至急、教えて頂けたらと思うのですが…。

3/20に退職をし、退職後は任意継続保険に入ると言う事で会社側には事前に話しをしたので喪失手続きは行って貰えるだろうと思うのですが…。
ただ、私は23日に病院に掛かる予定があるのですが、20日で既に退職をしているのに23日に病院に掛かった費用というのはどうなるのか?と心配でなりません。
おそらく会社は22日に喪失手続きを行うとは思うのすが、私も22日のうちに社会保険事務所へ行き手続きをしてから23日に病院へ行くべきなのでしょうか?自分が社会保険事務所へ行き任意継続の申請をするにも会社が喪失手続きをしていないと申請できないと聞きました。会社側がもし22日に喪失手続きを行わなかった場合、自分も22日に保険事務所に出向いても申請できないだろうし、そうなれば23日の病院は行かない方が良いのでしょうか?
すみませんが、アドバイスお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

23日にかかる医療は、初めてですか、継続ですか。

継続であるなら「資格喪失後の給付」にあたり、今までの保険から療養の給付が行われます。ただし、その資格喪失後10日以内に管轄社会保険事務所または健保組合に継続療養受給届を提出して受給期間を記した「継続療養証明書」の交付を受ける必要がありますね。
でも、あなたは任継になる予定だから、22日に両方の手続きをされた方が面倒がなくていいですね。
で、仮に忘れてしまった場合でも、「療養費」という制度がありますから、全額支払って、後から清算することもできるはずですよ。

参考URL:http://www06.u-page.so-net.ne.jp/za2/kengo-y/sya …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧なレス、ありがとうございます。

23日に掛かるのは初めてではなく、つい1週間程前に掛かり始めたばかりです。
今日、早速、社会保険事務所へ出向き無事、手続きを完了してきたところです。
おっしゃる通り、継続療養手続きをしても任意継続保険に入るのだからその必要は無さそうですね。

お礼日時:2002/03/22 16:33

 NO1です。

病院への支払いは、その病院によって対応が異なります。初診でなければ、保険証ができたときに病院へ提示して、その時に自己負担分を支払う場合もありますし、10割分を支払って保険証を病院に提示したときに、8割分を返してくれる方法を取っている場合もあります。
    • good
    • 0

現実には、全額、病院へ払って、保険証ができた段階で、また病院で精算してもらうことになります(保険との差額。

病院は、1回行っても、経過みるために、もう一度来てくれといわれるでしょうから)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レス、ありがとうございました。
maisonfloraさんのおっしゃる通りのようでした。

お礼日時:2002/03/22 16:30

この場合、22日に会社で「社会保険資格喪失届」と、任意継続」の申請書を作成してもい、ご本人が、社会保険事務所に持参しますと、その場で「任意継続」の健康保険証を発行してもらえます。


それで、23日に 病院へ行くことが出来ます。

社会保険事務所へ行くときには、印鑑と、1月分の保険料を持参してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧にレス、ありがとうございました。

特に前の勤務先からは、「社会保険資格喪失書」は頂いておらず退職前に任意保険の意志を伝えましたので会社側で処理されているんだと思うのです。
早速、本日、管轄の社会保険事務所へ出向き手続きをしてきました。保険証が出来上がるには約1週間程掛かるらしく出来上がればハガキで通達が来るようでそれを持って再度、保険事務所へ出向き保険料等収めるような仕組みになっているようでした。

お礼日時:2002/03/22 16:28

 20日に退職をしたのであれば、従来の健康保険は20日まで資格があり、21日に資格を喪失ということになります。

任意継続は21日から資格を取得することになりますが、祝日のため実際の手続きは22日以降になります。23日に通院の予定があるのでしたら、今日中に社会保険事務所に任意継続の手続きを行い、任意継続の保険証が発行されない場合には、23日に通院することを伝え、社会保険事務所から「資格証明書」を発行してもらいます。この「資格証明書」は、保険証と同等の効力があり、保険証の代わりに医療機関に提出すると、保険証と同様の診療が受けられるものです。

