フル・オーケストラの生楽器とコンピューターによるリズムの打ち込みが
見事に融合された壮大な曲、又は歌を探しています。ジャンルは何でも結
構です。ご存知であれば是非教えてください。よろしくお願い致します。

A 回答 (3件)

エニグマなんかどうでしょうか。

フルオ-ケストラとはちょっと違いますが、グレゴリオ聖歌風でかつリズムも強いし、なんと言っても、壮大です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

jazzdancerさんご回答ありがとうございます!
早速聞いてみるべくヤフーオークションにて「エニグマ」を
探してみましたが、結構数が多く迷ってしまったので
もしよろしければjazzdancerさんの推薦するCDを是非ご紹介ください。

http://search.auctions.yahoo.co.jp/search/auc?p= …

お礼日時:2002/03/21 22:12

はじめまして。



曲というか、アルバムなんですが、PORTISHEAD(ポーティスヘッド)の『ROSELAND NYC LIVE』というライブ・アルバムはどうでしょうか。ポーティスヘッドというとマッシヴ・アタックやトリッキーなんかと並べられるトリップ・ホップの中心にいる人達ですが、このアルバム(というかライブ)ではオーケストラをバックに小さなホールで演奏しています。曲調が暗いのであまり楽しく聴ける雰囲気ではないですが、いいアルバムですのでおすすめです。

あとは、Bjorkの『Homogenic』なんかもいいかもしれません。
    • good
    • 0

ご指名ありがとうございます。

私が持っているのでいいなぁと思うのは、「L.S.D]ですね。ベスト盤なのでかなり良い曲が入ってますよ。7曲目のReturn To Innocenceはアトランタオリンピックのテ-マ曲でした。個人的には、5曲目が好きですね。(壮大でドラマティック!)ぜひ聞いてみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 2度のご回答本当にありがとうございます!
L.S.D、手元に着次第、早速聴いてみようと思います。
しかし、質問をしてから7時間、、未だご回答してくださったのは
jazzdancerさんだけです。やっぱりそういう曲って少ないもんですか
ねぇぇ~(TーT)。

お礼日時:2002/03/22 04:34

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q冬場の電気土木工事においてのコンクリート強度など

冬場の電気土木工事においてのコンクリート強度など
GIS基礎を冬場に設置することになったのですが
打ち込みコンクリートの強度(レディミクストコンクリート使用)、養生の内容・期間についてどのように算出、もしくは一般的な施工があるのでしょうか?
先輩からは天気のいい日にコンクリート(FC21→FC27へ変更)を打設してテントを張って練炭等で凍害が起きないようにしたとのことでした。
冬場に工事した経験がないのでご指導願います。

Aベストアンサー

寒中コンクリートと言う概念があります。

http://homepage2.nifty.com/uyan/concrete/kanncyuucon.html

QMTRの「リズム(ドラム打ち込み)」の「イントロ」「バース」「フィル」「エンディング」について

皆様、こんにちわ。
作曲するにあたり、MTRを使用しています。
MTRは、まったくの初心者につき、かなり初歩的な質問になると思いますが、何卒、ご配慮のほどよろしくお願いいたします。

MTRの「リズム(ドラム打ち込み)」の「イントロ」「バース」「フィル」「エンディング」について解らないので、自分でもググって調べてみたのですが、説明が難しく明瞭な答えが解らず、こちらへと質問させていただきました。

(1)
MTRの説明書に、「イントロ」「バース」「フィル」「エンディング」とあるのですが、これは一体どのような意味なのでしょうか??
またその概念が解りません。

皆様、ご解答のほど、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

機種によって機能や役割の呼び名は違いますが、おそらく

イントロは導入部
バースはあるていど一定のリズムパターンを刻む各部分
フィルはいわゆる「オカズ」
エンディングは終了部分
ということになると思います。

たいていの曲はある程度一定したリズムパターンで進行しますね。
それが「バース」だと思います。
4小節とか8小節、またはメロディの変わり目なんかにシンバルをバーンと鳴らしたりタムやスネアを連打したりしてアクセントをつけますが、それが「フィル」でしょう。
曲の始まりと終わりについては「バース」と同じでもかまわないのですが、変化をつけたほうがそれらしくなるだろうし、場合によっては無音部が多くなったりするので別枠を設けたのかもしれません。

