シッピング・ニュースをご覧になった方にお聞きします。

今まで、「ショコラ」「サイダーハウス・ルール」など
ハルストレム監督の作品は見てきたのですが、
どれも私にはしっくりきませんでした。悪い作品ではないと思うのですが。
今回の「シッピング・ニュース」もどうも、そういう感じがして
見るべきかどうか悩んでいます。

そういうわけで、感想を聞かせていただきたいのです。
ネタバレがない程度によろしくお願いします!!

A 回答 (3件)

「この人の作品はみんな同じです」と、


はっきり言いましょう。
だからお話が良い悪いではなく、ああいうノリというか
表現法が肌に合わない人は観ない方が良いですね。
眠たくなるか見終わった後物足りなさを
感じてしまうと思います。
wavegymが前の作品を「しっくりこない」というんでしたら
お奨めは出来ません。
アドバイスとしてはこんなものでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はっきり言ってもらえるとありがたいです。
やっぱりこの作品もノリは変わってないんですね。
アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2002/03/23 17:15

試写会で見てきたのですが、私には、いかにも小説を映画化したという感じがしました。

物語的には良いのですが、どうも客観的にしか見れないといいますか、映画の世界に溶け込んで見れなかったのが残念です。
 本当にしっくりこないという表現があっている映画でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。よくわかりました。
参考にさせていただきます。
アドバイスどうもありがとうございました。

お礼日時:2002/03/23 17:14

すっきりしないというかはっきりしないというか・・・


わたしは、眠くて眠くて(隣の人はいびきを・・・)
あまり強弱の少ない作品でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですか。参考にさせていただきます。
アドバイスどうもありがとうございました。

お礼日時:2002/03/23 17:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシッピング・ニュース スペイシーの役名(ちょっとネタバレ)

「シッピング・ニュース」のケヴィン・スペイシーの役名についてです。
最後までクオイルというファミリーネームしか名乗らなかったと思うのですが、それは何故なのでしょうか?
他の人にはファーストネームが設定されているのに彼だけなかったのが不思議です。
ちなみに、原作は読んでいません。

明確な答えがないのなら、想像でもかまいません。
ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

そうですよね。原作でも彼のファーストネームは出てきません。いったいなぜなんでしょうね。
色々なサイトでも「なぜか?」と言われていますが結局は作者の人のみが知っているですね。

Qアメリをご覧になった方へ質問です(ネタバレ?有りです)

先日やっとアメリを観て感動した者です。
ですが、ひとつ意味がわからなかった?事柄があったので
ご覧になった方は、どのように解釈されたか
教えていただきたくて、質問させていただきますm(_ _)m

アメリが「ガラス男」にビデオを送りますよね。
その内容は・・・
(1)自転車レース?のシーンで先頭を馬が走ってるシーン
(2)赤ちゃんがプールを泳いでるシーン
(3)片足のない男性がタップダンスを踊っているシーン
(他にもありましたが忘れてしまいました・・・汗)

などなどですが、どうしてアメリはこれらのシーンを選んで
ガラス男に送ろうと思ったのでしょうか・・・。
考えてみたんですけど、意味がわかりませんでした(T-T)

おわかりになる方、ご自分の見解で結構ですのでどうぞ教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは!
私もそのシーンについて考えていましたよ~。
私も#1さんに同感です。

今回は自分の見解で良いということなので私なりの回答させていただきます。

でも、やっぱりアメリじゃなきゃ分からないかな・・と思いつつ(笑)私が映像を純粋に見て受けた印象は以下の通りです。

(1)ガラス男はある意味ひきこもりです。
馬の走る美しい姿はまるでスローモーションのように流れていってたと思います。
ガラス男は「静」であり、馬は(馬だけではありませんが)「動」。
スピード感を伴って美しく動くものを見せたかったのだと思います。

(2)こんなに小さな生まれたての命も、一生懸命泳ごうとしている。
ガラス男だけでなく、誰が見てもがんばれ!と思うしかわいいと微笑ましく思う映像だったと思います。

(3)ガラス男は骨がガラスのように弱いという理由で外出は一切しません。
片足のない男も、ガラス男とは違いますが体の不自由な男性です。
それでも明るくダンスを踊っていて陽気です。
アメリはガラス男に、そういう人もいるんだよって教えてあげたかったのかなと思いました。

ガラス男は外出もしないし、あまり人とも会わないし、テレビも見ないし、広い世界に触れ合う機会が余りありません。
だからいろんな映像見せてあげることで、心が動いてくれたらなと願ったんだと思います。

