環境問題をもっと身近に考えるために、日本は毎年どのくらいの森林を伐採しているのか、具体的に教えていただきたいのですが…。例えば、日本の面積の約半分とか、韓国と同じくらいの面積の森林伐採をしているとか。後何年したら、森林は消えてしまうのか、紙を一年にどれくらい無駄に消費しているのか。もしこれをしなかったら、何本分の森林が伐採されなくて済む…などというような、回答をお待ちしています。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。とても助かりました。私は財団法人AFSという留学機関で学生ボランティアをしている大学生なのですが、今度留学先から帰ってくる高校生たちのために開くオリエンテーションで、森林伐採と各国のその対応という議題でそれぞれ自分たちの派遣されていた国十数カ国の大使として、模擬国連をするのです。その後に世界平和へどのように貢献すべきか、ということを考えてもらうディスカッションがあるのですが、模擬国連で扱った森林伐採から、アプローチをしていこうと考えているのです。しかし、理想論をはなすだけでは、せっかくのディスカッションも意味が無くなってしまいます。実際自分がどう行動していくか。ということにつなげやすいように、みんなに想像がつくような、具体的な資料が欲しかったので、今回お助けいただいて本当に助かりました。改めてありがとうございます。

お礼日時:2002/03/23 23:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

日本 環境問題」に関するQ&A: 「混沌」の意味

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q花の咲かなかった木の剪定時期

4月に樹高が2mほどのエゴノキを植えました。
そろそろ花のつぼみが付いても良い時期だと思うのですが、
そのような気配が全くありません。
木自体は大変元気で若葉がどんどん伸びてきています。
花が咲き終わった直後以降に剪定をすると花芽を切ってしまう
ので、翌年は花が咲かないと聞きましたが、購入時に樹形が
大変良かったので(それを気に入って購入したのですが)、
販売直前に剪定がされたと想像しています。
このまま、今年は花が咲かない場合、来年の花芽の事を考える
と、やはり花の時期直後の6月頃に剪定をすれば良いのでしょうか?

Aベストアンサー

エゴノキは、自然に樹形が整うタイプの樹で、あまり剪定を必要としません。
おっしゃるとおり、花芽の形成時期は花後の7~8月ですが、
徒長枝には花芽がつかず、太短いガッシリとした枝の先につきます。
そのため、一般には真冬(1~3月)に(花芽がないことを確認しながら、)
込み合ったところや、樹形を乱している枝を切ります。

http://www.nararinshi.pref.nara.jp/gumoku/e.html
http://www.san.town.sonobe.kyoto.jp/bio/baio/qa75.htm

参考URL:http://www.san.town.sonobe.kyoto.jp/bio/baio/qa75.htm

Q同じ面積の海と、森林とでは、どちらがCO2吸収の量が多いでしょうか?

同じ面積の海と、森林とでは、どちらがCO2吸収の量が多いでしょうか?

Aベストアンサー

CO2吸収量は気候に大きく影響を受けますが、一般的には以下の通りです。

陸地の森林や草原:
   熱帯雨林は 1年間に 1haで100トンの二酸化炭素を吸収する。
   温帯林は  1年間に 1haで 58トンの二酸化炭素を吸収する。
   寒帯林は  1年間に 1haで 22トンの二酸化炭素を吸収する。

海の海草や(プランクトン):
   熱温寒平均 1年間に 1haで 17トンの二酸化炭素を吸収する。
   河口近く  1年間に 1haで 24トンの二酸化炭素を吸収する。
   沿岸部は  1年間に 1haで 12トンの二酸化炭素を吸収する。

よって陸地の森林の方がCO2吸収量が多いことになります。

Q柿とイチジクの木の剪定の可否と時期

柿とイチジクの秋苗を先週買ってきたので、今週末に庭植えを考えています。スペースが狭いので、成長したら剪定して丈を170cmくらいに押さえたいのですが、可能でしょうか。また剪定可能な場合、剪定は秋しかできないのでしょうか。

