ヒロスエ映画「わさび」で話題な映画監督リュック・ベッソンが、「フィフスエレメント」で出会い「ジャンヌダルク」撮影後たった2年ですぐに女優ミラ・ジョボビッチと離婚、というニュース。皆さんも記憶に新しいと思います。そこで西欧人の宗教観に疑問なのですが。

カトリックのイタリア人は簡単に、中絶はもちろん離婚できないと聞きました。フランス人も同じラテン系旧教国なのに、なぜベッソンはすぐに離婚した?抵抗はあったのだろうか?宗教の影響力は今ではかすんでしまったのだろうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 


  イタリア人とフランス人で、国民気質の違い、文化の違いなどはあると思えます。しかし、「宗教観の違い」というのは、それほどないと言うのが正しいと思います。ローマ・カトリック教会の信仰についてなら、イタリア人の方が、より身近に感じ、生活に浸透しているということはあるかも知れません。歴代教皇は圧倒的にイタリア人ですし、枢機卿もイタリア人が多く、ヴァティカンの役職にあるのもイタリア人が多く、第一、ヴァティカンの公用語または日常語は、ラテン語とイタリア語のはずです。
 
  イタリア人には、それだけ教皇庁が身近にあるということですし、ローマ・カトリックの信仰も、生活のなかに密着しているのだと云えます。フランス人も、無論、カトリック信徒の人は、宗教が生活に密着しているはずですが、都市に住むカトリックの人などは、生活への密着さが薄れているのかも知れません。
 
  それはとまれ、ローマ・カトリック教会は、信徒に、「離婚・中絶」を公式には認めていません。信徒もそれに従うべきでしょう。しかし、イタリアもフランスも、「信教の自由」はあるのであり、無神論者だと言って、国外追放になる訳ではありませんし、カトリックの戒律を守らなかったからと言って、そう簡単に「破門」されたりはしません。無論、信徒として相応しくないというので、「破門」されることはあるかも知れませんが、それは、赦しを請えば、教会は、信徒への復帰は許してくれるはずです。
 
  問題は、特定個人について、その人が果たしてカトリック信徒かどうかも分からないのでは、カトリックの教義は関係ないのではないかということです。イタリアやフランスが、カトリック信徒の圧倒的に多い国であるのは事実ですが、別に、その国の国民だから、カトリック信徒とは限らないのです。また仮に信徒としても、色々な考え方があり、「堕胎」はかなり重い問題ですが(教皇庁も、これについては、強硬な姿勢を示しています。堕胎を容認しようという進歩的枢機卿でも、教皇になれば、不寛容にならざるを得ません)、「離婚」については、教皇庁も、あまり強制的には信徒に求めていないというのがあります。これは、イタリアでもフランスでもそうです。
 
  イタリアでもフランスでも、離婚したい場合、「結婚が正式に成立していない」ということを証明して、正統に離婚(というか、結婚していないのだから、いままでの間違いを修正する)ことが、古くから行われていました。
 
  「結婚が正式に成立していない」とはどういうことかと言えば、「結婚」に必要とされる条件が、実は満たされていなかった、ということで、これは、イタリアやフランスでは、将来の離婚の可能性も考え、結婚の時、わざと条件を満たしたかどうか、曖昧な状態に、司祭もするという例があるようです。有力者同士の結婚で、離婚が見込まれる場合は、元々、条件を厳密にしておかないと言うことで、離婚の必要が生じると、その条件の曖昧さで、「結婚は成立していない」と宗教上はなり、世俗法律上は、婚姻の解消=離婚ということになり、どちらも問題ないということです。
 
  これは、カトリック信徒で、事情がある場合にこうするので、そのこと自体が、それほど大きな問題だとは考えられていないはずです。「事情がある場合」というのが重要で、どうしても合わない夫婦を、そのまま離婚させないでおくよりも、宗教上も、結婚は成立していなかったとして、離婚を認める方が、教会としても、信徒の要望に応えることになるのです(そういう考えを、カトリック内部でも取る人が増えているはずです)。
 
  まして、そのベッソンという人が、もしカトリック信徒でない場合は、離婚しようと何をしようと、個人の自由ということになります。
 
  イタリア人はすべてカトリック信徒ではありませんし、フランス人もそうです。無神論を標榜したり、プロテスタント信徒になる人もいれば、イスラム教徒や、なかには仏教徒も稀にはいることでしょう。また、たとえ、カトリック信徒であったとしても、個人によって、信仰に考え方の区別があり、映画監督などになれば、独自の思想を持っている人が多いでしょう。
  