ガラス男はそういう男ですが、実に様々な人をよく観察していて、人の心を深く理解できるナイスガイだと思います。アメリも初恋のことでとてもお世話になってましたね。

こんにちは!
私もそのシーンについて考えていましたよ~。
私も#1さんに同感です。

今回は自分の見解で良いということなので私なりの回答させていただきます。

でも、やっぱりアメリじゃなきゃ分からないかな・・と思いつつ(笑)私が映像を純粋に見て受けた印象は以下の通りです。

(1)ガラス男はある意味ひきこもりです。
馬の走る美しい姿はまるでスローモーションのように流れていってたと思います。
ガラス男は「静」であり、馬は(馬だけではありませんが)「動」。
スピード感を伴って美し...続きを読む

Q映画「オールドボーイ」をご覧になった方、字幕について(ネタバレ有)

ホテルのペイチャンネルで「オールドボーイ」を字幕で見たのですが、「文字」を写したシーンで、ことごとく韓国語の字幕(訳)が出ませんでした。

いくつか例をあげますと、
●雪の中で主人公が催眠術師に読ませた手紙の最後の一行(その一行に心を動かされ、催眠術師はオ・デスにもう一度催眠をかけます)

●7/5と書かれた西洋人が載ったチラシの内容(文化祭かイベントの告知のような?)

●ネットカフェでミドの通信記録をのぞいた際のパソコンの文章(この文章を見て、オ・デスはミドを縛り、「何者だ!?」と問い詰めます)
などです。

他のシーンも一切出なかったのですが、上記4つは絶対に必要な場面だったと思いますし、字幕が出ないことに非常に憤慨しております。
(当然ですが、セリフに対してはきちんと字幕が出ていました)

1)皆様がご覧になったときは、「文字」についてもきちんと字幕(訳)が出ていましたか?
映画館・DVDなど、ご覧になった方法も教えてください。

2)上記3例は、どのような内容だったのか教えてください。

ご存知の方だけでも結構です。
宜しくお願い致します。

ホテルのペイチャンネルで「オールドボーイ」を字幕で見たのですが、「文字」を写したシーンで、ことごとく韓国語の字幕(訳)が出ませんでした。

いくつか例をあげますと、
●雪の中で主人公が催眠術師に読ませた手紙の最後の一行(その一行に心を動かされ、催眠術師はオ・デスにもう一度催眠をかけます)

●7/5と書かれた西洋人が載ったチラシの内容(文化祭かイベントの告知のような?)

●ネットカフェでミドの通信記録をのぞいた際のパソコンの文章(この文章を見て、オ・デスはミドを縛り、「何者だ!...続きを読む

Aベストアンサー

レンタルDVDで観ました。1つしか分かりませんが…(ーー;)。

1つ目のオ・デスが催眠術師に読ませた手紙の末尾は、以下の文章です。
『私は獣にも劣る人間ですが、それでも生きる権利はあるんじゃないでしょうか?』

これは、オ・デスが監禁生活から解放された直後に
ビルの屋上で自殺しようとしていた( 自殺した )男性の台詞です。
オ・デスがどんな心境で、この一文を引用したのか…。

台詞のみしか訳が出ないというのは、災難でしたね。
DVDでは通常の映画と同じように、台詞以外もきちんと訳されており
違和感は感じませんでしたよ。

Q公開ほやほや映画「マイアミ・バイス」の様なオススメ作品は?(ちょびっとネタバレ有

昨日、マイアミ・バイスを観て来ました。
久しぶりにああいった映画を観て、娯楽として楽しめました。

そこで、皆さんにアドバイス頂きたいのですが、
あの様なタイプの、DVD化されている映画でオススメのものはありますか?

`あの様なタイプ’とは…

◆世界をまたにかけちゃう感じ
 (欧州は無論、東南アジアなんかも出てくると映像的にエキゾチックでステキ)
◆CIAとかFBIとか出てくる感じ
 (やはり、自分が知り得ない世界を描いているのは観ていて楽しい)
◆あまりコミカルではない感じ
 (マイアミ・バイス程度が丁度/Mr&Mrsスミス等がNGにあたる)
◆あくまで主役は男性のもの
(自分が女性なので、同性の主人公だと`んなアホな’となってしまいます。)
◆映像的に動きがあるもの
 (シリアナなどがNGにあたtる)
◆拷問などグロい場面は平気です
◆悟れる程度の、ちょっと洒落(ギャグではない)がきいてるもの
 (ラストのイエロ?が殺されたシーン、最初の方の台詞であった`抽象的な壁画’を(多分)意識していた様に…)
◆古い映画では無いもの
 (時代や外国の地のバックグラウンドに疎いので、手軽に楽しめない)

注文が多くてすみません^^;

元々の好みは、スパイ、猟奇殺人、などです。
ですが、SAWの様な暗いモノ(お金かかってない)や、ハンニバルシリーズなどには飽きてしまいました。

今は、爽快に、ダイナミックに、クールに、そんな風に娯楽としてサラっと楽しめる映画が観たいです。

どうでもいい事ですが、上にNG例として列挙した映画も面白かったです。

ちょっとズレるんですが、マイボディーガードも好きです、思ったより単純なボディーガード映画じゃなかった&変わった感じの音楽がツボでした。

昨日、マイアミ・バイスを観て来ました。
久しぶりにああいった映画を観て、娯楽として楽しめました。

そこで、皆さんにアドバイス頂きたいのですが、
あの様なタイプの、DVD化されている映画でオススメのものはありますか?

