あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

有名な句なのですが、誰が作者なのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

残念ながら作者は不明です。


松尾芭蕉が「奥の細道」で松島を訪れた際に、あまりにも絶景だったので句が浮かばず「松島や ああ松島や 松島や」と詠んだという逸話がりますが、これは狂歌師の田原坊曰く「芭蕉作ではない」との事です。

この回答への補足

 こちらでも少し検索をしてみました。
http://www.bashouan.com/puBashouMS.htm
田原坊の「松嶋や さて松嶋や 松嶋や」の出典(の一つか)がありました。

補足日時:2006/09/10 18:22
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 早速のご回答有難うございます。
 そうですね。作者は不明なのですね。わたしも深くは調べていませんが、作者名に突き当たりませんでした。とすれば、現時点の日本では(大袈裟!)、この句の作者は「不明」とすることが標準的な考えなのでしょうかね。

お礼日時:2006/09/10 11:28

田原坊の作、というのが大抵の「奥の細道」解説本には書かれてますよ。


例えば『おくのほそ道の旅』萩原・杉田共著
岩波ジュニア新書

『松島図誌』に収めている相模の田原坊の
「松島やさてまつしまや松島や」が、
誤り伝えられたものです。

とありますね。
    • good
    • 1

Wikipediaの松尾芭蕉の項は「いわれている」出典として、見ていただいたでしょうか。


宮城県の報告書によると、布媒体で存在を発見したそうです。参照URLの下のほうをごらんください。

参考URL:http://www.pref.miyagi.jp/gyokei/gyokei-ser/ombu …

この回答への補足

 「松島や…」の句の最古の出典が分かればいいのですが、日本にそういった、所謂OEDのような辞典はあるのでしょうかね。

補足日時:2006/09/10 18:15
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 再びの回答有難うございます。
 参考URLを拝見しました。申し訳ありませんが、正直「?」というのが感想です。それでも色々教えてくださって有難うございました。

お礼日時:2006/09/10 18:13

松尾芭蕉といわれていますね。


しかしウィキペヂアでは。参考URLのようになっていますね。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E5%B0%BE% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 早速のご回答有難うございます。
 松尾芭蕉と「いわれている」のは存じていますが、情報は出典の確かさに支えられています。「…といわれている」というレベル以上の確度の情報源がありましたらご教示ください。

お礼日時:2006/09/10 11:24

こちらをどうぞ。



松島 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E5%B3%B6
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 早速のご回答有難うございます。
 Wikipedia以外の、できたら紙媒体で典拠を明らかにしてあるものはありませんか?

お礼日時:2006/09/10 11:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q松島や・・・の俳句について