Aベストアンサー

柿は前年の枝に翌年新しい枝を伸ばし結実する物ですから、翌年が当たり年でも裏年でも剪定した枝には結実しません。柿は隔年結実樹ですので剪定する場合は一度に全体を剪定するのではなく毎年質の良い果樹が均等に結実するように枝を透かす様に剪定して下さい。
イチジクの剪定時期は12月~2月頃が良いと思います。

イチジクの育て方
http://www.komeri.com/howto/html/01950.html
こんなに小さ果樹でも生ってます。
http://plaza.rakuten.co.jp/kaju38/diary/200608100000/
イチジクの増殖は鹿沼土、赤玉土、富士砂、堆肥等を混合し、排水、保水性の有る土壌に3月~4月頃に挿して下さい。
http://www.yamaen.co.jp/plantsguide/pb-info-sim.asp?kensakumoji=354
イチジクの害虫はスミチオン乳剤等で対処して下さい
http://www.h.chiba-u.jp/soudan/kajyu/ichijiku.htm
イチジクの冬期収穫栽培で着果を促進するための枝管理法
http://www.affrc.go.jp/seika/data_kanto/h16/04/16_04_16.html
イチジク
http://www.pref.shiga.jp/minakuchi-pbo/nogyo/itijiku/itijiku.htm

柿は前年の枝に翌年新しい枝を伸ばし結実する物ですから、翌年が当たり年でも裏年でも剪定した枝には結実しません。柿は隔年結実樹ですので剪定する場合は一度に全体を剪定するのではなく毎年質の良い果樹が均等に結実するように枝を透かす様に剪定して下さい。
イチジクの剪定時期は12月~2月頃が良いと思います。

イチジクの育て方
http://www.komeri.com/howto/html/01950.html
こんなに小さ果樹でも生ってます。
http://plaza.rakuten.co.jp/kaju38/diary/200608100000/
イチジクの増殖は鹿沼土、赤玉...続きを読む

Q地球の森林全体から放出される酸素量

地球の森林全体から1日に放出される酸素量はどれくらいなのでしょうか?・・・億t?
概算が載っているURLなどはありませんか?

Aベストアンサー

地球環境 Vol.9 No.2 「衛星データを利用した全球一次生産の推定:陸域生態系の純一次生産量の分布」

PDFファイルの下のほう(6/8ページ)に表があります。NPP総量がそれぞれの群系で固定された炭素であり,光合成による二酸化炭素の吸収と酸素の放出がモル比で等しいとすると,NPP×32/12が放出された酸素の質量だと思います。

常緑広葉樹林でNPPが11.94Pg(ペタグラム)なので酸素放出量は31.84Pgでしょうか。1Pg=10^15g=10億トンで換算すると318億トン。
他の森林も足せば答えが出ますが,何せ見たばかりのデータなので勘違いや計算違いとかがあるかもしれません。

参考URL:http://www.airies.or.jp/publication/index.html

Q6月の木の剪定について。

剪定に関しては初心者です。近々知り合いの家に剪定の手伝いに行くことになりました。木はウメ、ソテツ、松、サカキ、カイヅカ、一応これだけの木が伸び放題になっていることから、これらの木から剪定することになりました。他にも常緑広葉樹があるみたいなのですが・・。剪定には時期的なものがあると聞きました。あまり強い剪定はこの時期は適していないようなので、徒長枝だけでも切ろうかなと思っています。6月の剪定は徒長枝だけを省くような剪定の仕方でよろしいのでしょうか?お答えいただけたら幸いです。

Aベストアンサー

常緑樹は今くらいの時期が剪定に適しています。
落葉樹は冬の時期が適していますが、今くらいになると樹液の流れもある程度落ち着いてきていますので、おそらく問題ないと思います。
ただし、今の時期に強剪定すると、そこらじゅうから徒長枝が出て始末に負えなくなってしまいます。
剪定ばさみでバサバサ切るくらいなら問題ないですが、のこぎりで太い枝を落とすのは避けたほうが無難です。

Qこれからの日本の森林はどのように利用していくべきでしょうか?

