「リヨンはプラハやトリノと並んで魔術や神秘主義の盛んな町として」
と読みました。リヨンは魔術が盛んだったのですか?

A 回答 (1件)

リヨンで神秘主義がさかんであったかどうかは知りませんが、中世において、魔術や神秘主義は、カトリックにとつて忌避すべき存在でした。


おおぴらに行われたとは思えません。

リヨンは、中世に異端とされ、異端審問の対象となり、初めて異端審問が行われた街です。
これは、ワルド派を対象としたもので、ワルド派が魔術で人を惑わすとされました。
そのワルド派の中心が、リヨンでした。
多分その事から、リヨンが魔術が盛んだとされたのだと思います。
ワルド派は、現在のルター派に近い考え方の宗派で、聖書に基づかない事項や教会の権威を否定しました。

プラハは、やはり異端とされたフス派の拠点でしたし、トリノは、ワルド派と同時期により大規模に広がって異端とされたカタリ派が盛んだった街です。

魔術の街とされた所は、全て中世に異端として弾圧された宗派の盛んな地域のために、そういった話しができたのだと思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ナットク!
ありがとさん!

お礼日時:2006/09/10 16:24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q専制主義と絶対主義、全体主義の違い

中華帝国を代表とする東洋的な専制国家と、近世ヨーロッパの絶対主義国家、
それと戦前の日本やドイツまた共産圏のような近現代の全体主義国家、
これらの違いはどういうところにあるのでしょうか?
一人または少数の権力者が国土と人民を全面的に支配している点では
同様に思えるのですが。

Aベストアンサー

専門家ではないので、学術的に完全に誤りがないかどうかは別にして、便宜的な理解だとこうなると思います。

>一人または少数の権力者が国土と人民を全面的に支配している点では同様に思えるのですが。

この点で共通点があるように見えますが、「人民」が政治に関わる度合いに相違点があると理解してよいのではないかと思います。

いわゆる古代・中世の専制国家・専制君主は、全人民を直接支配していたというよりは、間接支配に甘んじていました。地方の実力者が大きな力を握っていたため、彼らの地元支配を認める代わりに自分の君主としての立場を承認させていたというのが実態です。

絶対王政のころ(近世)になると、地方の実力者(ヨーロッパでは貴族)に対抗しうる勢力が出てきます。主に商売で財をなした有力市民(人民)です。彼らは、地方を今までどおり支配したがる地方実力者(貴族)の力を弱めて自分たちが自由に商売を行いたいと考えるようになりました。これが、地方実力者の力を弱めたいという君主の利害と一致し、君主を積極的に支持し、君主の権力の強大化を後押しします。日本でも、明治維新では豪商が志士を経済的に支援しています。形は違えど、江戸時代の地方分権から明治の中央集権の権力構造の変化に際して財力を持った市民の関与が見られました。

全体主義になると、先の回答でもあったように民主主義に対立する言葉として使われます。つまり、絶対主義のような一部の有力市民だけでなく、基本的にはほとんどの国民(男性だけだったり、高額納税者だけだったり、という制限はあるかもしれまんせんが、)が政治に参加できる状況下で起きる現象です。クーデターまがいの政権もありますが、政権樹立時には国民の相当部分から直接の支持がなければ成立しない、という点で専制や絶対主義とは異なっています。

専門家ではないので、学術的に完全に誤りがないかどうかは別にして、便宜的な理解だとこうなると思います。

>一人または少数の権力者が国土と人民を全面的に支配している点では同様に思えるのですが。

この点で共通点があるように見えますが、「人民」が政治に関わる度合いに相違点があると理解してよいのではないかと思います。

いわゆる古代・中世の専制国家・専制君主は、全人民を直接支配していたというよりは、間接支配に甘んじていました。地方の実力者が大きな力を握っていたため、彼らの地元支...続きを読む

Q私の両親は戦後農協勤務時GHQに渡された映画を公民館で上映してました。自由主義、資本主義、民主主義を

私の両親は戦後農協勤務時GHQに渡された映画を公民館で上映してました。自由主義、資本主義、民主主義を受け入れると、洗濯機、掃除機、自動車、等がつかえ生活向上のためと、仕事をしました。それは共産主義の砦なのです。それをケントギルバートはGHQのマインドコントロールと切り捨てます。私はケントギルバートが親の敵と思います。親を侮辱されて皆さんは怒らないのですか?

