この春休みに初めてコスメ用品をそろえようかなと思っていて。
そこで、こんな私の相談にのってくれるようなドラッグストアってあるのかお聞きしたく質問します。
普段、あまりドラッグストアに行かないもので・・・。
質問があいまいですみませんが、どこかあれば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。



最近はマツキヨとかでも結構相談にのってもらえます。
ただ、忙しい時だとあまりアドバイスしてもらえないかも...。
大きい店舗で常に忙しいとこも結構アウト。
小さ目の店舗でお昼休みや夕方以外の時間に行ってみて、化粧品コーナーでいろいろ試してると結構声かけてもらえますよ。

ある程度予算があって欲しいメーカーが決まっているなら、デパートのカウンターも行かれてみては?
ビーズアップっていう雑誌に結構いろんなものが出ているので、新商品チェックに購読されてもよいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

noopeeさん、ありがとうございました。
せっかくマツキヨのある方面へ行ったのに、雨が降ってたり、時間がなかったりで、行けなかったんですぅ。
でも、またチャンスはあるので、その時は是非!
雑誌の紹介もありがとうございます。書店で探してきます。

お礼日時:2002/04/01 23:32

ドラッグストアじゃないとダメですか?


私のおすすめは「イプサ」のカウンターです。
デパートの中なら多分入っていると思います。(西武とか伊勢丹とか)
何がいいって対応がすごく丁寧!化粧品自体もすごくいいと思うけど、やはり親身に相談に乗ってくれるところがいいです。自分の肌の色を機械でチェックして、合う色を探してくれます。

参考URL:http://www.ipsa.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

chibi-nyanさん、ありがとうございます。
西武とかのカウンターって、中学生の私じゃちょっと。。。って感じなんですけど、機会があったら立ち寄ってみます。
お話を聞いただけでも、すっごく親切みたいですね。

お礼日時:2002/04/01 23:34

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QUVカットのコスメ用品

UVカットのコスメ用品(フアンデ、乳液、クリーム・・)なんでも教えてください。
ありとあらゆるジャンルの、
からだのありとあらゆる部位のものでよいです。
よろしくお願いいたします。
要領悪いご質問で申し訳ありません。

Aベストアンサー

こんにちは。
私は一年中特にUV対策には力を入れています。
そのおかげでいつもファンデは一番明るい色があうようになりました。
そんな私が使ってみて良かったUVコスメをご紹介します。
まずフェイス用の日焼け止め(下地効果あり)で良かったのは
(1) オルビスの「サンスクリーンオンフェイス」
とにかく安くて(970円)肌色をしたクリームが肌の色を整えてくれます。
やや落ちやすいのが難点ですが日常生活上では特に問題無し。こまめに塗り直し
ましょう。(SPF34 PA++)

(2) ファンケルの「サンガード30」
肌にやさしい無添加。だが使用期限までに使い切らなければならない。
価格は2200円 ウォータープルーフタイプ(SPF30 PA+++)

(3) アテニアの「陽断25」
白い乳液状ですがまったく肌は白く残らない。おまけにこの季節にはうれしい
さらっとした使用感でベタツキがない。ウォータープルーフタイプ
価格は1600円(SPF25 PA++)

UVファンデーションでお薦めは
(1) カネボウの「エッセンスイン」
これはUV機能だけでなく冷房でカサカサのお肌にとってもいいしっとりタイプ
かといってべとつかない(SPF21 PA++)

(2) オルビスの「ツーウェイケーキ」
価格が安いうえ汗や皮脂にも強いすぐれもの。
(SPF27 PA++)

その他 私が使ってみて良かったなぁっと思ったUVコスメは
オルビスの「サンスクリーンスプレー」です。
これは本当にすぐれものです。スプレータイプの日焼け止めですがいつでもどこでもシュッってスプレーできるし、なんと言ってもストッキングの上からも使用OKなのがとってもうれしい。ちなみに顔には使用しないで体用にお使い下さい。

オルビスはけっこう安くて優秀なUV製品が多いので参考URLにオルビスをのせておきます。
参考にしてください。

参考URL:http://www.orbis.co.jp

こんにちは。
私は一年中特にUV対策には力を入れています。
そのおかげでいつもファンデは一番明るい色があうようになりました。
そんな私が使ってみて良かったUVコスメをご紹介します。
まずフェイス用の日焼け止め(下地効果あり)で良かったのは
(1) オルビスの「サンスクリーンオンフェイス」
とにかく安くて(970円)肌色をしたクリームが肌の色を整えてくれます。
やや落ちやすいのが難点ですが日常生活上では特に問題無し。こまめに塗り直し
ましょう。(SPF34 PA++)

(2)...続きを読む

Qドラッグストアの

以下のドラッグストアでBAさんがいるドラッグストアを教えてください。

・ザグザグ
・ひまわり
・コスモス
・セガミ



あと、タッチアップをしたいときには気軽に声をかけてよいものか悩みます。
教えてください。

Aベストアンサー

チェーンによっているわけではなく、立地条件です。
この中ではセガミしか知りませんが、いるセガミといないセガミがあります。
若い人が多く集まる場所や、中心地の商店街にあるセガミにはいました。
住宅街やマンションが立ち並ぶ場所の近くにあるセガミにはありませんでした。
若い主婦はブランドコスメに手を出さないし、年輩の女性はデパートで買うからではないかと思います。

声かけていいと思いますよ。
お店によってはBAさんから声をかけてきたりしますね。

Q20%OFF のドラッグストア

資生堂のインウイのアイシャドーを、なんとか20%OFFで
買いたいのですが、東京近辺ではどこのショップが
あるでしょうか?
知っている方がいたらぜひ教えてください。
(マツキヨやコクミンドラッグにはインウイは置いてますか?)

