再生が出来ずにイジェクトされてしまいます。正確には『キュルル・・プ、キュルルル・・プ』という音がします。
特にCD-Rで焼いたCDがそうなります。通常の音楽CDの場合は再生できることもあります(必ずしも再生されるわけではありません)。
また、CD-Rも通常の音楽CDも他のCDラジカセ等では問題なく再生されます。
ちなみにYAMAHAのCDX-9というCDプレーヤーですが、昨日までは問題なく再生されていたんです。どうして急にこうなってしまったのか・・・?
修理に出すとどの位かかるのでしょうか? けっこう不器用な方なんですが、自分では直すことが出来ないのでしょうか? よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

その症状はCDを読めていない時の症状だと思います。


今まで再生できていたCDがそうなったのであれば、レンズ
クリーニングをしても駄目ならレーザーピックアップあた
りの故障です。落したかなにかでのケーブルはずれなら繋
ぎ直せば治るかもしれませんが、ピックアップ本体の故障
なら精密部品のためプロでもモジュール交換せずに修理す
るのは困難です。また、ケーブル外れだったとしてもコネ
クタの扱いが初めて見る人だと解らない種類のものを使っ
ているかも知れません。(例えば外れ止めの機構があるも
のなど)

レンズクリーニングについてはオーディオ売り場に色々な
ものがあるのでそれを使って下さい。綿棒で直接レンズを
拭くような事は“緊急事態で再起不能でも良いのでどうし
てもやりたい”という時以外はやらないで下さい。

物にもよりますが修理代は1~2万円程度が相場のようで
す。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
さっそくレンズクリーナーを買って試してみました。しかし、通常のCDは成功率が上がったようですが、CD-Rについてはやはりイジェクトされてしまいます。
修理しか道は残っていないのでしょうか。YAMAHAは7日まで休みのようですし・・(´0`;)ハァ

お礼日時:2001/01/03 14:15

初めまして。


他の方がおっしゃる通りです。CDプレイヤーによって、読み取りのレベルが異なるために起こる症状です。これは、プレイヤー自体の特性なので、ある程度はあきらめざるをえないようです。ふつうは、こういう事態が起こるのは、輸入版CDとCD-Rです。機種によっては、輸入版CDの大半がNGなものもあります。
他の方も書いていらっしゃるように、メーカーと機種によって、何が読めて何が読めないかが差が大きいです。ただ、プレイヤーの製造が最近のものであればあるほど、読み取れるようになっているようです。
CDウォークマン型のものは、ほとんど全て大丈夫でしたから、どうしてもCD-Rのものが聞きたいなら、CDウォークマン型のものを再生用に買うというのも手だと思いますが。
    • good
    • 0

CDのピックから出るレーザーにはレベルがあって物によっては生、Rに関わらず音楽CDが読めないものが有ります。

そのためディスクが入っていない、またはイジェクトされることが一部のものにあるそうです。昔のタイプのPC用CDROMドライブで結構有った話です。もしこれに該当するようだと修理に出してもCDRは同じ障状のままの可能性があります。
    • good
    • 0

 時々CD-Rに対応しないプレーヤーがあります。


私の車のプレーヤーがそうです。(ナカミチのミュージック・バンク)
 レンズクリーナーなども試しましたが、CD-RのTOC(目次のような物)が読み取れませんでした。
 解決策は、CD-Rを他のメーカーのものにしてみましょう。(レコーダーではなく生CD-Rを)
 よく見ると信号面の色がメーカーによってかなり違います。TDKは濃い青、フジは緑、三井は薄い黄緑など
 ちなみにナカミチの場合、IMATIONのゴールド・シルバーレーベル以外のCD-Rは受け付けませんでした。
 他の物では成功率が0%ですがIMATIONの物は70-80%の確立で読み取ります。
 おかげでわが家にはCD-Rの残骸が山のようです。(悲)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCDプレーヤーからの異音

