不倫という言葉の意味を教えてください。「快楽だけ求めて相手を傷つけるヤツと一緒にするな。不倫とは別の行為だ。」と言われました。罪悪感の欠片も感じられず、常識非常識についてもワケが分からなくなってきました。こうなったら法的に考えることにしました。それが妥当と思います。「不倫」の法的解釈をお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

>・・ということは、相手方配偶者に精神的苦痛がなければ>不貞行為にならない、となると思いますが違いますでしょ>うか?



いえ、不貞行為になります。NO.2に書いて頂いてる事をよく読んでみてください。
慰謝料と切り離した方が分かりやすいと思います。
配偶者以外の人間と性的関係を持てば、【不貞行為】になるのです。
この場合、不貞行為を働いたのは相手の男性であなたはその相手方・・・・・分かりやすく言うと、(主犯)と(共犯)のような関係になります。

奥さんが苦痛を感じるかどうかは別の問題です。それは慰謝料の額を決める際に問題になる事です。
つまり、相手が苦痛を感じなくても婚姻関係が有る以上不貞行為は不貞行為です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

婚姻関係とは強いものだと思いました。彼と私の間にどんなストーリーがあろうが有無を言わさず結局は婚姻関係が勝つんですね。今後自分が結婚する際の参考にもなりました。 彼の説得力の強さに吸い込まれそうになりますが、判断できかねた時は今回のご回答を思い出し法律を武器に自分の考えを貫こうと思います。謝った方向に進む前に助言していただいて感謝しています。何度もありがとうございました。

お礼日時:2002/03/23 20:38

 お尋ねのご夫妻のうち、夫をA氏、妻をBさんとして、以下、ご説明いたします。



1 性的関係の有無と損害賠償義務の有無との関係
 東京高裁昭和47年11月30日判決は、夫と不貞の関係にあることの確証まではなくても、親密な交際を続けたことが要因となって婚姻が破綻したときは、夫の交際相手の女性は、妻に対し損害賠償責任を負う旨判示しています。

 したがって、A氏と性的関係さえもたなければ、stylishbeautyさんがBさんに対して損害賠償責任を負わないとは断言できません。

2 Bさんの容認的態度について
 最高裁平成8年6月18日判決は、妻から夫と離婚するつもりである旨聞き、夫からも繰り返し口説かれ、結婚する旨の約束までされたので、この約束を信じて夫と性的関係をもった女性に対して、なお損害賠償義務を負わせる余地があることを認めていると思われます(原審の大阪高裁は、実際に女性の損害賠償義務を認めています。)。
 この最高裁判決は、結局、妻の損害賠償請求を認めませんでしたが、その理由は、上記の性的関係に至る経緯に加えて、性的関係があった後、妻が単独で、あるいは夫とともに女性の経営する居酒屋で嫌がらせをしたり(夫は、2回にわたって女性に傷害を負わせています。)したことをも総合すると、妻の損害賠償請求は権利の濫用(民法1条3項)にあたる、という点にあります。

 つまり、BさんがA氏の「浮気」を容認する態度を見せていても、必ずしもstylishbeautyさんがBさんに対して損害賠償責任を負わないとは断言できないわけです。
 また、A氏とBさんとの婚姻関係が破綻しなくとも、stylishbeautyさんがBさんに対して損害賠償責任を負う場合があり得ることは、No.2の拙答において申し上げたとおりです。

 ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

理解納得しました。BがAの浮気を容認し夫婦円満、それでも損害賠償責任を負う可能性があるのは私なのですね。随分A優位な気がしますがそれほどデキル人だと再認識すると同時に、婚姻の絆とは強いものだと思いました。説得力のある彼に吸い込まれそうになりますがワケが分からなくなったときは法律が頼りになりますね。貴答のお陰です。ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/23 20:08

話がよくわからないのですが・・・・


まだ関係していないという事は、妻帯者から関係を迫られているという事でしょうか?
関係がなければ、今現在は不貞にはなりませんが関係を持った時点で不貞になります。
不倫をした人がみんな慰謝料を請求されるわけではありませんが、される可能性があるという事です。
請求するかどうかは奥さん気持ちしだい。今認めていても今後は苦痛に感じるかもしれないし、感じていなくても慰謝料を請求したくなったら請求できます。
精神的苦痛は本人にしか分からないものですから、告訴された際いくらあなたが「苦痛は感じていないハズ」と主張しても立証するのは難しいと思います。
前にも書きましたが、奥さんは婚姻関係があるので法律に守られますが不倫相手の女性を守る法律はありません。
どんなにひどい目に合わされても、婚姻関係があるかどうかで随分と違います。
関係するかどうかを悩んでいる段階でしたら、あなたの今後の人生を考えても、道義的に考えても関係しない方がいいです。
普通に生きていても人生なにがあるかわからないんですから、わざわざトラブルを招くような事しない方がいいのでは?
あなたが相手の男性の事をすごく好きで、どんな事があっても付き合いたいという覚悟があるなら別ですが・・・・