おそらく、打ち込んで作ったそれぞれのパートをブロックのように組み合わせて曲全体を形作るというやりかただと思います。

お使いの機種がわからないのでこれは自分が使っている機材からの類推ですが、それほど外れていないのではないかと思います。

Q土木設計の土質部の仕事って?

土木設計(建設コンサルト)の設計部から土質部に異動されました。
今まで(7年間)設計部の助手としてやってきましたが、今回は土質部の助手となりました。早速、『報告書』というものの、データ(基準点や土の種類など)打ち込みをやっているのですが、打っているだけで意味が分かりません。土質部は何のためにやっているのですか?路しょう、上層、下層の土の種類が分かり、強度が決まったり?します。どなたか、土質部に勤めている方いらっしゃいましたら、報告書の意味を教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

素人ですが

建築物(構造物)が、長期間にわたって安定的に建っていられるかを示すための報告書なのだと思います。

なので、
強度を測り、建築物を支えられるかを見積もり、
支えられなければ、杭を打つ、土質を改良する、別の候補地を提示するなどを示す必要があるのではないでしょうか。

これを調査しないと、建物が軟弱地盤では傾いたり沈むでしょう。
ダムであれば水を溜めたとたん決壊することもあるのではないでしょうか。

知り合いの土木屋さんは、地面は意外と軟らかく重いものを乗せると、豆腐みたいなものだといってました。

土質調査って重要なんですね。

参考URLには、道路の場合の土質調査の指針(おそらく宮城県のもの)が書かれているものです。
1ページ目の調査の基本的な考え方が参考になるのではないでしょうか。

参考URL:http://www.pref.miyagi.jp/jigyokanri/sekkeimanyuaru/sekkeisekou/sekou10.pdf

Q打ち込みについて

打ち込み というのを最近聞いてあらかじめ録音しておいてライブなどで流す。というのを聞いたのですが、具体的にはどのような機材を使ってどのような形でライブをするのでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

 私のやったやり方です。
・家のパソコンでバックの演奏を作り、MDに録音してMDウォークマンを持ち込んで、ライブで1曲ごとに再生ボタンを押す。
・家のパソコンでバックの演奏をMIDIだけで作り、シンセと単体シーケンサを持ち込んで、ライブで1曲ごとにシーケンサの再生ボタンを押す。

 それ以外でしたら・・・
・家のパソコンでバックの演奏を作り、ノートPCを持ち込んで、ライブで1曲ごとに再生ボタンをクリックする。
・カセットテープ、ビデオテープ、CD-R,DVD-Rなどの場合でも、再生できる機器さえ持ち込めば、ライブができます。

 ただ、いづれにしろ要は”カラオケ”状態です。ロック、テクノ、ヒップホップでも同様です。
 プロのライブでも同様のようです。(ドラムの人だけが打ち込みに合わせて演奏し、それ以外の人はドラムに合わせて演奏する、といった具合です)

Qドラムの打ち込みについて質問です。

ドラムの打ち込みについて質問です。

近日中にライブをやるのですが
突然ドラムに欠員が出てしまいました。
そこでドラム打ち込みにて対応しようと考えたのですが
やり方がわかりません。

ネットで色々探してみたものの
専門的過ぎてとても付いていけないです。

初心者の私でもドラムの打ち込みができるようなソフトは無いでしょうか?
また、その打ち込みした音をどのようにすればライブで使えるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

とりあえず、自分はキューベースを使ってますので、キューベースのお試しなどのソフトをダウンロードし、そこに数は少ないと思いますがループ素材がはいってると思うので、それを貼り付けてしまうのが一番簡単だと思います。

