私は医者から胆嚢炎の疑いがあると言われたのですが、胆嚢炎の症状と治療法について教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

細菌が胆道(胆嚢と胆管)内に侵入すると、感染して炎症を起こします。


とくに胆汁の流れが悪くて、胆嚢内あるいは胆管内に胆汁のうっ滞を起こしているときは、細菌が感染しやすくなります。
原因となる細菌として最も多いのは大腸菌です。

右脇腹の痛み、寒け、ふるえ、発熱、心窩部痛などが出現します。
吐きけ、嘔吐を伴うこともあります。
痛みは持続しますが、嘔吐すると少し緩和するようです。

胆管炎と合併することが多く、
進行すると黄疸(皮膚や粘膜が黄色くなる)が出ることもあります。

手術が必要な場合や、薬で治る場合があるようですが、
それは、診察してもらった医師に相談するか、
または消化器の専門医に相談するのが一番です。

また、胆嚢炎には慢性胆嚢炎と急性胆嚢炎があります。

詳しくは以下のサイトを参考にしてください。
慢性胆嚢炎については以下のサイトをご覧ください。
通常は結石症に続発することが多いようです。
http://www.so-net.ne.jp/medipro/hypref/cgi-bin/e …

急性胆嚢炎については以下のサイトをご覧ください。
http://www.so-net.ne.jp/medipro/hypref/cgi-bin/e …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しく説明して頂き有難うございました。今後とも宜しくお願い致します。

お礼日時:2002/03/25 18:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 胆道感染症・胆嚢炎・胆管炎のまとめページ

     加齢とともに胆石(たんせき)保有率は上昇します。この結石が原因(90%以上)となって胆嚢管(たんのうかん)や胆管の通過障害を引き起こし、腸管から逆流した胆汁による細菌感染が加わって胆嚢、胆管の炎症や肝膿瘍(かんのうよう)を生じます。原因菌としては、腸管内の常在菌である大腸菌、クレブシエラなどのグラム陰性桿菌(かんきん)のほか、腸球菌、バクテロイデスなどがあります。 症状の現れ方 (1)腹痛、悪心、嘔吐  通...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q胆嚢壁が厚くなる病気とは?

49歳の主人が人間ドッグで胆石があるといわれたので再検査をしました。そしたら、石ではなく砂だといわれ、しかも、胆嚢の壁が厚くなっているとの診断でした。それが悪性のものかどうかは手術をしなければ分からないと言うことでしたが、胆嚢の壁が厚くなると言うのはどんな原因、または病名が考えられるのでしょうか。手術をせずそのまま様子を見てもいいものでしょうか。

Aベストアンサー

回答が出そろっているところに割り込むようで申し訳ありません。
胆嚢は琵琶くらいの大きさの臓器で胆嚢管というとても細い管で総胆管につながっているため内視鏡はありません。また仮にあったとしても胆汁という濃い緑色をした液が充満しているので表面の観察は無理でしょう。
胆嚢を直接穿刺して造影する検査もありますがERCPよりリスクもあってまた得られる情報も大差ありません。
結局のところ現在の技術で手術しないで胆嚢の壁の肥厚が良性か悪性かを100%診断できる方法はありません。
ERCPをなされるのは総胆管に石が落っこちていないかを確認するためと、総胆管または膵臓の病変が胆嚢に及んで胆嚢壁を肥厚させていないかを確認するためでしょう。
手術は先の回答にもあるように腹腔鏡下胆嚢摘出術(通称ラパコレ)を考えておられるようです。この際遺残した結石がないかを確認するため切除した胆嚢管の断端からチューブを入れて総胆管を造影することをよくやるのですがその検査のことを言われた可能性もあります。
胆嚢を摘出した後は病理の先生に顕微鏡で見ていただき良性であれば一安心、となり1週間後傷がふさがったのを確認して退院となるでしょう。
病理の結果が思わしくない場合、追加の手術ということもまれにありますが今はそこまで心配してもしょうがないとおもいます。
比較的安全とされる手術ですし主治医の先生が奨めるのであればやっても良いのでは?とおもいます。
主治医の先生とよくご相談なさってください。

回答が出そろっているところに割り込むようで申し訳ありません。
胆嚢は琵琶くらいの大きさの臓器で胆嚢管というとても細い管で総胆管につながっているため内視鏡はありません。また仮にあったとしても胆汁という濃い緑色をした液が充満しているので表面の観察は無理でしょう。
胆嚢を直接穿刺して造影する検査もありますがERCPよりリスクもあってまた得られる情報も大差ありません。
結局のところ現在の技術で手術しないで胆嚢の壁の肥厚が良性か悪性かを100%診断できる方法はありません。
ERCPをなされ...続きを読む

Q右脇腹が痛い

昨日から、右の脇腹に鈍い痛みがあります。
我慢が出来ない程の痛さでは無いのですが、たまに痛みが激しくなる時があります。あと、患部を押さえると痛みが増します。
椅子等に座ってじっとしていると痛みが引きますが、再び動きはじめるとまた痛くなります。
クシャミ等をすると瞬間的に激痛が走りますが、そのあとまた鈍い痛みに戻ります。
筋肉痛に近いような痛さなのですが、ここ最近は運動はしていないので、筋肉痛ではありません。

一日経てば治ると思っていたのに、今日のこの時間になっても一向に回復しないので不安になってきました。
明日、病院に行こうと思いますが、もし皆さんの中に、今の僕のこの症状に思い当たるフシがある方がいたら、病名等を教えて欲しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

右脇腹の下の方だと最も考えられるのが盲腸(虫垂炎)ですね。患部を押して痛いのは圧痛といって虫垂炎の時の特徴です。またジャンプしたり振動を与えると痛くなるのも特徴です。

その他右脇腹では色々な原因があると思います。胆嚢や胆石,尿路結石,肝臓などです。胃はどちらかというと左側です。

早めに病院に行って精密検査をされることをお奨めします。

Q胆嚢癌末期です。

胆嚢癌末期です。
抗がん剤治療は無理と言われ自宅に帰ってきています。
腹水がお腹と胸にたまり妊婦みたいになってます。
後どのくらい生きれますか?