この回答への補足

>まだ関係していないという事は、妻帯者から関係を迫られているという事でしょうか?
 そうです。
慰謝料その他については理解しました。疑問点は、
不貞行為=相手方配偶者の権利の侵害を原因としてその者に対し精神的苦痛を与える行為
・・ということは、相手方配偶者に精神的苦痛がなければ不貞行為にならない、となると思いますが違いますでしょうか?

補足日時:2002/03/23 00:09
    • good
    • 0

解釈は他の方が書いてあるので、慰謝料等について・・・



独身という事は、あなたが妻帯者と不倫の関係にあるのですね。
その場合、あなたからの慰謝料請求はできません。逆にあなたが相手の方の奥さんから慰謝料を請求される立場にあります。現在奥さんが、あなたと旦那の不倫を知っていてそれを容認していても、裁判で「精神的苦痛を受けた」と主張すればそれまでです。
相手に「妻と別れてお前と結婚する」と言われて、あなたがその言葉を信用して肉体関係を持っていたとしても、(相手の男性が妻帯者である)という事を知っていながら関係を持った以上同じです。
法的に婚姻関係のある人は守ってくれますが、そうでない場合は女性の人権に対する慰謝料なども低額です。


ただし、相手が(独身)と偽ってあなたと交際していた場合や、脅迫や暴力で肉体関係をもった場合は別で精神的苦痛に対する慰謝料を請求できます。

この回答への補足

誤解があるようですので訂正させていただきます。私はまだ関係をしていません。相手方奥様は、夫にカノジョがいることに対して精神的苦痛は全くないようです。むしろ容認していて夫婦関係も円満。その価値観についてはとりあえず別として、皆さんの回答内容によるとこの場合、「不倫とは別の行為だ。」という彼の言動は法的にも間違いないということになりますね。ということは、彼と関係を持っても不貞行為にはならないと解釈して宜しいでしょうか?

補足日時:2002/03/22 21:27
    • good
    • 0

1 「不貞の行為」とは


 現行の法令には、「不倫」という用語は存在しません。ですから、「不倫の法的解釈」は、存在しません。

 ただ、民法770条1項1号は、「配偶者に不貞の行為があったとき」は、相手方配偶者は、離婚の訴えを提起することができる旨規定しています。
 ここにいう「不貞の行為」とは、配偶者をもつ者が、その自由な意思に基づいて配偶者以外の者と性的関係を結ぶことをいいます(最高裁昭和48年11月15日判決)。性的関係が相手方の自由な意思に基づくものでなくても(=性的関係を強制した場合であっても)、「不貞の行為」にあたります(上記最高裁判決)。

 なお、配偶者をもつ者が配偶者以外の者と性的関係を結んだ場合であっても、その性的関係の当時、婚姻関係が完全に破綻していたときは、違法性を欠き、法的責任は生じません(東京高裁平成12年11月30日判決など)。
 他方、性的関係が発覚した後も婚姻関係が破綻しなかったからといって、その性的関係の違法性がなくなるわけではありません(東京地裁平成4年12月10日判決[*1])。

2 「不貞の行為」の法的効果
(1) 民事責任
 配偶者をもつ者に「不貞の行為」があったときは、相手方配偶者は、裁判上の離婚を請求できるほか、不貞の行為の当事者双方(夫または妻と、「不貞の行為」の相手方)に対して、不法行為に基づく損害賠償(慰謝料・民法710条)を請求することができます。

(2) 刑事責任
 「不貞の行為」について刑事責任を定めた規定は、重婚罪(刑法184条[*2])以外には存在しません。
 stylishbeautyさんは、「淫行条例に触れるのではないか。」というご疑問をお持ちになるかもしれません。しかし、いわゆる「淫行条例」は、青少年(18歳未満の者)に対する淫行またはわいせつな行為を禁じているだけであり(例えば、北海道青少年保護育成条例22条1項)、みだらな行為一般を禁止しているのではありません。

