家にコーヒーにいれるホワイトクリームがたくさん残ってるんですけど、生クリームと同じように泡立てたらホイップクリームとして使えますか?
ホイップクリ―ムとしても使えるならケーキをデコレーションしたりできてかなり減るので助かるんですけど。。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

コーヒークリームはホイップすることはできません。

残念ですが…。(^_^;)

ホイップクリームというのは、小さな球状の脂肪(乳脂肪や植物脂肪)が水の中に浮いている状態で存在しているものです。
これをホイッパーで攪拌すると、脂肪同士がぶつかってくっつき、どんどんと粘度が出てきます。
これを更にホイップするとやがて艶のあるキレイなデコレーション用のホイップドクリームになるんです。
ところがこのホイップクリームは熱に弱いんです。
熱いコーヒーに入れると、油と水が分離してしまい、キラキラした油が表面に浮いてきたり、タンパク質が固まって白い羽根のようなもやもやが出てきてしまったりします。
また、酸性の飲み物に入れても同じような現象が起こってしまいます。

そこで登場するのがコーヒークリームです。
コーヒークリームも脂肪が水に浮いているところまでは同じなのですが、熱をかけても、酸性になっても大丈夫な様にとことん安定に設計されて作られています。
ですから、熱いコーヒーに入れても油は浮いてきませんし、変なもやもやも出てきません。
そのかわり! 安定すぎて、いくら攪拌してもホイップされないんです。
どんなにぐるぐるかき回しても、キレイな液体のままです…。

残念ですが、ホイップ用としての使用は無理だと思います。
でも、料理用なら使えると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ガ―ン・・・・(T□T)
かなりショックです・・・
すんごい詳しい回答本当にありがとうござました。
頑張って料理に使います。

お礼日時:2002/03/23 18:28

こんにちは。


コーヒークリーム、沢山残っているようですね…。
私は、生クリームはすぐに悪くなるので、
コーヒークリームを料理用に常備していますよ。
ビーフシチューにかけたり、他にもホイップにする必要のないクリーム料理にガンガン使っています。
ただ、大量にクリームが必要なクリーム料理には向かないですよね。空けるのが大変ですし…。
ごめんなさい、質問とは外れてしまいましたね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いえいえ、生クリームより長持ちするっていう長所に気付いてませんでした。
それもそうですよね。
気長に使っていきます。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/24 22:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qホイップクリームって生クリームの事ですか?

「ホイップクリーム」と「生クリーム」の違いを教えてください。

Aベストアンサー

ホイップクリームは
生クリームの仲間で
乳脂肪率が高いものは、ホイップしても泡立ち、知っているとおり、ホイップされたクリームになりますが
乳脂肪率が低いと、ホイップしても泡立たずに、ホイップされた状態になりません
低死亡率の主なものは、植物性クリームで、主に、コーヒークリームに使われていますね(^-^)
生クリームは植物性、動物性すべてを言いその仲間に、ホイップクリームがあるのです
動物性のクリームの内脂肪率が高いものをホイップしています

Q生クリームとホイップクリームの差

そのままの質問なんですが、生クリームとホイップクリームの差ってなんなのでしょうか??

いつも買うとき悩むので教えてください!!

Aベストアンサー

買う時に悩まれるという事は「動物性」と「植物性」の違いでしょうか。

クリームのパックの成分表示を見比べてみてください。
乳脂肪(動物性脂肪) と 植物性脂肪 の2種類があると思われます。

これによって味や口溶けに大きな違いが出てきます。

乳脂肪は文字通り牛乳の脂肪分ですから、天然のものです。香りや口溶けがよいですがその分高価で日持ちもしません。

ですが植物性脂肪は、サラダ油などの原料で乳脂肪に似せて作られたいわば模造品です。当然味や香りは人工的なものですので乳脂肪とは比べ物になりません。
そして乳脂肪が口の中でサーっと溶けていくのに比べ、植物性油脂は口の中にベッタリ残る感覚です。

有名なものではバターとマーガリンの違いのようなものです。

ちなみに本来「ホイップクリーム」というと英語的な意味からすると「泡立てた生クリーム」ですが、現状としてその意味よりも植物性油脂を用いたものをそう呼ぶことがほとんどのようです。