SONYのCDP-555ESJというCDプレーヤーを所有しております。10年ぐらい使用せずに昨日久しぶりに使用したところ、CDをセットしてプレイボタンを押すと「シュルシュルシュル」という音が鳴り、何かこすれているような感じです。しかし、上面カバーを開けてメカ部分を見ても何かが接触しているような感じはありません。何故このような音が出るのでしょうか?10年も使っていなかったので念のためレンズを綿棒で掃除しましたが多少改善されたものの、やはり「シュルシュル音」は消えません。CDの曲数が進むと(後ろの曲番になると)音は小さくなるようです。詳しい方がおられましたら原因と修理方法を教えて頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

A No.2 HALTWO です。

昔 MARANTZ CD80 という CD Player の Side Panel を外してみてびっくりした記憶があります(笑)。

MARANTZ CD80 は 1.5kg もある Side Panel を外すと CD Mechanism が顕わになって CD が回っている様子を見て取れるのですが、回転中の CD は上下左右に勢いよくブレており、よくもまあこんな状態で Laser Pick Up が追従するものだとびっくりしてしまいました(笑)。

そのため一時は PIONEER の Turn Table 式や TEAC の VRDS に憧れもしたのですが、Pick Up が追従しているのならばそこまで拘る必要もないかと思い直し、CD95 の後は DAC は PM99SE にあるのだからと LD Player の CDV600 にしてしまいました(笑)・・・光出力の音が気に入らないので AUDIO ALCHEMY DTI を加えたり Tray や Turn Table が故障したりと苦労させられましたが(汗)・・・現在はそんな心配の要らない iTunes 派です(笑)。

自転車の Tire などを外して Hub を持ちながら回してみると判りますが、駒が首を振るように Tire がブレようとする力に対抗して Hub を支えるのは非常に難儀するものでして、勢いよくブレている CD を支えている Turn Table 部には軽量な CD と言えどももの凄い回転 Moment 力が加わっているものです。

当然、回転軸もブレようとして Bearing に負担がかかりますので、潤滑油が汚れていれば回転数に合わせたシュルシュル音が出るでしょう。

使っているうちに汚れが均一化されるでしょうからシュルシュル音も低減されてくるでしょうし、再生に問題が生じないのであれば多少の抵抗がかかっていても Servo 系統はきちんと仕事をしているということですのでそれでも O.K. と言えば O.K. です。

ただし低減してもシュルシュル音が気になるようでしたら Transport Mechanism の交換を要します。

私の CDV600 の場合は、突然音がするようになって以降もちっとも低減しなかったので、もはや均一化するようなものではないと判断して交換になりました(笑)。

A No.2 HALTWO です。

昔 MARANTZ CD80 という CD Player の Side Panel を外してみてびっくりした記憶があります(笑)。

MARANTZ CD80 は 1.5kg もある Side Panel を外すと CD Mechanism が顕わになって CD が回っている様子を見て取れるのですが、回転中の CD は上下左右に勢いよくブレており、よくもまあこんな状態で Laser Pick Up が追従するものだとびっくりしてしまいました(笑)。

そのため一時は PIONEER の Turn Table 式や TEAC の VRDS に憧れもしたのですが、Pick Up が追従しているのならばそこま...続きを読む

QCDプレーヤーの読み込み不良の原因を教えて下さい

再生不良のCDプレーヤーを自分で修理したい場合、
ピックアップレンズの清掃やシャフトのグリスアップなどで直るケースもありますが、
それでも直らない場合、ネットで調べると「VRの調整」とよく書かれています。

おそらくレーザー出力の強度や焦点のズレなどから
ディスク読み込み不良が起こるのかと思いますが、
メーカーの設備で測定・調整したVRを安易に動かすのは気が引けます。

よっぽど知識や測定機材のある人なら出来るのかもしれませんが
そうでない人が測定器も無しに手探りでVRを動かしてしまったら
もし運良く一時的に再生できるようになったとしても
ピックアップの寿命を縮めることになりかねないと思うので
特に大切な機器のVRには絶対に触れることが出来ません。
マーキングをしておけば大丈夫と言う人もいますが、
目視レベルでは全く元の位置に戻せることなど有り得ないと思っています。
ですのでできればVR以外の部分で修理ができればと思っているのですが・・・

そこで質問なのですが、
ピックアップの発光素子というのはそれ自体が劣化するものなのでしょうか?