日本の国土にはたくさんの森林面積があり緑豊かですよね。自国の木は切らずに輸入によって木材はまかなっているわけですが、海外の熱帯雨林はどんどん減少していっています。

日本の森林を放置しておいてよいのでしょうか?ある程度は伐採して森林内でも何かしらの調整をしたりしなければ森林自体にも悪いのではないでしょうか?それに森林がたくさんあるのですから活用すべきだと思うのです。日本人は、ひょっとして宝の持ち腐れに気づいていないのかもしれません。

これからの日本の森林はどのように利用していくべきでしょうか?僕は、建築材に使うという利用法がすぐに思いついたのですが他にどのような利用方法があるか、みなさんから知恵を拝借したいのです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 木材の使い道は、大きく分けてつぎの4つがあります。
1) 建築材、2)燃料材、3)施設材や土木材(杭や矢板など)、4)器具材

 このうち1)の建築材についてはお気づきのとおりです。最近は「値段は高くても近くで育った木を使って家を建てよう!」という人も増えてきているみたいですね。『木の家に住むことを勉強する本』(泰文館)や『近くの山の木で家を造る運動宣言』(緑の列島ネットワーク)という本はおすすめです。

 それではあとの3つについても、見ていきましょう。
2)燃料材 は石油・ガスといった化石燃料に頼った今の暮らしのしくみを根本的に変えない限り、需要増は望めそうにありません。アウトドア用に最近よく売られている炭も、やっぱりコストの高い国産品でなく安い輸入品です。中国産とか、東南アジアのマングローブを使った炭なんかが多いようですね。
 ただ、いまの日本でも、山の近くに行くと軒下に薪を積んだ家を時折見かけます。お風呂を焚くには薪を使った方がやさしいお湯になって、風呂から出たあとも冷めにくいのだとか。こういう生活を見直すときが来るかもしれませんね。

3) 設材や土木材 は今やほとんどコンクリートやスチールなど、木材以外の素材に変わってしまいました。たとえば線路の枕木も、「木」ではなくコンクリートでできていますし、橋も木造から鉄筋コンクリートに変わっています。家を囲む塀も、板塀は珍しくなったし、土木工事に使う杭にもプラスチック製があります。こちらはなかなか個人レベルの努力では難しいかもしれません。

4) 器具材は、身の回りの道具類につかう木のことです。これもかなりがほかの材質に転換しています。鉛筆がシャープペンシルに、木でできたお椀が合成樹脂製に、木の椅子や机がスチール製に。材質転換していないものを探しても、国産の木材を使った製品はとにかく高くって、一消費者として二の足を踏んでしまいます。
 わたしも先日、新しいまな板を買いに行ったのですが、多かったのは白い樹脂のまな板でした。食品衛生上、業務用には木製は使えないですし、家庭用もいまはこちらが主流のようです。100円ショップに行くとキリの木をつかったまな板(中国製)も売っていましたが、とにかく軽くて使い捨てに近そう。結局、北米産のスプルスという針葉樹の一枚板のものと、高知四万十川流域産のヒノキ集成材をつかったものを候補に絞りました。「国内林業を応援するために!」と後者を選びたいと思いつつ、価格に負けて(前者500円台、後者1200円台)前者を買ってしまいました。後者は木目もきれいで収納のことも考えたつくりになっていて、とても心ひかれたものの、集成材の割に高いなー、と手が出ません。このまな板をつくるためにかかった手間を思うと、日本の人件費を考慮すれば至極妥当な値段なのですが、わたしのお財布には見合いませんでした~(情けないです)。もちろんお金に糸目をつけなければ、立派な国産材のまな板も買えるでしょう。意識とお金を持った人が協力金の意味合いを込めて、国産材を使った製品を買って需要を増やしていくしかないようです。