これは法律で「クリーム」と表記できるものは、「乳脂肪を18%以上含み、添加物や植物性油脂を一切含まないもの」 と定められてるのが原因です。

安価でよく売れる植物性油脂を使った製品を「クリーム」と表記できないので良い表現が無いかと考えられた結果「ホイップクリーム」と言われるようになったようです。

長くなりましたが、高価でもお菓子を作る際にはやはり乳脂肪を使ったものの方が断然美味しく作れますので是非お試しください。

買う時に悩まれるという事は「動物性」と「植物性」の違いでしょうか。

クリームのパックの成分表示を見比べてみてください。
乳脂肪(動物性脂肪) と 植物性脂肪 の2種類があると思われます。

これによって味や口溶けに大きな違いが出てきます。

乳脂肪は文字通り牛乳の脂肪分ですから、天然のものです。香りや口溶けがよいですがその分高価で日持ちもしません。

ですが植物性脂肪は、サラダ油などの原料で乳脂肪に似せて作られたいわば模造品です。当然味や香りは人工的なものですので乳脂肪...続きを読む

Qレモン味のホイップクリームを作りたいけどいつも固まりすぎる。どうすれば?

ケーキの周りにぬる、ホイップクリーム《事情があり生クリームは使っていません》をレモン味にしたいのですが、いつも固まりすぎてうまくいきません

200mlにレモンの絞り汁を大さじ3

味的にはちょうどいいのでこのくらい入れたいのですが、少しでもハンドミキサーで混ぜると固まりすぎ、逆にゴムベラなどで簡単に混ぜると、最初はいい感じに固まってくるのですが、すぐにクリーム状になり、とろとろのクリームすぎて使い物になりません。


しかも、なぜかクリームの量が減るのも謎・・・笑

他の味なら200mlで足りるのに、レモン味にすると200mlでは全然足りない量になってしまいます。

どうにかして、レモン味の美味しいクリームを作りたいのですが、固まりすぎないように、いい感じのホイップクリームにするにはどうすればいいのか、教えていただきたいです。

Aベストアンサー

タンパク質が酸で固まってしまうからじゃないでしょうか?

牛乳にフルーツ系のソースをいれるととろみが出たり
豆乳に野菜ジュースをいれるととろみが出たり…。

生クリームやホイップクリームだと、固まりすぎてモロモロっとした感じになり
分量も緩かった分が固まるので「かさ」は減ると思います。

泡立て過ぎないか、レモンをいれすぎないか
何割かホイップした状態で風味つけるといいとおもいますが
レモン汁じゃなくて、削った皮のほうが、少量で変質もすくなく、風味が強くでるのではと思っていますが
どうでしょう?

Qホイップクリーム・ココアクリームの賞味期限

今度プレゼント用にホイップクリーム、ココアクリームを用いたクリスマスケーキを作ろうと思っているのですが、
暖房のきいた部屋に2時間ほど置いていても大丈夫なものでしょうか?

一応、保冷材を使う、という方法を考えていますが、
保冷材で2時間もたせることは可能でしょうか?

ホイップクリーム・ココアクリームは、デコレーションに使用するものです。

よろしく願いします。

Aベストアンサー

暖房の部屋でも溶けなければ、2時間くらい全然問題ありません。保冷剤を使うのはよいことだと思いますが、この季節なので部屋の寒いところだと冷蔵庫のように使えますから、暖房の効いていないところに置けばよいのではないでしょうか。ホイップはそう簡単には崩れませんよ。2日くらい置いておいてもヘッチャラです。ウチでは作って4日位しても平気で食べてます。生クリーム・ホイップだと4~5日目は要心してますが。

でも、まさかアイスクリーム・ケーキではありませんよね? アイスクリームだと冷凍庫でないと溶けちゃいますので。

Q生クリームの泡立て方

成人してから、ケーキを初めて作りました。

卵はハンドミキサーで泡立てる、と書いてありましたが、生クリームは泡立て器を手でひたすら動かすんですね。動かし方も丸くすくうように、ではなく、左右に一直線に動かすだけ。そういうものなんですね、初めて知りました。
これがまた大変だったんです。

生クリームをハンドミキサーで混ぜるのはよくないのでしょうか。やはり大変でも手で行った方がいいでしょうか?

Aベストアンサー

生クリームを全部手で立てると大変ですので
半分くらいハンドミキサーで立て、トロミが出始めたら
手で撹拌するようにすれば良いと思います
全部ハンドミキサーで立てると、立てすぎてボソボソのクリームになっても
気づかない事が有るので
手で立てて、固さを調整するつもりで立てるのです


人気Q&Aランキング

おすすめ情報