芭蕉の有名な「松島や・・・」と言う俳句があります。
ふと気付いたのですが、この句には「季語」がありません。
俳句に季語がないと川柳になってしまう気がします。
それとも「松島」が季語なのでしょうか?
わかる方いらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 むつかしく説明します。
 芭蕉の時代に俳句というものはありません。俳諧の発句(略して発句)と俳諧の連句(略して連句)があるだけです。連句というのは連歌が変化したもの。何人もの人で五七五と七七を交互にリレーしてゆく遊びで、何番目の五七五は月を詠むこと、春の句は三つ以上つづけること、などと規則がものすごく細かく決まっています。連句では季語を入れても入れなくてもかまわないのですが、ただ、季語のある句はここに置くこと、ない句はここに置くこと、ときちんと決まっています。
 この連句の最初の五七五だけを独立して詠もうというのが発句。連句の規則で最初の句はかならず季語を持たなくてはならないとされていたので、当然発句にも季語が必要です。芭蕉は俳句などというものはまったく知りませんでしたから、当然彼が作った、あるいは彼の時代に作られた独立の五七五は必ず季語が必要です。
 その後発句が独立に発展して、ほぼ江戸中期に完成を見たのが俳句です。俳句の名称自体が確立したのは明治以降。さらに近代に入って無季、自由律(五七五からはみでたもの)でもいいんじゃないか、という革新的なグループも登場します。現代の一般的な「俳句」の概念としては、五七五で季語を持つこと、ただし季語はなくてもかまわないけれどやっぱりあったほうがいい、無季の句は詞書などで「無季」ときちんと断ること(気づいたら季語がなかった、というのは忌まれる)、といったところです。
 「松島や」の句は芭蕉の作ではありません。芭蕉の手によるものとするのは根拠のない俗説です。その上で言えば、これは芭蕉が生きていた当時志した彼の文学の形式(連句と発句)のいずれでもありません。現代の「俳句」の概念にはぎりぎりいっぱいで入るかもしれないけれど、おそらく芭蕉が生きていてこの句を見たら「こんなの俳諧じゃないよ」と言うでしょう。「俳諧の発句を作ろうとして失敗したカス」というのがいちばん正確なところではないでしょうか。
 川柳は特に滑稽味を主とした五七五についていうので、この場合は不適当です。江戸時代、俳諧、川柳のどちらでもないけれど(文学的な質、内容がこれらに相当しない)、五七五または七七の形式でつくられたものを「雑俳」と呼びました(広義の雑俳は川柳も含む)。ですからあえて何かに分類するとすれば「雑俳」がいいのではないでしょうか。
 雑俳の例にはこんなのがあります。

     手ぬぐいに毛の生えたのがタオルなり
     迷惑をかけて寝ている貸布団
     よい加減どの指も合う鼻の穴

どれも川柳ほど滑稽ではなくて、しかしちょっとにやっとしたり、ふーんと膝を打ちたくなるような機知があったり、洒落た叙情であったりする点で特徴的です。

 むつかしく説明します。
 芭蕉の時代に俳句というものはありません。俳諧の発句(略して発句)と俳諧の連句(略して連句)があるだけです。連句というのは連歌が変化したもの。何人もの人で五七五と七七を交互にリレーしてゆく遊びで、何番目の五七五は月を詠むこと、春の句は三つ以上つづけること、などと規則がものすごく細かく決まっています。連句では季語を入れても入れなくてもかまわないのですが、ただ、季語のある句はここに置くこと、ない句はここに置くこと、ときちんと決まっています。
 この連...続きを読む

Qフォトジェニックって?

よく、フォトジェニックな被写体とか、
フォトジェニックな写真とか聞くのですが、
そもそも「フォトジェニック」ってなんなんでしょうか?
英語なのでしょうか?一応辞書を引いてみたのですが
載っていなかったので、和製英語?とも思ったりしていますが、webでいろいろ検索してみても
やはり明確な意味が分かりませんでした。

私は特に写真を趣味とはしていませんが、
綺麗な写真は好きですし、動物などを
携帯で撮ってブログに載せたりします。
やはりその際に間違った言葉を使うのも
どうかと思うので、
「フォトジェニック」という言葉の
正確な意味を、またどういう使い方?が
正しいのかをどなたかご教授ください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

PHOTOGENIC

写真に適する。写真向きの。写真写りのよい。

ですかね。

Q人間の3大欲とはなに?

この質問は このジャンルでふさわしいのかどうかちょっと迷ったのですが・・・。

人間の 3大欲といわれるものがありましたよね。
あれは 食欲と 後はなんでしたでしょう?

また その「人間の3大欲」という言葉は
誰が 言い出したのでしょうか?

Aベストアンサー

人間の三大欲望は
食欲 睡眠欲 性欲 です。
食欲は,物を食べ,エネルギーにする事。
睡眠欲は,睡眠をとり,脳を休ませること。
性欲は,トイレで用をたしたり,エッチをしたり,する事
この3つはある程度は我慢が出来ますが,人間が生きていくためには必ず必要なことです。欲望というより,必要不可欠なことです。
でも、このことを言った人はわかりません。昔からの言い伝えではないでしょうか?