インターフェースや、キーボードなど打ち込みだと購入しなきゃいけないし、最初は打ち込みだとへぼい音しか作れないかもです。

ってなわけで、キューベースはとても使いやすいです。
そこからオーディオにマスタリング書き込みをすればかなり簡単にオーディオファイルになります。
それをCDに焼いてライブハウスのPAさんに渡せばいいと思います。

以前はミュージックメイカーを使ってましたが、そちらもループはかなり使いやすくひたすらループなら5分でできます\(^o^)/

頑張ってください\(^o^)/

Q打ち込み時のドラム

打ち込みを作ろうと思うのですが、ドラムが無いバンドならドラムの打ち込みを作って他の楽器がそれにあわせて演奏すればよいだけですが、ドラムがいるバンドの場合はドラムの人は何に合わせて演奏するのでしょうか

Aベストアンサー

再びおじゃまします。

>クリックに合わせるのはドラマーにとって難しいことですか?

クリックに合わせる難しさは正直なところドラマー個人個人で違うはずです。
ドラムを練習する時はメトロノームに合わせて叩くことも多いのでクリックに合わせて演奏できる人が大半でしょうが、実際には苦も無くできる人・少し気を使えばできる人・頑張ればできる人・頑張ってもズレる人、など色々だと思います。

Q打ち込みの曲と、そうでない曲の見分け方(聞き分け方)

音楽を聴いていた友人が「あー、これ打ち込みだな」とか「これ生ドラムだな」とか言ってましたが、打ち込みの曲と、そうでない曲の見分け方は一体どうすればいいんでしょうか? 友人は「何となく」と答えてましたが…

トランスとかテクノとかだと、シンセ音が全開なので打ち込みだと分かるんですが、例えばBeing系やavex系だと、「生ドラムっぽいな」と思って歌詞カードを見るとドラマーの名前が無かったり、「これは打ち込みかな?」と思って歌詞カード見てみると、ドラマーの名前が書かれてたりするんですよね。

具体的かつ簡単な見分け方があれば是非伝授下さい。

Aベストアンサー

ドラマーです。ライヴアルバムを聞いたり、ライヴビデオを見てください。ちなみにクリップ集はアテになりませんよ。その時にドラムの残響音に注目するといいでしょう。あとライヴハウスで生演奏を聞くのもお勧めです。すぐに分かるようなものではないので、根気強く続けて行けば分かる時が来ますよ。

QMIIDキーボードでの打ち込み

宅録に関してなのですが、DAWで音源ソフトを立ち上げ、それをMIDIキーボードで打ち込み録音していくとします。このときMIDIキーボードはUSB接続でPCとつながっています。それで、いざクリックに合わせて録音し、録音後に再生してみると、どうもリズムがずれています。これは演奏が下手なのか、それともレーテンシーのようなことが要因なのか、どちらなのでしょうか? 私は、ひょっとしたら、MIDIキーボードをMIDI用のインターフェースにつなげ、MIDIインターフェースとオーディオインターフェースをつなげ、それぞれ同期させるといったことが、本来必要なのかなぁと思っているのですが、これは正しいですか?

Aベストアンサー

具体的な機材構成がわからないので(というか、機材構成がわかっても、私の知らない機種だと何とも言えないんですが(^^ゞ)、PC側の能力とインターフェースやドライバには全く問題となる要素は無い…ということを前提にするなら、キーボードの反応に関しては、一般的にはMIDIインターフェース経由よりキーボードをUSB直で繋いだ方が、DAWに対するキータッチのレイテンシは低いです。
なので、一般論としては、インターフェース機器を二重三重に数珠繋ぎにするよりは、USB一発で繋ぐ方がレイテンシは低いはず…ということにはなります。

とはいうものの、少し昔のMIDIインターフェースでは、機器内のレイテンシが結構大きい物がありましたが、最近のものではその点も劇的に改善されているので、今ではそんなに気にする話にはならないと思うんですけどね。