 22日に会社が喪失手続きをしてくれるのでしたら、一緒に社会保険事務所へ言って手続きをすると良いでしょう。会社が22日に手続きをしない場合には、資格喪失手続きがなされていませんので、病院に任意継続の手続き中であることを伝えてください。任意継続の保険証が出来た段階で提示するか、10割分の医療費を支払って、領収書を社会保険事務所に提示して8割分の還付を請求するか、いずれかの方法になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧にレス、ありがとうございました。

早速、管轄の社会保険事務所へ出向き手続きしました。
23日病院へ行く事を告げましたが、教えて頂いたその「資格証明書」は特に触れず、職員の人に言われたのは、「病院へ行ったら今、任意継続保険の手続き中なので。と一言、病院へ告げて保険証が1週間後くらいに出来上がって来るのでそうしたらそれを持って病院に再度、行けば処理してくれるはずですから。」と言われただけでした。
なので、その場は自分が全額立替えて後から返金されるというような流れなのでしょうね。

お礼日時:2002/03/22 16:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q慰謝料受け取りに領収書は?

相手側に慰謝料を請求するのですが、それの領収書を書いてくれと言われましたが…これは要求されてしかるべきものなのですか?その領収書を確定申告の時に使われそうで(支払った慰謝料を~~代として利用されそう…)なんかしゃくな気分です?!
慰謝料の領収書は書く必要はないものですか?領収書の要求は違法なことではないのですか?…但書は慰謝料として、とは違うもので要求されています…

Aベストアンサー

慰謝料を受け取った場合、相手としては支払った事実を立証するために領収書の発行を求めることは当然です。
(2重に請求されないためも有ります)
但し書きについては、事実を記入するべきで、他の名目を記入しない方がよろしいでしょう。

又、相手が事業などに関連した慰謝料であれば、事業の経費として処理することは認められます。
これについては、やむを得ないことですから、冷静に判断しましょう。

Q自己都合退職における退職日と社会保険資格喪失日について

長いこと総務系の仕事をやっていて、法律にもさほど疎い訳ではないのですが、私としては信じられない事例を聞いたので教えてください。

義理の妹が8月31日をもって退職しました。
退職願いは7月中に受理されており、円満退職です。
しかし、この会社(非上場ですが年商150億、正社員150人位です)の取り扱いとしては、退職日を最終日前日の30日として、最終日を社会保険資格喪失日とするのだそうです。要するに退職月の社会保険料を浮かせるためにやっている訳です。
本人にとっては、1日分の減給がある訳ではなく、退職前にはそれなりに有給休暇も消化させてくれていますので、あまり損はないように見えますよね。
でも、退職月で資格喪失してしまうため、義妹は今月から次の就職先が決まっているのにもかかわらず、退職月の分のみ国民年金に入る手続きをしないといけないんですよ。
会社からはそのようなアドバイスも無かったそうですけどね。
本題に戻りますが「8月31日をもって退職」とした退職願が出ているにもかかわらず、「8月30日で退職させる」というその会社の取り扱いは、合法なのでしょうか?
もし違反であれば「○○○法の第00条に違反ではないか」というところまでアドバイスいただけると助かります。
ちなみに、違反がわかってもその会社にクレームをつけるということまでは考えていませんので申し添えておきます。
よろしくお願いします。

長いこと総務系の仕事をやっていて、法律にもさほど疎い訳ではないのですが、私としては信じられない事例を聞いたので教えてください。

義理の妹が8月31日をもって退職しました。
退職願いは7月中に受理されており、円満退職です。
しかし、この会社(非上場ですが年商150億、正社員150人位です)の取り扱いとしては、退職日を最終日前日の30日として、最終日を社会保険資格喪失日とするのだそうです。要するに退職月の社会保険料を浮かせるためにやっている訳です。
本人にとっては、1日分の減...続きを読む

Aベストアンサー

#1です。

>退職した会社にではなく、健保組合に対してアクションを起こせばいいんですね。

そうですね。順番から言えばそちらのほうがよろしいかと思います。
それで是正されないようであれば、社会保険事務局に不服を申し立てるという方法がよろしいかと思います。

社会保険事務局としても、1か月分の社会保険料が発生するかどうかの問題となりますので、真剣に取り組んでくれるのではないかと思いますよ。

Q自賠責慰謝料受け取りについて

教えていただきたい事がありまして質問させて頂きました
追突事故に遭いましたが、幸い軽いむちうち程度ですみまして、
治療も1ヶ月程で終了しました

治療終了後、保険会社の方に自賠責慰謝料などについての用紙を
送りましたが、音沙汰無しでしたので、保険会社の方に連絡しましたところ、「事故の加害者に連絡がとれなくて困っている」という事でした。
相手方は、何度電話しても出ないようなのですが、治療終了から半年程経っているのに、こういう状況だと自賠責慰謝料?は受け取れないのでしょうか?
何か方法がありましたら、教えていただけると幸いです
よろしくお願い致します

Aベストアンサー

相手保険会社は任意保険一括払いでの対応ですか?