 なお、明治・大正時代には、妻の「不貞の行為」に限って、「姦通罪」として処罰の対象とされていました(下記参考URLご参照)。

 ご参考になれば幸いです。
     ----------
*1 夫に不貞の行為があったが婚姻関係が破綻しなかった場合において、妻から相手方の女性に対する慰謝料請求を認容した事例。
*2 法律上の婚姻関係を同時に複数結ぶこと(婚姻の届出を二重にすること)をいいます。妻(夫)との離婚前に他の女性(男性)と内縁関係を結ぶことは、重婚罪にはあたりません。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=170690

この回答への補足

参考にさせていただきました。ちなみに私のほうは独身です。
【配偶者をもつ者に「不貞の行為」があったときは、相手方配偶者は、裁判上の離婚を請求できるほか、不貞の行為の当事者双方(夫または妻と、「不貞の行為」の相手方)に対して、不法行為に基づく損害賠償(慰謝料・民法710条)を請求することができます。】それでは相手方配偶者が当事者双方の不貞行為を認めている場合、損害賠償の請求は可能でしょうか?

補足日時:2002/03/22 07:35
    • good
    • 0
この回答へのお礼

自分の補足に対する追加です。奥様が認めていれば損害賠償を請求することはありえないですね。失礼しました。回答ありがとうございます。

お礼日時:2002/03/22 21:50

不倫とは、「相手方の配偶者の権利を侵害する行為」ということになり、結果「権利の侵害を原因として相手方の配偶者に対し精神的苦痛を与える行為」ということとなるのではないでしょうか。



また、いわゆる「浮気」は、「不貞行為」であり、結果「不貞行為を原因として配偶者に対し精神的損害を与える行為」ということとなるのではないでしょうか。

この回答への補足

それでは相手方配偶者が全く精神的苦痛を持たない場合、不貞行為にはならないということでしょうか。

補足日時:2002/03/22 07:31
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q法律系資格取得のステップアップ

私は法律系の知識は全くありませんが、これから勉強していこうと思っております。
そこで法律系資格を目標にしようと考えておりますが、最終的に弁護士資格を目指すとして、資格のステップアップ順を教えてください。

Aベストアンサー

ステップアップの王道としてはNo.1さんの書かれているとおりですね。法律系の資格の本を見るとよく書かれています。

ただし、弁護士取得が最終目的なら、最初から弁護士を目指すべきだと思います。理由は以下に述べます。

1.各スクールとも初学者向けのコースを準備しています。
従って、法律知識が無いからといって、それが直接大きなデメリットになるわけではありません。

2.遠回りする時間が無駄。
これはNo.1さんのようにビジョンがあって、計画どおり勉強し結果を出している方もいらっしゃるように、一概に無駄という訳ではありませんが、多くの人に当てはまるものだと思います。法律資格を勉強するには、多大な時間と費用と気力を必要とします。これから自分のプライベートの時間は大幅に制限が加わりますし、友達や家族との時間も大幅に制限が加わります。質問者さんが現在どういう立場かは分かりませんが、もし勉強に専念するのならば、その間に仕事(バイト)等をしないとなると、その間に得られるはずだった給料等も得られない(若しくは減る)事になりますし、社会人としての経験も得られない事になります。その間、家族等に扶養してもらうことになると、家族にも負担をかける事になります。

最終目標を達成するまでに時間がかかればかかるほど、それだけ失う利益も大きくなるし、社会との関わりも制限されるし、自分のモチベーションをどう保つかも考えないといけません。途中で脱落して、今までのお金と時間が無駄、というのが最悪のパターンです。ちなみに私はこの最悪のパターンに陥る人を多数見てきました。こういう人は予備校のパンフレットの甘い宣伝文句を見て軽く考えて勉強をはじめた人で、現実問題としてかなり多くを占めています。

3.仮に弁護士資格に途中で脱落しても他の資格への移行ができること。
失礼ですが、仮に弁護士の勉強に挫折したとした場合、弁護士の勉強で得た知識は高度な内容ですから、それは別の法律資格に活用する事ができます。ステップアップならぬ、いい意味でのステップダウンという事ですね。司法書士試験にも応用が利きますし、行政書士や宅建は比較的容易に取得できると思います。法学検定やビジネス実務法務検定の4級・3級あたりなら2~3日の勉強だけで取得できると思います。