 ご質問からすこしそれますが、「森を守ろう」という意識を変えるのも、ひとつの手かもしれません。森林の荒廃といっても、人が森を改変する前の利用しにくい姿に戻っていくだけのこと。「遷移」という自然の流れに沿ってゆっくりと、もとの森の姿に戻っていく過程にあるのです。人間にとっては扱いにくいかもしれませんが、放っておいても長い目で見れば森自体にとっては大丈夫なのでしょう。とはいえ、暮らしのなかで身近な森との関わりが薄れていくのは寂しいし、やはり人にとってはいろいろな点で問題です。「森林浴」や「水源涵養林」など、森の役割を別の角度からも見直すとともに、これからの暮らし方に即した木材の利用法を考え直すときなのでしょう。
 わたしもいつか家を建てるときは国産材で建て(られるほどの財力を持ってい)たいものです。そういう希望がお金持ちでなくても叶うよう、kei533さんが仰るように社会のしくみを変える必要もあるかもしれません。やっぱり日本の森は大切な宝物ですよね、みんなで守れるようなしくみを作っていきましょう。

 木材の使い道は、大きく分けてつぎの4つがあります。
1) 建築材、2)燃料材、3)施設材や土木材(杭や矢板など)、4)器具材

 このうち1)の建築材についてはお気づきのとおりです。最近は「値段は高くても近くで育った木を使って家を建てよう!」という人も増えてきているみたいですね。『木の家に住むことを勉強する本』(泰文館)や『近くの山の木で家を造る運動宣言』(緑の列島ネットワーク)という本はおすすめです。

 それではあとの3つについても、見ていきましょう。
2)燃料材 は...続きを読む

Q剪定時期

木というよりも茎のような植物です。
これから花を咲かせるようです。
茂り過ぎるので剪定したいのですが、この植物を知る人は剪定すると枯れると言います。
しかし挿し木をすると容易に根付くとも言います。

そこで質問です。
一般的に、剪定すると枯れるような植物の剪定時期はいつごろでしょうか?

Aベストアンサー

すみません。外国の植物ですと経験がないので分かりません。
人間も傷を受けた時に何も手当や消毒をしないと、化膿してひどくなるのと同じです。
木の外皮も同じように内部を守ってやっています。もちろん手当をしなくても丈夫な木もあります。

<最高気温は28度、最低気温は7度くらいです。
はっきりした休眠時期はないのかもしれません。でも剪定するとしたら、できるだけあまり成長しない時期が良いと思います。
切った時に切り口から液体が流れ出る状態ですと難しいです。
専用の切り口保護剤が入手できなければ、木工ボンドでも良いです。切り口を外気に触れさせないことです。

剪定する時に、その幹の葉がある部分より上を切ります。剪定した時に葉または葉が出る部分が残っていませんと枯れる木は日本でも多くあります。

Q森林について

今日、地球温暖化が騒がれ森林伐採抑制の動きがありますが
もし逆に森林減少ではなく爆発的に増加したら
地球はどうなってしまうのでしょうか?
詳しく教えて頂ける方、お願いします。

Aベストアンサー

温暖化云々は添付の学者さんに任せて、森林が爆発的に増えてもそれ程短期には状況は変わりません。

例えば石炭紀と言う約5000万年の期間に石炭が出来たのですが、その時は地球上の陸地にドンドン植物が育ち、酸素濃度が多い大気の中で度々山火事があって、その後地中に潜った炭化した木が石炭になった様です。

そう言った長期の営みで延々と溜め込んだ炭素を燃やして二酸化炭素に変えているのがここ100年ですが、期間の差は50万倍あるので、今すぐに地表が森に覆われたとしても、それが相当期間続かなければ大きな変化には繋がりません。

参考URL:http://www.cneas.tohoku.ac.jp/labs/china/asuka/

Q庭木の剪定時期について

よろしくお願いいます。

庭木の剪定時期について、本などを読むといろいろ書いてありますが、内容が異なっていて良く分かりません。

大まかに言うと、11月か3月位が良さそうで、真冬は避けたほうが良いとあります。

だけど、一方では木が元気に活動している時のほうが切り口が早く直って良いとも書いています。
そうすると、剪定時期は初夏ではないかと思ってしまいます。

また、もみじはどの本にも注意が必要と有ります。
春先では、樹液が動き出しているので遅く、2月が良い。
あるいは、12月では遅く、落葉後すぐが良い。
あるいは、木が動き出して安定している初夏が良い。
と、さまざまです。

花芽を考慮する必要等あるでしょうが、

1.基本的な考え方として剪定時期はいつが良いのでしょうか?
2.またその理由はなぜなのでしょうか?