似たような語で,「衣・食・住」これは、生活の上のことです。

Q「夏草や兵達が夢のあと・・」の意味を教えてください。

中学校とかで習ったのですが、うる覚えになってしまい、ちゃんとした意味を忘れてしまいました。知っている方お願いします。

Aベストアンサー

 これは松尾芭蕉が奥の細道の旅の途中、平泉(今の岩手県平泉町)で詠んだ句です。

 この地で長く栄えた奥州藤原氏も滅んでしまった、英雄源義経もここまで追われてついに討ち果ててしまった……という感傷の句です。

ちなみに
兵達   → 兵ども
うる覚え → うろ覚え
です。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~bk8s-sndu/hiraizumi.html

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Q安野モヨコさん「脂肪と言う名の服を着て」のラスト教えてください

以前、安野モヨコさんの「脂肪と言う名の服を着て」を購入したのですが、その数年後、ラストを加えた完全版が発売されました。
買いなおすのももったいないので、追加されたラストがどんなものなのか教えてください。

私が持っているものは、
激ヤセした半年後、主人公は偶然元エステ店の人と再会する。元エステティシャンは言う。「たぶん繰り返すわね 身体じゃないもの 心がデブなんだもの」。
主人公が大量のコンビニフードを食べながら「食べなくちゃ 食べて力をつけるんだ 力をつけるんだわ」というモノローグでラストです。
その後の内容についてお願いします。

Aベストアンサー

モヨコさんのファンなので買って頂きたいものです…(>o<;)
細かいトコは書きませんが超簡単にその後です↓

のこは痩せれば変わる!とまた30キロ減。マスコミを賑わすマユミは「のこを失った斎藤」に用は無く捨てる。社内で更に風当たりが強くなるのこは心身壊れ始め、身を守るため食べ、摂食嘔吐が進む。斎藤、のこに似た女と結婚。のこ倒れ入院→退院。

34ページもあるエピローグ(表紙込)。
これがあってこそ、あのお話は一層ズシンと来ます。摂食障害の怖さもですが「痩せる事への意識」や「依存性の関係の先にある結末」…機会があればぜひ読まれる事をお勧めします!

Q書類送検と逮捕の違い?

書類送検と逮捕とはどう違うのでしょうか?
書類送検の方が、拘束されないだけ罪が軽いような気がします。
書類送検でも前科となるのですか。
どういう場合に書類送検となるのでしょうか?
どうも分かりません。

Aベストアンサー

既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。長いですので覚悟してください。

刑事手続きの大雑把な流れは、
捜査->起訴(公訴提起)->公判->判決->刑の執行
というところ。全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。

犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機関が知り、必要な証拠を集め、被疑者(=容疑者)の身柄の確保をしないとなりません。これを捜査と言います。
被疑者の身柄の確保というのは、「後で裁判になった時に被疑者の出廷が必要」なので逃げられては裁判ができなくて困るというのが第一点。それと「自由にさせておくと証拠を隠滅するかもしれない」というのが第二点。
ですから逆に言えば、「逃げも隠れもしない、証拠隠滅のおそれも無い」のであれば身柄を確保する必要はありません(一定の軽微な犯罪につき、更に例外あり)。入院しているような人間なら逮捕しないことはよくあります。この身柄の確保のための手続きが、「逮捕」であり「勾留(起訴前勾留)」です(起訴前と言っているのは起訴後というのがあるからですがここでは関係ないので説明しません)。
「逮捕」というのは、被疑者の身柄を確保する手続きの内、「短時間のもの」。具体的には、身柄を拘束し最大48時間拘束し続けることです。この制限時間が過ぎると釈放しなければなりません。
しかし、それでは困る場合には、引き続いて身柄を拘束することができます。これが「勾留」です。勾留は最大10日間身柄を拘束できます。なお、勾留は1回に限り最大10日間延長することができますから、都合20日間まで勾留できることになります(例外として25日可能な場合もあります)。