ただ、これから法律の勉強をはじめるうえで、いきなり難関資格を目指すことにとまどいがあり、順番にステップアップして行きたいという気持ちはよく分かります。

従って、現実問題としては、法学検定(4級)やビジネス実務法務検定(3級)が一番簡単な法律資格で、たいした勉強時間も必要ありませんから、とりあえずこれらのいずれかを勉強してみて、自分の法律に対する適性や、どのくらい勉強時間が取れそうだとかのシミュレーションを行うというのはいかがでしょうか。ちなみに自分に法律に対する適性があるかどうかを調べる事は個人的には非常に大事なのだと思います。なお、弁護士を目指す以上、法学検定4級やビジ法3級程度の資格には満点近くで合格できないと逆にやばいぐらいだと思って自分を追い込んで勉強するべきだと思います。

最後に、弁護士資格取得には、私が思うに地道な努力もそうですが、他にも頭のよさとか才能とかも必要なのだと思います。従ってもしこれらに自信がなければ、勉強をする前の今の段階できっぱりあきらめて別の道を検討するというのも賢い選択肢のひとつである事を付け加えておきます。弁護士以外にも、質問者さんの目指すべきもっと良い道があるかも知れません。

以上、長くなりましたが参考になりましたら幸いです。

ステップアップの王道としてはNo.1さんの書かれているとおりですね。法律系の資格の本を見るとよく書かれています。

ただし、弁護士取得が最終目的なら、最初から弁護士を目指すべきだと思います。理由は以下に述べます。

1.各スクールとも初学者向けのコースを準備しています。
従って、法律知識が無いからといって、それが直接大きなデメリットになるわけではありません。

2.遠回りする時間が無駄。
これはNo.1さんのようにビジョンがあって、計画どおり勉強し結果を出している方もいらっしゃる...続きを読む

Q団地の方の、非常識な行動について法的措置を教えて。

団地で住んでますが、私の上の部屋の方に、色々問題があり再三注意してきましたが、最近は平然とされ、親子共々改善される余地がないと見て、不眠になっています。精神的苦痛もかなりあります(鬱病もあるので困ってます)。最初は数々ありましたが、一つだけです。どうしても朝5時くらいに入浴され、無茶苦茶響く団地なので真下の私の部屋は、水をすごい勢いで出す音と、ざーざーと流す音が、静寂な朝に丸響きです。対象は、そこの息子さんで(まだ20歳くらいです)、日雇いの土木系をやってるみたいですが、その日汗や汚れを落とすのに普通夜十分時間があるのに、何故か、朝汚くなるのに、これから働いて汗がでるのに、朝5時に風呂をたかれ、入られ、頑丈な防音な団地ではないので、すごく響き目が覚めます。県に言っても何もしてくれず、一回警察署へ連絡はしました。荒れてた時期もありその点もあったので。今日も母が自治委員に伝え、匿名で今月の常会で伝えるそうですが、改善はされないでしょう。常会すら出てこない人達ですので。母がついに、今まで病身を持ちながらも注意してきた私は限界で、母に委任し、直接先日も母が言った矢先に本日も入浴され、今日は母も具体的に全て伝えたそうで、先方は青ざめていたそうでした。が、必ずまだやり続ける嫌がらせと思います。警察へ被害届けを出す方向も考えていますが、こういった問題集合住宅なら生活スタイルもあり多々あると思いますが、上の方は、明らかに故意の陰湿的行為で多大な精神的苦痛を受けています。詳しい方、上の方への対処は、どうしたらよいでしょうか?被害届け、法律詳しく教えてください。

団地で住んでますが、私の上の部屋の方に、色々問題があり再三注意してきましたが、最近は平然とされ、親子共々改善される余地がないと見て、不眠になっています。精神的苦痛もかなりあります(鬱病もあるので困ってます)。最初は数々ありましたが、一つだけです。どうしても朝5時くらいに入浴され、無茶苦茶響く団地なので真下の私の部屋は、水をすごい勢いで出す音と、ざーざーと流す音が、静寂な朝に丸響きです。対象は、そこの息子さんで(まだ20歳くらいです)、日雇いの土木系をやってるみたいですが、その...続きを読む

Aベストアンサー

まず相手は刑事上の罪を何一つ犯していないので、警察は無関係です。
被害届を出しても受け付けてもらえません。

民事裁判を起こし騒音を止めようにも、楽器などと違い入浴音は生活雑音に含まれるので、まず認められないでyそう。
相手にも生活があります、集合住宅であまりわがままを言っても無理があります。
基本的に生活雑音は受忍限度を超えないと認められないとなっており、ほとんど認められることはありません。
受忍限度もあなたの習慣や被害妄想ではなく客観的なものから決められますし、それを証明するのも被害を訴える側です。

法律でどうこうしようと思っても無理ですので、その悩みもお医者様に相談してはいかがですか?

