まじめな質問です。現在児童ポルノは販売目的とした所持など禁止されていますが単純所持つまり単に個人のため購入は処罰の対象にならないと思いましたが?現段階では取り締まり規制は出来ないですか?
今年は児ポ法改正の年にあたるそうですが改正前に購入した者Aはのち改正後販売者が摘発され通信の記録などで取引が立件できても改正前購入のAは捕まえることは
出来ませんか?
一人でも多くこういった方々を無くしたいです。
法律に精通するみなさんのご意見お待ちしております。

A 回答 (1件)

 あなたの考え方は立派ですが、現在の日本の法制度では無理です。


改正前購入のAは捕まえることは 出来ませんか?>
 現在のあらゆる民主主義国家で採用している罪刑法定主義の内容として遡及処罰の禁止があります。つまり、後からできた法律で過去のことについて処罰できないということです。
罪刑法定主義
http://nagatazemi.hoops.ne.jp/josetsu.html
 また、法律上、個人が正当に所持しているものを国家が強制的に無償で取り上げることは憲法29条の解釈上できません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。勉強になります。

お礼日時:2002/03/26 21:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q京都府、児ポ所持禁止、東京は?

京都府が児ポ所持禁止条例が決定したようですが、現状東京はまだですか?

Aベストアンサー

まだですね。聖地秋葉があるのでまだしばらく大丈夫かと思います。

Q実在しない「偽札(や債券類)」を単に所持していた場合

最近話題になっている国際的なニュースに、2人の日本人(?)が、スイス-イタリア国境で、13兆円にもなる巨額なアメリカの債券を所持していたという事でイタリア当局に事情聴取を受け、その後釈放された(?)というものがありました。現在でも情報が錯綜しており、細かい部分の真偽は不明です。

さて、どうやらこの債券は「偽物」だと言われているようです。額面が5億ドルというアメリカの債券は発行されていない、という情報も出ているようです。

現在流通されている紙幣の偽札の場合、作成した時点で違法となります。一方で、例えば「一億円札」というような、明らかに流通していない額面の紙幣が、似たような図柄で「おもちゃとして」存在し、販売されています。図柄には「子供銀行券」など、実在しない団体が発行したことになっている記載のデザインが多いです。しかし、そのような「おもちゃ」であっても、過去に、それを折り畳んで額面や詳細がわかりにくいようにして店で使用し、捕まった例があったかと思います。そこで、大きさが同じ物は規制された(あるいは自主規制?)され、現在は明らかに大きいものか、あるいは小さいものしか販売されていないようです。

上の状況から、おそらく「存在しない額面の紙幣」を作成したり、所持している事自体は違法ではない。しかし、それを、真券として使用し、商品なりと交換した場合は、詐欺(?)の犯罪になるのではないかと推測されます。

そこで疑問ですが、いくつかあります。

1) 今回のように、偽の有価証券類だが、額面やデザイン的に明らかに実在しないものを単に所持していた場合(行使していない場合)は、それ自体で、違法になるのかどうか。大きさが同じものと明らかに異なるものについて、もし扱いが異なるならば、その旨。

2) もしも、実在しない有価証券類ではあるが、デザインの中に記載された発行元が実在しているものを単に所持していた場合はどうなるか(子供銀行ではなく日本銀行と書いてあるなど)。

3) 以上のことは、一般の有価証券類ではなく、紙幣であった場合は何か異なるのか。

世界各国の法律によっても異なると思いますが、日本の場合は、で結構ですので、ご教示ください。

最近話題になっている国際的なニュースに、2人の日本人(?)が、スイス-イタリア国境で、13兆円にもなる巨額なアメリカの債券を所持していたという事でイタリア当局に事情聴取を受け、その後釈放された(?)というものがありました。現在でも情報が錯綜しており、細かい部分の真偽は不明です。

さて、どうやらこの債券は「偽物」だと言われているようです。額面が5億ドルというアメリカの債券は発行されていない、という情報も出ているようです。

現在流通されている紙幣の偽札の場合、作成した時点で違法とな...続きを読む

Aベストアンサー

ご質問については、刑法で下記のように規定されています。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/M40/M40HO045.html#1002000000016000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000
概ね、下記の条文に書いてある範囲で犯罪になると考えてOKです。

第十六章 通貨偽造の罪
(通貨偽造及び行使等)
第百四十八条
1 行使の目的で、通用する貨幣、紙幣又は銀行券を偽造し、又は変造した者は、無期又は三年以上の懲役に処する。
2 偽造又は変造の貨幣、紙幣又は銀行券を行使し、又は行使の目的で人に交付し、若しくは輸入した者も、前項と同様とする。