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のそれも詳細なお返事、大変ありがとうございます。

>「結婚が正式に成立していない」
なるほど契約を曖昧にして逃げ道を用意するケースもあるんですね。
いやー勉強になります。

>個人の自由
いや確かにそのとおりですが、伝統的な西欧の国って、因襲とか社会通念で
がんじがらめという印象があったので。旧教圏内において少数者として
メディアに叩かれたりとかあるのかな、そういった意味で内外からの抵抗感
の様なものがあったのかなと、思いました。

大変参考になりました。ありがとうごさいます。

お礼日時:2002/03/23 15:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイタリアのお土産で貰って嬉しいのは何ですか??

イタリアのお土産で貰って嬉しいのは何ですか??

当方、北イタリア在住です。
日本に里帰りする際、持っていくお土産には毎回悩まされます。
そこで質問させていただきます。

- イタリアのお土産(食品、モノ)で貰って嬉しかったものは何ですか?
- 逆に迷惑だった(結局食べずに捨てた、口に合わなかった)お土産は何ですか?

◆親戚・友人など幅広く贈り先があるので、回答の際に性別と年代を記入頂けると幸いです。
◆肉加工品(生ハム、サラミなどは持ち込み禁止)、ワイン(液体は機内持ち込み不可)以外で、モノでも食品でも、個人的趣味に関するもの、何でもOKですのでご意見おきかせ下さい。


普段は、BaciやNoviなどのチョコレート、真空パックのパルミジャーノチーズ、セリエAのレプリカユニフォームなどを地元のスーパーや市場で調達していますが、気にいってもらえているのかわかりません (^^; 

Aベストアンサー

液体はダメとなると難しいかも知れないけどイタリアと言えばやっぱりオリーブオイルやバルサミコ酢などが嬉しいですね。
少量の瓶だったら大丈夫なのでは?以前に友人からもらった事があります。
パルミジャーノも嬉しいです。
最近は日本でも簡単に手に入るけどやっぱり高いですしね。
あとはドライトマトをもらった事があります。
パンナコッタの元(ママプリンみたいな)も結構面白くてうけました。

モノでは可愛らしいデザインの栓抜きをもらったのが嬉しかったです。
イタリアらしいビビッドカラーで動物?ともお化け?ともつかないデザイン。
栓抜きって日本では今あまり見かけないので良いモノをもらったと、とても重宝してますよ。
ワインのコルク抜きとかもイタリアなら良いデザインのものがありそうって思いますが、どうですか?

もらって迷惑だったものはとくにありません。

おいしいもの好き、料理好きの40代主婦でした。

Aベストアンサー

戒名がついた段階で、解脱、涅槃に到達した「事になっています」
で、あなたが御先祖の事を心配されるなら、かなり立派な心がけですが、
お墓のある「菩提寺」へ行って「永代供養」をお願いします、
あなたや親類縁者が寄り集まることもあり、もう誰が誰やら分からない事もありますが(こっちの方が楽)
あなたが参列(?)しないことさえありますが、しっかりと、あるいはいい加減に、供養してくれます。
なお普通永代供養してしまうと、お墓は返納、権利は消失、お寺はその土地を誰かに売ります。

Qイタリアのお土産

来月初旬、イタリアに新婚旅行に行きます。
海外旅行自体初めてなので全然わからないのですが、イタリアで何かおすすめのお土産の商品ありましたら教えて下さい。

新婚旅行ということで、お互いの家族や二次会等でお世話になった友人達にも何かお土産を買いたいと思っています。でも荷物も多くなるし、予算の都合上あまり高額なもの(ブランド物とか)は無理かも…
8日間中、全日程添乗員同行の観光プランで動くので、立ち寄るお店もお土産を買う時間すらどのくらいあるかもわかりませんが、参考にしたいので、イタリアに行かれた方や海外旅行に詳しい方、何かお勧めのものや妥当なものがありましたらよろしくお願いします。

ちなみに、ミラノ・ベネチア・フィレンツェ・ローマを回ります。

Aベストアンサー

こんにちわ。お土産はその土地ならではのものがいいですよね。現在イタリア在住ですが、過去に旅行でも何度か来ているので、そのときお土産にもちかえり、よろこばれたものをご紹介します。