Q法律関係の資格で、高校生でもとることができる資格はあるでしょうか。

法律関係の資格で、高校生でもとることができる資格はあるでしょうか。

Aベストアンサー

公務員試験III種、市役所初級、消防・警察III類など。

Q不倫に対する法的処置は?

私の父が独身の女性と不倫しています.
それを知っている母はうつ病になってしまいました
母は相手の電話番号を知っていて、父との付き合いをやめるように、また、うつ病になってしまった事、このままでは病気がさらに進行してしまう、など電話で訴えかけているのですが一向に付き合いをやめる気がないようです、最近では心療内科での治療の甲斐なく病状が進行しノイローゼになってしまったようです
私も心配で眠れぬひがたびたびあり、仕事にも差しつかえるようになりました
父に話をすると付き合いをやめようとするのですが
いつの間にかまた付き合っていると言う事を繰り返しています、相手の女性があきらめないので父も付き合いをやめられないようです、何度言っても何を言っても無駄なようです.このままでは、家庭が崩壊してしまうので何とかしようと思うのですがどうしたらよいかわかりません、そこで相手の女性に対して(損害賠償、慰謝料等)何らかの法的処置が取れないかと思っています、どなたか教えてください.また、何か有効な対策がありましたらお願いします

Aベストアンサー

 こんばんは。心中お察しします。

 結論から申し上げますと、お母さんからは慰謝料の請求が出来る可能性が大きいです。ただし、貴方からは請求できないと思われます。

 以下理由を書いていきます。

 不倫相手が相手に配偶者がいることを知りながら、あるいは知りえたにもかかわらず、夫婦の一方と肉体関係を持った場合には、不法行為が成立し、その精神的損害の賠償を請求することができます(民法710条)。
http://www.hou-nattoku.com/consult/101.php
--------------------------------------------------------------
○民法
(財産以外の損害の賠償)
第710条 他人の身体、自由若しくは名誉を侵害した場合又は他人の財産権を侵害した場合のいずれであるかを問わず、前条の規定により損害賠償の責任を負う者は、財産以外の損害に対しても、その賠償をしなければならない。
---------------------------------------------------------------

 次に、あなたから父の愛人への慰謝料請求についてですが、最高裁の判例は、愛人がいたとしても、父親は父親としての愛情、教育を注ぐことができるはずであり、愛人の行動と子供の不利益との間に因果関係がないとして、子供から愛人に対する慰謝料請求を否定しています。
 もっとも、愛人が父親と子供の接触を積極的に妨害していたような場合には、慰謝料を請求できる場合もあると思われます。なお、その場合でも、慰謝料請求権の消滅時効は、被害者が損害及び加害者を知ったときから3年とされており(民法724条)、あなたのケースで愛人に慰謝料を請求することは困難であると思われます。

 とりあえず、まずは、愛人を相手に簡易裁判所に慰謝料の支払いについて、民事調停を起こされてはどうですか、弁護士が扶養ですから比較的簡単な手続きで出来ます。相手も法的手段に訴えられたということで、少しは考えを変えてくれるかもしれないということも期待できますので。
http://courtdomino2.courts.go.jp/home.nsf

参考URL:http://courtdomino2.courts.go.jp/home.nsf

 こんばんは。心中お察しします。

 結論から申し上げますと、お母さんからは慰謝料の請求が出来る可能性が大きいです。ただし、貴方からは請求できないと思われます。

 以下理由を書いていきます。

 不倫相手が相手に配偶者がいることを知りながら、あるいは知りえたにもかかわらず、夫婦の一方と肉体関係を持った場合には、不法行為が成立し、その精神的損害の賠償を請求することができます(民法710条)。
http://www.hou-nattoku.com/consult/101.php
----------------------------------------...続きを読む

Q法律系資格への幻想・・・

こんにちは。いつもお世話になります。以前からネットなどを見ていると、掲示板や、通信教育のなどの所に、司法書士、社労士、行政書士は安定の仕事、また、掲示板では、資格をとり転職などど書かれているのを見るのですが、法律系の資格に対する世間一般の幻想ってひどくないでしょうか??法律系資格=安定、仕事がる。と思っている方があまりにも多い気がします。私自身、10年前に社労士の資格を所得しましたが、私の周りで法律系の資格で高級とりの人は1人もいません。テレビなどで出ている方は本当に一握りの方だと思います。事前に仕事の需要があるか調べもせずとりあえず所得と考える方が多いんでしょうか??