Aベストアンサー

個人差が有るので判りませんが長くは無いと思います。
若いと心臓が丈夫なので少しは長いと思いますが・・・。
去年の暮れに女房を癌で亡くしましたが腹水が溜まり始めて2ヶ月でした。
担当医からは週単位で考えて欲しいと言われ、後は本人の体力で何処まで持つかだけです。
女房は若い方(38歳)だったので昏睡状態になって、通常の人の半分以下の呼吸しかしませんでしたが3日持ちました。
痛みだけは取り除いて送ってあげて下さいね。

Q胆嚢ガン(末期)の治療について

はじめまして。

先週、腹部エコーおよびCT検査で母親に胆嚢ガンが見つかりました。
都内 公立病院での検査でしたが、ステージIV b、リンパ節転移もある末期ガンで余命6ヶ月の宣告です。

胃の不快感が少しあるので 念のため検査という感じで病院に連れて行きましたが、突然の末期ガン宣告に驚きと落胆を隠せません。今年1月に腹部エコー検査した時には何も見つからなかったのに…

母は82歳で若い頃から高血圧症があり、近年は腎機能も低下(透析はしてません)、リンパ節への転移もある事から手術も抗ガン剤治療も不可能、放射線治療も胆嚢という小さな臓器に当てるのは難しく適用外との診断。
ガンの3大治療はいずれも難しい事が判りました。

セカンドオピニオンも検討したいですが、上記状態で3大治療を受けるのはやはり無理でしょうか?
年齢面、体力的に見ても諦めた方が良いのでしょうか?
3大治療を諦めた場合、早めにホスピスなどでの緩和治療を進めるしか無さそうですが、その場合でも免疫力を少しでも高め (あるいは維持して) 会話できる期間を伸ばせればと考えますが、効果のあるサプリメント、漢方薬、その他 少しでも有効だと思われる治療法(免疫力UP)をご存知でしたら教えていただければと思います。
経済面から、超高額な「細胞培養」などの最先端医療については残念ながら手を出せそうにありません。効果はあるのかも知れませんが・・・

現在は意識もはっきりして会話もできますが、食欲は無く筋力低下で歩行困難になりました。
病巣である胆嚢や胆管に痛みがあり、点滴による鎮痛剤(ペンタゾシン)を投与しています。

近々ソーシャルワーカーに相談するので、良い方法があれば ご教示いただければ幸いです。

はじめまして。

先週、腹部エコーおよびCT検査で母親に胆嚢ガンが見つかりました。
都内 公立病院での検査でしたが、ステージIV b、リンパ節転移もある末期ガンで余命6ヶ月の宣告です。

胃の不快感が少しあるので 念のため検査という感じで病院に連れて行きましたが、突然の末期ガン宣告に驚きと落胆を隠せません。今年1月に腹部エコー検査した時には何も見つからなかったのに…

母は82歳で若い頃から高血圧症があり、近年は腎機能も低下(透析はしてません)、リンパ節への転移もある事から手術も抗ガン剤治...続きを読む

Aベストアンサー

No.1です。
サプリメントは、お勧めしません。
実効があると証明されたものは一つもなく、
すべて、金儲けのシステムと思って良いです。

がんに効いた……
でも、1万人に使って、1人に効いた場合でも、
効いたと言えるでしょう。
堂々と、体験談を提示できるでしょう。
でも、1万人に1人ならば、効かないというのですよ。

試験で、がん細胞が小さくなった……
なんてことは、山ほどありますよ。
でも、実際には、効かないのですよ。
醤油には致死量があるのに、
醤油を使って死んだという人がいないのと同じです。

No.2のビデオの内容は、あまり、信用しないように。
本当のことと、嘘を上手に織り交ぜています。
例えば、がん細胞が指先の大きさになるには、
7,8年かかるというのは本当のこと。
だから、もっと大きくなるのには、何十年もかかるというのは嘘。
指先の大きさのがんが、こぶしの大きさになるには、
2,3年もあれば十分です。
だから、人は、がんで死ぬのです。
人ががんで死ぬのは、がんが毒素を出したりするわけではなく、
大きくなったがん細胞が、色々な組織を圧迫したり、
破壊したりして、役に立たないようにするからです。
例えば、気管支にできたがんで死ぬのは、窒息死ですよ。

NK細胞がそれほどすばらしい方法ならば、
免疫療法は、抜群の効果があって良いはずですが、
実際に、がんが消えるほど効くのは、10%ほどです。

現実を受け止めれない……
というのは、当然でしょう。
セカンドオピニオンも良い方法ですが、
医療コーディネーターに相談することも考えてください。
医療コーディネーターで検索すれば、ヒットします。
このような人がいること自体、
知らないがん患者がいることが、日本のがん医療の問題点なのです。

No.1です。
サプリメントは、お勧めしません。
実効があると証明されたものは一つもなく、
すべて、金儲けのシステムと思って良いです。

がんに効いた……
でも、1万人に使って、1人に効いた場合でも、
効いたと言えるでしょう。
堂々と、体験談を提示できるでしょう。
でも、1万人に1人ならば、効かないというのですよ。

試験で、がん細胞が小さくなった……
なんてことは、山ほどありますよ。
でも、実際には、効かないのですよ。
醤油には致死量があるのに、
醤油を使って死んだという人がいないのと同じ...続きを読む


人気Q&Aランキング