそれを仮に超えるということは時間が逆転しちゃうってことらしい(たぶん)。つまり過去にさかのぼっちゃうんですね。
だから、太陽なんかの光は、賢い人が計算して、地球に届くまで8分ちょっとかかるらしいのですが、それはつまり8分ちょっと前にぴかっとひかった
やつなんですよ。ということは8分ちょっと前の光景をわれわれはみているって訳で、いうなればそれはわれわれが思うところの8分ちょっと前の過去を見ているわけですね。
で、mamaru3さんの質問の内容ですけど、概ねそのとおりかもしれませんね。
宇宙はなぞだらけですわなあ(感慨)
自信ないなあ(だったら回答すんな!-自問)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々のお返事ありがとうございました。londonさんは楽しい方ですね。本当に宇宙はなぞなぞですね。ますます宇宙が好きになりました。

お礼日時:2002/03/21 22:20

宇宙のはてを見ているということは、「光」が届いてきたから見えるのです。

光の速さは1秒当たり30万キロメートルという有限の速さです。ですから、遠くを見ていることは過去を見ていることになります。銀河から、光が届くのには、何千年もかかるので、今見えている天の川は、何千年かまえの姿です。ですから、何千年かまえには、もう銀河になっていました。しかし、今どうなっているかは、あとまた何千年かたたないとわからないわけです。今天の川自体がどうなっているのか、知る由もありません。
「光の速さが有限であること」これが、過去をみていることにつながります。
これが簡単な回答です。相対性理論など難しいことを考えてもよいですが、考えなくても基本的なことは理解できます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qあの... 夏休みの宿題で過去の天気を調べなければならなくなりました。 過去の天気図は見つかったので

あの...
夏休みの宿題で過去の天気を調べなければならなくなりました。
過去の天気図は見つかったのですが、過去の天気についての解説が見つかりません。どなたか調べ方を教えて下さいませんか?
ちなみに天気は8月23日、24日、25日の天気です。
提出日近いので早めの回答をお願いします。

Aベストアンサー

23 晴れ

24 晴れのち曇り

25 大雨 
(適当です。)

宿題ごときてきとうにやっとけばいいんだよ。 別にそれが将来役立つわけじゃないんだから。
学校はただ経験が手に入るだけで後は何も手に入らない。

Q良い宇宙物理学の本をさがしてます。星の構造、星の進化とか銀河の形成、進

良い宇宙物理学の本をさがしてます。星の構造、星の進化とか銀河の形成、進化などの具体的な計算過程が載っており、一応宇宙物理を網羅できるようなものがいいです。レベル的には学部3,4年あるいは大学院レベルのものを探しています。洋書でもいいです。何かいい本はないですか?欲張りすぎですべて満たすのが無いかもしれませんがどれかの条件に少しでもかぶっていたら、教えてほしいです。

Aベストアンサー

古書の扱いになってしまいますが・・・、

第11巻 「宇宙物理学」 岩波講座 現代物理学の基礎(第二版)(1978)

・・・辺りは如何でしょうか・・!?

参考URL:http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/01/5/010081+.html

Q過去のお天気

過去5年間くらいの名古屋のお天気が知りたいのですが、サイトで探してもそういうものを教えてくれるものがありません。名古屋地方気象台のホームページにも行ってみましたが、過去のものは出ていませんでした。統計学上というか、過去のお天気から今後の天気の予報をしたく思っています。確率の問題に関係してくるのであれば、過去10年間の天気を調べたほうが良いのでしょうか。くだらないことですが、新券です。どなたか、教えてください。

Aベストアンサー

補足です。

Take_chanさんも書かれている気象年鑑には,全国主要都市の過去10年間の天気が一覧表になって載っています。
もし過去30年分調べたいのでしたら最新号と,その10年前と,さらに10年前の号を見ればわかりますね。
手元にあるのは1980年版以降ですが,少なくともその数年前の号にすでにこのコーナーが
ありましたので,30年分以上はデータが集まると思います。(ただし,この欄に出ているのは,
快晴・晴れ・曇・雨・大雨・雪程度の大雑把な分類です。風や気温などは前年の分しか
ありませんので,もしそのレベルまで必要なら毎年の号を見ることになります。)