ところで勾留の申請ができるのは検察官だけです。ですから警察官が逮捕した場合には、検察官に勾留申請をしてもらうかどうか決めてもらう必要があります。そこで48時間の逮捕の制限時間内に検察官に証拠物、捜査書類と一緒に身柄を送致しなければなりません(刑事訴訟法203条1項)。これを「検察官送致、略して送検」と言います。無論、警察限りで釈放する場合は必要ありません。
検察官送致を受けると検察官は24時間以内に釈放するか勾留請求をするかしなければなりません。ですから、警察官が逮捕した場合の身柄拘束は48時間+24時間の最大72時間に及ぶ可能性があることになります。このような身体を拘束した被疑者を送検することを「身柄付送検」と言う場合があります。これはなぜかと言えば、質問にある「書類送検」と明確に区別するためです。ただ、一般には単に「送検」と言えば「身柄付送検」を意味します。

さて、では「書類送検」とはなんぞや?ということになりますが、まず前提として犯罪捜査は常に被疑者の身柄を拘束するわけではないということを知っておかなければなりません。全犯罪件数から見れば、身柄を拘束しない事件の方が多いです。身柄を拘束していない場合には、先に述べたように「(203条1項による)検察官送致」をする必要がありません。と言うか、身柄を拘束していないのでできません。たとえ逮捕した場合でも、警察限りで釈放すればやはり検察官送致の必要はありません。
しかし、それとは別に、警察は犯罪の捜査をしたら原則として必ず検察官にその捜査についての資料、証拠などを送らなければなりません(刑事訴訟法246条本文)。これを「書類送検」と呼んでいます。書類(証拠物、捜査資料、捜査報告書などなど)を検察官に送致するということです。正確には送致しているのは「事件」なのですが、実際に何を送るのかと言えば「書類」であるということです。
つまり、「(身柄付)送検」と「書類送検」は同じ送検でも別の条文に基づく別の手続きです。と言っても、(身柄付)送検をすればそのとき書類も一緒に送っているので、重ねて書類送検を行う必要はないので、(身柄付)送検は書類送検を実際には兼ねていますが(と言っても、身柄付送検をすれば書類送検をしなくていいのはあくまでも246条本文に「この法律に特別の定のある場合を除いては」と書いてあり、身柄付送検が「特別の定」だから)。

というわけで、「逮捕」と「送検」というのは次元の違う話であることがわかると思います。
まとめれば、
1.「逮捕」とは、捜査において被疑者の身柄を確保すること。
2.警察が「逮捕」した場合は、刑事訴訟法203条1項により、釈放しない限り48時間以内に被疑者の身柄を検察官に送致しなければならず、これを「(身柄付)送検」と呼ぶ。
3.「書類送検」とは、警察が捜査した事件について刑事訴訟法246条本文に基づきその証拠、捜査資料を検察官に送致すること。
4.「(身柄付)送検」は「書類送検」を兼ねている。
5.警察が「逮捕」した場合でも、釈放すれば「(身柄付)送検」はできないので、その場合は「書類送検」を行わねばならない。
ということです。

そして、「書類送検」するということは「身柄付送検」をしていないということですからつまりは「身柄を拘束していない」ということになります。身柄を拘束していない場合というのは大概は相対的に軽微な犯罪であることが多いのでその意味では、逮捕した事件(これを身柄事件と言う場合があります)に比べれば罪が軽いことが多いのは確かです。しかし、それはあくまで結果論であって、書類送検だから、逮捕したから、と言うわけではありません。既に述べたように逮捕しても身柄付送検せずに釈放すれば書類送検ということになりますし。