ただ、キーボード→(USB)→DAW→(USB)→外部MIDI音源…といった接続構成で、PC側の、特にキーボードを接続しているUSB周りに、何らかの遅延の要素を抱えているとしたら、MIDIインターフェース経由にした方が遅延が減る可能性は、無いこともない…ってとこですね。

一点、ちょっとよくわからないのが
>MIDIインターフェースとオーディオインターフェースをつなげ、それぞれ同期させる
というお話。

機材構成によるので、良いとかダメとかにわかには言えませんが、現在はMIDIインターフェース機能が無いオーディオインターフェースをお使いで、別途MIDIインターフェースを用意して…ということだったら、昔はオーディオインターフェースとMIDIインターフェースが別売で、メーカー固有の接続ケーブルを使ってるタイプがありましたけど、最近はオーディオインターフェースとMIDIインターフェースの接続法法自体がMIDI経由だと思うので、そんな手間をしなくてもオーディオインターフェースに直接キーボードをMIDI接続する方がレイテンシ的に有利だけどなと。

まぁ、凄い単純な話ですが、打ち込んだデータとクリックがずれているなら、DAW上で簡単にスタート位置をずらせるストレッチはできるはずなので、遅延分だけスタート位置をずらせてリズムがピッタリ合うならレイテンシ分遅れているだけ。スタート位置をずらしただけではリズムの暴れが直らないなら腕のせい…ってことは言えますけどね。

具体的な機材構成がわからないので(というか、機材構成がわかっても、私の知らない機種だと何とも言えないんですが(^^ゞ)、PC側の能力とインターフェースやドライバには全く問題となる要素は無い…ということを前提にするなら、キーボードの反応に関しては、一般的にはMIDIインターフェース経由よりキーボードをUSB直で繋いだ方が、DAWに対するキータッチのレイテンシは低いです。
なので、一般論としては、インターフェース機器を二重三重に数珠繋ぎにするよりは、USB一発で繋ぐ方がレイテンシは低いはず…と...続きを読む

QMTRのドラムの打ち込み

MTRを買って多重録音を楽しもうと思っています。
ギターやベースは大丈夫なんですが、ドラム音の打ち込みに自信がありません。音符はあまり読めません。最近のMTRは、ドラム音の打ち込みができると聞いていますが、かような訳で購入を迷っています。
MTRの初心者にとってドラムの打ち込みとはどれくらい難しいものなんでしょうか。ずっと同じリズムで最後まで曲が進行するわけではないですものね。

Aベストアンサー

なんとなく、わかりました。

そういうことであれば、ある程度ドラムの知識はおありだと思いますから、
(そこから無い状態で始めようって人もけっこういますからね)
最初はやってみることからかな、と思います。

で、やってみて、思うようにいかないところをまた相談されるといいかもしれません。

>例えばバンドスコアを見てその通り入力していくのか、

達成したいレベルにもよると思いますが、最初はそれでもいいと思います。

ギターやベースと同じで、
市販のバンドスコアは必ずしも正確に演奏を再現してはいないですから、
正確な再現を目指したいのであれば最後に頼れるのは耳コピだと思いますけどね。
(ドラムは音程楽器じゃないので、耳コピはしやすいほうだと思いますよ)

>メロのブロックが変わるところのおかずなどはどう入れるのか、

これも実際に聞いた感覚を大切にして欲しい…というのが一般論としてのアドバイスですが、
よくある典型的な例としては、

・楽譜上は16分で書かれていても、実際には16分3連の場合がある
 (楽譜上で2発のところ実際は3発叩いている感じ)
・No.1でも書きましたが、同じテンポでフィルインも打ち込むともたついて聞こえるので、
 わざと走らせる=打ち込みだと、そこだけ心持ちテンポを速める

なんてことが思い浮かびます。

あと、スネアやタムの両手打ちは、本物のドラムでも
強調感を出すためにわざとタイミングをずらして打ちますから、
それを再現しようと思ったら、16分や32分よりもさらに細かい
微妙なずれを作る必要が出てくるかも。
(デビエーションを操作出来るといいんですが…普通は出来ると思いますけどね)