それとも相手加入自賠責に直接被害者請求したのでしょうか?

前者なら契約者の意向確認が必要なのかもしれませんが、後者なら、通常は加害者に問い合わせ書類を回答期限付きで郵送 電話回答とか回答書類返送がなければ、特別問題はないということで自賠責定額賠償補償金額を振り込むはずです。

半年もかかることはないはずで、担当者が放置していたか??
任意保険での処理ではなく、その担当者にあなたが直接請求できる、自賠責被害者請求に切り替えることを提案されてみては・・・・?

Q民事再生手続き申請後の退職金支給は?

会社が民事再生手続きを申請したとします。
就業規則で退職金規定があり、通常は問題なく支給される条件の人が退職した場合、会社は民事再生手続き申請後でも支給する義務はあるのでしょうか?

回答をよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 民事再生手続で、権利変更の対象となる債権は、基本的に、民事再生手続申立の時点ですでに発生している債権ということになります。再生申立後のリストラ等で退職する従業員の退職金債権は、再生債権ではなく、再生計画によって権利が変更される対象にはなりません。ですから、原則として、退職金規定のとおり支払われることになります。ただ、退職金は、権利として確定しているものではありませんから、正当な理由があれば、正当な手続を踏んで退職金規定を変更したり廃止することができます。そうなると、退職金がもらえなかったり、減額されることもあり得ることになります。

Q不倫の慰謝料請求

父親の不倫相手の女性に母が内容証明で慰謝料請求をしました。
音沙汰がないので弁護士さんから内容証明で慰謝料請求をしてもらいましたが、受け取り拒否をされて戻ってきたのでもう1度トライしたらまた受け取り拒否で戻ってきました。
相手の女性が働いて収入があるかどうか、はっきりとはわからなかったのですが、ちゃんとした職場で働いているという情報が今日入ってきました。
その女性はもともとうちの会社で働いていたので、母も私もその女性のことを知っています。

その女性はその新しい職場でうちの父と不倫して母に慰謝料請求されたことを言いふらして鼻で笑ってたとのこと。
確かな情報です。

この女性から慰謝料をとることは出来ますでしょうか。
父は自業自得ですが、母のことを馬鹿にされて、はらわたが煮え繰り返る思いです。
どうかお知恵をお貸し下さい。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 慰謝料の「請求をする」ことは可能ですが,「とることができるかどうか」は個々の事例次第なのでやってみなければ分からないということになります。
 内容証明郵便などの請求に任意に応じなければ,裁判や調停を起こすことになりますが,裁判所に慰謝料請求そのもの或いは望む金額が認められるかどうかは分かりません。
 また,認められたとしても相手に支払能力が無ければ,現実的に取りようが無いということもあります(#1のとおり給与から取れそうではありますが)。

 お母様が裁判を起こしたりすると,相手の女性が「誘惑されて貞操の侵害を受けた」などとしてお父様へ慰謝料請求を起こしてくることも考えられます。だからどうだということはありませんが,泥沼化することもあり得るということになります。
 既に依頼を行っている弁護士と打ち合わせをして方針を決めるべきでしょう。