Aベストアンサー

確かに年収が500万以上平均とか書いてありますね。40以上の人間なら民間企業の平均賃金のほうが高いです。

ただ企業の中で本部はエリート職種ですし そこで行われている仕事が法務である事が ステイタスとしてはやる仕事としては よい印象になるのでしょうね。

但し これは社員同様 いや 社員よりご都合主義で経営者に雇われている外部の便利屋さんでして 社員がやるより安く効果的に出来なければ雇わないし 必要なときだけでいい。これを質問者さんの言う需要という話であれば 
一番最初にリストラされるのは 実は派遣労働者よりも 外注請負ですよね。しかも みんなが法律知識を得るだけで 資格取得者の経済価値が更に下がる=教育機関は儲かる

つまり 今勝ち組は予備校と学校法人 学生と資格取得者ではありません。

でも社労士を所得?して其の仕事が出来ているならたいしたものですね。

年収400万は個人事業者では勝ち組ですから。

Q不倫の法的リスクについて

親友より現在自分が不倫しているということを告白されました。
彼女は去年結婚をして、その後会社の同僚と不倫関係になりました。
やはり旦那さんのことを思うと、はやく不倫をやめるよう説得しようと考えています。

旦那さんへの罪悪感はあるようですが、今は不倫相手に対する想いが強すぎて、状況を冷静に受けとめる余裕がないようです。
精神的な部分から話しても「わかってるけど・・・」で終わってしまうので、社会的・法律的にどれだけのリスクを背負っているのか知ってもらいたいと考えています。

不倫で法的に罰せられる内容について教えてください。

・万一、慰謝料を請求された場合の金額(彼女と不倫相手)
・日常生活で犠牲にしてしまうもの(時間や会社での環境)
・彼女がとるべき責任 など
他にも可能性のあるリスクを教えてください。

現在の状況としては・・・
 相手:会社の同僚
 不倫期間:結婚4ヵ月後から、既に5ヶ月関係を継続中。
 会うペース:毎週末、関係アリ
 彼女の年収:約300万程度

ちなみに旦那さんは気づいている可能性が大きいです。
・携帯での明らかに関係のわかるメールのやり取りなどを残している状態で、ロックもせず、旦那さんが見ている可能性はゼロではないこと。
・旦那さんは友人達と会う時でさえ、疑っている。ということから恐らく気づいているんだと思います。

彼女の現在の気持ちは、離婚して不倫相手と一緒になるという気持ちまではないようで、かといって遊びではなく真剣だそうです。
今のままじゃいけない。でも離婚まで具体的に考える余裕がない。でも不倫相手の方が好き。
不倫相手の真意は知りませんが、今後どうしようか・・・と2人して悩んでいる感じです。

何か説明不足な点は補足します。
よろしくお願いします。

親友より現在自分が不倫しているということを告白されました。
彼女は去年結婚をして、その後会社の同僚と不倫関係になりました。
やはり旦那さんのことを思うと、はやく不倫をやめるよう説得しようと考えています。

旦那さんへの罪悪感はあるようですが、今は不倫相手に対する想いが強すぎて、状況を冷静に受けとめる余裕がないようです。
精神的な部分から話しても「わかってるけど・・・」で終わってしまうので、社会的・法律的にどれだけのリスクを背負っているのか知ってもらいたいと考えています。

...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

 下記サイトをご参照ください。
 慰謝料の相場は、50万から300万ぐらいのようです。
 (旦那さんから、彼女もしくは相手の同僚に対して)

では。

参考URL:http://www.kazu4si.com/furin/situmonn.htm

Q法律関係の【入門的な資格】は何でしょう?