ミラノ

ジョヴァンニ・ガッリ(老舗のお菓子やさん)
ここのマロングラッセは少々値段が張りますが、老舗ならではの品のよさがありますし、デリケートな包装も、大切な人へのお土産には適しています。ドゥオモ近くにあります。

フィオルッチ
最近移転したため、店舗の規模が小さくなってしまいましたが、オリジナルのTシャツは今でも数多く揃い、若い女性には人気です。サンバビラ駅のすぐ近く。

ヴェネチア

ヴェネツィア・ストゥディウム
シルクプリーツのスカーフや小物入れが多く、迷ってしまうほど多くの色が揃っています。私は母へのお土産に購入しました。

イェズルム
ヴェネチアといえばレース。王室や上流階級御用達のこの店では、豪華で高価なレースだけでなく、数千円で購入できる匂い袋などもあります。

それから、ムラノ島へ行くとヴェネチアングラスのアクセサリーなども多く見られるのですが、サンマルコでもガラス工芸店はたくさんあるので、小物を扱っていそうなお店を見かけたらのぞいてみるといいかも。

フィレンツェ

サンタマリア・ノヴェッラ薬局
メディチ家御用達の薬局で、現在は石鹸、香水、ハーブなどなど、とにかくいろいろなものを扱っています。商品の製法をずっと守っているという歴史のある薬局で、映画「ハンニバル」にも登場しました。ここの石鹸は敏感肌の人にもあうようなものが多く、ざくろの石鹸は日本人にも人気だそうです。もちろん香水も評判。

ジャンニーニ・ジュリオ・エ・フィリオ
マーブル紙の老舗。マーブル紙と皮の組み合わせのアルバムや、小さな写真たてなど、いろいろな種類の商品があるので、予算によって選べます。ピッティ宮近く

マドーヴァ・グローブ
素材や色、サイズをとことん選べる、品揃えにびっくりするような手袋の店。たとえば、こげ茶でやわらかいなめし革といっただけで10種類ぐらい出されて、逆にこっちが困ってしまうほど(笑)値段も安いものでは2千円ぐらいでもあるので、友達へのお土産にも充分可能。(ほんとうなら本人が試着してサイズを確認するほうがいいのかもしれないけど)ポンテ・ヴェッキオを渡ってすぐ

ローマ

セルモネータ
フィレンツェのマドーヴァと同じく、手袋の専門店。

ラ・ペオーニア
サルディーニャの食材が豊富に揃う店。地元のレストランのシェフや主婦が通うような人気の店で、ここのからすみは絶品です。他にもワインやお菓子もあります。

クチーナ
キッチン用品の店。有名ブランドだけでなくノーブランドのものまで広く扱っていて、おもしろいグッズもよく見かけます。

3店いずれもスペイン広場近く

最後に、大人数の人に配るようなお土産なら、やっぱりバッチ(bacci)というチョコレート!これはどこでも見かけるでしょう。帰りに空港の免税店で買うといいかと思います。
あと、チーズを購入されるならパルミジャーノ・レッジャーノ(真空パック)が一番です。モッツァレッラは日持ちしないし、ペコリーノやスカモルツァなど変わったものだと、もらった人がどうやって食べたらいいか困ってしまったりもします。

何か不明な点は補足でもいただければ詳しく回答しなおします。
よい旅を!

こんにちわ。お土産はその土地ならではのものがいいですよね。現在イタリア在住ですが、過去に旅行でも何度か来ているので、そのときお土産にもちかえり、よろこばれたものをご紹介します。

ミラノ

ジョヴァンニ・ガッリ(老舗のお菓子やさん)
ここのマロングラッセは少々値段が張りますが、老舗ならではの品のよさがありますし、デリケートな包装も、大切な人へのお土産には適しています。ドゥオモ近くにあります。

フィオルッチ
最近移転したため、店舗の規模が小さくなってしまいましたが、オリジ...続きを読む

Q伝統宗教と新興宗教と外来宗教

宗教に抵抗のある人でも、除夜の鐘の音を聞くのも不愉快、初詣にもいかん、お盆もやらんという人は少ないと思います。
多くの人にとって伝統宗教は「宗教」のカテゴリに入っていないのではないかと感じられます。
特異な存在である宗教として意識されるのは新興宗教と、外来の宗教であるキリスト教やイスラム教ではないでしょうか?
伝統宗教とそれ以外は意識の上で何が異なるのでしょうか?
またいかなる伝統宗教も開祖の時代は新興宗教であったはずですし、逆にいえば今現在の新興宗教も何百年も先まで残っていれば
伝統宗教として扱われるようになるでしょう。
また今は日本の土着宗教のようになっている仏教も本来は外国の宗教でした。
新興宗教や外来宗教はいつなにをもって伝統宗教に転ずるのでしょうか?