インターネット上のサイトには,会員制(有料)ですがIBCWEBもあります。(URLは下記)
いまみてみたところ,1961年1月1日以降の毎日の,平均気圧,平均気温,最高気温,
最低気温,平均湿度,平均風速,日照時間,全天日射量,日降水量が掲載されています。
天気はありません。

CD-ROMでしたら,気象業務支援センターというところから,「地上気象観測時日別編集データ」
というものが出ています。「日本の気象台や測候所で観測している資料が1990年までは3時間毎に、1
991年からは1時間毎に収録」してあり,1961年~1970年,1971年~1990年,1991年~1996年の
3枚に分かれています(別売り可,1枚2600円)。詳しくは
http://www.jmbsc.or.jp/offline/cd0050.htm
を参照。(トップのhttp://www.jmbsc.or.jp/から「オフラインデータ頒布」に
入ると分かりやすいと思います。)

参考URL:http://com.ibcweb.co.jp/

補足です。

Take_chanさんも書かれている気象年鑑には,全国主要都市の過去10年間の天気が一覧表になって載っています。
もし過去30年分調べたいのでしたら最新号と,その10年前と,さらに10年前の号を見ればわかりますね。
手元にあるのは1980年版以降ですが,少なくともその数年前の号にすでにこのコーナーが
ありましたので,30年分以上はデータが集まると思います。(ただし,この欄に出ているのは,
快晴・晴れ・曇・雨・大雨・雪程度の大雑把な分類です。風や気温などは前年の分しか
ありませんので...続きを読む

Q肉眼で見える夜空の星は、すべて銀河系内の星か、もっと遠い銀河か

プラネタリウムに行くと、必ずギリシャ神話の話があります。
あれに、イライラします。そんな作り話を聞きたいのではなくて
星の話、宇宙の話を聞きたいのに。
どこそこに落下した隕石には鉄分が他の隕石よりも多く含まれているので
散ってしまった星のかなり内部から飛んで出たもの(鉄が多い)ですとか、
コレコレの恒星の特徴は、とか。物理的なこと、天文的なことを聞きたいのに。
ギリシャの話はいらないのです。

さて、肉眼で見える夜空の星は、たいていは、我々の天の川銀河系でしょうか
アンドロメダでしょうか

Aベストアンサー

銀河系の外にあって肉眼で見えるのは (超新星を除くと) アンドロメダ銀河, さんかく座銀河と大小マゼラン雲くらいのはず. いずれも星として分離することはできないだろうね.

Q過去の天気についてのHPを探しています

学校の宿題で天気の欄を書くのに、すっかり忘れていました。

過去を調べようとしても予報はあるのですが過去のものが見当たりません。

過去の天気を見られるHPを教えてください。

Aベストアンサー

結構テキトーなんですけど、今回は「過去の天気」と入れました。
ヤフーで検索したので、ヤフーが一番最初にヒットしたみたいです。

宿題頑張ってくださいね(^^)/

Q地球の外は太陽系、太陽系の外は銀河系、銀河系の外は宇宙、宇宙の外は何で

地球の外は太陽系、太陽系の外は銀河系、銀河系の外は宇宙、宇宙の外は何でしょう?
僕は’宇宙の宇宙’=’時空’だと思います。
皆さんのご意見が聞きたいです。

Aベストアンサー

こんにちは。

>>>地球の外は太陽系、太陽系の外は銀河系、銀河系の外は宇宙

違います。
「地球は太陽系に属し、太陽系は銀河系に属し、銀河系は局部銀河群という超銀河団に属し、局部銀河群はおとめ座超銀河団に属する」
です。

>>>宇宙の外は何でしょう?