こんにちは。
法律を勉強して、生活や就職に役立てていこうと思っています。
そこで質問です。
パソコンのシステムなら「初級シスアド」…のような、
法律関係における「入門的な資格」は何なのでしょうか?
まずはこれから勉強して、そして次にステップアップするような資格です。
資格ってものすごくたくさんの種類があるので、ちょっと混乱して、
このように質問することにしました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

資格試験は、法令に基づいたものが多いので、何らかの法律を勉強することになります。

私は、こんな系統があるのではないかと思います。

総務経営系資格

行政書士<社会保険労務士<中小企業診断士<司法書士

会計系

簿記2級<簿記1級<税理士<公認会計士

建築系

宅地建物取引主任者<マンション管理士<不動産鑑定士

建築そのものなら建築士があります。

参考になれば

Q不倫相手からの法的処置

現在主人とは離婚をするための調停&別居中です。
離婚の理由は主人の暴力と嘘、女性問題です。

主人の不倫相手が大手のサイトにブログを乗せていて
主人と出かけてる様子がたびたび載せられていて(写真付きで)
私もたまたま会員だったことから相手が発覚しました。
それでも全責任は主人にあるものと調停でも主人を責め続けてきましたが自営業の主人はあくまで従業員だと言い張り知らぬ存ぜぬの一点張り。
ほぼ1年はだまってきましたが余りにも彼が調停に来なかったり
お金がないと言って生活費はいれないのに彼女と出かけているのを
載せられていたのでそこで私はサイトを使って彼女にメッセージを送りました。
別にそれは彼女を責めるわけでなく事実といち女性としての意見を伝えたものでした。

数日後彼の弁護士という人から内容証明が届き
「彼女に送ったメッセージは営業妨害である。今後再び送るようなことがあれば法的処置をとります」と。

現在私はまだ戸籍上は婚姻関係にあります。
それでも営業妨害にあたるのでしょうか?
法的処置って?

弁護士に内容を確認するため電話しましたが
「自分はあくまでも代理で通知人はご主人です。
彼が迷惑してるといってるだけです。事実確認してるかはお答えできません」とのこと。

その後現在も彼女は日記を更新し続けています。
このサイトは検索すればだれでも閲覧可能なので子供の保護者も見てる可能性もありとても苦痛です。
私がこれを辞めさせることはできないものでしょうか?

どなたかご存知でしたら教えてください。

現在主人とは離婚をするための調停&別居中です。
離婚の理由は主人の暴力と嘘、女性問題です。

主人の不倫相手が大手のサイトにブログを乗せていて
主人と出かけてる様子がたびたび載せられていて(写真付きで)
私もたまたま会員だったことから相手が発覚しました。
それでも全責任は主人にあるものと調停でも主人を責め続けてきましたが自営業の主人はあくまで従業員だと言い張り知らぬ存ぜぬの一点張り。
ほぼ1年はだまってきましたが余りにも彼が調停に来なかったり
お金がないと言って生活費はい...続きを読む

Aベストアンサー

調停しているのですから、今回の内容証明の件も含めてご自身の弁護士に相談し、こちらから法的措置をとれば良いことです。

内容証明の差出人が相手の弁護士であれば、その弁護士も知らぬ存ぜぬは通用しません。ご主人から直接であれば、それも離婚調停に有利な証拠になります。

いずれにせよ、この件を調停の場に持ち込んだほうがご自身に有利に働くと思われます。そして、ブログの件に対して慰謝料の増額を求めるなり、差し止めを求めるなりの調停を結ばせるよう、法廷に引きずり出すのです。

Q法律系資格について教えてください。

質問させて下さい。法律系職業についてです。

司法書士、行政書士、公務員系、裁判所事務官など法律資格職は様々ありますが、自分が目指すとして今、大学生なのでいきなり司法書士はハードルが高いです。

法学検定の存在を知り、次回4級を受けようと思います。

法律系資格として、そのほかにステップアップとなるくらいの難易度のものはどのようなものがありますか?パンフレット等見てもあまり体系的に書かれてないのでわかりにくいです。

法学検定まずは目指して法学の基礎知識付けようと思いますが、そのほかどのような資格があるでしょうか?