Aベストアンサー

マイナーがメジャーになるきっかけは、やはり支配者の決定じゃないでしょうか。


古来 人間はモノを創造していた。製作していた。


今のように大型量販店で、できあいのモノを買うのではなく、自ら作っていた。


各地で特産ができて、自分たちには無いものを、自分達独特のものと交換していた。
無いなら作ればいい から 作らずに品物を手に入れる方法として物々交換をしていたわけです。


そういうわけで、創造から今では人間の特性は消費に進化したわけです。


従って今では、創造をするモノになるより、創造されたものを大量消費するモノの方が圧倒的多数。
創造する人はマイナー。


キリスト教を例にとると、人々はいい宗教だからと 自らの自己決定で選んだわけではない。


学校には制服があるじゃないですか。
学校に自ら作った服を着ていかず、既製服を着ていきますよね。
それと同じように、時の支配者が創造したというか、ミックスした宗教を、被支配者階級に「これを着なさい これ以外は学校では着てはいけません」というように、「これを信仰しなさい。これ以外の信仰はしてはいけません」となったわけです。


どうして支配者は、キリスト教を選んだのかというと、被支配者の頭を上げさせないため。
押さえつけて支配者に服従させるため。

という側面と、集団を一つの宗教だけ信仰させることで、統一し纏め上げることが容易になるから。
散らばっている羊より、固まっている羊の方が、扱が容易ですよね。


ぜんまい仕掛けのおもちゃみたいなもの。
創造者、支配者、そして設計者でもあるその者の思い通りに、宗教を使えばできてしまう。

それに気づいたローマ皇帝たちは、だからキリスト教を使用して、領土を拡大することに成功したわけです。



従って、どの宗教が集団のメジャーとなるかは、支配者が利用価値があるとして使用するかどうか次第。


考えてみてください。
「あれは敵だ」と戦争を支持する者の息子は、決して戦場にに行くことはありません。
人々は国のため、神の正義のため という言葉によい知れ、奮起させられるが、決して支配者の息子が戦場の前線で国のため、神のためと戦うことはありません。
つまりその宗教の価値があるとしているのは、それがすごい物だから信仰すべきだとしているのではなく、自分の世界を拡大するために利用価値が大いにあるとしたから。
だから利用価値があるから支配者は利用することとなった。
利用しても成功しなければ、利用しないまでです。



神の正体とは、人間であり民を支配している者。
その者が利用価値があると選択した宗教が、メジャーになるわけです。


人々はその者が創造した商品を大量消費することに楽しみを感じる。
大量消費からブランドとして、価値を付加するわけです。

ブランドの誕生は、支配者が使用するようになってから、ブランドとして名が通り、高い値で取引される。

手作りで、職人が作るわけだが、人々の関心は、それを消費することであって、メーカーのように創造・製作することを楽しみたいからではない。
信仰とは消費と同義語。



仏教だって支配者が選択したからだし、神道だって支配者の都合で各地に伝わっていったわけですし。

人々は被支配者が決めた服を着て(消費して)喜んでいるだけ。



物を作っていた時代から、交換になり、消費がはじまり、大量消費になり、創造に興味はもたず、今はブランドに興味を持つようになったという人間の進化の過程を、宗教に置き換えて考えてみました。

人間の特性を知れば、解ける問題ですね。
そして人間の特性を知った人は、利用し勢力を拡大していった。
気づき利用したことで、自分が中心となる王国を築けた。

マイナーがメジャーになるきっかけは、やはり支配者の決定じゃないでしょうか。


古来 人間はモノを創造していた。製作していた。


今のように大型量販店で、できあいのモノを買うのではなく、自ら作っていた。


各地で特産ができて、自分たちには無いものを、自分達独特のものと交換していた。
無いなら作ればいい から 作らずに品物を手に入れる方法として物々交換をしていたわけです。


そういうわけで、創造から今では人間の特性は消費に進化したわけです。


従って今では、創造を...続きを読む

Qイタリアの喜ばれるお土産

今月末からイタリアに旅行に行きます!
私の会社では有休で海外旅行に行った場合、
同じ課内の女性におみやげ(小物等)を
渡すのが暗黙のしきたりになってます。
そこで質問です!
イタリアのお土産で女性に喜ばれる小物系
お土産のおすすめがあれば教えてください!
お菓子でもいいです!
予算は一人500円くらいと安いのですが。。
まわるところはローマ、ミラノ、フィレンツェ、
ベネチアです!