Aベストアンサー

>お前にお父様きもいわ!

他人の身内を語る場合に使う普通の敬称だと思いますが、何かおかしな妄想をしていませんか?
それとも日本語に不慣れな方のでしょうか。



>父親母親戦前軍国主義者でした。それが悪いか!

>私の両親は戦後農協勤務時GHQに渡された映画を公民館で上映してました。自由主義、資本主義、民主主義を受け入れると、洗濯機、掃除機、自動車、等がつかえ生活向上のためと、仕事をしました。

↑ですが、どちらもお父様の本心だとすると、どちらかは洗脳状態だったと思います。



>それは共産主義の砦なのです。
>資本主義最高!!

Q江戸時代の城下町・陣屋町・門前町などの単位呼称

江戸時代に各地にあった、城下町・陣屋町・門前町・港町他など、現在歴史的集落と呼ばれた場所は、昔はどんな単位呼称で呼ばれたのでしょうか?
たとえば、農村なら「○○村(邑)」とか、宿場町なら「○○宿」っていうのなら知っているんですが。
名古屋城の城下町なら「名古屋城下」だったら少し長いような気がしますし、単位呼称は一文字のイメージがあるので違和感があります。

実際に現存する史料などにはどんな呼称で載っているのでしょうか?あるいは呼ばれていたのでしょうか?

Aベストアンサー

城下町・陣屋町・門前町・港町他など、現在歴史的集落と呼ばれた

と、認識しているように、現代の人間が江戸時代を日本全体として理解するための「造語」です。
なので、江戸時代にそのような呼び方はない。

呼称というのは、中央集権国家でないとやらないので、古代と近代しか統一した呼称は基本的にない。
中世や近世は、各自ご勝手にというのが基本。

城下町のように都市計画の元、人工的に作られたところでは職能による集住があったので、○○町とか名付けて管理した。現代人の感覚で言うと○○町は住んでいるところという感じですが、近世においては○○を生産する工場となります。職住一緒ですから。

そうでないところでは
http://repo.nara-u.ac.jp/modules/xoonips/detail.php?id=AN00181569-19970300-1006
こんな感じで
上町とか下中町とか名付けられている。検地帳に記載してあったようです。

Q全体主義と個人主義

今日の新聞で、ローマ法王について読んで考えました。
全体主義とは、ヒトラーやムッソリーニの時代の状態で、
独裁者がいて、独裁者が全体の定義(例えば、健康で強い国民であるべきだとか)をして、それを乱す個人、少数民族(ユダヤ人とかジプシーなど)を弾圧するというもの?
そして同時に、個人も独裁者に服従して、(ヒトラーユーゲントみたいに)彼の言いなりになって、その「あるべき定義」に従って、画一化されてる状態?
個人主義は、個人の多様性を認めて、言論の自由を例えば認めることかなって考えました。どうでしょうか。

Aベストアンサー

全体主義は政体を指す言葉で、その対極に置かれる政体は自由主義です。
個人の思考、判断が許されるかどうかが違いのポイントになります。
全体主義では、政治、経済、文化、思想等の国民生活が国家権力の統制下におかれます。
国民は、国家権力の圧倒的な力の支配下にあるため、
反体制的な国民と認定されれば様々な不利益を受ける可能性があります。
全体主義の国家権力は、現状に不満を持つ大衆の支持を受けた特定集団が政権につくことで成立するとされます。
つまり、ある集団の政治方針が大衆の支持を受け国家権力を独占し、政治方針に従わない国民を排除する(=個人の思考、判断を認めない)ということである。
自由主義は、個人の思考、判断に対して自由を認め、政治権力の介入が国民生活に極力無いような社会を目指すものです。