参考URL:http://www.gyoseisyoshi.com/wakareno/tyuuiten.htm#souba

Q「国民健康保険の任意継続の手続きが20日以内」について

よろしくお願いします。
国民健康保険の任意継続の手続きをしようとした所、健康保険組合の人から、「正当な理由がないかぎり、退社してから20日以内でないとダメです」といわれました。わたしの場合、21日目だったんですが、間にH17の正月休みが入っています。
正当な理由と言うのは自然災害やスト等で連絡がとれなかった時のようです。
健康保険組合の人の話は法律的に正しいんでしょうか。おおげさなんですが、参考になる過去の判例の様なものはないでしょうか。
保険料が相当高いので、私にとっては深刻です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ちょっと質問に不明な点がありますが、おそらく国民健康保険ではなく健康保険の任意継続被保険者になりたいということですかね。その場合、20日以内の申請でないとだめだと思います。
 ただ、保険料が相当高いということですが、任意継続被保険者の場合、保険料は全額負担になるので、いままで、会社側が負担していた分も自己負担になるので、任意継続被保険者と認めてもらえても、今までの2倍の保険料になるはずです。
 正確なところは、最寄の社会保険労務士事務所に聞いたほうが早いですね。

Q夫の不倫相手に慰謝料請求することについて

夫の不貞行為が原因で離婚します。
夫と不倫相手、双方に慰謝料請求しようと考えています。
ところが夫は「俺が慰謝料払うから相手女性には一切請求しないでくれ。もし相手女性に慰謝料請求するならば俺は払わないぞ。」と言ってきました。
なので私は夫に「あなたが慰謝料払ってくれるなら女性にはしない。」と言いました。そうとでも言わないと夫は慰謝料払ってくれないと思ったからです。
でもやはり女性に対しても慰謝料請求は必ずしようと思っています。
私が相手女性に慰謝料請求したら夫は大変怒ると思います。
私が「女性には慰謝料請求しない」と嘘を付いたわけですから。
それでも相手女性に慰謝料請求することは法的に問題はありますか?
最初から夫に嘘はつかずに正直に「女性にも慰謝料請求はする。」と言っておいた方が良いでしょうか?
ちなみに私は夫と女性に600万円の慰謝料を請求する予定です。
協議離婚の場合は双方で合意すれば慰謝料の金額は幾らでもかまわないのですよね?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 ご主人から慰謝料を受け取った後、ご主人の不倫相手女性に慰謝料を請求し、受け取ることに何の問題もありません。法律的にも何ら問題ありません。

不倫は共同不法行為だから、ご主人から慰謝料を受け取れば、ご主人の不倫相手女性に慰謝料は請求できない。と、いう間違った情報がネットなどで散見されます。

共同不法行為を理由に2人に慰謝料を請求し、受け取ることは出来ない。と、いわれている原因はたぶん、夫と不倫相手女性の両方を「共同不法行為者」として訴えた場合のことをいわれているのだと思います。これだと当然請求できません。

しかし、あなたのケースは、ご主人と、ご主人の不倫相手女性を分けて慰謝料を請求されるのですから何ら問題ありません。少し問題有りなのは、ご主人の方に先に請求された。と、いうことです。本当はどの様な事があろうとご主人の不倫相手女性に先に請求すべきなのです。

慰謝料の金額は、おっしゃる通りいくら請求してもいいのです。例え裁判になってもいくら請求しても良いのです。ただし、請求の根拠に合理性がなければ請求そのものに説得力を欠きますので無駄になる可能性は高いでしょう。慰謝料請求の根拠を一つひとつ具体的に明らかにすればかなりの確率で請求者の希望に添う結果が得られます。

あなたのご質問文書の書き出しにありますように「夫の不貞行為が原因で離婚します。」この離婚原因をゆずらずに、色々な慰謝料請求の根拠を主張して行けば良いでしょう。自信を持って事に当たってください。

 ご主人から慰謝料を受け取った後、ご主人の不倫相手女性に慰謝料を請求し、受け取ることに何の問題もありません。法律的にも何ら問題ありません。

不倫は共同不法行為だから、ご主人から慰謝料を受け取れば、ご主人の不倫相手女性に慰謝料は請求できない。と、いう間違った情報がネットなどで散見されます。

共同不法行為を理由に2人に慰謝料を請求し、受け取ることは出来ない。と、いわれている原因はたぶん、夫と不倫相手女性の両方を「共同不法行為者」として訴えた場合のことをいわれているのだと思います...続きを読む

Q建築許可申請の変更許可申請の手続きについて

変更許可申請の手続きについて伺います。
農業振興地域の農地を転用し、新築を建てます。建築許可申請を出し、許可がおり、地目変更登記も完了してます。
あとは着工に入る段階ですが、建築許可申請で出した建物を変更したいので、変更許可申請を出すということなのですが、その手続きは、
ややこしいのでしょうか?許可がおりにくいとかありますか?
また申請届けは年に1回だけとか、時間がかかるのでしょうか?
あと費用はどれくらいしますでしょうか?
ちなみに建物の変更は外観はほぼ同じでごろりと間取りが変わります。
広さなどはほぼ同じです。お願いします。