`あの様なタイプ’とは…

◆世界をまたにかけちゃう感じ
 (欧州は無論、東南アジアなんかも出てくると映像的にエキゾチックでステキ)
◆CIAとかFBIとか出てくる感じ
 (やはり、自分が知り得ない世界を描いているのは観ていて楽しい)
◆あまりコミカルではない感じ
 (マイア...続きを読む

Aベストアンサー

男の映画、アクションシーンがリアルでありながらそこそこ派手、内容もしっかり、キャラクター描写も手抜き無し
と解釈して挙げてみます。

『RONIN』
スパイ物でヨーロッパを舞台にデ・ニーロ&ジャン・レノの傑作です。
カーチェイスは重量感があるし、セリフがシブいです。
アクション映画でも最近は特撮ばかり目立つ中で、実際にスタントをしてるだけあって迫力があります。

『ヒート』
『マイアミ・バイス』の監督作ですから、トーンが似てますし、終盤の市街地での銃撃戦のは素晴らしい迫力は有名です。
刑事側と犯罪者側の両方の心理描写を巧く描かれていて素晴らしい音楽もオススメです。

『ボーン・アイデンティティー』
『ボーン・スプレマシー』
スパイ物では一番新しいシリーズで、マット・デイモンがカッコイイです。
主人公に感情移入できる作りですし、最近の007みたいな『おいおい、そんなん有り得ないヨ』なシーンは無縁ながら、しっかり見所は押さえてあります。
3作目『ボーン・アルティメティウム』が来年公開です。

『トゥルーライズ』
もう観ていると思いますが、スパイアクションですがコメディ要素もあり飽きません。
最近はこの様な派手なアクションが少ないのが残念です。

男の映画、アクションシーンがリアルでありながらそこそこ派手、内容もしっかり、キャラクター描写も手抜き無し
と解釈して挙げてみます。

『RONIN』
スパイ物でヨーロッパを舞台にデ・ニーロ&ジャン・レノの傑作です。
カーチェイスは重量感があるし、セリフがシブいです。
アクション映画でも最近は特撮ばかり目立つ中で、実際にスタントをしてるだけあって迫力があります。

『ヒート』
『マイアミ・バイス』の監督作ですから、トーンが似てますし、終盤の市街地での銃撃戦のは素晴らしい迫力は...続きを読む

Qスピルバーグ監督作品「ミュンヘン」の1シーンについて…

今、創作活動を行っているのですが、その辺りでちょっとお聞きしたい事があります。
序盤のシーンにて、ジェフリー・ラッシュ(エフライムという役名です!眼鏡をかけた男で、序盤に登場します)と、主人公が公園で歩きながら暗殺の説明を受けるシーンがあります。
「誰々をこうやって殺してくれ」のような会話を人がいる所で平然と会話をしているのですが、現実の視点から見て実際によく行われていたりするものなのでしょうか…?

Aベストアンサー

【公園】
スピルバーグ監督作品の「ミュンヘン」は、DVDで見ました。
公園で暗殺の説明を受けるシーンなどは、
映画ではよくあるシーンですね。
たしかペリカン文書、スペシャリスト、
暗殺者などもこういうシーンがありました。
CIAの黒幕が暗殺者に殺人を頼むのは人が多い公園で、
二人で歩きながら話をしてその後、立ち去っていきます。
【現実】
実際はどうかわかりませんが、映画「メカニック」では、
闇の社会の依頼人はメカニックと呼ばれる仕事人に
直接、書留の郵便で殺して欲しい人間のファイルを送ります。
映画「ジャッカルの日」では、殺し屋ジャッカルにテロ集団は、
高級ホテルで出会って殺人を依頼します。
この時に報酬なども取り決めます。
おそらく現実は、もっと複雑で、何人かの人が間に入っているでしょう。
おそらく誰が依頼したかは全くわからないようになっているのでしょう。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=23269
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=10302

【公園】
スピルバーグ監督作品の「ミュンヘン」は、DVDで見ました。
公園で暗殺の説明を受けるシーンなどは、
映画ではよくあるシーンですね。
たしかペリカン文書、スペシャリスト、
暗殺者などもこういうシーンがありました。
CIAの黒幕が暗殺者に殺人を頼むのは人が多い公園で、
二人で歩きながら話をしてその後、立ち去っていきます。
【現実】
実際はどうかわかりませんが、映画「メカニック」では、
闇の社会の依頼人はメカニックと呼ばれる仕事人に
直接、書留の郵便で殺して欲しい人間のファ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報