消耗品と言われているアルミ電解コンデンサやトランジスタなどの部品を
交換することで症状が改善する可能性はあるとは思いますが、
再生不良に至るまでの根本的な要因を教えて頂きたく質問させて頂きました。

古き良き時代の高級機もメーカー部品欠品では廃棄を免れません。
CDプレーヤーに詳しい方、教えて下さい。
宜しくお願い致します。

再生不良のCDプレーヤーを自分で修理したい場合、
ピックアップレンズの清掃やシャフトのグリスアップなどで直るケースもありますが、
それでも直らない場合、ネットで調べると「VRの調整」とよく書かれています。

おそらくレーザー出力の強度や焦点のズレなどから
ディスク読み込み不良が起こるのかと思いますが、
メーカーの設備で測定・調整したVRを安易に動かすのは気が引けます。

よっぽど知識や測定機材のある人なら出来るのかもしれませんが
そうでない人が測定器も無しに手探りでVRを動かしてし...続きを読む

Aベストアンサー

VRの調整なんて、ヤバくネ?。

…と いうわけで、同僚にその道40年(元)がいますので聞いてみました。
『VRは、絶対いじるな!。』との事。
レンズは、簡単に融けるそうです。

CDプレーヤーの故障で一番多かったのは、レンズの溶解だったそうです。
VRの調整には、100メガ(50では出ない)のオシロが必要で、波形の幅・高さ・間隔などを見ながら半ばカンで合わせたそうです。
オリジナルの基盤があれば、わりと合わせやすいとも。

町の電気屋さんが手に負えなくなって、よく持ち込んできたそうです。

なお、CDプレーヤーの寿命は大雑把に言って、メインテナンス無しでは8年ぐらい。
修理とは、完全動作はあたり前、その機器本来の音に戻す事を修理と言うそうです。
従って修理で一番大切なのは、それぞれの機器の本来の音を憶えておく事。
そして、それぞれの機器には元の音に戻すポイントがあるそうです。

『故障については、現物を見ない限り何も言えない。』

…と言うわけで、メーカーに相談するのが一番かと思います。

QCDプレイヤーのピックアップ掃除で復活したが、またすぐダメに。

こんばんは。
CDプレイヤーが故障していて、再生ができません。
ディスクの認識をしない(ディスクを入れても"NO DISC"の表示になる)ことが多く、認識しても再生ができないこともあります。

そこで、いくつかのホームーページを参照して、ピックアップのレンズの部分を掃除してみました。綿棒にイソプロピルアルコールをつけて、レンズの表裏を拭きました。
すると見事に復活して、CDを3枚くらいは正常に再生できました。しかし、その後数時間してCDを再生しようとすると、また元のように"NO DISC"となって再生ができません。

何ヶ月か前にも同じような経過をたどったことがあります(そのときはレンズの表しか拭きませんでしたが…)。

どのようにすれば長期間正常な再生ができるようになるのでしょうか?
よろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