(外国通貨偽造及び行使等)
第百四十九条
1 行使の目的で、日本国内に流通している外国の貨幣、紙幣又は銀行券を偽造し、又は変造した者は、二年以上の有期懲役に処する。
2 偽造又は変造の外国の貨幣、紙幣又は銀行券を行使し、又は行使の目的で人に交付し、若しくは輸入した者も、前項と同様とする。

(偽造通貨等収得)
第百五十条 行使の目的で、偽造又は変造の貨幣、紙幣又は銀行券を収得した者は、三年以下の懲役に処する。

(収得後知情行使等)
第百五十二条  貨幣、紙幣又は銀行券を収得した後に、それが偽造又は変造のものであることを知って、これを行使し、又は行使の目的で人に交付した者は、その額面価格の三倍以下の罰金又は科料に処する。ただし、二千円以下にすることはできない。

第十八章 有価証券偽造の罪
(有価証券偽造等)
第百六十二条
1 行使の目的で、公債証書、官庁の証券、会社の株券その他の有価証券を偽造し、又は変造した者は、三月以上十年以下の懲役に処する。
2 行使の目的で、有価証券に虚偽の記入をした者も、前項と同様とする。

(偽造有価証券行使等)
第百六十三条  偽造若しくは変造の有価証券又は虚偽の記入がある有価証券を行使し、又は行使の目的で人に交付し、若しくは輸入した者は、三月以上十年以下の懲役に処する。

ご質問については、刑法で下記のように規定されています。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/M40/M40HO045.html#1002000000016000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000
概ね、下記の条文に書いてある範囲で犯罪になると考えてOKです。

第十六章 通貨偽造の罪
(通貨偽造及び行使等)
第百四十八条
1 行使の目的で、通用する貨幣、紙幣又は銀行券を偽造し、又は変造した者は、無期又は三年以上の懲役に処する。
2 偽造又は変造の貨幣、紙幣又は銀行券を行使し、又は...続きを読む

Q猥褻(わいせつ)ものデータ所持で初摘発?

2011/07/15
最近ポルノDVD、わいせつ画像を販売目的で
PC→スマホに保存していたという罪で、
警視庁が初めて摘発し、逮捕者が出たそうです。

なんでも、わいせつ画像を"販売目的で所持するだけ"でも、
2011/07/14から取締りの対象になった為、
ポルノDVD、わいせつ画像が記録されたハードディスクを押収との事。

でもこれって、何をもって"販売目的"と判断するのでしょうか?

2011/07/14から取締りの対象になったから逮捕ということは、
恐らく、まだ逮捕される予備軍が一杯いますよね。
しかし、取り締まり中と分かれば、証拠隠滅することも可能なわけで。

ここで疑問なのは、PCのハードディスクに保存していること自体に
違法性はあるのでしょうか?(アダルト、一般作に関係なく)
つまり、わいせつ画像をPCに所持するだけでも違法になります?

例え所持者が、「いや、これは観賞用目的だよ」と言っても
逮捕になるのでしょうか?

そんな人、世の中に5万といると思うのですが。

何をもって"販売目的"と判断するのか、その定義が知りたいです。
わいせつ画像を使って、商売をするという意思表示があるとダメなんですかね。

でもPCにわいせつ動画や画像を保存したくらいで
販売目的の意思表示があるということにはならないと思うのですが?

確かDVDの複製は個人が観賞用目的でコピーする分には違法性が無く、
コピーしたものを販売すると、そこで初めて違法になったと思うのですが。

ご意見お願いします。

2011/07/15
最近ポルノDVD、わいせつ画像を販売目的で
PC→スマホに保存していたという罪で、
警視庁が初めて摘発し、逮捕者が出たそうです。

なんでも、わいせつ画像を"販売目的で所持するだけ"でも、
2011/07/14から取締りの対象になった為、
ポルノDVD、わいせつ画像が記録されたハードディスクを押収との事。

でもこれって、何をもって"販売目的"と判断するのでしょうか?