なお、先に述べたとおり、「捜査した事件はすべて検察官に送致する」のが原則(全件送致の原則)ですが、例外として検察官送致にしないものが幾つかあります。例えば、検察官が指定した事件について、月報でまとめて報告するだけの微罪処分ですとか、あるいは報告すらしない始末書処分などがあります。ちなみに、交通反則通告制度については、微罪処分の一種とする文献もあるにはありますが、多少なり疑問のあるところではあります。
そういうわけで、どういう場合に書類送検となるかと言えば、「刑事訴訟法246条前段に当たる場合」ということになります。もう少し具体的に言えば、「微罪処分等で済ませることのできない事件で、かつ、身柄付送検等もしなかった事件」ということになります。

ところで、前科というのが何かと言えば、これは法律用語ではないということになっているのですが、法律的に見れば「有罪の判決を受けたこと」を言うと思ってください。ですから、前科が付くためには、「裁判を経て有罪判決が出なければならない」ことになります。しかし、最初に述べたとおり「検察官送致」というのは単なる捜査手続きの一部でしかなく、この後で検察官が起訴するかどうかを決め、起訴して初めて裁判になるのですから、検察官送致だけではまだ前科は付きません。その後どうなるかはその後の話です。無論、逮捕だけでも前科は付きません。逮捕=有罪ではありません(そう勘違いしているとしか思えない報道が多いのは事実ですが、有罪判決が出ない限りは被疑者、被告人はあくまでも「無罪」です)。
ちなみに、捜査したが起訴しなかった犯罪事実について「前歴」と呼ぶことがあります。

既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。長いですので覚悟してください。

刑事手続きの大雑把な流れは、
捜査->起訴(公訴提起)->公判->判決->刑の執行
というところ。全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。

犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機...続きを読む

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q有名俳人の有名な俳句を教えてください。

有名な句を調べています。
有名な俳人までは調べて見ましたが、有名な句ってどういうものがあるのでしょうか?よろしくお願致します。


■小林一茶
■高浜虚子
■種田山頭火
■正岡子規
■松尾芭蕉
・古池や蛙飛こむ水のおと
・夏草や兵どもが夢の跡

■与謝蕪村

Aベストアンサー

ざっとですが、

小林一茶

めでたさも中くらいなりおらが春
名月を取ってくれろと泣く子かな
我と来て遊べや親のない雀

高浜虚子

春の浜大いなる輪が画いてある
流れ行く大根の葉の早さかな     
蓑虫の父よと鳴きて母もなし

種田山頭火

分け入っても分け入っても青い山
もりもり盛り上がる雲へ歩む
炎天のレールまっすぐ
うしろすがたのしぐれてゆくか
しぐるるやしぐるる山へ歩み入る

正岡子規

もののふの河豚にくはるる悲しさよ
いくたびも雪の深さを尋ねけり
鶏頭の十四五本もありぬべし
痰一斗 糸瓜の水も 間にあわず


松尾芭蕉

松島や ああ松島や 松島や
秋深き隣は何をする人ぞ
旅に病で夢は枯野をかけ廻る
山路来て何やらゆかしすみれ草
閑さや岩にしみ入る蝉の声
五月雨をあつめて早し最上川

与謝蕪村

春の海ひねもすのたりのたりかな
菜の花や月は東に日は西に

あたりでしょうか(虚子や山頭火は好きな人でないとちょっと馴染みがないかもしれません)。

ざっとですが、

小林一茶

めでたさも中くらいなりおらが春
名月を取ってくれろと泣く子かな
我と来て遊べや親のない雀

高浜虚子

春の浜大いなる輪が画いてある
流れ行く大根の葉の早さかな     
蓑虫の父よと鳴きて母もなし

種田山頭火

分け入っても分け入っても青い山
もりもり盛り上がる雲へ歩む
炎天のレールまっすぐ
うしろすがたのしぐれてゆくか
しぐるるやしぐるる山へ歩み入る

正岡子規

もののふの河豚にくはるる悲しさよ
いくたびも雪の深さを尋ねけり
鶏頭の...続きを読む


人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較