Aベストアンサー

はじめまして!
北国の設計屋さんです。
農地からの転用の建築許可申請後は、計画建物の建築確認申請の手続となります。
農地変更の建築許可申請の変更は、計画建物の構造および規模ならびに建物用途などに差異が無い場合は、必要ありません。
建築確認申請は、提出済みで建築確認の許可は、許可済みなのでしょうか。
許可済みで着工前であるなら、速やかに建築確認計画変更申請を提出する事になります。
費用は、計画延床面積の1/2の面積で支払う事になります。
計画変更申請床面積が200平方メートルまでは、9,000円の申請手続料がかかります。
新規の建築確認申請手数料は、200平方メートルまでは、14,000円です。
建築確認申請ならびに計画変更申請の審査日数は、木造住宅の場合は、申請書提出から7日間くらいで許可がおります。
変更の内容によっては、計画変更申請ではなく、再度建築確認申請を求められる事があります。
この場合は、先に提出した建築確認の取り下げ(取りやめ)届けを提出する事になります。
提出先の都道府県地域振興局建築課で必ず確認しましょう。
建築業者(HM)の建築設計士と良く相談して進めましょう。
ご参考まで

はじめまして!
北国の設計屋さんです。
農地からの転用の建築許可申請後は、計画建物の建築確認申請の手続となります。
農地変更の建築許可申請の変更は、計画建物の構造および規模ならびに建物用途などに差異が無い場合は、必要ありません。
建築確認申請は、提出済みで建築確認の許可は、許可済みなのでしょうか。
許可済みで着工前であるなら、速やかに建築確認計画変更申請を提出する事になります。
費用は、計画延床面積の1/2の面積で支払う事になります。
計画変更申請床面積が200平方メート...続きを読む

Q交通事故の慰謝料の内訳について

慰謝料の内訳について質問です。合計慰謝料の中から治療費を払うのでしょうか?

2年ほど前に事故に合い、先日慰謝料計算書が保険会社から送付されてきました。
内訳は
支払われる金額合計が約160万で
治療費(支払い済)が約70万でした。
で慰謝料がいわばその残りである約90万円だったのですが

ネットで色々調べていると慰謝料についての記述が多く、よくわかりません。
よく言われている赤い本、青い本の慰謝料表は
治療費を含む慰謝料の合計なのでしょうか。
それとも別途慰謝料として表の金額だけ上限として認められるのでしょうか。

また後遺障害12級13号が認められたのですが
その場合の後遺障害慰謝料も別に請求が可能なのでしょうか。
それとも逸失利益の中に後遺障害慰謝料も含まれているのでしょうか。

教えてください。お願いいたします。


詳しい内訳は下のとおりです。

治療期間 入院40日 通院554日(実日数41日) 計554日

治療費(雑費等込み)で728.525円(既払い)

慰謝料 897.600円(任意基準)→ここが表にある慰謝料の部分なのか?

計 1.626.125円→もしくはこちらなのか?

後遺障害12級13号 2.240.000円(自賠責基準)→ここに後遺障害慰謝料が含まれているのか?

過失相殺 325.225円(20%)

合計慰謝料 2.812.375円

ちなみに無職なので休業損害や逸失利益の大きな差が出ないと思っていますが
紛争処理センターには行こうと思っています。

よろしくお願いします。

慰謝料の内訳について質問です。合計慰謝料の中から治療費を払うのでしょうか?