Aベストアンサー

 絶対間違いないという情報ではないので申しわけないのですが
たしか渋谷のサンドラッグには置いてありましたよ。
渋谷はドラッグストア激戦地でいつでも化粧品20%オフだから
マツモトキヨシやコクミンドラッグにもあるかもしれません。
ただし、売れ筋の色が置いてあるかどうかは保証できません。
逆に、新製品は置いてあるけれど定番的なカラーは置いていないということもあるかも。

 絶対確実なのは、池袋サンシャインシティのコクミンドラッグにはありました。
ただ、いつでも20%オフかどうかは自信がありません。
こちらはお取り寄せも快くやってくれます。

Q大阪の激安ドラッグストア

大阪の激安ドラッグストアを探しています。
ブランド化粧品(SK2とか資生堂とか)が安く買えるところをご存知の方どうか教えてください。
大阪にはたくさんあるのですが、とくにここが安いというを教えてください。
どうぞ宜しく御願いいたします。

Aベストアンサー

>激安ドラッグストア
大阪・環状線の鶴橋駅周辺の「鶴橋商店街」は安いですよ。
小さな店が多いですがかなり安いです。香港の商店のような
感じです。
ただし本物もありますが偽物のSKIIなんてもありますから
ご注意を。

Q今後のドラッグストアについて

最近、ドラッグストアの動きが面白いと感じました。

アインズ&ソルペ(アインズ)という店をご存知でしょうか?
この店は、ドラッグストアというよりも、コスメティックのセレクトショップであり、自分で外国&国内の多種多様な化粧品をゆっくりと比較してから購入できるという店です。もちろん、販売員はいません。しかもすべて低価格です。
http://www.ainj.co.jp/ds/concept/index.html

私は、最近この店舗をみて、「これは本当にドラッグストアなのか」と驚きました。
というのは、ドラッグストアといったら、マツキヨみないな、POP広告が沢山貼ってあって、セット商品が沢山あって、化粧品コーナーには必ず販売員がいる~っといった店しか思い浮かばなかったからです。


しかし、アインズは、店舗が広く綺麗で、ゆとりがあり、化粧品の数が多く、しかもPOP広告なども全く無いため、コスメテック専門店のように思えてなりません。



皆さんは、アインズ&ソルペ(アインズ)が「ドラッグストア」だと思いますか?


こういった異様なドラッグストアは、アインズ&ソルペだけなのでしょうか?

それとも、

ドラッグストアという業態自身が多様化しているのでしょうか?



質問が重複して本当に申し訳ないのですが、一つの質問だけでもお答えいただけると幸いです。

最近、ドラッグストアの動きが面白いと感じました。

アインズ&ソルペ(アインズ)という店をご存知でしょうか?
この店は、ドラッグストアというよりも、コスメティックのセレクトショップであり、自分で外国&国内の多種多様な化粧品をゆっくりと比較してから購入できるという店です。もちろん、販売員はいません。しかもすべて低価格です。
http://www.ainj.co.jp/ds/concept/index.html

私は、最近この店舗をみて、「これは本当にドラッグストアなのか」と驚きました。
というのは、ドラッグストアと...続きを読む

Aベストアンサー

以前はドラッグストアの化粧品はいわば「おまけ」の扱いでした。しかし、近年価格競争が激化し、ドラッグストアの化粧品は、洗剤やシャンプーなどと共に広告の目玉として載る、いわゆる「客寄せのためのおとり商材」に成り下がりました。しかし、メーカーからの卸値は変わらないので利益率が悪くなる傾向にありました。そして、メーカーは店がどのような売り方をしても会社の利益は変わりません。そのため、店が化粧品以外のもので利益を確保しなければいけなくなりました。

そこで、化粧品からの利益を確保したいドラッグストア側が化粧品メーカー各社に要望し、値崩れしない商品を開発するよう頼みます。それが4年ほど前から出始めた、いわゆる「NPP(ノープリントプライス)」と呼ばれる商品群です。2007年現在も増え続けています。これはオープン価格とほぼ同じもので定価がありません。そのため、「定価の○○%off」などと店が宣伝することが出来ず、安っぽいブランドイメージを植え付けずに済みます。しかし、客にとってはどの店も価格が一律でドラッグストアでの値引きがほとんどありません。これまでの値引き後の安い価格を基準とすると、デパートでの価格はもともと値引きが無いのでそのままですが、値引きをしていたドラッグストアが値引きをやめてデパートや専門店に価格を会わせたため、DSでの価格帯は実質的に上がったことになります。安く買えるというメリットの1つが失われたということになります。そして、メーカーのサイトや商品の箱で価格が見れないのは意外と不便なことです。(ただし、2chのスレやオンラインショップには価格表がありますので確認は出来ます)

こういった事情があり、商品の価格が一律になる傾向があるため、普通のドラッグストアの形態だと客がデパートや専門店に流れ、利益が確保できないと踏んだのでしょう。そこで独自性を出すためにこういった事に踏み切ったのではないしょうか。

以前はドラッグストアの化粧品はいわば「おまけ」の扱いでした。しかし、近年価格競争が激化し、ドラッグストアの化粧品は、洗剤やシャンプーなどと共に広告の目玉として載る、いわゆる「客寄せのためのおとり商材」に成り下がりました。しかし、メーカーからの卸値は変わらないので利益率が悪くなる傾向にありました。そして、メーカーは店がどのような売り方をしても会社の利益は変わりません。そのため、店が化粧品以外のもので利益を確保しなければいけなくなりました。

そこで、化粧品からの利益を確保し...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報