とにかく、習うより慣れろといいますが、
「習うより」かどうかはともかく、やってみるのがいちばんいいと思いますよ。
そして、作ったものを人に聞いてもらうことです。
どういうところが思うように行かないか、自分なりにつかめると思いますし。

頑張ってくださいね。

なんとなく、わかりました。

そういうことであれば、ある程度ドラムの知識はおありだと思いますから、
(そこから無い状態で始めようって人もけっこういますからね)
最初はやってみることからかな、と思います。

で、やってみて、思うようにいかないところをまた相談されるといいかもしれません。

>例えばバンドスコアを見てその通り入力していくのか、

達成したいレベルにもよると思いますが、最初はそれでもいいと思います。

ギターやベースと同じで、
市販のバンドスコアは必ずしも正確に演...続きを読む

QMacで打ち込み

私はPowerBookG4(OS9.1)とGIBSONのレスポールを所有しています。
いままでバンド活動をしていたのですが、最近解散してしまい、1人でやることになりました。そこでせっかくだからパソコンを使って打ち込みをしてみようと思うのです。
例えばギターは私が弾いて、リズム隊や効果音を打ち込みでやりたいのですがどのような機材、ソフトなどが必要なのでしょうか?
ほんとに困っているのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 今はコンピューター一台で何でも出来てしまうかもしれませんね。私が昔,そろえた時にはまずはソフトウエアー,つまりアプリですね。それからMIDIインターフェイス,これは外部のシンセサイザーやドラムマシン,MTRなどをコンピューターにつなぐためのボックスのような形をした中継機です。
 それらの外部機材をミキサーで一まとめにし,あとはエフェクターで効果を着けてハードディスクレコーダーに録音する・・というやり方です。
 コンピューターはシーケンサーとしての役割だけさせていました。
 でも今はほとんどすべての事がコンピュータ一台で出来てしまうと思いますので,外部機器を揃える必要はないかもしれません。
 ただ鍵盤を弾いたほうが早いと思われるフレーズなんかは,シンセサイザーを(たとえ簡単なコードだけでも)弾いて録音した方がはるかに簡単に済みます。
 あとは目的ですね。オリジナル作品をデモテープレベルぐらいに仕上げたいのか,ほぼ完成品にまでしたいか,あるいはコピー曲のカラオケを作ってギターの練習用にしたいのか,既成のカラオケだけダウンロードしてひたすらアドリヴの練習だけしたいのか。目的によって操作の難易度も異なってきます。
 ちなみに私はトライしてみて,音楽をやっているんだかプログラムをしているのだか,ちっとも先に進まないのに苛立ちと不適正さを思い知り,コンピューターで音楽を作るのは辞めました^^;。
 ドラムでもベースでもキーボードでも,自分で演奏したものを次々とMTRに録音していき(もちろんコンピューターがその代わりをしてくれます)さささっと簡単に済ませてしまうほうが生に合っているみたいです。打ち込みという作業には向いていない人間でした。
 結論ですが,ドラムパッド,あるいはミディ・キーボードなどの打ち込み用の入力装置はリアルタイムの入力を極力行う意味でも,揃えた方が良いと思います。
 音源やエフェクター,ミキサー,レコーダーはコンピューターにその替わりをさせる事が今は可能?!だと思います。
 やって行って疑問点が出てきましたら,またその都度ご質問をお願いいたします。

 今はコンピューター一台で何でも出来てしまうかもしれませんね。私が昔,そろえた時にはまずはソフトウエアー,つまりアプリですね。それからMIDIインターフェイス,これは外部のシンセサイザーやドラムマシン,MTRなどをコンピューターにつなぐためのボックスのような形をした中継機です。
 それらの外部機材をミキサーで一まとめにし,あとはエフェクターで効果を着けてハードディスクレコーダーに録音する・・というやり方です。
 コンピューターはシーケンサーとしての役割だけさせていました。
...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報