No.2です。
>綿棒で構わないのでしょうか?
光学レンズの清掃には専用の不織布を使いますが、ピックアップのレンズは小さいので、むしろ綿棒の方が安全でしょう。
>、「レーザーの光が次第に弱くなってきている」とのことですが、なぜ次第に弱くなるのか、
あなたの家の蛍光灯が次第に暗くなり、いずれは使えなくなるように、モノはいつまでも同じではありません。自然の摂理です。
>清掃して復活したレンズが、わずか数時間で再び「空気の汚れやトランスのすすなどで汚れて光が弱くなっ」て、再生不可能になるというのがどうも不思議な気がするのですが、
全然、不思議ではありません。レンズの問題ではなく、レーザーが弱く、不安定になっているので読めたり読めなかったりするわけです。
レンズの汚れが障害の場合は、拭いた綿棒が汚れます。そのぐらい汚れています。
その他、タバコも吸わないのになぜレンズが汚れるかというのがありますが、CDは放熱用の穴が少ないので一般に汚れにくいものですが、トレイや基板の部分を濡らした綿棒で擦ってみて下さい。同様にレンズも汚れます。
ピックアップは、新しい機種のものは、CD-RW対応でレーザーを強くしているので寿命が短いようです。
ピックアップの入手性はメーカー・機種により異なります。
新しい機種は、自動調整になっているので基盤上に調整用の半固定抵抗がなく、意外とあっさり交換できるものもあります。一方、機構が複雑でとても難しいものもあります。機種がわからないので、こうとしか言いようがありません。
ちなみに、ピックアップの交換修理は、1万円から1万5千円ぐらいでしょうか。

No.2です。
>綿棒で構わないのでしょうか?
光学レンズの清掃には専用の不織布を使いますが、ピックアップのレンズは小さいので、むしろ綿棒の方が安全でしょう。
>、「レーザーの光が次第に弱くなってきている」とのことですが、なぜ次第に弱くなるのか、
あなたの家の蛍光灯が次第に暗くなり、いずれは使えなくなるように、モノはいつまでも同じではありません。自然の摂理です。
>清掃して復活したレンズが、わずか数時間で再び「空気の汚れやトランスのすすなどで汚れて光が弱くなっ」て、再生不可能...続きを読む

QCDの音飛びを直す方法を教えてください。

クリーニング用のCDはまだ試していません。

購入後5年くらい経ちます。

光センサのCDで何故音飛びするのでしょうか?

Aベストアンサー

CDピックアップ用レンズが汚れると音飛びします。

CDを再生するときはCDに付いている細かい溝を半導体レーザーでなぞって読み取ります。
レンズが汚れているとうまく溝をトレースできなくなり隣のみぞに飛び移ってしまうことがあります。
これが音飛びの原因です。
最近のは先読みをしてメモリに溜め込み少しのズレも音飛び無しで補正してくれますが
5年前となると・・・ついているか分かりません。

同じ現象でCDの方に汚れが付着しているとレーザーのトレースを邪魔して音飛びします。
ですので再生の場合はレンズ・ディスク両方をきれいにして再生してください。
小さな埃をついたままプレーヤーにセットすると、ディスクが回転したときに
ディスクから取れます。取れたのはプレーヤーの中にたまりますが、レンズにつくと
音飛びしやすくなります。あとタバコの煙でも汚れます。

おそらくクリーニングすれば直ると思います。
何回クリーニングしても直らない場合は半導体レーザーの寿命かもしれません。

Qレコーダーから怪しい音がする。故障の兆候?

最近、何の前触れもなくDVD・HDDレコーダーから『ブゥーーーン』という、やけにうるさい音が発せられるようになりました。(20秒程度で静かになります)
これって故障の兆候でしょうか?
もうまもなく寿命が尽きるということでしょうか?