Aベストアンサー

ヨーロッパで暮らして16年目です。今はイタリアで暮らしています。
No.2の方が紹介しているマーブル紙は本当に美しい芸術品なのですが、ご紹介のURLのお店は和紙のような紙に自分たちで印刷をする高級品なので、ご自分用のお土産用に購入されるほうが良いかもしれません。

ただ、500円というと最近のユーロ高でEUR3.00くらいですので、路上マーケットで売っているマーブル柄のものならちょうど良いとおもいます。フィレンツェにはそのマーブル模様を単に普通の紙に印刷しただけのものが至るところで売られていますので。会社の同僚ならボールペンの周りにこのマーブル紙を貼り付けたものなども実用的で喜ばれるのではないでしょうか。ただ本当に単なる「印刷された紙」を貼り付けてあるだけですので使っているうちに色がはげます。なので差し上げる前に全体に透明のマニキュアでコーティングしてからあげると良いですよ。私もいつもこうしてから人にあげています。

もしくは、フィレンツェにメルカート・サンロレンツォ(サンロレンツォ市場」というとても大きな市場と、それからポンテ・ヴェッキオの手前にあるいのししの銅像がある市場があり、そこで様々なみやげ物が手に入るのでまずはそこをブラブラと見てみるのをお勧めします。市場なら革小物なども安価で手に入りますよ。

ただ、イタリアは観光地にはいたるところに露店がでていてどこでもみやげ物が安く手に入りますので、お配り用のみやげ物には不自由しません。UPIMやCOINというスーパーにも面白いものが色々ありますので時間があったら覗いてみると良いかもしれませんね。ALESSIという有名食器メーカーが出しているトイレの消臭剤や、NIPPONという名の先にミントの味がついたつまようじなども一時帰国のお土産に喜ばれました。

なお、イタリアはすでに非常に暑いので、チョコ類は避けたほうが良いかもしれませんが、エスプレッソコーヒーの豆をチョコレートでコーティングしたお菓子は日本で手に入りにくくいつも喜ばれます。もちろん空港にも色々ありますよ。

ヨーロッパで暮らして16年目です。今はイタリアで暮らしています。
No.2の方が紹介しているマーブル紙は本当に美しい芸術品なのですが、ご紹介のURLのお店は和紙のような紙に自分たちで印刷をする高級品なので、ご自分用のお土産用に購入されるほうが良いかもしれません。

ただ、500円というと最近のユーロ高でEUR3.00くらいですので、路上マーケットで売っているマーブル柄のものならちょうど良いとおもいます。フィレンツェにはそのマーブル模様を単に普通の紙に印刷しただけのものが至るところで売られて...続きを読む

Qバハーイー教という宗教の教義が文章だけ見ると大変魅力的な宗教に見えます。 ①上記宗教に関して魅力的な

バハーイー教という宗教の教義が文章だけ見ると大変魅力的な宗教に見えます。
①上記宗教に関して魅力的な点、問題点。
②世界を良くする、人の心を善くする教えはバハーイー教以外にありますか。宗教でなくても構いません。
未熟な私に教えて頂けますでしょうか。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

誰に何を聞いても無駄・・

自分で その宗教に入り 自分の目で確かめて 初めて解かる事・・

宗教を嫌いな人は 唯・・ 批判が目的なのだから・・

Qイタリア旅行のお土産は?