Q共産主義と社会主義

共産主義と社会主義の違いについて、高校生でも分かるように説明してください。よく、社会主義は共産主義の前段階であるとか、共産主義では階級が消滅するとか辞書には載っていますが、例など用いて、高校生でも分かるようにお願いします。

Aベストアンサー

> 共産主義と社会主義の違いについて、高校生でも分かるように説明してください。

このような質問は、「 経済学の基本的な事柄 」ですので、OKWebの「経済のカテゴリー」に行って検索してみるとか、
ネット上にある「百科辞典」などを調べれば、解答もすぐに見つかり解決しますよ。

> よく、社会主義は共産主義の前段階であるとか、共産主義では階級が消滅するとか辞書には載っていますが、

『 前段階 』と言うのはその通りで、社会主義と共産主義の違いは、基本的には、「お金の存在を許すか許さないか」
の、違いだけと言えるのでしょう。

 ・ 社会主義が、「お金自体は存在するが、国の計画経済などにより、市民の平等を目指すシステム」なのに対して、
 ・ 共産主義は、「お金自体も否定し、資本家を無くし、統制経済により市民の平等を目指すシステム」と言えそうです。

しかしながら、「社会主義が成熟し共産主義に移行する」と言うその理論が成功し、共産主義が長く続いている国は、
現実にはどこにも存在しないようですので、これらの考え方には、恐らく、どこかに間違いがあると言うことなのでしょう。

> 例など用いて、高校生でも分かるようにお願いします。

共産主義思想で言うところの『 階級 』とは、「資本家階級」と「労働者階級」を分けて考える、思想のことだと思いますが、
共産主義が、お金と言うものを否定することによって、資本家を排除し、平等と言うものを実現しようとしたのですが、
現実には、資本主義システムの方が優勢を極め、今日に至っているようです。

その理由と思われるものは、資本主義社会が発明し(生み出し)た、「株式市場の仕組み」に、有るのだと私は思います。
「株式」と言う、誰でもが自由に参加できる投資システムにより、額の多い少ないは有りますが『 全ての人が資本家 』に、
なることが、可能となった訳です。

このことにより、労働者でありながら資本家でもあると言う状況が生まれ、「資本家階級」や「労働者階級」と言うような、
対立的な概念は、崩壊していったと言うことではないのでしょうか。

ちなみに現在の中国では、共産党が支配する国でありながら、市場経済(自由経済)を認めて、「お金」はもちろんのこと、
「株式市場」も認められ、社会主義から共産主義に移行すると言う理想は、どう考えても諦めてしまったように見えますね。

以前、教えて!Gooの(2005年01月12日)の経済学カテゴリーに、【 質問 : 資本主義とは 】と言う同様の質問があり、
解答したのですが、なぜか消えてしまって、もったいない感じもしますので、そっくりそのまま再利用し、
以下に貼り付けて置くことにしましょう。少しでも、お役に立てれば幸いですね。

以前、書いた記事。 ここから。
=========================

> 資本主義って何ですか!?

「経済」に関しては全くの門外漢なのですが、このテーマに少し興味を持ったので、書いてみました。
ですので、間違った解釈をしているかもしれませんので、その場合は悪しからず。

----------------------
「 資本主義 」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B3%87%E6%9C%AC%E4%B8%BB%E7%BE%A9
・  資本主義(capitalism)(しほんしゅぎ)とは、経済の仕組みの一種で、
・  資本の運動が基本原理となる体制のことである。

「資本主義」は、稼いだお金で自由に好きなものを買ったり、私有財産として貯蓄しておくことも出来る、
経済システムで、米国、欧州各国、日本など、俗に自由主義国といわれる国々で採用されています。

「貧富の差」が出て平等感を感じ難いシステムですが、自分の得た所得を好きなように使えることなどから、
「行動の自由」と言う満足感は、得られ易い、一応成功した経済システムと言えるのでしょう。

----------------------
「 社会主義 」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E4%B8%BB%E7%BE%A9
・  社会主義(しゃかいしゅぎ)は、生産と配分の手段・方法を、社会の成員全体で共有することによって
・  社会を運営していくしくみと、そのしくみをささえる人間観などを構想する思想。