2011/07/14から取締りの対象になったから逮捕ということは、
恐らく、まだ逮捕される予備軍が一杯いますよね。
しかし、取り締まり中...続きを読む

Aベストアンサー

一度でも販売実績が有れば販売目的所持にあたるでしょう
実際今回逮捕されて人は販売していますから
または販売するという事を公表していたらダメです

Q児童ポルノ画像単純所持の違法化

違法化が始まった時点でポルノ画像を所持していたら違法となるわけで、

違法化が始まる前に携帯にダウンロードしていたポルノ画像は違法化が始まる前に削除してしまえば法の不遡及によって違法にはならないはずです。

しかし、違法化した後に何らかの理由により警察に携帯を押収され、過去のポルノ画像を復元されたとします。

この場合、どのようにして「違法化する前にダウンロードしたポルノ画像である」ということを証明するのでしょうか?画像のダウンロード日時などが判明すればセーフなのでしょうが…

もしこれを証明できないと、あちこちで冤罪が多発するでしょうね。

Aベストアンサー

自民党本部にも同様の文章の意見のメールを送りました。
漫画やアニメまで規制の対象にすると言っていますので、ポルノの定義があいまいな基準で可決したら、国民のほとんどが
処罰される危険大
ドラえもんの漫画の中に静香ちゃんの入浴シーンがあっても処罰される。麻生が言っていたドカベンの入浴シーンも
処罰すると言っていましたから間違いないでしょう。安倍も規制推進派
クールジャパーンと言っているが安倍に逆らうものを左翼扱いにしている始末ですから、日本滅亡の危機に立たされているかもしれません。人権擁護法まで通ったら、強盗であれ受け入れなければなりません。
拒否するだけでも罰金刑ですから

Q児童ポルノ禁止法改正案はどうしてOK?

今、問題になっている児童ポルノ禁止法改正案のマンガやアニメの表現規制についてなのですが、
憲法違反という意見を見かけます。ならどうして成立するのでしょうか?
例えば
「政府を批判する報道は一切してはならない法」
を政府が作りたくても、言論の自由や知る権利に反するので駄目なんですよね?
改正案の表現規制は
「18歳未満に見えるキャラクターの性的に刺激する絵はアウト」
つまり、このアバウトな範囲の絵を描くことを法律で禁止するってことになります。
明らかに表現の自由に反していると私も思います。
でも可決されると規制されてしまうんですよね?
違憲で無効、とはならないのは何故なんでしょうか?
詳しい方、回答お願いします。

Aベストアンサー

違憲かどうかを判断するのは行政(政府)ではなく、司法(裁判所)です。
つまり、法律を作っている段階では合憲か違憲かはハッキリしておらず、施行されてから問題があるという事で訴訟を起こすことで、初めて憲法判断に踏み込めるのです。
行政が審査中の段階では違憲かどうかは議会議論の良識に委ねるしかなく、その時点ではシロともクロともつけないものとなっております。
法律が施行され、裁判所で憲法判断の是非が行われて違憲と判断されて確定することで、初めて憲法違反の法令なので修正せよと司法が行政に命じる事が出来るのです。
もっとも、日本の裁判所は行政の言いなりに近いですから当てにならないのが現実ですが。

>「政府を批判する報道は一切してはならない法」を政府が作りたくても、言論の自由や知る権利に反するので駄目なんですよね?

これは作られないというより、作るたびに潰されると例えた方が適切でしょう。
「政府を批判する報道は一切してはならない」という法ができないのは、こういう法が出る事は民主国家にとって致命傷になるので、反対の声が大きくなって潰されるのです。
過去に何度もこれに近い動きは起こっており、その度に野党やマスコミから報道が流れたり、そういう動きに対して国外が懸念の声を上げたりする事によって国民の反発する声が高まり、その度に潰されているのです。
有権者が大きく反対する行為を強行すれば、選挙で票が逃げて勢力が小さくなり、下手をすれば致命傷を負う羽目になります(消費税増税を強行して国民から総スカンを喰らった民主党がその良い例でしょう。)。
特に選挙が近くなればなるほど、戦況の悪化を恐れてリスキーな行為を避けるようになります。
今年に入って憲法96条改正が自民党を中心に声高に主張されたのが、今ではほとんど聞こえなくなったのもこれと同じことです。

児童ポルノ改正法がそれと違うのは、この法案の改正の問題点が国民に対して伝わっていない事、それとやはり先進国の中では児童ポルノ後進国というレッテルが貼られている現状ゆえに疑問点を上げにくいという事が大きな要因でしょうね。

違憲かどうかを判断するのは行政(政府)ではなく、司法(裁判所)です。
つまり、法律を作っている段階では合憲か違憲かはハッキリしておらず、施行されてから問題があるという事で訴訟を起こすことで、初めて憲法判断に踏み込めるのです。
行政が審査中の段階では違憲かどうかは議会議論の良識に委ねるしかなく、その時点ではシロともクロともつけないものとなっております。
法律が施行され、裁判所で憲法判断の是非が行われて違憲と判断されて確定することで、初めて憲法違反の法令なので修正せよと司法が行政...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報