2年ほど前に事故に合い、先日慰謝料計算書が保険会社から送付されてきました。
内訳は
支払われる金額合計が約160万で
治療費(支払い済)が約70万でした。
で慰謝料がいわばその残りである約90万円だったのですが

ネットで色々調べていると慰謝料についての記述が多く、よくわかりません。
よく言われている赤い本、青い本の慰謝料表は
治療費を含む慰謝料の合計なのでしょうか。
それとも別途慰謝料として表の金額だけ...続きを読む

Aベストアンサー

傷害部分は治療関係費、休業損害、慰謝料の3つに大別されます。また、後遺障害部分は逸失利益と慰謝料です。
これらの合計が、質問者様の人的損害で、自賠責限度額を越えると、質問者様の過失分(20%)を相殺(減額)した金額が加害者の賠償責任額です。自賠責限度額内に収まれば過失相殺(減額)はありません。
自賠責限度額は、傷害部分と後遺障害部分は別枠ですから、それを越えるかどうかは別々に判定します。

いわゆる赤い本、青い本の慰謝料は、訴訟時の慰謝料額ですから、示談段階で提示されるはずがありません。紛センへ持ち込んでも赤い本の慰謝料額を要求するのであれば、和解の斡旋は無理です。
また、訴訟の場合は、個々の事情が考慮された上で慰謝料額が決定されるため、赤い本や青い本のように一定の基準はあるというものの、訴訟すれば赤い本の慰謝料が認定されると考えるのは早計です。

>慰謝料 897.600円(任意基準)→ここが表にある慰謝料の部分なのか?

そうです。赤い本等の慰謝料表はこの部分です。質問者様だと160万円余りになると思います。

>後遺障害12級13号 2.240.000円(自賠責基準)→ここに後遺障害慰謝料が含まれているのか?

内訳は慰謝料93万円、逸失利益131万円です。自賠責限度額一杯ですから過失相殺されていません。
赤い本では慰謝料290万円です。また、逸失利益は事故時及び症状固定時に無職であっても、将来就労の蓋然性が高い場合は、年齢別平均賃金を収入額とみなして認定が可能であり、計算方法は
 年収×労働能力喪失率×就労可能期間にかかるライプニッツ係数
です。

例)50歳男性で生涯、労働喪失率14%が認められたとすると、年齢別給与(月額)500,700円、就労可能期間17年、17年のライプニッツ係数11.274なので、逸失利益は500,700×12×0.14×11.274=9,483,418円となります。
※後遺障害12級といっても必ずしも労働喪失率が14%と認定されるとは限りませんし、期間も10年程度に限定されることもよくあります。

赤い本の慰謝料までは無理としても、紛センで和解の斡旋を受けると現状の提示額よりは多くなるでしょう。後遺障害の内容によっては、弁護士委任をして訴訟をする方が有利かもしれません。この辺りは、詳しい資料を弁護士に提示して相談される方がよいでしょう。

傷害部分は治療関係費、休業損害、慰謝料の3つに大別されます。また、後遺障害部分は逸失利益と慰謝料です。
これらの合計が、質問者様の人的損害で、自賠責限度額を越えると、質問者様の過失分(20%)を相殺(減額)した金額が加害者の賠償責任額です。自賠責限度額内に収まれば過失相殺(減額)はありません。
自賠責限度額は、傷害部分と後遺障害部分は別枠ですから、それを越えるかどうかは別々に判定します。

いわゆる赤い本、青い本の慰謝料は、訴訟時の慰謝料額ですから、示談段階で提示されるはずがあり...続きを読む

Q雇用保険喪失手続きについて

4月より転職で新しい職についてます。
つい最近、現職の総務から前職の雇用保険喪失手続きが行われていない為に雇用保険に加入できないと通達がありました。前職に手続きをとってもらうように申請しますが、手続きをとられていなかった原因は単なる怠慢なのかどうなのか、あるいは他に原因があるのかを知りたくご相談させて頂きます。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

前職の会社の担当者に聞く以外ないのではないですかね。

ただ、すでに何カ月も経っていますので、怠慢だと思いますね。
法律では、退職後5日以内にしなければならない手続きですし、最終の給与決定後に手続きをしたいと会社が考えても、遅すぎますからね。

注意点としては、会社の事務担当者がすべての手続きをするのであればスムーズかもしれませんが、会社によっては、労働保険事務組合や社会保険労務士へ手続きを依頼するケースもあります。ただ、あなたの立場から見れば、労働保険事務組合だろうが社会保険労務士であろうが会社の都合でしかないですけどね。

前職の会社に伝えてさらに時間がかかるようであれば、ハローワークへ相談しましょう。会社が手続きする場合もハローワークが最終的に手続きするものですので、そちらから指導してもらった方が良いかもしれませんからね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報