Aベストアンサー

そうですね...。
1年ほど造園屋で修行していた者ですが、時期的にいつだとは断定できません。
はっきりいってプロの選定は一年中やってますからね。

mk1234さんが本で読んだことは間違いではないと思います。
色々な説があるのは樹木の種類や目的によって最適な時期が違うからです。
花を楽しむ木もあれば、樹形を整える木や腐りやすい木、樹液が垂れる木など様々です。
木の状態によっても変わってきます。元気がない木は負担のかかる時期や量はさけるべきです。

一年に一回プロに頼む人の多くは正月にきれいにしておきたいので11・12月が多いです。(松や常緑の木が多い庭)

花を楽しむ木であれば、花が咲いてから花芽がでる前に選定(刈込み)しないと花が少なくなったり咲かなくなったりします。

自分で行う場合は木によって変えるのが良いと思います。また、強選定でなければ基本的にいつでも良いと思いますので庭を見て気になる枝があったらそのつど切る程度であれば木の負担は軽くなります。

ちなみに植物の活動温度は7(5)~37℃といわれています。春先は休眠からさめて根が動き出し、水を吸い上げて新芽を出す時期で植物としては一番がんばっている時期なので負担はあまりかけないほうが良いです。

そうですね...。
1年ほど造園屋で修行していた者ですが、時期的にいつだとは断定できません。
はっきりいってプロの選定は一年中やってますからね。

mk1234さんが本で読んだことは間違いではないと思います。
色々な説があるのは樹木の種類や目的によって最適な時期が違うからです。
花を楽しむ木もあれば、樹形を整える木や腐りやすい木、樹液が垂れる木など様々です。
木の状態によっても変わってきます。元気がない木は負担のかかる時期や量はさけるべきです。

一年に一回プロに頼む人の...続きを読む

Q森林学用語:lose bark season

森林学の用語で「lose bark season」は日本語の専門用語的にはどうなるでしょうか?検索すると、どうも樹木の皮を剥ぎ取るシーズンのようですが。西欧にはそのようなシーズンがあるのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

質問者さまの以前のご質問 (「the mean log10 OR」) で、BAを頂戴しました。ありがとうございます。 森林学は全くの専門外ですが、お邪魔致します。m(_ _)m

まず、質問者さまにお願いなのですが、どのような文脈で この 「lose bark season」 をご覧になったのか、その文章を、【補足】 で具体的に挙げて頂けないでしょうか? その出典全体を拝見しないと、何とも判断できないので、「lose bark season」 がある一文だけでなく、その前後の文章 (なるべく多く) も、原文ママでお願い致します。もしくは、出典のリンク先を、そのまま貼って頂いても構いません。この出典次第では、特に専門用語ではない (特定の訳語が存在するほどのものではない) 可能性もあるかと考えます。

一応、私も検索してみたのですが、「lose bark season」 そのものズバリでは、質問者さまのこのご質問しか引っかかりませんでした。m(_ _)m ただ、「bark loss」 などの語でならば、いくつかが引っかかってきました (1例を下記引用。よそさまのサイトです。ありがとうございます。m(_ _)m ちなみに、ここでは、マツの樹皮が失われる原因として、病気・昆虫・動物によるダメージを挙げています)。

Causes of Pine Bark Loss (ehow)
http://www.ehow.com/info_8149384_causes-pine-bark-loss.html
.

質問者さまの以前のご質問 (「the mean log10 OR」) で、BAを頂戴しました。ありがとうございます。 森林学は全くの専門外ですが、お邪魔致します。m(_ _)m

まず、質問者さまにお願いなのですが、どのような文脈で この 「lose bark season」 をご覧になったのか、その文章を、【補足】 で具体的に挙げて頂けないでしょうか? その出典全体を拝見しないと、何とも判断できないので、「lose bark season」 がある一文だけでなく、その前後の文章 (なるべく多く) も、原文ママでお願い致します。もしくは、...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報