この夏、イタリアに旅行をします。
イタリアに行くのは初めてです。

イタリアのお土産はどんなものがあるでしょうか?
昔、チョコレートをもらったことがあったのですが、
残念ながら、おいしくなくて・・・。
また、お酒を飲む人も回りにいないので、
ワインも避けたいと思っています。
ブランド物も、好む人がいません。

パスタなんかがいいかな?とも思うのですが、
男性はもらって困るかな?とも思っています。

そこで
Q.イタリアのお土産で、
 もらってうれしかったものは何ですか?
が質問です。

あげて喜ばれたものでも構いませんし、
逆に「これはヤメトケ」というものがありましたら、
教えていただければと思います。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

美術好きなら美術館のグッズが
いいでしょうね。
わたしはよくカレンダーを買いますよ。

イタリアは皮製品が有名ですから
ベルト、小銭入れ、ブックカバー
手帳カバー、手袋など
良い物があります。

また調理器具や小物は素敵なデザインや
色のものが多いです。
キッチンばさみや栓抜きなども
おしゃれなものがありますね。

自分で買って気に入っている物は
手書きの絵皿です。
持ってくるときは手荷物で大変でしたが
今でも重宝しています。

チョコレートは私もあまりおすすめしませんね。

Qカトリック教徒が離婚したい場合はどうするのか?

元ポーランド統一労動党第一書記
ヴォイチェフ・
ヴィトルト・ヤルゼルスキ氏は
民主化弾圧の罪は
高齢を理由に逃れたが、
ヤルゼルスキー氏は
高齢で奥様がいながら、
不倫をして
奥様 に訴えられて
離婚を迫られたが、
ヤルゼルスキー氏は
カトリックだから
「離婚はしない、
死ねまで一緒にいると」
発言をしたが、
そもそも
カトリック教徒が不倫した場合は
離婚は許されるのか?
例え裁判で
例えどんな場合(裁判)に於いて
離婚が許されても
カトリックの教義を
冒涜するのではないか?
離婚したらば
カトリックから
破門されるのではないか?

カトリック教徒は
不倫に対して
どの様に考えて対応するのか?

私の今の考えでは、
離婚するためには
離婚が教義で禁止されている為に
カトリックから出るか、
「ヘンリー8世」の様に
基本的にはカトリックだが、
教義が多少違う
イギリス国教会の様な
新興宗教を発明するか、
それとも
カトリックから出る以外に
存在しないのではないか?


宗教カテゴリーのみなさんの
ご回答のほど、
お待ち申しております!

参照!
http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q13120741958

元ポーランド統一労動党第一書記
ヴォイチェフ・
ヴィトルト・ヤルゼルスキ氏は
民主化弾圧の罪は
高齢を理由に逃れたが、
ヤルゼルスキー氏は
高齢で奥様がいながら、
不倫をして
奥様 に訴えられて
離婚を迫られたが、
ヤルゼルスキー氏は
カトリックだから
「離婚はしない、
死ねまで一緒にいると」
発言をしたが、
そもそも
カトリック教徒が不倫した場合は
離婚は許されるのか?
例え裁判で
例えどんな場合(裁判)に於いて
離婚が許されても
カトリックの教義を
冒涜するのではないか?
離婚したらば
カトリッ...続きを読む

Aベストアンサー

真のカトリックは不倫もしないし、離婚もしません。

不倫をするのは真のカトリックではない人ですから、離婚するのも勝手です。
アーメン。

Qイタリアでオススメなお土産

来週からホームステイでイタリアに行きます。
ホームステイというこで、買い物の時間がどれくらいあるかわかりません。なので、こちらでお土産を決めてから出発したいと思います。
イタリアのオススメなお土産を教えてください。
できれば、おいしいチョコ。クッキー。なども知りたいです。
また、チョコは帰りの空港で購入を考えています。
機内に持ち込むと溶けてしまいますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

baciは「キス」という意味で、一つ一つのチョコの包装の中に愛の名言がおみくじチョコのように入っていて英語かイタリア語のわかる人にはかわいいです。
味はナッツ入りチョコでおいしかったように記憶していますが、やはり日本のチョコと外国のチョコは味が少し違いますので日本のチョコを期待すると少し違うかも。あちらではどこでも(スーパーや駅の売店手など)購入できますので、一度買って味見してみればいかがでしょう。

確信はもてませんが、スーツケースに入れておいても溶けることはないと思いますが・・・。

20kg以上の荷物にはオーバーチャージがかかるので、重量のかさむパスタよりはいいと思いますよ。

Q哲学、宗教、カルト宗教の違い

お世話になります。

哲学と宗教とは違うと思いますか?
また宗教とカルト宗教とはどこが違うのでしょうか?

Aベストアンサー

哲学とは何か、ですか?
世界の地図をつくること、

宗教(ただし信仰)とは何か、
誰かが作った地図を利用して生きること、

でどうですか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報