最新閲覧日:

こんにちは。
QC活動や改善提案等である仕事の仕事時間が例えば50分だったのを
25分になったとします。
あいた時間をどうするかまで考える必要があるのでしょうか?
もしあいた時間をどうするかまで追求するのはどういう理由なのでしょうか?

A 回答 (2件)

こんばんは 私の経験でのお話をします


今回のQC活動において25分短縮出来たのであれば、残りの25分で何が出来たのか?プレゼンの時、聞く側としてそこが1番知りたい部分!と思います。
例えば、今回の取り組みにおいて残業時間が減少し、生産性が向上したとか、時間に余裕が出来て他部門の応援が出来るようになったとか 各事業所 チーム内でさまざまな取り組みがあると思います どの様な活動をされているかは分からないですが、”今回の取り組みにおいて、何を得ようとしているのか” 空いた時間をどうするかをQC活動で取り組むのではないのかな?と思います。
 
    • good
    • 0

生産性、特に単位時間あたりの生産性(1時間にどれだけ生産できたか)を会社は重要視します。


50分が25分で出来たら、自己満足で終わり。
1時間あたりどれだけ仕事をこなすようにできるかが、評価になってきます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報