法学検定の存在も最近知りました。

Aベストアンサー

こんにはです。法律系資格について自分の経験した範囲で書き込みさせていただきますネ。

私の場合は、その法学検定の存在自体を知りませんでした(^^;このサイトに来てからそういうのがあるんだなんて、、、(笑)
で、法律系の資格をどうステップアップしていくかなんですが、もし司法書士に挑戦するならば、、宅建⇒行政書士⇒司法書士で行くかな~なんて。私の場合は宅建(勉強期間3ヶ月)⇒行政書士(勉強期間1年)まで行きました。ただ、司法書士が目的だったわけではないのでそこまでは受験しませんでした。でも、ステップアップの方法としては悪くなかったように思いますけどネ。宅建を最初にかませたのは私が法学初心者(大学の専攻などは全く違いましたし、、、汗)で独学だったため、全く知識がなくどうしてもかなり低い段階から始める必要があったため民法が比較的易しく入っていた宅建で肩慣らしをした感じです。
ただし、宅建⇒行政書士はかなり難易度に開きがあったので行書の時は結構ヒヤヒヤでした(^^;おそらく行政書士⇒司法書士もかなり難易度に開きがあるので、私には予想でしか言えませんが、行政書士に受かる力があっても司法書士のために相当量の勉強が必要だと思います。
司法書士の前に行政書士あたりでもかませればすこしは自信になったり、自分の力を確認できるんじゃないでしょうかネ。

こんにはです。法律系資格について自分の経験した範囲で書き込みさせていただきますネ。

私の場合は、その法学検定の存在自体を知りませんでした(^^;このサイトに来てからそういうのがあるんだなんて、、、(笑)
で、法律系の資格をどうステップアップしていくかなんですが、もし司法書士に挑戦するならば、、宅建⇒行政書士⇒司法書士で行くかな~なんて。私の場合は宅建(勉強期間3ヶ月)⇒行政書士(勉強期間1年)まで行きました。ただ、司法書士が目的だったわけではないのでそこまでは受験しませんで...続きを読む

Q不倫の法的な扱いについて

※私は不倫してませんし結婚もしてません。
 ふと疑問に思っただけなのですが知識とお時間ある方お付き合いください。


不倫について、W不倫ではなく片方が独身の場合、
例えば奥さん・不倫してる旦那さん・←が既婚者だと知りつつ付き合ってる独身女性がいたとき、
奥さんが訴えれば独身女性からも慰謝料が取れる理屈がいまいち分かりません。

個人的には、不倫の何が悪いかって、大切な人を裏切ることだと思うんです。
だから、奥さんを大切だと言っている(結婚している以上「大切にする」と誓っていることになる)旦那さんが、その人を傷つけるようなことをするのが悪い。
たとえ独身女性に言い寄られても、断ればいい話。
独身女性は、独身なのだから誰を好きになっても良く、好きになった相手を自分のものにするために努力するのは当たり前のこと。

「大切じゃない人なら傷つけてもいいのか」という観点では、暴行が罪であるのと同じように独身女性も奥さんを傷つける恐れがあるので罪、かな?とも思ったのですが、
これだって言い寄られた旦那さんが断れば済む話です。
ストーカーとか強姦に及べばそれは別の罪になるわけで、不倫による慰謝料を求められるのは違う気がしてしまいます。
「不倫幇助」という罪があれば、「旦那さんに罪を犯すよう促した」という意味でそれならまだ理解できますが……

自分がされたら嫌でしょ、などの感情論ではなく、法的な?考え方についてどう考えたらいいのか疑問に思いました。(仮に自分がされたとしても、女性側のことは軽蔑はしても罪としては旦那さんの罪だと思うと思いますが)
本格的に知るには専門書なんかを読むべきだと思うのですが……
ちょっと気になったのでちょっと教えていただけると嬉しいです。

※私は不倫してませんし結婚もしてません。
 ふと疑問に思っただけなのですが知識とお時間ある方お付き合いください。


不倫について、W不倫ではなく片方が独身の場合、
例えば奥さん・不倫してる旦那さん・←が既婚者だと知りつつ付き合ってる独身女性がいたとき、
奥さんが訴えれば独身女性からも慰謝料が取れる理屈がいまいち分かりません。

個人的には、不倫の何が悪いかって、大切な人を裏切ることだと思うんです。
だから、奥さんを大切だと言っている(結婚している以上「大切にする」と誓っていることに...続きを読む

Aベストアンサー

>すると、肉体関係さえなければ、極端な話長年二重生活をしていても罪にならない、のでしょうか?

肉体関係があっても「罪」にはなりません。
あくまで不法行為として訴えることが出来るか否かです。

二重生活をしていた場合、肉体関係がなければ、妻は不倫相手を訴えることはできませんが、夫に対しては離婚の要求と慰謝料請求はできるでしょう。


>また、「夫婦間の守操義務に~」というのは、結婚している本人以外にも課せられる義務なのですか?
義務と権利は表裏一体です。
義務があるということは、その権利があるということです。
本人以外に義務が課されるのではなく、その権利を侵害したとして訴えられるということです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報