もちろん、ケースバイケースではっきりとしたご回答は頂けないでしょうが、このようなケースはあるのかどうかご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてくだされば幸いです。

Aベストアンサー

機種分からないのではっきりしたことが言えませんが
経験と想像で。

多くのレコーダーは、電源部用とチューナー&映像処理部用に
背面に2つのFANが付いていて、一定温度以上になるとそれぞれ
回る設計になっています。うるさいのは、そのFANが埃まみれと
いうことです。

掃除すれば音は静かになりますが、高圧エアーと
埃がFANのモーター内に入らない向き、コツがあり
程度により接点復活スプレーがあるほうがいいです。
FANなら綿棒+薄い中性洗剤や歯ブラシでも効果あります。
メーカー&延長保障が切れているなら、自己責任でカバー外し
掃除する人もいます。

市販のPC用エアーダスター缶もあります。
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%AF%E3%82%B5%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%A4-%E3%82%A8%E3%82%A2%E3%83%80%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC-%E9%80%86%E3%81%95OK%E3%82%A8%E3%82%B3%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%97-CD-31ECO/dp/B0019SZZVG/ref=sr_1_3?s=office-products&ie=UTF8&qid=1347986105&sr=1-3

機種分からないのではっきりしたことが言えませんが
経験と想像で。

多くのレコーダーは、電源部用とチューナー&映像処理部用に
背面に2つのFANが付いていて、一定温度以上になるとそれぞれ
回る設計になっています。うるさいのは、そのFANが埃まみれと
いうことです。

掃除すれば音は静かになりますが、高圧エアーと
埃がFANのモーター内に入らない向き、コツがあり
程度により接点復活スプレーがあるほうがいいです。
FANなら綿棒+薄い中性洗剤や歯ブラシでも効果あります。
メーカー&延長保障が切れている...続きを読む

Qガンになる原因は食事とストレスどっちでしょうか?

ガンになる原因は食事が大きいと聞きましたが、本当にそうなのでしょうか。若いときですが、ある人の嫌がらせによって一生分位のストレスを数ヶ月で感じてしまったため、ストレスが多すぎたため細胞レベルで傷ついていると思います。それ以来、がん予防に良いと聞いて、リコピンを含む食事やにんにくを毎日食べるようにしていますが、そういったことを継続していても、極度のストレスにはかなわないのではないかと思います。やっぱりいくら食事に気をつけていても、病気になるときはなりますよね?
変な質問ですが、不安なのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

私の考えですが、やはりストレスがガンの原因としては大きいと思います。
ガン細胞をやっつける一番の免疫はNK細胞といいます。NK活性はストレスで下がりますし、笑うと上がる事はよく言われることで、お笑いがガンの延命効果があることも度々耳にする事です。
ある程度年をとると二人に一人ガンになりますので、ほとんどの人が免疫力が低下するので、ある程度の年齢になれば誰がガンになってもおかしくありません。
ある程度の年齢でガンになるのはストレスもあるでしょうが、その人の食生活、生活習慣も大きくなります。しかし若い人のガンはこれは十中八九ストレスでしょうね。若い人のガンでストレスと関係ないという人は聞いたことがありません。

精神的なストレスもありますが、肉体的に無理していても結構なストレスになりますので、注意が必要です。

しかしガンは成長期間が必要な細胞ですので、一時的にNK細胞が弱ったとしても後からまた盛り返したら、少し遅れても処理が間に合うかもしれません。なるべくのんびりした生活を送るようにされたらいいのではないでしょうか。
睡眠がストレスの多さの目安になりますので、自律神経が乱れるほどのストレスだと不眠になりますし、NK活性が低下します。
食習慣は長い間の習慣によってガンになりやすいという事もあるかもしれませんが、かなり気の長いはなしです。タバコのようなものでしょうか。タバコも30代40代ではまずガンの原因にはならないでしょう。
人生50年といわれた時代にはまずタバコの害はほとんどなかったと思われます。しかし現在70歳まで生きれないという人がほとんどいないような時代です。タバコの習慣はガンの大きなファクターになっています。

私の考えですが、やはりストレスがガンの原因としては大きいと思います。
ガン細胞をやっつける一番の免疫はNK細胞といいます。NK活性はストレスで下がりますし、笑うと上がる事はよく言われることで、お笑いがガンの延命効果があることも度々耳にする事です。
ある程度年をとると二人に一人ガンになりますので、ほとんどの人が免疫力が低下するので、ある程度の年齢になれば誰がガンになってもおかしくありません。
ある程度の年齢でガンになるのはストレスもあるでしょうが、その人の食生活、生活習慣...続きを読む