我々の宇宙の外ということは、すなわち、我々の宇宙との関係(因果律)が切れているということです。
我々の宇宙が誕生したとき、同時に無数のほかの宇宙も誕生したというのが、最有力の説です。

こちらは宇宙物理学の権威・佐藤先生(東大)の講演資料です。
http://www.icepp.s.u-tokyo.ac.jp/docs/kouen_satou.pdf
(12、13枚目のスライドを参照)

Q(主に九州地区の)過去の天気が載ってるHP知りませんか?

過去の(約1ヶ月分くらい)の天気が載ってるHPをしりませんか?天気「予報」で1週間先の天気は分かっても1週間前の天気が載ってるHPってなかなかなくって・・。教えて下さい、お願いします。

Aベストアンサー

下記サイトの「お天気データベース」なら、県別の過去のお天気がわかります。夏休みの宿題の日記に役立ちそうです(笑)。

http://weather.crc.co.jp/

参考URL:http://weather.crc.co.jp/

Q天の川銀河の年齢

地球の成立が46億年前、太陽系もその頃か、少し前に出来上がったと聞きました。宇宙の年齢が139億年ということも教えて貰いました。(ビックバンが139億年前ということ)

とすると、私たちの住むこの天の川銀河そのものはいつ頃出来たのでしょうか。手元にある科学の本には何も書かれていないので、どなたか教えてください。

できれば、その数字を導き出す根拠も教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

2002年のNASAの発表によれば、天の川銀河の球状星団に存在する最古の白色矮星は120~130億歳と推定されるので、天の川銀河の年齢も同じくらいでしょう。
参考URLにも記述がありますが、白色矮星は寿命の尽きたあとのただ冷えていく恒星なので、スペクトル分析によって、最初の温度の推定や温度が下がる割合などが理論的に予測できます。
従って、年齢の推定が比較的容易です。

参考URL:http://www.astroarts.co.jp/news/2002/04/25white_dwarf/index-j.shtml

Q過去の熊本の天気が解るサイト教えて下さい

微妙にカテ違いの気もしますが
アドバイスお願いします

1月頃(2月かもしれません)に彼女と旅行に行く約束しました
彼女は流れ星を見たことがないらしく
なんとか見せてあげれればと思い
空気が綺麗な冬に旅行の約束をしました
目的が夜空なので天気が肝だったりします
過去の熊本の天気知る方法ないものでしょうか?
自分で探しましたが2~3年前の過去天気しかみつかりません

確立的ではありますが、なるべく過去天気だった日を選びたいと思いまして
質問させて頂きます

別件ですが
初めての二人旅行で注意点などありましたら合わせて質問させて下さい

よろしくお願いします

Aベストアンサー

気象庁のHPはいかがでしょうか? http://www.data.kishou.go.jp/etrn/index.html

上記ページで、
 地域:調べたい都道府県
 地点:県庁所在地など(マイナーな地名だと検索できない)
 データ:1ヶ月の毎日の値
 年月日:年月のみ指定
で検索してみてください。

検索結果に「天気概況」という欄があり、そこに毎日の天気が表示されます。
このページの欠点としては、あまりに古い年月を指定すると、天気概況が表示されないことです。

参考URL:http://www.data.kishou.go.jp/etrn/index.html

Q太陽系は天の川銀河(Milky Way Galaxy)に含まれています

太陽系は天の川銀河(Milky Way Galaxy)に含まれています。このような銀河が宇宙には約1000億個あると考えられています。そして、それらの銀河は宇宙の中でほぼ均一に分布しています。とういう問題があったのですがどうしてもわかりません。。○か×かどちらでしょうか?回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

宇宙空間のイメージはサッカーボールの表面の様なものです。

「皮と皮の継ぎ目の部分」に銀河群、銀河団が集中しています。
「皮の部分」は超空洞とよばれて銀河よりもはるかに大きな無の空間があります。

ちなみに超空洞は英語でVoid、片仮名日本語でボイドとも呼ばれます。

別の表現を借りると
銀河団の分布を石鹸泡に喩えれば、ボイドは泡の中の空洞にあたる。(Wikipedia)

いづれにしても、銀河団の所在は偏在しているようですから、質問文の「そして、、」以降の部分が×ですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報