「社会主義」は、お金自体は存在するのですが、私有の土地が持てなかったり、会社が作れなかったり、
自由に職業が選べなかったり、主に国が中心となって行う「計画的な経済活動」が、その主流で有り、
昔有ったソビエト連邦、かっての中国や、北朝鮮などが行っていた経済システムです。

「賃金の格差」は余りなく、国による社会保障も充実していますから、暮らしやすい社会にはなるのですが、
競争の原理が働き難いシステムなので、国家間で比べた場合、「経済的な発展の面で、資本主義諸国に劣る」、
と言う結果に、陥り易いシステムと言えそうです。

----------------------
「 共産主義 」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%B1%E7%94%A3%E4%B8%BB%E7%BE%A9
・  共産主義(きょうさんしゅぎ)は、私有財産制を廃止し財産を共有することによって、
・  貧富差のない平等な社会の成立を目指す社会理論および政治運動、イデオロギーを意味する。

純粋な「共産主義」を行っている国は現在存在しないようですが、私有財産は無いためお金も不必要な代わり、
全ての物資が配給制で、自由な職業による経済活動や、個人の行動が制限された社会システムで、
ポルポト政権のころのカンボジアが、正にその典型的なものと言えるのでしょう。

しかし面白いことに、「共産主義」のシステムを取り入れた「ヤマギシ会」と言うグループが、この日本にも、
存在して、継続した活動を行っているようです。「 幸福会ヤマギシ会 」 http://www.koufukukai.com/

----------------------
「 社会主義自由経済 」

「 規制緩和の背景にある中国政府の思惑 」 
http://www.lca-j.co.jp/cbc/top/report_01.htm
・  人類は中華人民共和国をして最大の実験を行なっている。社会主義自由経済である。
・  ソビエト連邦を君主とした社会主義の崩壊を目の当たりにした中国は、非常に危機感を覚えた。
・  そこで人民に一定範囲内での経済活動を許可すると言う飴を支給したのだ。

中国の指導者であった「鄧小平」の考え出したこのシステムは、「中国共産党」と言う組織を温存したまま、
何とか経済的に発展させたい考えから生み出されたものだと、私は思っていますが、国民が豊かになるにつれ、
自由と言うもう一つの価値感に目覚め、「何れは完全な自由主義に移行する」と予測する人も多いようですね。

----------------------
「 会社主義 」 ←(半分冗談ですが、一部真実かな)

戦後から現在までの日本の社会は、年功序列賃金で、欧米などから見れば転職が難しい社会だったわけですが、
こう言う「会社と言う組織」に、多くの権限と力を持たせ、日本の国を強力に発展させようとしたシステムを、
少し茶化して、「会社主義」などと呼ぶことが有ります。

日本に長く住んでいれば余り気付かないことですが、未だに< 会社組織が多くの権限と力を持っている >
その良い例として、米国などには存在しない、就職する場合の「年齢制限」などが存在する点でしょう。
ある評論家は、戦後の日本は< 開発独裁の国 >だった、と評論しています。

「会社の売り買い」などが、日常茶飯事の米国や、会社同士の株式の持ち合いや、銀行経営に見られたような、
「護送船団方式」や、国の過度の介入など、ドライなビジネスの出来る米国とでは、日本も同じ「資本主義国」
と言って見ても、その成熟度には、大きな隔たりが有ると言えるのでしょう。

=========================

> 共産主義と社会主義の違いについて、高校生でも分かるように説明してください。

このような質問は、「 経済学の基本的な事柄 」ですので、OKWebの「経済のカテゴリー」に行って検索してみるとか、
ネット上にある「百科辞典」などを調べれば、解答もすぐに見つかり解決しますよ。

> よく、社会主義は共産主義の前段階であるとか、共産主義では階級が消滅するとか辞書には載っていますが、

『 前段階 』と言うのはその通りで、社会主義と共産主義の違いは、基本的には、「お金の存在を許すか...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報