Qアキュフェーズの嫌いな方理由を聞かせてください

アキュフェーズは好きな人と嫌い人とがはっきり別れているようですが
嫌いな人にお尋ねしたいのですが、どこがいやなのでしょうか。

Aベストアンサー

自称オーディオマニアです。

独断と偏見による私見ですので、お気に召さなければ捨て置き下さい。

ACCはCDのACC-DP-100とDC-101の組み合わせとチューナーのT1000を所有していますが、殆ど使っていません。
現在は電源も繋げていません。
CDはLINN-NUMERKとKARIKの組み合わせ、チューナーもmarantzの#2100がメインです。
アンプ類はACC社の物は1台も所有していません。
無論、我が家に試聴用の新製品が来ると知り合いのオーディオ店のオーナーが自宅に持ってきて数人と聴き比べていますが、魅力を感じるアンプは今まで1台もありませんでした。
金額的にはりっぱなんですが・・・。

その理由としては、どのアンプも特徴がない・・・個性がない
前回答者と同じですが、音感に無機質な1つ1つの音をそのまま出力している。感じがする事です。
音の好き嫌いは全ての人、一人々多少は違う訳ですから一概には云えませんが。

私はマランツ(#機)の音質が好きで・・・只30年以上前の製品ですから現在のデジタルアンプのように前に突き出るような音は望めませんが・・・#機のシリーズごとに各々特有の音質・音感を持っていて、そこに好感をもてます。
それに引き替え、ACC社のアンプ類は初期の機器を除き、安価機?から超高額機までどれも無機質な(デジタル的な)音質に終始しているように感じます。
それがACC社の音に対するポリシーだとしたら、私には受け入れられないと云う事だと思っています。

自称オーディオマニアです。

独断と偏見による私見ですので、お気に召さなければ捨て置き下さい。

ACCはCDのACC-DP-100とDC-101の組み合わせとチューナーのT1000を所有していますが、殆ど使っていません。
現在は電源も繋げていません。
CDはLINN-NUMERKとKARIKの組み合わせ、チューナーもmarantzの#2100がメインです。
アンプ類はACC社の物は1台も所有していません。
無論、我が家に試聴用の新製品が来ると知り合いのオーディオ店のオーナーが自宅に持ってきて数人と聴き比べていま...続きを読む

Q 再生途中で停止してしまうCD の復活方法について

 30数年前に 購入した音楽のCDが 再生途中 決まった所で 突然再生を停止してしまうようになったのですが 何故でしょうか。 途中停止せずに再生するように 元どうりに 復活させる方法はあるのでしょうか。 
 途中停止してしまう原因として 思い当たることは 同じ曲を 繰り返し聴くことを リモコンで 何度も続けて操作したことがあります。
尚 CDを 落としたり 乱暴に扱ったりしたことは ありません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

CDは消耗品です。
反射膜に使用されているアルミが経年変化(経年劣化)で腐食し
その部分のデータが失われます。
基本的には構成素材の物理的破損ですので元に戻す事は
不可能です。
ただし、腐食の程度が浅いうちなら、ドライブによってはエラー訂正を
加えた上で、どうにか読み取ってくれる可能性があるので、
友人・知人等の所持する色々なPCの光学ドライブで読み取りを試し、
読める物があればそのドライブでWAVE形式でデータをコピーし、
CD-DA形式でCD-Rに焼くという手があります。
しかし、CD-RはプリマスタードCDよりもさらに寿命が短いので、
2~3年に一度は焼き直しを繰り返さないとダメかもしれないですが。

参考
http://www.kobe-np.co.jp/rensai/cul/026.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング